• 関連の記事

「TOC」最新記事一覧

プロトラブズ:
量産の垂直立ち上げを支援、射出成形サービスの追加成形の生産キャパをアップ
プロトラブズは、同社の「射出成形サービス」における追加成形の金型当たりの月産数を、上限1万個まで対応可能にした。(2017/9/22)

CNCFのトップ2人に聞いた:
コンテナストレージの共通仕様にも着手、あらためて、CNCFは何をどうしようとしているのか
CNCFは、クラウドネイティブアプリケーションの世界のデファクト標準を作り上げたいのか、それともコンポーネントベースでCloud Foundryの競合勢力を構築したいのかが、分かりにくい部分がある。そこでCNCFのエグゼクティブディレクターであるダン・コーン氏と、COOであるクリス・アニスジック氏に、あらためて同組織のやろうとしていることを聞いた。(2017/7/24)

3D設計推進者の眼(22):
コンカレントエンジニアリングは“逃げ”なのかい?
機械メーカーで3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は、とにかく時間に追われる設計現場だからこそ必要なコンカレントエンジニアリングと、TPD(Total Product Design)について考えてみました。(2017/7/12)

ESEC2017&IoT/M2M展:
三菱電機が自社で取り組むスマートファクトリーの現在地
「第6回 IoT/M2M展 春」の専門セミナーとして、三菱電機 名古屋製作所 オープンプラットフォーム・リードアーキテクトの楠和弘氏が登壇。三菱電機が考えるIoTを活用したモノづくりの姿を紹介した。(2017/6/1)

イノベーションで戦う中小製造業の舞台裏(13):
機械の稼働率より人の作業の効率化、優秀な人材は国外からもどんどん呼べ
東大阪市にある町工場で、ミャンマー、ベトナム、タイ、ネパールなど8カ国の外国人が働いている。1929年(昭和4年)に給湯器メーカーとして東大阪で創業した三共製作所だ。3代目社長の松本輝雅氏は、中量多品種の製造を効率よく行う独自の工夫と営業力で安定経営を続けている。今回は同社 松本社長の経営哲学を取材した。(2017/5/30)

立ちどまるよふりむくよ:
ぼくのMZ-80が小さくなって帰ってくる! 「PasocomMini MZ-80C」とは何なのか
KORG MS-20 mini、NINTENDOクラシックミニに続いてオールドタイマーを熱くさせるレトロ復刻ガジェットが登場した。(2017/5/11)

店内調理を強みに:
できたて提供 ローソン「まちかど厨房」開発に込めた思い
ローソンが全国3500店舗に展開する「まちかど厨房」。店内調理の弁当やサンドイッチなどが好評だ。まちかど厨房担当部長の鷲頭裕子さんに、店内厨房に取り組んだ経緯や込められた思いについて聞いた。(2017/4/10)

DockerとCoreOS、コンテナランタイムをCNCFに寄贈へ
DockerとCoreOSは2017年3月15日(米国時間)、それぞれのコンテナランタイムをCloud Native Computing Foundation(CNCF)へ寄贈するためのプロセスを進めていることを明らかにした。(2017/3/17)

リオ五輪、セキュリティの舞台裏(1):
リオ五輪のサイバーセキュリティ、対策はどう行われたのか
2016年8月に開催されたリオデジャネイロオリンピック。205カ国のアスリート1万1303人が参加、チケットは610万枚以上を販売したという。この全世界的スポーツイベントにおけるサイバーセキュリティ対策についての、現地担当者たちの講演の前編をお届けする。(2017/2/15)

Chris Aniszczyk氏インタビュー:
CNCFのCOOに聞いた、CNCFとOCI、Docker、Kubernetes、Cloud Foundryとの関係
コンテナの世界はダイナミックに動いている。Cloud Native Computing Foundation(CNCF)はこれにどのような影響をもたらそうとしているのか。同ファウンデーションCOOのChris Aniszczyk氏に、KubernetesのCRI-OプロジェクトからCloud Foundryとの関係まであらためて聞いた。(2016/12/22)

オープンソースとエンタープライズの関係(3):
コンテナ運用環境を標準化? CNCFは何をやろうとしているか
Cloud Native Computing Foundationは、クラウドネイティブアプリケーション開発・運用環境に関する技術の「標準化」を推進しているという。臨時エグゼクティブディレクターに、具体的な活動内容を聞いた。(2016/8/24)

立ちどまるよふりむくよ:
コンピュータで音楽を作る時代はこうして始まった
1982年、8ビットのコンピュータとシーケンサーを使ってライブをやっていた証拠写真が見つかった。自分のだけど。(2016/6/24)

Aras Innovator:
ユタカ技研がグローバル拠点を統合するPLMを採用
Arasは、大手自動車の部品メーカーであるユタカ技研がグローバル拠点を統合するPLMとして「Aras Innovator」を採用したと発表した。(2016/4/6)

製造IT導入事例:
大手自動車の部品メーカーがグローバル拠点を統合するPLMを採用
Arasは、大手自動車の部品メーカーであるユタカ技研が、グローバル拠点における製品ライフサイクル情報の統合および一元管理を行うPLMとして「Aras Innovator」を採用したと発表した。(2016/3/24)

実践! IE;磐石モノづくりの革新的原価低減手法(10):
今の生産性で戦えるか、再確認したい現場改善の“視点と考え方”
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」ですが、今回は「強い現場体質づくり」に向けた考え方、目の付け所について解説していきます。(2016/3/8)

米国でDevOpsが浸透している「本当の理由」:
『The DevOps 逆転だ!』著者に聞く、「DevOps」や自動化よりも大切なこと
前回は国内DevOpsトレンドをけん引してきたベンダーキーパーソンによる座談会により「DevOpsとは何をすることか」を明確化した。今回はそこでの話も基に、『The DevOps 逆転だ!』の著者の一人、ジョージ・スパッフォード(George Spafford)氏に話を聞いた。(2016/3/4)

生産管理の世界共通言語「APICS」とは(4):
SCMプロを証明する“免許証”「CPIM」とは
グローバルサプライチェーンを運営していく上で“世界共通言語”とも見られている「APICS」を専門家が解説していく本連載。3回目は、SCMに関するグローバルスタンダードとなるAPICS資格制度の「CPIM」について解説する。(2016/1/29)

OSSのクラウドネイティブアプリケーション運用基盤開発プロジェクト:
Cloud Native Computing Foundationに富士通やNECも参加、インテルは検証環境を準備
「クラウドネイティブなアプリケーションやサービスの構築と保全」を目指すCloud Native Computing Foundationが、新たな参加メンバーを発表。運営方針や開発の方向性も整理した。(2015/12/22)

製造マネジメントニュース:
インダストリアル向けアプリの世界初最大マーケットプレイス基盤を発表
GEは、2015年の売り上げが50億ドル超、受注額が60億ドルを達成する見込みであること、新製品および新たなパートナーシップを発表した。Predixと社内開発により、2020年までに150億ドル以上の売り上げを見込んでいるという。(2015/10/14)

シャープ復活の要へ BtoB戦略と新事業基盤「Visions」に効果アリ?
シャープグループが、法人向け事業とビジネスモデルの転換図るべく、Dynamics CRMベースの新たな事業基盤「Visions」を導入した。(2015/6/18)

全文検索Elasticsearchへの攻撃増加、脆弱性対策を
オープンソースの全文検索システム「Elasticsearch」の脆弱性を狙った不審な通信が国内で検知され始めている。(2015/3/19)

RPGで理解する生産管理(1):
RPGをクリアするまでのプロセスと生産管理
“モノを生産する”製造業にとって、生産を上手に管理し運営していく「生産管理」の手法は、非常に重要です。しかしさまざまな要素や考え方が含まれる「生産管理」は、慣れない人々にとっては理解するのが難しいものでもあります。そこで本連載では、RPG(ロールプレイングゲーム)になぞらえて生産管理を分かりやすく解説していきます。(2015/1/23)

SEMICON Japan 2014:
設置面積が小さくスループットも改善、ディスコの半自動ダイシングソー
ディスコは、「SEMICON Japan 2014」(2014年12月3〜5日)で、「世界最小のフットプリント」と同社が主張する6インチウエハー対応のセミオートマチックダイシングソー「DAD323」などのデモ展示を行った。(2014/12/5)

無償ソフトで技術計算しよう【プログラミング応用編】(1):
FreeMatで魔方陣を作ってみよう
「プログラミング応用編」では、プログラミングコンテストの問題などをFreeMatでプログラム作成していく。今回は、魔方陣を作ってみよう。(2014/10/21)

無償ソフトで技術計算しよう【プログラミング処理編】(3):
再帰アルゴリズムで「ハノイの塔」のプログラムを書く
「再帰」とは、「自分で自分を呼び出す」ようなアルゴリズム。再帰アルゴリズムを使うと、有名なパズル「ハノイの塔」のプログラムがシンプルに書ける。(2014/9/12)

無償ソフトで技術計算しよう【プログラミング処理編】(2):
基本的なアルゴリズムを理解してプログラミングしよう
アルゴリズムとは、問題を解くための手順を定式化して表現したもの。プログラミングにおける基本的なアルゴリズムには、探索やソート、マージなどがある。(2014/8/22)

【速報】サンリオの「KIRIMIちゃん.」がローソンでシャケのおにぎりを見つめてた
ノリに乗ってるKIRIMIちゃん.がローソンにやってきたよおおお! 店員さんにも挑戦!?(2014/8/21)

TECHNO-FRONTIER 2014:
電気二重層キャパシタ、50V標準モジュール製品を追加
岡谷電機産業は、「TECHNO-FRONTIER 2014」(テクノフロンティア/2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)において、TOCキャパシタ製の電気二重層キャパシタを展示した。定格電圧が15Vの標準モジュール製品に加えて、同50Vの標準モジュール製品もサンプル出荷を始めた。(2014/7/28)

美しすぎるロシア人コスプレイヤーたちが降臨する「COSPLAY PHOTO FESTIVAL JAPAN」開催
これは2次元ですか!?(2014/7/17)

飛躍:
インドネシアのeコマース市場 現状と参入のタイミング
「ネットでしか買えないもの」を「手間をかけて買う」市場から、「手間がかからない」へ。この極めて魅力的な市場への参入のタイミングは?(2014/3/17)

IT用語解説系マンガ:食べ超(37):
PDCAサイクルを回したことにしよう!
なぜ人類は、いまだにPDCAサイクルを人力で回しているのでしょうか?(2013/11/20)

「リーン」と「アジャイル」の関係とは?:
書籍でたどる「リーン」の本質
昨今、「リーン」という言葉がソフトウェア開発や経営の世界で1つのキーワードになっている。では、そもそも「リーン」とは何か? アジャイル開発の国内第一人者である平鍋健児氏が、リーンの本質と、本質に触れるための関連書籍を紹介する。(2013/11/15)

SCF2013:
BMWが採用するシーメンスの「SIMATIC」、目指すのは「インダストリー4.0」の実現
シーメンス・ジャパンは「システム コントロール フェア2013」で、19年ぶりのリニューアルとなった新たなPLC「SIMATIC S7-1500 ファミリー」を紹介。合わせて新製品に関連して描く将来のモノづくりの姿について説明した。(2013/11/8)

SCF2013:
TOCの削減とセキュリティ機能強化、三菱が新型シーケンサ展示
三菱電機は、新開発のシーケンサ(プログラマブルコントローラ)「MELSEC iQ-Rシリーズ」をSCF2013で展示した。高速システムバスの採用により現行製品に比べてシステム性能を約5倍に高めることで、TCO(Total Cost of Ownership)の削減を可能とする。セキュリティキー認証機能を搭載するなど、セキュリティ機能も強化した。(2013/11/8)

導入事例:
大和ハウス、3万5000人の人事システムをクラウド化
大和ハウス工業は人事システムにSAPの人事管理パッケージ「SAP HCM」を採用し、プライベートクラウド基盤上で刷新した。(2013/10/21)

製造ITニュース:
中堅・中小企業の生産管理システム、シェア上位は富士通、NEC、大塚商会
調査会社のノークリサーチは、国内の中堅・中小市場における生産管理システムの導入・利用実態調査を行い、その分析結果を発表した。(2013/9/19)

ISO国際規格に承認されたJTフォーマットとは(2):
高い圧縮率を実現するJTフォーマットの定義
国際標準化機構(ISO)に承認されたJTフォーマットを解説する本連載。3D製品情報の可視化を軽量なデータフォーマットで提供できる仕組みはどういうものでしょうか。第2回目となる本稿では、各種定義について紹介します。(2013/5/15)

jQuery×HTML5×CSS3を真面目に勉強(2):
画像スライドショーでjQueryプラグインの基本を学ぶ
jQueryでUIコンポーネントの作り方を学ぶ前に、jQueryプラグインの作り方と仕組みをしっかりとおさえよう。(2013/4/22)

タイから見た製造業の今(2):
タイと中国の「外資優遇政策の変更」と製造業
タイには多数の日本企業が進出している一方で、地場の製造業も立ち上がってきている。タイの現状はどうなっているのか。タイ駐在の藤井氏が見た製造業の姿を連載形式で報告する。(2013/4/18)

jQuery×HTML5×CSS3を真面目に勉強(1):
パララックスエフェクトの基本
jQueryをメインにHTML5やCSS3を使ったリッチな表現のためのテクニックを紹介。まずはパララックスエフェクトの基本から。(2013/3/22)

本の売り手としての出版社?
Discoverabilityという単語は今後の電子書籍市場で盛んに議論されていくことになるだろう。先日開催されたO'Reilly TOCのトピックと合わせて紹介しよう。(2013/2/27)

「GeForce GTX 650 Ti」搭載モデルが各ベンダーから登場
「GeForce GTX 650 Ti」の発表にあわせて、PCパーツベンダー各社から搭載グラフィックスカードが登場した。価格帯は1万4000円前後から1万8000円前後で、主流はオーバークロックモデルだ。(2012/10/10)

週末アキバ特価リポート:
理想領域に突入! 「GeForce GTX 660 Ti」カードが2万5000円台に
複数のショップに「もう5000円安ければ」と語られるGeForce GTX 660 Tiカードだが、デビューからわずか2週間でその理想領域に手が届くモデルが現れた。(2012/9/1)

ビジネスノベル新世紀:
“読みやすい”だけじゃない! ビジネスノベルを知るための7作品
前回までの連載「ビジネスノベル新世紀」ではビジネスノベル、あるいはビジネスライトノベルがビジネス書界隈で目立つようになってきた状況について解説しました。今回は代表的なビジネスノベル7作品を紹介します。(2012/8/31)

O'Reilly、公式ストアから購入した書籍は再販売可能
ストアから購入した電子書籍を個人が再販――そんなサービスが当たり前になる日は来るだろうか。(2012/8/30)

「英語に愛されないエンジニア」のための新行動論 ―番外編―:
若きエンジニアへのエール〜入社後5年間を生き残る、戦略としての「誠実」〜
「新卒から入社5年目ぐらいまでの新人、若手」という方は、たぶん社会人として最も辛く、厳しい時期にいる方だと思います。社会の矛盾、不合理、理不尽、不条理という名の弾丸が、複数の機関銃から一斉掃射される、悲惨な戦場にいるかのような、恐ろしく辛い時代です。その間の無防備な時代を凌ぐには、「戦略」が必要です。私は、新人、若手の皆さんに、「誠実」、「温厚」、「寄生」という3つの戦略を授けたいと思います。(2012/7/26)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
1500坪の超大型店、ユニクロ銀座は成功するか?
3月16日にオープンしたユニクロ銀座店。12フロア、1500坪という超大型店だが、「世界を代表する衣料品ブランドとアピールしたい」という柳井正会長兼社長の思いは実現されるのだろうか。(2012/3/29)

クラウドガバナンス現在進行形【第5回】
クラウドの応答性能とサポート品質を客観的に比較するには
クラウドの利用に当たって、多くの企業利用者が応答性能とサポートに不安を抱いている。本稿では、応答性能とサポート品質を正しく把握する方法について検討する。(2012/1/26)

メカ設計イベントレポート(17):
明るく楽しい職場からしか良い物は生まれない
従業員満足を高めなければ、顧客満足も生まない。この厳しいご時世で、従業員満足度は何かとないがしろにされがち。それでいいの?(2011/8/31)

情報マネージャとSEのための「今週の1冊」(34):
“人”に配慮していないからプロジェクトは失敗する
納期やコストの問題ばかりに縛られて、実際にタスクをこなす“人”という要素を「単なるリソース」と軽んじていると、プロジェクトは決して成功しない。(2011/3/15)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。