「健康」最新記事一覧

質問!健康→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で健康関連の質問をチェック

売上高50%増:
家電で快進撃 アイリスオーヤマ、新炊飯器を発売
アイリスオーヤマが、新型炊飯器2機種を10月14日に発売すると発表。顧客の食生活の多様化や健康志向の高まりに対応する機能を持つ点が特徴だ。(2017/9/21)

スマートファクトリー:
GEヘルスケア日野工場のスマート化、デジタルと人の織りなす改善が原動力に
GEのスマート工場「Brilliant Factory」において、世界に7つあるショーケースサイトの1つになっているのがGEヘルスケア・ジャパンの日野工場だ。30年以上の歴史を持つ日野工場のスマート化は、ロボットやAIが活躍する近未来の工場ではなく、デジタルと人の織りなす改善によって実現されている。(2017/9/21)

“スマホで牛の管理”を実現する農業IoT:
発情期や疾病リスクを検知、「牛のウェアラブル」開発に立ちふさがった壁とは
IoTがさまざまな業界で活用されている。酪農や畜産業も、例外ではない。本稿では、IoTで牛の健康管理を実現したファームノートに、サービス開発秘話を聞いた。(2017/9/20)

AI、IoTを使った妊産婦の見守り支援、奈良県立医科大と富士通が実証実験
奈良県立医科大学と富士通が、AIやIoTを使って妊産婦の生活状況や健康状態を見守るサービスの実証実験を開始する。(2017/9/14)

医療機器ニュース:
1.25×1.25×0.55mmのヘルスケア向け小型RFIDタグを発表
村田製作所は、ウェアラブルやヘルスケア向けに、小型RFIDタグ「LXMSJZNCMF-198」を開発した。1.25×1.25×0.55mmと小型で、多層セラミック基板にアンテナを内蔵している。(2017/9/13)

IBMとMIT、「Watson AIラボ」を共同設立 10年契約の一環として
IBMがマサチューセッツ工科大学と10年の研究契約を結び、「MIT-IBM Watson AI Lab」を設立すると発表した。2億4000万ドルを投じ、ヘルスケアやサイバーセキュリティに向けた人工知能(AI)アルゴリズム、ハードウェア、ソフトウェアを研究していく。(2017/9/8)

「ポケモンGO」は働く人のメンタルヘルスに好影響――東大調査
「Pokemon GO」が労働者の心の健康の保持と増進に有効であると東京大学の研究グループが発表した。(2017/9/7)

ウェアラブル/ヘルスケア向け:
村田製作所、アンテナ内蔵小型RAIN RFIDタグ量産
村田製作所は、アンテナを内蔵した小型RAIN RFIDタグ「LXMSJZNCMF-198」を商品化した。ウェアラブル機器やヘルスケア機器などの用途に向ける。(2017/9/6)

お隣さんの柔軟剤のニオイが辛い……「香害110番」に“通報”相次ぐ
公害になぞらえて「香害」。香水などの香りが「不快」を超え、健康被害を訴える声が増えている。(2017/8/25)

GEヘルスケア・ジャパン Self-Compression:
マンモグラフィ装置の自己圧迫機能を発売、受診者自身で圧迫を微調整
GEヘルスケア・ジャパンは、マンモグラフィ装置の自己圧迫機能「Self-Compression」の販売を開始した。受診者自身が乳房の圧迫を微調整でき、マンモグラフィ装置「Senographe Pristina」にオプションで搭載できる。(2017/8/25)

「ベジポップ」8月25日発売:
ミスドに“健康志向”のドーナツ登場 タニタと共同開発
ミスタードーナツが野菜テーマのドーナツ「ベジポップ」を期間限定販売。「健康志向の方に楽しんでいただけるドーナツ」を目指しタニタと共同開発した。(2017/8/23)

ジェネシスヘルスケアを支援:
楽天、遺伝子検査サービス大手に出資
楽天が、遺伝子検査サービス大手のジェネシスヘルスケアに出資したと発表。約14億円の第三者割当増資を楽天が引き受ける形で行う。出資比率は非公開。【訂正】(2017/8/21)

楽天、遺伝子検査のジェネシスヘルスケアに14億円出資
楽天が、遺伝子検査サービスを手掛けるジェネシスヘルスケアに出資。遺伝子検査はDeNAやヤフーなども参入している。(2017/8/21)

製造業がサービス業となる日:
医師や看護師の改善に向けた熱意を生み出す、GEの医療データ分析サービス
GEヘルスケア・ジャパンは「Applied Intelligence医療データ分析サービス」を発表した。病院内の医療ITシステムから得られるさまざまなデータを可視化、分析した結果を用いて、病院経営や部門運営の最適化に生かすためのサービスである。(2017/8/14)

東大医学部とがん治療で提携:
医療の課題解決に“コミット” RIZAPの新戦略
RIZAPグループが、本人の健康課題の解決に向けた新事業を展開すると発表。認知度・顧客数をさらに拡大し、2020年度までに累計1000万人へのサービス提供を目指すという。【訂正】(2017/8/7)

アニメ「食戟のソーマ」、薙切えりな役の声優が変更 種田梨沙から金元寿子へ
療養から復帰したばかりで、体調を考慮しながらの仕事再開となること、長期にわたるテレビシリーズであることなどを理由に。(2017/8/7)

病気療養のため活動休止していた声優の種田梨沙さん、少しずつ仕事復帰へ 「ごちうさ」リゼ役など
2016年9月から治療のため休止していた。(2017/8/4)

イラストを勝手に健康サプリの広告に使われた――イラストレーターがTwitterで訴え 悪質管理者に賠償請求へ
迷惑すぎる……。(2017/8/3)

医療機器ニュース:
ポケットに入る超音波診断装置の最新モデルを発売
GEヘルスケア・ジャパンは、ポケットに入る超音波診断装置の最新モデル「Vscan Extend」を発売した。5インチディスプレイやWi-Fi/クラウドへの対応、2in1方式プローブなど、超音波診断装置をプライマリー・ケアで活用するための機能を搭載する。(2017/7/25)

ユーザー心理をわしづかみ:
市民アスリート集団が開発する健康サービスの“ホンキ度”
ヘルスケアサービスなどを提供する、ネオスという東証1部上場の会社がある。同社のサービスは利用者の気持ちを心底分かっていると人気だ。なぜなら開発メンバーの社員たち自身が市民アスリートとして同じような悩みや課題を経験しているからだ。(2017/7/25)

医療機器ニュース:
超音波画像診断装置とX線血管撮影装置の情報を統合するシステムを販売
シーメンスヘルスケアは、超音波画像診断装置とX線血管撮影装置の情報を統合する「syngo TrueFusion」の販売を開始した。超音波画像診断装置の画像をX線血管撮影装置の画像へ統合し、心構造疾患の治療を支援する。(2017/7/18)

医療技術ニュース:
自分の歯が多く残っていると、健康寿命が2〜3カ月長くなる
東北大学は、高齢期に歯を多く保っている人は、寿命が長いだけでなく、健康で要介護の期間が短いということを明らかにした。(2017/7/14)

NEC/小田急シティバス:
リストバンド型ウェアラブル端末でバス乗務員の健康状態を可視化
NECと小田急シティバスは、乗り合いバスの安全運航支援に向け、ウェアラブル端末による生体情報の収集および活用に関する実証実験を実施。乗務員本人も気が付いていない乗務中の体調変化や疲労度をリアルタイムに確認できる。(2017/7/13)

「壊し屋」アマゾン ホールフーズ買収の衝撃
昨今の米国は「健康」ブームだが、米食品スーパー、ホールフーズ・マーケットはその先駆けである。(2017/7/10)

ITライフch:
AIで脳トレ 50代女性に人気の「脳にいいアプリ」で効率よく
株式会社ベスプラは、1万人以上のユーザデータを元に「脳の健康維持AI」開発、脳の健康を維持するサービス「脳にいいアプリ」に搭載した。「AI」がその人の脳に最適な活動を促し、認知機能を効率よく高めるという。(2017/7/6)

「モス」「テリヤキ」のソースも改良:
モスバーガー、10年ぶりバンズ変更 全粒粉で健康志向
モスバーガーが、7月11日からバーガー商品で使用するバンズを変更する。通常の小麦粉よりも栄養を多く含む「全粒粉」を生地に使用し、顧客の健康志向に対応する。(2017/7/5)

どこで離脱? なぜ離脱?:
Kaizen Platform、定量・定性分析でWebサイトの課題を発見する診断サービスを提供
Kaizen Platformは、Webサイトの課題発見を支援する「サイト健康診断サービス」を開始した。(2017/7/5)

医療機器ニュース:
「ダイエット家庭教師」が一人一人に生活指導、パナソニックの血圧計などと連携
FiNCとパナソニックは、FiNCのヘルスケアサービスとパナソニックの機器を活用した実証実験を開始する。アプリと血圧計などを組み合わせた生活習慣指導サービスを提供し、その結果を利用者の健康増進を目的とした新たなサービス創出に生かす。(2017/7/3)

牛丼大手チェーン、糖質カット新メニュー投入 「ロカボ」関心高まり
大手牛丼チェーンが、健康志向の高まりを受け、食後の血糖値の上昇をおだやかにしたり、糖質を抑えたりした新メニューを相次ぎ投入している。(2017/6/30)

社員の運動不足を解消:
オフィスの階段の壁に映像投影 楽しく昇降、健康に
博報堂と竹中工務店が、階段室の壁面に映像を投影することで、オフィス内の階段利用を促進する技術「ta-tta-tta(タッタッタ)」を開発したと発表。社員の運動不足解消が狙いで、19年度までの商品化を目指す。(2017/6/29)

アイリスオーヤマが座った状態でのPC作業を禁止 創造的思考の促進と労働生産性の向上のための新制度
健康維持の目的もあります。(2017/6/29)

声から“心の健康状態”を分析するサービス 日立システムズから
日立システムズが音声を分析して“心の健康状態”を数値化する「音声こころ分析サービス」を発売。本人でも分かりにくい心の状態を可視化し、“こころの不調”の自覚や早期対策を促し、健康経営や働き方改革の推進を支援する。(2017/6/28)

医療機器ニュース:
「睡眠は7〜8時間がよい」「中高年は眠りが浅い」、定説を活動量計で実証
フィットビット・ジャパンは、同社のリストバンドが浅い睡眠/深い睡眠/レム睡眠の各睡眠ステージの時間を正確に記録する能力を備えていることを確認し、7時間以上の睡眠が健康に良い影響を与えるという科学的理論を裏付けた。(2017/6/28)

AIを活用し、スマホで赤ちゃんの便秘チェック――富士通と日本トイレ研究所が実証実験
富士通九州システムサービスと日本トイレ研究所は、便秘を発症する0歳児が多いことから、AIを活用した便のチェックで赤ちゃんの健康をサポートするシステムを構築。実証実験を行う。(2017/6/27)

「朝ごはんはカリカリ完食」 猫ちゃんの食事や通院を記録する「愛猫健康手帳」が登場
よく見られている気がするニャ。(2017/6/27)

小型センサーと機械学習を融合:
ニオイでアルコール度数を推定、健康状態も確認
物質・材料研究機構(NIMS)の柴弘太研究員らは、酒のニオイ成分からアルコール度数を推定することに成功した。極めて感度が高い膜型表面応力センサー素子(MSS)と機能性感応材料および、機械学習を組み合わせることで実現した。(2017/6/27)

医療機器ニュース:
世界トップクラスのがん専門病院と日立が共同研究、頭頸部がんの放射線治療で
日立ヘルスケアアメリカズと米MDアンダーソンがんセンターは、頭頸部がんの放射線治療の臨床試験に関わる共同研究に合意した。頭頸部がんの患者に対して、X線と陽子線の2種類の放射線を用いた治療を実施し、治療効果や副作用を比較する。(2017/6/20)

おかえりなさい! 病気療養の藤原啓治が活動再開へ、ファンからは喜びの声続々
ほっと一安心。(2017/6/16)

日経報道「関東ITソフトウェア健保」申請書受理拒否、コジマプロダクション否定せず 健保理事長はコナミ取締役
コジマプロダクションは現在、全国健康保険協会に加入中。(2017/6/15)

ヘルシーなのに食べ応えあり:
社食でついつい選んでしまう「健康メニュー」とは何か
社食で「健康」を重視したメニューが増えている。それは、ただ摂取カロリーを減らしただけのメニューではない。健康に、生き生きと働ける職場づくりを進める企業の取り組みとは……。(2017/6/14)

医療機器ニュース:
ハイブリッド手術室を救急災害医療に応用、シーメンスヘルスケアと東京曳舟病院
伯鳳会グループとシーメンスヘルスケアは、救急災害医療を中心とした医療機器の運用およびサービスに関するパートナーシップを締結した。救急災害医療のための「ハイブリッドER」を東京曳舟病院にて展開・運用する。(2017/6/13)

ヘルスケア大学、未確認の参画医師情報を一時非掲載に 一時は参画医師5000人以上とも
今後は参画医師の減少が見込まれる。(2017/6/10)

「e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2017」開催 子育てや健康がテーマ
福岡県・飯塚市が、スマートフォンアプリの開発コンテスト「e-ZUKA スマートフォンアプリコンテスト2017」を開催。「子育て・学習・趣味」「生活(仕事)の利便性向上」「健康・医療・介護」という3つのテーマに沿ってアプリを開発する。(2017/6/8)

サプスクリプションモデルも好調:
App Store、開発デベロッパーの収益が累計700億ドル突破
米Appleが「App Store」を通じた開発デベロッパーの2008年以降の収益が累計700億ドルを突破したと発表。ゲームやエンタメのほかにも、ヘルスケアや写真カテゴリなどが成長中。サプスクリプションモデルも好調だ。(2017/6/2)

医療技術ニュース:
高血圧に関する1万人調査、血圧高めの人の半数が医療機関を受診せず
オムロン ヘルスケアが「高血圧に関する意識と行動に関する1万人実態調査」の結果を発表した。健康診断で「血圧が高め」と指摘された人の半数が医療機関を受診しておらず、30代男女の3人に1人は受診も生活改善もしていないことが分かった。(2017/6/1)

英国で「心の健康に最も有害なSNSはInstagram」との調査結果 若者1500人の声からランク付け
不安感などを強めてしまう傾向があるもよう。(2017/5/26)

「ヘルスケア大学」は信頼できる? 執筆体制は
「ヘルスケア大学」の記事に間違いが多数含まれているとの指摘があり、運営元が改善策を発表。記事は編集部と社内外のライターで執筆し、医師が監修しているという。(2017/5/25)

宇宙で9カ月間保存されたマウスの精子から健康なマウスが誕生 山梨大
DNAに損傷はあったが、健康な子孫が生まれた。(2017/5/23)

「ヘルスケア大学」記事に「間違い多数」と指摘 運営元「精査する」
「ヘルスケア大学」の記事に、間違いが多数含まれていると医師などが指摘している。運営元は「指摘を受けた記事は修正する」「指摘受けていない記事についても再度、自社の企業努力として精査する」と改めて発表した。(2017/5/22)

「会社の食堂+社会の食堂」がコンセプトの「社食堂」 スタッフの健康管理と社会の健康管理を
社員の食堂であり、お客さんに向けた食堂でもあります。(2017/5/14)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。