「本田技研工業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「本田技研工業」に関する情報が集まったページです。

名車「ヨンフォア」風なネオレトロも ホンダ、中型バイクの新型「CB/CBR」シリーズをミラノで発表
CBR500RとCB500Xは、日本では“中免”で乗れる400ccに。(2018/11/9)

す、すげーぞ このカッコよさは何だ!! ホンダ「アクティ・トラック」の特別仕様車が魅力的すぎる
軽トラ「T360」の登場55年記念モデル。赤×黒がヤバイかっこよさ。【写真17枚】(2018/11/9)

国内でも発売へ:
ホンダ、「CB650R」「CBR650R」など世界初公開
ホンダは11月7日、二輪車の新モデル「CB650R」「CBR650R」「CBR500R」などを「EICMA2018」(伊ミラノショー)で世界初公開した。「CB650R」「CBR650R」などは日本でも発売する計画。(2018/11/7)

ヤバイぞこれぇぇ! 荒野を爆走したくなるぶっ飛びワイルド車「ラギッド・オープンエア」、北米ホンダが発表
やんちゃすぎるぜ。【写真29枚】(2018/11/1)

日本は5000台上乗せ:
ホンダ、今期の連結営業利益予想を上方修正 四輪販売計画は据え置き
ホンダは、2019年3月期の連結業績予想を上方修正した。営業利益は前期比5.2%減の7900億円の見通し。(2018/10/30)

19年5月に発売:
ホンダ、「NSX」一部改良 市街地からサーキットまで、操作性向上
ホンダは、スーパースポーツモデル「NSX」の改良モデルを発表し、予約受け付けを開始した。2019年5月に発売する。(2018/10/25)

中国公安も採用:
企業価値5000億円超 ホンダが頼る「顔認証AIベンチャー」香港トップを直撃
「人間の目を超える精度」の顔認証AI技術を持つベンチャー「センスタイム」の香港トップにインタビュー。自動運転の進化に向けて、ホンダもその技術に頼る「次代のITジャイアント」の実像に迫る。(2018/10/25)

走りを高めた「SP」モデル追加 伝統ネイキッド「ホンダ・CB1300スーパーフォア」に2019年モデル
20年以上続く熟成の風格。(2018/10/23)

50機超:
ホンダジェット、19年の納入機数は増加へ 日本市場の拡大見込む
ホンダエアクラフトカンパニーの藤野道格社長は、小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の2019年の納入機数は今年納入予定の50機を上回ると予想した。(2018/10/17)

次はいよいよ日本か ホンダのビジネスジェット機「HondaJet」がインドで型式証明を取得、アジア圏初・8カ国目
HondaJetかっこいいなぁぁぁ。既存機をチューニングする「パフォーマンスキット」も発売。(2018/10/17)

4年ぶり復活:
ホンダ、新型「INSIGHT」を先行公開 上質な走り・デザインを追求
ホンダが、今冬発売予定の新型「INSIGHT」の情報を公式Webサイトで先行公開。4年ぶりの復活となり、「走り、デザイン、安全性能、すべてにおいて上質を追求した」としている。(2018/10/5)

ホンダ、新型「インサイト」を発表 上級セダンに変わった3代目
2018年冬に発売予定。【写真40枚】(2018/10/5)

ホンダ、GMと自動運転で協業 無人ライドシェアを世界展開へ
ホンダとGeneral Motorsが自動運転の分野で協業する。ホンダがGM子会社に7億5000万ドルを出資。無人運転車の共同開発を進める。(2018/10/4)

自動運転技術:
ホンダとGMが無人ライドシェアで協業、ソフトバンク出資のクルーズが核に
GMクルーズホールディングス(クルーズ)とGM、ホンダの3社が自動運転技術を活用したモビリティの変革に向けて協業すると発表。ホンダはクルーズに、合計で約27億5000万米ドル(約3130億円)の投資を行う。(2018/10/4)

世界最速の市販車はどれだ!? 米空軍基地で盛大なドラッグレースが開催 ポルシェやランボルギーニ、ホンダなど最新マシン12車種が集結
一番速いマシンはどれだ!(2018/9/23)

自動車・電機メーカーが人気:
「100年後も生き残っていそうな日本企業」ランキング、2位はホンダ 1位は5年連続で……
100年後も生き残っていそうな日本企業は? コンサルティング事業などを展開するリスクモンスターが調査を実施。1位は調査開始以来5年連続で……。(2018/9/21)

5.8カ月分の賞与支給:
「自動車・輸送用機器業界」の平均年収、 ホンダ・トヨタを超えて1位だった会社は?
自動車・輸送用機器業界の中で、最も平均年収が高かった企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査を行った結果、2位はブリヂストンの660万円だった。1位は……?(2018/9/19)

車両デザイン:
CAEの代わりにAIでボンネットの構造を分析、頭部傷害値が誤差5%で一致した
ホンダは、ボンネットの設計効率化に向けて、CAEで構造解析を行う前に、ある程度の歩行者保護性能をAIで判定できるようにする取り組みを始めた。既に1機種に40時間かかっていた性能の予測を、10秒程度に短縮することに成功した。今後はさらにCAEとAIの誤差をなくし、近い将来に量産モデルの設計に適用することを目指している。(2018/9/18)

これは貴重な機会!? 「ホンダF1エンジン」ずらり公開 さくら市「さくらテラス」で特別展、9月11日から
開催は2018年9月27日まで。(2018/9/10)

ホンダNSXをデザインしたミニカー型ワイヤレスマウス
リンクスインターナショナルは、「HONDA NSX」をデザインしたワイヤレスマウスを発売する。(2018/9/10)

Weekly Memo:
JBSはなぜ、ホンダのデジタル革新プロジェクトで信頼を勝ち取れたのか――SIer社長が得た教訓
ホンダが取り組むデジタル革新を、SIerがMicrosoftのクラウドを活用して支援 ――。そんな興味深い事例の話を聞く機会があった。プロジェクトからSIer社長が得た教訓とは。(2018/9/10)

これウルトラかわいい! S660を大変身、ホンダ純正パーツの「丸目クラシック変身キット」発売
あのコンセプトカーが待望の市販化。【画像42枚】(2018/8/31)

軽快で安全な走り:
ホンダ、新型「CR-V」発表 3列シート7人乗りも設定
ホンダが新型「CR-V」を発表。ガソリンモデルを8月31日、ハイブリッドモデルを11月1日に発売する。ガソリンモデルには3列シート7人乗りも設定し、幅広いニーズに対応する。(2018/8/30)

ホンダ「NSX」マイナーチェンジを予告、佐藤琢磨による新型インプレッション映像も公開
2018年秋に正式発表。(2018/8/28)

本格オフロード:
ホンダ、モトクロスマシンの公道モデル「CRF450L」発売
ホンダは二輪の本格オフロードモデル「CRF450L」を9月20日に発売する。(2018/8/23)

製造マネジメントニュース:
2018年の自動車初期品質調査、品質トップはダイハツ、最下位はアウディ
J.D.パワージャパンは2018年8月22日、2018年の自動車初期品質調査(Initial Quality Study)の結果を発表した。ブランドごとの不具合指摘件数が最も少なかったのはダイハツ工業だった。次いでホンダ、Mercedes-Benz(メルセデスベンツ)が上位にランクインした。15ブランド中、最も不具合指摘件数が多かったのはAudi(アウディ)だった。(2018/8/23)

月販目標の4倍超:
ホンダの軽バン「N-VAN」、発売1カ月で1万4000台受注
ホンダの軽バン「N-VAN」は発売1カ月で1万4000台超を受注し、月販目標の4倍超に当たる好調な立ち上がり。(2018/8/21)

「HondaJet」が好調、2018年上半期小型ジェット機カテゴリーで最多販売数を記録
新型「HondaJet Elite」の注文も既に10機以上。(2018/8/10)

ホンダ、プラグインハイブリッド仕様の上級セダン「クラリティPHEV」を投入 プリウスPHVと何が違う?
価格は約590万円から。EVモードで114キロ走行可能に。【写真50枚】(2018/7/20)

電気自動車:
ホンダの電動化戦略が本格始動、5人乗りセダンへのこだわりはどう生きるか
ホンダは、5人乗りセダンタイプの新型プラグインハイブリッド車(PHEV)「クラリティ PHEV」を発売する。クラリティ PHEVは、2016年3月に発売した燃料電池車(FCV)「クラリティ フューエルセル」と共通のプラットフォームを採用したクラリティシリーズの1つ。(2018/7/20)

電動車の本格普及へ:
ホンダ、「クラリティ PHEV」発売 EV航続距離114キロ
ホンダはプラグインハイブリッド車(PHEV)「クラリティ PHEV」を7月20日に発売する。(2018/7/19)

電気自動車:
バッテリー交換型電動バイクの実証実験、ホンダとパナソニックがインドネシアで
ホンダとパナソニックは2018年7月13日、インドネシアに共同出資で新会社を設立し、バッテリー交換型電動バイクを用いたバッテリーシェアリングの実証実験を開始すると発表した。充電の待ち時間や走行距離に対する不安を解消し、電動モビリティーの普及を後押しする。(2018/7/17)

車両デザイン:
ホンダ「Nシリーズ」に新モデル、助手席までフルフラットでセンターピラーレス
ホンダは2018年7月12日、商用バンタイプの軽自動車「N-VAN」を発売すると発表した。発売日は同年7月13日。軽自動車「N-BOX」のプラットフォームを活用しながら広い積載スペースと積載作業の効率性を実現した。(2018/7/13)

広いフルフラット空間:
ホンダ「N-VAN」発売 仕事に遊びに使える軽バン誕生
ホンダが軽バン「N-VAN」を発売。広い積載スペースで仕事にも遊びにも使えるクルマに仕上げた。(2018/7/12)

エコカー技術:
ホンダが「世界初」のハイブリッドバイク、スターターモーターが4秒間アシスト
ホンダは2018年7月6日、原付二種スクーターの「PCXシリーズ」にハイブリッドモデルを追加して同年9月14日から販売すると発表した。量産二輪車として「世界で初めて」(ホンダ)、ハイブリッドシステムを採用する。スターターモーターに駆動アシストの機能を持たせることで、走行状況に応じた俊敏な加速を実現するとしている。(2018/7/12)

豪雨被災地、「通れる道」は? 国交省、呉市周辺のマップ公開 トヨタやホンダも
西日本豪雨で大きな被害を受けた広島市と呉市周辺の通行可能な道路をまとめた地図「通れるマップ」を国交省が公開。トヨタとホンダもそれぞれ、豪雨被災地で通れた道の地図をネットで公開している。(2018/7/11)

そのメリットは?:
ホンダ、量産二輪初のハイブリッド「PCX HYBRID」発売
ホンダは、人気の原付二種スクーター「PCX」に、量産二輪車としては世界初というハイブリッドシステムを採用した「PCX HYBRID」を設定し、9月14日に発売する。(2018/7/9)

「あんしんパッケージ」標準装備:
ホンダ「N-BOX SLASH」「N-WGN」に特別仕様車 黒など新色でクールに装飾
ホンダが「N-BOX SLASH」「N-WGN」「N-WGN Custom」に特別仕様車を設定し、発売した。黒など新色でクールに装飾した点が特徴。「あんしんパッケージ」も標準装備した。(2018/7/5)

ファミリーカーがここまでかっこよく! ホンダの純正ドレスアップ車「FIT Modulo style」先出し公開
「家族とコスパ大切」、でも「クルマの楽しさ」を忘れていないオトーサンもこれはどう?【写真46枚】(2018/7/2)

「エンジンを使って女の子が楽できるなら」 50年前の“やりすぎな耕運機”が、今プラモデルでよみがえる理由(後編)
「ホンダは二輪メーカーなんかじゃない! エンジンメーカーだ!」(2018/7/15)

「プラモにしたいんで図面ください」ホンダ「ありません」 異色の『美少女×耕運機』プラモデル誕生の秘密(前編)
やりたい放題の結果生まれた、「オーバースペックな耕運機」の物語。(2018/7/14)

ダンスのデモも継続へ:
「アシモは姿を変えて残り続ける」 ホンダ、ヒューマノイドロボの開発継続へ
ホンダが「ASIMO」の開発を取りやめ、研究チームも解散したと一部が報道。同社に真偽を聞いたところ、チームの解散を否定した。「ASIMO」の名前や姿が残るかは分からないが、ヒューマノイドロボの開発は継続するという。(2018/6/29)

デザイン特化:
ホンダ「フィット」を上質にドレスアップ 「Modulo style」先行公開
ホンダはコンプリートカー「FIT Modulo style(フィット モデューロ スタイル)」をWebサイトで先行公開した。(2018/6/29)

初代を彷彿とさせるデザイン:
ホンダ、「スーパーカブC125」発売 より上質になったカブが新登場
ホンダは、原付二種の二輪車「スーパーカブC125」を9月14日に発売する。(2018/6/28)

「ASIMO開発終了」報道 ホンダ「ヒューマノイドロボの開発は続ける」
ホンダが2足歩行ロボット「ASIMO」の開発を終了したと、NHKニュースが報じた。ホンダ広報部は「ASIMOという名称になるかは分からないが、ヒューマノイドロボの開発は続ける」とコメントした。(2018/6/28)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
データの前に「人」をつなげよ――ホンダのDXを進める“データコンシェルジュ”の流儀
自動車のスマート化により、ユーザーニーズが激変している今、業界全体でデータ活用の重要性が高まってきている。本田技術研究所で進む「ビッグデータプロジェクト」のメンバーである中川さんは、データと同時に、人をつなぐプロフェッショナルでもあった。(2018/6/11)

今夏発売:
ホンダ、新型「CR-V」を先行公開 3列シートも設定
ホンダは、今夏に発売するミッドサイズSUV「CR-V」の新型を先行公開した。(2018/6/8)

本気の日産 不参戦のトヨタ、ホンダ:
フォーミュラE参戦に見る「仁義なきEV主導権争い」
「電気のF1」と呼ばれ、電気自動車推進のツールとなっているフォーミュラE。メルセデス、BMW、アウディの「ドイツ御三家」などが参加する一方、日本勢のトヨタ、ホンダは不参加。そこで繰り広げられる「EV主導権争い」の実情とは――。(2018/6/8)

ホンダジェット、日本攻略へ 最新型投入、国内市場拡大に期待
2015年に発売したホンダジェットは徐々に販売地域を広げてきており、欧米に比べて規模が小さい日本のビジネスジェット市場の拡大につながるかが注目される。(2018/6/7)

17年は納入機数世界トップ:
ホンダジェット、日本で販売へ 新型機を19年前半に納入
ホンダが新型ビジネスジェット機「HondaJet Elite」の国内販売を始める。6月6日から受注を始め、2019年前半の納入を目指す。従来モデルから航続距離や静粛性を向上させた。(2018/6/6)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。