「人材サービス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「人材サービス」に関する情報が集まったページです。

解決方法は?:
転職活動での悩みは? 「アピールポイントが分からない」「退職交渉が難航」などの声も
転職支援サービス「エン転職」を運営するエン・ジャパンは11月8日、転職活動についての調査結果を発表。多くの人が自分のアピールポイントや適性などが分からずに悩んでいることが分かった。回答者からは寄せられた具体的なエピソードでは……(2018/11/9)

年々深刻化:
ハイスキル人材不足、日本は世界33カ国中「最悪」 技術進化に追いつけず
外資系人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンはこのほど、世界33カ国を対象としたハイスキル労働市場に関する調査結果を発表。日本はハイスキル人材不足問題において33カ国中「最悪」であることが分かった。(2018/11/7)

全体の6割:
専業主婦であることに「罪悪感」? 「何の存在意義もないと感じる」「夫にばかり経済的負担が」……
主婦に特化した人材サービス「しゅふJOB」を運営するビースタイルがこのほど、「専業主婦であることに対する罪悪感」についての調査結果を発表。専業主婦・主夫であることに罪悪感を覚えたことがあった人は全体で56.6%いることが分かった。(2018/11/2)

半数以上は「転職後に年収上がった」:
年収アップ経験者の3割は「100〜149万円」上がったと回答 「ミドル」の転職事情 
30〜40代のミドル世代の転職支援サイト「ミドルの転職」を運営するエン・ジャパンが35歳以上の転職経験者を対象に転職後の年収について調査を実施。52%が転職後に「年収が上がった」ことが分かったという。(2018/10/31)

営業職へのインセンティブが手厚い:
人材業界の平均年収ランキング、リクルートVS.マイナビの差は……
人材サービス業界の中で平均年収が最も高い企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査した結果、2位はマイナビで507万円だった。1位は……(2018/10/29)

「成功体験リセット」などがポイント:
転職コンサルタントが指摘 転職先で活躍できない「ミドル」の特徴は……?
転職先で活躍できない「ミドル」の特徴は? 30〜40代のミドル世代の転職支援サイト「ミドルの転職」を運営するエン・ジャパンが転職コンサルタントを対象に調査を行ったところ、活躍できないミドルの特徴として最多だったのが……(2018/10/29)

男性上司を求める傾向:
社会人と平成最後の内定者に聞いた「理想の上司」は?
人材サービスを手掛けるランスタッドがビジネスパーソンと2019年新卒入社予定の「平成最後の内定者」を対象に、理想の上司などについて調査を実施。働く現場の現実を知るビジネスパーソンとそうでない内定者が抱く理想には差があるようだ。(2018/10/2)

キャリアニュース:
前職と比べて賃金が1割以上増加した転職決定者は30.1%
リクルートキャリアは、転職支援サービス「リクルートエージェント」における同年4〜6月期の「転職時の賃金変動状況」を発表した。「前職と比べ賃金が1割以上増加した転職決定者数の割合」は30.1%で、前年同期に比べ2.0ポイント上昇していた。(2018/8/29)

“RPAロボの開発・運用×RPA人材派遣”で企業のRPA活用を支援――RPAテクノロジーズとパソナテック、2018年10月に提携サービス開始
RPAテクノロジーズとパソナテックは、RPAプラットフォーム「BizRobo! DX Cloud」上でニーズに合わせたRPAソリューションを開発、提供するサービスを開始する。第1弾として、人事労務・会計監査分野の業務を学習させ、実務能力を備えたデジタルレイバー(ソフトウェアロボット)を提供する。(2018/8/23)

エン・ジャパン調査:
女性の8割が「仕事にストレス」 その原因は?
人材サービス会社のエン・ジャパンの調査によると、働く女性の8割が仕事にストレスを感じていることが分かった。その原因とは何だろうか……?(2018/8/16)

就業者・雇用者は5カ月連続増だが人手不足は変わらず 建設業の人材市場動向7月
人材紹介事業のヒューマンタッチが運営するヒューマンタッチ総研は2018年7月26日、国内における建設業の人材市場動向をまとめた7月分のマンスリーレポートを公表した。2018年5月の雇用関連データでは、建設業の就業者数は494万人で、雇用者数は403万人。ともに5カ月連続で前年同月を上回った。(2018/7/26)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(57):
請負だって聞いていたのに、これじゃあ人材派遣じゃないですか!
作業指示はこちらが出します。成果物の責任はとってください。え、派遣と請負のいいとこどり? どこでもやってることじゃないですか――IT訴訟事例を例にとり、システム開発にまつわるトラブルの予防と対策法を解説する人気連載。今回は、契約が請負なのか派遣なのかが争点となった裁判を紹介する。(2018/7/4)

キャリアニュース:
正社員の88%が副業に興味があると回答――副業経験者は32%
転職支援サービス「エン転職」が「副業」についてのアンケート調査結果を発表。88%が副業に興味を持ちながら、副業経験があると回答したのは32%だった。「経験のある副業」は接客、販売、サービス系のアルバイトが最多で59%を占めた。(2018/5/29)

労働白書「スキル革命2.0」発表:
労働力の“自動化”が社員数にどのような影響を与えるか?
総合人材サービスのマンパワーグループは、労働白書「スキル革命2.0」を発表した。(2018/5/21)

キャリアニュース:
働き方改革の意識調査――取り組みと実態の整合性、仕事量の調整が課題
転職支援サービス「エン転職」が、働き方改革についてのアンケート調査結果を発表。会社の働き方改革に対する取り組みについて、回答者の51%が「(働き方は)変わらない」とし、その理由として半数近くが「制度が現場の実態と合っていない」を挙げた。(2018/3/27)

「YouTuber」は小学生男子に人気:
小中学生「将来の職業」人気ランキング 男女の1位は
小中学生の将来就きたい仕事は?――人材サービスのアデコが「2018年版小中学生の将来就きたい仕事」に関する調査結果を発表した。(2018/3/26)

全体の関心は低いまま:
職場のダイバーシティ、最も重視するのは20代女性
 人材派遣のランスタッドがこのほどまとめた、勤務先のダイバーシティ(人材の多様性)推進についての調査結果によると、20代女性の54.5%が「勤務先がダイバーシティ推進に取り組むこと」を「大切と考える」と回答し、全体の39.1%を大きく上回った。(2018/3/6)

求職者約780万人、国内最大級の人材サービス企業のクラウド活用とは:
PR:パーソルホールディングスはOracle Cloudをどう使い、どう評価したか?
国内最大級の人材サービス企業として、膨大な数の求職者/取引企業のニーズに応え続けているパーソルホールディングス。超ミッションクリティカルなシステムと膨大なデータを持つ同社は、他業種以上にスピードと柔軟性が求められる人材サービス業において、どのようにクラウドを使いこなしているのだろうか。Oracle Cloud導入の経緯と評価を詳しく聞いた。(2018/2/28)

キャリアニュース:
20代転職希望者の89%が、未経験の職種に「チャレンジしたい」と回答
転職支援サービス「エン転職」が「未経験職種へのチャレンジ」についてのアンケート調査結果を発表した。20代転職希望者の89%が、未経験の職種に「チャレンジしてみたい」と回答。一方で、新たな挑戦に不安を感じている20代も多かった。(2017/12/6)

キャリアニュース:
今年、ベースアップで月給が上がった正社員は17%
転職支援サービス「エン転職」が「月給」をテーマにしたアンケート調査の結果を発表した。「今年に入って月給が上がった」と回答者の48%が答えており、上がった理由の最多回答は「定期昇給」。「ベースアップ」と回答したのは17%だった。(2017/11/17)

キャリアニュース:
20代女性ビジネスパーソンの約4割が「キャリアチェンジを考えている」
人材サービスのVSNが「キャリアチェンジに関する意識調査」の結果を発表した。現在キャリアチェンジを考えているかという質問に、20代女性の38.8%が「はい」と回答。その理由として「新しいことに挑戦してみたいから」を挙げた人が多かった。(2017/11/2)

キャリアニュース:
20代が仕事に求めること――1位は「プライベートを大切に働けること」
20代の男女を対象とした「仕事の価値観」についてのアンケート調査結果を総合求人・転職支援サービス「エン転職」が発表。仕事に求めることの1位は「プライベートを大切に働けること」で、59%が回答した。(2017/10/10)

キャリアニュース:
製造業でセールス/マーケティング職のプロを積極的に採用
外資系人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンが、採用動向レポートを公開。製造業で、専門知識と英語力を持つセールス/マーケティング職のプロフェッショナルを積極的に採用している。 (2017/8/22)

キャリアニュース:
テレワーク経験者の67%が「引き続きテレワークで働きたい」と回答
転職支援サービス「エン転職」が、「テレワーク」についての調査結果を発表。テレワーク経験者は5%だった。通勤時間が有効活用でき、育児や介護との両立がしやすいことなどを理由に、経験者の67%が引き続きテレワークで働きたいと回答した。(2017/7/28)

事業基盤を生かす:
パーソル、約691億円で豪人材大手を買収 海外事業強化
パーソルホールディングスが、豪人材サービス企業Programmed Maintenance Servicesを買収。強固な事業基盤を生かし、海外事業をさらに強化する。(2017/7/14)

新連載・“日本が知らない”海外のIT:
週休2日、8時間労働は時代遅れ――“IT国家”発の次世代型人材サービス「Jobbatical」
海外のIT事情を紹介する新連載がスタート。第1回は、北欧のIT先進国エストニアで生まれた、“イマドキな働き方”ができる人材マッチングサービス「Jobbatical」を取り上げる。(2017/7/13)

キャリアニュース:
退職を考えたきっかけのトップは「給与が低かった」――46%が回答
総合求人/転職支援サービス「エン転職」が、「退職理由」についてのアンケート調査結果を発表した。退職を考え始めたきっかけとして「給与が低かった」を挙げた人が46%と最も多かった。(2017/7/6)

まとまった休暇取得が必要:
「未消化の有給休暇が多い」6割 新設研究機関が調査
人材サービスのランスタッドは、労働者の意識などを探る調査研究機関「ランスタッド・リサーチインスティテュート(RRI)」を設立。第1回調査結果として、「休暇」に関する満足度や現状を明らかにした。(2017/6/20)

Weekly Memo:
AIに“忖度”は無用 AI時代に求められるスキルとは?
AI時代に求められるスキルとは何か。人材サービス会社が行った調査結果が興味深い内容だったので、それを基に考察してみたい。(2017/5/29)

若年層の意識もグローバルと隔たり:
日本の労働者「起業したくない」7割 33カ国中で最下位
日本の労働者の68.9%が「起業したくない」――総合人材サービスのランスタッド調べ。(2017/5/12)

キャリアトレック調べ:
あなたの会社も?「残業多い」「生産性低い」6割上回る
「ウチの会社、残業が多くて生産性が低い……」そんな悩みを抱えるビジネスパーソンは多い――人材サービスのビズリーチ調べ。(2017/1/20)

人材サービス大手のランスタッド調べ:
「勤務先としての魅力がある」日本企業トップ20
勤務先として、いま最も人材を引き付ける魅力のある日本企業は?――人材サービス会社大手のランスタッドがトップ20を発表。資生堂、ニコン、村田製作所が初めてノミネートされた。(2017/1/20)

エン・ジャパン 退職のきっかけ:
退職を考えるきっかけは? 年代問わず「給与・待遇への不満」が最多
エン・ジャパンが運営する総合求人・転職支援サービス「エン転職」は、「退職のきっかけ」についてのアンケート調査結果を発表した。(2016/12/28)

キャリアニュース:
退職のきっかけ――トップは「給与・待遇への不満」
転職支援サービス「エン転職」が「退職のきっかけ」についての調査結果を発表。退職を考えるきっかけは、年代を問わず「給与・待遇への不満」が最も多かった。(2016/12/13)

エン・ジャパン 転職後の年収:
40代前半の専門スキル保有者は、転職すると年収がアップする!?
転職支援サイト「ミドルの転職」は、転職後の年収についてのアンケート調査結果を発表した。(2016/11/18)

CEATEC JAPAN 2016講演レポート:
PR:イノベーションには「経営と現場の視点の融合」と「やりきる覚悟」が必要
CEATEC JAPAN 2016では、エンジニア人材サービスのVSNによるセミナー「なぜイノベーションにつまずくのか 〜経営と現場視点の融合で生み出す最強の企業改革〜」が開催された。企業改革を成し遂げるために必要なポイントが成功事例を交えて具体的に紹介され、立ち見が出るほどの聴衆が集まった。(2016/11/1)

キャリアニュース:
海外勤務――赴任先にかかわらず受け入れるという人が昨年に比べ減少
転職支援サイト「ミドルの転職」が、海外勤務についての調査結果を発表。海外勤務の辞令を「赴任先にかかわらず喜んで受け入れる」と回答した人は昨年に比べ減少し、「拒否する」が増加していた。(2016/10/25)

キャリアニュース:
出産を経て復職後に転職した女性は約4割
エンジニア人材サービスのVSNが「女性の復職に関する調査」の結果を発表した。出産を経て復職し、その後転職した女性は約4割。また、「現在、希望通りの条件や環境で働けている」と6割近くの人が感じていることが分かった。(2016/9/30)

キャリアニュース:
65%のミドル層が「自己投資をしている」――投資内容1位は「知性磨き」
人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」が「自己投資」についてのアンケート調査結果を発表した。全体の65%が「自己投資をしている」と回答し、投資内容は「知性磨き」、月間の投資金額は「(1万円以上〜)3万円未満」が最も多かった。(2016/9/16)

キャリアニュース:
転職のリスク――9割の人が「あると思う」
転職支援サービス「エン転職」が「転職のリスク」についてのアンケート調査結果を発表。9割の人が、転職にはリスクが「あると思う」と回答し、リスクと感じる点について、6割が「転職先がすぐに見つからない」ことを挙げた。(2016/8/30)

キャリアニュース:
仕事でストレスを感じる人は9割――要因の1位は「上司との人間関係」
転職支援サービス「エン転職」が「ストレス解消」についての調査結果を発表。20〜50代の9割が仕事でストレスを感じていることが分かった。ストレス要因の1位は「上司との人間関係」で、5割を占めた。(2016/8/12)

キャリアニュース:
ミドル層が転職先で起こしがちな失敗は「前職のやり方を持ち込む」こと
転職支援サイト「ミドルの転職」が、「転職先企業へのなじみ方」についての調査結果を発表。転職コンサルタントの66%が、ミドル層が転職先で起こしがちな失敗は「前職の仕事のやり方を持ち込む」ことだと回答した。(2016/8/4)

【連載】初めての競合分析 第3回:
誰を競合と定め、どう戦うか?――某有名転職支援サイトを例に考える
前回まで、顧客のWebでの購買比較が増加し、リアルの市場よりも広範囲で競合分析が必要とされるに至ったことを紹介してきました。今回は、競合分析の具体的な流れについて説明していきます。(2016/11/16)

エン・ジャパン 転職とお金:
転職検討理由のトップ3は「給与」「仕事内容」「残業・休日数」
エン・ジャパンが運営する転職支援サービス「エン転職」は、「転職とお金」についてのアンケート調査を実施。2016年6月にその結果を発表した。(2016/7/20)

キャリアニュース:
転職検討理由の1位は「給与」――給与交渉した人は20%
転職支援サービス「エン転職」が「転職とお金」についてのアンケート調査結果を発表。転職を検討する理由で最も多かったのは「給与」だった。一方で、転職を検討する前に給与交渉を試みた人は20%と少なかった。(2016/7/5)

キャリアニュース:
年下上司の下で働いた経験がある人――6割が「仕事がしづらい」
人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」が「年下上司」についての調査結果を発表した。年下上司の下で働いた経験があるミドル層の6割が「仕事がしづらい」と回答。そう感じた理由や、年下上司と働く際に気をつけていることなども尋ねた。(2016/6/28)

転職者が「プロパー社員」に対して不満に感じることは?
転職者は「プロパー社員」に対してどんな不満(ギャップ)を感じているのか――人材サービスのマンパワーグループ調べ。(2016/6/21)

エン・ジャパン AI意識調査:
「一般事務」「経理」などのルーティンワークはAIに代替される!?
エン・ジャパンが運営する人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」は、「AI(人工知能)に代替される仕事、されない仕事」についてのアンケート調査結果を発表した。(2016/6/15)

マネジメント職の7割が「エンジニアの人材不足」を実感:
ITエンジニアには今後、どんな能力が求められ、どんな雇用形態が増えるのか
エンジニアの人材サービスを手掛けるVSNが、ビジネスパーソンに聞いた「エンジニアに関する実態調査結果」を公開。約7割がエンジニアの人材不足を実際に感じていると回答した。(2016/6/6)

キャリアニュース:
AIに代替される仕事、されない仕事は
人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」が「AIに代替される仕事、されない仕事」についての調査結果を発表。AIに代替される業務が「あると思う」と76%が回答し、可能性のある職種として「一般事務」「経理」「コールセンター」が挙げられた。(2016/5/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。