「ハイブリッド」最新記事一覧

問われるSSDのみか、HDDとの組み合わせか
オールフラッシュ vs. ハイブリッド、ハイパーコンバージドで採用するなら?
オールフラッシュ構成のHCIシステムはITインフラのパフォーマンス向上をもたらす。ただしIT部門はストレージの管理および分析ツールを刷新する必要がある。(2017/7/20)

日本初! ヤギ×ヒツジのハイブリッドな赤ちゃんが大阪の牧場テーマパークで誕生
はじめましてー。(2017/7/19)

ストロングハイブリッド:
スズキ、「スイフト」にEV走行可能なハイブリッドモデル
スズキの新型「スイフト」に、EV(電気自動車)走行も可能なハイブリッド車が加わった。(2017/7/12)

新ブランドイヤフォン「AZLA」誕生 同軸ハイブリッドドライバーを採用、開放型と密閉型の良いところ取り
(2017/7/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ガソリンエンジンの燃費改善が進んだ経済的事情
ここ10年、自動車の燃費は驚異的に改善されつつあり、今やハイブリッドならずとも、実燃費でリッター20キロ走るクルマは珍しくない。なぜそんなに燃費が向上したのだろうか? 今回は経済的な観点から考えたい。(2017/7/3)

エコカー技術:
ホンダセンシングが「フィット」にも、ハイブリッドモデルは207万円から
ホンダはコンパクトカー「フィット」の一部改良を実施した。新たに、運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」を採用。デザインや燃費性能、装備も見直した。(2017/6/30)

東芝/JR西日本 TWILIGHT EXPRESS 瑞風:
「瑞風」の非電化区間の走行を助ける小型ハイブリッド駆動システムを新開発
東芝は、新型寝台列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」向けの駆動システムとして、新開発の小型ハイブリッド駆動システムを納入した。(2017/6/30)

「攻めのIT」が、クラウドを使っても実現できない本当の理由
収益向上・コスト削減を実現できる「ビジネスに寄与する」ハイブリッド環境の使い方
IT活用がビジネスに直結する現在、パブリッククラウドとオンプレミスを使い分けるハイブリッド環境を導入する企業が増えつつある。期待する効果を引き出す上での必須要件とは何か?(2017/6/30)

電気自動車:
HVが主流のエコカー市場、EV・PHVがシェアを追い抜くのはいつか
現在は電気とガソリンで走るハイブリッド車(HV)が主流のエコカー市場。一方、より環境負荷の低いプラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)の市場投入も進んでいる。今後世界のエコカー市場はどのように推移していくのか、調査会社の富士経済が展望をまとめた。(2017/6/27)

ヴァイナス CCNV Basic Plus V2.6:
AzureでSaas版汎用流体ソルバー「HELYX」が利用可能に
ヴァイナスは、ハイブリッドクラウド運用支援システムの最新版「CCNV Basic Plus V2.6」の販売を開始した。(2017/6/27)

プライベート/パブリックの柔軟な使い分けがメリットを広げる:
PR:データベース統合は“ハイブリッド”で! 12c R2のテクノロジーを活用したDBaaSが大きなメリットを実現
Oracle Database 12c R2が登場したことで、多くの企業がマルチテナント機能を用いたデータベース統合の検討を進めている。データベース統合のスペシャリストとして数多くのプロジェクトを手掛け、現在は米オラクルでクラウドエバンジェリストを務めるトロイ・アンソニー氏がデータベース統合のベストプラクティスを語った。[プライベートクラウド/データベース統合][Oracle Database 12c](2017/6/21)

Spigen、Xperia XZ Premium用「ウルトラ・ハイブリッド」「ラギッド・アーマー」の予約開始
Spigenは、Xperia XZ Premium向け保護ケース「ウルトラ・ハイブリッド」「ラギッド・アーマー」の予約販売をAmazonで開始した。発売記念として56%〜68%オフで提供する。(2017/6/20)

外観など刷新:
トヨタ、新型「アクア」発売 「Crossover」登場
トヨタはコンパクトハイブリッド「アクア」をマイナーチェンジ。SUVらしさを強調した「Crossover」を新設定。(2017/6/19)

ピーアップ、折りたたみ型端末「Mode1 RETRO」のティーザーサイトをオープン
ピーアップは、折りたたみ型の端末「Mode1 RETRO」のティーザーサイトをオープン。スマートフォンとフィーチャーフォンのハイブリッド端末で、2017年7月に登場するようだ。(2017/6/16)

バッテリーは「SCiB」を採用:
東芝、寝台列車「瑞風」に小型駆動システム納入
東芝は2017年6月16日、JR西日本の新型寝台列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風(みずかぜ)」向けに、小型ハイブリッド駆動システムを納入したと発表した。(2017/6/16)

製造ITニュース:
インフォアのクラウドERPは「オンプレミスとの併存が容易」
インフォアジャパンが、クラウドベースのERPの最新動向について説明。ERPのクラウド化が進む中で必然的に生まれる、オンプレミスとクラウドが併存するハイブリッドERPについて、同社のソリューションを使えば構築が容易なことを訴えた。(2017/6/16)

車両デザイン:
レクサス「CT」がマイナーチェンジ、個性的なデザインを進化
トヨタ自動車は、レクサスブランドのハイブリッド専用ハッチバック「CT」に一部改良を実施し、デザインを世界初公開した。日本での発売は2017年秋を予定している。(2017/6/16)

ヤマハ発動機 YSi-V 12M TypeHS2:
高速・高精度化を実現し、鏡面部品の検査能力を高めたハイブリッド光学式外観検査装置
ヤマハ発動機は、ハイブリッド光学式外観検査装置の超高速仕様「YSi-V 12M TypeHS」の後継機となる「YSi-V 12M TypeHS2」を2017年8月1日に発売する。(2017/6/16)

医療機器ニュース:
ハイブリッド手術室を救急災害医療に応用、シーメンスヘルスケアと東京曳舟病院
伯鳳会グループとシーメンスヘルスケアは、救急災害医療を中心とした医療機器の運用およびサービスに関するパートナーシップを締結した。救急災害医療のための「ハイブリッドER」を東京曳舟病院にて展開・運用する。(2017/6/13)

クラウドバーストのメリットをフル活用するには
ハイブリッドクラウドの使い勝手はデータの“置き場所”でこんなに変わる
ハイブリッドクラウドでは、データを保存する場所がパフォーマンスに大きな影響を及ぼす。データ管理とレイテンシ問題を解決するのが「Storage as a Service」だ。(2017/6/8)

シリーズハイブリッド採用:
JR東海、ハイブリッド式特急車両を導入へ
JR東海は、同社初となるハイブリッド方式を採用する次期特急車両(試験走行車)を導入する。(2017/6/7)

膨大なシステムアラート、対応すべきはたった3%だった IIJの運用管理を激変させた“効率化のワザ”
オンプレミスからクラウドサービスまでハイブリッドシステム環境の運用を担当するIT部門の現場。複雑化する一方の運用管理をラクにする方法はあるのか。(2017/6/6)

基幹業務のSoRはどこまでクラウド化できるのか(2):
「ハイブリッドIT」におけるアーキテクチャとその意義、変革への3ステップ
「ハイブリッドIT」が具体的に「どのような形態を持つものであり、企業にとってどういった意義があるのか」を述べるとともに、ハイブリッドITへの変革の鍵となるクラウドマイグレーション&モダナイゼーションの手法を紹介する。(2017/6/5)

Computex 2017:
Samsung、「S Pen」付きWindowsノート「Notebook 9 Pro」
Samsung Electonicsが360度回転式のハイブリッドノートPC「Noteebook 9 Pro」を13.3インチと15インチの2モデルで発表した。同社のWindows 10ノートとしては初めてスタイラス「S Pen」を収納できる。(2017/5/31)

「遊びではない、本気で安全性に取り組む」──約12万円のハイブリッドバイク 人の命を預かるベンチャー企業の心構えとは
自転車と電動バイクのハイブリッド「glafitバイク GFR-01」が登場。ベンチャー企業が「人の命を乗せて走る乗り物」を作るために必要なこと。(2017/5/31)

「攻めのIT」が、クラウドを使っても実現できない本当の理由:
PR:収益向上・コスト削減を実現できる「ビジネスに寄与する」ハイブリッド環境の使い方
IT活用の在り方がビジネスの成果に直結する現在、ビジネス展開のスピード、柔軟性、コスト効率を担保する上で、パブリッククラウドとオンプレミスを使い分けるハイブリッド環境を導入する企業が急速に増えつつある。だが多くの企業では、期待する効果を得られていないのが現実だ。ではハイブリッド環境のビジネスメリットを引き出す上での必須要件とは何か? クラウドやネットワークを主軸にさまざまなサービスを提供しているソフトバンクに話を聞いた。(2017/6/14)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
ハイブリッドITでグローバル展開を加速、ネット総合金融企業に学ぶIT戦略
独自のビジネスモデルを武器に、外為取引などのビジネスを拡大させているSBIリクイディティ・マーケット。同社は、世界に広がる未開拓市場へ挑むために、どのようなIT戦略を取ったのか。プレゼンテーション動画で紹介する。(2017/5/29)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
ハイブリッドIT化が進むデータセンター、ITリソースの効率的な調達方法とは?
データセンターに対する需要が拡大し、ハイブリッドITのエコシステムの構築が進んでいる。一方で、オーバープロビジョニングやITリソース不足によるコストの課題も顕著になっている。こうした課題への対応策を紹介する。(2017/5/29)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
ITインフラの構成を数分で行える次世代ハイブリッドITアーキテクチャとは?
さまざまな業界で破壊的な変革が加速している現在、ITインフラの構成を数分〜数秒で行える次世代ハイブリッドITアーキテクチャが注目されている。本コンテンツでは、その機能やメリットなどを紹介する。(2017/5/29)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
デジタル変革のメリットをすぐに得られるハイブリッドIT戦略とは
ビジネス要件に応じて多種多様なITインフラが使われる現在、その複雑な環境をいかに扱いやすくするかが企業にとって大きな課題の1つだ。この課題を解消するために、今後、どのような取り組みをすべきだろうか。(2017/5/26)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
デジタル変革の鍵は「ハイブリッドIT」――次なるプラットフォーム戦略を解説
企業のITは今、制御性に優れた従来型ITと、柔軟性に優れたデジタルエンタープライズの2つの異なる世界が入り交じっている。これらのバランスを取り、ハイブリッドITを実現するにはどうすればいいのだろうか。(2017/5/26)

ネットアップセミナー「NetApp Cloud Champions 2017」レポート:
PR:ハイブリッドクラウド時代に浮上した“データ移動”の課題に解決策はあるのか
ハイブリッドクラウドが本格的に使われ始めた今、「データの移動」が新たな課題として浮上している。その解決策としてネットアップが提唱しているのが「NetApp Data Fabric」というコンセプト。同社のセミナー「NetApp Cloud Champions 2017:クラウドベンダーとネットアップが提言! ビジネス価値創造のための一歩先を行くハイブリッドクラウド活用」では、このコンセプトに基づくクラウド活用法が示された。(2017/5/22)

初のハイブリッド型ワイヤレスイヤフォン、e☆イヤホンが独占販売
(2017/5/20)

現実味を増す“ソフトウェア定義メモリ”
徹底解説:次世代メモリ技術「NVDIMM」、不揮発性メモリはストレージをどう変える?
さまざまな次世代メモリ技術の発展により、ストレージとメモリを統合するハイブリッドアプローチが登場している。その結果「ソフトウェア定義メモリ」というアイデアが現実味を帯び始めている。(2017/5/16)

製品分解で探るアジアの新トレンド(16):
常識外れの“超ハイブリッドチップ”が支える中国格安スマホ
中国Ulefoneが発売した「Ulefone U007」は、わずか54米ドルという超格安スマートフォンだ。なぜ、これほどまでの低価格を実現できたのか。スマートフォンを分解して現れたのは、常識を覆すほど“ハイブリッド化”された台湾製チップと多くの中国製チップだった。(2017/5/15)

4000円を切ったハイブリッド型イヤフォン「KINERA Bd005E」――MMCXでリケーブルも
(2017/4/29)

蓄電・発電機器:
SOFCの実用化へ、トヨタがハイブリッド発電の実証開始
トヨタ自動車は2017年4月26日、円筒形の固体酸化物形燃料電池とマイクロガスタービンを組み合わせたハイブリッド発電システムの実証を、同社の元町工場(愛知県豊田市)で開始した。(2017/4/27)

Dell EMCが本気で推進するHCI/CIの全貌:
PR:VxRailは単なるHCIではない、ハイブリッドクラウドのための基盤だ
VxRailは、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の市場をけん引するリーダーだと認識されている。だがこれは、単なるハードウェア、あるいは「箱」ではない。むしろ「箱」の限界を打破するために開発された製品だ。(2017/4/27)

高コスパのハイブリッド型イヤフォン「碧(SORA)antique」に“黄金色”の限定モデル
(2017/4/21)

あの“チェキ”がハイブリッド型に進化――プリント前に加工できるぞ
(2017/4/19)

電気自動車:
ホンダ「クラリティ」のPHEVとEV、米国で世界初公開
ホンダは2017年4月14〜23日に開催されている「ニューヨークオートショー」で、クラリティ(CLARITY)のプラグインハイブリッド自動車(PHEV)と電気自動車(EV)を世界初公開した。(2017/4/19)

Spigen、iPhone 7/7 Plusの新色「(PRODUCT)RED」に合わせたケースを発売
SpigenがiPhone 7/7 Plusの「(PRODUCT)RED」に合わせたカラーの保護ケースを発売した。「エアースキン」「シン・フィット 360」「ウルトラ・ハイブリッド2」など6製品からスタートし、順次追加していく予定だ。(2017/4/17)

2万円を切る4ドライバー搭載のハイブリッド型イヤフォン――1MORE「E1010」
(2017/4/14)

ニューヨークオートショー2017:
ホンダ「クラリティ」にEVとPHEVが加わる、トヨタと違うのは「乗車定員」
ホンダは「2017年ニューヨーク国際オートショー」において、「CLARITY PLUG-IN HYBRID(クラリティ プラグイン ハイブリッド)」と「CLARITY ELECTRIC(クラリティ エレクトリック)」を世界初公開した。(2017/4/14)

医療機器ニュース:
ハイブリッド手術室対応の多軸透視・撮影システム、画像分解能4倍に
シーメンスヘルスケアは、ハイブリッド手術室対応の多軸透視・撮影システム「ARTIS pheno」の国内販売を開始した。術者の負担を軽減するため操作性に配慮し、低侵襲治療のための各種機能を備えている。(2017/4/10)

蓄電・発電機器:
太陽光発電のハイブリッド型システム、屋内壁に設置可能
長瀬産業と村田製作所は、家庭用太陽光発電・リチウムイオンバッテリーハイブリッドシステムを発表した。小型軽量であるため、屋内で壁掛け設置可能なことが特長という。(2017/4/17)

医療技術ニュース:
多様な細胞環境を集積したナノハイブリッドデバイスを開発
京都大学は、マイクロ流体デバイスとナノファイバーの技術を統合したデバイスを開発し、1枚のプレート上に多様な細胞環境を再現することに成功した。また、多様なサンプルの中から、細胞にとって最適な環境を効率的に同定する方法も開発した。(2017/4/7)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
日産の国内戦略を刺激したノートe-POWER
ここしばらく国内でほとんどリリースせず、存在感が希薄化していた日産だが、昨年にノートのハイブリッド車、e-POWERでヒットを飛ばした。販売店にとっても救世主となったこのクルマの実力に迫った。(2017/4/3)

PR:プラザクリエイトがオンプレミスの仮想化基盤を刷新し、クラウドを超える俊敏性・TCO削減を実現
国内最大級の写真プリントショップチェーンを展開するプラザクリエイトが、クラス最高水準の性能と拡張性を誇るインテル® Xeon® プロセッサ E5-2600 v3 製品ファミリー搭載のハイパーコンバージド製品「HPE Hyper Converged 250 System」を採用し仮想化基盤を刷新。パブリッククラウドサービスを超えるビジネスアジリティをオンプレミス環境で実現し、導入・運用・保守を含むトータルコストを劇的に削減した。処理要求の急増に即座に対応するため商用クラウドサービスとの連携も実現。優れたビジネスアジリティを達成したハイブリッド・インフラの先進事例である。(2017/4/21)

「従来型のネットワーク構成」がクラウド活用の足かせに?:
PR:Office365などSaaSの性能問題を解決。帯域を圧迫しない「クラウド時代のネットワーク構成」に簡単に変える方法
クラウドサービスは便利なものだが、活用が広がるにつれ、幾つかの課題も浮上してきた。特に、複数の拠点と本社データセンターとをWAN回線で結び、インターネット接続を集約するタイプのネットワーク構成では、ネットワークがボトルネックになり、サービスのレスポンスが悪化してしまう。クラウドを前提とした今の時代、どのようなネットワーク構成が最適なのだろうか?――その現実解となるのが、インターネットを生かしたハイブリッド型のWANと、それを実現するためのジュニパーネットワークスの拠点向けセキュアルーター「SRXシリーズ」だ。(2017/5/11)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。