「インフラストラクチャ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インフラストラクチャ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

KDDI・大林組・NECが5Gを活用した建機の遠隔連携作業に成功 災害時の安全なインフラ復旧を実証
KDDI・大林組・NECの3社が、5Gを活用して2台の建設機械を遠隔操作により連携させ、土砂の運搬をする実証実験に成功した。災害時でも短時間で遠隔操作の環境を構築し、社会インフラ復旧活動を迅速かつ安全に進められるようになることが期待される。(2018/12/14)

本日のシステムは異常なし? センサーの時系列データから異常を判別――NEC、インフラ施設の運用監視向けAI技術を開発
NECは、センサーから収集する時系列データをAIで分析し、迅速かつ高精度にシステムの状態を判別する「時系列データ モデルフリー分析」技術を開発。プラントなどの社会インフラ施設の運用監視などに適用することで、異常検知、障害診断、故障予測などが可能になる。(2018/12/14)

世界の防衛産業やインフラを狙う新手の攻撃、日本を含む87組織が標的に
バックドア型マルウェアの「Rising Sun」は10月〜11月にかけて、世界の87組織で発見された。(2018/12/13)

ビル管理:
「日立システムズ」と「図研ネットウエイブ」が協業、ビル管理システムを1画面で全状況を可視化する“プラットフォーム”発売
日立システムズと図研ネットウエイブは、社会インフラや大規模施設の防犯・安全対策を支援するサービスの分野で協業した。空港、港湾、鉄道、発電所などの社会インフラや大規模商業施設向けに、米国ベリントシステムズ社の状況認識プラットフォーム「Verint SA 7.5」を、2019年1月から販売開始する。2021年度末までに累計27億円の販売目標を掲げる。(2018/12/12)

Google対Microsoft(後編)
G Suiteの出現がMicrosoft Officeを変えた
G Suiteの出現はどのような意味を持つのだろうか。Microsoft Officeの覇権は崩れたのか。ITインフラアーキテクトのバンデルズワン氏は、Microsoft Officeに表れたある変化を指摘した。(2018/12/11)

業務効率化から新サービスまで:
PR:鉄道業界でも進む「クラウド化」 東急、京王の先進事例が語るその効果
首都圏を中心に多くの利用者がいる鉄道は、なくてはならない重要な社会インフラだ。ITシステムを含めてレガシーなイメージが強いかもしれないが、昨今ではAIやIoTを含めたデジタル化が進んでいる。その変化の最前線を東急電鉄と京王電鉄が語った。(2018/12/10)

AWSもプロセッサに採用:
インフラ向けには別のCortexが必要、Armの「Neoverse」
Armの日本法人アームは2018年12月6日、都内で開催した同社のカンファレンス「Arm Tech Symposia 2018」に合わせ、インフラ向けのプラットフォームである「Arm Neoverse(以下、Neoverse)」を日本のメディア向けに説明した。(2018/12/7)

裏方に求められる資質が変わる:
「いつでもどこでも使えるITインフラ」の実現課題を指摘、Gartner
Gartnerは2018年12月3日(米国時間)、米国ラスベガスで同日開幕したカンファレンス「Gartner IT Infrastructure, Operations and Cloud Strategies Conference 2018」において、IT環境の動向と、ITインフラとオペレーションの担当リーダーが直面する課題を紹介した。(2018/12/5)

Google対Microsoft(後編):
G Suiteの出現がMicrosoft Officeを変えた
G Suiteの出現はどのような意味を持つのだろうか。Microsoft Officeの覇権は崩れたのか。ITインフラアーキテクトのバンデルズワン氏は、Microsoft Officeに表れたある変化を指摘した。(2018/12/5)

IT活用:
「電気・ガス・水道」をまとめて検針、北陸電力らが実証実験へ
北陸電力が水道業界の企業と共同で、電力とガス、水道の共同検針を目指す実証実験に着手。電力用のスマートメーターと水道メーター間の連携や、電気・ガス・水道の生活インフラ全ての使用実態を見える化することによる付加価値の検討などに取り組む計画だ。(2018/12/3)

新しい電池の開発が進む中:
EV向けバッテリー、技術競争が加速
電気自動車(EV)市場における競争で優位性を確立するには、価格やクルマのデザイン、ソフトウェアアップデートなどに加え、バッテリー技術と充電インフラの向上を実現できるかどうかにかかっている。(2018/12/3)

テラbps級のトラフィックに挑んだ「72時間ホンネテレビ」の裏側:
総視聴数7400万でも障害ゼロ、AbemaTVが72時間のライブ配信に成功した理由
AbemaTV社が開催した「AbemaTV Developer Conference 2018」で、サイバーエージェント 技術本部 インフラエンジニアの柿島大貴氏は、2017年11月に配信した「72時間ホンネテレビ」を障害なく実現するため、開発本部が取り組んだ施策について説明した。(2018/12/5)

Cloud IAMで一元管理:
Google、SaaSとLDAPアプリの管理を統一できる「Secure LDAP」機能の正式版を公開
Googleは、同社の「G Suite」または「Cloud IAM」を使って、従来のLDAPベースのアプリケーションやITインフラへのアクセスを管理できる「Secure LDAP」機能の正式提供を開始した。(2018/11/30)

クラウドへの移行を後押し
Microsoftが「Windows Server 2008」のサポートを3年延長 無償となる条件は?
Microsoftは「Windows Server 2008」のサポート延長プログラムを発表した。セキュリティパッチ提供や問い合わせ対応を3年間実施する。インフラを「Microsoft Azure」へ移行した場合は無償で利用できる。(2018/12/4)

市場分析や国交省の講演など建設業の問題をICTで解くセミナーを開催、ヒューマンタッチ総研
ヒューマンタッチ総研は、「建設業界を魅力ある業界へ 生産性向上と働き方改革」をメインテーマに掲げた建設技術者を対象としたセミナーを開催した。建設現場の最前線で活用されているICT技術やIoTネットワークインフラ、建設生産支援クラウド、話題となっているRPAの建設業界への導入についてなど、豊富な事例を交えて紹介した。(2018/11/30)

8つの出来事を予測:
防御不能マルウェアやインフラ標的の同時多発サイバー攻撃――ウォッチガードが2019年のセキュリティ動向を予測
ウォッチガードは、情報セキュリティについての2019年度の動向を予測した。過去の主な脅威に関するトレンドを分析した結果だ。従来の検知機能では防御できないファイルレスマルウェアの拡散や、国家によるサイバー攻撃を背景とした国連でのサイバーセキュリティ条約成立などを挙げた。(2018/11/29)

製造IT導入事例:
戦略的アウトソーシング契約を更改、AIやクラウドの活用を推進
日本IBMは、明治グループの一部事業における基幹業務システムのアプリケーション保守、ITインフラの構築・運用・保守、ユーザーヘルプデスクに関する戦略的アウトソーシング契約を更改した。(2018/11/29)

SCiBと鉛蓄電池を組み合わせ:
東芝、車載リチウムイオン電池事業で米社と協業
東芝インフラシステムズと米国ジョンソンコントロールズパワーソリューションズ(JCI)は、車載システム向けリチウムイオン電池事業で協業することに合意した。米ミシガンのJCI工場で、リチウムイオン電池の製造および、鉛蓄電池と組み合わせた車載向け製品の開発と製造を行う。(2018/11/29)

IoTセキュリティの現実的な仕組みと課題(4):
完全な答えのないIoTセキュリティの世界、最後はやはり……
工場や重要インフラで利用されつつある「インダストリアルIoT(IIoT)」の世界に着目し、IoTセキュリティの現実的な仕組みと課題について解説する本連載。第4回(最終回)では、リスクの考え方の理解を深めると同時に、IoTセキュリティを検討する上で必要な心構えについて解説する。(2018/11/29)

ドローンでインフラを3Dモデル化、不具合箇所をAIが解析
NTTコムウェアがインフラ設備点検向けのドローンソリューションを発表。ドローンで撮影した画像を3Dモデル化し、このデータをAIが分析することで、インフラ点検業務を効率化するという。(2018/11/28)

今冬の過ごし方では“インドア派”が増加:
家計で見直したい費用1位は? もっとお金をかけたいことは? 意識調査
総合情報サイトなどを運営するオールアバウトと大阪ガスが家計などに関する意識調査を実施。多くの人が生活インフラ費用を見直したい意向があることが明らかとなった。(2018/11/27)

利益は日赤に寄付:
日本取引所グループ、清田CEOが内規違反 禁止の「上場インフラファンド」購入
日本取引所グループの清田瞭CEOが、社内規則で取引が禁じられている上場インフラファンドを購入していたことが発覚。企業特性上、信頼性担保のため、役職員は一部を除く株式取引が禁じられているが、規則を誤解していたという。(2018/11/27)

“ドローン+AI+MR”でインフラ設備の保守点検 現実とメンテ情報を重ねて表示――NTTコムウェア、「スマートメンテナンスソリューション」を2018年内開始
NTTコムウェアは、通信設備などのインフラ設備の保守点検にドローン、AI、MRを活用する「スマートメンテナンスソリューション」を開始する。ドローンの撮影映像から設備を3Dモデル化。現実の映像に保守点検の支援情報を重ねて表示するなど、点検漏れ抑止や確実な補修作業を支援する。(2018/11/26)

BIM/CIM:
Autodesk Revitで作成したBIMモデルをPDFに変換、点群対応などで2年以内に契約数3倍を目指す
スマートスケープの3D PDF作成ツール「建設業向け3D PDF製品シリーズ」は、2018年10月末時点で導入企業が累計100社を突破した。近年のi-Construction推進により、土木インフラ分野で3DスキャニングやCIMモデルの普及がさらに見込まれるため、点群データへの対応やCIMソフトウェア「Autodesk Civil 3D」の取り込みなどの機能を拡充して、今後2年間でサブスクリプション契約数を3倍にまで拡大を目指す。(2018/11/26)

Dell EMC提供ホワイトペーパー
IT変革を加速するフラッシュストレージ、データで学ぶ導入メリットの真相とは?
デジタル化された社会で組織が成功を収めるには、ITインフラの変革が欠かせない。その中で最もインパクトのある方法が、オールフラッシュを組み込んでストレージ環境をモダナイズすることだ。そのメリットを詳しく紹介する。(2018/11/26)

レノボ・ジャパン提供Webキャスト
Web会議の「音質・接続・共有」の課題を解消、動画で探る専用デバイスの実力
Web会議のニーズが高まる一方、インフラ整備はその需要に追い付いておらず、音質や接続方法、画面共有の手順などに課題を抱える企業は多い。そうした問題を解決し、スマートな会議を実現する専用デバイスの実力を、動画で詳しく紹介する。(2018/11/22)

回答者の中から抽選で10名様にAmazonギフト券5000円分が当たる
「仮想化インフラについての課題」意識調査
簡単な調査にご協力いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazonギフト券(5000円分)」をプレゼント。(2018/11/21)

キーワードは「NVMe」と「SCM」
「ITトランスフォーメーション」を支える強力な最新ストレージ技術
これからのビジネスには何よりもスピードが重要だ。だが、従来のITインフラでは力不足を感じている企業もいる。とはいえ最適なインフラを構築するには専門的な知識も必要だ。企業はどこから手を付けるべきか。(2018/11/26)

データ中心のビジネスを加速させるには?
ストレージがビジネスにイノベーションを起こす? 不思議な相関関係が示すもの
「わが社でもデジタルトランスフォーメーションを」と改革に前向きな企業担当者が見落としがちな点は、その環境を支えるインフラだ。特にデータが中心となるこれからのビジネスではストレージの検討が重要になるだろう。(2018/11/26)

ユーザーの帯域幅利用状況を変える簡単な方法はない
IT部門が実践すべき仮想デスクトップ(VDI)導入のベストプラクティス
IT部門が仮想デスクトップインフラ(VDI)を計画する際、パフォーマンスの問題を引き起こさないために取れる対策が幾つかある。従業員のPC使用環境から考える、VDI導入計画のポイントを紹介する。(2018/11/20)

Weekly Memo:
デジタル変革時代のインフラ設計は“これまでの常識が通用しない” ガートナーが説く「クラウド時代のインフラ投資」
企業は今後のクラウド戦略をどう描けばよいか。ガートナーの名物アナリスト、亦賀氏はデジタル変革に向けたインフラづくりを急ぐべきだと強調する。どういうことか。(2018/11/19)

Japan Robot Week 2018:
SLAMや振動検知センサーを搭載するインフラ点検ロボット、イクシス
イクシスは、これまで培ってきたロボットなどのハード開発に加え、インフラ点検に必要なシステムの構築に力を注ぐ。周囲の地図作成と自己位置推定を同時に行うSLAM搭載の「自律走行ロボット」、振動検知センサーを内蔵した「ワイヤ吊り下げ型の目視点検ロボット」など、豊富なラインアップを取りそろえている。(2018/11/19)

EMCジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
自動化で複雑化するワークロードに対応、データ保護を変革するHCIの実力とは?
データ保護の重要性が増す一方、ITインフラの要件が複雑化したことで、管理負荷増大の要因となっている。そうした課題を解決するには、ワークロードの規模が増しても拡張性とパフォーマンスを確保できるデータ保護アーキテクチャが必要だ。(2018/11/16)

ドローン×インフラ点検:
ソフトバンクが2019年春にインフラ構造物のドローン点検に本格参入、米・5×5の技術をベースに
ソフトバンクは、インフラの老朽化対策として、ドローンによる社会インフラの保全を行う新サービスを開発し、2019年春から提供を開始する。(2018/11/14)

製品動向:
3Mコンクリ型枠止水テープが、3mm以上の隙間を防ぎ橋梁や高速向けに対応
スリーエム ジャパンは2018年11月1日、「3M コンクリート型枠ジョイント止水テープ 2237CR」を発売した。止水テープをコンクリートの養生前に、型枠の接続部に貼るだけで、バリとなる砂目地の発生を抑え、施工の簡略化と見た目の良いコンクリートの仕上がりにつながる。従来品の2237ではカバーできなかった3mm(ミリ)以上の隙間に対応し、大きな隙間ができやすいインフラ大規模構造物のコンクリート打設へも用途を拡大した。(2018/11/13)

橋梁、発電所、送電鉄塔などをドローンで精密点検――ソフトバンク、社会インフラ保全サービスを2019年春に開始
ソフトバンクは、老朽化が進む社会インフラの保守点検向けに、2019年春から「ドローンによる社会インフラ保全サービス」を開始する。設備をドローンで撮影して3Dモデル化することで、人の立ち入りや目視が難しい場所も高精度に確認できる。(2018/11/8)

ソフトバンク、ドローンでインフラ点検 劣化検知や災害被害予測
ドローンで撮影した設備の画像を人工知能で解析し、非常に精巧な立体画像を作成することで詳細な点検が可能になるという。(2018/11/8)

HCIのメリットは、オンプレの運用負荷低減だけではない:
HCIは“ハイブリッドクラウドインフラ”と捉えるべきだ――NetApp
国内でも毎年、倍々の勢いで企業導入が進んでいるHCI(ハイバーコンバージドインフラ)だが、導入目的のほとんどはオンプレミスの運用負荷低減とコスト削減にある。だがクラウドファーストも浸透しマルチクラウドに取り組む企業も増えつつある今、HCIも“オンプレミスに閉じた視点”で捉えたままでよいのだろうか。(2018/11/9)

コスト面を中心に解説
HCIの導入でどのくらいの運用コストを削減できる 教育機関がITインフラ刷新
米国のある学区が、教育機関へのハイパーコンバージドインフラ(HCI)の導入を決めた。NetwareからHCIへの移行は、ITインフラの運用にどのような影響を及ぼしたのか、コスト面を中心に解説する。(2018/11/6)

ドローン夜間撮影:
夜間や暗闇に対応したドローン撮影とAI映像解析、昼夜を問わないインフラ点検や災害対応に
トライポッドワークスは、ドローンと映像認識AIを活用した映像解析サービスを強化し、夜間時の空撮や暗闇での物体識別など、対象領域を広げ、インフラ点検や災害時にも対応するサービスを新たに展開する。(2018/11/5)

ネットワーク管理者ならば誰もが感じる「プレッシャー」:
PR:「前任者が辞めて、ネットワーク運用が辛すぎるんですが」 アイティメディアの“ほぼ一人情シス”の悩み、解決策はある?
限られた人数で運用されてきたアイティメディアの社内インフラだが、ネットワーク運用スキルを持ったエンジニアが退職することに。手間を掛けることなく安定したネットワークサービスを提供したい――そんなタスクを引き継いだメンバーへのアドバイスとは?(2018/11/5)

KDDI、楽天と業務提携 インフラ整備協力、サービスは競争
両社はローミング契約を結び、楽天が参入する際、KDDIが基地局などの通信設備を貸し出す。(2018/11/2)

特集・ビジネスを変える5G:
モバイル通信から社会インフラに 「5G」は私たちの生活をどう変えるのか
いま大きな注目を集めている、次世代のモバイル通信方式「5G」。5Gはモバイルネットワークをスマートフォンのためのものから、社会インフラを支える存在へと変えようとしている。その5Gが普及することで、われわれの生活はどのように変わるのだろうか。(2018/11/6)

インフラメンテナンス:
立命館が研究を進める“非破壊試験”を駆使したインフラ点検の早期評価技術
立命館大学ではインフラの老朽化問題に対応すべく、人材育成や研究を進めている。インフラ点検では非破壊試験によるモニタリングに焦点を当て、AE法を活用した鉄筋腐食の早期評価などに取り組む。土砂災害に強いポーラスコンクリートの空隙率は、RI法を応用することで非破壊での割り出しに成功している。(2018/11/1)

一般的な企業がコンテナを「攻めのIT」のために活用する秘訣:
PR:「ビジネスを支えるIT」から「ビジネスを体現するIT」に変革するために、コンテナが必要な理由
およそ全てのビジネスをITが支え、「ITの力を使った体験価値」を提供、改善するスピードが最大の差別化要因となっている今、ビジネスを支えるITインフラにも新たな仕組みが求められている。では、ニーズの変化にいち早く対応するための「仕組み」とは具体的にどのようなものなのか? コスト削減策と誤解されがちな「コンテナ」の正しいビジネスメリットと、一般的な企業がコンテナを「攻めのIT」のために活用する秘訣を日本IBMに聞く。(2018/10/30)

Dell EMC XCならSAP HANAまでHCIに:
PR:HCIの採用は、金融、製造業、ヘルスケアをはじめとした大組織でも一般化している
HCI(ハイパーコンバージドインフラ)は、既に大企業の社内IT基盤でも普通に使われていると、大手システムインテグレーターである伊藤忠テクノソリューションズの情報通信事業企画室、管敏浩氏は話す。データベースサーバも、HCIの上で稼働させるのが一般的になり始めているという。HCIの生みの親とも言えるNutanixとハードウェアを提供するDell EMCの担当者を交えて話を聞いた。(2018/10/29)

豊かな時代の新たな課題:
「幸せ」実感できぬ社会
2020年の東京オリンピックまであとわずか。前回のころと比べるとさまざまな都市インフラが整備され、多くの産業が成長・発展した。しかし、この豊かな時代に多くの人が本当に「幸せ」を実感しているかどうかは疑問である。(2018/10/27)

IoTセキュリティの現実的な仕組みと課題(3):
想像してみよう、もしもIIoTの世界でセキュリティ対策をしなかったら?
工場や重要インフラで利用されつつある「インダストリアルIoT(IIoT)」の世界に着目し、IoTセキュリティの現実的な仕組みと課題について解説する本連載。第3回では、IIoTの世界で適切なサイバーセキュリティ対策を施さなかったらどうなるのかを想像することで、セキュリティ対策(投資)の必要性に対する理解を深めたい。(2018/10/25)

福利厚生や働き方改革の推進などが鍵:
20代が選ぶ「最も働きやすい企業」ランキング 1位はインフラ系の……
20代が選んだ最も働きやすい企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが「労働時間」「やりがい」「給与」など6項目を評価した結果、2位はヤフー(5段階評価の3.94点)だった。1位は……(2018/10/24)

簡単IoT:
PR:社会インフラで培った強みをデジタル変革の支援に使う、東芝が進む新たな道のり
東芝デジタルソリューションズは長年にわたり培ってきた社会インフラなどの事業領域における遠隔監視や保守の知見を強みとし、インダストリー領域でのデジタルトランスフォーメーションを支援する方針を示す。(2018/10/31)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。