「情報システム」最新記事一覧

IDC Japan 国内IT支出額予測:
国内製造業、生産管理システムの刷新や情報システム構築などへのIT支出が増加
IDC Japanは、国内産業分野別/企業規模別のIT支出額予測(2017〜2021年)を発表。2017年の国内IT市場規模は、前年比成長率3.9%の16兆5775億円を見込むという。(2017/12/13)

Weekly Memo:
ハイブリッドクラウドを支える「ハイパーコンバージドシステム」の選び方
企業のITシステムにおいてハイブリッドクラウドの需要が高まるにつれ、それを支えるハイパーコンバージドシステムに注目が集まっている。果たしてユーザーから見てどう選べばよいのか。(2017/12/11)

企業ITの核心はいつの時代も「データ活用」:
PR:インメモリ、インデータベース、そして自律化へ──Oracle Databaseで企業のデータ活用はどう進化していくのか?
データの利活用こそ、企業がITシステムを使う真の目的だ。データ活用の技術や手法は、ビジネス環境の変化やITの変遷に応じて大きく発展してきた。そして、今後もさらに進化していこうとしている。これから何がトレンドになるのか、それを加速するためにオラクルは何を提供していくのだろうか。(2017/11/30)

藤田保健衛生大学病院、関連3病院と医療情報システムを統合 運用管理の効率化を目指す
藤田保健衛生大学病院が医療情報をセキュアに管理し、病院の基幹業務を支える統合病院情報システムを構築。運用管理の効率化を目指す。(2017/11/17)

新潟市、災害対応業務の情報基盤を刷新 IT活用で対応強化へ
新潟市が、災害対応体制の強化を目指し、「新潟市災害時情報システム」を構築。自治体の災害対応業務を支援するIBMのソリューションを採用した。(2017/11/13)

PR:切り札は「延命保守」――保守期限切れのIT資産を有効活用する
ビジネスに直結するITシステムは、メーカーが定めた保守サービス期間が終了したあとも、そのまま使い続けなければならないことがある。しかし、保守サービスなしに古いシステムを使い続けるのは、高いリスクを伴う。こうした問題をいかに解消すればよいのだろうか。(2017/11/13)

エッジ用基本ソフト仕様策定へ:
FAとITの協調を目指しコンソーシアム設立
2017年11月6日、三菱電機、NEC、オムロンなど6社は2017年11月29日にFA機器とITシステムの連携を容易にするソフトウェアプラットフォームの構築、普及を目指す団体「Edgecross(エッジクロス)コンソーシアム」を設立すると発表した。(2017/11/7)

社内に広がる“見えざるExcel業務”をシステム化:
PR:丸投げされたとき、あなたは耐えられるか? とある企業の脱Excel奮闘記
とある企業の情報システム部門に勤務する担当者が、「Excelファイルでの案件管理が限界なので何とかしてほしい」という営業部からの依頼に応える奮闘記。ノンプログラミングWebデータベースで一挙に解決しよう。(2017/11/6)

VMware NSXのL2延伸によって接続:
富士フイルムがVMware on IBM Cloudを採用、基幹系と情報系をオンプレミスからクラウドに移行
富士フイルムは、社内情報システムのインフラ基盤にIBMのクラウドサービス「VMware on IBM Cloud」を採用した。VMware NSXのL2延伸によってオンプレミスとクラウドを接続し、基幹系と情報系のシステムをクラウドに移行させる。(2017/10/26)

Weekly Memo:
“ひとり情シス大学”で何を学べるのか Dell EMCに聞く開校の狙い
大手企業と違って、中堅企業では、情報システム担当が1人しかいないケースが少なくない。そんな“ひとり情シス”に対し、Dell EMCが新たな支援策を打ち出した。果たして奏効するか。(2017/10/23)

ルネサス R-Carリファレンスパッケージ for Android:
Android 8.0対応の車載用SoC向けパッケージ
ルネサス エレクトロニクスは、車載情報システム用SoC(System on Chip)「R-Car」向けに、Android 8.0対応の「R-Carリファレンスパッケージ for Android」を発表した。ソフトウェアとして、最新のAndroid 8.0に対応したBSPを搭載した。(2017/10/20)

組み込み開発ニュース:
Android8.0に対応した車載情報システム用SoC向けパッケージ
ルネサス エレクトロニクスは、グーグルの最新OS「Android8.0」に対応した「R-Carリファレンスパッケージ for Android」の提供を開始した。R-Carのリファレンスボードと拡張ボード、Android 8.0に対応したBSPで構成される。(2017/10/18)

安川情報システム MMPredict:
故障予知サービスに“使いながら育てる”プラントモデルが登場
安川情報システムは、複数の設備を組み合わせたプラントなどの施設向けに、同社が提供する故障予知サービス「MMPredict」のプラントモデルを開発し、提供を開始した。(2017/10/13)

中小企業のためのIT活用のススメ(5):
現場を置き去りにしたITシステムの再構築、待っているのは“ダメ出し祭り”
本格的な第4次産業革命の到来に向け、IoT活用への期待が非常に高まっている。この大きなビジネスチャンスをつかむべく、大企業を中心にさまざまな戦略、施策が打ち出されているが、果たして中小企業はどうすべきか? 第5回では、ITシステムの再構築の際に必ずやっておきたい“ユーザー部門との合意形成作り”について取り上げる。(2017/10/6)

アーク情報システム、再起動ごとにOS環境を戻せる「HD革命/WinProtector」最新版
アーク情報システムは、環境復元ソフト「HD革命/WinProtector」の最新版「HD革命/WinProtector Ver.7」シリーズを発表した。(2017/10/5)

自動運転技術:
パイオニアが自動運転向けライダーをサンプル出荷、2017年9月下旬から
パイオニアは2017年9月下旬から車載用ライダー(LiDAR:Light Detection and Ranging)のサンプル出荷を開始する。国内外の自動車メーカーや、地理情報システム(GIS)を手掛けるICT企業向けに提供し、一般道でのレベル3以上の自動運転車や、次世代GISサービスでの採用を目指す。量産化は2020年以降としている。(2017/9/8)

製造ITニュース:
事業の売却や買収に伴うITシステム整備を支援、NTTデータGSLが国内展開
NTTデータ グローバルソリューションズは、ドイツSNP社と戦略的パートナーシップを締結。SNP社が開発したビジネス変革支援ソフトウェアを使ったデータ移行サービスを開始する。(2017/9/7)

ルネサス 感情エンジン対応R-Car:
「感情を持ったクルマ」を実現する車載SoC
ルネサス エレクトロニクスは2017年7月19日、cocoro SBが保有する人工感性知能「感情エンジン」に対応した車載情報システム向けSoC(System on Chip)「R-Car」の開発キットを開発した。(2017/8/31)

産業用ネットワーク:
ORiNとFL-net、製造ラインと上位システムとの連携が容易に
日本電機工業会が推進する産業用オープンネットワーク規格である「FL-net」と、日本ロボット工業会が推進する工場用情報システム用ミドルウェアの「ORiN」の連携が進んでいる。新たにORiNでFL-netとの接続を容易にするプロバイダーを開発し、製造ラインと上位システムとの連携を容易にする。(2017/8/29)

デジタル 安川情報システム:
3ステップでHMIからクラウドに、製造現場のIoT化を促進
HMIのデジタルが安川情報システムと協業、製造現場のHMIからクラウドまでを最短3ステップで接続するソリューションを提供する。(2017/8/25)

FAニュース:
ワンストップのIoTソリューションを提供開始、デジタルと安川情報
デジタルは、安川情報システムとの協業によるワンストップIoTソリューションの提供開始を発表した。同社の表示器と安川情報システムのクラウドサービス「MM Cloud」との接続が、3ステップで設定できるようになる。(2017/8/23)

「DXの実行を担う組織」とはどういうことか:
「人不足で“DX”までは担えない」情シス子会社の課題 では何をすべきか
IDC Japanが国内企業の情報システム子会社の現状を分析した調査結果を発表した。情報システム子会社は2017年現在、親会社を含めた企業のDXへの取り組みが本格化する中で、それを支える組織に自らを変革できるかどうかの岐路に立っていることが分かった。情シス子会社は「今、何をしていくべき」なのだろうか。(2017/8/22)

デジタルトランスフォーメーションを担当する情報システム子会社は13.5%――IDC調べ
情報システム子会社の現状と将来性に関する調査によると、人材不足、提案力不足といった課題の克服と、デジタルトランスフォーメーションに対応したスキル転換が重要だという。(2017/8/22)

製造業がサービス業となる日:
医師や看護師の改善に向けた熱意を生み出す、GEの医療データ分析サービス
GEヘルスケア・ジャパンは「Applied Intelligence医療データ分析サービス」を発表した。病院内の医療ITシステムから得られるさまざまなデータを可視化、分析した結果を用いて、病院経営や部門運営の最適化に生かすためのサービスである。(2017/8/14)

過剰なIT投資は止めよう
企業経営の生命線、キャッシュフローの健全性を保つ“秘策”とは?
新規事業立ち上げには従来、膨大な初期ITシステム投資が必要だった。結果、キャッシュフローが悪化し、頭を抱える企業も多い。本稿では、課題解決の“秘策”を紹介する。(2017/8/8)

安川情報システム MMCloud Readyプログラム:
認定プログラムで産業機器メーカーのIoT参入を支援
安川情報システムが機器稼働情報を基にした産業機器向けクラウドへの接続機器を認定する、「MMCloud Ready」プログラムを開始した。(2017/8/10)

特選ブックレットガイド:
WannaCryが明らかにした、生産システムセキュリティ「2つの問題点」と「2つの対応策」
ランサムウェア「WannaCry」はITシステムのみならず、自動車生産拠点を稼働停止に追い込むなど猛威を振るい、亜種の発生もあっていまだに予断を許しません。WannaCryが浮き彫りにした生産システムが内包する「2つの問題点」と業務を守る「2つの対応策」を解説します。(2017/8/8)

自動車業界で存在感、新型「カムリ」はAGL初採用車:
コネクテッドカー向けLinuxプロジェクトのAGL、車載情報システム開発基盤の最新版「Unified Code Base 4.0」を公開
The Linux FoundationのAGLが、車載向けLinuxシステムの最新版「AGL UCB 4.0」を公開した。音声認識API、セキュアな無線通信を使ったソフトウェア更新に対応した。(2017/8/7)

無線LANの枠に収まらないソリューションで情シスの夢が膨らむ:
PR:クラウド管理で運用が劇的に楽になる無線LANソリューションをアイティメディア情シス担当者が試してみた
インターネットアクセスを提供できる「無線LAN」は、企業やB2Cのネットワーク敷設要件として定着したが、限られた帯域を共有しながら最適な利用環境を維持する難しさなど課題も多い。課題を解消し、さらにはビジネス戦略へ一歩踏み込んだ活用が可能なのが「Cisco Meraki」だ。そんなCisco Merakiを、アイティメディアの情報システム部門リーダーが実際に触り、機能や性能を検証する。(2017/7/31)

WannaCryで明らかになった生産システムのセキュリティ、「理想」と「現実」の間
ランサムウェア「WannaCry」はITシステムのみならず、自動車生産拠点を稼働停止に追い込むなど猛威を振るい、亜種の発生もあっていまだに予断を許しません。WannaCryが浮き彫りにした生産システムが内包する「2つの問題点」と業務を守る「2つの対応策」を解説します。(2017/7/26)

サイバー攻撃、ライセンス違反も明日はわが身:
PR:IT資産管理の全てがここにある――ITAM World 2017レポート
仮想化、クラウドが多くの企業に浸透した近年、ITシステムは大幅に複雑化し、確実な把握・管理が年々難しくなっている。一方でサイバー攻撃はますます巧妙化し、われわれは常に甚大なセキュリティ、コンプライアンスリスクにさらされている状況だ。では一体どうすれば膨大なIT資産を確実に管理し、「攻めのIT」を支えることができるのだろうか? ITAM World 2017にその答えを探る。(2017/7/27)

クルマが感情をくみ取り応答:
ルネサス、感情エンジン対応R-Car開発キット
ルネサス エレクトロニクスは2017年7月19日、cocoro SBが保有する人工感性知能「感情エンジン」に対応した車載情報システム向けSoC(System on Chip)「R-Car」の開発キットを開発した。(2017/7/20)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「モバイルファーストの理由」
「モバイルファート」の波は、企業の情報システムにも押し寄せています。なぜモバイルにシフトするのか、人間とコンピュータの関係の変化に焦点を当てつつ、整理しておきましょう。(2017/7/18)

製造IT導入事例:
建設機械用アタッチメントの故障予知や稼働監視を可能にするIoTシステム
安川情報システムは、IoT油圧ブレーカーシステム「TO-MS」を発表した。衝撃に強いセンサーやAIで故障を予知するエッジデバイスを備えており、これまで困難だった建設機械用油圧アタッチメントの故障予知や稼働監視が可能になる。(2017/7/12)

IoT時代の安全組織論(2):
ITとOTの組織連携はどうすれば進められるのか
製造業がIoTを活用していく上で課題となっているのが、サイバーセキュリティをはじめとする安心・安全の確保だ。本連載では、安心・安全を確立するための基礎となる「IoT時代の安全組織論」について解説する。第2回は、製造業にとって重要なIT(情報システム)とOT(制御システム)の組織連携の進め方について説明する。(2017/7/11)

超高速ネットワークの挫折と復活【第1回】
10Gbps通信の普及を阻んだ「高過ぎるエラー率」問題
ITシステムが扱うデータが爆発的に増大している今、超高速ネットワークへの期待は大きい。しかし“10Gbps級”ネットワークの普及は遅れている。これは、その原因と克服への挑戦を記した物語だ。(2017/7/6)

製造マネジメントニュース:
「IoTの先駆者」をより明確に、安川情報システムが経営方針
安川情報システムが経営方針説明会でIoT分野への傾注を明らかに。長きにわたりIoTに注力してきた“IoTの先駆者”としてのノウハウと製造業の現場の声を生かした“地に足の着いたIoT”を提供していく構えだ。(2017/6/26)

IT大手のCEOらがホワイトハウスで会合 政府ITシステムの効率化をめぐり
ティム・クック氏、エリック・シュミット氏、ジェフ・ベゾス氏ら大物が集った。(2017/6/23)

東京証券取引所は、デジタルトランスフォーメーション(DX)にどう対応しているか?:
PR:DX時代、従来型企業の情シスが担うべき役割、持つべきスキルとは?
DXが進展し、各業種でITサービス開発競争が活発化している。だが最初からテクノロジの戦いに特化した新興企業とは異なり、既存業務/既存システムを持つ従来型企業が、DXに乗り出す上ではさまざまな課題があるのが現実だ。ではこうした中、「ビジネスへの寄与」が求められている情報システム部門は、どのような役割を担っていくべきなのだろうか? 東京証券取引所IT開発部 清算システム担当課長の箕輪郁雄氏と、日立製作所 JP1 エバンジェリスト 加藤恵理氏の対談に、その答えを探る。(2017/7/10)

宮城県気仙沼市がIT基盤を刷新 BCPとセキュリティ対策を強化
宮城県気仙沼市が、BCPとセキュリティ対策を強化した情報システム基盤の構築を目指してOffice 365を導入した。(2017/6/23)

国交省への不正アクセス、個人情報流出なし
国交省のWebサイト「土地総合情報システム」が不正アクセスを受けたが、個人情報の流出は確認されず。(2017/6/15)

アーク情報システム、10段階の抹消方式を備えたHDDデータ削除ソフト「HD 革命/Eraser Ver.6」
アーク情報システムは、同社製のHDDデータ抹消ソフト「HD 革命/Eraser」シリーズの最新版を発表した。(2017/6/15)

ケンコーコムと爽快ドラッグ、合併で「Rakuten Direct株式会社」に
物流や情報システムの効率化、販売商品の拡充を狙う。(2017/6/12)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】クラウドの利用状況に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に、パブリッククラウド(専有型/共有型)、プライベートクラウド(専有型/共有型)におけるIaaSおよびPaaSの利用状況についてお伺いします。(2017/6/12)

“いま”が分かるビジネス塾:
加速するクラウド化 影響を受ける仕事は?
近年、企業のITシステムが次々にクラウドにシフトしている。三菱UFJフィナンシャル・グループも、Amazon Web Servicesへの移管に向けて動き始めた。今後、日本においても本格的にクラウドシフトが進んだ場合、社会・企業にはどのようなインパクトがもたらされるのだろうか。(2017/6/8)

スカイディスク/安川情報システム TO-MS:
AI活用で建設機械の最適な保守メンテナンスを実現するIoT油圧ブレーカシステム
スカイディスクは、安川情報システムと共同でIoT油圧ブレーカシステム「TO-MS」を開発。東空販売が製造・販売する建設機械用油圧ブレーカーのタイムリーなメンテナンスを実現する。(2017/6/7)

国交省の土地総合情報システムから個人情報4000件強が流出 Apache Struts2が原因
国土交通省が「土地総合情報システム」の「不動産取引価格アンケート回答(電子回答)」サイトに不正なアクセスがあったことを明らかにした。「Apache Struts2」の脆弱(ぜいじゃく)性を利用して、悪意のあるプログラムが仕込まれていた。(2017/6/6)

登記情報など最大で約20万件流出か:
国交省サイトに不正アクセス 「Apache Struts2」脆弱性
国土交通省の「土地総合情報システム」に不正アクセス。登記情報など最大約20万件が流出した可能性があるという。被害が相次いで報告されている「Apache Struts2」の脆弱性を悪用したもの。(2017/6/6)

ドラゴンクエスト、ファイナルファンタジーのゲーム開発用PCを支える人々:
PR:スクウェア・エニックスの大規模ゲーム開発に耐え得る超ハイスペックPCの構築、管理、メンテナンスの現場とは
誰もが知る『ドラゴンクエスト』シリーズや『ファイナルファンタジー』シリーズなどを創り出したゲーム会社スクウェア・エニックスがデスクトップサポートエンジニアを募集している。その大規模ゲーム開発に耐え得る超ハイスペックPCを管理、メンテナンスする現場は、他の企業の情報システム部とはひと味違う。本稿では、スクウェア・エニックスのエンターテイメントを下支えするだけではなく、提案も行えるデスクトップサポートエンジニア像とはどんなものなのかを掘り下げるために現役デスクトップサポートエンジニアに話を伺った。(2017/6/14)

今夏投入:
トヨタ、新型カムリにLinuxベースのOS初搭載
トヨタは今夏投入する新型カムリに、車載情報システムとして「オートモティブ・グレード・リナックス(AGL)」のプラットフォームを搭載する。(2017/5/31)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。