日本 に関する記事 日本 に関する質問

「日本」最新記事一覧

PC USER 週間ベスト10:
「Surface Pro 3」はもう触りましたか?(2014年7月14日〜7月20日)
今回のアクセスランキングは、ついに日本で販売が開始された「Surface Pro 3」の実機レビューに注目が集まりました。(2014/7/21)

ラーメンが食べたくなったら立ちあげるべきグルメアプリ5選
日本中にあるラーメン屋さんだが、個人で食べ歩くのには限度がある。そこでアプリを使って店舗情報や熱心なファンのレビューを参考にしたい。多くの人の情報が人気店の真価、隠れた名店を教えてくれるはずだ。(2014/7/21)

あの味を自宅で! タイ料理店「ティーヌン」の「元祖トムヤムラーメン」発売
実は日本オリジナル料理って知ってた?(2014/7/20)

第45回星雲賞が決定 『コロロギ岳から木星トロヤへ』など受賞
日本長編部門に小川一水さんの『コロロギ岳から木星トロヤへ』、日本短編部門に谷甲州さんの『星を創る者たち』が選ばれたほか、メディア部門では「パシフィック・リム」が受賞している。(2014/7/19)

キューブ型:
アユート、ネットワーク対応SSDプレーヤー“Astell&Kern”「AK500N」を日本初披露
「ポタ研」にあわせてアユートが記者会見を開催。iriverが開発中のネットワーク対応SSDプレーヤー“Astell&Kern”「AK500N」を公開した。(2014/7/19)

日本HP、「HP ENVY 15-k000」など個人向け15.6型ノートPCを発売
日本HPは、15.6型ワイド液晶ディスプレイを搭載する「HP ENVY 15-k000」および「HP Pavilion 15-p000」を発売した。(2014/7/18)

日本の匠の技とスイスの伝統を融合:
「カンパノラ」にスイス製機械式ムーブ搭載の第4の柱──「メカニカルコレクション」
カンパノラ初の機械式ムーブメント搭載モデル「メカニカルコレクション」が登場。スイスの伝統技術に培われた機械式ムーブメントと、日本の美意識が息づくデザインを融合をコンセプトに、ブランドテーマ「ステータスを遊ぶ」を演出する。(2014/7/18)

見ないとダメよ〜ダメダメ!:
「isai FL」発売 日本エレキテル連合が“異彩でシュールな”コラボ動画公開
「isai FL」の発売に合わせて、LGがお笑いコンビ「日本エレキテル連合」とコラボした動画を公開した。人気コントでおなじみの“細貝さんと朱美ちゃん”が、isai FLの魅力をシュールに紹介している。(2014/7/18)

高い! でも欲しい!!:
“世界最薄”の14型ゲーミングノート「Razer Blade」日本上陸
ゲーマーから根強いを誇るRazerが14型ゲーミングノート最薄をうたう「Razer Blade」を日本に投入する。3200×1800ピクセル(262ppi)の10点マルチタッチ対応液晶を備え、GeForce GTX 870Mを搭載。気になる国内価格は……(2014/7/18)

日本通信、NTTドコモに音声通信網の相互接続を申し入れ――「革新的な通話サービス」提供へ
日本通信が、NTTドコモの音声通信網を相互接続できるよう正式に申し入れをしたことを発表した。これにより、「革新的な通話サービスを提供できる」という。(2014/7/18)

まだ見ぬお宝を求めて:
それいけ! デジコレ探索部「第4回 黄表紙の創始者」
日本の貴重なデジタル化資料を公開している国立国会図書館デジタルコレクション(デジコレ)。本連載では、デジコレで見ることができるデジタル化資料の中からコレは! というものを探し出し、紹介していきます。(2014/7/18)

「超個人主義」日本のクリエイターが世界に挑むために――1000万ユーザー超えた“チームpixiv”の描く未来
1000万ユーザーを超えたイラストSNS「pixiv」。世界展開を進めながら、「超個人主義」の日本人クリエイターたちによる世界で勝てる“チーム”が生まれる場所を目指す。(2014/7/18)

材料技術:
容量がリチウムイオン電池の7倍!? 酸化物イオンを使う新原理の二次電池
東京大学大学院工学研究科教授の水野哲孝氏のグループと日本触媒は、現行のリチウムイオン電池の7倍に達するエネルギー密度を可能とする、新原理の二次電池の動作を実証したと発表した。この新原理の二次電池は、正極中における酸化物イオンと過酸化物イオンの酸化還元反応を利用する。(2014/7/18)

キーワード解説:
南の海に流れるエネルギーで「海洋温度差発電」
島国の日本の周辺には、さまざまな海洋エネルギーが存在する。その中で開発が進んでいるのは洋上風力と海洋温度差発電の2つだ。沖縄県の久米島では海洋温度差発電の実証設備が稼働中で、国の支援を受けて商用化に向かう。海水の温度が年間を通して安定していれば発電に利用できる。(2014/7/18)

杉山淳一の時事日想:
なぜ、いま「羽田空港関連の鉄道建設」が盛り上がっているのか
羽田空港への鉄道整備計画が活発だ。JR東日本は貨物線を使う都心アクセス路線を計画。政府は都営浅草線の新線を構想し、東急蒲田駅と京急蒲田駅を結ぶ路線計画もある。しかし、どれも東京オリンピックに間に合いそうにない。そこで杉山氏が提案するのは……。(2014/7/18)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
マイクロソフトの人気エバンジェリスト、役員昇格の日にロンゲ茶髪をバッサリ
7月初め、ITmedia エグゼクティブの勉強会は、TONI&GUY 恵比寿の代表らを講師にお招きし、ヘアスタイルを取り上げた。読者モデルは、日本マイクロソフトの人気エバンジェリスト、西脇氏にお願いし、オーダーメードしたスーツのような効果を実感してもらった。(2014/7/18)

アイ ラブ イザカヤ:
“食べたいガイジン”と“学びたい日本人”を「カンパイ!」でつなぐ 今どきの“生きた英会話”学習法
“ローカルな日本の食”を楽しみたい外国人旅行者と、“生きた英語を学びたい”日本人をマッチングして、楽しい「カンパイ!」のひと時を提供――。“飲み会”を通じて生きた英語が身につく「Tokyo Kanpai Summit」がサービスを開始した。(2014/7/18)

人に話したくなるコラム:
なぜソウルに、スタバとダンキンドーナツが密集しているのか
スターバックスの店舗数が最も多い都市は、韓国のソウルであることをご存じだろうか。また、日本ではあまり馴染みがないが、ダンキンドーナツもソウルに多い。その理由は……。(2014/7/18)

Chromebookの生きる道:
「中高生に1人1台」を実現していきたい――デル、Chromebook発表会
7月14日にグーグルが日本でもChromebookの提供が始まることを発表した。デルはグーグルの発表後1番乗りでChromebookを発表した。発表会では担当者が日本での商品展開について語った。(2014/7/17)

車両デザイン:
新型「デミオ」の外観はほぼ「跳」、「マツダコネクト」も採用
マツダは、新型「デミオ」の外観や内装を公開するとともに、防府第1工場(山口県防府市)での生産を開始した。2014年秋から日本で販売を開始し、その後グローバル導入を進める方針。(2014/7/17)

WikiLeaksの内情描く映画「フィフス・エステート」 オンデマンド配信開始
内部告発サイト「WikiLeaks」の創設者ジュリアン・アサンジ氏を描いた日本未公開の映画「フィフス・エステート」のオンデマンド配信がスタートした。(2014/7/17)

ビジネスニュース 企業動向:
世界に向けたスマホ用半導体を日本で開発するオンセミの製品戦略
オン・セミコンダクターは2014年7月、日本国内で主に製品開発を行っている事業部門「システム・ソリューションズ・グループ」におけるスマートフォン向け半導体の製品戦略に関する会見を都内で開催した。(2014/7/17)

こんなにいたのか……! 「ミュージアム キャラクター アワード 2014」ネット投票受付中
博物館・美術館・科学館・動物園・水族館のキャラクター日本一が決まる。(2014/7/17)

法人/教育機関に販売:
日本エイサー、11.6型Chromebook「Chromebook C720」を発売
日本エイサーは、Chrome OS採用ノートPC「Chromebook」の国内第一弾モデルとして「Acer Chromebook C720」を発表した。法人/教育機関限定の販売となる。(2014/7/17)

MONOistオートモーティブセミナーリポート:
機能安全は技術者であれば必ず具備すべき普通の技術である
MONOistオートモーティブフォーラム主催のセミナー「もう待っていられない!ISO26262対応をいかに進めるべきか」の基調講演に、日本自動車研究所(JARI)でITS研究部次長を務める小谷田一詞氏が登壇した。本稿では小谷田氏の講演を中心に、同セミナーのリポートをお送りする。(2014/7/17)

自然エネルギー:
330MWと世界最大級の地熱発電所、主要部品は日本製
東芝は2014年7月、インドネシアに立ち上がる世界最大級の地熱発電所にタービンと発電機を納入すると発表した。東芝の蒸気タービンが排出した低温蒸気は他社のバイナリー発電機で再利用する仕組みだ。(2014/7/17)

もしもディズニー映画の悪役に子孫がいたら……そんなコメディ作品が日本初放送 マレフィセントの娘らが登場
悪役の子どもはやっぱり悪役なの? 前代未聞のコメディ作品!(2014/7/17)

教育機関向けに展開:
デルの「Chromebook 11」が日本上陸――2014年第3四半期に発売
デルはChrome OS搭載の11.6型ノートPC「Chromebook 11」を日本の教育機関向けに発売する。(2014/7/17)

今年107歳 驚異の声楽家が語る「若さのワケ」
平均寿命が長い現代日本だからこそ、老後の人生まで元気で過ごしたいもの。今回は、107歳の今も現役の声楽家として多くの生徒を指導している嘉納愛子さんの著書から、「若さのワケ」を紹介します。(2014/7/17)

まずソフトバンクグループと提携:
ヴイエムウェアが年内に日本でIaaS提供開始、ユーザーにとっての意味は
ヴイエムウェアは7月15日、2014年第4四半期中に、日本国内のデータセンターを開設、あわせて同社のクラウドサービス「VMware vCloud Hybrid Service(vCHS)」を、日本国内で提供すると発表した。これは事実上、エンタープライズ専用のクラウドサービスだ。(2014/7/17)

マイクロソフトFY15戦略:
既存の資産を生かした「Io"Your"T」が日本のICT活用をドライブする
(2014/7/17)

自然エネルギー:
海洋温度差発電の沖縄・久米島など6地域、国の実証フィールドに
内閣官房の総合海洋政策本部が日本近海で再生可能エネルギーの開発を促進する。海洋エネルギーの導入可能性が大きい6つの地域を選定して、技術開発や環境整備を支援する方針だ。沖縄・久米島の温度差発電のほか、佐賀・加部島の潮流+洋上風力、新潟・粟島の波力発電などが対象になる。(2014/7/17)

世界を「数字」で回してみよう(3):
日本の電力は足りているのか?――“メイドの数”に換算して、検証してみる(後編)
2013年、日本では平均1億キロワット(10000“万キロワット”)の電力が消費され続けました。この「10000」という数字。日本中の総発電に対して、どのくらいの大きさなのでしょうか。また、そこから「日本の電力が足りているか否か」について、結論を導くことは可能なのでしょうか。(2014/7/17)

伊吹太歩の時事日想:
PC遠隔操作ウイルス事件でも使われた、匿名化ツール「Tor」ってナニ?
犯罪の温床になるとして、世界中で注目されている匿名化ツール「Tor」。日本でもPC遠隔操作ウイルス事件で使われたが、結局、このTorとは一体どんなものなのだろうか。(2014/7/17)

サムスン電子、8.4型/10.5型の「GALAXY Tab S」を日本で発売――先行展示&予約受付開始
サムスン電子ジャパンが、2種類の新型タブレット「GALAXY Tab S 8.4」と「GALAXY Tab S 10.5」を8月1日から日本で販売する。発売に先立ち、7月18日から「GALAXY SHOP」で先行展示と予約を開始。「純正Bookカバー」付きの限定セットも用意する。(2014/7/16)

アドビとグーグル、日中韓3カ国語網羅の新フォントを発表
漢字を使う言語のうち、約50万文字をカバーするOSSフォントを、アドビとグーグルが発表。日本語タイプフェイスはアドビのフォントデザイナーが担当、漢字拡張はイワタが行った。(2014/7/16)

ザイリンクス日本法人代表取締役社長 サム・ローガン氏:
ザイリンクス優位は、20nm/16nm世代でも揺るがない
ザイリンクス日本法人は、現行の主力28nmプロセス採用FPGAの受注が好調だという。同社社長を務めるサム・ローガン氏に好調の理由や、今後、投入を本格化させる20nmプロセス採用FPGA製品のビジネス展望などを聞いた。(2014/7/16)

スナップショットも一元集約、長期的なパフォーマンス監視を実現した「Oracle EM 12c R4」
日本オラクルはデータベース管理製品「Oracle Enterprise Manager 12c Release 4」の国内提供を開始した。DBaaS環境の提供やスナップショットデータの一元収集などが盛り込まれている。(2014/7/16)

GIGABYTE、秋葉原ツクモで“Anniversary Pentium”OC実演イベントを実施――7月19日
日本ギガバイトは、同社製マザーボードの解説とオーバークロック実演を行なうイベント「GIGABYTE 9シリーズ超耐久ゲーミングマザー徹底解説&OCに挑戦」の開催を発表した。(2014/7/16)

日本NI USB-6000など:
USB接続タイプのデータ収録製品、教育現場での実験などにも最適
日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は、PCとUSBで接続して用いるマルチファンクションデータ収録製品を4製品発表した。電池の計測やLEDなどのオンオフ制御、電子回路のデバッグなどにおけるデータロギング用途に向ける。(2014/7/16)

ビジネスニュース Chromebook:
ついに日本に上陸した「Chromebook」、導入するメリットとは?
Googleは同社が提供する「Chrome OS」を搭載したノートPC「Chromebook」を発売すると発表した。販売対象となるのは企業や教育機関のみで、日本エイサー、ASUS、デル、日本HP、東芝の5社から発売される。(2014/7/16)

電気自動車:
水素ステーションの商用サービスが始まる、兵庫県に日本で初めて
2015年に市販が始まる燃料電池車の普及に向けて、兵庫県の尼崎市に日本初の商用水素ステーションがオープンした。ガス事業の岩谷産業が開設したもので、1時間に6台の燃料電池車に水素を充てんできる。2015年度中に東京・名古屋・大阪・福岡の4大都市圏を中心に20カ所に展開する。(2014/7/16)

レイコ先生の「明日から使える! コミュニケーションスキル」(5):
みんなで考えれば恐くない! アイデアを生み出すブレインストーミング(その1)
アイデアを生み出す手法の1つ「ブレインストーミング」。日本だけでなく全世界的に広く活用されており、アイデア創造の王道といえる。集団でアイデアを考えるこの方法では「4つのルール」と「6つのステップ」をしっかり理解することが重要になる。(2014/7/16)

「Lead Initiative 2014」レポート:
PR:日本でも企業間のデータ共有を! データエクスチェンジ・コンソーシアムの橋本理事長
IIJ主催イベント「Lead Initiative 2014」のスペシャルセッションで講演したデータエクスチェンジ・コンソーシアムの橋本大也理事長は、さらなるビッグデータ活用に向けた考えを聴衆に示した。(2014/7/16)

SoftBank World 2014 レポート:
人間とロボットの共存が日本を救う ソフトバンク・孫代表
長引く不況などに苦しむ日本。復活の道はあるのか。そうした問いに対する解決策として、孫正義氏が掲げる方程式が「生産性×労働人口=競争力」だ。(2014/7/15)

TECHNO-FRONTIER 2014 開催直前情報:
FPGAを基礎から丁寧に解説します!――日本アルテラ
日本アルテラは、「TECHNO-FRONTIER 2014」(2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)に「FPGA+電源を基礎から解説」の展示テーマに掲げて出展する。同社ブースでは、初という「FPGA相談コーナー」を設け、基本的な質問にも丁寧に答えていくという。(2014/7/15)

先端技術を体験:
最新3Dプリンタの展示や造形体験も――「テクノロジーフェスタ in 八王子」開催
日本工学院八王子専門学校は、3Dプリンタやスマートテクノロジーなどの先端技術を紹介する地域連携イベント「テクノロジーフェスタ in 八王子」を、2014年7月25〜27の3日間、同校キャンパスで開催する。(2014/7/15)

4番目のセンシング機能を新搭載:
新Kinectセンサー、開発者向けに先行販売開始
日本マイクロソフトが、開発者や研究者を対象とした「Kinect for Windows v2 センサー」オープンベータ版の販売を開始した。アクティブIRなども搭載し、認識精度を高めた。(2014/7/15)

製造ITニュース:
インフォアジャパン、製造業向けERPの最新版を日本で提供開始
インフォアの最新テクノロジー「Infor 10xプラットフォーム」を搭載。マルチサイト(複数拠点)での事業展開向けに、複数サイトを単一のデータベースに格納できるようになった。また、IFRS(国際会計基準)に対処するため、会計機能も拡張した。(2014/7/15)

重要文化財を懐中電灯型コントローラーで見てみると……? 実感に基づく鑑賞体験イベント開催
「伊能忠敬の日本図」との連動イベント!(2014/7/15)



バーチャルリアリティを楽しむためのヘッドマウントディスプレイ。初音ミクとの対面用と思われている節もあるが、それも含めて日本市場は重要視されている。Facebookが買収をしており、今後どのような用途が実現するのか楽しみにしたい。

LTE対応の端末でも音声通話については実は3Gが利用されていたが、それもいよいよLTEに切り替えられようとしている。ユーザーにはなにが違うのか伝わりにくいが、通信キャリアにとっては通信がIP化され、電波利用効率の高いLTE網を利用できるようになるなど、大きな変更になる。

タブレットといえばiPadかAndroidと思われていたが、ここに来てWindowsタブレットも存在感を見せている。艦これが動くから、という理由で売れているという話もあるが、MicrosoftがSurfaceブランドでより小型な端末を計画しているという噂が出るなど、8型前後のWindowsタブレットがひとつの製品分野として今後も注目を集めそうだ。