日本 に関する記事 日本 に関する質問

「日本」最新記事一覧

SQL Server 2014 発売記念フォーラム レポート:
マイクロソフトはSQL Server 2014で“ビッグデータの民主化”を目指す
日本マイクロソフトは2014年4月18日、都内で「SQL Server 2014」の発売を記念して、イベントを開催。キーノートには米マイクロソフトのバイス プレジデントである沼本健氏が登壇し、「ビッグデータ活用を成功に導く鍵」と題した講演を行った。(2014/4/18)

NEXCO中日本、顧客メアド流出 プレゼント当選者を「宛先」に列挙
NEXCO中日本が、担当者の誤送信により顧客のメールアドレス127人分を流出させたと発表した。(2014/4/18)

写真展:
MANA 野元学写真展「東京写真月間2014 いのちの伝承-日本の世界自然遺産をめぐる いとなみ『BONIN ISLANDS 小笠原』」
(2014/4/18)

過去最高、新入社員の50.7%が「定年まで働きたい」
就職した会社で「定年まで働きたい」と思っている新入社員はどのくらいいるのだろうか。この春就職した人に聞いたところ「定年まで働きたい」と答えたのは50.7%。調査を開始した1990年以降、半数を超えたのは初めて。日本能率協会調べ。(2014/4/18)

GoogleとGoogle+を混同? 「SNS利用率2位はGoogle+」調査結果への疑問、総務省に聞いてみた
日本のSNS利用率でGoogle+がLINEに次ぐ2位、という総務省の調査に対して「Google+とGoogleを間違えたのでは」という指摘も。総務省に聞いてみた。(2014/4/18)

「日本の音楽業界は遅れている」――定額制サービス普及を阻む“日本的な事情”、KKBOX創業者に聞く
2013年に前年比16.7%減を記録した日本の音楽市場。世界主要市場が定額制サービスで成長する中、日本が取り残されてしまった原因とは。アジア最大級の定額制音楽配信サービス「KKBOX」のCEOに聞く。(2014/4/18)

新連載・“シャドーIT”との向き合い方:
日本企業をひそかに襲う「シャドーIT」の脅威
個人所有デバイスやクラウドサービスを仕事で“勝手”に使う「シャドーIT」が広がりつつある。その背景やリスクとは? シャドーIT事情に詳しいデジタルアーツの一條敦氏に解説してもらった。(2014/4/18)

2014国際医用画像総合展(ITEM 2014):
“日本人の匠の技”が生きるCT装置、GEが発売
GEヘルスケア・ジャパンは、新CT「Revolution CT」を発売した。画質の高さ、測定スピードの速さ、撮影範囲の広さを全て備えたCTとうたっている。その鍵になっているのがコリメーターだ。非常に精密な機器で、「日本人の匠の技が生きている」と強調する。(2014/4/18)

「アドタイ・デイズ」レポート:
日本のメディアが進む道 ―― 朝日新聞メディアラボ、東洋経済オンライン、NHKのメディア戦略から読み解く
メディアは生き残れるのかといった議論が活発な昨今。テレビや新聞、雑誌などのマスメディアは存続の道を模索し始めている。新たなビジネスモデルの構築や異業種間でのコラボレーションなど、これまでにない取り組みをスタートしたところもある。各社で新領域を開拓している30代の3名の言葉から、日本のメディアが進む道を紐解く。(2014/4/18)

NEWS
日本HP、統合型システムとクラウド管理ツールを刷新
サーバ仮想化、クラウド、ビッグデータ、モバイル分野に特化した統合型システムの新製品を発表。また、OpenStackベースのクラウド管理ツールも提供を開始した。(2014/4/18)

日本上陸前先取りレビュー:Acer C720 Chromebook編
徹底レビュー:「Chromebook」を使って感じた驚きの安さと、意外な実用性
日本での発売も近いといわれるChrome OS搭載のノートPC「Chromebook」。最大の特徴は「Google Chrome」をアプリケーション実行のプラットフォームにし、データをクラウド上に保存すること、そして価格の安さだ。その実力を先取りで探る。(2014/4/18)

いつかはフェラーリ:
オープン4座+V8ターボ、“日常のフェラーリ”はいかが? 「フェラーリ・カリフォルニア T」日本初披露
フェラーリの富裕層向け戦略モデル「フェラーリ・カリフォルニア T」が日本で公開。デザイン、走行性能、サウンド──フェラーリが持つ魅力はそのままに、電動ハードトップ、4シーター、トランクスルー機構など機能性、快適性も取り入れた。“日常のフェラーリ”と訴求する。(2014/4/17)

製造マネジメントニュース:
「海外赴任イヤです!」止まらぬビジネスのグローバル化、新人のドメスティック化
企業と新入社員の思惑の隔たりは広がっているようだ。日本能率協会の2014年度入社新入社員への意識調査によると「海外赴任はしたくない」と回答した新入社員の比率は57.7%となり、2年連続の増加となった。(2014/4/17)

日本通信のプランを選べる格安SIM「b-mobile X SIM」が4月25日からアップグレード
日本通信が提供する、プランを選べる格安SIMサービス「b-mobile X SIM」が4月25日からアップグレード。利用可能なデータ量や月額基本料をさらに使いやすく。(2014/4/17)

ユーザーが自作のスタンプを販売できる「LINE Creators Market」、登録受付を開始
一般ユーザーが制作したLINEスタンプを販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」の登録受付が開始された。日本含む4カ国で販売できる。(2014/4/17)

エコカー技術:
フェラーリが「カリフォルニアT」を日本初公開、「F40」以来のターボを搭載
フェラーリ・ジャパンは、「ジュネーブモーターショー2014」で発表したばかりの新型スポーツカー「カリフォルニアT」を日本国内で初披露した。最大の特徴は、「F40」以来、27年ぶりとなるターボエンジンの搭載である。(2014/4/17)

パイオニア、インダッシュ型カーエレクトロニクス製品をApple「CarPlay」対応へ
パイオニアは、2014年初夏から同社の市販カーエレクトロニクス製品をファームウェアアップデートでApple「CarPlay」に対応させる。日本は2014年中の予定だ。(2014/4/17)

アジレントの電子計測事業を承継する:
キーサイト・テクノロジー、2014年8月1日から事業開始
アジレント・テクノロジーは2014年4月、日本国内での電子計測事業を承継する新会社のキーサイト・テクノロジーを設立し、2014年8月1日から事業を開始すると発表した。(2014/4/17)

最大11倍高速化:
東京カンテイ、「Oracle Database Appliance」を導入 ―― 不動産関連のビッグデータ分析基盤を構築
日本オラクルとアシストは4月16日、土地/建物など不動産データの情報提供サービスを展開する東京カンテイのデータベース基盤として「Oracle Database Appliance」を導入したことを発表した。分析処理時間が最大11倍高速化し、新たなサービス提供が可能になる。(2014/4/17)

日本HPが統合型システムを刷新、4シリーズを展開
新たに展開する「HP ConvergedSystem」ではサーバ仮想化、クラウド基盤、ビッグデータ、仮想デスクトップ向けの4シリーズをラインアップする。また、クラウド基盤管理ソフトもリニューアルした。(2014/4/17)

車載情報機器:
カーナビ開発も水平分業へ、ナビコアソフトの大手NNGが日本上陸
日本企業の独壇場だったカーナビに水平分業開発の波が押し寄せている。かつてはカーナビメーカーが自前で開発していた、カーナビゲーションの機能を統括/制御するナビゲーションコア(ナビコア)ソフトウェアも専業ベンダーが登場。ナビコアソフト大手のNNGが、カーナビ発祥の地である日本市場で展開を強化する方針を打ち出した。(2014/4/17)

タイプは変遷:
今年度の新入社員は「自動ブレーキ型」、その意味は?
日本生産性本部が発表した平成26年度の新入社員の特徴は自動車に例え、「何事も安全運転の自動ブレーキ型」。その意味は……。(2014/4/17)

電力供給サービス:
可能性が広がるメタンハイドレート、新たに5カ所で調査開始
国産の天然ガスとして大きな期待がかかるメタンハイドレートの資源量を把握する調査が日本近海の5カ所で始まる。2013年度にも実施した新潟県の上越沖に加えて、秋田県から島根県までの日本海側のほか、北海道の太平洋側でも海底の地質調査を実施する予定だ。(2014/4/17)

注目PCレビュー:
「HP EliteBook 840 G1」――“Elite”印の14型ビジネスノートが半額以下で手に入る?
日本HPの「HP EliteBook 840 G1 Notebook PC」は、米軍調達基準の堅牢製を確保した14型ノートPCだ。今なら2000台限定でほぼ半額になる超お得なキャンペーン中。これは買いか!?(2014/4/16)

「次の10年」と「10億ドル企業」へ経営陣を強化するセールスフォース
セールスフォース・ドットコムは日本HPの前社長、小出伸一氏が新設された会長職に就任、CEOも兼務し、「社員2000人、売り上げ10億ドル」という成長目標の達成に取り組んでいくことを明らかにした。川原SVPも社長兼COOに昇格し、業種別ソリューションの幅を広げるなど「ニッポンへの投資」を牽引する。(2014/4/16)

車両デザイン:
マツダの新型「ロードスター」の「SKYACTIVシャシー」は従来比で100kg軽量に
マツダは、「ニューヨークモーターショー2014」において、「Mazda MX-5(日本名:マツダロードスター)」の次期モデルに採用する新開発の「SKYACTIVシャシー」を世界初公開すると発表した。(2014/4/16)

車載情報機器:
パイオニアの市販カーナビが「CarPlay」に対応、2014年内に日本でも
パイオニアは、カーナビゲーションシステム(カーナビ)をはじめとする同社の市販カーエレクトロニクス製品が、Appleの「iPhone」を車載情報機器と連携して利用できる機能「CarPlay」に対応すると発表した。(2014/4/16)

福島原発事故で造酒中断の地酒「白富士」 アメリカで復活目指しクラウドファンディングで資金調達中
日本で再開できないため、米シアトルで300年の伝統の味を復活させようと資金を募集しています。(2014/4/16)

リケジョは14.4%で過去最高――世界的にみると?
理系の女性研究者が「リケジョ」と呼ばれ注目を集めているが、日本で女性研究者はどのくらいいるのだろうか。総務省の科学技術研究調査によると……。(2014/4/16)

ロボット関連ニュース:
ASIMOの技術を継承するパーソナルモビリティー「UNI-CUBβ」、未来館で運用開始
ホンダと日本科学未来館が共同研究を進めてきた小型パーソナルモビリティー「UNI-CUBβ(ユニカブ ベータ)」が、2014年4月18日に運用を開始する。(2014/4/16)

トップ人事:
セールスフォースの会長兼CEOに日本HP前社長の小出氏が就任
セールスフォースの日本法人がトップ人事を発表。10年間にわたり社長を務めた宇陀氏に代わり、今年3月まで日本HPの社長だった小出伸一氏がトップとして会長兼CEOに就任した。(2014/4/16)

コスパ抜群:
日本HP、WUXGA表示の10.1型ハイパフォーマンスWindowsタブレット「HP Omni10」
Bay Trail-T世代のWindows 8.1搭載タブレットが日本HPから登場。1200×1920ピクセル表示に対応した高精細な10.1型モデルだ。(2014/4/16)

Webの過去、現在、そして未来(後編):
「後世に誇れるWeb」を作るために今、私たちができることを
IIJから東日本大震災まで日本のWebを変えた出来事や、過去25年におけるWebの転換点、次の25年でWebがどう変わるかなどについて、「第46回HTML5とか勉強会 - Web生誕25周年記念イベント」で行われたパネルディスカッションの模様をお届けする。(2014/4/16)

新しいモノづくりの形とは:
墨田区から日本のモノづくりを活性! 新モノづくり拠点「GarageSumida」と「MEW」
墨田区の助成金プロジェクトで採択された新モノづくり拠点「Garage Sumida(ガレージスミダ)」と「MEW(ミュー)」の2拠点が公開された。これら拠点では、さまざまな人たちを巻き込んだ新しいモノづくりの形を模索する。(2014/4/16)

「統合的なマーケティングプラットフォーム」普及の意味:
マーケティング業務“精緻化”の流れを決定付ける――Marketo 取締役 若松幸太郎氏らインタビュー
先日、Marketo 取締役 若松幸太郎氏と電通イーマーケティングワン 第二営業本部 アカウントディレクター 池上ジョナサン氏にインタビューをする機会があった。日本における統合型マーケティングプラットフォーム普及の意味を考える上で、いくつかの貴重なヒントをもらったインタビューだったと思う。(2014/4/16)

伊藤昌良の「知覚動考」(2):
「日本人は働き過ぎ」って本当だと思いますか?
「日本人は働き過ぎだから休みなさい」といった報道が耳に入ってくるけれど、実際の統計の数字を確認すると、「それ本当なの?」と思えてくる。日々の報道をうのみにせず、自ら情報源を確認しよう。(2014/4/16)

世界を変えるビジネスは、たった1人の「熱」から生まれる:
異分野同士の「架け橋」になることが、イノベーションを生むカギ
近年、グローバルな競争が激化する中、日本は「モノづくりの国」から「知識製造業」へシフトしなくてはなりません。知識製造業で重要なのは異分野同士のコミュニケーション。さまざまな分野の人たちがふれあい、それが広がることで新しい知識が無限に製造されていくのです。(2014/4/16)

ワークスタイルからセキュリティまでを網羅:
PR:モバイル起点で実現するビジネスの変革と創造に「IBM MobileFirst」が効く理由
顧客獲得による収益拡大から働き方を含めた業務効率の向上まで、モバイルが企業のビジネスに与えるインパクトは無視できない状況だ。モバイルを起点にその活用を考える上ではシステムや働き方など検討すべき項目は実に幅広い。日本IBMでは企業のモバイル活用を包括的にサポートする「IBM MobileFirst」を提唱している。(2014/4/16)

赤く染まる欠けた月を見ましたか? 今夜の月も美しかった
日本では10月に皆既月食が観測できる。(2014/4/15)

「ポートのランダム化」などの対策を強く推奨:
キャッシュポイズニング攻撃によるアクセス増加、JPRSが注意喚起
日本レジストリサービスは2014年4月15日、日本の大手ISPにおいて、「カミンスキーアタック」によると思われるアクセスが増加していることを踏まえ、ソースポートのランダム化などのキャッシュポイズニング攻撃対策を取るよう注意を呼び掛けた。(2014/4/15)

世界の開発援助の先駆けとなった日本の皇族とは?
明治天皇の皇后、昭憲皇太后が設立した「昭憲皇太后基金」。昭憲皇太后崩御から100年の年に当たる本年発刊された、基金約100年の歴史を追いかけた書籍を紹介します。(2014/4/15)

日本オラクル、「ガバメント・クラウド」向けソリューションを発表
日本オラクルが、政府・公共機関のクラウド環境構築を支援する取り組みを発表した。(2014/4/15)

車両デザイン:
日産の新型「ムラーノ」は北米市場から投入、2014年後半に発売
日産自動車は「ニューヨークモーターショー2014」で世界初公開する新型「ムラーノ」の詳細を発表した。従来は日本市場から発売していたムラーノだが、3代目となる新型ムラーノは、2014年後半に北米市場から投入を始める予定。(2014/4/15)

日本HP、7種類のセキュリティコンサルティングサービスを展開
セキュリティ担当者の人材不足などによる情報リスク対応の課題解決の支援に向け、「セキュリティコンサルティング」サービスを拡充する。(2014/4/15)

あなたは何「世代」? 日本の「世代」解説
「さとり世代」「ゆとり世代」など、ニュースなどで耳にする「◯◯世代」という言葉。日本の各世代の特徴を紹介する書籍『そろそろ日本の全世代についてまとめておこうか。』から最近の3世代を紹介します。(2014/4/15)

日本交通、「全国タクシー配車」アプリの対応エリアを拡大
日本交通が提供する「全国タクシー配車」アプリの対応エリアが拡大。青森県弘前市と宮城県気仙沼市でサービスを開始した。(2014/4/15)

窪田順生の時事日想:
どうなる? 日本のカジノ――“役者”はそろった
カジノやホテルなどIR(統合型リゾート)を日本にも作ろうという機運が高まってきた。ただ、反対派も黙ってはいない。決起集会なるものをのぞいてみると、予想以上の盛り上がり。さて、この争い……今後はどうなる?(2014/4/15)

エネルギー列島2014年版(1)北海道:
太陽光発電で全国1位に躍進、日射量が豊富な地域に日本最大のメガソーラー
固定価格買取制度が始まって以来、北海道には他県を圧倒する規模の発電プロジェクトが集まっている。広大な土地を利用したメガソーラーの開発計画が相次ぎ、発電能力は2000MW(メガワット)を超えた。2015年には日本で最大のメガソーラーが太平洋岸に近い安平町で稼働する。(2014/4/15)

2014年度も「Silver to Gold」戦略を継続
2025年、“課題先進国”日本の医療ITはどうなっている? GEヘルスケアの発表で占う
GEヘルスケア・ジャパンは4月7日、2014年度戦略発表と新製品群を発表。2025年を見据え、医療機器に加えて超高齢社会で求められる医療サービスの提供を目指す。(2014/4/15)

視覚障害者にも本の中身を届けたい――オトバンク、JBS日本福祉放送へ「新刊ラジオ」の音源提供を開始
オトバンクは、視覚障害者に本の情報を得る機会を与えたいという声を受け、同社で配信しているPodcast番組「新刊ラジオ」の音源提供を開始した。(2014/4/14)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。