「日本」最新記事一覧

マネーパートナーズやbitFlyerら:
登録済み仮想通貨交換業者16社、自主規制団体「日本仮想通貨交換業協会」を設立
マネーパートナーズやbitFlyerなど金融庁登録済み仮想通貨交換業者16社は4月23日、自主規制団体「日本仮想通貨交換業協会」を3月29日付で設立したと発表した。仮想通貨交換業の業務適正化や事務局体制の整備、自主規制規則の制定などを有識者の協力も得ながら早急に取り組んでいく。(2018/4/23)

日本でも発売予定:
超小型スマホ「Jelly Pro」、次期モデルは“世界最小タフネス端末”
Unihertzが、公式Twitterで超小型スマートフォン「Jelly Pro」の次期モデルを予告している。世界最小のタフネス端末になるという。日本でも発売する予定だ。(2018/4/23)

NTTが海賊版サイト遮断、業界団体は“反対”も「強制できず」
NTTが海賊版サイトへのブロッキングを実施する方針に対し、日本インターネットプロバイダー協会は、ブロッキング反対の姿勢は改めない。NTTグループ3社は協会の会員だが、方針は「強制はできない」という。(2018/4/23)

仮想通貨の登録交換業者16社、自主規制団体「日本仮想通貨交換業協会」設立
金融庁の登録を受けた仮想通貨交換業者16社が4月23日、新たな自主規制団体「日本仮想通貨交換業協会」の設立を正式発表した。(2018/4/23)

クアルコムジャパンの社長に須永順子氏が就任
クアルコムは、4月23日(日本時間)にクアルコムジャパン代表取締役社長へ須永順子氏が就任したと発表した。同氏はこれまで副社長として事業運営を統括し、複数地域間の技術マーケティング・通信事業者との事業開発の調整を担当していた。(2018/4/23)

日本初のAI搭載マンション「LUXUDEAR 芝公園」分譲開始
インヴァランスは、自社開発マンション「LUXUDEAR 芝公園」にスマートホームAI「CASPAR」を導入すると発表した。(2018/4/23)

メカ設計と試作:
プロトラブズのCNC切削加工で無酸素銅のC1020に対応、標準納期は3営業日
プロトラブズの日本法人が新たにCNC切削加工サービスで無酸素銅「C1020」に対応。CNCマシニング加工で標準納期は3営業日。(2018/4/23)

機械学習による「自律型データベース」:
日本オラクル、自動管理や自動保護、自動修復が特長の「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」を提供開始
日本オラクルは、「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」の提供を国内で開始した。簡単な設定で、自動バックアップや暗号化、パッチの自動適用が可能になる他、高可用性に対応するデータベースシステムも構築できる。(2018/4/23)

パートナーとの連携を強化:
日本NI、データ取得から予知保全まで提案
日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は、「TECNO-FRONTIER 2018(テクノフロンティア)」で、機械学習による故障予知や異常検知システムなどのデモ展示を行った。(2018/4/23)

“アラフィフ情シス管理層”に贈る:
PR:デンソー、JCB、日本ヒューレット・パッカードが明かす、「攻めのIT」を実践するためのシステム要件とは
ITがビジネスと直結し、ITサービスが重要な顧客接点となっている。新たな利便性を生み出す「ソフトウェアの開発力」と「価値を生み出すスピード」が勝敗を決することも、広く認識されているといえるだろう。とはいえ、こうした取り組みは、一朝一夕にできるわけではない。具体的にどうすればいいのだろうか? 本稿では、2018年3月16日に@ITが主催したセミナーの内容から、「コンテナ」「クラウドネイティブ」をキーワードに攻めのITを実践するためのシステム要件を探る。(2018/4/23)

団塊世代のリタイアと人口減少が直撃:
PR:正念場を迎える日本の製造業、タイムリミットはあと2年!?
日本の製造業が人材不足という大きな課題に直面しているが、その対策として、AIやIoT、ロボットなどに代表されるデジタル技術と自動化の大胆な導入が挙げられている。神戸国際大学 経済学部 教授の中村智彦氏によれば「単なる導入ではなく、熟練者の技術やノウハウとの組み合わせこそが重要だ」という。(2018/4/23)

なぜ新潟や石川が「人口日本一」だったのか? 都道府県の人口推移から見る、日本近代化の歴史
地方が今よりずっと元気だった時代は19世紀にありました。(2018/4/22)

個人向けにも販売! QWERTYキー搭載スマホ「BlackBerry Bold 9000」(懐かしのケータイ)
日本向けのBlackBerryとしては初めて個人向けにも販売された「BlackBerry Bold 9000」。FOMAプラスエリアを含む国内全てのFOMAエリアで使えました。【文章差し替え】(2018/4/22)

Computer Weekly日本語版
キャッシュレス化は本当に正しいのか?
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2018/4/22)

土曜インタビュー劇場(ぼっち公演):
なぜオジサンは「孤独」の犠牲者になりやすいのか
会話をあまりしなくて、困ったときに頼れる人がいなくて、近所付き合いもしないオジサンがいる。こうした「孤独」な状況になぜ追い込まれたのか。『世界一孤独な日本のオジサン』の著者、岡本純子さんに話を聞いた。(2018/4/21)

日本初の「八丁味噌コーラ」、「岡崎味噌コーラ」に名称変更していた GIブランド問題のあおりを受け
いつの間にこんなことに。(2018/4/21)

チョーヒカルのゲテモノデート:
一皿に脳2つ分! 日本では珍しい、羊の脳みそを使ったカレーを食べてみた
本物の脳みそも見せてくれました。(2018/4/23)

4月25日〜5月15日:
マクドナルド、ナゲット15ピース入りを390円に期間限定値下げ 限定ソースも
日本マクドナルドが期間限定で「チキンマックナゲット 15ピース」を180円値下げする。4月25日〜5月15日は、通常の570円(税込、以下同)から390円となる。2種類のソースも限定発売する。(2018/4/20)

Motorola、「moto g6」の3モデルをまずブラジルで発売
日本でも販売されているMotorolaの「Moto G」シリーズの新端末「moto g6」がブラジルで発売された。5.7型ディスプレイは18:9の縦長で、背面カメラはデュアル、背面がガラスだ。(2018/4/20)

【連載】浅草ソーシャルおじさんが教える、小さな組織のメディア運営 最終回:
訪日外国人観光客は結局、何を求めて日本にやって来るのか
「見にきてもらう」から「参加してもらう」へ。訪日外国人と浅草の関係は少しずつ変わりつつあるようです。(2018/4/20)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
20万円弱の高級スマホ「Moto Z 2018」が中国で販売中
中国では、Motorolaの「Moto Z」シリーズの派生モデル「Moto Z 2018」が販売されています。深センでは、専用ブースを構えて展示されています。定価が9999元、日本円で約17万円という高級モデルです。(2018/4/20)

今シーズンの花粉飛散量、前年を上回る見通し:
花粉飛散量予測ガチンコ対決の結果は? ウェザーニューズVS日本気象協会
今シーズンの花粉飛散量が、前年を上回る見通しとなっている。当初予測が正反対だった民間気象大手2社のうち、増加と予想した日本気象協会(東京)は3月中の飛散量が昨年同月の約43倍にのぼったと“勝利宣言”。一方で減少予想のウェザーニューズ(千葉)は4月12日、今年の飛散傾向について時期が偏る「メリハリ型」と釈明した。(2018/4/20)

常見陽平のサラリーマン研究所:
ジャニーズと日ハムに学ぶ、人材輩出企業の正しい在り方
優秀な人材を世に輩出する、いわゆる「人材輩出企業」ってどこ? このように聞かれると、リクルート、マッキンゼー、P&Gなどを挙げる人が多いのでは。筆者の常見陽平氏はジャニーズ事務所と北海道日本ハムファイターズを挙げる。なぜかというと……。(2018/4/20)

アンリツ MX7270x0A、MV727050A:
V2X車載機器の通信品質評価ソフトウェア
アンリツは、V2X(車車間、路車間通信)車載機器の通信品質を評価するソフトウェア「MX727010A」「MX727050A」「MV727050A」を発売した。日米欧のV2X車載機器の物理層測定と、日本方式のテスト項目評価ができる。(2018/4/20)

同一労働同一賃金を考える:
日本郵政、正社員の手当削減はタブーなのか
日本郵政グループが正社員のうち約5000人に対する住居手当を2018年10月から段階的に削減し、最終的には廃止することを決めた。背景には「同一労働同一賃金」の考え方がある。今回の郵政グループの対応はどう評されるべきだろうか。(2018/4/20)

「お気に入りは金田バイク」 スピルバーグ監督、13年ぶりの来日で日本カルチャーへの愛を語る
この日を待ってた!(2018/4/19)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
自動運転ベンチャーZMPの決算 上場延期の“痛み”
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2018/4/19)

スマホ充電器、街中の“自販機”でシェアサービス 48時間200円で日本上陸
持ち運び可能なスマートフォン充電器シェアリングサービス「ChargeSPOT」が日本に上陸。まず渋谷区を中心に、4月中に120カ所で展開する。利用料金は1時間100円から。(2018/4/19)

「キャッシュレス化」五輪で機運 官庁本腰もインフラ不可欠
ビザ・ワールドワイド・ジャパンが新たな戦略を示すなど、日本でも「キャッシュレス化」が加速する機運が高まってきている。(2018/4/19)

「花粉飛散量、今年は増える」「いや減る」……“ガチンコ対決”の結果は?
今シーズンの花粉飛散量が、前年を上回る見通しとなっている。当初、花粉が増えると予想した日本気象協会は、3月中の飛散量が昨年同月の約43倍にのぼったと“勝利宣言”。一方で減少予想のウェザーニューズは、今年の飛散傾向について時期が偏る「メリハリ型」と釈明した。(2018/4/19)

マストドンつまみ食い日記:
バーチャルYouTuber向けマストドンインスタンス「ぶいつべどん」スタート
日本ではひさびさの企業運営によるインスタンスだ。(2018/4/19)

日本初のネジは「教科書で習うアレ」の中に入っていた
学校で習うアレ。(2018/4/19)

キャリアニュース:
デジタル化により短期的には雇用が増える――日本の雇用主の2割弱が回答
マンパワーグループが、自動化が労働力に与える影響について検証した労働白書「スキル革命2.0」を発表した。デジタル化により、短期的に雇用が「増える」と日本の雇用主の2割弱が回答した。(2018/4/19)

光琳、等伯、若冲……豪華すぎる日本美術大展覧会「名作誕生―つながる日本美術」が上野で開催中 5月27日まで
音声ガイドは壇蜜さんと人気声優の櫻井孝宏さん・諏訪部順一さん!(2018/4/18)

13万人に恋人できた:
ビッグデータで恋愛成就 「Pairs」躍進のワケ
競争が激化する国内マッチングサービス市場において、多くのユーザーから支持を得ている「Pairs」。2014年にサービス開始後、日本では累計13万人の会員に恋人ができたという。運営元のエウレカ経営陣に躍進の理由を聞いた。(2018/4/19)

「漫画村」などへの政府緊急対策案受け:
ジーニー、海賊版サイトへの広告配信を停止
ジーニーは、日本政府が発表した緊急対策案を受け、OEM先の配信を含む、海賊版サイトへの広告配信停止措置を実施した。【更新】(2018/4/18)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
ネットショップ作成「BASE」の決算 香取慎吾さんのテレビCMなど“ガンガン攻める”
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2018/4/18)

仮想通貨取引所大手・米Krakenが日本撤退
米仮想通貨取引所大手Krakenが日本撤退。「グローバルな最適化を慎重に検討した上での判断」としている。(2018/4/18)

3Dプリンタニュース:
NDESが日本国内での電解研磨装置「DLyte」の独占販売権を取得
NTTデータエンジニアリングシステムズは、STEROS GPA INNOVATIVEから、日本国内での電解研磨装置「DLyte」の独占販売権を取得した。2018年6月より、AMを実現するソリューションとして販売する。(2018/4/18)

Apple、全サービスをサブスクリプションへ?
Apple Musicに続き、日本ではまだ公開されていないNewsアプリをサブスクリプション対応にする予定。(2018/4/18)

自動運転への期待、日本と世界で逆の結果に 日本では「高齢者の方が前向き」
(2018/4/18)

半分以上の企業が「人材が不足している」と回答:
IoTへの決断力や人材不足を懸念する日本企業の現状が明らかに――ガートナーが調査結果を発表
ガートナー ジャパンは、日本企業によるIoTへの取り組みに関する調査結果を発表した。企業はIoTがビジネスに大きな変革をもたらすと期待している一方で、IoTを推進する人材不足や技術の成熟度などに懸念を抱いている実態が明らかになった。(2018/4/18)

小売・流通アナリストの視点:
巨大不動産企業、日本郵政の採るべき道は?
ここ数年、主要ターミナル駅前にある中央郵便局が再開発されている。国内有数の優良不動産を保有する企業として、日本郵政の採るべき戦略とは――。(2018/4/18)

世界シェアを牛耳る
グローバル企業と取引できる中堅・中小企業は、何を準備しているか
インバウンドか海外進出か。規模の大小を問わず日本企業の成長シナリオは海外を意識せざるを得ないが、新興国の企業やグローバルカンパニーと渡り合うには条件がある。(2018/4/16)

4月19日発売:
KFCに“第3のチキン”上陸 辛口「ホット&スパイシーチキン」
日本KFCが4月19日に「ホット&スパイシーチキン」を数量限定で発売。アジアを中心に売り上げ1位となっている人気商品が日本に上陸。「日本人の口に合うようにアレンジ」したという。(2018/4/17)

アジアのKFCには「オリジナルチキン」より売れているチキンがあった 4月19日から日本でも販売
“第3のチキン”が登場です。(2018/4/17)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
“業界首位”へあと一歩、駐車場シェアサービス「akippa」に迫る脅威
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2018/4/17)

製造業IoT:
第4次産業革命で日本の製造業が勝つために必要な「リアルなデジタル」とは
IVIは2018年度の取り組みを紹介する「IVIスタートアップ」を開催し、新たな体制や取り組みなどを紹介した。(2018/4/17)

世界も悼んだ 高畑勲監督の死去を海外メディアはどう報じたか
日本を代表するアニメーション監督の1人、高畑勲さんが亡くなった。日本アニメの素晴らしさを積極的に世界へ情報発信してきた大物の訃報は、海外メディアもこぞって取り上げ、踏み込んだ情報も続々と伝えた。(2018/4/17)

社長に小池淳義氏を任命:
ウエスタンデジタルジャパン、社長ポストを新設
Western Digital(ウエスタンデジタル)は2018年4月13日、ウエスタンデジタルジャパンの社長に小池淳義氏を任命した。同社はこのたび日本法人社長のポストを新設し、小池氏は同社の日本全法人を監督する。(2018/4/17)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。