「日本」最新記事一覧

日本最大マストドンインスタンス「mstdn.jp」の運営者がドワンゴに入社 ドワンゴ「マストドンの普及に貢献できれば」
ドワンゴのfriends.nicoとは統合しないとのこと。(2017/4/21)

日本HP、最大9万3000円の値引きを行う“96時間限定”の特価キャンペーン
日本HPは、4日間限定実施となる特価キャンペーン「96時間限定!特別キャンペーン」を開始した。(2017/4/21)

世界初のプライバシーフィルター内蔵PCも 日本HPが多彩なセキュリティ機能を備えた法人向けPCを発売
日本HPが、さまざまなセキュリティ機能を搭載したビジネス向けPCを5月中旬から順次発売する。(2017/4/21)

カメラの性能向上に期待:
高屈折率の酸化チタン薄膜の実用的作製法を開発
東北大学大学院工学研究科と日本電気硝子は、高屈折率材料でありながら高価な作製方法しか存在しなかったルチル型の結晶構造を持つ酸化チタン薄膜をより簡易に低コストで作製できる技術を開発した。(2017/4/21)

MSから古巣へ:
新しいことを率先してやる存在に パナソニックの樋口氏
日本マイクロソフトから古巣パナソニックに移った樋口泰行氏が「新しいことを率先してやっている存在になりたい」と抱負を語った。(2017/4/21)

タレスがデータセキュリティ意識調査レポートの日本版を公開:
「暗号化は効果的」と理解、それなのに投資の優先順位は「ネットワークセキュリティ」? 日本企業のギャップに警鐘
タレスジャパンが、グローバル調査結果「2017 Data Threat Report 日本エディション」を公開。2017年現在の「データを取り巻く脅威」とセキュリティの現状を解説した。(2017/4/21)

生鮮品届ける「Amazonフレッシュ」日本上陸
野菜や肉、乳製品など生鮮品を購入できる「Amazonフレッシュ」が都内の一部エリアでスタートした。(2017/4/21)

石川温のスマホ業界新聞:
J:COM Mobileがアップル正規品の中古iPhone6sをひっそり販売――見た目は新品同様。日本でも中古iPhoneの流通が広まっていくのか
MVNOにとって、iPhoneを取り扱うことはハードルが高い。しかし、Appleの正規中古品を取り扱うMVNOが出現した。ジュピターテレコムの「J:COM MOBILE」がそれだ。(2017/4/21)

BIM/CAD:
小柳建設、マイクロソフトのHoloLens導入で「業界に一石を投じる」
小柳建設と日本マイクロソフトは、ホログラフィックコンピュータを活用した建設現場の効率化に向けて、「Holostruction(ホロストラクション)」プロジェクトを推進する。(2017/4/21)

MEDTEC Japan 2017:
部品メーカーの殻を破る、日本電波工業が超音波診断装置を開発
日本電波工業は、「MEDTEC Japan 2017」において、スマートフォンにつなげるだけで超音波画像を撮影できる「回路内蔵超音波プローブ」を展示した。(2017/4/21)

富士通と日本オラクル、国内データセンターからOracle Cloudの提供を開始
富士通と日本オラクルの提携が結実。富士通が日本国内に持つデータセンター内に「Oracle Cloud」環境を構築し、直接顧客に、あるいは富士通のクラウドサービスのオプションとして、提供を開始した。(2017/4/20)

家族同士のコミュニケーションを活発に――「Xperia Touch」が広げる世界
コンセプトモデル披露から約1年2カ月。「Xperia」ブランドのスマートプロジェクターの日本投入が決まった。その狙いとは?(2017/4/20)

豪子会社ののれん代:
日本郵政、「巨額減損」報道にコメント
日本郵政が海外子会社に絡み巨額の減損処理を迫られる可能性が浮上しているという一部報道についてコメント。(2017/4/20)

建設業に問われる事業の透明性の確保:
建設業のAR活用はどう進むのか――日本マイクロソフトと小柳建設がHoloLens活用で協業
日本マイクロソフトと小柳建設が、建設業の「Microsoft HoloLens」活用に関して、協業を発表した。3つのコンセプトを基にプロジェクトを進めているという。(2017/4/20)

設計図などを“立体化”:
「HoloLens」導入で、建設業界はどう変わる?
日本マイクロソフトが小柳建設と協業し、「HoloLens」のビジネス活用に向けたプロジェクトを始める。(2017/4/20)

男女、年代、地域で差:
日本に「幸せ格差」あり 男性の方が幸せな県はどこ?
住民の幸福度調査をパイプド総研が実施。全体の平均値は6.64点だが、男女、年代、地域別に「幸せ格差」が見られた。(2017/4/20)

PwCが「2017年世界CEO意識調査」の日本分析版を発表:
日本企業のCEO、「デジタルやテクノロジーを最も重視する」意識が世界最低水準
PwC Japanグループが「第20回世界CEO意識調査」の日本分析版を公開した。日本企業のCEOは世界全体のCEOに比べて、「企業の信頼を揺るがすリスクに対する意識」が高かった半面、デジタルやテクノロジーに対する関心が世界最低水準であることが分かった。(2017/4/20)

約15万円:
「Xperia Touch」は6月発売 投影した画面に触れて操作できるプロジェクター
ソニーモバイルのモバイルプロジェクター「Xperia Touch」が、日本で6月に発売される。壁や机に投影した画面に直接触れて操作できるのが特徴。Android 7.0を搭載しており、Google Playから好きなアプリを追加できる。(2017/4/20)

起爆剤に:
日本版NBA施設は実現するのか
スタジアムやアリーナなどのスポーツ施設を収益があげられる施設に変え、地域振興の拠点にしようという動きが加速し始めた。(2017/4/20)

残業しまくり「モーレツ社員」は悪か 家電革命起こした“伝説の人物”が物申す
「『モーレツ社員』という考え方自体が否定される日本にしていく」。政府の「働き方改革実行計画」はこううたう。しかし、かつての「モーレツ社員」は危惧している。(2017/4/20)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
Amazon Alexaにも対応予定――日本のスタートアップ、ネインが開発する“スマートイヤフォン”とは?
(2017/4/20)

エネルギー管理:
2015年度のCO2排出量は2.9%減、再エネ普及や原発の再稼働が後押しか
環境省と国立環境研究所は、2015年度における日本の温室効果ガス排出量の確報値を発表した。それによると、総排出量はCO2換算で前年度比2.9%減となる13億2500万トンとなった。(2017/4/20)

製造業IoT:
IoT理解度は20カ国中最下位、日本企業に横たわる「高すぎる理想」
HPE ArubaはIoTの活用度についてのグローバル調査を行い、調査結果を発表した。20カ国の中で日本はIoT理解度で最下位、行動レベルで19位となり、海外に比べて消極的な姿勢が目立つ結果となった。(2017/4/20)

PR:デジタルトランスフォーメーション時代を迎えリーダーが今なすべきこととは
日本マイクロソフト主催の「IT Leaders xChange サミット 2017 Spring」では企業のエグゼクティブやITリーダーを招いて、「デジタルトランスフォーメーション」をテーマに多彩なセッションが繰り広げられた。(2017/4/20)

企業のワンツーワンマーケティングを支援:
パーソナライズド動画「OneDouga」がMarketoと連携
日本写真印刷コミュニケーションズは、同社のパーソナライズド動画ソリューション「OneDouga」が、マルケトのマーケティングオートメーションツール「Marketo」と連携開始したと発表した。(2017/4/19)

日本人選手が派遣できない eスポーツが“メダル種目”になるも……協会が抱える課題
eスポーツが、2022年のアジア競技大会のメダル種目に。だが、日本人選手を大会に派遣するには「越えなければならないハードルがある」。日本eスポーツ協会に聞いた。(2017/4/19)

マイクロソフトの働き方改革:
会議時間を27%短縮 無駄な時間の削減、AIが手助け
日本マイクロソフトが、自社の「働き方改革」の内容を報道陣向けに公開。人工知能(AI)を導入した分析ツール「MyAnalytics」を活用した取り組みなどを紹介した。(2017/4/19)

世界の中で最低水準:
日本のCEO、デジタル・テクノロジーへの関心低く
PwC Japan グループが発表した世界のCEO意識調査レポートによると、デジタルおよびテクノロジーに対する日本のCEOの関心の低さが浮き彫りになった。(2017/4/19)

電気自動車:
4000万円の「EVスーパーカー」、2019年からグローバルで1000台販売
京都のベンチャー企業であるGLMは電気自動車(EV)のスーパーカー「GLM G4」のコンセプトモデルを日本国内で初公開した。車両価格は4000万円を想定し、日本や欧州、香港、中東、中国などグローバルで1000台を販売する計画だ。(2017/4/19)

「EV版フェラーリ」狙う:
4000万円のEVスーパーカー 京大発ベンチャーが世界市場に挑む理由
京大発ベンチャーの電気自動車(EV)メーカー、GLMがEVスーパーカー「GLM G4」を日本初公開。超高級EVが目指す、日本の「テクノロジーショーケース」とは……。(2017/4/19)

エネルギー管理:
国内エネルギー消費量は1990年度水準に、再エネと原子力再稼働でCO2も減少傾向
資源エネルギー庁が2015年度のエネルギー需給実績をまとめた。日本のエネルギー消費量は1990年度とほぼ同水準まで下がった。省エネの促進などにより震災以降5年連続で減少が続いている。再生可能エネルギーの普及や原子力発電所の再稼働などにより、エネルギーに起因したCO2排出量の削減も6年振りに2年連続で減少した。(2017/4/19)

アイティメディアの「Windows 10」導入物語(中編):
PR:「働き方改革」を進めるデバイス選定、気を付けるべきポイントは?
OSのチップセット サポートポリシー変更をきっかけに、Windows 10を導入し始めたアイティメディア。社員の生産性が高まるよう、情シス担当はデバイス選びにも気を付けています。働き方改革が叫ばれている昨今、企業がデバイスを選ぶ際に気を付けるポイントはどこにあるのか。情シス担当が日本マイクロソフトの人に聞いてみました。(2017/4/19)

弱点補完×利便提供――Amazonが「Prime Now」で他店の商品を届ける理由
Amazonの「Prime Now」が、日本でも提携店舗にある商品の配達に対応する。その狙いはどこにあるのだろうか?(2017/4/18)

「前方後円墳パーカー」に「辞世の句ブレスレット」……教科書でおなじみの日本史グッズがヴィレヴァンに集合
原始から現代まで、多彩な日本史グッズがラインアップ。(2017/4/18)

「人間本来の姿勢は和式」:
“激変”トイレ文化 「和式好き」50人中わずか2人
日本のトイレ文化が“激変”している。自宅でも職場でもまちの中でも洋式便器が大半を占め、和式便器を見かけることは少なくなった。(2017/4/18)

採算ラインをクリアできるか:
威信問われる「国策」MRJ、5度納入延期で先行きに暗雲
初号機の納入が5度延期された国産旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」。政府支援の下、事業自体は長期に継続される見通しだが、日本の航空機産業の復活を託された「国策」プロジェクトとしての威信は大きく揺らいでいる。(2017/4/18)

製造マネジメントニュース:
イノベーションを邪魔するのはPDCA思考、能率協会が訴える社会起点の重要性
日本能率協会は、75周年を迎え経営革新への提言を発表する講演会を開催。「KAIKA経営の実践に向けて」をテーマに同協会が推進する「KAIKA経営」の価値を訴えた。(2017/4/18)

スピン経済の歩き方:
東芝問題で「日の丸レスキュー」構想が出てきたワケ
揺れに揺れている東芝問題は、今後どうなるのか。終息する気配がうかがえない中で、やっぱりこのタイミングで出てきた。日本のお家芸といってもいい「日の丸連合」のことである。さて、この日の丸連合……うまくいくのだろうか。(2017/4/18)

日本マイクロソフトは「働き方“で”改革」を強力に推進
日本マイクロソフトが、これまで取り組んできた働き方改革で得られた成果と、今後新たに取り組むことについて言及した。(2017/4/18)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
個人情報保護法とGDPRの違いとは――EUに事業を展開する企業が知っておくべきこと
2018年、「EU一般データ保護規則」が施行される。新たな規制では個人データの取り扱いに本人の明確な同意が必要になる。EUに事業を展開している日本企業が知るべき規則とは。(2017/4/18)

屋外活用もメンテナンスフリー:
環境発電で長距離通信可能なセンサーシステム
EnOceanはNTT東日本と共同で、環境モニタリング用エネルギーハーべスティング長距離無線通信センサーソリューションを商用化した。同ソリューションは、最大7kmの長距離無線通信、太陽光や温度差などによる電力の確保、悪天候に耐える堅固さなど、屋外でのセンシングに不可欠な特性を備え、屋外でもメンテナンスフリーでの活用が可能だ。(2017/4/18)

モノづくり最前線レポート:
フォックスコン顧問が伝える日本が技術開発立国を目指すべき意味
金型専門見本市「INTERMOLD2017/金型展2017」(主催日本金型工業会)および「金属プレス加工技術展」(日本金属プレス工業会)の特別講演に立った東京大学名誉教授の中川威雄氏は、「経営者に厳しさが不足している」や「製造業以外の産業が非効率で足を引っ張っている」「高度な新技術に賭け、技術開発立国となることが必要」などの持論を述べた。(2017/4/17)

失敗しない「外資系」パッケージソフトとの付き合い方:
ユーザーの言いなりになるのがメーカーの仕事ではない
外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。パッケージソフトウェアを導入する際に陥りやすい落とし穴を紹介しています。今回はソフトウェアのバージョンアップのお話。現行バージョンをできるだけ使いたいというニーズ、特に日本だと多い話のようですが……?(2017/4/17)

山市良のうぃんどうず日記(91:特別編):
続報、Windows 10 Creators Updateがやってきた!――Windows Updateによる自動更新の場合
マイクロソフトは2017年4月12日(日本時間、以下同)から、Windows 10の最新バージョン「Windows 10 Creators Update」のWindows Updateによる配布を開始しました。ただし、全てのPC向けに直ちに配布されるわけではなく、順次、配布対象を拡大しながら提供されることになります。(2017/4/17)

日本のMastodonサーバ「mstdn.jp」、再びユーザー数世界一に pixivのPawooは3位
サーバ移転によるゼロリセットから2日で世界一の座を取り戻した。(2017/4/16)

実は主食はお米! 意外と日本人の口に合う「セネガル飯」を紹介してみる
フランスから来た人も「おいしい」というレベル。(2017/4/16)

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」の初トレーラー公開
日本を含む世界で12月15日封切り予定の「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」がYouTubeで公開された。レイの修行シーンやミレニアム・ファルコン号が登場する。(2017/4/15)

日本の中枢に襲来したアンノーン【みんなのポケGO写真】
(2017/4/15)

石野純也のMobile Eye:
「ZenFone AR」で“革命”を起こせるか? 課題はコンテンツとGoogle連携
GoogleのAR技術「Tango」とVR(仮想現実)プラットフォーム「Daydream」に対応した「ZenFone AR」が日本で登場。イノベーター層に向けたという本機を投入する狙いは? 日本でヒットするために必要なこととは?(2017/4/15)

米国と北朝鮮を巡るニュースを受け、海外ミュージシャンが無許可で出国 日本でのライブは「キャンセルせざるを得ない状況」
こんなことあるんですか……。(2017/4/14)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。