• 関連の記事

「甚さんの「技術者は材料選択から勝負に出ろ!」」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「甚さんの「技術者は材料選択から勝負に出ろ!」」に関する情報が集まったページです。

甚さんの「技術者は材料選択から勝負に出ろ!」(11):
設計審査の超定番「安全率」をごまかすな!
あなたの会社の設計審査で、「安全率」の議論はどんな感じ? その「分母と分子」について、誰も質問しなかったら要注意。(2012/4/20)

甚さんの「技術者は材料選択から勝負に出ろ!」(10):
機械設計を制す! 樹脂部品マスターへの近道はこれだ
自動車も家電化してきたいまの時代に必要なのは、“学校では教わらない”樹脂部品の設計力。今回は、その“習得の近道”について解説する。(2012/3/7)

甚さんの「技術者は材料選択から勝負に出ろ!」(9):
バネが設計できない人はいますぐ確認! 「ばね限界値」
銅や樹脂の強度は、「0.2%耐力」で示す。「ばね限界値」は、それとよく似ているけれど、何が違うのか。(2012/2/17)

甚さんの「技術者は材料選択から勝負に出ろ!」(8):
もっと高めろコスト意識! これだけ覚えろ材料特性!
今回は、前回の振り返りを兼ねて集中購買による低コスト化について前半で、“目利き力”ポイントの「材料の強度」について後半で解説する。(2012/1/16)

甚さんの「技術者は材料選択から勝負に出ろ!」(7):
機械材料の定尺を知らないで設計できるのか!
機械材料にも「定尺」がある。材料の「標準サイズ」を知らなくては、設計・製造はできない。(2011/12/16)

甚さんの「技術者は材料選択から勝負に出ろ!」(6):
設計者が解析するなら樹脂流動ではなく熱や電波
金型設計者に樹脂流動解析は有効だけど、それ以外の部品・商品設計者に有効なのは熱伝導や電波障害の解析だ。(2011/11/16)

甚さんの「技術者は材料選択から勝負に出ろ!」(5):
家電になった!? EVから学ぶ材料選定
EVの部品点数の割合が家電品とほぼ同じに! EVが盛りあがってくる今後、どの材料から先に極めたらいいのか。(2011/10/17)

甚さんの「技術者は材料選択から勝負に出ろ!」(4):
全てのステンレスは、さびる!
「ステンレスはさびない」と勘違いしていないだろうか。ステンレスの腐食が原因の破損や火災などのトラブルは、非常に多い!(2011/9/7)

甚さんの「技術者は材料選択から勝負に出ろ!」(3):
実務で使う場合の線膨張係数とポアソン比
今回は、線膨張係数とポアソン比について例題を解きながら解説。学問としての知識から実務へ役立てるにはどうしたらいい?(2011/8/5)

甚さんの「技術者は材料選択から勝負に出ろ!」(2):
横弾性係数を知らないのにCAE?
縦弾性係数と横弾性係数の使い分けを明確に! キーボードをたたいているだけのCAE技術者「キー坊」ではダメ。(2011/6/30)

甚さんの「技術者は材料選択から勝負に出ろ!」(1):
設計で使える! 甚さんの材料特性データ
材料選択でいつも頭を悩ましている方へ。甚さんが、設計で使える職人アイテム「材料特性データ」を公開!(2011/5/26)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。