「転職」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
@IT自分戦略研究所 − ITエキスパートのための成長支援メディア
質問!転職→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で転職関連の質問をチェック
MONOist転職 − モノづくりスペシャリストのための転職情報

関連キーワード

転職市場、崩れた“年齢の壁” 50歳以上を積極採用、能力重視進む
人手不足を背景に活況な転職市場で、中高年層の存在感が高まっている。年齢にとらわれずに能力を持った人材を積極的に獲得する企業が増え、転職の“年齢の壁”が崩れ始めた。(2018/6/11)

中高年層の存在感:
転職市場、崩れた“年齢の壁” 50歳以上を積極採用、能力重視進む
人手不足を背景に活況な転職市場で、中高年層の存在感が高まっている。就職・転職サービス大手のリクルートキャリアによると、2017年度の50歳以上の転職決定数は09年度の1.8倍以上、16年度比でも2割超の大きな伸びだという。(2018/6/11)

転職市場、崩れた“年齢の壁” 50歳以上を積極採用、能力重視進む
人手不足を背景に活況な転職市場で、中高年層の存在感が高まっている。(2018/6/8)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
製造業における求人件数1.7%増、サービスエンジニアが不足
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。今回は、2018年度の製造業全体における技術者転職市場についてお話しします。(2018/6/7)

福利厚生が充実した企業が人気:
働く女性が「転職したい企業」、2位はトヨタ 1位は……?
働く女性が、いま最も「転職したい」と考えている企業は?――パーソルキャリア調べ。(2018/6/4)

人事はつらいよ:
「社員を不幸にする」人事の特徴
売り手市場を背景に、求職者の意識は変化している。では人事の意識や質はどう変わっているのだろうか? 「転職バー」の店主に、人事の最前線を聞いた。(2018/6/1)

マーケティングデータとコールセンター関連情報を統合:
「キャリコネ転職」でデジタルマーケティングプラットフォームの実証実験、ジーニーとコラボスが実施
ジーニーとコラボスは、転職・求人サイト「キャリコネ転職」において、コールセンターシステムと連携した新しいデジタルマーケティングプラットフォームの実証実験を開始した。(2018/6/1)

転職バーのハルカさん(8):
PR:銀の弾丸はどこにある?――ワクワクにワクワクしちゃダメよ
そこそこのエンジニア「シュウヘイ」が「転職バー」のハルカさん(白)に会いに行くと、そこにいたのはハルカさん(黒)だった。彼女は「明日、素晴らしい会社がシュウヘイをスカウトする」と予言するが……。(2018/5/31)

キャリアニュース:
正社員の88%が副業に興味があると回答――副業経験者は32%
転職支援サービス「エン転職」が「副業」についてのアンケート調査結果を発表。88%が副業に興味を持ちながら、副業経験があると回答したのは32%だった。「経験のある副業」は接客、販売、サービス系のアルバイトが最多で59%を占めた。(2018/5/29)

トップは「ほかにやりたい仕事がある」:
社会人の転職理由、「給与・評価への不満」「休みを増やしたい」が増加
待遇や休暇への不満が原因で転職を考える人が増えている――パーソルキャリア調べ。(2018/5/24)

新しい上司が心配だったけど…… パワハラで転職した主人公と上司の漫画にほんわかする人続出
この先の展開を……期待しちゃう。(2018/5/24)

本当にいい話なのか:
副業か、副職か、転職か。慎重に考えなければいけない
自分の可能性を考え、「もっと稼げるはずだ。もっと違う世界があるはずだ」と思う人は、自分を独立したビジネスマンだと思えば普通のこと。どんどんチャレンジしてほしいが、副業は本当にいい話なのだろうか。(2018/5/17)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
産業用ロボットは業績好調で求人件数が2.5倍に
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。今回は、2018年度の産業用ロボット業界における技術者転職市場についてお話しします。(2018/5/8)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第52回 「ぼくのかんがえたさいきょうのセキュリティ」を作りたい、元ギタリストの選択
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2018/4/26)

キャリアニュース:
退職を考えたきっかけは「給与が低かった」「やりがいを感じない」
エン転職が「退職のきっかけ」についてのアンケート調査結果を発表した。退職を考え始めたきっかけは「給与が低かった」が最も多く、退職を伝える上で不安な点として、次の職場が見つかるか、次の職場でうまくいくかを挙げた人が多かった。(2018/4/25)

キャリアニュース:
異業種へ転職したミドル層は68%――転職先の1位はメーカー
転職サイト「ミドルの転職」が「異業種転職」についてのアンケート調査結果を発表。転職コンサルタントに、異業種や異業界企業への転職を果たしたミドル層がいるかを尋ねたところ、「いる」と68%が回答した。転職先は「メーカー」が1位だった。(2018/4/23)

“AI技術者争奪戦”自動車大手で白熱 自動運転車、コネクテッドカー……
国内の自動車大手や部品メーカーが、技術者の獲得にしのぎを削っている。売り手市場の中、理系の新卒者や既卒の技術者は就職・転職先を厳しく選別。企業側は、技術者が働きやすい研究開発体制を構築して魅力を高めようと知恵を絞っている。(2018/4/18)

両社の強みを生かす:
LINEとエン・ジャパンが新会社 転職サービス「LINEキャリア」今夏にも開始
LINEとエン・ジャパンが会社「LENSA株式会社」を16日付で設立。転職求人情報の配信サービス「LINEキャリア」を今夏から始める。「両社の強みを生かし、求人企業と求職者の新たな接点を創出する」としている。(2018/4/5)

転職サービス「LINEキャリア」夏に開始 LINEとエン・ジャパンが新会社
転職情報を配信する新サービス「LINEキャリア」が夏に開始へ。LINEとエン・ジャパンが合弁企業を設立した。(2018/4/5)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
2017年度は活況だった転職市場、2018年度はどうなる?
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。今回は、2018年度の技術者転職市場についてお話しします。(2018/4/4)

特選ブックレットガイド:
技術者転職の現実、そしてキャリアビジョンを見つめ直すためのヒント集
「転職」を考えている技術者の皆さん、これからの転職活動に不安はないでしょうか? 本ブックレットでは、“転職活動のリアルなお話”を交えながら、皆さんの今後のキャリアを考える上でのヒントを提示します。(2018/3/30)

えっ、上の言うこと聞かないの?:
PR:上意下達のマネジメントは通用しない――超大手SIer出身PMの挫折と復活
きっちり仕様の決まった大規模プロジェクトでのウオーターフォール型開発に長年なじんできた櫻井氏。もっと広い世界を見たい、と転職したリクリートテクノロジーズは、全てが超ボトムアップの組織だった。慣れ親しんだやり方でプロジェクトをまとめようとするもあえなく失敗。そこで彼がとった手段とは――。(2018/3/30)

キャリアニュース:
年収1000万円以上のミドル層、転職理由の1位は「自分の能力を試したい」
転職サイト「ミドルの転職」が「転職の理由・きっかけ」についてのアンケート調査結果を発表した。転職理由のトップは、全体では「会社の考え・風土が合わない」、年収1000万円以上の回答者では「自分の能力を試したいから」だった。(2018/3/29)

「経営に近い」職種は満足度高め:
「待遇の満足度」が高い職種ランキング 最下位は……
「経営に近い」職種では待遇への満足度が高い――就職・転職サイト「Vorkers」がまとめた「待遇の満足度」についての調査でこんな結果が出た。(2018/3/27)

キャリアニュース:
働き方改革の意識調査――取り組みと実態の整合性、仕事量の調整が課題
転職支援サービス「エン転職」が、働き方改革についてのアンケート調査結果を発表。会社の働き方改革に対する取り組みについて、回答者の51%が「(働き方は)変わらない」とし、その理由として半数近くが「制度が現場の実態と合っていない」を挙げた。(2018/3/27)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
広告・PR業界の若手デジタルマーケターはなぜ給料が下がっても事業会社へ転職したがる?──ウィンスリー調査
広告・PR業界からの人材流出が加速? ウィンスリーの調査によると、業界の若手デジタルマーケターの半数以上が事業会社への転職を希望しているようです。(2018/3/27)

キャリアニュース:
ミドル層の面接で重要視されるのは「専門職種の知識・経験」
転職求人サイト「ミドルの転職」が「ミドル層の面接で企業が見ているポイント」についてのアンケート調査結果を発表。回答した転職コンサルタントの77%が、面接で重要視されるポイントとして「専門職種の知識・経験」を挙げた。(2018/3/26)

キャリアアップも大切だけど:
PR:もっとユーザーの役に立ちたかった――元グローバルコンサルタントの転身
厳しい職場にあえて身を投じ、SAPのコンサルタントとして活躍していた河西法寿氏 は、ITの進化や自分が理想とする生き方とのギャップを感じて、新たなステージへの転職を決意した。「公」も「私」も充実させたい河西氏が選んだのは――。(2018/3/26)

実際は募集なし:
「龍が如く」スタッフ募集でケイブ株が一時急騰 手違いと判明し下落
3月20日の東京株式市場でケイブ(東証JASDAQ)が一時急騰。一部転職サイトに「『龍が如く』プランナー募集」などと掲載され、開発に参加するとの期待が集まったため。その後すぐに手違いだったと判明し、株価は大きく下げている。【訂正】(2018/3/20)

「CodeIQ」のプログラミングクイズ終了 「CodeIQ MAGAZINE」も 転職サービス「moffers」のみ継続
「CodeIQ」のプログラミング腕試しサービスなどが4月25日に終了。Webメディアの「CodeIQ MAGAZINE」も終了する予定だ。転職サービス「CodeIQ moffers」のみ継続する。(2018/3/12)

キャリアニュース:
上司に求めるもの、若手は「指示の分かりやすさ」
エン転職が「上司」についてのアンケート調査結果を発表。上司を尊敬する点として「人柄が信頼できる」を挙げた人が最も多かった。他に、若手は指示の分かりやすさや知識、経験の豊富さを、35歳以上はリーダーシップを尊敬する人が多かった。(2018/3/9)

“いま”が分かるビジネス塾:
銀行マンが転職できるか真面目に考えてみた
メガバンクの大規模な人員削減計画が大きな話題となっている。そこで注目されるのが銀行マンの去就だが、彼らが他業種に問題なく転職できるのか考察してみた。(2018/3/8)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
求人数は2年で2.5倍! 半導体製造装置は未経験者も積極採用
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。今回は、業界未経験者が増えている半導体製造装置メーカーへの転職についてお話しします。(2018/3/2)

「不機嫌な職場」よりも「ご機嫌な職場」で
社員のストレスを軽減するユニークな福利厚生7選 電子メールや会議の廃止も
多くの人はストレスにさいなまれている。その主な理由は仕事への不安だ。従業員が幸せを感じて働き、転職しないようにするために、雇用者側が実施している福利厚生の対策を紹介する。(2018/3/2)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第51回 企業の中で「Rubyコミッター」の看板を背負う覚悟と喜び
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2018/3/1)

PR:つらい、厳しい、休めない? いやいや、営業って「面白くて」「働きやすい」ですよ! 転職組のぶっちゃけ座談会
「働き方改革」の議論から取り残されがちな営業職。営業の仕事とは「つらい」「厳しい」「休めない」ものなのか? どんな風に働いて、どんなキャリアを思い描いているのか――。そんな疑問をラクスの営業社員4人にぶつけてみた。(2018/2/28)

キャリアニュース:
2017年下半期の転職者の平均年齢は32.1歳、過去10年で3.0歳上昇
転職サービス「DODA」が「転職成功者の年齢調査」の結果を発表した。2017年下半期の転職成功者の平均年齢は32.1歳。過去10年で3.0歳上昇している。(2018/2/16)

転職成功者の平均年齢、17年下半期は32.1歳:
増えるミドル層の転職 「3つの変化」が後押し
2017年下半期の転職成功者の平均年齢は?――パーソルキャリア調べ。(2018/2/6)

プロエンジニアインタビュー(8):
教えて! キラキラお兄さん「AIは転職エージェントの職を奪いますか?」
グーグルのインターンを経て、英エディンバラ大学大学院で機械学習を学び、ベンチャー支援の経験も積んだ島田寛基さんは、機械学習を駆使した人材マッチングサービスを提供する「scouty」の代表取締役だ。島田さんが自らの進路をどう作り上げ、どのような筋道で起業に至ったのかを聞いた。(2018/2/5)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
未経験でもチャンスあり! 半導体メーカーへの転職が活況
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。今回は、中途採用が活況となっている半導体メーカーへの転職についてお話しします。(2018/2/2)

転職バーのハルカさん(6):
PR:クレイジーフォーユー――狂おしいほど好きよ、タコ
そこそこのエンジニア「シュウヘイ」が「転職バー」で「ブラッディ・シーザー」を飲んでいると、男物のスーツを着た美女が現れた。「自分はスパイだ」と名乗る彼女、何やら大変な秘密があるようで……。(2018/2/1)

特集「Connect 2018」:
2018年、奥手なエンジニアは転職サイトを使いこなせ――マイナビ転職・荻田編集長
エンジニア不足といわれているが、本当にエンジニアは転職しやすくなったのか。良い求人情報はどうやって見つけたらよいのか、転職サイト「マイナビ転職」の編集長に伺った。(2018/1/31)

キャリアニュース:
2018年上半期の転職市場は引き続き活況、売り手市場が続く
転職サービス「DODA(デューダ)」が「転職市場予測2018上半期」を発表。求人数は豊富で売り手市場が続き、全11分野のうち、「電気・機械」「メディカル」など5分野で採用が増加すると見込んでいる。(2018/1/22)

TechFactory 調査レポート:
組み込みエンジニアの7割が「転職に前向き」その理由は
IoTの普及から、モノ(Things)に関連する組み込みエンジニアのニーズは高まっているが、エンジニア自身は自身のキャリアをどう組み立てていきたいと考えているのか。TechFactoryにて実施したアンケート調査から探る。(2018/1/22)

常見陽平のサラリーマン研究所:
希望の部署に異動するための「異活」を始めよう
転職などを考えている人には、異動という「社内転職」の選択肢も視野に入れてもらいたい。会社を変えずに、環境を変え、新たなチャレンジをすることができるからだ。(2018/1/19)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
1月は採用ハードルが下がる? 春入社を狙うなら今すぐ活動を
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。今回は、1月が他の時期と比べてなぜ転職しやすいタイミングかについて紹介します。(2018/1/11)

課題解決力高い人材が人気:
18年上半期も転職の「売り手市場」続く 企画職など
2018年上半期(1〜6月)の転職市場はどう動く?――パーソルキャリア調べ。(2018/1/10)

CES 2018:
OculusとXiaomi、Snapdragon搭載の無線VR HMDで提携
XiaomiからFacebookに転職したヒューゴ・バーラ氏が、Oculus VRとXiaomiがスタンドアロンVRヘッドセットで提携したと発表した。Qualcomのプレスイベントで、Snapdragon 820搭載の「Oculus Go」と「Mi VR Standalone」を紹介した。(2018/1/9)

キャリアニュース:
年収1000万円以上の求人――昨年より「増えている」と37%が回答
「ミドルの転職」が「年収1000万円以上の転職」についての調査結果を発表。調査対象の37%が、昨年よりも年収1000万円以上の求人が「増えている」と回答した。既存事業の拡大を目指す企業が、マネジメント職や専門家を求めているようだ。(2017/12/26)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所「キャリアアップ 転職体験談」新春Special 2018:
PR:ハルカさん×きのこる先生 SIerに未来はない?――2018年は「戦うエンジニア」がカッコいい!
そこそこのITベンダーで働くそこそこのシステムエンジニア「シュウヘイ」は、今日も転職バーの「ハルカさん」に、悩み相談(というのは口実で、単に甘えたいだけ)にやってきた。しかしそこで彼を待っていたのは、あの伝説の菌類だった!(2017/12/25)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。