「転職」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
@IT自分戦略研究所 − ITエキスパートのための成長支援メディア
質問!転職→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で転職関連の質問をチェック
MONOist転職 − モノづくりスペシャリストのための転職情報

Appleから開発者を引き抜きか:
Google、モバイルSoC開発チームを増強中
先日、Appleの元上級SoC開発者がGoogleに転職していたことが分かった。Googleは現在、モバイルSoC(System on Chip)開発チームの増強に取り組んでいる。(2017/6/21)

キャリアニュース:
転職人気企業ランキング2017――総合1位は「トヨタ自動車」
転職サービス「DODA(デューダ)」が「転職人気企業ランキング2017」を発表。総合1位に「トヨタ自動車」が選ばれた。また、2位の「グーグル」をはじめ、「働き方改革」を進めるIT/Webサービス系企業が人気を集めた。(2017/6/15)

モノづくり技術者の転職ゲンバから(7):
ミスマッチ職種から適性職種へ――オリジナルマッチングによる転職成功事例
転職を考えているエンジニアの皆さん、これからの転職活動に不安はないでしょうか。本連載では“転職活動のリアルなお話”を交えながら、皆さんの今後のキャリアを考える上でのヒントを提示していきます。第7回では、ミスマッチ職種から適性職種へのキャリアチェンジ事例を紹介しながら、転職成功の秘訣(ひけつ)や注意すべき点などについて取り上げます。(2017/6/12)

気にする必要なし?:
就活生のための「職場の雰囲気」とは何か
忖度(そんたく)が流行っているみたいなので、職場の雰囲気について考えてみます。就職や転職で新たな環境に進もうというとき、そもそも自分に合うのか、職場の雰囲気を重視する人は多くいます。特に社会人経験のない学生はそれを重視する傾向が強いのですが、どう捉えるべきでしょう。(2017/6/7)

「働き方改革」進める企業は好印象:
転職したい企業、1位はトヨタ 大手IT企業も人気
2017年の転職人気企業ランキングで、トヨタ自動車が1位に。ヤフー、ソフトバンク、日本マイクロソフトなど、「働き方改革」を進める大手IT企業も上位にランクインした。(2017/6/5)

上がり幅は「50〜100万円」:
30〜50代、転職で給与が上がる傾向 管理職不足で
30〜50代のミドル世代向け求人の給与が上昇している理由は?――エン・ジャパン調べ。(2017/6/2)

特選ブックレットガイド:
派遣からメーカー社員への華麗なる転職、技術者転職の極意とは?
キャリアコンサルタントが、オリジナルマッチングによる技術者転職の成功事例を2つ紹介する。(2017/6/2)

転職バーのハルカさん(2):
PR:取りあえずビール? それともビール“を”飲みたいの?
転職活動中のエンジニア「シュウヘイ」がやっと獲得した内定に難色を示す美人バーテンダーの「ハルカさん」。「仕事をゆずれ」とすごむ「シタロー」さん――「転職バー」は、今日も波乱のヨ・カ・ン。(2017/6/1)

けんじろうとコラボろう!:
新しい職場で“これをやったら嫌われる”7カ条
新入社員として、または転職や異動で新しい職場のメンバーになったとき、嫌われないためのコツを伝授します。(2017/5/30)

キャリアニュース:
転職希望者向けに業界動向や競合情報のレポートを提供
転職求人サービス「MIIDAS(ミイダス)」は、企業/業界分析情報サービス「日経バリューサーチ(ValueSearch)」内の「業界レポート」を、転職希望者が閲覧できるサービスを開始した。業界の情報が効率的に収集でき、志望動機形成に活用できる。(2017/5/29)

キャリアニュース:
ミドル層の職務経歴書――「改善すべき点がある人が多い」が54%
転職求人サイト「ミドルの転職」が、ミドル層の「職務経歴書・履歴書のポイント」に関する調査結果を発表。ミドル層の職務経歴書や履歴書に対し、転職コンサルタントの54%が「改善すべき点がある人が多い」と回答した。(2017/5/26)

AIがネット上の公開データから能力を自動分析 “退職タイミング”も予測:
“AI”がスカウトするエンジニアヘッドハンティングサービス「scouty」が開始
AIを利用した技術者ヘッドハンティングサービス「scouty」のβ版提供が始まった。AIが、SNSやブログなどの情報からその人の技術力を測り、企業に転職候補者を推薦する。転職しそうな時期も予測する。(2017/5/26)

人工知能が必要な人材を探してくれる企業向けAIスカウトサービス「scouty」
scoutyは、ネット上に公開されている各種情報から自社に合った人材を推薦してくれる転職サービス「scouty」のオープンβ版を公開した。(2017/5/25)

待遇や就業環境の改善を求めて:
転職を考えたきっかけ、1位は……
転職理由ランキングをインテリジェンスが発表。「売り手市場」は転職理由に影響を与えているか?(2017/5/23)

PR:転職サービスの会社なのに「ゲーム担当」を採用 ガチのゲームを量産するpaizaの情熱が振り切ってた
目標は「エンジニアワンダーランド」を作ること。(2017/5/16)

エン・ジャパン 人材育成調査:
「部下の育成に自信あり!」――マネジメント経験者の76%が回答
転職求人サイト「ミドルの転職」は、「人材育成」についてのアンケート調査結果を発表した。(2017/5/15)

モノづくり技術者の転職ゲンバから(6):
他職種から設計職へ――オリジナルマッチングによる転職成功事例
転職を考えているエンジニアの皆さん、これからの転職活動に不安はないでしょうか。本連載では“転職活動のリアルなお話”を交えながら、皆さんの今後のキャリアを考える上でのヒントを提示していきます。第6回では、他職種から設計職へのキャリアチェンジ事例を紹介しながら、転職成功の秘訣(ひけつ)や注意すべき点などについて取り上げる。(2017/5/15)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第46回 まだ見ぬ景色を求めて――執行役員まで上り詰めたエンジニア、33歳の新たな挑戦
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2017/4/26)

キャリアニュース:
マネジメント経験者の76%が「部下の育成に自信がある」と回答
転職求人サイト「ミドルの転職」が「人材育成」についてのアンケート調査結果を発表した。「部下の育成に自信がある」と全体の76%が回答。部下を育成する上で気をつけていることは「コミュニケーションを多く取る」が最も多かった。(2017/4/25)

好条件の求人を掲載:
「年収400万円以上の20代」限定の転職サイト登場
エン・ジャパンが、高収入の若手ビジネスパーソン向け転職サイト「AMBI(アンビ)」を開設。年収500万円以上の求人案件のみ取り扱う。(2017/4/24)

転職を考える前にやるべきこと:
ヘッドハンターが語る、転職に成功する人、失敗する人
会社で働いていて「転職したいなあ」と考えたことがある人も多いのでは。実際に行動に移す前に、なにをしなければいけないのか。ヘッドハンターとして活躍している高本尊通さんによると……。(2017/4/20)

モノづくり技術者の転職ゲンバから(5):
派遣技術者からメーカー社員へ――オリジナルマッチングによる転職成功事例
転職を考えているエンジニアの皆さん、これからの転職活動に不安はないでしょうか。本連載では“転職活動のリアルなお話”を交えながら、皆さんの今後のキャリアを考える上でのヒントを提示していきます。第5回では、転職に成功した方々の事例の中から、少し珍しいケースや難しいチャレンジについて取り上げたいと思います。(2017/4/12)

Go AbekawaのGo Global!〜Doug Cutting編:
Hadoop生みの親が、ゼロックスからアップルに転職した理由
Apache、そしてHadoopを作ったDoug Cutting(ダグ・カッティング)氏が常に目指すゴールとは――。 ※「お子さんがエンジニアになりたいと言ったら、どうアドバイスしますか?」〜カッティング氏の動画付き(2017/4/11)

特選ブックレットガイド:
35歳、技術者転職の理想と現実――採用企業はここを見ている!
キャリアコンサルタントが伝授するエンジニア転職のポイント。“転職活動のリアルなお話”を交えながら、今後のキャリアを考える上でのヒントを提示する。(2017/4/7)

転職バーのハルカさん(1):
PR:コアントローの香り……あなた、良からぬことを考えているわね
そこそこのITベンダーで働くそこそこのシステムエンジニア「シュウヘイ」がふらりと入った「転職バー」。美人バーテンダー「ハルカさん」に首筋の匂いをかがれて……シュウヘイ昇天!(2017/3/31)

3分で分かるこれからの電力業界(10):
10年以上の歴史を持つ「老舗新電力会社」
「電力小売業界」への就職・転職を目指す方に、急速に変化・多様化する業界動向を分かりやすく解説。最終回となる今回は、電力小売事業が一部開放された2000年ごろから電力事業に参入し、比較的長い期間をかけて事業を行ってきた“老舗の新電力会社”について紹介する。(2017/3/30)

スーツ人事vs.ギークタレント、勝敗は?:
PR:池澤あやか、泣く子も黙る(!?)大手SIerに転職チャレンジ!
大手システムインテグレーター「TIS」に「ITアーキテクトになりたい」と乗り込んだ池澤あやかさん。意表を突く職務経歴書にコワモテ人事も目を白黒?(2017/3/28)

キャリアニュース:
異業種への転職に成功したミドル層は59%
転職求人サイト「ミドルの転職」が、ミドル層の異業種転職についてのアンケート調査結果を発表した。転職コンサルタントのうち、異業種転職に成功したミドル層がいると59%が回答。異業種転職が多い業種は「メーカー」だった。(2017/3/17)

3分で分かるこれからの電力業界(9):
「既存10電力会社」のこれまでとこれから
「電力小売業界」への就職・転職を目指す方に、急速に変化・多様化する業界動向を分かりやすく解説。今回は、一般電気事業者と呼ばれ大きな市場シェアを占める10の電力会社を紹介。日本全国の地方ごとに存在し、その業態は地域性の強いものとなっている既存電力会社の動きにフォーカスする。(2017/3/16)

モノづくり技術者の転職ゲンバから(4):
企業がキャリア採用に求めるものとは? ちょっとリアルなお話【人物重視編】
転職を考えているエンジニアの皆さん、これからの転職活動に不安はないでしょうか。本連載では“転職活動のリアルなお話”を交えながら、皆さんの今後のキャリアを考える上でのヒントを提示していきます。第4回では、技術者転職における“人物重視”の選考について深堀したいと思います。(2017/3/13)

キャリアニュース:
転職成功者の平均年齢は「32.5歳」――過去10年で最高
転職サービス「DODA(デューダ)」が「転職成功者の年齢調査」の結果を発表した。転職成功者の平均年齢は「32.5歳」で過去最高となった。また、転職成功者のうち35歳以上が30.2%を占めた。(2017/3/7)

3分で分かるこれからの電力業界(8):
電力×エコ&ソーシャル――社会・環境貢献型電力事業
「電力小売業界」への就職・転職を目指す方に、急速に変化・多様化する業界動向を分かりやすく解説。今回は、価格競争ではなく社会・環境価値で差別化を図り、エコ推進やソーシャルビジネス(社会貢献型ビジネス)を通して“社会や環境に貢献している”というイメージを訴求する「電力×エコ&ソーシャル」にフォーカスする。(2017/3/2)

MBAは「マンモス」か?――次世代リーダーは現場から育てるのが日本流
ビジネスリーダーを目指すならMBAの取得が必須であると思われていた。しかし現在、日本でMBAを所得しても、給料も上がらず、転職にも有利にならない。日本人には、MBAは必要ないのだろうか……。(2017/3/1)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第45回 私は“MoE(Mother of Engineer)”――エンジニアの母と呼ばれた男
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2017/3/1)

キャリアニュース:
2017年ミドル層の求人動向調査――「求人は増加する」が78%
転職求人サイト「ミドルの転職」が、ミドル層の求人動向についてのアンケート調査結果を発表した。2017年のミドル層を対象とした求人について、78%が「増えると思う」と回答。増えそうな求人トレンドは「首都圏から地方へ」と予想されている。(2017/2/24)

若手とミドル層の転職増加:
転職した人の平均年齢「32.5歳」に上昇 増える40歳以上
転職した人の平均年齢が過去最高を更新。若手とミドル層の転職の活発化も進んでいる――「DODA(デューダ)」を運営するインテリジェンス調べ。(2017/2/20)

キャリアニュース:
転職理由の1位は「会社の考えや風土が合わない」――30%が回答
転職求人サイト「ミドルの転職」が「転職理由」についてのアンケート調査結果を発表。転職の理由やきっかけとして最も多かった回答は「会社の考えや風土が合わない」だった。また、年代によって転職の理由や不安要素に違いが見られた。(2017/2/17)

苦境の東芝、「経営改革担う」人材募集中 「危機発生時のメディアコントロール」担当者も
経営危機に陥っている東芝が、「経営改革を担う」経理財務担当者や、「危機発生時のメディアコントロール」を担う広報担当者を転職サイトで募集している。(2017/2/16)

3分で分かるこれからの電力業界(7):
電力×コミュニティー―ファン囲い込み&コラボ型電力プラン
「電力小売業界」への就職・転職を目指す方に、急速に変化・多様化する業界動向を分かりやすく解説。今回はスポーツや音楽など一定のファンや顧客を持つエンタメコンテンツとコラボした“企画型”電力プランで新たな顧客を獲得していく「電力×コミュニティー」にフォーカスする。(2017/2/16)

「外の人」ではなく「中の人」になりたかった
私は“これで”コンサルタントをやめて企業のネットワーク技術者になりました
元ネットワーク設計コンサルタントがキャリアを大きく変えてベンダーから一般企業に転職し、念願だった仕事に就いた。どうやって転身に成功したのだろうか。(2017/2/16)

モノづくり技術者の転職ゲンバから(3):
企業がキャリア採用に求めるものとは? ちょっとリアルなお話【技術スキル編】
転職を考えているエンジニアの皆さん、これからの転職活動に不安はないでしょうか。本連載では“転職活動のリアルなお話”を交えながら、皆さんの今後のキャリアを考える上でのヒントを提示していきます。第3回では、自身が保有する技術スキルの視点から、「企業がキャリア採用に求めるものは何か?」について掘り下げます。(2017/2/15)

エン・ジャパン ミドル層の面接:
ミドル層の転職で求人企業の面接官が見ているポイントは?
転職サイト「ミドルの転職」を運営するエン・ジャパンは、ミドル層の面接で「面接官が見ているポイント」のアンケート調査結果を発表した。(2017/2/15)

DODA調べ:
転職の求人数、26カ月連続増 「売り手市場」の傾向続く
転職希望者の「売り手市場」の傾向が続いている――「DODA(デューダ)」を運営するインテリジェンス調べ。(2017/2/13)

特選ブックレットガイド:
辞めるべきか? 残るべきか? 職場環境や人間関係の問題が転職理由の場合
「他者都合」で会社を辞めて転職する人たちの転職理由について深掘りしていきます。(2017/2/10)

キャリアニュース:
2016年冬の賞与額実態調査――0円から200万円以上まで格差目立つ結果に
総合転職情報サイト「マイナビ転職」が「2016年冬の賞与に関する実態調査」の結果を発表した。賞与支給額は「20万円台」「30万円台」が最多。また「0円」が16.7%いる一方で「200万円以上」も10.4%と、賞与額に格差が見られた。(2017/2/7)

「やりたいこと」は何か:
自分の「時価」 転職時に顧みること
会社員であれば、誰でも転職を考えるもの。問題は今、すべきなのか、そうでないのかの判断です。その判断に正解・不正解はあるのでしょうか? ヒントはご自身の「時価」です。(2017/2/3)

特選ブックレットガイド:
給料? やりがい? エンジニアが自ら転職に踏み切る理由とは
「自己都合」で会社を辞めて転職する人たちの転職理由について深掘りしていきます。(2017/2/3)

3分で分かるこれからの電力業界(6):
電力×IT・デジタル――エネルギービジネスへのIoT活用
「電力小売業界」への就職・転職を目指す方に、急速に変化・多様化する業界動向を分かりやすく解説。今回は最先端テクノロジーに触れながら新しい発想で未知のビジネスを創出していく「電力×IoTの世界」にフォーカスする。(2017/2/2)

キャリアニュース:
エンジニアの実態――電気・機械系はやりがい重視、ソフト系は転職に消極的
「fabcross for エンジニア」が「エンジニアの実態」に関する調査結果を発表。電気・機械系エンジニアは給与よりもやりがいを大事にし、ソフト系エンジニアの転職活動経験者は事務系社員の半分ほどで、転職に消極的だと分かった。(2017/1/31)

転職で不安な点は「年齢」:
30〜50代の転職理由、「会社と考えが合わない」が最多
30〜50代の“ミドル世代”が転職を考えた理由は?――エン・ジャパン調べ。(2017/1/30)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。