「JSON」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Visual Studio Code TIPS:
VS Codeで配色テーマをカスタマイズするには
選択範囲のハイライト色(背景色)の変更を例に、VS Codeで配色テーマをカスタマイズする方法を解説(workbench.colorCustomization項目)。(2018/10/19)

AWSなどクラウドのサポートが後押し
オープンソースRDBMSのコストメリットと懸念点を考える
コストを重視するユーザーにとっては、これまで主流だったリレーショナルデータベースに代わる優れた選択肢として、オープンソーステクノロジーが浮上している。(2018/10/22)

Visual Studio Code TIPS:
VS Codeをアンインストールするには
何らかの都合でVS Codeアンインストールするときには、VS Codeだけをアンインストールする方法と、設定や拡張機能まで削除する方法がある。(2018/10/12)

大量の監視データを見やすく表示:
機能強化と新機能追加が50以上、システム運用監視ソフト「Zabbix 4.0」を公開
Zabbixはオープンソースのシステム運用監視ソフトウェア「Zabbix 4.0」の提供を開始した。ユーザーインタフェースを刷新し、タグによる権限設定機能や、HTTPを利用した監視データの収集機能を新たに追加した。(2018/10/5)

Visual Studio Code TIPS:
VS Codeの自動更新を有効化/無効化するには
Windows/macOS版のVS Codeはデフォルトで自動更新が有効化されている。これを無効化して自動更新をやめる方法を説明する。(2018/10/5)

自動化、自己保護、自己修正が可能な自律型DBの新サービス:
自律型データベース「Oracle Autonomous NoSQL Database」をOracleが投入
Oracleは、自律型データベース「Oracle Autonomous Database」のポートフォリオを構成する新サービス「Oracle Autonomous NoSQL Database」の提供を開始する。低レイテンシやデータモデルの柔軟性、弾力的なスケーリングといった要件を持つNoSQLアプリケーションに対応する。(2018/10/4)

.NET開発者のためのPHPアプリお手軽開発入門:
VS CodeとPHPとIISでアプリ開発:準備編
普段は.NETで開発しているのに、「今回はPHPでお願いネ!」となったとしたら? そんな場合はVS Code+PHP+IIS+αの組み合わせでアプリ開発をしてみよう。(2018/10/2)

Oracle Databaseからの移行例も
「NoSQLにACIDトランザクションは無理」という“常識”をMongoDBが変える
NoSQLベンダーのMongoDBは、同社のドキュメント指向データベース管理システムをアップグレードし、ACIDトランザクション関連機能を強化した。この取り組みが意味することとは。(2018/9/28)

Visual Studio Code+PHPの可能性を探る:
VS CodeからPHPアプリをローカル実行/デプロイ!
VS CodeからPHPアプリをホスト可能な拡張機能やWebサーバへのデプロイに使える拡張機能などを紹介。(2018/9/25)

「Vuls祭り#4」で披露:
フューチャー、OSSの「Vuls」と商用版「FutureVuls」をバージョンアップ
フューチャーは、2018年8月末にオープンソースソフトウェアの脆弱性スキャナー「Vuls」のv0.5.0をリリースし、Vulsを基にした商用サービス「FutureVuls」も大幅にバージョンアップした。(2018/9/20)

開発現場に“データ文化”を浸透させる「データ基盤」大解剖(終):
いかにデータ基盤を活用するか? 組織全体でデータドリブン文化を作り上げるためのスモールステップ
「ゼクシィ縁結び・恋結び」の開発現場において、筆者が実際に行ったことを題材として、「データ基盤」の構築事例を紹介する連載。最終回は、「データ活用文化を、どのように組織に装着するか」についてお伝えします。(2018/9/20)

Visual Studio Code+PHPの可能性を探る:
まだある! PHPプログラミングを支援する拡張機能
PHPのコーディング規約を利用したコードチェックと整形を行う拡張機能や、DocBlockの記述を支援してくれる拡張機能を紹介。(2018/9/18)

Visual Studio Code+PHPの可能性を探る:
PHPプログラミングも快適に! VS Codeの二大拡張機能
VS CodeとPHPでWebアプリ開発はどこまで簡単になるのかを探る新連載。今回はVS Codeを利用したPHPによるアプリ開発に必須の拡張機能を2つ紹介する。(2018/9/11)

知っておくべき違いは?
徹底比較:AWS、Azure、GoogleのクラウドAPI管理ツール
大手クラウドプロバイダーのAPI管理ツールは、一部の機能が共通している。だが、各社のツールには、開発者が知っておくべき重要な違い、特に、マルチクラウドモデルにおける重要な違いがある。(2018/9/10)

今問われるCDOの役割(1):
デザイン思考とアジャイル経営が、企業活動の根幹になる――SOMPOホールディングス グループCDO 楢崎浩一氏
デジタルトランスフォーメーションのトレンドが進む中、デジタルビジネスに特化した部署を作るケースが増えてはいる。だが、その多くが局所的な取り組みに終始し、デジタル戦略を推進するCDO(Chief Digital Officer)という役割も、言葉だけが独り歩きしている傾向も見受けられる。ではデジタル戦略とはどのように推進すべきものなのか? CDOの役割とは何か?――第一線で活躍しているCDOに、その職務の意義と具体像を聞く。(2018/9/21)

Visual Studio Codeで始めるPythonプログラミング:
VS CodeとPythonとDockerでWeb APIをコンテナ化!
VS CodeとPythonとFlaskで作成したWeb APIをDockerコンテナ上で実行したり、リモートデバッグしたりしてみよう。(2018/9/6)

Visual Studio Code TIPS:
VS Codeでアクティビティーバーの表示を制御するには
VS Codeのアクティビティーバーの表示を切り替える方法、Activitus Barによりアクティビティーバーの機能をステータスバーに移設する方法を紹介。(2018/8/31)

マイクロサービス/API時代のフロントエンド開発(終):
BFF(Backends For Frontends)実践における3つのアンチパターンと、その回避策
マイクロサービス/API時代のフロントエンド開発に求められる技術の一つ、Backends For Frontends(BFF)について解説する連載。最終回は筆者の経験に基づいて、3つのBFFアンチパターンと、その回避策を紹介します。(2018/8/31)

Visual Studio Codeで始めるPythonプログラミング:
VS CodeとPythonで作るFlaskアプリの構成を一巡り
Flaskではアプリの構成をさまざまな方法で行える。その基本からインスタンスフォルダを利用するまでざっくりと見ていこう。(2018/8/28)

Visual Studio Code TIPS:
VS Codeで選択範囲のテキストの大文字/小文字を切り替えるには
VS Codeで選択範囲を一括して大文字/小文字に切り替える方法や、change-case拡張機能を使ってより高度な大文字小文字の変換を行う方法を紹介する。(2018/8/24)

Visual Studio Codeで始めるPythonプログラミング:
VS CodeとPythonとFlaskでお手軽Web API開発
Flask-MarshmallowとFlask-Restlessという拡張機能を使い、前回作成したデータベースモデルをWeb API化する。(2018/8/21)

Angular TIPS:
BootstrapをAngularアプリで利用するには?(ng-bootstrap)
ng-bootstrapを使って、CSSフレームワーク「Bootstrap」の機能を、Angularのコンポーネント/ディレクティブ構文で利用する方法を解説。(2018/8/2)

Visual Studio Codeで始めるPythonプログラミング:
VS CodeとFlaskで作成するToDoリストアプリ
簡単なToDoリストアプリを作成しながら、前回は取り上げなかったFlask(やJinja2)のさまざまな機能について見ていく。(2018/7/31)

Visual Studio Codeで始めるPythonプログラミング:
VS CodeとFlaskによるWebアプリ開発「最初の一歩」
VS CodeとFlaskを組み合わせて、簡単なWebアプリを作りながら、ルーティング、テンプレートなどの基本を解説する。(2018/7/24)

Visual Studio Code TIPS:
VS Codeを持ち運ぶには(ポータブルモード)
VS Code 1.25以降でサポートされている「ポータブルモード」で、普段とは別の環境でも、いつもの設定でVS Codeを使えるようにしてみよう。(2018/7/20)

2018年7月中に正式版がリリース予定:
Microsoft、「TypeScript 3.0」のリリース候補版を公開
Microsoftは、オープンソースプログラミング言語の次期バージョン「TypeScript 3.0」のリリース候補版(RC)を公開した。(2018/7/17)

Visual Studio CodeでWebアプリ開発を始めよう:
VS CodeでJavaScriptアプリを作成する上で知っていると便利(?)なこと
Node.jsアプリを例に、VS CodeでのJavaScriptアプリ開発時に知っていると便利な機能やデバッグの基礎を取り上げる。(2018/7/10)

Visual Studio CodeでWebアプリ開発を始めよう:
VS CodeのCSSサポート
CSSやその拡張であるSass、Less.jsもVS Codeはデフォルトでサポートしている。その機能がどんなものかを見てみよう。(2018/7/3)

Visual Studio Code TIPS:
VS Codeの[エクスプローラー]ビューに表示するファイルを制御するには
VS Codeの[エクスプローラー]ビューには、プログラマーが意識する必要のないファイルも表示される。それらを表示しないようにする方法を説明。(2018/6/29)

Visual Studio CodeでWebアプリ開発を始めよう:
VS CodeでHTMLを楽々コーディング!
VS CodeはHTMLなどのWeb標準技術とも相性がよい。今回はVS CodeでHTMLを快適に記述するための基本を説明。(2018/6/26)

身近な課題から学ぶ「IoT手法」:
IoTの実装手法は1つじゃない!――磁気スイッチを使ってポストの開閉をメールで通知
「IoT」(Internet of Things)におけるデータ取得は、さまざまなハードウェアやセンサーを組み合わせることで実現できます。また、取得したデータを使い、価値に結び付けるための実装手法も1つではありません。本連載では、いろいろな手法を使って身近な課題を解決していきます。1回目は、「磁気スイッチを使ったポストの開閉検知」です。(2018/7/3)

基礎から分かるAPI管理【第2回】
APIとは何か? Web APIとの違い、利用者のタスクを解説
APIを利用するアプリケーション開発者の観点で、APIやWeb APIとは何か、実際にAPIを利用する場合にどのようなタスクが必要なのかについて解説する。(2018/6/13)

2500台のタクシーで運用を開始:
タクシー配車アプリ「タクベル」を手掛けるDeNAがAWSを選択した理由
DeNAの執行役員でシステム本部長を務める小林篤氏が、タクシー配車アプリ「タクベル」のシステムで活用するAWSの構成概要を紹介した。小林氏は「AWSのソリューションを上手に組み合わせることが現時点で最適なソリューションだ」と分析する。(2018/6/11)

「JSONという気味の悪い拡張子」“誤訳”で物議 東洋経済オンラインの記事修正「原文とかい離していた」
東洋経済オンラインの翻訳記事に「JSONという気味の悪い拡張子」といった表現があり、「JSONは一般的なデータ形式だ」「原文と意味が違う。誤訳では」などと物議に。同誌は「原文とかい離した訳だった」とし、記事を訂正した。(2018/6/8)

開発現場に“データ文化”を浸透させる「データ基盤」大解剖(2):
どのようなデータ基盤を作ったのか? データ収集/蓄積/加工/活用、パイプライン管理の設計
「ゼクシィ縁結び・恋結び」の開発現場において、筆者が実際に行ったことを題材として、「データ基盤」の構築事例を紹介する連載。今回は、データ基盤システムの構成要素や採用技術の選定理由などをお伝えします。(2018/6/5)

リアルタイムデータ収集処理基盤をAWSで構築
DeNAが「AWS IoT」を使った配車サービスの裏側を公開
モビリティーサービス(MaaS)事業に取り組むDeNAは、多数のAWS機能を駆使し、配車サービス「タクベル」を開発している。IoTの事例としても参考になる。(2018/6/6)

Visual Studio Codeで始めるPythonプログラミング:
VS CodeでPythonコードのデバッグも楽々!!
ブレークポイント、ステップ実行など、本格的なIDEと遜色ない機能を使って、VS CodeでPythonコードをデバッグしよう。(2018/6/5)

Visual Studio Code TIPS:
VS Codeでエンコーディングを変更、自動判別するには
エンコーディングを指定してファイルを開き直したり保存したりする方法、既定のエンコーディングを変更する方法、自動判別する方法を解説。(2018/6/1)

Visual Studio Codeで始めるPythonプログラミング:
VS CodeでPythonプログラムを快適コーディング!
IntelliSenseによるコード補完機能、Linterやフォーマッタなど、コード記述を快適にしてくれるVS Codeの機能を紹介。(2018/5/29)

Visual Studio Code TIPS:
VS Codeでインデントを設定するには
VS Codeでインデントに使用する文字、インデント幅を設定したり、プログラミング言語ごとの設定を記述したりする方法を説明する。(2018/5/25)

Visual Studio Codeで始めるPythonプログラミング:
VS CodeでPythonするために必要なこと
VS CodeでPythonを始めるための新連載。VS CodeでPythonするのはなぜか、その理由と、必要な拡張機能のインストール、簡単な環境設定までをまとめよう。(2018/5/22)

Visual Studio Code TIPS:
VS Codeで表示言語を変更するには
VS CodeのGUI表示で使われる表示言語を切り替える方法を解説。また、言語パック拡張機能のインストールについても取り上げる。(2018/9/28)

マイクロサービス/API時代のフロントエンド開発(2):
BFF(Backends For Frontends)の5つの便利なユースケース
マイクロサービス/API時代のフロントエンド開発に求められる技術の1つ、Backends For Frontends(BFF)について解説する連載。今回はBFFの代表的なユースケースを5つ紹介します。(2018/5/18)

Visual Studio Code TIPS:
VS Codeでテキストを矩形選択するには
VS Codeで、マウス/キーボードを使い、複数行にわたって特定のカラムから別のカラムまでを矩形状に選択する方法を解説する。(2018/5/11)

Visual Studio Code TIPS:
VS CodeでMarkdownをHTMLやPDFに変換するには?
Markdown PDF拡張機能を使用して、MarkdownテキストをHTMLやPDFに変換する方法や、ファイル保存時に自動変換を行うための設定を説明する。(2018/4/27)

マストドンつまみ食い日記:
ブロックチェーンSNS「Numa」とは何か?
hivewayと似たようで全く違う。こちらには未来がありそうだ。(2018/4/5)

特集:Microsoftテクノロジーの現在と未来:
UIコンテンツ交換フォーマット、Adaptive Cardsの可能性を探る
Microsoftが提唱するオープンなカード交換フレームワーク「Adaptive Cards」とは? その概要をbotアプリを作りながら見ていく。(2018/3/27)

特集:はじめてのAlexaスキル開発:
C#によるAlexaスキル実装:スロットとセッションを活用した対話の実現
「スロット」を使い、ユーザーとの対話から必要な情報を取得したり、その情報を1つのセッションで保持して使い回したりする方法を解説する。(2018/3/22)

マストドンつまみ食い日記:
マストドンのデータを閲覧する便利ツール「Mastodon-Archive-Viewer」
ActivityPub形式のデータを閲覧できるツールを試してみた。(2018/3/20)

Angular TIPS:
Angularでサーバーサイドと「非同期通信」するには?(HttpClientサービス)
HttpClientサービスを使ってWeb APIと非同期通信するための基本的な方法を説明する。(2018/3/19)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。