• 関連の記事

「Khronos Group」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Khronos Group」に関する情報が集まったページです。

Windowsもネイティブサポートへ:
Intel、“組み込みAIチップ”のPC搭載を狙う
Intelは、CPUの他に、Movidiusが手掛けてきたVPU(Vision Processing Unit)のような推論チップを、PCに搭載することを目指しているようだ。(2018/3/9)

組み込み開発ニュース:
HDLを知らなくてもFPGAの力を引き出せる、インテルが無償のOpenCL開発環境
日本アルテラは、FPGAでOpenCLを扱うためのソフトウェア開発環境「Intel FPGA SDK for OpenCL」の最新バージョン「17.1」について説明。従来のコマンドラインベースのツールから、GUIを用いた統合開発環境となるとともに、新たに高速のエミュレータとコンパイラが加わった。(2018/1/24)

GPU一強の時代は終わりつつある:
自動運転ベンチャーが独自のCNN IPコアを開発した理由
菱洋エレクトロと自動運転ベンチャーの「AImotive(エーアイモーティブ)」は、AImotiveが開発した独自IP(Intellectual Property)による畳み込みニューラルネットワーク(CNN:Convolutional Neural Network)アクセラレーター「aiWare」と、同社の自動運転ソフトウェア「aiDrive」を搭載したデモ車両を日本で初披露した。(2017/12/14)

車載半導体:
深層学習のアルゴリズムをGPU以外のさまざまなハードウェアに、AImotiveのIP
菱洋エレクトロとAImotiveは、GPUで開発したディープラーニング(深層学習)のアルゴリズムをGPU以外でも動作できるようにするハードウェアアクセラレータIP「aiWare」を発表した。(2017/12/12)

標準化を進めるクロノス:
VR/ARで統一プラットフォームを、市場加速に期待
グラフィックスなど向けにオープンな業界標準API(Application Programming Interface)の仕様策定を行うKhronos Group(クロノス・グループ)は、VR(仮想現実)およびAR(拡張現実)向けに、クロスベンダーのプラットフォームを構築しようとしている。独自のゲームエンジンやデバイスドライバーが乱立するVR/AR市場の障壁を取り除き、成長を加速することが狙いだ。(2017/9/5)

OpenGLベースで開発中:
Facebook、機械学習で作成した視覚効果をスマホに
Facebookは、機械学習で作成した視覚効果をスマートフォンに搭載する技術を開発中など、人工知能(AI)をスマートフォンに取り入れることに積極的になっている。(2017/9/5)

組み込み開発ニュース:
2D/3DグラフィックスAPIの最新版、SPIR-Vシェーダを広くサポート
Khronos Groupは、2D/3DグラフィックスAPI「OpenGL」の最新版「OpenGL 4.6」を発表した。AMD/Intel/NVIDIAによって作成されたARBやEXT拡張機能や、SPIR-Vシェーダを取り込む機能を持つコアに統合している。(2017/8/22)

車載機器や家電/産業機器向け:
OpenVX対応のHWアクセラレーターを搭載
ソシオネクストは、OpenVX対応のハードウェアアクセラレーターを搭載したグラフィックスディスプレイコントローラ「SC1810」シリーズを開発した。(2017/3/3)

日本の企業も:
自動運転実現の鍵を握る、注目すべき新興企業9社
自動運転車の開発は、自動車メーカーや半導体メーカー、ソフトウェアメーカーなどが連携して取り組むことが、もはや常識になっている。とりわけ際立っているのが新興企業の存在だ。彼らに共通するのは、自動運転に必要な、極めて高度な知識と技術を有しているということである。(2017/2/23)

VRニュース:
バーチャル・リアリティ標準仕様策定のためのイニシアティブを設立
米Khronos Groupは、バーチャル・リアリティ端末向けのクロスベンダー対応でロイヤルティフリーの標準仕様の策定を目的としたイニシアティブを設立したと発表した。同時に、同グループへの参加を呼びかけた。(2016/12/26)

ARM、モバイルVR/AR用GPU「Mali-G71」発表 Samsungもライセンス済み
ARMが、スマートフォンのVR/AR性能を強化するCPUおよびGPUを発表した。2017年のフラッグシップ端末に搭載される見込みだ。GPU「Mali-G71」はグラフィックスAPI「Valkan」に最適化されている。(2016/5/31)

PR:FPGAがあらゆる電子システムの中核に、エンジニアに求められるスキルが変わる
先進運転支援システム(ADAS)、多軸加工機のモーター制御ユニットからデータセンターのサーバーまで、マイクロプロセッサーをベースにして開発した電子システムはたくさんある。ところが最近、中核デバイスをマイコンや汎用プロセッサーからFPGA(Field Programmable Gate Array)に置き換えて電子システムを開発する例が、さまざまな分野で目立ち始めた。中には、FPGAベンダーさえ想定外の用途で使われる例さえある。これは、一部の先駆的な企業だけの動きではない。世界の名だたる企業が、製品開発競争に勝ち抜くために競うように進める、大きな潮流である。エンジニアは、電子システム開発の大前提が変わるこの動きに、すぐにでも備える必要がある。(2014/12/19)

DMP Computer Visionセミナーリポート:
目を超えたイメージセンサー、人間と同じ物体認識ができるステレオカメラ……“コンピュータビジョン”の可能性
ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)主催のセミナー「DMP Computer Visionセミナー2014」の基調講演に、ステレオカメラ「アイサイト」の開発者として知られる東京工業大学放射線総合センター准教授の実吉敬二氏が登壇した。本稿では、実吉氏らの講演を中心に、同セミナーの模様を紹介する。(2014/9/19)

組み込み開発ニュース:
AMD、ヘテロジニアス環境対応のオープンソースC++コンパイラ「C++ AMP v1.2」
AMDは米Microsoftと協業で、C++ AMP v1.2を実装したLinuxおよびWindowsで動作するオープンソースC++コンパイラ「C++ AMP v1.2」を発表した。(2014/8/28)

ビジネスニュース 業界動向:
PCは低迷続くも、ワークステーションは堅調な伸び
市場調査会社によると、PC市場は低迷しているが、ワークステーション市場は堅調な伸びをみせているという。専門的な用途で使うワークステーションは、タブレット端末やスマートフォンを代わりに使うことは、性能や信頼性の面で難しいからだ。(2013/12/17)

「OpenGL 4.4」公開、「OpenCL 2.0」の暫定仕様も
OpenGL、OpenCLの新版がリリースされた。ベンダ間のドライバ差異を吸収して、移植性を高める機能実装や、共有仮想メモリ機能の実装が注目点だ。(2013/7/24)

モバイルカメラやセンサーを操作:
Khronos、カメラコントロールの標準API策定へ
Khronos Groupは5月21日、モバイルカメラやセンサーを操作するためのオープンな標準となるAPIを新たに策定する計画を発表した。(2013/5/22)

2013年中に正式リリース:
FPGAを活用した並列コンピューティングが加速、アルテラがOpenCL向けSDKを発表
FPGAを並列コンピューティングの計算資源として活用するための取り組みを進めてきたアルテラは、FPGA業界初をうたう「OpenCL向けソフトウェア開発キット(SDK)」を発表した。このSDKにより、回路設計の知識のないソフトウェア開発者でもFPGAベースのアプリケーションを、迅速かつ容易に開発できるようになるという。(2012/11/7)

プログラマブルロジック FPGA:
FPGAも並列コンピューティングの選択肢に、AlteraがOpenCLの取り組み発表
極めて高いプロセッシング性能を求めるアプリケーションでは、CPUにGPUやDSPなどのヘテロジニアスな計算資源を組み合わせてCPUの負荷をオフロードする並列コンピューティングの適用が進んでいる。Alteraは、オフロード用資源としてFPGAを選択肢に加える取り組みについて明らかにした。(2011/11/16)

3D表示規格の「WebGL」に深刻なセキュリティ問題、主要ブラウザに影響
WebGLはFirefox 4とGoogle Chromeではデフォルトで有効にされ、AppleのSafariにも組み込まれている。US-CERTはWebGLを無効にすることを勧告している。(2011/5/11)

センシング技術:
ソフトウェアから新規な入力機器を使いやすくする、業界団体が標準API策定へ
各種のセンサーを組み合わせて使うアプリケーションソフトウェアが広く普及するには、ソフトウェアの移植が容易でなければならない。Kronos Groupは各種のセンサーを統合的に利用できるAPIの策定を目指して、ワーキンググループ「StreamInput」を立ち上げた。12カ月以内にAPIを公開する。(2011/4/19)

ゲームだけが用途じゃない!:
「GPGPU」の可能性を探る
画像処理専用の演算ユニットとして活用されてきたGPU。これまで、その主たる用途として連想されるのは、コンピュータゲームであった。しかし、「その能力の高さを、ほかの用途にも活用できるのではないか」と考えるのは自然なことだ。この「GPGPU」の具現化 /実用化に向け、ICベンダー、EDAツールベンダーらは、どのような施策を進めているのだろうか。(2011/4/1)

オーディオ処理技術:
スマートフォンにも高音質を、SRS LabsのオーディオIPがOpenSL ES 1.1規格に対応
SRS Labsは、同社のモバイル機器向けオーディオ処理IP「SRS TruMedia」が、Khronos Groupの「OpenSL ES 1.1」規格に準拠したと発表した。(2011/2/22)

ニンテンドー3DS、国産GPU技術「PICA200」を採用
ニンテンドー3DSが採用したGPU技術は、国産の組み込み向けIPコア「PICA200」。シェーダ機能をハードウェア実装することで、省電力が要求されるモバイル機器でも高品位な3D表示が可能という。(2010/6/22)

Google、「O3D」で路線変更――プラグインからJavaScriptライブラリに
Googleが、これまでWebプラグインとして開発してきた3DのWebアプリ作成API「O3D」を、「WebGL」ベースのJavaScriptライブラリに変更する。(2010/5/10)

Google、OpenGL互換環境を提供する3Dグラフィックスエンジンを発表
Googleは、「OpenGL ES 2.0」のJavaScript向け実装「WebGL」をオープンソースプロジェクトとして推進する。OpenGL互換とすることで、Windows環境での普及を狙う。(2010/3/23)

BREWアプリケーション開発入門(6):
はじめよう3D描画、BREWでOpenGL ESプログラミング
BREWの基礎から開発環境の構築・アプリケーション開発までを順を追って紹介。前回までは2Dグラフィックスを解説したが、今回からは“3Dグラフィックス”プログラミングについて紹介する。(2010/1/8)

Webブラウザに高速3Dグラフィックスを:
Opera、Khronos Groupに参加
Operaがグラフィックス標準化推進団体のKhronosに参加し、Web向け高速3Dグラフィックスのオープン標準策定に取り組む。(2009/6/1)

3Dプラグインアプリを作成可能:
Google、オープンソースの3D WebアプリAPI「O3D」を公開
KhronosメンバーのGoogleが、3DのWebアプリケーションを作成するためのAPIの早期版をマルチプラットフォームでリリースした。(2009/4/22)

MozillaとOpenGLのKhronos、高速3Dグラフィックスのオープン標準策定へ
「Accelerated 3D on Web」イニシアチブは、高速なオンライン3Dゲームを実現させるかもしれない。(2009/3/25)

CPU‐GPU間での並列処理を可能に、KhronosがオープンAPI仕様を発表
(2009/2/1)

残るのはオープンな規格──AMDのGPGPU「ATI Stream」と「OpenCL」の関係
日本AMDは、同社のGPGPUサポート技術である「ATI Stream」の説明を、AMD本社から来日したスタッフを交えて行った。(2008/12/17)

Khronos Group、「OpenCL 1.0」の仕様を公開
Khronos Groupは「OpenCL 1.0」を承認、公開した。ゲームや学術、医療などさまざまな分野で利用できる、システム構成向けのプログラミング技術だ。(2008/12/10)

海外ダイジェスト(8月18日)
シェラトン系列ホテルがMSのSurfaceを導入、Khronos Groupが「OpenGL 3.0」の仕様をリリース、など。(2008/8/18)

アクロディア、BREWプラットフォーム向けにOpenKODE 1.0 APIライブラリを移植
(2008/2/8)

ソフトバンク、携帯電話用共通アプリケーションプラットフォームを開発へ
ソフトバンクモバイルは、携帯電話用アプリケーションの共通プラットフォーム「POP-i」の開発に着手し、来年発売する新機種から実装する。OSやチップセットの違いを吸収し、開発の効率化とソフト資産の流用が可能になるとしている。(2007/5/22)

ここが差異化のポイント:
ビデオアーキテクチャの正しい選択
携帯機器向けのデジタル放送と“iPod現象”がモバイルテレビ市場の競争に火を付けた。それを支えるアーキテクチャの違いが焦点となっている。(2006/12/1)

OpenGL推進団体Khronosに、Apple、Dell、Googleが参加
(2006/8/1)

NVIDIA、3D業界のベテランを幹部に起用
3DグラフィックスのNVIDIAは、業界の重鎮で元3Dlabs幹部でもあるニール・トレベット氏を副社長に迎えた。(2005/7/7)

OpenGL ES 1.1発表
(2004/8/11)

次世代プレイステーションはOpenGL系になる?
次世代プレイステーション、いわゆる「PS3」の開発プラットフォームに、携帯機器や組み込み向けGPUのAPI「OpenGL/ES」が採用される可能性が高くなってきた。その根拠、そしてそれを採用することのメリットを探ってみた。(2004/7/26)

安藤幸央のランダウン(21):
SIGGRAPH 2003に見るJavaの進化
「Java FAQ(What's New)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします。(編集局)(2003/9/10)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。