「京都」最新記事一覧

歴史インサイド:
平安京に大邸宅跡 光源氏モデルゆかりの寺の領地、「政所」「齋」の墨書土器片……誰が暮らしていた?
平安遷都間もない9世紀前半の嵯峨天皇の時代に、120メートル四方という広い空間に建てられた大規模な建物跡群が昨年出土した。京都市中京区の島津製作所本社内の平安京跡。京都市が出土品と遺構を精査した結果、土器片には「政所(まんどころ)」「齋」などと墨書(ぼくしょ)されていることが判明した。(2018/4/20)

買い占めで物議かもした限定ドール、高島屋が販売方法を抽選に変更
京都での買い占め騒動を受けて、東京では抽選販売に。(2018/4/16)

“チャーチルを甦らせた男” 特殊メークでアカデミー賞・辻さん 原点は「スター・ウォーズ」チューバッカの「髪の毛」
ハリウッド特殊メークの世界に変革をもたらした日本人がいる。京都府出身の辻一弘さんだ。8歳の頃、映画「スター・ウォーズ」を見て感動したのが、特殊メイクに興味を持つきっかけだったという。(2018/4/5)

記者は“イマイチ”73点:
AIで“イケメン度”採点 「SNOW」のセンスタイムが開発 婚活アプリに応用も?
「第2回 AI・人工知能 EXPO」(4月4〜6日、東京ビッグサイト)が開幕。センスタイムジャパン(京都市)は、カメラに顔を写すと、AIが年齢と“顔の魅力”を採点し、鏡に映し出す技術を出展した。勞社長は「婚活アプリに応用できれば面白い」と話す。(2018/4/4)

チケットキャンプ元社長ら4人不起訴 京都地検
チケットキャンプ運営元の元社長ら4人が不起訴処分に。チケットを転売目的で不正入手したとして、詐欺容疑で書類送検されていた。(2018/3/30)

京大iPS論文不正、助教を懲戒解雇 山中所長も処分
京都大学iPS細胞研究所の論文にデータのねつ造や改ざんの不正があった問題で、論文著者の山水康平特定拠点助教を懲戒解雇処分に。山中伸弥・研究所所長も監督者として処分を受けたという。(2018/3/29)

医療技術ニュース:
iPS、ES細胞の培地コストを最大10分の1に低減、従来の培地と機能は同等
京都大学は、多能性幹細胞を培養するための新しい安価な合成培地と、その培地を用いた培養方法を開発した。この合成培地には人工的に合成した化合物を用いており、成長因子を必要としない。(2018/3/27)

京大キャンパスに「問題を信じるな」看板も……人生狂わす入試ミス、大学の対応は
大学は入試問題の正解・解答例を、どこまで明らかにすべきなのか――。京都大や大阪大で起きた出題ミスをきっかけに、公表の是非をめぐる議論が起きている。「1点」が、受験生の運命を左右する結果につながりかねないだけに、各大学は慎重な判断を求められている。(2018/3/23)

「自転車ながらスマホ」で歩行者見落とし5割増 KDDIと京都府が検証
KDDIと京都府が「自転車ながらスマホ」の危険性を検証した。(2018/3/20)

再配達率3分の1に 宅配ボックスをアパートに設置 パナソニック
パナソニックが京都市内のアパートに宅配ボックスを設置したところ、再配達率が43%から15%に減少。届いた荷物のうち、宅配ボックスでの受け取りが28%を占めた。(2018/3/20)

解答例の公表に是非:
キャンパスに「問題を信じるな」の看板も 人生狂わす入試ミス、大学の対応は
大学は入試問題の正解・解答例を、どこまで明らかにすべきなのか−。京都大や大阪大で起きた出題ミスをきっかけに、公表の是非をめぐる議論が起きている。(2018/3/20)

産学公連携:
再配達率が43%→15%に 学生の街・京都市で宅配ボックス実証実験
パナソニックは3月19日、京都市で実施したアパート用宅配ボックスの実証実験で、再配達率が34%から15%に減少するなどの成果があったと発表した。(2018/3/19)

モノづくり最前線レポート:
日本の高品質な鉄道がなぜ海外でそれほど受け入れられていないのか
日本IBMは製造業向けイベント「IBM Industrial Forum 京都 2018」を開催。同社の製造業向けの取り組みを紹介するとともに、製造業が先進技術を活用してイノベーションを実現した事例などを紹介した。本稿ではナブテスコの製品安全向上セッションの様子をお伝えする。(2018/3/16)

屋形船に乗ってのんびり過ごす「昼寝舟」が気持ちよさそう 旅館・星のや京都が「脱デジタル滞在・夏」開催
心身ともに思いっきりリフレッシュできそうです。(2018/3/12)

JR西、駅の案内放送を英語、中国語、韓国語でも パナソニックの翻訳ソフトウェア活用 3月末から
JR西日本が、駅のコンコースやホームで乗り換えや乗り場変更などを英語・中国語・韓国語でも案内する「多言語音声翻訳放送システム」を導入。3月30日から京都駅、西九条駅、ユニバーサルシティ駅、天王寺駅、姫路駅で運用する。(2018/3/9)

医療技術ニュース:
体温の日内制御、恒温動物と変温動物で共通の仕組みを発見
京都大学が、マウスとハエで共通に保存される体温の日内リズムを制御する仕組みを明らかにした。カルシトニン受容体とよばれるGタンパク質共役受容体が重要な役割を担うことを突き止めた。(2018/3/5)

不思議で美しいきのこを描いた「菌類画」の展示会 3月8日から京都で開催
思った以上にカラフルでかわいい。(2018/3/4)

収集データをマーケティングや行動分析に利用する:
AI応用のチャットbotで外国人観光客を案内、FKAIRと京都府南丹広域振興局が実証実験開始
FKAIRと京都府南丹広域振興局は、チャットbot「Kyoto Guide ENA」の実証実験を開始する。外国人観光客に向けて、「近くのおみやげ屋はどこ?」「保津川下りへの行き方は?」といった質問を英語で入力すると、的確に回答する。(2018/3/2)

MR×文化財の可能性:
風神雷神図屏風を「HoloLens」で鑑賞――まるでアトラクションのような体験に驚いた
HoloLensを使って、日本の国宝である「風神雷神図屏風」の新たな鑑賞体験を――。そんなイベントが京都で開催されている。記者も実際に体験してみたが、従来の鑑賞とは全く異なる、1つの“アトラクション”のような感覚を味わった。(2018/3/1)

観光資源乏しく交通の便は悪いが:
ドヤ街の次は茶畑の町 星野リゾートが狙う意外な土地
宇治茶の生産地として知られる京都府の山間の町に、インバウンド向け宿泊施設の建設計画が浮上した。名乗りを上げたのは、高級ホテルを展開する星野リゾートだ。(2018/2/27)

お客さまをお迎えするワン 京都の着物レンタル店をお手伝いする柴犬が人懐っこくてかわいい
着物を着て記念撮影もできます。(2018/2/26)

医療技術ニュース:
造影剤なしで手のひらの動脈の可視化に成功、血管の曲率まで解析できる
京都大学が、造影剤を用いない非侵襲の「光超音波イメージング技術」で手掌動脈を可視化し、加齢に伴う手掌動脈の湾曲傾向を定量的に解析することに成功した。(2018/2/26)

イノベーションのレシピ:
イノベーターをビジネスにどう生かすのか、求められる「出口」の戦略
日本IBMは製造業向けイベント「IBM Industrial Forum 京都 2018」を開催。同社の製造業向けの取り組みを紹介するとともに、製造業が先進技術を活用してイノベーションを実現した事例などを紹介した。(2018/2/23)

どれくらい小さいのか見てみたい ミニチュア写真家・田中達也さんの展覧会、京都高島屋で開催
朝ドラ「ひよっこ」のタイトルバックやジオラマも展示します。(2018/2/23)

何やってるか分からない?:
京都のローム、EV化の追い風で業績好調
「何やってるか分からない」とも言われる総合電子部品メーカー「ローム」。自動車業界のEVシフトや製造業界の工場自動化の追い風を受け、車載や産業機械向け製品の売れ行きが好調だ。(2018/2/22)

医療技術ニュース:
ステロイドホルモンが免疫力を高めるメカニズム、昼と夜で反応に違い
京都大学は、ステロイドホルモンの1つであるグルココルチコイドが免疫力を高めるメカニズムを明らかにした。不規則な生活によるグルココルチコイドの分泌の乱れが、免疫力を低下させる可能性を示唆するものだ。(2018/2/9)

京大の式辞「適法な引用と判断している」 JASRAC浅石理事長
昨年、京都大学総長が入学式で述べた式辞を、京大がWebサイトに掲載したところ、JASRACが利用状況を問い合わせたことが波紋を呼んだ。JASRACの浅石道夫理事長は同団体主催シンポジウムで改めて「適法な引用に当たる」との見解を示した。(2018/2/5)

自然エネルギー:
再エネ利用の幅を広げる「アンモニア」、合成しやすい新触媒
再生可能エネルギーで製造した水素を、貯蔵・運搬しやすくするエネルギーキャリアとして期待されているアンモニア。大分大学と京都大学らの研究グループはこのアンモニアを、再生可能エネルギーの利用に適した条件で合成できる新しい触媒の開発に成功した。(2018/2/5)

転売チケット高騰「待った」東京五輪控え、仲介サイト規制へ加速 京都府警
転売サイト「チケットキャンプ」の運営会社元社長らが京都府警に摘発された。チケット転売は、異常な価格高騰が社会問題にもなっている。ただ、ネット上の転売行為を規制する法律はないのが現状で、東京五輪を控え、今後の対応にも注目が集まっている。(2018/1/25)

量子ビットが正しさを証明:
量子コンピュータの計算結果を容易にチェック
京都大学の森前智行講師らは、量子コンピュータによる計算結果が正しいかどうかを効率よく事後チェックできる方法を開発した。(2018/1/24)

FC2ブログでわいせつ画像6万枚公開 容疑で東大阪の55歳男逮捕
ブログ内にわいせつな画像を保存し、公開したとして、京都府警は23日、わいせつ電磁的記録公然陳列容疑で、東大阪市の無職の男を逮捕した。(2018/1/24)

医療技術ニュース:
体に触れながら話しかけると、乳児の脳活動が活発に
京都大学は、他者から触れられる経験が、乳児の脳活動に影響を与えることを明らかにした。体に触れられながら話しかけられる経験が、学習や予期に関わる乳児の脳活動を促進する可能性を示した。(2018/1/22)

マストドンつまみぐい日記:
マストドン映えスポット参拝
京都の電電宮に参拝した地元インスタンス管理者のブログが公開されている。(2018/1/14)

医療技術ニュース:
がん細胞の増殖は二刀流、増殖を遅くする敵を倒しながら増える
京都大学は、細胞が本来持っている防御ネットワークを突き破って異常増殖する、がん細胞特有の性質を説明する分子機構を発見した。今後のがん治療や新たな分子標的治療の開発に貢献することが期待される。(2018/1/12)

「チケキャン」元社長ら書類送検「誠に遺憾」 ミクシィがコメント
ミクシィは、チケット売買サービス「チケットキャンプ」を運営する子会社フンザの元代表取締役社長らが京都地方検察庁に書類送検されたという報道について、「このような事態は誠に遺憾」「深くおわび申し上げる」とコメントを発表した。(2018/1/11)

Apple Store京都は2018年オープン、京都ZERO GATE内
京都のApple Storeは当初予想とは別の場所。既に建物が完成しているので来年にはオープンとMACお宝鑑定団は予想する。(2017/12/20)

帯域幅の“無駄使い”をなくす:
低周波数帯を使う5G、最後の砦は「波形をいじる」
5G(第5世代移動通信)向けの技術では、ミリ波の研究成果が目立つが、低周波数帯もLTEに引き続き重要になる。ただ、特に6GHz帯以下は逼迫(ひっぱく)していて、とにかく周波数がない。京都大学では、低周波数帯において周波数の利用効率を上げる新しい変調方式を開発している。(2017/12/20)

創薬での応用も始まっている:
「AIとはソフトの進化」 Intelが取り組みを強化
Intelは2017年12月5日に東京都内で記者説明会を開催。2017年における同社の取り組みを振り返った。AI(人工知能)分野については、京都大学医学部の専門家が登壇し、Intelのプロセッサを使った機械学習のシステムを、創薬に導入した事例を語った。(2017/12/8)

福田昭のストレージ通信(87):
半導体メモリの専門学会「国際メモリワークショップ(IMW)」が日本で開催へ
2008〜2017年まで主に米国で開催されてきた「国際メモリワークショップ(IMW)」が、2018年は日本の京都で開催される。今回はIMWの概要を紹介しよう。(2017/12/6)

京都の映画館「京都みなみ会館」が3月で閉館へ 来年中の営業再開を目指す
54年間の歴史に幕。(2017/12/1)

伝統工芸×DMM.make=?(2):
PR:京鹿の子絞に3Dプリンタを使って、伝統的で革新的な、はんなりやさしい生地が作りたい
京都絞美京の3代目である松岡輝一氏は、ファッションブランド「KIZOMÉ」を展開し、イタリアのミラノでも作品展示している。3Dプリンタの型を使った京鹿の子絞では、ワッフルのようにふっくらした、はんなりやさしい生地が作れる。自分が普段使っているデスクトップ3Dプリンタではなく、最新鋭の機器が使えるなら、もっともっと可能性が広がりそう。「世界中の人に、京鹿の子絞を見てほしい……!」――松岡氏の飽くなきチャレンジをDMM.makeが応援する。(2017/11/30)

「京都から苦情きますよ!」 ノンスタ井上、紅葉から“秋の風物詩”の座を奪ってしまう
俺が日本の風物詩だ!(2017/11/26)

医療技術ニュース:
難治性不整脈を再現、ヒトiPS細胞由来の3次元的心臓組織で
京都大学はヒトiPS細胞由来の3次元的心臓組織を作製し、不整脈の一種であるTdPを培養下に再現することに成功した。難治性不整脈の治療法開発や、さまざまな薬の毒性評価に役立つと期待される。(2017/11/14)

大学や単身者アパートにも「宅配ボックス」 京都市が実証実験
京都市がパナソニックや京都産業大学と連携し、再配達削減を目指す「京(みやこ)の再配達を減らそう!プロジェクト」を開始。大学構内や単身者向けアパートに宅配ボックスを設置し、利用状況を調査する。(2017/11/8)

医療技術ニュース:
手足を冷却して抗がん薬副作用のしびれを予防
京都大学は、抗がん薬の副作用であるしびれを、手足を冷却することで予防する手法を発表した。同成果により、患者が生活の質を維持しながら、安心して抗がん剤治療を受けられることが期待される。(2017/11/7)

常に上から目線の京都、コワモテの大阪……独断と偏見で描かれた近畿7府県の擬人化漫画に共感集まる
和歌山のみかんがうまいことだけは断定していい。(2017/11/2)

市の公衆WiFi、ストーカーが悪用 好意寄せる女性にわいせつ画像送信
知人女性へわいせつ画像を繰り返しメールで送りつけたなどとして、男がストーカー規制法違反容疑で逮捕された。京都市が整備した無料公衆無線LANサービスを悪用。匿名性の高い約20種類のメールアドレスを使い分けて身元の特定や捜査から逃れようとしていたとみられる。(2017/11/2)

実在の住職と息子が説法ラップバトル! 京都のお寺の“寺主制作”映画「DOPE寺」の予告編が公開
お寺のミュージカル映画祭「テ・ラ・ラランド」で上映された異色作、YouTubeに予告が登場。(2017/10/27)

iPS細胞で作った心臓組織で「不整脈」再現 治療法開発に光
京都大学iPS細胞研究所が、iPS細胞で作った立体的な心臓組織で、致死性の不整脈を再現。新薬の開発や治療法開発への活用が期待される。(2017/10/24)

端末が移動しても再認証が不要に:
Bluetoothの認証情報、IoTブリッジで共有
京都大学とロームの研究グループは、無線通信規格である「Wi-SUN FAN」とBluetooth機能を搭載したIoT(モノのインターネット)ゲートウェイを用いて、Bluetooth搭載機器の利用者が広範囲に移動しても、接続の再認証を行うことなく情報を伝送できる通信システムを開発した。(2017/10/24)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。