「人生」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「人生」に関する情報が集まったページです。

世界を読み解くニュース・サロン:
“片づけ”でアメリカンドリームをつかんだ「こんまり」と、ピコ太郎の共通点
ベストセラー『人生がときめく片づけの魔法』で知られる近藤麻理恵氏が、Netflixで冠番組を開始し、世界で話題になっている。「こんまりメソッド」の盛り上がりを見ると、同じように世界で人気になった「ピコ太郎」との共通点が見えてくる。(2019/1/24)

きれいな顔してるだろ。ウソみたいだろ。おっさんなんだぜ。それで:
おじさんでも「美少女インスタ映え」 2019年はバーチャルでなりたい自分になれる「アバター元年」か
VTuberでもなく、ビジネス現場のVR利用でもない、“もう1つの人生”をアバターとして生きる人々。(2019/1/23)

くびれが見えそう バービー、63キロから人生MAX78キロまで10年間の体重変化を写真で公開
63キロのころが別人のようだ。(2019/1/22)

「憧れの人は成歩堂龍一」 ゲーム「逆転裁判」がきっかけで弁護士を志し、17年後、見事夢かなえた人を取材
1本のゲームが1人の人生を変えた話。(2019/1/20)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
稀勢の里が「ケンシロウ」になれなかった理由
横綱、稀勢の里が身を引いた。漫画『北斗の拳』に登場するラオウの名セリフを感じさせられる言葉を口にしたので、話題になった。自身の土俵人生をラオウに重ねていたのかもしれないが、筆者の臼北氏は主役の「ケンシロウ」になるべきだったのでは? と指摘している。(2019/1/17)

「ゆっくり身体を休めて」「第二の人生に向かって」 花田虎上、引退決断の稀勢の里にエールを贈る
おつかれさまでした。(2019/1/16)

あの“ノッポさん”と“ゴン太くん”がゾンビになって29年ぶり復活!? NHKが狂気の「できるかな」動画公開
ドラマ「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」は1月19日(土)スタートです。(2019/1/15)

アイデンティティ田島、悟空になりきり結婚報告 ベジータ「人生のフュージョンとはおめでたいヤローだ」と祝福
「おめぇも早くブルマ探せ!」。(2019/1/8)

「こんな過激なドリンクバー、人生初です」 押さざるを得ない“焼酎原液”ボタンのあるドリンクバー
押しているあいだお酒が出ます。(2019/1/7)

人生の最期をテクノロジーで体験 終末感あふれる「走馬灯VR」登場
思い出の映像にFacebookを使う発想よ。(2018/12/31)

「買わないと人生損」「おっふが止まりません!」 橋本環奈、10代最後の写真集にファン歓喜
前作から4年もたっているのが意外。(2018/12/26)

働き詰めの毎日から「モフられるデカ猫」の人生へ ブラック企業の社員が猫になって人生が変わった漫画が書籍化
人間サイズの猫「モフ田」が登場する癒やしのコメディー漫画です。(2018/12/24)

60歳だと……? ロックバンドのベーシストが年齢公表、若々しい見た目とのギャップに開いた口がふさがらない
人生に希望が持ててしまう。(2018/12/21)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
50歳は「人生の正午」。新たな自分と出会う可能性を誰もが持っている
早いうちから用意周到に第二の人生を考えていなくても、50歳という人生の正午に、あるいはそれ以降に、大きくライフシフトすることができる。(2018/12/20)

カウンセラーになる人も:
「子供いなくても幸せ」な社会に 女性ら活動、共感の輪広がる
未婚や晩婚、不妊など、さまざまな理由から「子供のいない人生」を歩む女性が増えている。同じ悩みを分かち合う場を設けたり、インターネットや書籍で思いを発信、自身の経験を生かして不妊治療患者のカウンセラーとして活動する人も。「たとえわが子を持たなくても充実した人生を送ることはできる」。それぞれの“幸せの形”を探し続ける姿に、共感の輪が広がっている。(植木裕香子)(2018/12/19)

日本女性グループ初の快挙 「9nine」、台湾で“冠番組”が放送決定
「人生でこんなことがあるとは」と喜びを爆発させたメンバーの村田さん。(2018/12/13)

経営トップに聞く、顧客マネジメントの極意:
ウェディングとは今までの人生を編集するプロセス――ウェディング業界の常識を覆してきたCRAZYが仕掛ける顧客サービスとは?
ウェディング業界の常識を覆したいと2012年に創業。結婚するふたりへの細やかなヒアリングによって、世界でたった一つのコンセプトを作り出す。(2018/12/12)

次代のキャリア観:
成功のキャリア観はもう古い? 健やかさのキャリア観へ
人生100年時代を迎え、働き方改革以上に大事になるのは、どのようなキャリア観を持つかではないでしょうか。これまでは「成功を目指すキャリア」が主流だったかもしれませんが、これからは「健やかさのキャリア」が重視されるはず。その理由は……。(2018/12/10)

メーカーが上位を独占:
人生の転機迎える「30代」が働きやすい企業、リコーやソニーなど上位 1位は……
30代が働きやすい企業は? グローバルウェイが調査結果を発表。メーカーが上位を独占していた。(2018/12/8)

アイドルというキャリア:
「何度失敗しても、私が前を向き続ける理由」 AKB48・岡田奈々の生きる道
真っ直ぐに頑張っている人が報われるように――。こうした思いを持ち続けて、日々奮闘する女性がいる。アイドルグループ、AKB48の岡田奈々さんだ。彼女の人生を紐解いていく。(2018/12/5)

女性の方が満足度高めの傾向:
平成最後の今年、あなたの「人生満足度」は? 大坂なおみ、スーパーボランティア、ユーチューバーなどが貢献
2018年の満足度は? プルデンシャルジブラルタファイナンシャル生命保険はこのほど、人生の満足度に関する調査結果を発表。今年1年を振り返り「満足している」と感じている人は4割いた。(2018/12/4)

石田ゆり子、“人生史上最大の激痛”でダウン 「辛そう」「ゆっくり休んで」など心配の声
タビも心配してる。(2018/12/4)

「苦しいことのほうが多かった」 仮面女子の神谷えりな、アイドル人生最後のブログ更新で“約7年半”を振り返る
アイドル人生に終止符。(2018/12/1)

1人でも気軽に入店:
最後までアツアツ ふらんす亭創業者が仕掛ける新型ステーキ店
ステーキとカレーが名物の「ふらんす亭」創業者がステーキの新店をオープンした。自分で焼き加減を調整できたり、最後までアツアツで食べられる工夫をしている。人生の「集大成」と位置付ける新店のビジネスモデルとは?(2018/11/27)

ブスをバカにしていた男子が女子になって気づく“かわいくなる大変さ” 漫画『朝起きたらブスだった』で人生ハードモードな世界を知る
かわいいをつくる苦労と方法がいろいろと勉強&参考になる。(2018/11/23)

半数以上は“プライベート優先派”:
17〜19歳の約4割は「65歳までに退職したい」 政府の「人生100年時代構想」目標とかい離
日本財団は11月21日、全国の17〜19歳を対象に「働く」をテーマに実施した調査結果を発表。日本政府が掲げる「人生100年時代構想」で目指す目標と若者の意識にかい離があったという。(2018/11/21)

「ママ」に会ってきた:
モヤモヤ抱えるミドルへ 500人が人生相談に訪れた「昼のスナック」の秘密
平日の昼間にさまざまな人が訪れる「スナックひきだし」。2017年6月に営業を始めてから、口コミやSNSを通じて延べ500人が来店した。みんなここで何をしているのか。「ママ」を務める木下紫乃さんに話を聞いた。(2018/11/19)

戦力外になった後輩に経験伝えたい:
高卒でプロ野球を戦力外 16年後に「公認会計士」になった男の逆転人生
阪神タイガースから戦力外通告を受けたものの、その後公認会計士になった元投手、奥村武博さん(39)。引退した選手が第二の人生で成功できずにトラブルを起こすケースが多い中、いかにして成功できたのか。かつての挫折と、そこから這い上がった経験を聞いた。(2018/11/18)

「淡い幻想」は危険:
「転職バブル」は砂上の楼閣 “人間力”があればAI時代も怖くない
「転職」は人生において重大なイベントだ。しかし、転職を考えている間、当人が取っている思考法やアクションには気を付けなくてはならない。(2018/11/14)

袖からシュバッ! モデルガンを瞬時に取り出せる「スリーブガン」の完成度がすごい
人生で一度はやってみたいやつ。(2018/11/1)

「電脳コイル」「CLANNAD」「AIR」「Kanon」 Amazonプライム・ビデオの11月配信作品が熱い
CLANNADは人生。(2018/10/28)

「贔屓は人生の灯台」オタク女が宝塚で“運命”に出会い、精神と肉体の健康を得るまで
「贔屓への思いを自覚して早4カ月、10キロ痩せた」。(2018/11/4)

「人生感を大きく変えたこの1年」 気象予報士の“木原さん”、脊髄損傷から1年を振り返りファンに感謝
ブログでは必死にリハビリする姿。(2018/10/22)

「涙が止まりません」「いつかは日本代表の監督」 卓球の福原愛が現役引退を発表、ネットでは第二の人生を後押しするエールも
長い間、お疲れ様でした!(2018/10/22)

@ITセキュリティセミナー2018.6-7:
経営陣の危機意識の改善、人材不足/スキルアップはどうすればいい?――セキュリティ人生相談
@ITは、2018年7月24日、札幌で「@ITセキュリティセミナー」を開催した。本稿では、内閣サイバーセキュリティセンターと金融ISACの講演「セキュリティ人生相談」の内容をお伝えする。(2018/10/18)

「人生が続く限り芸術家の活動は続く」 芸術家を“あしながおじさん”が月額で支援 ピクスタが新サービス
ストックフォトサービスを運営するピクスタが芸術家の継続的な創作活動を支援するサービス「mecelo」(メセロ)の提供を開始した。芸術家が継続して活動できるよう“小さなあしながおじさん”を募る。(2018/10/18)

街づくり構想:
野村不が掲げる新・街づくり構想「BE UNITED構想」、プラウドシティ日吉に初導入
野村不動産グループは、将来迎える“人生100年時代”を見据え、新たな街づくり構想「BE UNITED構想」を発表した。BE UNITED構想は、5つの街づくり活動「ACTO」で具体的に推進される。第1号物件として、横浜市で計画されている大規模複合施設「プラウドシティ日吉」にこの理念を導入する。(2018/10/12)

浅野忠信、デビュー当時の写真とともに役者人生30周年を迎える 中村獅童や大森南朋からも祝いの言葉
おめでとうございます!(2018/10/11)

「うっうっ(涙)」「もう無理かも…」 “残念すぎるネコ”のLINEスタンプが人生のいろいろな場面で使えそう
見ているとジワジワくるネコさんたちです。(2018/10/11)

人生を知るほど、人生は輝く。:
「MINI」に“洗練された大人向け”特別仕様車 深い赤色で人生を表現
BMWが「MINI」の特別仕様車「MINI Burgundy Edition」を台数限定で発売。「人生を知るほど、人生は輝く。」がテーマ。深みのある限定色「ピュア・バーガンディー・メタリック」をボディーカラーに採用した。(2018/10/9)

若いうちから少しづつ投資すべき理由:
芥川賞作家・羽田圭介さんが説く「投資の思考回路」の作り方
人生100年時代というのは、定年退職してから退職金を資産運用して暮らしていこうと思っても遅すぎる時代に入ったということを意味する。では、若いうちからどのようにして投資を始めるのか? 自身の投資経歴を元に、投資の思考回路の作り方を、芥川賞作家の羽田圭介さんが話した。(2018/10/9)

恋人にフラれ、自分探しでドイツに 即断即決で進むエッセイ漫画『ハナ、高飛び中です』
人生の参考になる。(2018/10/6)

U&Iターンの理想と現実(49):
徳島編:東京は僕を選ばなかった――Uターンで起業したエンジニアの逆転人生
1DKから脱出できず、満員電車には慣れず、都会の距離感が解せず、友人もできず――「ITエンジニア U&Iターンの理想と現実」。徳島編は「東京に選ばれなかったエンジニア」が、徳島で人生を取り戻すお話です。(2018/10/4)

「自分の人生に責任を持ってしっかり生きて」 つんく、吉澤ひとみ引退後初のブログ更新で思いつづる
言葉が届いてほしい。(2018/10/3)

サダタローの「お仕事サボったろー」:
気分転換したい漫画家、人生初の「Spotify」に心が動く
「できるだけ楽をしてお金を稼ぎたい」。そんな身もふたもないことを堂々と宣言する漫画家が楽しく仕事をサボれるITツールを試していく、そんな連載です。(2018/10/3)

「可愛さの暴力!」「橋本環奈ちゃんかと」 福原遥、人生初の“バッサリカット”で激かわショートボブになる
また新たな魅力を発掘してしまった。(2018/10/2)

アリババ馬雲会長の退任が社会変革もたらすか “カリスマ”の波瀾万丈人生
中国のEC最大手アリババグループのジャック・マー会長が9月10日、1年後に退任すると発表した。一代で世界的企業を作り上げたカリスマ創業者の引退は、中国の起業家らに驚きを与えている。(2018/10/2)

研究者の人生はエゴイスティック:
本庶佑氏「患者に『あんたのおかげ』と言われる以上の幸せない」 ノーベル賞、京大で会見
「私は幸福な人間だ」。免疫を抑制するタンパク質「PD−1」を発見し、がん免疫治療薬「オプジーボ」の開発につなげた本庶佑(ほんじょ・たすく)京都大特別教授(76)が1日、ノーベル医学・生理学賞の受賞決定を受け、京都大で会見した。患者を救いたいと医師を目指し、画期的な免疫療法を確立、がん治療に新たな道を開いた本庶さん。「研究者の人生はエゴイスティック」と語っていた日本が誇る“知の重鎮”は、研究者として最高の栄誉に輝いた喜びを語った。(2018/10/2)

定年後もキャリアを築けるか:
「人生100年時代」の働き方に社会人の8割が「不安」 その理由は……?
人材会社アデコが「人生100年時代」におけるキャリアに関する意識調査を実施。8割の人が自身のキャリアに不安を抱いている実態が浮かび上がった。(2018/9/27)

「遊びは将来の役に立つ」 両親の教育方針が人生に与えた影響を分析したエッセイ漫画が話題に
芸は身を助く。(2018/9/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。