「人生」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「人生」に関する情報が集まったページです。

@ITセキュリティセミナー2018.6-7:
経営陣の危機意識の改善、人材不足/スキルアップはどうすればいい?――セキュリティ人生相談
@ITは、2018年7月24日、札幌で「@ITセキュリティセミナー」を開催した。本稿では、内閣サイバーセキュリティセンターと金融ISACの講演「セキュリティ人生相談」の内容をお伝えする。(2018/10/18)

「人生が続く限り芸術家の活動は続く」 芸術家を“あしながおじさん”が月額で支援 ピクスタが新サービス
ストックフォトサービスを運営するピクスタが芸術家の継続的な創作活動を支援するサービス「mecelo」(メセロ)の提供を開始した。芸術家が継続して活動できるよう“小さなあしながおじさん”を募る。(2018/10/18)

街づくり構想:
野村不が掲げる新・街づくり構想「BE UNITED構想」、プラウドシティ日吉に初導入
野村不動産グループは、将来迎える“人生100年時代”を見据え、新たな街づくり構想「BE UNITED構想」を発表した。BE UNITED構想は、5つの街づくり活動「ACTO」で具体的に推進される。第1号物件として、横浜市で計画されている大規模複合施設「プラウドシティ日吉」にこの理念を導入する。(2018/10/12)

浅野忠信、デビュー当時の写真とともに役者人生30周年を迎える 中村獅童や大森南朋からも祝いの言葉
おめでとうございます!(2018/10/11)

「うっうっ(涙)」「もう無理かも…」 “残念すぎるネコ”のLINEスタンプが人生のいろいろな場面で使えそう
見ているとジワジワくるネコさんたちです。(2018/10/11)

人生を知るほど、人生は輝く。:
「MINI」に“洗練された大人向け”特別仕様車 深い赤色で人生を表現
BMWが「MINI」の特別仕様車「MINI Burgundy Edition」を台数限定で発売。「人生を知るほど、人生は輝く。」がテーマ。深みのある限定色「ピュア・バーガンディー・メタリック」をボディーカラーに採用した。(2018/10/9)

若いうちから少しづつ投資すべき理由:
芥川賞作家・羽田圭介さんが説く「投資の思考回路」の作り方
人生100年時代というのは、定年退職してから退職金を資産運用して暮らしていこうと思っても遅すぎる時代に入ったということを意味する。では、若いうちからどのようにして投資を始めるのか? 自身の投資経歴を元に、投資の思考回路の作り方を、芥川賞作家の羽田圭介さんが話した。(2018/10/9)

恋人にフラれ、自分探しでドイツに 即断即決で進むエッセイ漫画『ハナ、高飛び中です』
人生の参考になる。(2018/10/6)

U&Iターンの理想と現実(49):
徳島編:東京は僕を選ばなかった――Uターンで起業したエンジニアの逆転人生
1DKから脱出できず、満員電車には慣れず、都会の距離感が解せず、友人もできず――「ITエンジニア U&Iターンの理想と現実」。徳島編は「東京に選ばれなかったエンジニア」が、徳島で人生を取り戻すお話です。(2018/10/4)

「自分の人生に責任を持ってしっかり生きて」 つんく、吉澤ひとみ引退後初のブログ更新で思いつづる
言葉が届いてほしい。(2018/10/3)

サダタローの「お仕事サボったろー」:
気分転換したい漫画家、人生初の「Spotify」に心が動く
「できるだけ楽をしてお金を稼ぎたい」。そんな身もふたもないことを堂々と宣言する漫画家が楽しく仕事をサボれるITツールを試していく、そんな連載です。(2018/10/3)

「可愛さの暴力!」「橋本環奈ちゃんかと」 福原遥、人生初の“バッサリカット”で激かわショートボブになる
また新たな魅力を発掘してしまった。(2018/10/2)

アリババ馬雲会長の退任が社会変革もたらすか “カリスマ”の波瀾万丈人生
中国のEC最大手アリババグループのジャック・マー会長が9月10日、1年後に退任すると発表した。一代で世界的企業を作り上げたカリスマ創業者の引退は、中国の起業家らに驚きを与えている。(2018/10/2)

研究者の人生はエゴイスティック:
本庶佑氏「患者に『あんたのおかげ』と言われる以上の幸せない」 ノーベル賞、京大で会見
「私は幸福な人間だ」。免疫を抑制するタンパク質「PD−1」を発見し、がん免疫治療薬「オプジーボ」の開発につなげた本庶佑(ほんじょ・たすく)京都大特別教授(76)が1日、ノーベル医学・生理学賞の受賞決定を受け、京都大で会見した。患者を救いたいと医師を目指し、画期的な免疫療法を確立、がん治療に新たな道を開いた本庶さん。「研究者の人生はエゴイスティック」と語っていた日本が誇る“知の重鎮”は、研究者として最高の栄誉に輝いた喜びを語った。(2018/10/2)

定年後もキャリアを築けるか:
「人生100年時代」の働き方に社会人の8割が「不安」 その理由は……?
人材会社アデコが「人生100年時代」におけるキャリアに関する意識調査を実施。8割の人が自身のキャリアに不安を抱いている実態が浮かび上がった。(2018/9/27)

「遊びは将来の役に立つ」 両親の教育方針が人生に与えた影響を分析したエッセイ漫画が話題に
芸は身を助く。(2018/9/27)

「死ぬ前にお前ともう一度『バキ』の話がしたい」 死期を悟った男が親友と語り合う漫画が深い
人生の終末に好きな漫画の話を交わせる――そんな友人がいることのすばらしさよ。(2018/9/23)

デカ猫「モフ田」の日常は癒やしでいっぱい! ブラック企業の社員が猫になって人生が変わった漫画が人類の夢
モフ田がいるだけで世界に幸せが満ちています。(2018/9/23)

「戦争中も、ずっと手放さなず」 黒柳徹子の人生に寄り添ってきた“間違ったパンダ”のぬいぐるみ、日本で一番古い可能性
付喪神に近づきつつある。(2018/9/21)

「自分には競技しかない」は本当か:
元阪神タイガース投手の公認会計士が「アスリートの人生設計」を本気で手伝う理由
アスリートデュアルキャリア推進機構(ADCPA)の奥村武博代表理事が、9月20日に会見を開催し、今後の戦略を発表した。同機構はスポーツ選手のキャリア形成を支援している。これからどのようなことに取り組んでいくのだろうか。(2018/9/21)

ポケモンのライチュウとただ生活する漫画 「かわいい」「飼ってみたい」とポケモンとの人生を夢見る人続出
ただ生活するだけで、きっと幸せ。(2018/9/19)

最も長いのは:
あなたは何歳まで生きたいですか? 寿命への意識と平均寿命のギャップ
「人生100年時代がやって来る」と言われているなかで、何歳まで生きたいと思っている人が多いのだろうか。20〜70代の男女に聞いたところ、20代が77.5歳と最も短いことが分かった。メットライフ生命保険調べ。(2018/9/17)

「とうとう仕事で先に着ちゃったよね〜」 平野ノラ、人生初のウエディングドレス姿がゲロマブいい女!
ゲロマブ姿にはっとして、Good!(2018/9/16)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
“めんどくさい女性”が働き方改革の救世主? 「ババア活用」のススメ
働き方改革を実感していない人が多いのは、「人生の邪魔をしない職場づくり」ができていないから。どうすればいいのでしょうか? 「細かい、おせっかい、空気を読まない面倒くさい人=ババア」が救世主になるのです。(2018/9/14)

深海生物との出会いが少年の人生を変えた 幻想的な風景に命への思いが交錯する漫画『マグメル深海水族館』
深海に届いた光はきっと心にも届く。(2018/9/9)

『自分の腕を切り落とし、目を抉り出し、頭を叩き潰し……』 人生から将棋を消し去ろうとした瀬川晶司は、なぜ再びプロ棋士を目指したのか?
遠回りをしたから気付けたこと。(2018/9/8)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
どん底に追い込まれたから大逆転がある――日清食品 執行役員 CIOグループ情報責任者 喜多羅滋夫氏
P&G、フィリップモリスジャパンなど、外資系企業の日本法人のシステム部門を経て、日清食品でCIOを務める喜多羅滋夫氏。華やかな経歴を持ちながら、実は「紆余曲折あっての人生」だったという喜多羅氏が語るITエンジニアの成長の糧となる挑戦やキャリア形成のコツとは。(2018/9/7)

「LA-MULANA 2」レビュー:
「LA-MULANA(ラ・ムラーナ)」というゲームのこと、1人のゲームライターの人生のこと
「LA-MULANA」と出会っていなかったら、多分今こうしてここにいることはなかったかもしれない、という話。(2018/8/17)

どう生きるか:
長寿は目的ではない 「人生100年時代」の憂慮
日本では長寿時代に向けて、教育、雇用、社会保障などのあり方が見直されている。年金財源が厳しくなり、わたしたちは一層長く働き続けることが求められる。退職後に元気に過ごせる時間が短くなる可能性もあり、人生の高齢期を本当に楽しむためには、健康増進や体力維持が欠かせないのだ。(2018/8/13)

miwa、人生で1番長い髪をバッサリカットでアップデート! “初ショートカット”姿に「衝撃!」の声
一体何センチ切ったんだ。(2018/8/12)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
人生100年時代! 仕事を続けられる人になる3つのポイント
働きがいを持って長く「仕事を続けられる人」になるには、どのようにキャリアや働き方を変えていけばよいのだろうか。(2018/8/9)

つらい人生に「ログインボーナス」を 毎日を生き抜くためのライフハックに前向きになれそう
誕生日ボーナスもほしい。(2018/8/5)

今日のリサーチ:
人生100年時代、「100歳まで生きたい」人はわずか2割――アクサ生命保険調べ
アクサ生命保険は、「人生100年時代に関する意識調査」を実施しました。(2018/7/30)

乾巧のように手首をビシッ 伊達さんのようにコイントス ガチな仮面ライダーオタの少女と仲良くなりたい漫画
女の子とライダー談義がしたい人生だった。(2018/7/27)

ブラック企業の社員が猫になったら人生変わった―― 朝起きたらモフモフの猫になっていた漫画が「和む」と人気
猫になりたい人生だった……。(2018/7/23)

テストが「70点台ギリギリ」でショック 進研ゼミ漫画のあるある展開に「低くねーよ!」と全力でツッコミを入れる漫画
進研ゼミの主人公はなぜあんなに人生が充実しているのだろう。(2018/7/24)

守護天使が男の子の人生を見守る漫画が切なくもほっこり いつか気づかなくなる優しい存在にありがとう
そっと寄り添って温かい気持ちになるお話です。(2018/7/22)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
スケジュールは、未来の予想図であり、出世の計画書だ
時間を制するものが人生を制する。(2018/7/19)

連載 熱きシニアたちの「転機」:
“リーマンショック解雇”を機にフレンチの道へ 元外資金融マンが描く「第3の人生」
定年後を見据えて「攻めの50代」をどう生きるのか。新天地を求めてキャリアチェンジした「熱きシニアたち」の転機(ターニングポイント)に迫る。2回目はリーマンショックで「クビ」を告げられ、一念発起してビストロを開業した元外資金融マンの両角太郎さん(54)。(2018/7/19)

「万引き家族」是枝裕和監督の最新作、日仏合作で2019年公開へ 主演にフランスの至宝カトリーヌ・ドヌーヴ
フランスの往年の大女優が見せる家族の葛藤の物語。ねえ、ママ。教えて。人生って楽しい?(2018/7/16)

「あいのり会」に参加した桃、ヒデやクロら仲間と盛り上がるも 「バツイチ組は3人」「整形組は2人…」
人生いろいろ。(2018/7/15)

「ガラスの靴、クッソいてぇ」 物語を何百回も繰り返したシンデレラが得た“幸せ”の結論とは?
人生って難しい。(2018/7/13)

史上初「人生ゲーム日本一決定戦」 優勝者には「人生ゲーム紙幣の肖像になれる権」
タカラトミーは「人生ゲーム」の発売50周年を記念して、初の「人生ゲーム日本一決定戦」を開催する。優勝者にはラスベガスツアーや「人生ゲーム紙幣の肖像になれる権」が贈られる。(2018/7/12)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
定年を正しく理解し、その対応を間違わないように
人生は登山のようなものである。上りは苦しいが頂上という目標がある。下山は達成感があり、楽だし、景色も楽しめる。定年は頂上で中間点である。楽しく下山するためにはどのように過ごせばいいのだろうか?(2018/7/12)

「3か月」の使い方で人生は変わる:
成功体験は「3か月」でつくることができる
3カ月間、1つのテーマに集中して取り組むことで、誰でもイノベーションを起こせる――。freeeの創業者で代表取締役CEOを務める佐々木大輔氏が説く、仕事と人生をガラリと変える時間術「3か月ルール」とは。(2018/7/5)

常にハイライト:
プロ野球選手からビジネスマンに “生涯現役”貫く江尻慎太郎さんの人生
2001年にドラフトで日本ハムファイターズに入団。その後、横浜ベイスターズ、福岡ソフトバンクホークスでプロ野球選手としてのキャリアを過ごした江尻慎太郎さん。現役引退後、彼が選んだ道はビジネスマンだった。江尻さんの仕事観、人生観に迫った。(2018/7/3)

コンピュータ将棋が変えた人生――「プロの先を行く研究」で知られるアマチュア・suimonに聞く情熱の源泉
コンピュータ将棋によって人生が変わった、あるアマチュアプレイヤーの話。(2018/7/2)

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:
私の働き方と人生を一変させた、ある先輩の痛烈な一言
仕事は上司の期待値の1〜2%上をいく、ポイントを押さえてそつなく、効率よくこなせばOK――そんなふうに考えていた新入社員時代のある日、先輩からくらった強烈な一言をきっかけに、著者の身に起こったこととは?(2018/6/29)

河北麻友子が人生初のショートヘア 胸元まであった髪をばっさりカット
短いのもあり。(2018/6/28)

人気ラノベがアニメ化中止……原因は作者の過去のヘイト発言 「当然」か「やりすぎ」か
人気ライトノベル「二度目の人生を異世界で」のアニメ化が中止となり、これまでに刊行された18巻も出荷停止となった。作者のまいん氏が約5年前にTwitterでヘイト発言を繰り返していたことなどがネット上で問題視され、炎上したことが原因だ。(2018/6/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。