「経営」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

世界を読み解くニュース・サロン:
日本人が知らない「ゴッドファーザー」の世界 末裔が語る“マフィアの掟”
映画『ゴッドファーザー』のモデルになったマフィアのボス。その末裔が日本でイタリア料理店を経営している。彼が自身の人生をまとめた著書を出版した。そこから、現代のマフィア事情が見えてくる。(2018/6/21)

コンサルは見た! オープンソースの掟(3):
あまっあまのスイーツ社長なんて、大手に利用されて当然よ!
アンタ、本当に経営者?――大手カーナビベンダーの女性部長から契約打ち切りを告げられたカーナビソフト開発会社社長の三浦は、解決策を相談しに訪問した先でも、気の強そうな女性コンサルタントに頭ごなしに怒鳴られてしまった。(2018/6/21)

カシオ会長・樫尾和雄氏が死去 個人向け電卓を開発、Gショック主導
カシオ計算機は19日、創業4兄弟の三男で27年間にわたり経営トップを務めた樫尾和雄会長が18日死去したと発表した。89歳だった。(2018/6/20)

太陽光:
太陽光で工場・ビルの省エネ、経営者の6割が「意義あり」
ソーラーフロンティアが工場・ビルなどの自社施設を保有する経営者・管理職を対象に独自調査を実施。経営者・管理職の約6割が太陽光発電の導入による消費電力の削減に意義を感じていると回答した。(2018/6/20)

移行も簡単でコストも削減、って本当?
五味ちゃんが教える「永遠にWindowsサポート終了がなくなる」方法とは
2020年の「Windows 7」と「Office 2010」サポート終了を前に「サポート終了なんて永遠になくなればいいのに」と嘆く経営者もいるだろう。そんな無謀な望みは実現するのか?(2018/6/20)

ベールを脱いだ“ユニコーン”:
フリマアプリを全世界に――時価総額7000億円、メルカリの「次なる野望」
メルカリが東証マザーズに上場。株価(終値)は、公開価格の3000円を大きく上回る5300円、時価総額は7172億5600万円に上った。同社の経営陣が会見を開き、今後の展望を語った。(2018/6/19)

株価は……:
ブロックチェーンなどに最大200億円投資 インフォテリア、中計を発表
ソフト開発などを手掛けるインフォテリアは6月18日、2020年まで3カ年の中期経営計画を発表した。研究開発やM&A(企業合併・買収)などに積極的に投資する考えで、その1つにブロックチェーン(分散型取引台帳)を挙げた。(2018/6/19)

仮想通貨トレーダーが指南:
ビットコインではなくイーサリアムに投資すべき? 3つの理由
米投資機関Brian Kelly Capitalのブライアン・ケリーCEO(最高経営責任者)は6月15日、現時点ではビットコインよりイーサリアムの方が幾分か優れているとの見方を示した。その3つの理由を米CNBCで明かした。(2018/6/19)

VW構造改革に影響:
アウディCEO逮捕  ディーゼル不正巡り
ドイツの高級自動車ブランド、Audi(アウディ)のルパート・シュタートラー最高経営責任者(CEO)が逮捕された。(2018/6/19)

ギブソン、サカエ……楽器の老舗が破綻 良い楽器も売れない時代、「けいおん!」も効果なし
世界的な老舗楽器メーカーの経営難が相次いでいる。米老舗ギターメーカー、ギブソンが破産法の適用を申請したほか、ドラムメーカー、サカエリズム楽器も債務整理手続きを開始。楽器が売れない時代になったのだろうか。(2018/6/19)

ビジネスの裏側:
ギブソン、サカエ……ドラム、ギターの老舗が破綻 良い楽器を作っても売れない時代か……
世界的な老舗楽器メーカーの経営難が相次いでいる。「レスポール」で有名な米老舗ギターメーカー、ギブソン・ブランズは5月、破産法の適用を申請。(2018/6/19)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(41):
「経営に寄与する」インフラ運用の在り方とは? SREに学ぶ情シスの新しい役割
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第41弾は「情シスに求められる『SRE』という新たな役割」だ。IT活用の在り方がビジネスの差別化要素となっている中で、インフラ運用者にはどのような役割の変革が求められているのか、その具体像をまとめた。(2018/6/19)

Weekly Memo:
Fintech企業は脅威ではなく仲間――三菱UFJ銀行の経営トップが語る「デジタル変革」への覚悟
日本IBMが先週開催した自社イベントで、三菱UFJ銀行の経営トップが「デジタル変革」について講演した。その内容を基に金融サービスの今後について考察したい。(2018/6/18)

イーロン・マスク氏のトンネル事業、次はシカゴの空港-市街地間を掘削
TeslaやSpaceXを経営するイーロン・マスク氏のトンネル掘削企業The Boring Companyがシカゴ市と契約し、オヘア空港と市街地を結ぶトンネル交通サービス「The Chicago Express Loop」を開発すると発表した。(2018/6/14)

ゲームバー経営者ら4人逮捕 家庭用ゲームを無断で商用利用 「警告無視で悪質」
京都府と兵庫県のゲームバー経営者ら4人が、著作権法違反(上映権の侵害)の疑いで逮捕された。家庭用ゲームソフトを客に遊戯させて無断上映していたという。(2018/6/13)

「ゲームバー」経営者計4人が神戸と京都で逮捕 「マリカー」「スプラトゥーン」「モンハン」など無断上映
警告を無視して営業を続けていました。(2018/6/13)

ニュースの深層:
病院悲鳴! 訪日外国人の医療費未払い続出で「経営圧迫」 一人数百万円も……
訪日客の増加を受け、けがや病気で病院を受診した外国人患者が医療費を支払わないケースが続出している。(2018/6/13)

大山聡の業界スコープ(6):
日系大手電機メーカー8社の今後を占う
日系各社は中長期的な戦略を立案する上でさまざまな課題を抱えている企業が多いように思う。経営陣と現場のコミュニケーションが十分に取れていないことが原因ではないか、と思われるフシが散見されるのだ。電機大手各社を例にとって、過去10年間の変遷を見ながら、各社がどのような経営を行ってきたのか。そして、今後の見通しはどうなのか、について考えてみたい。(2018/6/13)

プロダクションアイムズが経営破綻 「ハイスクール・フリート」「いなり、こんこん、恋いろは。」など手掛ける
一部関係者に代理人からの通知が届き始めたことで話題になっていました。(2018/6/11)

米政府、ZTEへの制裁解除で合意──10億ドルの罰金や経営陣刷新などの条件
米商務省が、4月に中国ZTEに課した制裁を介助することで合意したと発表した。条件は10億ドルの罰金支払いや経営陣の30日以内の刷新など。これでZTEは米製部品の購入を再開できる見込み。(2018/6/8)

ルネサスとJDI、「日の丸再編」で明暗 改革主導キーマンの存在大
産業革新機構が支援した「日の丸再編」で明暗が分かれている。ルネサスエレクトロニクスは革新機構による保有株の売却が進み、経営再建が最終段階に入る一方、ジャパンディスプレイ過去最大となる赤字を計上するなど綱渡りの経営が続く。(2018/6/8)

エバンジェリスト澤氏が伝える「意識改革」:
働き方改革は、経営層の固定観念を壊す「攻城戦」 君たちはその「参謀」になれ
社会的な関心が高まる一方で、現実はイメージと全く違うものになってしまうことも多い「働き方改革」。どうすれば本当に改革できるのか。日本マイクロソフトのエバンジェリスト澤氏は、そのための動き方を、経営層の固定観念を崩す「攻城戦」に例えて説明した。(2018/6/8)

製造マネジメントニュース:
ダイキンも「コト」売りへ、空調ソリューションの提供に向けIoTとAIに注力
ダイキン工業が2020年度を最終年度とする戦略経営計画「FUSION20」の後半計画(2018〜2020年度)について説明。2018年度の業績見通しである売上高2兆4800億円、営業利益2700億円に対して、2020年度には売上高2兆9000億円、営業利益3480億円まで伸ばす計画である。(2018/6/7)

「プロ経営者」インタビュー【特別編】:
「経営のカリスマ」カルビー松本会長に聞く、RIZAPにコミットする理由
日本を代表する経営者として知られる、カルビー会長 兼 CEO の松本晃氏。松本氏はなぜ、カルビーを去り、RIZAPグループに入ることを決めたのか。インタビューで経緯と今後の展望を聞いた。(2018/6/6)

ブランド引き継ぎ:
「シャープのdynabook」誕生へ 経営再建進みPC再参入
シャープは買収した東芝のPC事業を、AIやIoT事業の強化に活用する。(2018/6/5)

「プロ経営者」インタビュー【後編】:
残業手当はすぐになくしたほうがいい カルビー・松本会長
日本を代表する「プロ経営者」として、さまざまな経営改革を推進してきたカルビーの松本晃会長兼CEO。働き方改革にまつわる日本企業の問題点について、真っ先に「残業手当」を挙げる。(2018/6/5)

最強のビジネスパーソンは「戦わずして勝つ」 そのたった1つの方法
ゴリラはドラミングをして、互いの種を攻撃しあうことを避けるのと同様に、真に賢い人間は、無駄な敵は作らない――。そこに、多くの経営者が持つ魅力の証しがあるのではないか。(2018/6/5)

経済インサイド:
新日鉄住金が誕生からわずか5年半で「日本製鉄」へ 社名変更決断の背景
新日鉄住金が、来年4月1日付で社名を「日本製鉄」に変更すると5月中旬に発表した。平成24年10月に旧新日本製鉄と旧住友金属工業が経営統合して誕生した国内鉄鋼最大手は、わずか5年半で社名変更を決断し、住友グループの名門「住金」の称号は“消滅”することになった。(2018/6/5)

「プロ経営者」インタビュー【前編】:
社員の働き方を変える実にシンプルな方法 カルビー・松本会長
「プロ経営者」として日本を代表するカルビーの松本晃会長兼CEO。今月末でカルビーの会長職を退任予定の松本氏に、同社での9年間を振り返ってもらうとともに、注力した働き方改革についてインタビューした。(2018/6/4)

東芝Nextプラン:
黒字の東芝、メモリ単体で売上高1兆円超え「メモリ事業売却の失敗は考えていない」
東芝が2018年3月期(2017年度)通期決算と中期経営計画を発表した。好調のメモリ事業については「事業売却の失敗は考えていない」と売却に向けた手続きは順調であるとの姿勢を強調した。(2018/6/1)

シンポジウムで識者が提言:
「若手をすぐ見捨てる」「極端な成果主義」――こんな会社は生き残れない
シンポジウム「企業の成長戦略に不可欠な“人が育つ仕組み”」が開催。基調講演には法政大学経営大学院の藤村博之教授が登壇。日本企業の課題の根源について語った。(2018/6/1)

客離れに歯止めかけられず:
シダックス、カラオケ事業から事実上撤退 「カラオケ館」運営元に譲渡
シダックスが、カラオケ事業から事実上撤退する方針を発表。「カラオケ館」運営元のB&Vに譲渡する。今後は、企業の給食事業などに経営資源を集中する。(2018/5/31)

小説「家族輪舞曲(ロンド)」がヒット:
作家・椎名桜子氏の個人事務所「オフィシャル・タブー」破産
椎名桜子氏が代表を務める編プロ「オフィシャル・タブー」が破産。椎名氏は小説「家族輪舞曲(ロンド)」のヒットで知られる。以降はヒット作に恵まれなかった影響で経営が悪化していたという。(2018/5/30)

Intelの光トランシーバーなど:
微細化から脱却を、成長の鍵は“異種統合”
台湾のEtron Technologyの創設者であり、チェアマン兼CEO(最高経営責任者)を務めるNicky Lu氏は、以前から「Heterogeneous Integration(以下、HI)」を提唱してきた。「HI」とは、どのようなものなのだろうか。(2018/5/30)

工務店が開発した図面をなぞるだけの積算ソフト
グループ内で工務店を経営している理世化学は、設計図面をスキャンしてなぞるだけで、住宅1棟分を自動積算できる「ズカラカズ(zukarakazu)」を開発した。(2018/5/30)

今日のリサーチ:
CDO(最高データ責任者)の経営への関与が増大、予算平均は800万ドルに――ガートナー調査
ガートナーは、最高データ責任者や最高アナリティクス責任者を対象として調査を実施した「ガートナー CDOサーベイ」の結果を発表しました。(2018/5/30)

アクセンチュア調査:
産業機器業界でも進むAI導入、ただし「大規模な実行」の実現は1%
多くの企業において「AI導入」は検討されているが、ビジョンの構築や経営資源の投入といった段階には達しておらず、AIを前提とした大規模な実行には程遠いとの調査結果をアクセンチュアが発表した。(2018/5/30)

データサイエンティストが活躍する現場(1):
「データサイエンティストは経営幹部候補」? コニカミノルタジャパンとNTTドコモが語るキャリア
データサイエンティストが活躍する現場とはどのようなものなのか。2018年5月に開催された「SAS FORUM JAPAN 2018」で、データ分析関連人材の雇用や養成に積極的な企業のデータ関連部署担当者やデータサイエンティストが集まり、各社の事業におけるデータ分析の役割や、データ分析スペシャリストのキャリアについて、学生に向けて4セッション、約4時間にわたって説明した。本記事では、これらのセッションのうち、コニカミノルタジャパンとNTTドコモの講演をリポートする。(2018/5/30)

A.T. カーニーの年次調査:
世界都市ランキング、東京は6年連続で……
経営コンサルティング会社のA.T. カーニーは、毎年実施するグローバル都市調査の最新結果を発表した。(2018/5/29)

らでぃっしゅぼーやとの経営統合に向け:
オイシックスドット大地、社名を「オイシックス・ラ・大地」に変更
オイシックスドット大地が社名を「オイシックス・ラ・大地」に変更。らでぃっしゅぼーやとの経営統合に先駆けて7月1日付に変更する予定。(2018/5/24)

ソニー、スマホ立て直しに総力戦 事業継続の理由は「5G」
ソニーが中期経営計画を発表。赤字に陥っているスマートフォン事業のてこ入れ策については明確な戦略にまで踏み込んでおらず、どう乗り切るかが課題だ。(2018/5/24)

他山の石に:
日大アメフトの悪質タックル問題 経営者はこれを冷静に見ていられるのか
日大アメフト選手の悪質なタックルが監督からの指示だったとして、大きな問題となっている。こうしたパワハラ行為は、企業においても決して軽視できない。経営トップから不正を強要される社員が相次いでいるからだ。(2018/5/24)

経済インサイド:
3メガバンク「気候変動リスク」情報を初開示へ……高効率の石炭火力発電融資など?座礁?懸念
三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)、三井住友FG、みずほFGの3メガバンクが7月にも公表する報告書で、気候変動が経営に与えるリスク情報を初めて開示することが23日、分かった。(2018/5/24)

PS4のライフサイクルは後半:
中計の減益計画、「将来への準備期間」=ソニーゲーム子会社社長
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の小寺剛社長が、2021年3月期を最終期とする中期経営計画でゲーム事業が減益計画となったことについて説明。(2018/5/23)

ソニー新中計、3年で設備投資1兆円 自動運転車向け画像処理センサー中心
2021年3月期までの3カ年の中期経営計画を発表した。(2018/5/23)

製造マネジメントニュース:
「感動」を再定義、ソニーが考える“インターネットの脅威”の乗り越え方
ソニーは2018年5月22日、新たに吉田憲一郎氏が代表取締役社長 兼 CEOになって初となる、2019年3月期(2018年度)〜2021年3月期(2020年度)の中期経営計画を発表。3年間の累計営業キャッシュフローを前3カ年比で5000億円以上増加させ、2兆円を目指すとした。(2018/5/23)

スルガ銀行:
「かぼちゃの馬車」めぐり私文書変造罪で告発状 ずさん融資で
不動産会社「スマートデイズ」(東京都、経営破綻)が運営していた女性専用のシェアハウス「かぼちゃの馬車」向けのずさんな融資問題で、物件のオーナーがスルガ銀行(静岡県)から融資を受ける際に行員らが審査書類を改竄(かいざん)した疑いがあるとして、オーナーの弁護団が22日、有印私文書変造などの罪で告発状を提出するため警視庁を訪れた。(2018/5/23)

Xperia不調の要因は「商品力強化の遅れ」 IR Day 2018で語られた、復権への道筋
ソニーが2018〜2020年度の中期経営方針を発表。あらためて「感動」と「人に近づく」を重視することを表明。苦戦を強いられているスマートフォン事業では、商品力を強化し、開発の効率化とスピードアップを目指す。(2018/5/22)

イメージセンサーへの積極投資継続:
ソニーが中計発表、センシングでも世界一を目指す
ソニーは2018年5月22日、2018年度(2019年3月期)から2020年度(2021年3月期)までの3年間の中期経営計画を発表した。同計画では、金融部門を除くソニーグループとして3年間で累計1兆円の設備投資を実施するとし、「設備投資の最大項目はCMOSイメージセンサー」(社長兼CEO 吉田憲一郎氏)と半導体事業への積極投資を継続する姿勢を打ち出した。(2018/5/22)

後任はソロモンCOO:
米GSのブランクファインCEO、12月に退任 ビットコインには否定的だった……?
米Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)のロイド・ブランクファインCEO(最高経営責任者)が12月に退任し、その後任はデービッド・M・ソロモン社長兼COO(最高執行責任者)が務めると、The New York Timesが5月18日に関係者による情報として報じた。(2018/5/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。