「ヤマザキマザック」最新記事一覧

関連キーワード

ヤマザキマザック HCR-5000S:
航空機部品などの高精度加工に適した同時5軸横形マシニングセンタ
ヤマザキマザックは、航空機部品などの高速で高精度加工を可能にする、同時5軸横形マシニングセンタ「HCR-5000S」を発表した。(2017/10/26)

サービス、ソリューション指向を強める:
シスコの2018年度における国内事業の前提が、これまでと異なる理由
Cisco Systemsの日本法人、シスコシステムズは2017年10月18日、同社の2018会計年度における国内事業戦略を説明した。同社の新年度はこれまでと前提が異なる。本社が過去1年にわたり、発表してきた製品群により、従来とは異なる展開が可能になるからだ。(2017/10/23)

ヤマザキマザック VARIAXIS i-300 AWC:
多品種少量生産を行う自動化システムへのニーズに応える同時5軸加工機
ヤマザキマザックは、自動化システム一体化型の同時5軸加工機「VARIAXIS i-300 AWC」を発売した。(2017/10/19)

FAニュース:
航空機部品の高精度加工を可能にする同時5軸横形マシニングセンタ
ヤマザキマザックは、航空機部品などの高速で高精度加工を可能にする、同時5軸横形マシニングセンタ「HCR-5000S」を発表した。横形マシニングセンタと同時5軸加工機のノウハウが盛り込まれている。(2017/10/13)

ヤマザキマザック UD-400/5X:
金型や医療機器部品などの微細・精密加工に特化した同時5軸加工機
ヤマザキマザックは、金型や医療機器部品などの微細・精密加工に特化した同時5軸加工機「UD-400/5X」を発表した。(2017/10/12)

FAニュース:
多品種少量生産に1台で対応、自動化システム一体化型の同時5軸加工機
ヤマザキマザックは、自動化システム一体化型の同時5軸加工機「VARIAXIS i-300 AWC」を発表した。多段ワークストッカーと拡張型工具マガジンを搭載し、省スペースで多品種少量生産に対応する。(2017/10/6)

ヤマザキマザック INTEGREX i-500:
直径700mmまでの加工ワークに対応、モジュラーコンセプトを採用した複合加工機
ヤマザキマザックは、複合加工機「INTEGREX i」シリーズの最新版「INTEGREX i-500」を発表した。(2017/10/3)

ヤマザキマザック OPTIPLEX FIBER III(8kW)シリーズ:
8kW発振器搭載ファイバーレーザー加工機、高出力化と送り軸の加速度向上を実現
ヤマザキマザックは、8kW発振器を搭載したファイバーレーザー加工機「OPTIPLEX FIBER III(8kW)」シリーズを発表した。(2017/9/28)

FAニュース:
微細・精密加工に特化した超高精度同時5軸加工機
ヤマザキマザックは、金型や医療機器部品などの微細・精密加工に特化した同時5軸加工機「UD-400/5X」を発表した。構造・機能面で高剛性化や熱変位対策が図られ、高速での連続稼働時にも高い加工精度を保つ。(2017/9/27)

FAニュース:
モジュラーコンセプト採用、最大直径700mmの加工ワークに対応可能な複合加工機
ヤマザキマザックは、複合加工機「INTEGREX i」シリーズの最新版「INTEGREX i-500」を発表した。最大直径700mmまでの加工ワークに対応可能で、全長を短縮したコンパクトミル主軸を採用し、生産性の向上と加工領域の拡大を達成した。(2017/9/20)

FAニュース:
8kW発振器を搭載した高出力ファイバーレーザー加工機
ヤマザキマザックは、8kW発振器を搭載したファイバーレーザー加工機「OPTIPLEX FIBER III(8kW)」シリーズを発表した。高出力化と送り軸の加速度向上により、生産性が大幅に向上。厚板軟鋼の窒素加工にも対応する。(2017/9/13)

ヤマザキマザック MEGA TURN 400:
さまざまな形状のブレーキディスクを量産加工できる立形CNC旋盤
ヤマザキマザックは、立形CNC旋盤「MEGA TURN 400」の販売開始を発表した。(2017/8/28)

FAニュース:
ブレーキディスクの量産加工に適したコンパクトな立形CNC旋盤
ヤマザキマザックは、立形CNC旋盤「MEGA TURN 400」を発売した。コンパクトながら、さまざまな形状のブレーキディスクを高速、高精度で量産加工できる。(2017/8/15)

ヤマザキマザック DUAL TURN 200:
最新型CNC装置を新たに搭載した対向2スピンドル2タレットCNC旋盤
ヤマザキマザックは、最新型CNC装置「MAZATROL SmoothC」を搭載した対向2スピンドル2タレットCNC旋盤「DUAL TURN 200」を発売した。(2017/8/14)

FAニュース:
最新型CNC搭載のデュアル旋盤、中小型部品加工の工程集約を実現
ヤマザキマザックは最新型CNC装置を搭載した対向2スピンドル2タレットCNC旋盤を発売する。(2017/8/3)

工場ニュース:
2つの生産拠点をデジタル統合、スマートファクトリー化で生産性を1.5倍へ
ヤマザキマザックは、岐阜県美濃加茂市にある2つの生産拠点をデジタル統合し、大規模スマートファクトリー化すると発表した。変化する市場環境に対応し、多品種少量生産を効率的に行い、生産性の1.5倍向上を目指す。(2017/6/6)

成長戦略 民間主導の「第4次産業革命」 規制緩和など政府の後押し鍵
自動運転などの競争領域では既に勝ち残りに向けた投資が活発で、人口減の国内でも購買や配達の自動化など生産性を向上させる活動が急だ。(2017/5/31)

工作機械業界、IoTで進化 故障予防や無人操業に活躍
工作機械メーカー大手が、インターネットにつなぐIoTの導入やロボットの活用による生産設備の自動化に注力している。(2017/5/29)

FAニュース:
工場のスマート化、生産と物流を一体化するパレタイジング自動化システム
ヤマザキマザックは、村田機械と共同開発したパレタイジング自動化システム「MAZATEC SMS」を発売した。工場内の物流を効率化するロジスティクス・ソリューションを提供することで、工場のスマート化を求める顧客のニーズに応える。(2017/4/3)

FAニュース:
高反射材の切断に適したDDL採用のレーザー加工機
ヤマザキマザックは、DDLを採用した新型レーザー加工機「OPTIPLEX 3015 DDL」の国内販売を開始する。加工速度や省エネ性を向上させて、加工の品質向上や高効率化を図った。(2017/3/24)

ヤマザキマザック OPTIPLEX 3015 DDL:
DDL採用の次世代レーザー加工機の国内販売を開始――高速、省エネ、高品位加工を実現
ヤマザキマザックは、次世代レーザー技術であるDDL(Direct Diode Laser)を採用した新型レーザー加工機「OPTIPLEX 3015 DDL」の国内販売開始を発表した。(2017/3/24)

TechFactory通信 編集後記:
素直な発展こそ「3Dプリンタ」の進む道
3Dプリンタ市場は今後も拡大傾向だそうです。(2017/1/14)

FAメルマガ 編集後記:
「足す」と「引く」で最強の金属加工機へ
今まで実現できるモノづくりだけでは“最強”の価値は得られません。(2016/12/2)

JIMTOF2016:
工場をスマート化する“箱”、MT Connectで安全に接続
ヤマザキマザックは「JIMTOF2016」において、新たに国内での展開を開始した「MAZAK SMARTBOX」と、IoTを活用したスマート工場実現に向けた提案を披露した。(2016/11/30)

ヤマザキマザック/シスコシステムズ MAZAK SMARTBOX:
「工作機械」と「通信機器」大手が協業、製造業のIoT化推進を目指す
ヤマザキマザックとシスコシステムズは、製造業のIoT化推進に向けて戦略的協業を発表した。工場内の設備機器を安全にネットワーク接続するための製品や、ビッグデータ解析/生産性向上のためのクラウドサービスなどの開発を進める。(2016/11/30)

JIMTOF2016:
金属3Dプリンタ付き複合加工機で主導権を狙うヤマザキマザック、4方式で存在感
ヤマザキマザックは「JIMTOF2016」において、金属3Dプリンタ付き複合加工機(ハイブリッド複合加工機)のラインアップを大幅に拡充。国産技術「マルチレーザー式金属積層技術」を採用したモデルや、ワイヤアーク式金属積層造形技術を採用したモデルなどをラインアップに加え4方式により“足し引き”を実現する。(2016/11/21)

JIMTOF2016:
オークマが参入した金属3Dプリンタの複合機、工程集約の立役者は柔軟なスポット径
オークマは「JIMTOF2016」において、金属3Dプリンタ機能を備えた複合加工機を出展。ミーリングや旋削、研削加工、焼入れ、金属積層造形などの工程に1台で対応することで工程集約できる利点を訴えた。(2016/11/18)

FAメルマガ 編集後記:
IoT化へ雪崩を打つ工作機械、JIMTOFに見る2年の変化
時代は恐ろしいほどのスピードで変わっていく。(2016/11/18)

製造業IoT:
ヤマザキマザックとシスコが製造業IoTで提携、スマート工場実現を加速
ヤマザキマザックとシスコシステムズは、製造業のIoT化推進と製造業向けのクラウドサービスの開発に向けて協業することを発表した。既に両社は2015年から工作機械をネットワーク環境に接続する「スマートボックス」の共同開発を推進しており、今後はこの枠組みをさらに広げる方針である。(2016/11/17)

JIMTOF2016 開催直前情報:
3Dプリンタ機能を加えた“足し引き自在”の金属加工機投入が本格化
2016年11月17〜22日に東京ビッグサイトで開催される「JIMTOF2016」で注目される技術の1つが、積層と切削の両方の加工が行える複合型の金属加工機である。(2016/11/14)

FAニュース:
金属3Dプリンタ機能を備える複合加工機開発、積層と切削を1台で
オークマは、高精細な金属積層造形を可能にした、レーザー複合加工機「MU-6300V LASER EX」「MULTUS U3000 LASER EX」を開発した。ミーリングや旋削、研削加工、焼入れ、金属積層造形などの工程に1台で対応する。(2016/11/14)

2017年度の事業戦略を発表:
シスコは、ビジネスソリューション提供を具体的にどう進めるか
シスコシステムズ日本法人は、2016年10月12日に、同社の2017年度における事業戦略を発表し、この中で広義のソリューション提供活動を強化していくことを強調した。具体的にはどう進めようとしているのだろうか。(2016/10/13)

ヤマザキマザック Multi Pallet Pool 500:
フロアスペースを従来比約50%削減した多段パレットストッカシステム
ヤマザキマザックは、フロアスペースを従来比約50%削減した多段パレットストッカシステム「MPP 500(Multi Pallet Pool 500)」を発表した。(2016/10/7)

ヤマザキマザック MULTIPLEX W-200/W-200Y:
2スピンドル2タレット搭載の主軸移動型CNC旋盤
ヤマザキマザックは、2スピンドル2タレット(刃物台)を搭載した主軸移動型CNC旋盤「MULTIPLEX W-200」シリーズを発表。同時に、Y軸付きの「MULTIPLEX W-200Y」もラインアップに加えた。(2016/10/5)

FAニュース:
最大18パレットに対応する、多段パレットストッカシステム
ヤマザキマザックは、最大18個のパレットストッカに対応する、多段パレットストッカシステム「MPP 500」を発表した。従来のシステムに比べ、フロアスペースを約50%削減できる。(2016/9/28)

FAニュース:
2つのワークを同時加工できる2スピンドル2タレット搭載のCNC旋盤
ヤマザキマザックは、2スピンドル2タレットを搭載した、主軸移動型CNC旋盤「MULTIPLEX W-200」シリーズを発表した。同時に、Y軸付きの「MULTIPLEX W-200Y」もラインアップした。(2016/9/27)

ヤマザキマザック UN-600/30Vなど:
自動車部品の量産加工ラインに最適な省スペース&高速マシニングセンタ
ヤマザキマザックは、自動車部品の量産加工ライン向けに、高速マシニングセンタの販売を開始した。(2016/8/17)

FAニュース:
自動車部品量産加工向けに省スペースなマシニングセンタ2機種を発売
ヤマザキマザックは、自動車部品の量産加工ライン向けに、高速マシニングセンタ2機種「UN-600/30V」「UN-600/30H」を発売した。機械幅を抑えたことで、省スペースな自動化ラインの構築に対応できる。(2016/8/4)

ママさん設計者の「モノづくり放浪記」(3):
一口に「旋盤」といっても、いろいろあるんです!
ファブレスメーカーのママさん設計者が、機械系モノづくりの“生”現場を渡り歩き、ありとあらゆる加工の世界を分かりやすく解説していく連載。今回は、旋盤加工工場の安曇野ヤマダテクニカルを訪問する!(2016/6/24)

FAニュース:
国内7カ所目のテクノロジーセンタを開設、大型工作機械11台を展示
ヤマザキマザックは、国内7カ所目のテクノロジーセンタとなる「瀬戸内テクノロジーセンタ」を岡山県早島町に開設した。加工実演や技術支援などのサービスを提供し、造船、航空機、産業機械産業に向けた質の高いソリューションの提案を目指す。(2016/5/20)

FAニュース:
ミル主軸にビルトインモータ駆動を採用したCNC旋盤の新シリーズを発売
ヤマザキマザックは、CNC旋盤の最新機種として、「QUICK TURN 200/250/300/350」シリーズを発表した。従来のビルトイン高剛性主軸に加え、新たにミル主軸にもビルトインモータ駆動を採用した。(2016/4/22)

FAニュース:
ミーリング機能を搭載した、CNC複合旋盤のエントリーモデルを発売
ヤマザキマザックは、CNC複合旋盤のエントリーモデル「QT-COMPACT」シリーズを発表した。中軽切削に適したミーリング機能を標準で装備する。(2016/4/21)

ママさん設計者の「モノづくり放浪記」(1):
金属加工の現場の苦労を知ると、公差設計もきちっとしなきゃって思うよね
ファブレスメーカーのママさん設計者が、機械系モノづくりの“生”現場を渡り歩き、ありとあらゆる加工の世界を分かりやすく解説していく連載。今回は15年にわたりCAD/CAMを活用し続ける金属加工業の日本インテックを訪れた。(2016/4/15)

ヤマザキマザック SUPERFLOW V30C-J:
北米3000台以上の納入実績を誇る高圧スルークーラントシステムを国内販売
ヤマザキマザックは、北米で3000台以上の納入実績を持つ、高圧スルークーラントシステム「SUPERFLOW V30C-J」を日本国内で生産・発売する。(2016/3/16)

FAニュース:
クーラント圧0〜7MPaの高圧スルークーラントシステムを国内で発売
ヤマザキマザックは、高圧スルークーラントシステム「SUPERFLOW V30C-J」を日本国内で生産・発売すると発表した。専用のインタフェースで工作機械本体と容易に連携でき、Mコードによってクーラント圧力を0〜7MPaの範囲で設定/制御できる。(2016/3/10)

FAニュース:
ヤマザキマザックがIoT対応スイッチを開発、シスコと協業し米国工場に導入
ヤマザキマザックは、米国シスコと協業し、通信環境を安全に提供するネットワークスイッチ「MAZAK SMARTBOX」を開発した。(2015/11/19)

FAニュース:
高反射材の安定加工を可能にした、ファイバーレーザー加工機を発表
ヤマザキマザックは、新型ファイバーレーザー加工機「OPTIPLEX NEXUS 3015 FIBER」を発表した。従来のモデルでは切削が難しかった、銅・真ちゅう・アルミなどの高反射材も安定して加工できる。(2015/10/26)

FAニュース:
50番主軸搭載の横形マシニングセンタを発表、量産部品加工ラインに対応
ヤマザキマザックは、50番主軸を搭載した横形マシニングセンタ「HCN-5000/50」を発表した。40番主軸と同等の高加減速を備えながら、アルミダイキャストや鋳鉄の中小物部品を大径フライスで加工できる。(2015/10/8)

FAニュース:
旋削機能付き同時5軸加工・高精度多面加工マシニングセンタを発売
ヤマザキマザックは、旋削機能付きの同時5軸加工・高精度多面加工マシニングセンタ「VARIAXIS i-1050T」を発表した。同時5軸加工・高精度多面加工から旋削加工までを1台で完結するため、工程の集約を可能にした。(2015/10/7)

FAニュース:
IoTに対応した対話型CNC装置を開発、工場経営を効率的に支援
ヤマザキマザックは、対話型CNC装置「MAZATROL SmoothG」「MAZATROL SmoothC」を開発した。IoTに対応し、工場経営を効率的に支援するという。(2015/9/29)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。