「マツダ」最新記事一覧

車両デザイン:
マツダの新型SUV「CX-8」のデザインは「時を経ても感性を刺激し続ける先進性」
マツダは、2017年中に発売予定の3列シートクロスオーバーSUV「CX-8」の外観を一部公開した。ミニバン「プレマシー」「ビアンテ」の生産を終了し、3列シートを求める日本市場の需要にはCX-8で応える。国内向けの新世代商品群としては初めて3列シートを採用する。(2017/7/26)

瞬間トラフィックを確実に処理するために
朝日放送が『M-1グランプリ』敗者復活投票システムをAWSで構築、システム停止は許されない
人気番組『M-1グランプリ』の敗者復活制度は、視聴者による投票で成り立っている。システム停止は番組進行に影響を及ぼすため許されない。毎秒数万件のアクセスにも耐え得る仕組みを朝日放送はAWSで構築した。(2017/7/26)

最上位モデルとして:
マツダ、3列シートSUV「CX-8」外観を公開
マツダは、3列シートSUV「CX-8」の外観を一部公開した。年内に発売する予定。(2017/7/25)

自動車開発に欠かせないCAE
コストはオンプレの10倍、それでもマツダが自動車開発にクラウドを検討したワケ
大量のITリソースを用いる場合、クラウド利用はコストメリットに欠ける。だがオンプレミスだけに依存するとビジネス機会を損なう――そう判断したマツダは、リスクマネジメントできる範囲でクラウド利用を検討した。(2017/7/19)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
ポンコツドライバーの運転も広い度量で受け止める? 新型「カムリ」
へなちょこな運転でも快適に走るので、「ボンカレーはどう作ってもうまいのだ」という言葉を思い出しました。(2017/7/12)

テービーテック:
つながる工場の実現を目指すIVIに認められた「設備稼働管理プラットフォーム」
テービーテックの「設備稼働管理プラットフォーム」が「IVIプラットフォーム2017」の1つに選定され、さらに「IVIつながるものづくりアワード2017」で優秀賞に選ばれたワーキンググループ「人と設備が共に成長する工場ものづくり改革」の実証実験においても同プラットフォームが利用された。(2017/7/11)

乗って解説:
スズキのスペシャリティーカー「スイフト」は静岡の味!?
走りにこだわるコンパクトカーとしてクルマ好きから熱い支持を集めるスズキ「スイフト」。走りとデザインにこだわる現行モデルは、電動化や新技術といった“飛び道具”は控えめに、効率的な設計と軽量化というオーソドックスな手法で、真面目かつ爽やかな乗り味のクルマに仕上げた。グレード別に乗り比べ、スイフトの魅力について考えてみた。(2017/7/10)

新燃費方式、「市街地」「郊外」「高速道路」も表示義務付け
乗用車の燃費計測方式「WLTCモード」の表示義務付けに伴い、「市街地」「郊外」「高速道路」という走行環境ごとの燃費表示も義務化される。(2017/7/4)

国内新車販売3年ぶり増加 下期は新型車投入めじろ押し 年間500万台回復へ
上期の登録車の新車販売台数は10.1%増の180万8250台と、上期としては2012年以来5年ぶりに180万台を超えた。(2017/7/4)

LINE Clova:
トヨタがLINEとクルマの音声認識で協業、アップルとグーグルへの対抗意識鮮明に
トヨタ自動車とLINEは、LINEが開発を進めるクラウドAIプラットフォーム「Clova」と、トヨタ自動車などが推進する車載情報機器とスマートフォンアプリの連携規格SDLの活用で協業する。2018年をめどに、Clovaの音声エージェント技術を活用した新しいカーサービスの商品化を目指す。(2017/6/29)

先進安全技術を全車標準に:
マツダ「CX-3」マイナーチェンジ ガソリンモデル追加
マツダがクロスオーバーSUV「CX-3」をマイナーチェンジ。ガソリンエンジンモデルが加わる。(2017/6/28)

クルマから見るデザインの真価(13):
「NDロードスター」と「124スパイダー」から見えてきた、愛車になるための“余白”
4代目となるマツダの「NDロードスター」。2012年発売の「CX-5」から展開されてきた新世代商品群の真打で、初代ロードスターのデビューから25年目での全面改良となった。兄弟車と比較することで、NDロードスターの個性と“余白”が見えてきた。(2017/6/26)

「やせいのポッポがはいってきた!」 窓から車内に入ってくるかわいいスズメが目撃される
大人しくて人懐っこいスズメさんです。(2017/6/25)

JC08からWLTCへ:
車の燃費、主戦場は「実走値」 各社前倒し対応
自動車の燃費表示をより実際の走行値に近づける取り組みが広がりつつある。(2017/6/21)

製造IT導入事例:
自動車部品メーカーが工場見える化、IoTプラットフォームを採用へ
米PTCは、ヒロテックが工場のモニタリングや生産効率、工場品質向上のため、PTCのIoTプラットフォーム「ThingWorx」を選定したと発表した。ダウンタイムの低減や品質向上などの効果が見込まれる。(2017/6/21)

TechFactory 人気記事TOP10【2017年5月版】:
「ドイツからの黒船」はHUD一般化の引き金になるか
コンテンツランキングTOP10、2017年5月は独メーカーによる「デミオ」などへのHUD供給や予断を許さない東芝の状況分析、マイコンメーカーによるLinux推しの理由など、バラエティ豊かな記事が人気を集めました。(2017/6/15)

ダイナミックマップ基盤に:
革新機構や三菱電など7社、自動運転向け地図会社に出資
産業革新機構や三菱電機など7社は、自動運転向け3次元地図データ会社「ダイナミックマップ基盤企画」に出資。(2017/6/14)

革新機構や三菱電機など自動運転向けデジタル地図に出資 DMPの割当引き受け
DMPは国内の高速道路や自動車専用道路のデータを使い、自動運転に欠かせない精度の高い地図情報を提供する考え。(2017/6/14)

自動運転技術:
2018年度までに高精度3次元地図を整備、日本の高速道路全線で
高精度3次元地図の企画会社であるダイナミックマップ基盤企画は、第三者割当増資を実施して事業体制を強化する。事業会社として再スタートを切り、日本国内の高精度3次元地図の整備を急ぐ。(2017/6/14)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
数字より重く感じるクルマ、見た目より軽いクルマ
軽いクルマは、ハンドルを切るだけでなんとなく楽しい。(2017/6/14)

製造業IoT:
製造業IoTのユースケースを共有へ、IVIとIICが初の共同イベント
「つながる工場」実現に向け取り組みを進めるIVIと、米国のグローバル企業を中心に設立され産業用インターネットの社会実装に取り組むIICは、初めて両団体で共同イベントを開催。それぞれの生産現場におけるIoTの活用事例を紹介し合った。(2017/6/12)

熱いロータリー魂を感じる「変形少女」第2弾・りん編が公開、えなこ演じる少女がガソリンを無銭飲食
顔からロータリーエンジンだァー!(2017/6/11)

AWS Summit Tokyo 2017:
「クラウドは安くもないし、速くもない」――それでもマツダがAWSを導入した理由
AWSの年次イベント「AWS Summit Tokyo 2017」でマツダが登壇。CAEにクラウドを採用した背景、そしてクラウド導入で気を付けるべきポイントを語った。(2017/6/7)

エコカー技術:
マツダ「CX-3」が国際基準で燃費測定、市街地は12.2km/lだが高速道路は18.0km/l
マツダが国際基準「WLTP(World Harmonized Light Duty Test Procedure)」に基づいて測定した燃費値を発表した。(2017/6/5)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタアライアンスの現在地
これまで自動車業界の世界一争いは、トヨタ、フォルクスワーゲン、GMによる1000万台の年間生産台数が基準だった。そこにルノー・日産アライアンスが加わったわけだが、さらにトヨタは新たなアライアンス構築によって、唯一1600万台という巨大アライアンスへと踏み出した。(2017/6/5)

燃費測定の新モード:
マツダ「CX-3」ガソリンモデル、新モード「WLTC」認可取得
今夏発売のマツダ「CX-3」ガソリンエンジンモデルが、燃費測定の新モード「WLTC」認可を取得。(2017/6/2)

燃料ポンプに問題:
マツダ「RX-8」3万台リコール 火災の恐れ
マツダ「RX-8」の燃料ポンプで不具合が起きる可能性があるとして約3万台をリコール。(2017/6/1)

今夏投入:
トヨタ、新型カムリにLinuxベースのOS初搭載
トヨタは今夏投入する新型カムリに、車載情報システムとして「オートモティブ・グレード・リナックス(AGL)」のプラットフォームを搭載する。(2017/5/31)

コンチネンタル:
マツダの「デミオ」「CX-3」「CX-5」向けにコンバイナー式HUDを供給
コンチネンタルは、マツダ車向けにコンバイナー式ヘッドアップディスプレイ(HUD)の生産を開始した。日本の自動車メーカー向けにコンバイナー式HUDを提供するのは初めてだという。(2017/5/25)

CAE事例:
形にならぬ設計者の思いを可視化、マツダCX-5を洗練させた設計探査
多目的最適化は自動で最適な設計解を出してくれる――そういった思い込みはないだろうか。実際、あくまで設計支援の技術だが、その効果は幅広い。マツダの「モノ造り革新」の先陣を切ったCX-5の設計開発において最適化が採用されている。同社に最適化を最大限活用する方法や得られる効果、課題について聞いた。(2017/5/24)

5億5300万ドル支払い:
タカタ製エアバッグめぐる集団訴訟、トヨタなど4社和解
トヨタなど自動車メーカー4社が、タカタの欠陥エアバッグ問題をめぐる集団訴訟で、合計5億5300万ドルを支払い和解することで合意。(2017/5/19)

車載情報機器:
コンチネンタルがマツダにコンバイナー型HUDを供給、日系向けは初
コンチネンタルはマツダ向けにコンバイナー型HUD(ヘッドアップディスプレイ)の生産を開始した。(2017/5/16)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタの決算発表に見える未来
トヨタが発表した17年3月期通期決算は5年ぶりの減収減益となった。しかし一方でクルマの販売台数は伸ばしている。ここから見えてくるトヨタの未来とは……?(2017/5/15)

月額約45円 月間0〜3MB想定 「SORACOM Air」の低トラフィック向け新プランが登場
ソラコムが、MVNOサービス「SORACOM Air for セルラー」の新プラン「Low Data Volume」を発表。月間0〜3MBという低トラフィックの通信を対象とする。SORACOM Air for セルラーの新事例や、LoRaWAN対応デバイスのオープン化も発表した。(2017/5/10)

世界の自動車市場:
セダン凋落 米販売2ケタ減続く SUVブームの陰
世界の自動車市場に地殻変動が起きている。(2017/5/8)

エコカー技術:
マツダの次世代SKYACTIVは「目標を上回る仕上がり」、2017年秋にも発表
マツダが2021年までの新技術投入計画を明らかにした。2018年度に第2世代となる「SKYACTIVエンジン」とマイルドハイブリッドシステムを採用する。各国の環境規制に対応するため電動化を進め、2019年には電気自動車を、2021年にはプラグインハイブリッド車を投入する計画だ。(2017/5/2)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
歴代ロードスターに乗って考える30年の変化
3月上旬のある日、マツダの初代ロードスターの開発に携わった旧知の人と再会した際、彼は厳しい表情で、最新世代のNDロードスターを指して「あれはダメだ」とハッキリ言った。果たしてそうなのだろうか……?(2017/5/1)

車両デザイン:
マツダのミニバンが生産終了、日本の3列シート需要は「CX-8」で対応
マツダはクロスオーバーSUVの新型車「CX-8」を2017年中に国内で発売する。国内向けの新世代商品群としては初めての3列シートを採用、マツダの国内向けSUVラインアップの最上位モデルと位置付ける。販売目標台数は非公表。(2017/5/1)

主要市場で苦戦:
マツダ、17年3月期営業益44%減 SUV拡充で巻き返しへ
マツダの2017年3月期の連結営業利益は前期比44.6%減の1256億円。世界販売台数は過去最高だったが、日本と北米の販売が伸び悩んだ。今期は新型SUV「CX-8」を投入する。(2017/4/28)

新世代初の:
マツダ、3列シートSUVの名前は「CX-8」 17年中に発売
マツダは、3列シートSUV「CX-8」を2017年中に国内発売する。(2017/4/28)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
高齢者事故を防止する人間工学
自動車の設計において人間工学は重視されているはずだ。しかし、もう何十年も言われ続けているにもかかわらず、改善できていない問題がある。それはペダルオフセットだ。(2017/4/24)

AT誤発進抑制など:
マツダ「デミオ」、先進安全技術を標準装備して新発売
マツダが「デミオ」全グレードに先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を標準装備して新発売。(2017/4/20)

はじめてのAI:
人工知能を使ってどんなことができるの? 「東京サマーランド」も導入した監視カメラ画像解析サービスを見てきた
これまでに勉強した「顔認識API」と「感情認識API」を使って実際にサービスを提供している企業におじゃましてきました。(2017/4/18)

柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」:
SXSW 2017観戦記 未来を占う世界最大規模の“フェス”
“IT界のパリコレ”ともいわれる、Music、Film、Interactiveを柱にした世界最大規模のイベント「SXSW 2017」で見聞きし、体験した刺激的なあれこれをレポートします。インタラクティブ部門では、AIやVR、ロボティクスなど、旬のテクノロジーが花盛り!(2017/4/15)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
進むバーチャル化で変わるクルマの設計
いまクルマ作りが長足の進歩を迎え、自動車設計のコンピュータ化が新しいフェーズに入ろうとしている。これまでとはまったく違う世界が広がることが期待されるのだ。(2017/4/10)

3営業日連続で1万9000円下回る:
日経平均は反落、円高進行で先物主導の売り
4月4日の株式市場で、日経平均は反落。(2017/4/4)

マツダ、子ども視点でクルマ設計 根底に人間中心の開発思想
“Zoom-Zoom”。これは日本の子どもがいう「ブーブー」の英語。自動車が出す音のことだ。(2017/4/4)

エコカー技術:
ハイブリッド車が上位を独占、2016年末時点での乗用車燃費ランキング
国土交通省は乗用車の燃費ランキングベスト10を発表した。2016年末時点で販売されているモデルを対象にした。最も燃費が良好だったのは、登録車ではトヨタ自動車「プリウス」、軽自動車ではスズキ「アルト」(マツダにモデル名「キャロル」でOEM供給)だった。(2017/3/30)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
反プレミアム ダイハツのリブランディング
ダイハツがトヨタの完全子会社になって以降の世界戦略と、ダイハツ・ブランドの再定義を行った。その中身とは……。(2017/3/27)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
悪夢の「マツダ地獄」を止めた第6世代戦略
一度マツダ車を買うと、数年後に買い換えようとしたとき、下取り価格が安く、無理して高く下取りしてくれるマツダでしか買い換えられなくなる。その「マツダ地獄」をマツダ自身が今打ち壊そうとしているのだ。(2017/3/20)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。