• 関連の記事

「設計・製造ソリューション展(DMS)2011特集」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「設計・製造ソリューション展(DMS)2011特集」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

踊る解析最前線(12):
進化し続ける! LEDヘッドランプの熱流体解析
自動車部品メーカーの市光工業のLEDヘッドランプの設計&解析事例を紹介する。今回は熱設計(熱流体解析)とCAEについて取り上げる。(2011/8/22)

DMS2011レポート(2):
生産現場、基幹システムもタブレット対応で快適に?
2011年6月22〜24日に開催された「第22回 設計・製造ソリューション展」の今回の注目展示を紹介。本稿では特に生産現場〜基幹システム向け製品にスポットを当てる。(2011/7/1)

DMS2011レポート(1):
ヒストリ/ノンヒストリCAD連携、ISO 26262対応、クラウド設計……設計・開発環境のトレンドまとめ
2011年6月22〜24日に開催された「第22回 設計・製造ソリューション展」の今回の注目展示を紹介。本稿では特に設計・開発環境にスポットを当てる。(2011/6/29)

Solid Edge ST4の日本向け記者発表会:
かゆい所に手がとどく、使いやすいCADを目指して
Solid Edge ST4は、「かゆい所に手が届く系」の改善がメイン。DMS2011での展示にも注目したい。(2011/6/23)

シンクライアントで設計・開発が可能に:
富士通、独自の画像軽量化技術で“エンジニアリングクラウド”提供へ
富士通もついにPLMクラウドへ。仮想クライアントと画像軽量化技術を組み合わせ、情報の一元化、垂直立ち上げやサプライチェーンへの広がりも視野に入れた、同社技術の部門横断的な展開に注目したい。(2011/6/21)

CADベンダーのエグゼクティブが想像する未来:
SolidWorksの考える「CADの15年後」とは
米ソリッドワークスのCEO自らが、自社の製品のことや、15年後の3次元CAD像などを語った。キーワードは、人々の“つながり方”の変化。(2011/6/17)

中国の建機需要に対応:
興和工業所が山東工場でクラウド生産管理システムを導入
興和工業所の中国・山東工場「興和(山東)機械有限公司」がクラウド型生産管理システムの稼働を開始した。(2011/6/17)

人・モノの管理をより詳細に:
設備メンテナンス作業割り付け、集計機能を強化したAsprova APS Ver9.0.0
アスプローバが生産スケジューラの新版を発表。設備保全工程や、2直/3直などを考慮した分割条件式が利用可能になり、より詳細な作業管理ができるようになっている。(2011/6/17)

DMS2011 開催直前情報!! :
プリント基板の設計から製造まで一気通貫プロセスでサポート
2011年6月22〜24日に開催される「第22回 設計・製造ソリューション展」。久々の出展となるメンター・グラフィックス・ジャパンは、プリント基板の回路設計から製造に至るプロセスを一気通貫でサポートするツール群を一挙に展示する。同社によれば、こうしたサポートは「業界初で唯一だ」という。(2011/6/17)

製品体系・価格も刷新:
場所を考慮した日程調整が可能になったFLEXSCHE 11
フレクシェのスケジューラに新版が登場。複数拠点を考慮した計算が可能になり、価格体系もリニューアルされている。(2011/6/16)

クラウド生産管理で三菱電機とNECが協業:
MELSEC-QとつながるクラウドERP「IFS Applications」
現場の実績値を自動でERPに送信し、管理・分析の精度を高めるクラウド型ERP。日本企業のアジア進出を支援する切り札になるか。(2011/6/15)

DMS2011 開催直前情報!! :
あの会社はどのようにして在庫削減と欠品ゼロを両立させたか?
2011年6月22〜24日に開催される「第22回 設計・製造ソリューション展」。出展社の1つ、日立東日本ソリューションズでは、導入企業の生の声を聞けるセミナーが予定されている。同社ブースの展示製品を予習しておこう。(2011/6/15)

日英中言語混在環境にも対応:
グローバル開発プロジェクト管理もクラウドツールで
複数拠点・社内/外をまたぐ開発プロジェクトの管理をクラウドで実現するサービスが登場。海外企業との情報共有などをスムーズに実現する。(2011/6/14)

DMS2011 開催直前情報!! :
設計・開発に生かせる実際の適用事例やノウハウ
サイバネットシステムは、展示ブース内のプレゼンテーションスペースで、設計・開発で同社の解析ツールを実際にどう役立てればいいか、事例ベースで紹介していく。(2011/6/14)

DMS2011 開催直前情報!! :
高速システム、オープンプラットフォーム、モビリティ……、SAPが描くこれからの基幹システム
2011年6月22〜24日に開催される「第22回 設計・製造ソリューション展」。出展社の1つ、SAPジャパンのブースは、基幹システムのWeb・モバイルアプリケーション連携の可能性を示すデモや、環境負荷低減ソリューションなど、興味深い内容となるようだ。(2011/6/9)

DMS2011 開催直前情報!! :
今年で3歳! ムラタのCAEがさらにパワーアップ
ムラタソフトウェアはDMS2011で、同社のCAE新製品「Femtet Ver.10」を展示する。応力解析、電磁波解析の機能が大幅に進化した。(2011/6/8)

DMS2011 開催直前情報!! :
visual BOMがつなぐエンジニアリングチェーン――新しいBOMの考え方でPLMを変える
2011年6月22〜24日に開催される「第22回 設計・製造ソリューション展」。出展社の1つ、図研のブースは、画期的なBOMコンセプトをベースにした新製品が登場するようだ。同社の考えるエレキ・メカ・ソフト連携や情報流通の在り方を紹介する。(2011/6/8)

踊る解析最前線(10):
設計に役立つMBD。中小企業にも広めたい
MBDの歴史は古く、大企業でも活用されている。しかし、システムが高価であることから、中小企業への普及はまだこれから。(2011/6/8)

DMS併設展 M-Techの見どころ:
事前にモデルを送って、会場で見積もりレクチャー
プロトラブズはDMSの併設展「M-Tech」に出展。事前にモデルを送っておけば、開催当日にエンジニアの説明が受けられる。(2011/6/7)

設計情報・人材の危機対応を考える:
事業継続計画、デザインチェーン継続はできているか?
災害後、サプライチェーン混乱に注目が集まる陰で、設計・開発プロジェクトでも混乱に見舞われた企業は少なくなかったようだ。事業継続計画の中にデザインチェーン継続計画を盛り込んでいるだろうか?(2011/6/3)

国産ベンダがPLM、ERP連携強化へ:
図研、BOMとERP連携のロードマップを発表
PLM製品「PreSight」を展開する図研と、ERPパッケージ「MCFrame」を展開する東洋ビジネスエンジニアリングが連携を強化。BOMを超えた製品ライフサイクル管理を提案していく。(2011/5/31)

BOMの同期、資材情報の整合性保証なども:
SAPジャパン、enhancement package「Innovations 2010」を提供開始
SAP Business Suite 7のenhancement packageが正式リリースとなった。マスターデータ管理やBOMの同期など、重要な機能追加も含まれている。(2011/5/27)

DMS2011 開催直前情報!! :
「いま出展することに意義があるんです」――東北企業の本気も見てほしい
2011年6月22〜24日に開催される「第22回 設計・製造ソリューション展」。今年の出展トレンドとともに、日本のモノづくり企業の心意気がうかがえるエピソードが聞こえてきた。(2011/5/24)

オブジェット社の3次元プリンタ用新材料発表:
Objet社のプリンタ、ABSライクな部品が造形可能に
オブジェットは同社の3次元プリンタ専用の新樹脂材料を発表。ABS樹脂に近い物性を持つ材料など。現在は樹脂のみの造形だが、将来は金属や木材も同社で対応する可能性があるのかも尋ねた。(2011/5/19)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。