• 関連の記事

「マイケル・ポーター教授のものづくり競争戦略」最新記事一覧

MONOist「製造マネジメントフォーラム」の連載「マイケル・ポーター教授のものづくり競争戦略」の記事一覧です。下記連載も併せてご覧ください。
 
・連載「知財コンサルタントが教える業界事情
・連載「先進企業が目指すグローバル成長期のPLM
・連載「自社事業を強化する! 知財マネジメントの基礎知識
・連載「モノづくり最前線レポート
 

マイケル・ポーター教授のものづくり競争戦略(3):
競争戦略の優劣を診断する5つの条件とは?
最終回は正しい競争戦略を持っているか自己診断する内容だ。イケア、パッカー、ZARAといった成功事例も語られる(2009/3/18)

マイケル・ポーター教授のものづくり競争戦略(2):
ビジネスの競争に勝つ戦略はたった2つしかない
競争優位とは、ROICを評価指標として、プレミア戦略か低コスト戦略かを決定し、価値連鎖の活動から生み出すものだ(2009/2/19)

マイケル・ポーター教授のものづくり競争戦略(1):
ものづくり企業の犯す間違った競争戦略を正す!
同じポジション、アイデアで競争しているから収益性が低い。これこそ日本製造業の抱えている深刻な疾患だ(2009/2/9)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。