• 関連の記事

「マイケル・ポーター教授のものづくり競争戦略」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

MONOist「製造マネジメントフォーラム」の連載「マイケル・ポーター教授のものづくり競争戦略」の記事一覧です。下記連載も併せてご覧ください。
 
・連載「知財コンサルタントが教える業界事情
・連載「先進企業が目指すグローバル成長期のPLM
・連載「自社事業を強化する! 知財マネジメントの基礎知識
・連載「モノづくり最前線レポート
 

マイケル・ポーター教授のものづくり競争戦略(3):
競争戦略の優劣を診断する5つの条件とは?
最終回は正しい競争戦略を持っているか自己診断する内容だ。イケア、パッカー、ZARAといった成功事例も語られる(2009/3/18)

マイケル・ポーター教授のものづくり競争戦略(2):
ビジネスの競争に勝つ戦略はたった2つしかない
競争優位とは、ROICを評価指標として、プレミア戦略か低コスト戦略かを決定し、価値連鎖の活動から生み出すものだ(2009/2/19)

マイケル・ポーター教授のものづくり競争戦略(1):
ものづくり企業の犯す間違った競争戦略を正す!
同じポジション、アイデアで競争しているから収益性が低い。これこそ日本製造業の抱えている深刻な疾患だ(2009/2/9)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。