「ムラタセイサク君」最新記事一覧

特選ブックレットガイド:
【連載まとめ読み】「『失敗学』から生まれた成功シナリオ」シリーズ全9回
失敗事例の研究から見えてきた設計成功の極意。(2016/6/22)

ESEC2016 開催直前情報:
村田製作所は「センサーと通信のパッケージ」でIoTを推進
村田製作所が2016年5月に開催される「ESEC2016」「第5回 IoT/M2M展」にて、IoTデバイス向け小型省電力無線モジュールやクラウドプラットフォームなどを紹介。「センサーと通信のパッケージでIoTを提供するシステムソリューションベンダー」としての姿を見せる。(2016/4/18)

ロボットがゆらゆらボールを乗りこなす! 「村田製作所チアリーディング部」がちびっ子カワイイ!
応援してほしい。むしろ応援したい!(2014/9/26)

セイサク君、セイコちゃんの“妹分”が6年ぶりに誕生:
高精度のセンサー制御で一糸乱れぬマスゲーム! 村田製作所の玉乗りロボット
2014年9月25日、村田製作所が6年ぶりに新ロボットを開発した。今回は、コーポレーションカラーのユニフォームを着た玉乗りをする女の子ロボット10体だ。3軸ジャイロセンサーを搭載し、920MHz帯を利用した高度な群制御で見事なチアリーディングを披露した。「ムラタセイサク君」や「ムラタセイコちゃん」とはまったく異なる今回の玉乗りロボットについて、開発担当チームに聞いた。(2014/9/26)

ムラタロボット4代目:
10体のロボットがボールに乗りながら踊る「村田製作所チアリーディング部」発足
村田製作所はロボット「村田製作所チアリーディング部」を発表した。10体のロボットからなる“部”はボールにのりながら、鮮やかなフォーメーションダンスを披露する。(2014/9/25)

やくしまるえつこの曲で踊る:
村田製作所チアリーディング部結成
「ムラタセイサク君」、「ムラタセイコちゃん」に続く村田製作所のロボットは10人編成のチアリーダー「村田製作所チアリーディング部」。10月7日開催のCEATEC Japanでデビューする。(2014/9/25)

CEATEC 2012 開催直前情報:
電子部品で“Smart”化に貢献する村田製作所、セイサク君技術を応用した電動歩行アシストカーも展示
「CEATEC 2012」における村田製作所の展示テーマは『Smart Community、Smart Personal Network』だ。快適でエコな生活を実現や、スマートフォンやヘルスケア機器などの小型・高機能化に貢献する製品・技術を展示する。(2012/9/27)

村田製作所と幸和製作所が共同開発:
ムラタセイサク君の“止まっても倒れない技術”を応用した電動歩行アシストカー「KeePace」
村田製作所と幸和製作所は、電動歩行アシストカー「KeePace(キーパス)」を共同開発した。倒立振子制御技術などが組み込まれた「アシスト制御システム」を進化させ、坂道での歩行サポートや旋回機能を強化している。(2012/9/24)

現役エンジニアが熱血指導:
「トントンしてブルブルさせる」――村田製作所、子ども向け電子工作教室を開催
村田製作所は子ども向け「電子工作教室」を2012年7月16日に開催すると発表した。保護者同伴が可能な小学校高学年の児童を対象に、オリジナルの電子工作入門キット「ブルブル星人&トントンリモコン」の製作指導を行う。(2012/6/8)

復興支援・企業活動:
ムラタセイサク君&セイコちゃん、被災地の小学校を訪問――モノづくりの楽しさから夢と希望を
村田製作所と登米村田製作所は、宮城県登米市にある小学校4校を対象に理科授業を実施する。村田製作所の自転車型ロボット「ムラタセイサク君」や一輪車型ロボット「ムラタセイコちゃん」による実演が行われる他、動作の仕組みなどが学べるという。(2012/2/29)

センシング技術 ジャイロセンサー:
「セイサク君・セイコちゃんの制御技術が生きてます」、村田製作所が電動歩行アシストカーを開発
村田製作所が電動歩行アシストカーを開発した。同社が自転車型ロボットの「ムラタセイサク君」と一輪車型ロボット「ムラタセイコちゃん」で培った倒立振り子制御を応用したという。(2011/9/20)

Live動画ピックアップ:
茂木健一郎や古川享が語る「デジタル社会」 勝間和代「デキビジ」にひろゆき氏&ホリエモン出演
週末は「東京ゲームショウ」のUstが盛りだくさん。茂木健一郎さんや古川享さんなどが「デジタル社会」について議論するイベントのニコ生も。収録風景をUstしている勝間和代さんの「デキビジ」にはひろゆき氏とホリエモンが登場。(2010/9/17)

CEATEC JAPAN 2009:
ヒノキケータイ、ロボットカー、ムラタセイコちゃん――CEATECを彩ったモノたち
10月10日に閉幕したCEATECには、“ヒノキケータイ”や、衝突を避けながら走るロボットカー、155V型の有機ELディスプレイなど、見て面白い製品が目白押しだった。(2009/10/13)

第20回 設計・製造ソリューション展レポート(番外編):
日の丸CAE誕生前夜
村田製作所で長年親しまれてきた内製CAEが市販化された。その生みの親である同社 技術・事業開発本部 解析センタ 担当部長 岡田 勉氏に、開発開始当時のエピソードや今後の課題などをお尋ねした。(2009/8/11)

CEATEC JAPAN 2008:
際立つ電子部品メーカーの車載用途の開発展示
「CEATEC JAPAN 2008」が、2008年9月30日から10月4日まで、東京ビッグサイトで開催された。2007年と比べ、半導体メーカーの出展が大幅に減った中で、エレショーと呼ばれた時代からこの展示会をメインとして来た電子部品メーカーの存在感が目立った。(2009/1/1)

――『CEATEC JAPAN 2008』から:
次世代パワーデバイスの可能性
(2008/11/1)

CEATEC JAPAN 2008:
1日でCEATECを満喫するためのムービーガイド
超薄型テレビや超解像、合体分離携帯に一輪車ロボ……。今年もCEATECは見どころ満載だ。ムービーで予習して、効率よく話題の展示をチェックしよう。(2008/10/3)

CEATEC JAPAN 2008:
「ムラタセイコ」ちゃん、CEATECのアイドルに
毎年話題を集めている村田製作所の「ロボット」。今年は、自転車上手の人気キャラ「ムラタセイサク君」に続き、一輪車ロボット「ムラタセイコちゃん」が登場した。セイサク君を前座に追いやった“アイドルロボット”の華麗な一輪車さばきを、ご覧あれ。(2008/9/30)

CEATEC JAPAN 2008:
まもなく開幕、「CEATEC JAPAN 2008」の見どころ紹介
9月30日から千葉・幕張メッセで日本最大のIT・エレクトロニクス総合展示会「CEATEC JAPAN 2008」が開催される。前日に行われた記者会見と各社の情報から、今年の見どころを探ってみよう。(2008/9/29)

セイサク君のいとこ「ムラタセイコちゃん」は一輪車で走る
一輪車に乗って走るロボット「ムラタセイコちゃん」を村田製作所が開発した。自転車乗りロボット「ムラタセイサク君」のいとこという設定だ。(2008/9/24)

「失敗学」から生まれた成功シナリオ(8):
ムラタセイサク君、ゆらゆらと安定点を避ける
長年にわたりおびただしい数の失敗事例を研究してきたことで見えた! 設計成功の秘訣(成功シナリオ)を伝授する。(編集部)(2008/3/26)

「失敗学」から生まれた成功シナリオ(7):
重力に打ち勝つ設計で、事故も防ぐ
長年にわたりおびただしい数の失敗事例を研究してきたことで見えた! 設計成功の秘訣(成功シナリオ)を伝授する。(編集部)(2008/2/29)

CEATEC JAPAN 2007:
ムラタセイサク君、ワイヤレス充電システムをアピール
村田製作所ブースでは、あのムラタセイサク君が技術の進歩で近未来の生活がどう変わるかを紹介。エプソンと共同開発するワイヤレス充電システムもしっかりアピールしている。(2007/10/3)

一緒にドライブしたいロボット
「CEATEC JAPAN 2006」の参考出展の中に、製品化してほしいモノがあった。パイオニアの「車載ロボット」は、ダッシュボードの上でくるくると左右に回り、羽根をパタパタさせるユニークなロボットだ。(2006/10/12)

CEATEC JAPAN 2006:
やっぱり「ムラタセイサク君」は凄かった
助走なしで坂道を上り、あざやかにS字カーブをクリア。そうかと思えば、今度はバックして車庫入れ。もちろん得意の不倒停止も披露する。ムラタセイサク君は今年もスゴイ。(2006/10/5)

CEATEC JAPAN 2005:
ウワサの「ムラタセイサク君」に会ってきました
補助輪なしで自転車に乗る「ムラタセイサク君」。曲がる、停まるは当たり前。地に足をつけることなく、タイヤだけでその場に静止できる。人間よりずっと器用なロボットを見てきた。(2005/10/4)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。