「ネーミング」最新記事一覧

地球史に「チバニアン」誕生へ 日本初の地質年代名、国際審査でイタリア破る
地球の歴史に「チバニアン」誕生へ。約77万〜12万6000年前の年代が「チバニアン」(千葉時代)と命名される見通しになった。(2017/11/14)

チバニアン:
地球史に「千葉時代」誕生へ 日本初の地質年代名、国際審査でイタリア破る
地球の歴史で約77万〜12万6千年前の年代が「チバニアン」(千葉時代)と命名される見通しになった。(2017/11/13)

MVNOに聞く:
なぜ今“SIM替え”なのか 新生「BIGLOBEモバイル」の狙いを聞く
MVNOの老舗であるビッグローブが1月にKDDIの子会社となり、ブランドを一新した。シンプルな書体のロゴを採用するとともに、MVNO事業のブランドも「BIGLOBEモバイル」と命名。そんな新生BIGLOBEの戦略を、有泉健社長に聞いた。(2017/10/31)

11月1日から3年間:
赤坂BLITZ、「マイナビBLITZ赤坂」に マイナビが命名権取得
ライブハウス「赤坂BLITZ」の名称が、11月1日から「マイナビBLITZ赤坂」に変わる。マイナビが施設の命名権を取得したため。(2017/10/25)

赤坂BLITZ、11月から「マイナビBLITZ赤坂」に
ライブハウス「赤坂BLITZ」のネーミングライツをマイナビが取得。11月1日から3年間、「マイナビBLITZ赤坂」に名称を変更する。(2017/10/25)

大型ライブハウス「赤坂BLITZ」の名称、3年間「マイナビBLITZ赤坂」に変更 命名権をマイナビが取得
ロゴや外観も変更。(2017/10/25)

水曜インタビュー劇場(ポキン公演):
石けんを販売している会社の傘が、なぜ郵便局で売れているのか
郵便局で「傘」が売れていることをご存じだろうか。その名は「ポキッと折れるんです」。なんだかゆるーいネーミングだが、どのような特徴があるのか。(2017/10/25)

『ことば選び辞典』シリーズの新作『創作ネーミング辞典』『難読漢字選び辞典』発売 創作活動するアナタに
創作活動の友として。(2017/10/24)

よく考えると謎ネーミングの「食パン」 由来は「パンはパンでも食べられないパン」との区別から?
食べられないのは、フライパンだけじゃなかったのか。(2017/10/1)

新種の巨大ネズミ「ウロミス・ヴィカ」、ソロモン諸島で発見 「ココナッツを割るネズミ」の伝承を追った成果
地元で「ヴィカ」と呼ばれるネズミと一致したことから命名されました。(2017/9/28)

Tech TIPS:
Excelの「名前の定義」でセルの範囲に名前を付ける
Excelの「名前の定義」を使って、セルの範囲に「名前」を付ける方法を紹介する。「名前」を付けると、関数内でセルの範囲を参照する際などに簡単かつ分かりやすく指定できる。セル範囲に名前を定義する方法とその管理方法などを紹介する。(2017/9/6)

なぜ「アルジャーノン」と命名? ダウン症治療に“光”の新物質 京大に聞く
京都大学が、ダウン症治療につながる可能性がある化合物を発見し「アルジャーノン」と名付けた。小説『アルジャーノンに花束を』と関係があるのか、それとも……。(2017/9/5)

カナダで発見された白亜紀の新種恐竜、命名される 現代の生物にも見られる保護色でカモフラージュ
化石の保存状態の良さでも注目を集める「Borealopelta markmitchelli」。(2017/8/4)

光合成しない「菌従属栄養植物」の新種、石垣島で見つかる 命名「オモトソウ」
光合成の代わりに、キノコやカビの菌糸を根に取り込んで消化し生育します。(2017/7/26)

豪雨の命名は2年ぶり 北九州の豪雨、気象庁が「平成29年7月九州北部豪雨」に決定
死者は34人となっています。(2017/7/19)

“魔法使い”が作るイヤフォンはネーミングもマジックだった?
(2017/7/18)

元気なお名前ありがとう すみだ水族館のマゼランペンギンの赤ちゃん「わっしょい」と命名
プールデビューもしました。(2017/6/25)

Linuxなどにローカル権限昇格の可能性、管理者権限取得に利用される恐れも
「Stack Clash」と命名された脆弱(ぜいじゃく)性は、悪用されればメモリ破損を誘発され、任意のコードを実行される恐れもあるという。(2017/6/20)

モルモットの名前をディープラーニングで命名 保護施設からの依頼に研究者が二つ返事で応える
まさかの活用方法。(2017/6/19)

米政府、北朝鮮のサイバー攻撃を「HIDDEN COBRA」と命名 技術詳細を公表
米国土安全保障省などは、北朝鮮がサイバー攻撃に使っているとされるツールやインフラについての技術的詳細を公表し、対策の徹底を呼び掛けた。(2017/6/15)

「負担と不安の裏返しとしての爆発」:
「自分爆発レディ」? 命名の意図、博報堂に聞く
「自分爆発レディ」という言葉が物議を醸している。子育てを終えて自分の時間を楽しむ40〜60代女性について博報堂が命名したもので、ネットで話題に。反発の声も大きいこの言葉には、どのような意図があるのか? 博報堂の担当者に話を聞いた。(2017/6/9)

40〜60代の女性は“自分爆発レディ” 博報堂がダイナマイトな命名を生み出しTwitterのレディたちが爆発
男版はバンマーマンかな。(2017/6/8)

子育て終了後は何をしたい?:
博報堂、自分の時間楽しむ女性を「自分爆発レディ」と命名
博報堂の新しい大人文化研究所が、子育て終了後に「自分の時間を楽しみたい」と考え社会や消費をけん引する40〜60代女性を「自分爆発レディ」と命名した。(2017/6/7)

問題解決力を高めるコツはプログラミングの原則・思考にあり(6):
名前がないものは見えない――名前重要
本連載では、さまざまなプログラミングの原則・思考の中から、特に問題解決力を高めるのに役立つものをピックアップ。プログラマーは、その思考法をビジネスに応用し、そうではない人はプログラマーと一緒に働く際に思い出してほしい。「ジョシュアツリーの法則」「バベルの塔」に見るように、名前や共通言語は重要だ。今回はプログラミングにおける「メンタルマッピング回避」「ループバックチェック」などから「命名」の重要性を確認しよう。(2017/8/23)

「牛には酷だが串に刺す」ハイセンスな牛串屋に注目集まる 「逃げ恥」原作者も反応
「このタイミングで、来たか!」と意表を突く会心のネーミング。(2017/5/21)

日本の「サザエ」に学名なかった!? 「Turbo sazae Fukuda」と岡山大研究者が命名
事実上の新種として「Turbo sazae Fukuda, 2017」と命名(フグ田じゃないよ)。(2017/5/20)

新発見の青色顔料がクレヨンに採用 米メーカーがネーミングを募集→「Bluetiful」と命名
2009年にオレゴン州立大学が発見した鮮やかな青。【追記】(2017/5/11)

「そして輝くウルトラソウル!杯!」開催 競馬のレースって誰でも命名できるの? 競馬場に聞いてみた
思ったよりもリーズナブル。(2017/5/10)

「サイバーパンク」が商標登録、海外で物議 権利元のゲーム開発会社「自己防衛が目的で攻撃的に使う意図はない」
メーカーは新作「CYBERPUNK 2077」を予定しており、他者に「CYBERPUNK」の商標を取られ、続編が命名しにくくなることを懸念しての商標登録と説明しています。(2017/4/11)

メルカリ、鹿島アントラーズのスポンサーに 試合後に選手ユニフォームを出品
最寄駅からホームスタジアムまでの道路は「メルカリロード」と命名。(2017/4/7)

中川翔子、最上もが&竹達彩奈と女子会3ショット 命名「竹最中(たけもなか)」に竹達「じゅるり」
もがさんと竹達さんは初対面だったようです。(2017/3/30)

妖怪ウォッチに出てきそう 大牟田市公式キャラクターをレベルファイブが制作
名前は大蛇山の“蛇”からとって「ジャー坊」。日野社長が命名。(2017/3/4)

半径300メートルのIT:
“よくあるファイル命名ルール”でデータ消失の危機?
先日、ソースコードを管理するサービス「GitLab.com」で、管理作業中に誤って本番データベースを削除してしまうトラブルが発生しました。実はこの事件からは、エンジニアでない私たちも学ぶべき点があります。(2017/2/14)

新たなカタツムリがオーストラリアで発見 赤と緑の体色が刺激的
世界的な生物学者、デイビッド・アッテンボロー氏の功績を敬して「アッテンボローリオン・ルビカンダス」と命名されました。(2017/2/9)

謎食材「群馬の野菜」とは一体……? JAに正体とネーミングの理由を聞いたら予想外の回答だった
JA「それはただの包装ビニールですね」(2017/2/7)

新種のカニ、「ハリー・ポッター」スネイプ先生にちなんで命名
その名も「Harryplax severus」。(2017/1/24)

西武ドームの名称が「メットライフドーム」に 3月から5年間の契約
命名権が売却されるのは4度目。(2017/1/16)

西武ドームが「メットライフドーム」に ライオンズ本拠地の命名権取得で
メットライフ生命保険が西武ドームのネーミングライツを取得。新名称は「メットライフドーム」に。(2017/1/16)

「スター・ウォーズ」ファンの科学者ら、新種のテナガザルを「スカイウォーカー」と命名 中国南西部で発見
ルーク・スカイウォーカー役の俳優「いろいろなキャラグッズが出たけど、今度はテナガザルだぞ!」(2017/1/14)

「忍者ージ」を着て忍者になろう! ネーミングは脱力系だけどスポーティな本格ジャージだよ
忍者風のジャージだから「にんじゃーじ」。(2016/12/8)

113番元素「ニホニウム」に正式決定 元素記号は「Nh」
理研の研究グループが発見し、命名権を獲得していた113番元素の名称が「ニホニウム」に正式決定。新元素の命名は、アジアでは初の快挙だ。(2016/11/30)

「ホログラフィック」と本当に名乗っていいの? 米MS担当に聞く「HoloLens」命名の理由
「HoloLensって本当にホログラムなの?」「視野角の狭さは?」「日本の開発者に期待することは?」――来日した米MicrosoftのHoloLens担当者に数々の疑問を聞いてみた。(2016/11/30)

千葉マリンは「ZOZOマリン」に ZOZOTOWN運営元が命名権取得
「千葉マリンスタジアム」の新名称は「ZOZOマリンスタジアム」に。「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイが命名権を得た。(2016/11/18)

千葉マリンスタジアムの命名権をZOZOTOWNの運営元が取得 12月から「ZOZOマリンスタジアム」に
「QVCマリン」から「ZOZOマリン」へ。(2016/11/18)

Adobeが開発した人工知能「Adobe先生」の正体 何ができるのか
そのネーミングで日本を沸かせた「Adobe Sensei」だが、いったい何ができるのか。(2016/11/9)

千葉マリンの命名権、「ZOZOTOWN」のスタートトゥディが優先権
「千葉マリンスタジアム」の次期ネーミングライツの優先交渉権者に、「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイが選定。(2016/10/28)

48時間「ハリモグラ」を観察するニコ生が8月に放送 名前を付けたりエサの差し入れ、オフ会企画も
ニコニコで活動中のアイドル・やみんさんも出演。(2016/7/31)

ファンタジー小説のドラゴンにちなんで命名 背中にトゲある新種のアリが小さいのにむっちゃ強そう
トゲの中には筋肉がみっちり。(2016/7/28)

NOAAが新種のクジラを発見、遺伝子検査で明らかに 特性などに謎多く
調査中のため種の公認や命名はまだされていません。(2016/7/28)

大沢あかねが第2子の出産を報告 「千の花も咲く也という想いから咲也(さくや)と命名しました」
2010年に第1子を出産していました。(2016/7/15)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。