• 関連の記事

「Neato Robotics」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Neato Robotics」に関する情報が集まったページです。

段差を乗り越え、確実に帰還する fuRoが開発した次世代ロボット掃除機
千葉工業大学未来ロボット技術研究センターとパナソニックがロボット掃除機のプロトタイプを公開。高精度のマッピング技術を搭載した他、毛足の長いラグや段差を乗り越える新機構を備えた。(2018/3/2)

IoTロボット掃除機が5万円から! ネイト「Botvac Connected」シリーズに2つの普及モデル
ネイトロボティクスから「Botvac Connected」シリーズの新製品2機種が登場。一部の機能と付属品を見直してリーズナブルな価格を実現したという。価格は5万円から(税別)。(2017/2/7)

スマホで掃除開始や終了を命じることができるロボット掃除機が日本上陸 マニュアル操作もできる
Apple Watchからなら正太郎くん気分で盛り上がりそう。(2016/11/26)

腕時計でロボットを操る! Apple Watchにも対応したロボット掃除機、ネイト「Botvac Connected」
ネイトロボティクスがWi-Fiを搭載したロボット掃除機「Botvac Connected」を発表。iPhoneやAndroidスマートフォンに加え、Apple WatchやAndroid Wear端末にも対応する。(2016/11/24)

掃除の様子が手に取るように――Xrobot「inxni」の作るマップが面白い
Xrobotブランドの「inxni」は、レーザースキャンシステムとSLAMでマッピングを行う高機能ロボットながら、10万円を切る価格を実現した注目のモデルだ。さらに掃除の様子を可視化してくれるアプリが非常に分かりやすく作られている。(2016/5/11)

7万円台でSLAM搭載の掃除ロボット、ライバルより安価に
センサーによって自己位置の推定とマッピングを行う「SLAM」技術を搭載したロボット掃除機「Botvac D」シリーズに新製品。走破性を高め、SLAM搭載のライバルを迎える。(2015/10/23)

毛足の長いラグマットにも乗り上げる! 走破性を向上させたロボット掃除機、ネイト ボットバック「D8500」
ネイト ロボティクスは、ロボット掃除機の新製品として「Botvac(ボットバック) Dシリーズ」3機種を発表した。従来機をベースとして各所に改善を加えたブラッシュアップモデルだ。(2015/10/23)

朗報:
猫がのったらどうなる? “目”を獲得した「ルンバ980」の気になるところ
カメラを使用するvSLAMを搭載し、より効率的に掃除できるようになった「ルンバ980」。しかし、カメラが上にあるということは、猫がのったときの動きが気になるところ。“ルンバ猫”は生き残れるのか?(2015/9/30)

夏休みのお掃除はネイトにお任せ:
ロボット掃除機「ボットバック」を買って交換用フィルター2個がもらえるキャンペーン開始
ネイト ロボティクスは同社のロボット掃除機「Botvac」(ボットバック)の購入者に交換用フィルター2個をプレゼントするキャンペーンを実施する。(2015/6/24)

花粉対策&新生活応援:
ネイト、ロボット掃除機「ボットバック」を買うと交換用フィルター2個がもらえるキャンペーン
ネイト ロボティクスは同社のロボット掃除機「Botvac」(ボットバック)の購入者に交換用フィルターをプレゼントする「花粉対策&新生活応援キャンペーン」を実施する。(2015/2/27)

ネイト、ロボット掃除機に通販専用モデル「ボットバック 80」を追加
ネイト ロボティクスは、ロボット掃除機「Botvac」(ボットバック)シリーズの通販用モデルを発表した。(2014/11/19)

「ルンバ」の動きは“ランダム”ではない――米iRobot、コリン・アングルCEOの哲学
同じ場所を何度も往復して掃除するルンバは「非効率的」と言われることも多い。米iRobotのコリン・アングルCEOが、そうした指摘に真っ向から反論した。(2014/11/11)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
ルンバとはなにもかも違うアプローチ、ネイト ロボティクス「ボットバック」
「ルンバ」と同じ米国発でありながら、そのアプローチはまったく違う。むしろアイロボットの対極にあるようなメーカーが、ネイト・ロボティクスだ。同社の技術とロボット掃除機「ボットバック」の使い勝手について、同社CEOであるマリーニ・ジャコモ氏に聞いた。(2014/10/23)

“Dシェイプ”で部屋の隅までキレイに――シリコンバレーからやってきたロボット掃除機「ネイト ボットバック」
米Neato Roboticsが日本法人の設立と国内向けの全自動ロボット掃除機「ネイト Botvac」(ボットバック)シリーズ2機種を発表した。“Dシェイプ”により、部屋の隅まで吸引力が届くという。(2014/9/26)

ルンバに挑む:
お掃除ロボ競争激化、米Neato RoboticsがSLAM搭載ロボ掃除機で日本参入
米Neato Roboticsが掃除機ロボットで日本市場に参入する。搭載するセンサーでマッピングと自己位置推定を行うSLAM(Simultaneous Localization and Mapping)技術で効率的に掃除し、競争力ある価格で勝負する。(2014/9/26)

昔のゲーム機みたいなNeatoの掃除ロボ
ベンチャー企業Neato Roboticsが新しい掃除ロボを発表。カラーリングがレトロゲーム機みたいだ。(2012/3/13)

NIWeek 2011現地リポート:
PR:Kinectからルンバまで、ガジェット解剖学がロボット開発を加速する
NIWeek 2011でひときわ多くの参加者を集めたセッションの1つが、家庭用ゲーム機のコントローラからスマートフォン、お掃除ロボットまで、消費者に身近なガジェットを「ハック」するというものだった。このセッションが、ロボット技術にフォーカスしたテクニカルサミットに設けられた理由とは? 「ハック」から、ロボット開発の要諦が見えてくる。(2011/9/1)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。