「オリックス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オリックス」に関する情報が集まったページです。

スマホをかざすだけ:
「探さなくてもいい」観光案内サイト オリックスが外国人向けに
オリックスは、旅行中の外国人観光客向けに、観光情報などを多言語で提供するサービスを始める。旅行中に検索することなく、観光スポットなどでスマホをかざすだけで、自国語の観光案内サイトを表示。9月末までに全国70自治体でサービス提供を目指す。(2018/4/18)

育児のつらさをプラスに転換:
「働くパパママ」川柳 大賞は「ワンオペも 逆手に取れば ひとりじめ」
オリックスが「働くパパママ川柳」の受賞作品を発表。働きながら育児に奮闘する両親の日常がテーマだ。大賞には「ワンオペも 逆手に取れば ひとりじめ」が選ばれた。(2018/4/16)

ネットとリアル融合:
オリックス銀、「GINZA SIX」内に初のコンサル型店舗オープン
オリックス傘下の信託銀行、オリックス銀行は4月9日、東京・銀座の商業施設「GINZA SIX」に、同行初となるコンサルティング型店舗「ORIX BANK GINZA PLAZA」(GINZA PLAZA)をオープンした。(2018/4/9)

大学中退、ひきこもりを経てアプリ開発の道へ 「どうぶつタワーバトル」作者がヒットの苦労と喜び明かす 新どうぶつ追加も示唆
メガネグマやオリックスなどマニアックな動物も。(2018/2/9)

太陽光:
ゴルフ場9ホールがメガソーラーに、3930世帯分を発電
オリックス・ゴルフ・マネジメントが、運営する島根県出雲市のゴルフ場敷地にメガソーラーを建設。年間予想発電量は一般家庭の約3930世帯分の年間電力消費量に相当する約1418万kWh(キロワット時)を見込む。(2018/1/19)

ドコモ、カーシェア事業に参入
NTTドコモが、カーシェアサービス「dカーシェア」を11月8日に始める。オリックスカーシェアや国内のレンタカーサービスと連携するほか、個人間シェアの仲介も手掛ける。(2017/10/18)

無人搬送車:
スマート工場のカギを握るAGV、オリックスがレンタルに本腰
計測器レンタルなどを展開するオリックス・レンテックは、ロボットレンタルサービスの拡大に向けて、自動搬送用ロボットを中心としたショールームを開設した。(2017/10/2)

電力供給サービス:
関西電力がオリックス電力の事業を買収、首都圏での顧客拡大を狙う
関西電力が、首都圏に多く顧客を抱えるオリックス電力の高圧一括受電事業の買収を決めた。電力自由化で競争が激化する中、首都圏での顧客拡大の足掛かりとしたい考えだ。(2017/9/12)

ドローン:
「ランドログ」初のアプリはドローンの測量業務支援サービス
コマツとオリックス・レンテックはドローン事業で提携し、「測量会社向け3次元測量業務支援サービス」の提供を開始する。ドローンなど測量機器のレンタルと、計測データの利活用に必要なソフトウェアをセットにしたパッケージサービスとなる。(2017/9/12)

15年前に旅館事業参入:
オリックスGが箱根に初の新築旅館を開業した背景
ホテルや旅館などを運営するオリックス不動産が初の新築旅館となる「箱根・芦ノ湖 はなをり」をオープンした。これまでの旅館ビジネスで培ったノウハウやアイデアが詰まっているという。(2017/9/5)

製造ITニュース:
ディープラーニング専用ワークステーションのレンタルサービスを開始
オリックス・レンテックは、GDEPアドバンスのディープラーニング専用ワークステーション「DeepLearning BOX」のレンタルサービスを開始した。NVIDIA製最新GPUを搭載し、各種ソフトウェアや開発ツールもすぐに使用できる状態で組み込まれている。(2017/8/10)

IT活用:
北海道の牧場跡地に14万枚のメガソーラー、蓄電池も併設
オリックスとソーラーフロンティアは、北海道で最大24MWの太陽光発電所の建設を開始した。年間の予想発電量は2175万6170kWhで、一般家庭約6000世帯分の年間電力消費量に相当するという。(2017/6/9)

安全システム:
高齢ドライバーを尊重して安全に運転してもらうには? 家族が見守れる仕組みを
オリックス自動車は、法人向け車両運行管理サービスの成果を個人向けにも展開し始めた。ターゲットは、移動手段としてクルマが必要で運転免許の返納が難しい高齢ドライバーと、その運転に不安を感じる家族だ。(2017/2/27)

危険行動をリアルタイム通知:
高齢ドライバーの運転「見える化」 オリックスが新サービス
オリックス自動車は、高齢者の運転を見守るサービスの提供を開始。テレマティクスで運転行動を「見える化」することで、事故リスクの低減につなげる。(2017/2/24)

最高としか言いようがない オリックス、“5日間連続で有給休暇を使うとレジャー費用を支給してもらえる制度”導入
弊社にも! 弊社にも!(2017/2/9)

協働ロボット:
共に働く相棒をレンタル、オリックスが協働ロボットのショールーム開設
計測器レンタルなどを展開するオリックス・レンテックは、協働ロボットやコミュニケーションロボットに特化したショールーム「Tokyo Robot Lab.」を開設。最新型の協働ロボットをマルチベンダーで展示し、ロボット購入に負担を感じている製造業などにレンタルでの活用を訴求する。5年後に売上高150億円を目指す。(2017/2/1)

自然エネルギー:
離島で地熱発電を増強、八丈島
八丈島では東京電力が運営する地熱発電所が活躍している。2022年度をめどに、より出力を高めた地熱発電所をオリックスが建設・運営する計画だ。(2017/1/18)

野菜の栽培にIoT、オリックス八ヶ岳農園が可視化システムを導入
オリックス八ヶ岳農園は、ハウス環境の“見える化”による野菜の安定供給を目指して、農業ICTクラウドサービスを導入した。(2017/1/12)

オリックス:
短期使用ニーズに応え、中古工作機械のレンタル事業を開始
オリックスは、群馬県、栃木県、茨城県、山梨県の企業を対象に中古工作機械のレンタル事業を開始した。(2017/1/11)

オリックス、自動運転車の研究開発向けに計測器と車両をレンタル
自動運転の研究開発に必要な計測器と車両の調達ニーズが高まっているという。(2016/12/26)

FAニュース:
中古工作機械のレンタル事業を開始、群馬・栃木・茨城・山梨で
オリックスは、中古工作機械のレンタル事業を開始した。レンタル先は精密部品、精密機械加工を行う企業を想定しており、群馬・栃木・茨城・山梨を足掛かりに、需要を見極めながら全国展開を図る。(2016/12/16)

太陽光:
屋根借りメガソーラーで国内最大級、物流倉庫で860世帯分を発電
オリックスは物流倉庫や工場などの屋根を借り受けて太陽光発電を行う「屋根借り式」の太陽光発電事業を進めている。伊藤忠商事とシンガポールのMapletree Investments社が開発した物流施設「アイミッションズパーク堺」の屋根を活用した太陽光発電事業を開始した。(2016/8/3)

自然エネルギー:
ゴルフ場が14MWのメガソーラーに、9ホールで3930世帯分を発電
用地を造成する手間が少ないメリットを生かし、ゴルフ場にメガソーラーを建設する事例が増えている。オリックス・ゴルフ・マネジメントは同社が運営する島根県出雲市のゴルフ場に、出力14MWのメガソーラーの建設を開始した。(2016/7/11)

Twitterで大反響のイラストも使える「バファローズポンタ」LINEスタンプが登場
ネットで話題の「バファローズポンタ」LINEスタンプが登場。オリックス・バファローズと共通ポイント「Ponta」のキャラクター「ポンタ」がコラボしたキャラクターだ。(2016/7/4)

エネルギー市場最前線:
通信×エネルギーに勝機、仮想発電所も視野に入れ躍進する通信系施工会社
通信関連の工事会社であるミライト・ホールディングスは、環境・エネルギー関連事業への取り組みを強化。2015年にはオリックスとの合弁でミライト・エックスを設立し家庭用蓄電池の施工で成長する。ミライト・エックスの代表取締役社長である柳澤繁氏に取り組みを聞いた。(2016/6/20)

オリックスが1試合22失点の圧倒的大敗 衝撃の「22-6事件」にバファローズポンタさんから表情が消える
おお、もう……。(2016/5/25)

プロ野球のオリックス、スポンサー契約によりヘルメットに「毛髪大作戦」のロゴが入ることに そこにその字入れちゃうのか……
また髪の話してる……。(2016/3/24)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
松坂は「給料泥棒」の汚名を返上できるのか “日本的補強”に警鐘
福岡ソフトバンクホークスの松坂投手とオリックス・バファローズの中島内野手が崖っぷちに立たされている。昨シーズン、大リーグから帰ってきた2人は期待されながらも、全く結果を残せなかったからだ。それでも高額を手にした両選手に対して、米球界から「?」の声が出ている。(2016/2/25)

「SmartCoin」のOrbが参加:
オリックス、静岡銀行らがブロックチェーンでNTTデータらと共同研究
NTTデータなど5社は、ブロックチェーン技術を活用した新たな金融サービスの開発に向けて共同研究を開始する。(2016/2/23)

1台2200万円の超高級車「マイバッハ」が日本初のレンタカーに 料金は?
オリックス自動車は、超高級車「メルセデス・マイバッハSクラス」を国内で初めてレンタカーとして提供する。(2016/2/15)

PR:「金融業のクラウド化は危険」という時代は終わった――金融大手オリックスが「Office 365」を選んだ理由
これまで「クラウド化が難しい」といわれてきた金融業界に変化の波が起こっている。大手金融系企業のクラウド導入が相次いでいるのだ。業界でもトップクラスのセキュリティ要件が求められるこの業界で、なぜ、クラウドが認められるようになったのか。オリックスの事例から探ってみよう。(2016/2/1)

太陽光:
北海道に18万枚のシャープ製パネル、1万4000世帯分の電力を生む太陽光発電所
北海道苫小牧市でシャープとオリックスの共同出資企業が手掛ける太陽光発電所「シャープ苫東の森太陽光発電所」の建設が完了し、2016年1月から稼働を開始する。18万枚以上のパネルを設置し、年間発電量は1万4100世帯相当を見込んでいる。(2015/12/25)

電力供給サービス:
小売電気事業者に石油最大手のJX、オリックスや三井物産も登録
家庭向けに電力を販売できる小売電気事業者の登録数が早くも50社を超えた。石油元売り最大手のJX日鉱日石エネルギーをはじめ、金融大手のオリックス、総合商社の三井物産が11月6日に審査を通過した。再生可能エネルギーの電力を中心に販売する事業者の登録も増えている。(2015/11/6)

オリックスがペットしか入会できないファンクラブを新設 ペットの種類は問われないもよう
牛の入会はあるか。(2015/10/28)

Nao Evolution:
アルデバラン「NAO」、オリックスがレンタル
電子機器レンタルなどを手掛けるするオリックス・レンテックが、Aldebaran Robotics「NAO」のレンタルサービスを開始した。法人向け。(2015/9/16)

FAニュース:
FAシステムの販売・導入支援で業務提携
オリックスとドーワテクノスは、産業用ロボットなどのFAシステムの販売・導入支援をめぐって業務提携を結んだ。メーカーに対して、診断から販売・施工・保守までのサービスを総合的に提供することを目的にしている。(2015/7/23)

スマートアグリ:
太陽光を利用した植物工場、年間19回の収穫が可能で出荷量は430トン
スマートアグリカルチャー事業を推進しているオリックスが、長野県諏訪郡で新たに水耕栽培事業を開始する。本多園芸と共同で農業法人を設立し、太陽光利用型の栽培施設でサラダほうれん草やルッコラを生産する予定だ。年間19回の収穫で、合計約430トンの出荷量を見込んでいる。(2015/7/21)

オリックス生命、営業担当者全員にiPad500台を導入
募集代理店からのメールに即座に反応し、商品を分かりやすくプレゼンテーションする。(2015/5/8)

自然エネルギー:
新潟最大のメガソーラーで1万6000世帯以上に電力供給、地域経済や防犯にも貢献
オリックスが新潟市内で最大規模となるメガソーラーの建設を開始する。最大出力は54.6MWで、1万6000世帯以上に電力供給を行う予定だ。同事業による雇用創出に加え、防犯灯や防犯カメラを設置して治安強化を目指すなど地域社会への貢献も推進していく。(2015/5/8)

スマートアグリ:
静岡県磐田市でスマートアグリのモデルケースを創出へ
富士通、オリックス、増田採種場、静岡県磐田市は、新たなスマートアグリカルチャー事業の創出に向けて協業することを発表。オープンイノベーション型農業のモデルケース創出を目指すとともに、先進技術によって実現する新たな農業の姿を模索していくという。(2015/3/30)

医療機器ニュース:
医療機器販売会社「イノメディックス」へ資本参加、企業価値向上を支援
オリックスは、大手医療機器販売会社のイノメディックスの全株式を取得することで合意した。資本参加に加え、複数の役員を派遣し、財務基盤の強化とガバナンス体制の構築を支援する。(2015/1/10)

狙いは小規模事業者:
オリックスはなぜ弥生を買収するのか
オリックスは年内に、会計ソフト大手の弥生を買収する。リースや保険、レンタカーなどを主力事業とするオリックスが、弥生を買収する理由は何なのだろうか。(2014/11/14)

オリックス、会計ソフトの弥生を買収
「弥生会計」などで知られる弥生をオリックスが買収する。(2014/11/13)

【速報】 プロ野球パ・リーグ ソフトバンクが3年ぶりリーグ優勝
延長10回でオリックスにサヨナラ勝ちを決めた。(2014/10/2)

球団ビジネス変革の裏側(後編):
「科学」と「アナログ」の融合でファンを急増させたオリックス・バファローズ
オリックス・バファローズが運営する公式ファンクラブ「BsCLUB」は、この1年間で1万人以上も会員数を伸ばしている。そのわけとは――。(2014/9/29)

球団ビジネス変革の裏側(前編):
オリックス・バファローズはいかにファン会員データを“宝の山”に変えたか
シーズン序盤からの快進撃そのままに、ついには2014年のパ・リーグ優勝に迫りつつあるオリックス・バファローズ。チームの成長に足並みをそろえるかのように球団事業も改革を進めて大きな成果を上げている。そこに至る背景を取材した。(2014/9/26)

App Town 交通:
iOS/Android対応のカーシェアリング予約アプリ「カーシェアマップ for オリックスカーシェア」が登場
カーシェア・マップは、カーシェアリングの予約機能を備えたiOS/Androidアプリ「カーシェアマップ for オリックスカーシェア」をリリース。利用者限定の無料キャンペーンも実施する。(2014/9/17)

電子ブックレット/電気自動車:
規制緩和がレンタカーを改善? 横浜で新サービス登場
アマノとオリックス自動車、メルセデス・ベンツは2014年7月14日、メルセデス・ベンツ日本の2人乗りの電気自動車「スマート電気自動車」を利用したサービス「スマート ワンウェイ カーシェアリング」(smaco)を開始すると発表した。横浜市内の8カ所のステーション(駐車場)で車を15分200円で借りられる。(2014/9/4)

自然エネルギー:
昼は発電 夜は星、空港跡地で国内初の太陽光
オリックスと九電工は2014年9月、空港跡地を利用した国内初の太陽光発電所「枕崎市枕崎空港跡地第一発電所・第二発電所」の運転を開始した。滑走路上に太陽電池モジュールを配置し、出力8.2MWを得る。両社は地域貢献策を3つ挙げており、そのうち1つが天文観測所である。(2014/9/3)

電気自動車:
規制緩和がレンタカーを改善? 横浜で新サービス登場
アマノとオリックス自動車、メルセデス・ベンツ日本は2014年7月14日、メルセデス・ベンツ日本の2人乗りの電気自動車「スマート電気自動車」を利用したサービス「スマート ワンウェイ カーシェアリング」(smaco)を開始すると発表した。横浜市内の8カ所のステーション(駐車場)で車を15分200円で借りられる。(2014/7/25)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。