「オヤジ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オヤジ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

飼うまでは「犬が死んだくらいで」と思ってたけど―― おっさん漫画家と3本足ワンコの漫画がグッとくる
いとおしくなるちょんぴーちゃん。(2018/12/10)

はるたんたちにまた会える! 「おっさんずラブ」映画化決定、歓喜に沸くファン「朝から喜びの涙を流している」
2019年夏公開予定だお。(2018/12/7)

「年上の♂ってどう?」「俺マッサージうまいよ!」―― “やっかいなおっさんのLINE”を再現した「クソリプスタンプ」から下心がにじみ出る
こういうのに対応しなくてはならない人は大変だ……。(2018/12/6)

「パパ、おしょうゆ取って」→念動力で「フワ〜」 超能力の使い方が地味でなごむ「エスパーおじさん」が書籍化
おじさんの幼少期も明らかに。(2018/12/6)

平成最後の顔! Twitterで2018年最も使われたアカウント&ハッシュタグが「おっさんずラブ」「新しい地図」に染まる
強い。(2018/12/5)

彼女の家に電話で「親父が出るか彼女が出るか」ギャンブル 懐かしさあふれる「平成恋愛あるある動画」公開
時代を感じる。(2018/11/26)

「絶対付き合ってるパターン」 竹内涼真、安田顕の肩で眠るラブラブ2ショットが“下町のおっさんずラブ”
ドラマ間違えそう。(2018/11/25)

「あたしに悪いコト教えて」 女子学生に迫られて“悪いコト”を教えるおじさんの漫画が優しい展開でほれる
悪いコトにもいろいろあります。(2018/11/24)

「おっさんは俺が守る」 小さな猫さんのけなげな気持ちを描いた漫画に目頭が熱くなる
高い志を持つ猫さんです。(2018/11/20)

「筋肉は裏切らない」「カメ止め」「おっさんずラブ」 平成最後のユーキャン流行語大賞、候補30語発表
「(大迫)半端ないって」「ボーッと生きてんじゃねーよ!」「#MeToo」などなど、トレンドで見かけたおなじみの言葉が散見。(2018/11/7)

「突然のデレ」に「キュン」の嵐 おっさん型家事ロボットが疲れたOLを癒してくれる漫画にトキメキが止まらない
いちいち「キュゥゥゥゥゥゥゥン」な日々。(2018/10/31)

この2人を待ってた! “おっさんずラブ”田中圭&吉田鋼太郎、久々2ショットにOL民大興奮「涙が止まらない」
OLは永久に不滅。(2018/10/26)

中年よ神話になれ おじさんが巨大ロボのパイロットに選ばれる漫画に妄想がふくらむ
考えてみれば、若者が乗らなければならないってこともない。(2018/10/25)

うらやましいぃぃぃ! 息子の高卒祝いのプレゼントに「ベンリイ SS50」をレストアしちゃう親父がかっこよすぎる
こんな親父が欲しかった。(2018/10/23)

IT化の必要性を実感:
IT運動会、おじさん世代が奮戦 「抵抗感」が「可能性」に 大日本住友
大日本住友製薬が社員にデジタル技術を身近に感じてもらおうと、勤務時間中の社内イベント「IT運動会」を開催した。ドローンの操縦技術や仮想現実(VR)を使ったゲームなどを団体戦で競った結果、優勝したのは電子メールさえ普及していなかった時代に入社した子会社社長がいるチーム。参加者は「VRを使って営業する時代は近いかもしれない」「体験したら簡単に楽しめた」などと話し、楽しみながら技術に触れ、IT化の必要性や可能性を実感したようだった。(2018/10/22)

日本水産の取り組みから考える:
「から揚げのおじさんだ!」 食品ロス対策が社員と子どもを笑顔にした話
まだ食べられるのに捨てられる食品ロス問題が注目されている。日本水産では、これまで仕方なく廃棄していた自社商品を年間10トン以上、児童養護施設などに寄贈している。どのような経緯で活動をするようになったのだろうか。(2018/10/19)

おじさん「わかっているよね?」 万引きを疑われた体験マンガに「自分もある」「トラウマになった」と共感続々
証拠が疑いを晴らしてくれる。(2018/10/19)

「人生が続く限り芸術家の活動は続く」 芸術家を“あしながおじさん”が月額で支援 ピクスタが新サービス
ストックフォトサービスを運営するピクスタが芸術家の継続的な創作活動を支援するサービス「mecelo」(メセロ)の提供を開始した。芸術家が継続して活動できるよう“小さなあしながおじさん”を募る。(2018/10/18)

スピン経済の歩き方:
16歳のアイドルを自殺に追い込む、「夢を食うおじさん」の罪
16歳の農業アイドルが自殺した。所属事務所のブラックぶりが明らかになりつつあるが、筆者の窪田氏は「事務所に注目が集まってしまうと、少女を死に追いやった『真犯人』を逃がしてしまうかもしれない」と危惧する。どういう意味かというと……。(2018/10/16)

見事なおっさんホイホイだ! アニメ「侍ジャイアンツ」第1話がジャンプ50周年公式チャンネルで無料配信
ノーコン蛮ちゃんの雄姿がアツい。(2018/10/8)

何だこのうれしいおじさんホイホイはぁぁぁ! スズキの伝説バイク「KATANA(カタナ)」が新型車で復活
2019年春に発売予定。【写真27枚】(2018/10/3)

「大島さんやばい盛れてる」 アンジャッシュ児島、何十年ぶりのプリクラで“悲壮感”を消し去ることに成功する
ポーズはおじさん。(2018/9/29)

「ねぇねぇおっさん私と楽しい事しなぁい?」 歓楽街で出会った女の子とオッサンの漫画がまさかのほっこり展開
「好きな事」ってそういう感じのやつ!?(2018/9/29)

「おっさんずラブ」ロスしてる場合じゃない露出の多さ! 絶賛大ブレイク中、田中圭の「3つの魅力」
「田中圭の沼」においでよ……。(2018/9/27)

「AppGuard」に続く、新しいコンセプトの製品を開発:
おじさんスタートアップの次の挑戦は、信頼できない世界の中で「信頼の輪」の確立を目指す
プロセスの隔離という新しいアプローチに基づくエンドポイントセキュリティ製品「AppGuard」を提供しているBlue Planet-Worksでは、子会社のTRUSTICAを通して、「信頼の輪を確立する」という新しいコンセプトのセキュリティ製品を提供する計画だ。(2018/9/21)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
革ジャンおじさんいわく「NVIDIAはソフトウェア企業です」
謎のAI半導体メーカーではないようです。(2018/9/18)

「お姉ちゃん、おじさんと遊ぼうや」 いかがわしい状況から一転 意外な関係に発展する2人の漫画にTwitter民恐れる
まるで2人はこうなる運命だったかのようなライバル関係。(2018/9/14)

「愛を感じる」「泣きそう」 スキマスイッチ、「おっさんずラブ」主題歌MVが民の心をわしづかみ
はるたんもサプライズ出演!(2018/9/11)

松本人志、55歳の誕生会はお笑い一色! 陣内智則、フット後藤、TKO木下らと「おっさんだらけの大喜利大会」
松ちゃんおめでとうございます!(2018/9/10)

ぬいぐるみがいつの間にか枕元に…… ぬいぐるみに懐かれたおっさんを描いた漫画がSF(すこし・ふしぎ)で和む
おっさんもじゅうぶんかわいいと思います。(2018/9/10)

42歳サラリーマンが小学生になった漫画「おっさんが小学生」 営業で培った能力と行動力で学校改革する姿がかっこいい
この小学生(おっさん)強い……!(2018/9/6)

「いい湯加減じゃのう」 茶碗風呂に入る「目玉おやじ」がしゃべる加湿器になって発売
「いいミストなんじゃ」(2018/9/2)

胸キュンおじさんは突然に ちょっと気持ちがやさぐれた人たちがギャップ萌えおじさんに癒やされる漫画シリーズ
胸キュンは突然に(相手はおじさん)。(2018/8/21)

夫婦2人の時間が苦痛に……急増する「夫源病」 典型的“昭和のオヤジ”はご用心
「風呂、お茶、飯」。退職後、一日中自宅にいるにも関わらず、会社員時代と変わらぬ亭主関白ぶりで指図する夫の態度などが原因で、妻が体調を崩す「夫源病(ふげんびょう)」が増えている。(2018/8/16)

ただの猫好きおじさんだ! サンシャイン池崎、風神&雷神にメロメロで“猫スタグラム化”が止まらない
かわいいいいぃぃぇぇええええいいいい!(2018/8/14)

「あ〜尊い」「2枚目の牧くんの視線が…」 おっさんずラブ、田中圭と林遣都の“蔵出しショット”にファン熱狂
公式が罪。(2018/8/8)

「ハイエース」50歳に “ちょい悪!?”な発売50周年特別仕様車が登場
ダーク系のカラーも渋い。(2018/8/7)

花守ゆみりさんが30代おっさん達へ全力で解説する『ハッピーシュガーライフ』の魅力!
アニメ放送もスタートした10代女子の人気作『ハッピーシュガーライフ』。その魅力を声優の花守ゆみりさんがプレゼンした。(2018/7/20)

化粧のちからってすげー! おじさんが女装で大化けする動画の美しさに「デートして」「メイク教えて」の声
壮絶な驚きとオチが詰まった15秒。(2018/7/12)

「はるたん意識してるな!?」 田中圭の誕生日、新ドラマ公式アカウントがおっさんずラブロスを理解しすぎ
存在が罪ぃ〜!(2018/7/11)

Pontaのデータを分析:
おじさんはローソンの100円ビールと一緒に何を買っているのか
ローソンが販売している高アルコール・低価格なプライベートブランド(PB)のビールが売れている。同社の調べによると、30〜50代の“おじさん”がビールと一緒によく購入している商品があるという。(2018/7/10)

三重県はなぜ“オヤジ観光の聖地”を目指すのか
「今夏、最もおすすめの旅行スポットは“オヤジ旅の聖地”三重県!」。三重県が、ユニークな観光キャンペーンを始めた。「訪日外国人」や「女子旅」がキーワードになることが多いなか、中高年男性に狙いをつけた。人気のスポットの伊勢神宮などを擁する三重県が、なぜ、あえて“オヤジ”狙いなのか?(2018/7/10)

「ほぼ親父しか解いてねえ」―― とあるお父さんが作った数独サイト、息子のツイートで一夜にして人気爆発
お父さんに、なぜ自分でサイトを作ろうと思ったかなど聞きました。(2018/7/5)

こんなの出されたら忘れられないでしょ! 「おっさんずラブ」、毎日はるたんに会える日めくりカレンダーを発売
これでまたはるたんに会える……!。(2018/7/2)

W杯「おっさんジャパン」、応援もおっさん
平均年齢の高さから「おっさんジャパン」などとやゆされた日本代表。実は代表を応援しようとロシアに集結した日本のサポーターも、年齢層の高さが目立つ。(2018/6/29)

常見陽平のサラリーマン研究所:
NewsPicksの広告「さよなら、おっさん」はいけない。「こんにちは」である
意識高い系ニュースキュレーションサービス「NewsPicks」が、ちょっと珍妙な広告を出していた。日本経済新聞に、カラー全15段で「さよなら、おっさん。」と書いていたのである。刺激的なキャッチコピーであるが、この言葉に対して、筆者の常見陽平氏は違和感を覚えたという。なぜかというと……。(2018/6/29)

車両デザイン:
「女性ってかわいいものが好きでしょ」、おじさんたちの固定概念を覆す
ダイハツ工業は2018年6月25日、新型軽乗用車「ミラ トコット」を発売すると発表した。クルマを初めて購入する、もしくは欲しいクルマがないという若い女性に向けて、企画の初期から同社の女性社員が関わって開発した。月間販売目標台数は3000台で、このうち8割を女性が占めると見込む。(2018/6/26)

女性オタク「いかゴリラ」の日常漫画が単行本化 謎おっさんに絡まれたりいたずらして怒られたりする話が満載
服のサイズは基本的に合わない。(2018/6/25)

「おっさんずラブ」春田のマグカップ、品薄激化で定価17倍で転売も ニトリ「夏ごろに販売予定」
夏には定価で購入できる予定です。(2018/6/22)

「ここに牧春がいたと思うと…」 「おっさんずラブ」ロケ地にファンが急増、おかずクラブもロスに
思い出がよみがえってくる……。(2018/6/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。