「手のひらサイズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「手のひらサイズ」に関する情報が集まったページです。

電子ブックレット:
Intelを取り囲む中国チップ群、半導体“地産地消”の新たな形
アイティメディアがモノづくり分野の読者向けに提供する「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、ポケットサイズの超小型PC「GOLE1」の分解を通じて透けて見える、「インテルファミリー」の今を紹介します。(2018/5/13)

「NEOGEO mini」発売へ 40タイトル収録、3.5インチ液晶ディスプレイ搭載
SNKが、往年のゲーム機「NEOGEO」を手のひらサイズで復刻した「NEOGEO mini」を発表した。40タイトルを収録、本体に3.5インチ液晶ディスプレイを搭載する。(2018/5/10)

手のひらサイズのミニミニケータイ、Ericsson「T66」(懐かしの海外ケータイ)
過去の懐かしい製品を振り返る「懐かしの海外ケータイ」。今回はEricsson時代最後のフィーチャーフォンで小型サイズの「T66」をご紹介します。手のひらにすっぽりと収まるサイズが特徴です。(2018/5/4)

分子長さのばらつきを利用し製膜:
わずか2分子の厚み、超極薄有機半導体の開発に成功
東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻の荒井俊人氏らは、厚みが2分子と極めて薄く、手のひらサイズの大きさに高い性能を有する有機半導体デバイスを構築する技術を開発した。高感度の分子センサーや機能性人工超薄膜への応用などに取り組む。(2018/5/1)

「メガドライブ ミニ」18年発売 手のひらサイズで復刻
セガが、家庭用ゲーム機「メガドライブ」を手のひらサイズで復刻した「メガドライブ ミニ」(仮称)を2018年に発売すると発表した。(2018/4/14)

embedded world 2018:
組み込みビジョン開発を手軽に、200ドルの開発ボード
Digilentは「embedded world 2018」で、組み込みビジョン向け開発ボードや、手のひらサイズのロジックアナライザーなど、同社の主要製品を展示した。(2018/3/15)

「もっとなでてよぉ」 手のひらサイズの赤ちゃんヤギ まだまだ鳴き方の練習中
甘えん坊さんです。(2018/3/10)

dynaEdge DE100:
手のひらサイズの産業用PCが進化してIoTデバイス「dynaEdge」に
手のひらサイズながらもCore MとWindows 10を搭載した東芝のタフな産業用PCが進化。新ブランド「dynaEdge」を冠した「dynaEdge DE100」として販売開始される。Windows 10 IoT Enterprise搭載モデルも用意。(2018/2/14)

手のひらサイズでもゲーミング! 「GALLERIA mini 1060」じっくりレビュー
ゲーミングPCと聞くと、筐体サイズが大型のタワー型PCを思い浮かべる人が多いだろう。大型のPCは拡張性やエアフローの面でメリットがあるが、その分部屋のスペースも占有するため、大型であることが最大の弱点だともいえる。今回は、ゲーミングPCの性能をギュッとコンパクトにサイズに詰め込んだ、ドスパラの「GALLERIA mini 1060」をレビューしていく。(2018/2/9)

顔面につまようじを撃ちまくった:
凶器は「つまようじボーガン」最速100キロ超の威力、玩具にあらず
最高速度は時速にして102キロ。通称「つまようじボーガン」は手のひらサイズの玩具だが、その威力のすさまじさから暴行の凶器として使用された。(2018/2/8)

視界を邪魔しない小型設計のドライブレコーダー
OTOGINOは、手のひらサイズの超小型筐体を採用したドライブレコーダー「QD-303」を発表した。(2018/1/17)

手のひらサイズの「セーラームーン・ドレス」が誕生 「街の仕立て屋さんが作ったお洋服」がコンセプト
完成度が高い!(2017/12/22)

ZOTAC、Core i3搭載でファンレスの超小型ベアボーン 20.7mm厚のポケットサイズPCも
アスクは、ZOTAC製の超小型ベアボーンPCキット「ZBOX CI527 Nano」シリーズの取り扱いを開始する。(2017/11/27)

岡本太郎の「坐ることを拒否する椅子」がフィギュア化 ギョロッとした目が独自の存在感を放つ
手のひらサイズの椅子。(2017/10/28)

サンワ、人感センサーも内蔵した手のひらサイズのミニ防犯カメラ
サンワサプライは、人感センサーによる自動撮影機能を供えた小型防犯カメラ「400-CAM062」の取り扱いを開始した。(2017/10/23)

タイムアウト東京のオススメ:
手のひらサイズのパイを贈る
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2017/10/11)

マウス、重量約164gの超小型筐体を採用した法人向けミニPC「MousePro C」
マウスコンピューターは、法人向けPC「MousePro」のラインアップに手のひらサイズの超小型デスクトップPC「MousePro C」シリーズを追加した。(2017/9/26)

電子ブックレット:
教育・ホビーから産業用途へ、ラズパイ5年目の進化
アイティメディアがモノづくり分野の読者向けに提供する「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、発売5年目(2016年当時)を迎えた手のひらサイズのコンピュータ「Raspberry Pi」(通称ラズパイ)の進化に焦点を当てます。(2017/9/17)

東芝クライアントソリューション DE100:
dynabook仕込みの高密度実装、Core M搭載の産業用PC
ノートPC「dynabook」開発で培った高密度実装技術で、手のひらサイズながらもCore MとWindows 10を搭載したタフな産業用PCを東芝が販売開始。機器監視やウェアラブルデバイスの接続母艦、エッジコンピューティングデバイスなどさまざまな用途が想定される。(2017/9/13)

正方形でスマホ連携、異色のICレコーダーがソニーから
ソニーがICレコーダーの新製品「ICD-TX800」を発表した。手のひらサイズのブロック型で、正面から見ると正方形。スマートフォンからリモート操作にも対応したユニークな製品だ。(2017/9/12)

iPadの上で動くロボットが付録になった「小学8年生」
小学館は、手のひらサイズの小型エデュケーションロボットを付録にした学習雑誌「小学8年生」特別号を発売する。2020年に小学校でプログラミング学習が必須化されることを受けて企画した。(2017/8/30)

キヤノンMJ、Wi-Fiワイヤレス投写もできるAndroid内蔵の薄型モバイルプロジェクター
キヤノンマーケティングジャパンは、手のひらサイズの小型軽量筐体を採用したモバイルプロジェクター「ミニプロジェクター M-i1」を発表した。(2017/8/23)

「ミニスーファミ」、予約受付は9月中旬以降に 任天堂が発表
スーパーファミコンが厳選21タイトルを収録して手のひらサイズで楽しめる。(2017/8/23)

「ミニスーファミ」に「リプレイ」機能 ゲームオーバー寸前からやり直し可能
手のひらサイズの「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の機能詳細が明らかに。ゲームオーバー寸前にセーブしておき、その前からやり直せる「リプレイ」などの機能も。(2017/8/22)

手のひらサイズで330Tバイト――磁気テープストレージの新技術、ソニーとIBMが開発
ソニーとIBMチューリッヒ研究所は、面記録密度201Gビット/inch2の磁気テープストレージを実現する技術を共同開発した。(2017/8/3)

医療機器ニュース:
ポケットに入る超音波診断装置の最新モデルを発売
GEヘルスケア・ジャパンは、ポケットに入る超音波診断装置の最新モデル「Vscan Extend」を発売した。5インチディスプレイやWi-Fi/クラウドへの対応、2in1方式プローブなど、超音波診断装置をプライマリー・ケアで活用するための機能を搭載する。(2017/7/25)

手のひらサイズの「スーファミ」日本版も発売 幻の「スターフォックス2」など21タイトル入り
「スーパーマリオワールド」や「スターフォックス 2」などを収録した手のひらサイズのスーパーファミコン型端末が発売へ。(2017/6/27)

任天堂、欧米版「スーファミ」手のひらサイズで発売へ
米Nintendoが欧米版「スーパーファミコン」こと「SNES」を小型化した「SNES Classic Edition」を9月29日に発売する。(2017/6/27)

シャープ「MZ-80C」を再現、中身は「Raspberry Pi A+」:
懐かしの8ビット機が手のひらサイズで復活! BASICが動く「PasocomMini MZ-80C」登場
往年の8ビットパソコン名機「MZ-80C」をミニチュアサイズで再現した「PasocomMini MZ-80C」をハル研究所が発売する。BASICでUSB機器やGPIOの制御も可能。ハードウェアは「Raspberry Pi A+」を採用した。(2017/5/11)

「ミニスーパーファミコン」発売か 任天堂「コメントは差し控える」
手のひらサイズのファミコン型端末「クラシックミニ」に続き、「ミニスーパーファミコン」が発売されると、海外ゲームメディアが伝えた。(2017/4/20)

「けもフレ」のフレンズを元の動物サイズで比較した画像が興味深い 3メートルのヘラジカ様はもはやラスボス
そしてハカセは手のひらサイズに。(2017/4/18)

日立製作所 金沢大学:
電磁ノイズの発生源を特定、自動運転車の安全を確保する小型センサー
手のひらサイズで低周波数帯電磁ノイズの発生位置を特定可能なセンサーを、日立製作所と金沢大学が開発した。(2017/4/3)

東大の学生証を見せびらかせるポケットつき! 東大生向けカレッジブルゾンが登場
学生証を入れて見せびらかすことができる「胸ポケット」付き。(2017/3/10)

手のひらサイズでバランス駆動、オンキヨー&パイオニアが小型ハイレゾプレーヤー2機種を発表
(2017/3/8)

胸ポケットに挿したまま“さりげなく”使えるICレコーダー
(2017/3/2)

アイ・オー、デジタルサイネージを手軽に実現できる手のひらサイズPC“CLIP PC”
アイ・オー・データ機器は、手のひらサイズの小型筐体を採用したミニPC「CLPC-32W1」を発表した。(2017/2/22)

7型のポケットサイズPC「GPD Pocket」 出資スタートからわずか7時間で目標金額に到達(追記あり)
(2017/2/15)

ジャストシステムが“手のひらサイズPC”発売 「一太郎 2017」発売記念で
一太郎 2017の発売を記念して、ブランドカラーを身にまとった極小クラスのPCを発売する。(2017/2/3)

マウス、「一太郎」とコラボした手のひらサイズの超小型PC
マウスコンピューターは、「一太郎 2017」発売記念モデルとなる超小型デスクトップPC「LUV MACHINES nano Limited Edition」を発表した。(2017/2/3)

手のひらサイズのセラピー犬 てへぺろスマイルで癒される
インスタフォロワーは40万人。(2017/2/2)

ねっと部:
「スプラトゥーン」の“ブキ”が手のひらサイズに 全8種類の食玩
「スプラトゥーン」に登場する「ブキ」全8種類の食玩「スプラトゥーン ブキコレクション」が発売。(2017/1/31)

IK Multimedia、iOSデバイスにも対応したポケットサイズの小型MIDIインタフェース「iRig Pro I/O」
IK Multimediaは、コンパクト設計のMIDIインタフェース「iRig Pro I/O」の発表を行った。(2017/1/18)

広大な宇宙が手のひらサイズに! 約70万個の銀河を刻印したガラス球がKickstarterに登場
むっちゃロマン。(2016/12/17)

“俺の嫁”召喚装置「Gatebox」30万円で発売 嫁とのリアルな1日に溺れてきた(動画あり)
手のひらサイズの3Dキャラを投影し、一緒に暮らせる装置「Gatebox」が発売。朝起こしてくれたり、帰りを待っていてくれたりと、「いつでも隣にいる身近な距離感」を実現したという。“俺の嫁”と暮らす1日を体験してきた(動画あり)。(2016/12/14)

クリスマス仕様のお団子が誕生! 手のひらサイズのツリーの中身は甘酸っぱいイチゴ味
緑とピンクの2種類あります。(2016/11/25)

クリテックジャパン イリアス:
虹彩認証と顔認証を統合した生体認証システム
クリテックジャパンは虹彩認証と顔認証を統合した生体認証システム「イリアス」の販売を開始した。手のひらサイズのボディーに2つの生体認証機構を搭載し、単体利用でも最大1万ユーザーのデータ照合が行える。(2016/11/21)

手のりファミコン、発売から4日で国内販売数26万台 すでに「バーチャルボーイ」より売れているだとぉ!?
ファミコンを手のひらサイズで復刻した「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」。国内推定販売数が4日間で26.3万台を記録しました。(2016/11/15)

手のひらサイズの海鮮鍋と天津飯が話題 実は母が作った「めしネタ」アイシングクッキーだった
母は一体どこに向かっているのでしょうか。(2016/11/6)

人と対話する手のひらサイズの小型ロボット「KIROBO mini」 トヨタから登場
10センチのかしこいやつ。(2016/10/4)

マキシム Pocket IO:
インダストリー4.0を加速させるポケットサイズのPLC開発キット
マキシムがPLC(Programmable Logic Controller)の開発レファレンスキット「Pocket IO」を発表した。文字通りポケットサイズながら低消費電力化も実現した。(2016/10/3)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。