「特許」最新記事一覧

質問!特許→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で特許関連の質問をチェック

建設業の生産支援クラウド「フォトラクション」、図面表示技術に関する特許出願
建設×ITのスタートアップ企業CONCORE’S(コンコアーズ)は、建築・土木の生産支援クラウド「Photoruction(フォトラクション)」の新たな図面表示機能を開発した。2017年に開発されたフォトラクションは、今では大小の建設会社をはじめ、検査会社、不動産会社など、業種・職種を超えて活用されている。代表の中島氏にフォトラクションの新機能と今後の開発方針について聞いた。(2018/4/12)

プラモデルに「人の肌の質感」を バンダイが新プロジェクト 6月に第1弾を発売
バンダイがプラモデルの新プロジェクト「Figure-riseLABO」(フィギュアライズラボ)を立ち上げた。技術の進歩でプラモデルの表現力を向上させるというもの。第1弾は「肌」の表現をテーマに同社の特許技術「レイヤードインジェクション」を進化させた。(2018/4/10)

495件をFRAND条件で:
5G向け特許、シャープがいち早く利用許諾を宣言
2017年12月に、「5G(第5世代移動通信) NR(New Radio)」の標準仕様の初版が策定された。シャープはこれを受け、5G NRに適合する同社の特許ファミリー495件を選定し、FRAND条件(公正、合理的かつ平等な条件)で利用を許諾することを表明している。(2018/4/2)

Amazon、配送ドローンに「手を振って合図」の特許出願
ドローンでの配送テストを続けている米Amazon.comが出願した、届け先のユーザーがドローンに手を振ったり声を掛けることで着陸場所を指示できるようにするシステムの特許をUSPTOが公開した。(2018/3/23)

Uber、Google系列Waymoとの特許訴訟で和解 2億4500万ドル支払い
Uberが買収した自動運転トラック企業OttoのCEOがGoogle(後のWaymo)退社時に自動運転技術情報を持ち出したとしてWaymoがUberを提訴していた訴訟が和解に達した。(2018/2/11)

京都に足を運んで話したが……:
「信じるものが折り合わない」――コロプラ馬場社長、任天堂との“特許紛争”を語る
スマートフォン向けゲーム「白猫プロジェクト」の特許権を巡り、任天堂と係争状態にあるコロプラ。この特許紛争は、どのような経緯で発生したのだろうか。コロプラ側に見解を聞いた。(2018/2/7)

「#グリーを許すな」は効果なし?:
グリー対Supercell 「クラクラ」特許紛争の行方は
特許権を巡るグリーとSupercellの訴訟は現在どのような状況なのか。「クラクラ」ファンによるTwitter上でのグリー批判をどう捉えているのか。グリーに見解を聞いた。(2018/2/3)

Apple、触覚フィードバック訴訟でImmersionと和解
Immersionが、特許侵害で2016年に提訴したAppleと和解し、ライセンス契約を結んだと発表した。(2018/1/30)

知財ニュース:
革新企業トップ100で日本が最多に返り咲き、日東電工と富士電機が受賞講演
クラリベイト アナリティクスは、知財/特許動向の分析から世界で最も革新的な企業100社を選出する「Top 100 グローバル・イノベーター 2017」を発表。前回の2016年は100社中の国別企業数で2位だった日本だが、2017年は米国を抜いて再び1位に返り咲いた。会見では、7年連続受賞の日東電工と初受賞の富士電機が技術開発戦略を説明した。(2018/1/26)

Supercell、「クラクラ」のレイアウトエディタ機能を削除 グリーから「特許侵害」と仮処分申し立て受け
「クラッシュ・オブ・クラン」の「レイアウトエディタ」機能を近く削除へ。グリーから特許侵害を主張され、東京地裁に仮処分を申し立てられたため、係争が終わるまで削除することにしたという。(2018/1/24)

グリー、Supercellとの特許紛争についてコメント 「ゲーム会社である弊社としても大変残念」
Twitterではハッシュタグ「#グリーを許すな」がトレンドに入るなど、グリーに対する不満が多くあがっていました。(2018/1/24)

十数件の特許の使用差し止めを申し立て:
グリー、特許侵害で「クラクラ」Supercell提訴 「話し合いを拒否された」
グリーは、Supercellが開発・運営するスマートフォン向けゲームアプリ「クラッシュ・ロワイヤル」「クラッシュ・オブ・クラン」が特許権を侵害したとして提訴したことを明らかにした。(2018/1/24)

Twitterでハッシュタグ「グリーを許すな」が流行 「クラッシュ・オブ・クラン」への特許侵害申し立てでユーザーから不満
当該機能の削除が発表され、ユーザーからは「不便になる」と不満の声があがっています。(2018/1/23)

ユーザーはTwitter上で擁護:
「クラクラ」から「レイアウトエディタ」消える? グリーが特許権侵害を主張し係争
Supercellが、人気ゲーム「クラッシュ・オブ・クラン」から「レイアウトエディタ」を削除すると発表。特許権を侵害したとして、グリーから仮処分命令申し立てを提起されたため。Twitter上では、ユーザーから大きな反響が起きている。(2018/1/23)

増えるメモリ関連の訴訟:
UMCとMicron、メモリ関連で特許係争に発展
台湾のUMCが、Micon Technologyの中国の子会社を提訴した。メモリチップ関連で、特許侵害があったとする。(2018/1/17)

「白猫」配信停止と損害賠償44億円求める:
コロプラ、昨年来安値 特許侵害で任天堂が提訴 
1月11日の東京株式市場で、コロプラ(東証1部)の株価が急落。昨年来安値を更新した。(2018/1/11)

任天堂、特許権侵害でコロプラを提訴 「白猫プロジェクト」配信停止と44億円の損害賠償を請求
任天堂によると、「タッチパネル上でジョイスティック操作をする際に使用される特許技術」など5件の特許侵害があったとのこと。(2018/1/10)

任天堂、コロプラを提訴 「白猫プロジェクト」特許侵害で差し止め・賠償請求
「白猫プロジェクト」が任天堂の特許権を侵害しているとし、配信差し止めと約44億円の賠償をコロプラに求める訴訟を、任天堂が提起した。(2018/1/10)

5件の侵害を主張:
任天堂、コロプラを提訴 特許侵害で「白猫プロジェクト」差し止め求める
任天堂がコロプラを提訴。「白猫プロジェクト」の配信差し止めと損害賠償44億円の支払いを求める。(2018/1/10)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftの折りたたみ2画面デバイスは本当に出るのか
Microsoftが折りたたみ式の2画面ディスプレイ搭載デバイスを開発しているというウワサは以前からある。今回は同社が公開したアプリのプレビュー版や特許申請の内容から、その秘密を探っていく。(2017/12/28)

Micronは既にけん制する動き:
中国メモリメーカーが直面する“特許”の壁
メモリに注力する中国だが、Samsung Electronics、SK Hynix、Micron Technologyという巨大な3社が持つ特許を侵害せずに、メモリ技術開発を行うことはほぼ不可能だといわれている。中国メモリメーカーが直面するのは、“特許”の壁だろう。(2017/12/19)

製造ITニュース:
秘密分散技術によるログデータ管理について、特許を共同取得
ウフルとZenmuTechは、ログデータ管理の特許を共同で取得した。データを無意味化する秘密分散技術により、IoTデバイスが生成する大量のログデータを効率的かつ安全に管理できる。(2017/12/14)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
ブラウザがもっと安全になる? Microsoftのプライベートモード自動切り替え技術
MicrosoftはIEからEdgeへとブラウザの移行が進むことを望んでいるが、スマートフォン連携などで先行するChromeがシェアを伸ばしている。そんな中、Microsoftが申請したWebブラウジングに関する特許は差異化ポイントになるかもしれない。(2017/12/4)

価格設定は妥当なのか?:
Qualcommが5Gのライセンス方針を公開
5G(第5世代移動通信)の規格策定が進む中、Qualcommが5G関連特許のライセンス料を公表した。スマートフォン向けライセンス料をめぐりAppleと泥沼の特許係争が続く同社だが、果たして公開されたライセンス料は、スマートフォンの価格帯に対して妥当なのだろうか。(2017/12/4)

Qualcomm、iPhoneの中国での製造販売差し止め求めAppleを中国でも提訴
AppleのiPhoneで使われている技術が特許を侵害しているとして、Qualcommが中国でも訴訟を起こし、中国でのiPhoneの製造・販売の差し止めを要求した。両社は米国でも1月から法廷闘争を繰り広げている。(2017/10/16)

電子ブックレット:
特許係争の危機にさらされる半導体企業
アイティメディアがモノづくり分野の読者向けに提供する「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、激しい合併買収によって特許係争の危機にさらされている半導体業界について解説します。(2017/10/15)

損害賠償1億3200万円要求:
日亜化学、東芝子会社を提訴 液晶TV部品の特許侵害で
東芝の連結子会社東芝映像ソリューションが、精密化学品開発の日亜化学から提訴された。テレビ2製品で使用している部品が、特許2件を侵害しているためという。(2017/9/4)

Showcase Capitalがプラスワン・マーケティングに出資
ショーケース・ティービーの子会社であるShowcase Capitalが、FREETELを展開するプラスワン・マーケティングへの出資を決定。モバイル向けコンテンツや特許技術などを供与し、グローバルなスマートフォンサービス分野で協業していく。(2017/8/16)

Qualcommの申し立てを聞き入れ:
米ITC、Qualcommの特許侵害でAppleを調査へ
AppleとQualcommの法廷争いで、米国際貿易委員会(ITC:International Trade Commission)が動いた。Qualcommの申し立てを聞き入れ、Appleを調査すると発表した。(2017/8/14)

他の官公庁に先駆け9月開始:
特許庁、公的文書での旧姓使用を容認 女性の意欲向上へ
特許庁が、公的文書作成などにおいて全職員の旧姓使用を認めると発表。女性職員の意欲向上などが狙いだ。(2017/7/28)

マネーフォワードがfreeeに勝訴 クラウド会計ソフトの特許訴訟
マネーフォワードがfreeeの特許権を侵害しているとして、freeeがマネーフォワードを相手取り、特許の使用差し止めなどを求めた訴訟の第一審判決が7月27日、東京地裁であった。(2017/7/28)

Intel、iPhoneのモデムをめぐるApple対Qualcommの特許紛争に参戦
iPhoneのモデムプロセッサをめぐるApple対Qualcommの特許紛争で、米国債貿易委員会(ITC)の求めに応じ、IntelがAppleをサポートする声明文を提出した。(2017/7/24)

“21世紀の俺の嫁”「Gatebox」、開発元が特許を取得 本体とスマホ間で話題を共有する技術
外出時にチャットアプリで話した内容が、帰宅後に本体と直接話すときに話題に上るといった「話題の連動」に関する技術。(2017/7/14)

「キャラとの会話」で特許取得 “俺の嫁”召喚装置Gatebox
“俺の嫁”召喚装置「Gatebox」運営元が、Gateboxとスマートフォンをまたいだキャラクターとの対話技術に関する特許を取得した。(2017/7/14)

止まぬ係争:
QualcommがAppleを提訴、iPhoneの特許侵害で
QualcommがAppleを提訴した。Appleが、「iPhone」でQualcommの特許を侵害したと訴えている。両社の特許係争は長引くばかりだ。(2017/7/12)

Qualcomm、Appleを特許侵害で提訴 iPhone輸入差し止めも要請
1月から始まったApple対Qualcommの訴訟合戦で、Qualcommが新たにAppleを6件の特許侵害で提訴した。QualcommはITCに対し、iPhoneの米国への輸入差し止め命令も求めている。(2017/7/10)

NokiaとXiaomi、VRやAIを含む広範な業務提携とライセンス契約
NokiaとXiaomi(小米科技)が業務提携と複数年の特許ライセンス契約を結んだ。NokiaはXiaomiにネットワークインフラを提供し、両社はIoT、AR/VR、AI分野で協力していく。(2017/7/6)

たまごかけご飯に最適な特許取得した「たまご」登場 開発に7年
黄身のコク・粘り気・色にこだわって開発したそうです。(2017/7/5)

特許取得の飼料で生産:
開発7年「卵かけご飯に合う卵」、東日本で先行発売
JA全農たまごが「卵かけご飯に合う卵」を7年の歳月をかけて開発。特許取得の飼料配合で生産している。消費者からは「これはもうおかず」といった感想も。(2017/7/5)

Amazonのドローン配送用高層物流センターの特許出願文書が公開
2013年にドローン配送構想を発表したAmazonが米特許商標局に出願したドローン向け高層物流センターの特許書類が公開された。(2017/6/25)

特許庁が商標出願の審査開始までの運用を一部変更 “一部の出願人”対策
一部の出願人が出願手数料のない商標登録出願を大量に行っていることへの対策。(2017/6/21)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
期待のARM版Windows 10に待った? Intelが特許問題をちらつかせる理由
MicrosoftとQualcommが2017年第4四半期に「Snapdragon 835搭載のWindows 10デバイス」を投入すると予告した一方で、Intelは特許侵害の可能性を指摘している。蜜月関係にあったMicrosoftとIntelだが、本件で対立を深めることになるのだろうか。(2017/6/21)

米Amazon、「実店舗内でのオンラインショップ利用を制御する特許」取得 ネットで価格比較する消費者対策
店舗内に無線ネットワークを設け、ネット利用を制御。(2017/6/19)

ジーン・シモンズ、親指直角版メロイックサインを商標登録出願
KISSのジーン・シモンズが、“人差し指と小指を上に向けて開き、親指を直角に開いた形の手ぶりで構成される”サインを自分の発明だとして米特許商標庁に出願した。(2017/6/15)

Intel、「x86のエミュレーションは特許侵害」とARM版Windows 10に牽制
MicrosoftとQualcommが発表した「Snapdragon 835」搭載Windows 10ノートの発売を前に、Intelがx86 ISAのエミュレーションは特許侵害の恐れがあると、誰にともなく警告した。(2017/6/11)

Automotive Linux Summit 2017レポート:
車載Linux「AGL」の本格採用を始めるトヨタ、特許リスクも見据える
Automotive Grade Linux(AGL)の開発者向けイベント「Automotive Linux Summit 2017」の基調講演に、トヨタ自動車の村田賢一氏が登壇。トヨタ自動車におけるAGL関連の開発活動や、AGLの初採用車両となる新型「カムリ」との関係について語った。また、今後の採用拡大時に課題になる特許リスクについても指摘した。(2017/6/7)

人とくるまのテクノロジー展2017 講演レポート:
自動運転よりライドシェアが熱い? 特許からみるIT企業の自動車ビジネス
特許分析の専門会社、ランドンIPの中島顕一氏が、自動車分野でのIT企業の動向を紹介した。特許の出願傾向から、各社の自動車技術の開発方針が見えてくる。(2017/6/6)

MP3は本当に「死んだ」のか? 特許権消滅が意味するもの
MP3の基本特許を対象とするライセンスプログラムが今年4月に終了していたことが分かった。これは開発者やユーザーにどう影響するのか。ITと知的財産権に詳しい栗原潔氏に解説してもらった。(2017/5/29)

AppleとNokia、特許訴訟で和解──複数年のライセンス契約締結
NokiaがAppleを特許侵害で提訴し、AppleはNokiaのヘルスケア製品をオンラインストアから排除していた争いに決着がついた。NokiaはAppleからライセンス料を受けてネットワーク製品を提供し、Appleは排除していたNokia製品の販売を再開する。(2017/5/23)

Apple、新型ピザボックスの特許を出願していた ピザが冷めにくくふやけにくいスマートな設計
Macintosh LCシリーズがリバイバルするわけではありません。(2017/5/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。