• 関連の記事

「Pepper」最新記事一覧

【最終回】真説・人工知能に関する12の誤解(17):
なぜ私たちは、人工知能を“誤解”し続けてしまうのか
人工知能に対するさまざまな誤解を取り上げてきた本連載ですが、ついに最終回となりました。今回は、なぜ私たちが人工知能を“誤解”してしまうのか、そもそもの理由を考えます。(2018/2/22)

最後に重大発表も飛び出したMA2017決勝戦まとめ――年末恒例「テクノロジーの異種格闘技イベント」2017年の覇者は?
街に年末の喧噪が見え始めた2017年12月16日。東京・日の出桟橋に近い倉庫のようなたたずまいの会場で、開発者が互いにアイデアと技術力で覇を競う開発コンテスト「Mashup Awards 2017」ファイナルステージ(決勝戦)が開催された。全447作品の中から激戦を勝ち抜いた15作品が、賞金と誇りを懸けて挑んだ決勝戦の模様をお伝えする。(2018/2/22)

デンソーのアームロボット、棋戦「叡王戦」の振り駒務める
ドワンゴと日本将棋連盟が主催する棋戦「第3期叡王戦」の振り駒をデンソーのロボットアームが務めた。(2018/2/21)

太田智美がなんかやる:
82歳のiPhoneアプリ開発者を支え続ける、62歳女性秘書の正体
「82歳のiPhoneアプリ開発者」として有名なマーちゃんのそばにいつもいる1人の女性。その正体とは……?(2018/2/19)

浅草駅に「パンダPepper」現る すごい見た目
東京メトロは2月15日から4月10日までの期間限定で、浅草駅にロボット「Pepper」を配置した。(2018/2/15)

ソフトバンクロボティクス、Pepperの巨大ぬいぐるみ販売 7万円超える
ソフトバンクロボティクスは、5体限定で「特大Pepperぬいぐるみ」を販売する。(2018/2/14)

「パンダPepper」再び 法被姿で浅草駅に登場 東京メトロ
東京メトロが期間限定で、法被を着たロボット「Pepper」を浅草駅に配置する。(2018/2/9)

狙いは中国人観光客:
PepperとIoT対応ロボだけの無人カフェがオープン
ネスレ日本が期間限定の無人カフェをオープンした。ロボットの接客で、旺盛なインバウンド需要の取り込みを狙う。(2018/2/9)

出発時刻、到着時刻を案内するだけではまだ足りない
OracleのAPI連携でANAが目指す「到着のその先」とは
「Oracle Cloud」の「API Platform Cloud Service」を使うことで、ANAグループは顧客にどのような価値を提供しようとしているのか。今後目指す顧客目線での情報提供の在り方とは。ANAシステムズの話から探る。(2018/2/1)

VRニュース:
VRやAR、IoTの普及を目指す企業間コミュニティー設立、8社が参加
ホロラボは、企業間コミュニティー「IoTビジネス共創ラボ」において「xRワーキンググループ」を立ち上げた。8社の企業が参加し、VRやARとIoTのビジネス利用の促進を目指す。(2018/1/26)

組み込み開発ニュース:
IoTでマイクロソフトはどういう存在を目指すのか
日本マイクロソフトはIoTに特化したパートナーイベント「IoT in Action」を開催。基調講演におけるマイクロソフトのIoT戦略と、国内のIoTの取り組みを紹介したプレスラウンドテーブルの内容をお伝えする。(2018/1/26)

“教員の卵”×iTeachers座談会【第1回】
今の子どもはキーボードよりフリック入力――“教員の卵”がタブレットに注目する訳
教員を目指す学生は、教育機関で進むIT活用にどう向き合い、どうITを活用しようとしているのか。教員との座談会から明らかにする。(2018/1/26)

「Pepper」の“親”はどちら? ソフトバンクOBめぐり騒動 孫氏と“愛弟子”の因縁
「Pepper」をめぐって思わぬ騒動が起きている。ソフトバンクグループが、OBのロボット会社トップを「開発リーダー」と呼ばないよう、報道各社に突如要請文を送りつけたのだ。取材を進めると、このOBと孫正義氏の因縁浅からぬ事情がいろいろ浮かび上がってきた。(2018/1/25)

背景は?:
「Pepper」の生みの親はどちら? ソフトバンクOBめぐり騒動
人型ロボット「Pepper」をめぐって思わぬ騒動が起きている。(2018/1/25)

太田智美がなんかやる:
雪が降ったのでSiriに「雪だるまつくろう」と言ってみた
真っ白な世界がちょっと寂しい。(2018/1/22)

「お尻をクンクン」――本物の犬が「aibo」のおしりを嗅ぐ理由
aiboオーナーの1人であるKazuhisa家の暮らしをのぞいた。(2018/1/19)

東北の自治体では初:
Pepperを活用した教育も 東松島市とソフトバンクが包括協定
宮城県東松島市とソフトバンクは教育や観光などの分野で包括協定を締結した。Pepperを活用したプログラミング学習などを実施する。(2018/1/12)

【新連載】RPAで始める業務自動化のススメ:
なぜ、今「RPA」が必要とされているのか?
業務自動化を支援しているはずが、つながらないシステムを人力でつなぐ、「ゴリ押し」のような業務フローに苦しむ現場を増やしてしまっていた……? RPA導入の最前線で働くコンサルタントが、RPAで成功するための“リアルな話”をする連載が始まります。(2018/1/12)

「シャンシャン特需」に沸く鉄道会社、でも「最強のパンダ使い」はJR西日本
パンダは鉄道を使って見に行きましょう。(2018/1/11)

太田智美がなんかやる:
スマートスピーカーで作った「門松」で2018年を迎えた
門松――これは、まさにあれだ。(2018/1/1)

ママとわたしと「iPhone X」:
ゆく年、くる年 ママに「アニ文字」を教えたら年越しなSMSが来た
ママに「アニ文字」を教えてみた。(2017/12/31)

なんで作った!? すごいけど、発想がナナメ上の“変な”ロボットまとめ
2017年に見つけた“変な”ロボットを振り返る。(2017/12/27)

ロボット開発ニュース:
「野望はでっかく」――GROOVE X、最大で78億7000万円の資金調達成功を見込む
ロボットベンチャーのGROOVE Xは、未来創成ファンド、産業革新機構との間で、新世代家庭用ロボット「LOVOT」開発に向けて、第三者割当増資に関する投資契約を締結。その他の引受先と合計で総額64億5000円の調達となる。総資金調達額は累計で最大78億円となる見込みだ。(2017/12/5)

TechFactory通信 編集後記:
「産業用Pepper」の可能性
ロボット「Pepper」を手掛けるソフトバンクロボティクスが、自律型の業務用清掃ロボットを2018年夏に販売します。Pepper頼みからの脱却を狙いますが、蓄積したノウハウは生かされるのでしょうか。(2017/12/2)

3D設計推進者の眼(25):
この10年で現場の公差解析は進化したのか
機械メーカーで3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回はこの10年間で、設計現場における公差設計がどれだけ進化したのか考える。(2017/11/29)

人型ロボット「Pepper」とも連携:
AIが住民の質問に回答――IBM Watsonを利用した「自動会話プログラム」による住民サービスが岡山県和気町で開始
岡山県和気町とキャメルは、移住希望者に向けた住民サービス「わけまろくん」を共同で開発した。和気町に関する利用者の質問に対して的確な情報を自動で案内する。開発には、キャメルのIBM Watsonを利用して質問に回答するチャットbot「Edia」を利用した。(2017/11/28)

米Boston Dynamics、4足歩行ロボット「SpotMini」商品化へ 警備・建設分野に需要
米Boston Dynamicsは、4足歩行ロボット「SpotMini」の商品化を進めている。(2017/11/22)

「SoftBank Robot World 2017」の総合受付で採用:
シャノンの「イベント受付来場認証」がPepperと連携
シャノンは、MAツール「SHANON MARKETING PLATFORM」において、展示会・イベントの来場者管理のロボットアプリ「ロボウケ」とAPI連携し、総合受付機能をPepperを通じて提供することが可能になったと発表した。(2017/11/22)

HR Tech最前線:
採用現場で「AI面接官」は普及するのか
ソフトバンクがエントリーシート(ES)選考にAIを活用するなど、採用業務の自動化が着々と進んでいる――。実は、こうした動きはESだけでなく「人がやるもの」と考えられてきた面接業務にも及んでいる。AI面接官「SHaiN」(シャイン)を開発したタレントアンドアセスメントの山崎社長に話を聞いた。(2017/11/22)

「Pepperは、空を飛ぶまで進化させたい」――ロボットカンファレンス「SoftBank Robot World 2017」開幕
ソフトバンクロボティクス主催のロボットカンファレンス「SoftBank Robot World 2017」が開幕した。(2017/11/21)

ロボット開発ニュース:
ソフトバンクが業務用清掃ロボット事業に参入
ソフトバンクロボティクスは業務用清掃ロボット事業に参入する。2018年夏から搭乗式床洗浄機を発売する。(2017/11/21)

太田智美がなんかやる:
3カ月待ち“未来の靴屋” 3D計測で自分だけのパンプス作成
伝統と新技術を掛け合わせた「未来の靴屋さん」に行ってきた。(2017/11/21)

自律走行式スクラバー:
ソフトバンクが「自律化」ロボット販売へ、製造や物流も視野に
ヒト型ロボット「Pepper」を販売するソフトバンクロボティクスが、自律型の業務用清掃ロボットを2018年夏に日本国内投入する。自律型ロボットの「頭脳」を既存製品に組み込むことで、ロボット化する。(2017/11/21)

法人向けPepperを業務活用しやすく 100のテンプレートを用意した「お仕事かんたん生成2.0」無料提供
独自にアプリを開発しなくてもPepperを業務活用できる。(2017/11/20)

清掃用ロボにも参入:
SBロボティクス、法人向けに「Pepper」会話を大幅強化
ソフトバンクロボティクスは、「Pepper for Biz」のビジネス活用を効率化するサービス「お仕事かんたん生成2.0」を11月30日にリリースする。小売、飲食、金融、病院――など10業種で使用する会話のテンプレートを、利用シーン別に計100パターン収録したという。(2017/11/20)

Gartner Insights Pickup(39):
“感情AI”が人とマシンのやりとりをパーソナライズする
AIのおかげで、スマート冷蔵庫があなたの気分を察して、感情に合った食べ物を勧めてくれるようになる。(2017/11/17)

ネスカフェ・Pepper・duAroが連携:
ロボットが接客から給仕まで「無人カフェ」オープン
東京・原宿に「おもてなし無人カフェ」が期間限定オープン。ネスレ日本、ソフトバンクロボティクス、川崎重工業の3社共同による取り組み。「未来の接客」を体験できる。(2017/11/16)

【新連載】ママとわたしと「iPhone X」:
壊れたiPhone 5を復活させたママ
5年ほど使っていたママのiPhoneが壊れた。そんなママに、「iPhone X」を予約した。そんなママと私とiPhone Xの記録を残しておきたい。(2017/11/15)

Microsoft Focus:
IoT、AI、セキュリティ、FinTech――次々とコンソーシアムを立ち上げる日本マイクロソフトの狙いは
IoT、AI、セキュリティ、FinTechと、次々にコンソーシアムを立ち上げている日本マイクロソフト。この取り組みを通じて、どのような形で企業のIT活用を支援しようとしているのか。(2017/11/15)

今度は子犬っぽくてちょっとかわいい てくてく歩く4足歩行ロボット「SpotMini」に新型
Boston Dynamicsの4足歩行ロボット「SpotMini」に新型。今度はちょっとかわいい……かも。(2017/11/14)

ロボットだけの「無人カフェ」 受注から抽出、受け渡しまでロボで
ロボットが受注からコーヒー抽出・提供まで行う「無人カフェ」が原宿に期間限定でオープンする。(2017/11/13)

TechFactory通信 編集後記:
ソニーの犬型ロボットが12年ぶりに復活! あの人型ロボットとの共通点
大文字から小文字に――。(2017/11/11)

太田智美がなんかやる:
社会人になるとやらなくなる? 避難訓練をやってきた
避難訓練に参加してきた。(2017/11/9)

遠隔地から人と上半身をシンクロするロボ「自分の肩だってもめる」
新日鉄住金ソリューションズとNTTドコモは、遠隔地から全身を操作できる、上半身が人型の作業用ロボットを公開した。将来的に、危険な作業場への導入を見込む。(2017/11/9)

キングジム、コスメポーチのような「テプラ」発表 4年ぶりの新モデル
発表されたばかりのガーリー「テプラ」を触ってきた。(2017/11/7)

太田智美がなんかやる:
スマホカメラで文字を撮ると「フォント」認識 「Adobe Capture」アプリがすごい
スマホカメラで撮影するだけで、気になる街中の看板や商品ラベルのフォントが分かる。(2017/10/31)

超速解説:
単なる“ロボット用OS”ではない「ROS(Robot Operating System)」の概要と新世代の「ROS 2.0」
PCやスマホ以外に目を向けると、OS(Operating System)の豊富さに驚かされる。ROS(Robot Operating System)もそうしたOSの1つだ。新世代の「ROS 2.0」も登場したROSについて、その概要を解説する。(2017/10/27)

太田智美がなんかやる:
自分の顔をキャンバスに 顔に投影する「4Kプロジェクションマッピング」を体験してきた
真っ暗な個室で何かが起きた。(2017/10/24)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
みずほ銀行、2400万人の顧客データベース構築に挑んだ11年の歴史
取引履歴やプロファイルといったデータを基に、顧客の価値観をつかみ、行動を事前に察知する――そんな新たなマーケティングに「みずほ銀行」が挑戦している。その裏には、10年以上にわたる、地道なDB強化の取り組みを続けた女性がいるのをご存じだろうか。(2017/10/23)

「RPAはツールではない、相棒だ」 ソフトバンクがRPAに参入
ソフトバンクとRPAホールディングスが、RPA事業の新ソリューション「SynchRoid」を発表、11月1日から提供を開始する。(2017/10/20)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。