「リハビリ」最新記事一覧

医療機器ニュース:
遠くにいても温熱感覚を伝えられる装着型インタフェースを開発
慶應義塾大学は、遠くにいる人の指や手のひらに、温もりや冷たさなどの温熱感覚を伝えられる装着型のインタフェース「サーモグローブ」を開発した。温度や熱流を同時かつ双方向に制御することで、対象物に直接触れているような感覚が得られる。(2017/10/20)

股関節の柔らかさが足への負担を左右すると発見 予防・リハビリへの応用に期待
意外な関係性。(2017/10/19)

寝不足の子供続出……塾通い・スマホで体内時計リズム“崩壊”
睡眠障害に伴う体調不良で、授業中の居眠りなど日常生活に支障が生じている子供が増えている。「怠け者」と周囲から誤解され、授業にもついていけず、最悪のケースだと不登校になる。(2017/10/18)

アルプス電気のハプティクス技術:
イヌの鼓動までも再現、VRでリアリティーを追求
アルプス電気は「CEATEC JAPAN 2017」で、VR(仮想現実)でよりリアルな感覚な再現できる独自のハプティクス技術や、9軸センサー内蔵の野球ボールを投球するデモを披露した。(2017/10/13)

医療機器ニュース:
肩・肘のリハビリを支援する上肢リハビリ装置を発売
安川電機は、上肢運動機能障害がある人を対象にした上肢リハビリ装置「CoCoroe AR2」を発売した。上肢リハビリ訓練を多数回かつ長時間できるため、療法士の負担を軽減できる。(2017/10/12)

ラッコ界のマイケル・ジョーダン現る! 華麗なダンクシュートにほれぼれしちゃう
今日も今日とてダンクを決めるエディくん。(2017/10/7)

CEATEC JAPAN 2017:
AIでスマッシュ予測 オムロン「卓球ロボット」さらに進化 4代目に
オムロンの人間とラリーできる卓球ロボット「フォルフェウス」がさらに進化。サーブ機能とスマッシュ予測機能を追加した。(2017/10/2)

北野武監督「西田さんのアドリブには困りました」 映画「アウトレイジ 最終章」ジャパンプレミア
次回作に向けた展望も。(2017/9/26)

道端アンジェリカ、足首の手術で再入院 「あー、こわいなー」と本音もポロリ
3月18日の「FACo 福岡アジアコレクション 2017」でランウェイに復帰していました。(2017/9/25)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「地方巡業」の増加で、力士が壊れてしまうかもしれない
大相撲秋場所の熱戦が連日、両国国技館で続いている。ただ、幕内力士がこれだけ不在となると、どうしても盛り上がりに欠けてしまう。なぜ、力士が次々に欠場するのかというと……。(2017/9/15)

おぼれたワシ、ピンチを乗り越えたくましく羽ばたき自然に帰る
足に傷も負っていました。(2017/9/10)

週末エンプラこぼれ話:
そのWebページ、“みんな”が読めますか――企業が知るべき「Webアクセシビリティ」とは?
インターネットが当たり前のインフラになった今、「誰でも同じように情報にアクセスできる」というテーマに再び注目が集まっている。その1つが「Webアクセシビリティ」だ。最近ではクラウドがその普及の後押しをしているのだという。(2017/9/8)

車いすで波打ち際に……“海のバリアフリー化”、クラウドファンディングで実現も課題山積
神戸・須磨海水浴場に、車いすやベビーカーで砂浜を移動できるビーチマットが新たに登場した。障害者の思いを実現させた“海のバリアフリー化”だ。(2017/9/7)

プロレスラー高山善廣、首から下が全く動かない「頚髄完全損傷」に 支援団体TAKAYAMANIA設立
頚髄完全損傷、回復の見込みなしと診断。(2017/9/4)

2017年予測は114億ドル:
AR/VR市場、2021年には2150億ドル規模に
IDC Japanは、AR(拡張現実)/VR(仮想現実)関連の世界市場予測を発表した。2017年の114億米ドルに対して、2021年は約2150億米ドルの市場規模に達する見通しである。日本市場は年率60%以上の成長を続けるが、世界への追い上げが課題になるという。(2017/8/31)

VRニュース:
世界のAR/VR市場は2021年に23兆円へ、2017年比で18倍以上に
IDC JapanがAR/VRの世界市場予測を発表。市場規模は2017年の114億ドルから2021年には2150億ドルに成長する見込みだ。(2017/8/16)

人気爆発「ハンドスピナー」異業種も参入 期待高まる一方、危険も
指で回転させて遊ぶ「ハンドスピナー」。爆発的な人気の高まりを受け、異業種も参入し始めた。(2017/8/15)

インキュベーション施設探訪(2):
誰でも起業を、“フランスのジョブズ”の哲学
パリに設立された巨大なインキュベーション施設「Station F」。ここには、“フランスのスティーブ・ジョブズ”と呼ばれる億万長者Xavier Niel氏の「誰でも優れた起業家になり得る」という考えが反映されている。(2017/8/7)

キスを交わしてザブン 救助されたアシカたち、元気になって海に帰る
うれしそうな様子がかわいい。(2017/8/5)

ロボキュア ActVoice for Pepper:
失語症リハビリにPepperアプリ、ロボットの長所生かし粘り強い訓練
失語症者に対するリハビリにおいて、Pepperアプリを用いた訓練で有意な改善が見られたという。言語訓練用アプリ「ActVoice for Pepper」を開発するロボキュアが発表した。(2017/7/20)

劇的な変革のウラ側:
「定時退社」「残業時間2割減」三井住友海上とJALの挑戦
社員約2万人に対して「原則午後7時退社」を可能にした三井住友海上火災保険、わずか半年で残業時間を2割減少させた日本航空――働き方改革を成功に導いた企業は、どのようにして変革を進めたのか?(2017/7/19)

医療機器ニュース:
10m歩くだけで「動き」「バランス」「速さ」「リズム」を評価、身体機能の改善に
住友電気工業は、人の歩行を計測・評価するシステム「Q'z TAG walk」を発売した。加速度センサーと独自のアルゴリズムによって歩行状態を評価し、改善ポイントと運動プログラムをアドバイスする。(2017/7/12)

「FileMaker」ベースの電子カルテ
相武台脳神経外科が構築した電子カルテ 「開発しながら運用」がもたらす満足度とは
相武台脳神経外科は2014年に、開院当初に利用していた電子カルテから、新しいシステムとして「FileMaker」ベースの電子カルテ「ANNYYS_Developer版」へ移行した。その選定理由とは。クリニック院長に聞いた。(2017/6/20)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
かつて「怪物」と呼ばれた松坂は、このまま「引退」するのか
右肩痛が原因で、ボールを投げることができない状況が続いている――。福岡ソフトバンクホークス、松坂大輔投手のことである。かつて「怪物」と呼ばれた男はこのまま引退してしまうのか、それとも現役を続行するのか。(2017/6/22)

医療機器ニュース:
体圧検知センサーの半身版を発売、胴体部分の検査に対応
住友理工は、体圧検知センサー「SRソフトビジョン」シリーズに、両肩から腰までの胴体部分をカバーする「半身版」を追加した。800ポイントの測定点を持ち、圧力の分布を測定・可視化できる。(2017/6/14)

飛躍:
転換期を迎えたベトナムのヘルスケア産業と事業機会
今、ベトナムのヘルスケア産業は大きな転換期を迎えようとしている。言うまでもないが、大きく変化するタイミングは、大きな事業機会でもある。(2017/6/6)

地に堕ちた偶像タイガー・ウッズ 元世界1位の栄光、今いずこ
これがかつての“スーパースター”の姿か。逮捕されたタイガー・ウッズの姿に、衝撃が走った。(2017/6/5)

覚せい剤で刑務所に7年間入った田代まさしの現在を追ったVR動画「A Day of 薬物依存症」 NHKが公開
薬物依存リハビリ施設で共同生活を送っています。(2017/5/25)

田代まさしさんの1日、VRで“体験” NHK「A Day of 薬物依存症」公開
VR動画「A Day of薬物依存症 田代さんの一日」をNHKが公開した。(2017/5/24)

「痛い、痛い!」至福のはずの整体が地獄に 腰椎骨折で怒りの提訴
「痛い、痛い!」。整体院のベッドに横たわっていた女性は、あまりの痛苦に悲鳴を上げた。(2017/5/11)

トヨタ ウェルウォーク WW-1000:
トヨタのリハビリロボットが商用化、歩行練習の効率を1.6倍に
トヨタ自動車は、歩行リハビリテーション支援ロボット「ウェルウォーク WW-1000」を発表した。2004年のコンセプト提案から始まった同社のパートナーロボット事業として、初めて有償で販売する製品となる。(2017/5/8)

ペッパー、ロボホン……深刻な人手不足に悩む介護現場 「介護ロボット」は役に立つか
人材不足に対応するため、介護用ロボットの活用が進んでいる。東京都内で開催された介護用品の展示会の事例を紹介。(2017/5/2)

Microsoft Innovation Award 2017最終選考会:
人工筋肉やVR/AR、仮想ロボット、FoodTech……、先端技術から生まれるプロダクトとは
2017年3月22日に人工筋肉やVR/ARなどの先端技術を活用するスタートアップ企業の取り組みを表彰するイベント「Microsoft Innovation Award 2017」の最終選考会が開催された。どのような最新技術でどのようなプロダクトが生まれているのか紹介する。(2017/4/20)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
トヨタが自動車メーカーでなくなる日
知らないうちに変貌を遂げているのかも。(2017/4/18)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタが介護ロボット進出で描く未来
トヨタがリハビリ支援ロボット「ウェルウォークWW-1000」を発表、今秋からサービスインする。同社はこうした一連の介助ロボットを「パートナーロボット」と名付け、「いいクルマづくり」と併せて力を注いでいくという。(2017/4/17)

かつて、吾妻ひでおは神だった
マイナー漫画の魅力にはまった筆者の30年来の思い出とともに。(2017/4/15)

ロボット開発ニュース:
トヨタのパートナーロボットが初の商用化、歩行練習のリハビリの効率を1.6倍に
トヨタ自動車は、歩行リハビリテーション支援ロボット「ウェルウォーク WW-1000」を発表した。2004年のコンセプト提案から始まった同社のパートナーロボット事業として、初めて有償で販売する製品となる。(2017/4/13)

足のリハビリ支援ロボット、トヨタが開発 医療機関に貸し出し
まひした足にロボットアームを装着すると、膝の曲げ伸ばし動作を助けてくれる。(2017/4/12)

数年後に海外展開も:
トヨタ、歩行練習ロボットのレンタル9月開始
トヨタは、脳卒中などで足が不自由な患者らが歩行練習するためのリハビリテーション用ロボットのレンタルを9月から開始する。(2017/4/12)

電線で感電して羽が焦げてしまったオウム、羽の移植手術を受ける
また飛べるようになりますように。(2017/4/11)

介護・看護業界へ:
睡眠状態を可視化するシート状センサー 凸版が開発
凸版印刷が、利用者の睡眠状態を解析するシート状センサーを開発。介護・看護業界への導入を見込む。(2017/4/5)

医療機器ニュース:
サイネージ機能を追加し、動画撮影機能を強化したリハビリナビシステム新版
パナソニック エコソリューションズ社は、新たにサイネージ機能を加え、動画撮影機能を強化したリハビリナビゲーションシステム「デジタルミラー Ver.5」を出荷開始した。(2017/3/29)

未完の小説「続き」を公募 内田康夫さん休筆 「眠っている才能、後押しできれば」
脳梗塞の後遺症で執筆が難しくなったとし、作家の内田康夫さんが、浅見光彦シリーズ最新作「孤道」の続きを書いてくれる作家を公募している。(2017/3/21)

「僕の代わりに、浅見を事件の終息へと導いて」内田康夫さんが休筆発表 「孤道」の完結編は一般公募へ
「僕が休筆すると聞いて、浅見光彦は『これで軽井沢のセンセに、あることないこと書かれなくてすむ』と思うことでしょう」。(2017/3/21)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
スペインで、柴崎岳に何があったのか
CDテネリフェの医療チームから「不安障害」の可能性を指摘されたMFの柴崎岳が、復帰する見通しとなった。「柴崎はスペインリーグに強い興味をもっていた」と言われていたのに、なぜ体調を崩したのか。(2017/2/24)

医療機器ニュース:
圧力と温度を同時検出できるフレキシブルシートセンサー
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、次世代プリンテッドエレクトロニクス技術研究組合とともに、印刷技術によって、圧力と温度を同時に検出可能なフレキシブルシートセンサーを開発した。(2017/2/21)

医療機器ニュース:
リハビリセンターでウェア型生体センサーの実証実験を開始
藤田保健衛生大学は、東レ、NTT、NTTドコモとともに、ウェア型生体センサー「hitoe(ヒトエ)」を活用した「リハビリ患者モニタリングシステム」の有効性を検証する共同実験を開始した。(2017/2/20)

部屋から波が打ち寄せてくる……! リアルすぎる仮想現実の海に「なんだこれ」「ドラえもんの道具みたい」の声集まる
名古屋造形大学の卒業制作展にて展示され、作品を撮影した動画がTwitterで話題になっています。(2017/2/18)

東京ライフ・ワーク・バランス認定企業:
残業削減、育児両立――中小企業が取り組む働き方改革
2016年度「東京ライフ・ワーク・バランス認定企業」が発表。企業の経営課題であり、強みにもなる「働き方改革」だが、中小企業にとってモデルケースとなる取り組みにはどのようなものがあるだろうか?(2017/2/9)

「hitoe」活用:
“着るセンサー”で治療の質向上へ ドコモなど実証実験
東レ、NTT、NTTドコモが、医療型ウェアラブルセンサーの実証実験をリハビリ施設で行う。患者の生体情報を取得し、治療の質の向上につなげる。(2017/2/6)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。