「遠隔操作」最新記事一覧

セガも参入、スマホで遠隔操作するクレーンゲーム 12月開始
セガが、オンライン上で遠隔操作できるクレーンゲーム「セガキャッチャーオンライン」の提供を12月に開始する。(2017/10/17)

IoTセキュリティ:
ファイアウォール内の機器を遠隔操作するIoT接続基盤ソフトを発売
東芝情報システムは、ファイアウォール内側の組み込み機器をクラウド上から安全/リアルタイムに操作できるIoT接続基盤ソフトウェアをパッケージ化した「NetNucleus Cloud Hub」を販売した。(2017/10/10)

IoTセキュリティの救世主か、それとも……
“善玉マルウェア”「Hajime」をセキュリティ対策に使うのは危険なのか?
“善意のハッカー”が作成したという「Hajime」の目的は、IoTデバイスのセキュリティ強化にあるようだ。だが遠隔操作の仕組みを持つHajimeを“善玉”だと言い切ってしまってよいのだろうか。(2017/10/5)

東芝情報システム NetNucleus Cloud Hub:
既設ネット回線を用い、安全・低コストに機器のリアルタイム遠隔操作を実現
東芝情報システムは、IoT接続基盤ソフトウェア「NetNucleus Cloud Hub」の販売を2017年9月20日から開始すると発表した。(2017/9/28)

タイトー、スマホで遠隔操作するクレーンゲーム 「店舗運営ノウハウ生かす」
タイトーがスマートフォンで遠隔操作できる“新クレーンゲーム”を発表。獲得した景品は自宅まで無料配送してくれる。(2017/9/6)

場所を選ばずWeb上でプレイ:
タイトーが新クレーンゲーム 遠隔で操作、景品を配送
タイトーが、インターネット経由でクレーンゲームを遠隔操作できる新サービス「タイトーオンラインクレーン」を今秋から展開すると発表。(2017/9/5)

スマートホーム:
2万円台で作れるスマートホーム、家電を自在に遠隔操作
家の中の家電や電子機器をスマートフォンから自由に管理できる――。マウスコンピューターは、スマートホームを安価に構築できるスターターキットの販売を開始した。(2017/8/28)

ロボット開発ニュース:
油圧ショベルなどの建設機械を遠隔操縦できる人型ロボットを開発
カナモト、アスラテックなど4社は、建設機械を操縦できる人型ロボット「DOKA ROBO 3」を開発した。油圧ショベルなどの建設機械の運転席に設置してオペレーターが遠隔操作することで、機械の操縦が可能になる。(2017/8/18)

情報化施工:
遠隔地に“触覚”を伝える新技術、大成建設がベンチャーと共同開発
大成建設は、力触覚提示デバイスの開発などを行うイクシーと共同で、力触覚伝達技術を利用した遠隔操作システムの開発に着手した。特殊なグローブで遠隔操作したロボットアームが感じた触覚情報を操縦者に伝えられるシステムを構築し、微細な手作業をロボットアームで行えるようにする。(2017/8/3)

情報化施工:
人型ロボットが操縦席に、無改造で建機を遠隔操作
建設機械レンタルのカナモトなど4社は、建設機械を遠隔操作で操縦できる人型ロボットを開発した。建機に改造を加えること無く利用できるのが特徴。二次災害が予想される危険地帯での活用ニーズを見込む。(2017/7/26)

JAXA、球体ドローン開発 実験棟「きぼう」内を浮遊 「金井飛行士の相棒に」
JAXAが、球体ドローン「Int-Ball」を国際宇宙ステーションに導入。地上管制局が遠隔操作し、浮遊しながら船内作業の様子を撮影する。(2017/7/14)

スマートホーム:
“つながる”エネファームを全278戸に導入、スマホで外から遠隔操作も
東急電鉄、三菱地所レジデンスなどが販売する横浜市の新築マンションの全戸に、家庭用燃料電池「エネファーム」の採用が決まった。東京ガスが2017年8月から提供予定の「ネットワーク接続サービス」を利用することで、外出先でもスマートフォンアプリから風呂や床暖房、発電のオン/オフ操作などが行える。(2017/7/11)

ハイテク化で事故激減 自動車の保険料さらに下がる? サイバー攻撃で遠隔操作されたら?
任意の自動車保険の保険料を決める際の目安となる「参考純率」が14年ぶりに引き下げられた。背景にあるのが車のハイテク化による事故の減少だ。(2017/6/21)

ロボット開発ニュース:
コミュニケーションロボットの多言語対応を遠隔操作でサポート
アスラテックは、Forex Roboticsと共同で、コミュニケーションロボットの多言語対応を遠隔操作でサポートするシステムを開発した。コミュニケーションロボット遠隔操作システムに、クラウド上のAIによる自然言語処理サービスを追加実装した。(2017/6/15)

UR都市機構、AIとIoTで省エネ実証実験 エアコン遠隔操作
気象情報や室内データの分析結果を生かしてエアコンの省エネ運転を遠隔操作する。(2017/6/8)

電波の動きが「見える」機械も:
重機やロボを遠隔操作、4K動画で犯罪防止 ドコモの5G
NTTドコモが、展示会「ワイヤレスジャパン」に第5世代移動体通信技術(5G)関連のブースを出展。パートナー企業と共同開発中のさまざまな技術を公開した。(2017/5/26)

紙飛行機が自由自在 スマホで遠隔操作するガジェット「PowerUp 3.0」が楽しそう
地上55メートルまで飛行可能です。(2017/4/20)

スマホアプリで遠隔操作:
アイリスオーヤマ、エアコン発売 大型白物家電に参入
アイリスオーヤマが、大型白物家電事業に参入。スマホアプリで遠隔操作できるエアコンを4月末に発売する。(2017/4/13)

スマホから遠隔操作できるスマートボール登場 外出中もペットを遊ばせてはしゃぎっぷりを見られるぞ
ペットの首に付けて運動量を把握できるモーションセンサーも付属。(2017/4/11)

上海問屋、スマホで遠隔撮影できる小型軽量アクションカメラ
ドスパラは、スマートフォンによる遠隔操作に対応したWi-Fi接続対応の小型アクションカメラ「DN-914574」を発表した。(2017/4/7)

スマホを遠隔操作するキーホルダー「Qmote S」
(2017/4/5)

攻殻機動隊「タチコマ」リアル再現、8分の1サイズで発売 音声認識でおしゃべり、“並列化”も
スマホで遠隔操作したり、少佐の物まねをしたりする機能も。(2017/3/23)

ハッカー集団がAppleに身代金10万ドル要求、ユーザーの端末をリセットすると脅迫
Motherboardによると、ハッカー集団はAppleが要求に応じなければ4月7日までに一定数のiCloudアカウントをリセットし、被害者のiPhoneなどの端末を遠隔操作すると脅している。(2017/3/23)

エネルギー管理:
ガスも無線通信で遠隔操作へ、消し忘れ見守りサービスにも生かす
東京ガスと京都大学がスマートメーター用の国際標準規格に準拠した無線通信技術を世界で初めて開発した。ガスのスマートメーターと家庭内の機器を無線通信でつなぎ、遠隔監視システムから消し忘れの通報や遮断操作を実施できる。スマートメーターを使って電力と同様のサービスを提供する。(2017/3/15)

スマホで遠隔操作してフタが開けられる「スマートペットボトル」 日本電産が開発
スマホのアプリからペットボトルのフタを開けられるデバイスです。(2017/3/5)

FREETEL、遠隔で不正スマホ利用制限 犯罪防止で
不正入手された端末を遠隔操作でロックする。(2017/2/27)

クルマの遠隔操作Androidアプリ、マルウェアに無防備な実態が判明
攻撃者がアプリの弱点を悪用すれば、車を盗むだけでなく、システムを改ざんして事故を起こさせることも可能だと警告している。(2017/2/21)

情報化施工:
VRで重機を遠隔操作、大成建設が新システム
大成建設はヘッドマウントディスプレイ(HMD)を用いて、遠隔地から実際に搭乗している感覚で重機を操縦できるシステムを開発した。災害現場などの二次災害の危険がある場所での作業などに活用できるという。(2017/1/25)

コネクテッドカーのクラッキング対策に:
DNPのアプリ改ざん対策ソフトウェア「CrackProof」が自動車業界で採用
大日本印刷のクラッキング対策ソフトウェア「CrackProof」がコネクテッドカーを推進する自動車業界で採用された。遠隔操作によるドアの解錠や走行データの抜き取り、データ改ざんなど、ネットワークにつながった自動車のクラッキング対策を実現する。(2017/1/17)

情報化施工:
天井裏を自在に点検、大成建設がロボットシステム
大成建設は千葉工業大学と共同で、遠隔操作型の小型・軽量な探査ロボットにカメラ機構を搭載した建物内の天井裏点検システムを開発した。暗所や、配管、配線などが複雑に入り組んだ空間でも効率的に点検作業を行うことが可能になるという。(2017/1/17)

CES 2017:
日産、自動運転車にNASAの技術応用 不測のトラブルでも遠隔操作で回避
完全自動運転車が不測の事態に見舞われても、遠隔操作で安全に走行させるシステム「SAM」を日産が発表。NASAの探査ロボットの技術を応用したという。(2017/1/6)

“空の3次元地図”を活用して自律飛行――KDDIが「スマートドローン構想」を発表
KDDIは、プロドローン、ゼンリンと業務提携し、モバイル通信ネットワークを活用するドローン専用基盤「スマートドローンプラットフォーム」を発表。発表会ではスマートドローン活用の期待が語られ、アーム付きドローンの遠隔操作デモも行われた。(2016/12/19)

海洋調査技術が前進:
日産のアラウンドビューモニターを活用 探査機の海中実験成功
日産自動車は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)、トピー工業と共同で実施している、アラウンドビューモニター技術を活用した遠隔操作無人探査機(ROV)の海中実験に成功したと発表。(2016/12/19)

あえて盗ませて遠隔操作 盗まれたスマホを追跡するショートフィルムが公開
遠隔操作を可能にしたスマホを盗ませています。(2016/12/18)

愛猫のための便利な「遠隔操作ごはんマシーン」が商品化に挑戦中 スマホから家の様子を見たり話しかけたりできる
ごはんにチェックに安心にゃん。(2016/12/14)

ソニーの防犯カメラにバックドア、遠隔操作で攻撃に利用される恐れも
カメラの画像や映像を操作したり、Miraiのようなマルウェアに感染させてボットネットのネットワークに組み込んだり、カメラの使用者を監視する目的で使われたりする可能性も指摘されている。ソニーは脆弱性に対処するファームウェアアップデートを公開した。(2016/12/7)

情報化施工:
遠隔操作でもショベルの手応えを伝達、次世代建設ロボットを開発
東北大学、大阪大学などの研究グループは新しい建設ロボットの実験機を開発した。遠隔操作でもショベルの感覚をオペレーターに伝える技術や、ドローンを活用した俯瞰映像のリアルタイム生成など、さまざまな新技術を導入している。(2016/11/21)

情報化施工:
建設機械で「無人化施工」、改造不要で遠隔操作を可能に
大林組と大裕は既存の建設機械に装着することで、遠隔操作が行える装置を開発した。建設機械自体を改造することなく無人化施工を可能にし、災害復旧作業における二次災害の低減などに貢献する。(2016/10/11)

医療機器に脆弱性、糖尿病患者に不正な薬剤投与が可能に
近くにいる攻撃者が遠隔操作でシステムを操作して不正なインスリン注入を誘発させ、低血糖症を起こさせることもあり得るという。(2016/10/6)

偽のウイルス警告で電話させる攻撃、被害相談が急増
偽の警告メッセージと電話によって、遠隔操作ツールを仕込まれたり、サポート契約を結ばされたりする恐れがある。(2016/9/29)

どこに、どのような物体があるかを自動で識別:
被災地で早期救助を可能にする画像認識システム
信州大学と東北大学の研究グループは、遠隔操作ロボットで撮影した被災地などの映像から、捜索/救援活動に有用な情報を得ることができる画像認識システムを開発した。(2016/9/12)

TechFactory 人気記事TOP10【2016年8月版】:
ロボット接客の“抵抗感”を和らげる遠隔操作ソリューション、介護福祉現場の人手不足解消にも期待!?
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10をご紹介。今回は、アスラテックが発表した、人型ロボット「Pepper」を遠隔操作できるシステム「VRcon for Pepper」のライセンス提供開始のニュース記事「ロボットによる接客の違和感は“中の人”が解決する!? 『Pepper』遠隔操作ソリューション」が第1位でした!(2016/9/7)

日本人が標的のマルウェア出現、工業大学の研究室を名乗るファイルで遠隔操作
感染のきっかけとなるファイルには、関東の工業大学の研究室に関連するおとり文書が使われているという。(2016/8/17)

うちの子のご飯が心配! スマホから遠隔操作でペットのエサやりができるマシンが登場!
ライブカメラで様子を見たり、マイクで話しかけることも可能。(2016/8/7)

遠隔操作型アンドロイド「テレノイド」、1台限りの限定販売
大阪大学 石黒教授が手掛ける遠隔操作型アンドロイド、「テレノイド」が1台の台数限定にて販売される。(2016/8/3)

アスラテック VRcon for Pepper:
ロボットによる接客の違和感は“中の人”が解決する!? 「Pepper」遠隔操作ソリューション
アスラテックは、人型ロボット「Pepper」を遠隔操作できるシステム「VRcon for Pepper」のライセンス提供を、システムインテグレーター各社向けに開始すると発表した。(2016/8/2)

みんな便乗:
ポケモンGOを狙うサイバー犯罪 遠隔操作ツールは1ドル以下で売買
世界的に人気のスマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO」。話題に便乗するのはサイバー犯罪者にとっても同じようで……。(2016/7/29)

“電波圏外”のロボット、ドローン経由で遠隔制御 災害現場・山間部で活用へ
電波が直接届かない場所にあるロボットを、中継装置を積んだドローンを経由して遠隔操作・監視する技術を、NICTや産総研が開発。(2016/7/25)

「ポケモンGO」のニセアプリ43種類が確認される URL表示を偽ったニセキャンペーンサイトへの誘導も
遠隔操作可能にするバックドア型不正アプリも確認されています。(2016/7/21)

気をつけよう:
「Pokemon GO」を狙ったサイバー犯罪 感染端末の遠隔操作も
Pokemon GOの話題性を利用したサイバー犯罪が増加しているとして、トレンドマイクロが自社のブログで注意を呼びかけている。(2016/7/21)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。