「画面」最新記事一覧

格安SIMユーザーの6割以上が大手キャリアからの切り替え――MMDのスマートフォン定点調査
MMD研究所は「2015年10月〜2016年3月スマートフォン購入に関する定点調査」の結果を発表。購入時に重視したのは「操作性のよさ」「バッテリーの持ち」「画面の大きさ」などで、端末の利用期間は「2年〜2年半」が最多に。また格安SIMユーザーの6割以上が大手キャリアからの切り替えという結果が出た。(2016/5/2)

天気予報中にWindows 10のアップグレード画面が映るハプニングが発生
「今夜はこのポップアップのように何度も強風が吹くでしょう」(2016/5/2)

「画面から出てこない」! 貞子と伽椰子が劇場マナーCMに登場 最恐決戦の結果を予想する「総選恐」も
日本ホラー史上最恐の決戦に向けてさまざまなキャンペーンが始動。(2016/4/29)

YouTubeのモバイルアプリ、ホーム画面で人工知能がお勧め動画を紹介
YouTubeのAndroid/iOSアプリのホーム画面のUIが変わり、「ディープニューラルネットワーク」が推奨する動画が大きなサムネイルで表示されるようになった。(2016/4/27)

LINE「クリエイターズ着せかえ」オープン スタンプに続き自作デザイン販売可能に
LINEの画面をユーザーの自作デザインにカスタマイズできる「クリエイターズ着せかえ」の販売が始まった。(2016/4/27)

医療機器ニュース:
携帯性の良さと高画質を両立させた、タブレット型超音波画像診断装置
富士フイルムは、軽量・コンパクトで携帯性に優れ、診断しやすい7インチ画面を装備したタブレット型超音波画像診断装置「SonoSite iViz」を発表した。高精細な画像が得られる他、カメラや測定機能など幅広く活用できる機能が搭載されている。(2016/4/27)

パナソニック、Intel Pro WiDiにも対応した大画面タッチパネル液晶計3モデル
パナソニックは、電子黒板などに向くタッチパネル搭載の大画面液晶ディスプレイ計3モデルを発表した。(2016/4/25)

盗み見推奨! キャラが全員透明の画面分割型FPS「SCREENCHEAT」日本語版、PLAYISMで配信開始
もう何がなんだかわからない。(2016/4/23)

2枚入りになっておトクです:
Spigen、iPhone SE/5s/5用ガラスフィルムを再入荷 Amazonストアでは記念セールも
SpigenのiPhone SE/5s/5用画面保護ガラスフィルムが、同社が運営する各ストアに再入荷。再入荷分のパッケージはフィルムが2枚入りとなり、お買い得度が増している。(2016/4/20)

.NET TIPS:
ページをリダイレクト(画面遷移)するには?[JavaScript]
JavaScriptを使って画面遷移を行うには、locationインタフェースのhrefプロパティ/assignメソッド/replaceメソッドが使える。(2016/4/20)

R25スマホ情報局:
割れた画面専用!「スマホの絆創膏」に歓迎の声
画面が割れたスマートフォンを補修する「スマホの絆創膏」が登場。(2016/4/18)

「スマホがぬれた」と勘違いする人も LINEのアイコンが葉っぱになった理由
LINEのアイコンが水にぬれた葉っぱに変更。スマホの画面がぬれたと勘違いするユーザーも現れた。(2016/4/15)

Google、「Android N」のプレビュー2リリース 新絵文字やショートカット機能を追加
Googleが、次期Android OS「Android N(コードネーム)」の開発者向けプレビュー2をリリースした。絵文字のデザインが変わり、特定の設定付きショートカットをホーム画面に置けるようになる。(2016/4/14)

7月に稼働:
新キッズ筐体「ポケモンガオーレ」、50型の大画面と業界初のオンデマンド“プレート配出”採用
タカラトミーアーツとマーベラスは、子供向けアーケードゲーム「ポケモンガオーレ」を発表。キッズ向け筐体では前例のない50型の大画面を採用した。(2016/4/13)

β版で「画面分割マルチタスク」をレビュー
徹底レビュー:iPadの後追いとは言わせない、「Android N」の“1画面2アプリ”機能を試してみた
GoogleはモバイルOS「Android」の次期バージョンである「Android N」(コードネーム)の開発者向けβ版をリリースした。その新機能の実力とは。実際に試してみた。(2016/4/9)

日本向け初のエントリーモデル:
ファーウェイ、SIMフリースマホ「HUAWEI Y6」を4月15日発売 
Huaweiのエントリーモデル「Yシリーズ」のスマートフォンが日本上陸。大画面とコンパクトさを両立する狭額縁ボディーが特徴だ。想定販売価格は1万5980円。(2016/4/7)

アプリの強制終了に要注意:
iPhoneのホーム画面を活用する方法7選(iOS 9.3版)
iPhoneを便利に使うには、基本とも言えるホーム画面の使いこなしが欠かせません。(2016/4/7)

スマホ用天体望遠鏡、エレコムが発売 画面で観察、月のクレーターもくっきり
手持ちのスマートフォンと組み合わせて使う紙製の天体望遠鏡がエレコムから。(2016/4/5)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
目指したのは“スマホ画面”に依存しないコミュニケーション――ソニーモバイル「Xperia Ear」に迫る
「MWC 2016」で発表されたソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia Smart Products」。同社が考えるスマート家電の在り方、そして夏の商品化が決まっている「Xperia Ear」など新コンセプト商品群の展開に迫った。(2016/4/1)

「iTeachers TV」最新番組紹介
「iPad Pro」で公立中学校が目指す“授業が一目で分かるノート”とは?
12.9インチの大画面タブレット「iPad Pro」を使った、新しいノートの取り方とは? 佐賀市立大和中学校の中村純一教諭が説明します。(2016/3/31)

車載情報機器:
市販カーナビの大画面化で新提案、フローティング構造が200車種対応を実現
パナソニックは、144車種で取り付け可能なディスプレイサイズ9V型のカーナビゲーションシステムの新製品「ストラーダ CN-F1D」を発表した。ディスプレイは2DINサイズの本体から突き出た状態で固定することで、軽自動車を含む幅広い車種で大画面カーナビを装着できるようにした。また、「国内の市販カーナビで初めて」(パナソニック)、「Android Auto」に対応する。(2016/3/30)

SIM通:
FREETEL新スマホはガラケー?待望の通話かけ放題プラン登場
FREETELは、2画面搭載の折りたたみ式スマホ「MUSASHI」の予約販売を開始。また、LINEなどのデータ通信料が無料になるサービスや、かけ放題サービスも発表した。(2016/3/30)

100カ所のマルチタッチ、最大3つの同時ペン入力に対応:
大画面コラボレーションデバイス「Surface Hub」、法人向けに出荷開始
マイクロソフトはWindows 10を搭載した大画面コラボレーションデバイス「Surface Hub」を法人向けに出荷を開始した。(2016/3/29)

フレームメモリ内蔵で:
東芝、2画面の合成/分離を可能にする車載向けIC
東芝セミコンダクター&ストレージ社は、高解像度パネルに対応した車載向け2画面映像処理IC「TC90195XBG」を開発した。フレームメモリ内蔵により、2画面の合成/分離を実現している。(2016/3/29)

FAニュース:
2.7µmピクセルピッチに対応したマシンビジョンカメラ用レンズ
富士フイルムは、製造ラインの製品検査や計測などで使用する、マシンビジョンカメラ用レンズ「FUJINON HF-12M」シリーズを2016年6月中旬に発売する。画面全域で2.7µmピクセルピッチに対応している。(2016/3/29)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第501話 オプトイン/オプトアウト
はい、では次はプライバシーに関する確認です。画面の説明をよく読んで、チェックのオンとオフを行ってくださいね。(2016/3/29)

教えて! 絵師さん:
空想の世界「エソラニア」の風景を描く けみ猫さん
色彩と想像力豊かに空想の世界「エソラニア」の風景画を描くけみ猫さん。細かなところまで、ぜひ大きな画面でご覧ください。(2016/3/28)

サードウェーブデジノス、4K×8画面出力対応のクリエイター向けPC「raytrek MD-8」
サードウェーブデジノスは、NVIDIA NVS 810を標準搭載したマルチディスプレイ出力対応のクリエイター向けPC「raytrek MD-8」を発売した。(2016/3/24)

TSUKUMO、4画面出力対応のBTOデスクトップ「eX.computer マルチモニタモデル」を発売
Project Whiteは、同社製PC「eX.computer」シリーズにマルチディスプレイ対応モデル計2製品を追加した。(2016/3/24)

“ある方法”で:
iOS 9.3で「四角い」フォルダが「丸く」なる?
iOS 9.3で不思議な現象が報告されている。ホーム画面の壁紙を特定のものに変更すると、本来は四角いはずのフォルダが丸くなるというものだ。(2016/3/24)

「iPhone SE」(仮)よりスゴイ? “サイズ問題”を解決する最強のiPhoneを考えた
新iPhone発表のたびに、画面サイズの大きさが話題になります。どれが自分に合っているのだろう――そんな煩わしい問題を解決する理想のiPhoneを妄想してみました。(2016/3/19)

FREETELの折りたたみ型2画面スマホ「MUSASHI」、3月26日発売
プラスワン・マーケティングが、4型ディスプレイを表と裏に備えるスマートフォン「MUSASHI」を3月26日に発売する。価格は2万4800円(税別)。(2016/3/18)

石川温のスマホ業界新聞:
FREETELが2画面の折りたたみ型Androidスマホを投入――「テンキーAndroidスマホは売れない」常識を覆せるか
FREETELが2画面折りたたみ式スマートフォン「MUSASHI」を正式発表した。海外では似たコンセプトの「テンキー付き折りたたみスマホ」がそれなりの人気を集めたが、日本では売れなかった過去がある。MUSASHIは、それを覆せるのだろうか。(2016/3/18)

IEのセキュリティ更新でWindows 10を宣伝?
Windows 7/8.1でInternet Explorer(IE)を最新版にすると、Windows 10アップグレードへの誘導画面が現れるという未確認情報が流れている。(2016/3/17)

「パズドラレーダー」プレイ画面投稿で“現在地特定”の恐れ ガンホーが注意喚起
「パズドラレーダー」のプレイ画面をSNSなどに投稿すると、第三者に位置情報が特定される恐れがある。ガンホーが注意を促している。(2016/3/17)

「パズドラレーダー」ゲーム画面に現在地情報 公式がスクリーンショット投稿について注意喚起
スクリーンショットを投稿する場合は気をつけましょう。(2016/3/17)

gooスマホ部:
待ち受け画面が消灯しなくなった
点灯時間は15秒にしているのですが、待ち受けのバックライトが消えなくなりました。(2016/3/17)

バッテリー容量5000mAh:
ASUS、モバイルバッテリーにもなるスマホ「ZenFone Max」を3月18日に発売 直販限定特典も
ASUSの大容量バッテリースマホ「ZenFone Max」の発売日が3月18日に決まった。公式Web直販では、期間限定でIIJmioの「みおふぉん」、microSDと純正画面保護フィルムがもらえる特典も用意する。(2016/3/16)

MousePro、8画面出力に対応したNVIDIA NVS 810搭載デスクトップWSを発売
マウスコンピューターは、MouseProブランド製法人向けPCのラインアップにNVIDIA NVS 810搭載モデル2製品を追加した。(2016/3/15)

Mobile Weekly Top10:
2画面スマホ「MUSASHI」を発表したFREETEL、一部ユーザーが原因で速度低下 法的措置も
折りたたみ式2画面スマホ「MUSASHI」が話題のFREETEL。一部ユーザーが原因で通信速度が低下したことから、法的措置も辞さない姿勢です。(2016/3/14)

古田雄介のアキバPickUp!:
31.5型液晶で3万円切り!?  自作PCも大画面化が進む予感
LG電子の31.5型液晶ディスプレイ「32MP58HQ」が3万円を切る価格で登場し話題を集めている。また、ASUSTeKの34型3.5K液晶「ROG Swift PG348Q」も目立っていた。時代は30型超か!?(2016/3/14)

予約販売は3月9日から:
FREETEL、折りたたみ式2画面スマホ「MUSASHI」を3月下旬に発売
FREETELの折りたたみ式2画面スマートフォンが、いよいよ登場する。価格は2万4800円で、3月下旬に発売を予定している。(2016/3/9)

Amazon.comがライブ通販番組開始 その場で紹介製品をポチれる
Amazon.comが、毎日30分放映するファッション通販生番組「Style Code Live」を開始した。番組放映画面の下には紹介中の商品の購入ページへのリンクが並び、すぐに購入できる。(2016/3/9)

PepperがAzureで接客を「学習」、来店者の個人情報はどうなる
ソフトバンクロボティクスとマイクロソフトが、PepperとMicrosoft Azureを活用したリテールソリューションについて協業した。第1弾として、Pepperと大画面PC「Surface Hub」、Microsoft Azureを組み合わせた店舗ソリューション「未来の商品棚(仮称)」を2016年秋に販売開始する。(2016/3/8)

R25スマホ情報局:
最新「ゼロクリック詐欺」の傾向と対策
ここ数年「ワンクリック詐欺」がスマホユーザーを脅かしている。対策としては悪質なサイトをブロックするセキュリティアプリをインストールすることが肝要だという。それでも、架空請求のポップアップ画面が表示されたら、決して電話をかけることなく、落ち着いてキャッシュ削除の操作を行いたい。(2016/3/7)

Windows 10のロック画面に広告表示? 
Windows 10を起動してパスワードを入力する前のロック画面が広告に使われるようだ。回避方法はある。(2016/3/4)

次期Androidのキーワードは海苔とハンバーガー? 
次期Androidのコードネームは「Nori(海苔)」になるかもしれない。そして設定画面に「ハンバーガーアイコン」が。だがしかし、海苔はお菓子か問題が。(2016/3/4)

ゲーム画面のようなリサーチを日常に 新しい映像技術の可能性
(2016/3/4)

野村ケンジの「ぶらんにゅ〜AV Review」:
徹底検証! OPPO「BDP-105D JAPAN LIMITED」は“画面が明るい”という噂は本当か?
面白い話を聞いた。「BDP-105DJP」のアップグレードサービスを利用したユーザーの間で「画面が随分明るくなった」と評判なのだという。映像に直接関わる仕様変更はなかったはずだが……。よし、確認してみよう。(2016/3/4)

Microsoft、AR HMD「HoloLens」開発版の予約開始 3000ドルでまず北米に3月30日出荷
Microsoftの拡張現実ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」の開発者版の予約受付がスタートした。まず米国とカナダの開発者向けに3月30日に出荷する。価格は3000ドル(約34万円)。画面操作用端末「クリッカー」、「Skype for HoloLens」やゲームなどが付属する。(2016/3/1)



余っているリソースを、主にはお金を介してソーシャルな形でシェアできるように仲介するサービス。インターネット上では以前からそうした要素を持ったサービスは存在していたように思うが、概念として名付けられることで一挙に注目が高まっている。

不正会計問題の発覚と対処、リストラ発表とその影響も含めた赤字の拡大というように、日本を代表する家電大手の一角がもろくも崩れようとしている。日本企業の苦戦が続き、それに伴う再編の進行は予想されていたが、この展開は想定外であり、どのような形で落着するものか、予断を許さない。

ビットコインの基幹技術としても知られる、P2Pネットワークを活用した台帳技術。これもまた昨今注目の的となっているFinTechのひとつとして、金融、IT・セキュリティ界隈では今やビットコインと同じくらいの頻度で取りざたされている。