「シートベルト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「シートベルト」に関する情報が集まったページです。

ラップとダンスでYOYOYO! ニュージーランド航空のあの機内安全ビデオに新作、今回も強烈存在感
一瞬、脳が「??」と混乱するも「覚えられる」!(2018/11/6)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
交通事故で誰も死なない社会に
1970年に1万6765人と過去最高を記録した交通事故死者数は、2017年には3694人と激減した。これは自動車の安全技術と医療技術の進歩によるところが大きい。しかし、本当は死亡者ゼロこそが理想なのである。今なお自動車メーカー各社はそのためにさまざまな技術を開発し、数多くの安全システムをクルマに搭載しているのだ。(2018/10/15)

「フル和室完備」「まるで鉄道」!! ぶっ飛び仕様でマジ楽しそう「キャンピングカーの世界」をのぞいてみた
こういうので、旅に、遊びに出たくなります。【写真25枚】(2018/10/10)

スバル「BRZ」を改良、走りの性能と内外装の質感に磨き 「STI Sport」も継続
86よりこっちがいいのさ、な人に。(2018/9/12)

おぉぉ! 赤い船体かっこよすぎ!! JR九州高速船が新型客船「クイーンビートル」発表、デザインは水戸岡氏
期待の新型“海飛ぶカブトムシ”、2020年7月にデビュー。(2018/8/30)

前方よりも後方を意識 「SUPER GT」初音ミクAMGの運転のしかたをベテラン谷口選手が解説
教えて、谷口先生!(2018/8/3)

「搭乗開始のご案内」が人気:
コックピットを再現した「飛行機カラオケルーム」 パイロット・CA気分を体験
パイロットのコックピットでのやりとりや、キャビンクルーの機内アナウンスなどが収録されている「飛行機カラオケ」の世界に浸れる「飛行機カラオケルーム」がオープン。コックピットのレプリカを設置し、航空ファンや子どもたちに航空業界に触れてもらう。(2018/8/1)

子連れ旅行の不安を軽減 子どもとの移動をスムーズにする6つのアイデア
子どもを連れてのお出掛けは「ベビーカーを使って大丈夫か」「おむつ替えできる場所はあるかなど、不安なことがたくさん。そこで帰省や旅行など何かと子連れ移動が増えるこの時期におすすめなサービスや製品を子育て中の母目線で紹介します。(2018/7/28)

【マンガ】人手不足が深刻化すると“コンビニではないコンビニ”ができるかもしれない
可能性はゼロではない……?(2018/7/29)

自動運転技術:
二輪の死亡事故の防止、ライディングの楽しさと安全を両立する運転支援システム
Robert Bosch(ボッシュ)は2018年5月17日、道路交通におけるライダーの死亡事故を防ぐため、ACC(アダプティブ クルーズ コントロール)や衝突予知警報、死角検知など二輪の安全性を向上する運転支援パッケージを開発したと発表した。このライダーアシスタンスシステムは自動車の自動運転を実現させるための関連技術をベースに開発したもので、2020年から量産を開始し、Ducati(ドゥカティ)、KTMなどの大手二輪メーカーの車両に採用される予定だ。(2018/7/24)

キングオブ深夜バス「はかた号」に乗ってきた! 所要14時間、日本一長い距離を走る高速バスは「何がいい」のか
所要14時間、走行距離1097キロの高速バスに乗車。運転手さんの車内アナウンスに心響いちゃった。(2018/7/16)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型フォレスターのふくよかなリズム
スバルは新型フォレスターを7月19日に発売する。フォレスターはスバルブランドの最量販車種となるSUVであり、それに新世代シャシーであるSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)が導入されたことが今回の最大のポイントだ。では、実際に乗ってみてどうだったかというと……。(2018/7/9)

1年7カ月かけて職人がレストア 世界で1台「ランボルギーニ イオタ(ミウラSVR)」完全復活
スーパーカー・オブ・スーパーカー。(2018/6/25)

「安室透に出会ってから世界がきらきらして見える」安室の女の胸の内
「隣の安室の女」の信仰告白。(2018/6/9)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
乗用車と意外に違う、商用車の世界
働くクルマはかっこいいです。(2018/5/30)

ジェネレーティブデザインソフトウェアを導入:
AutodeskとGMが自動車部品のさらなる軽量化に向けて技術提携を発表
AutodeskとGeneral Motors(GM)は、自動車部品の軽量化を目指した技術提携を発表。ジェネレーティブデザインとアディティブマニュファクチャリング(積層造形)を融合し、将来における車両開発の重要なテクノロジーとして活用していく。(2018/5/14)

625馬力のモンスターセダン「BMW・M5 Competition」 これ、多分、超絶に速い
そもそも高性能な「M」モデルをベースにさらにパワーアップ。(2018/5/11)

日米欧クラシックカーが公道パレード トヨタ博物館
トヨタ博物館が、クラッシックカーが公道パレードを行うイベント「第29回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル」を5月27日に開催する。(2018/4/20)

第4次産業革命基礎解説:
乗るしかない、この第4次産業革命というビッグウエーブに
本稿では、第4次産業革命という言葉の持つ意味、第4次産業革命を推し進める「デジタライゼーション」と「デジタルツイン」、第4次産業革命で重要な役割を果たす世代、そして第4次産業革命において日本の持つ可能性などについて解説する。(2018/4/13)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自動ブレーキについて知っておくべきこと
昨年、スイフト・ハイブリッドおよびスイフト・スポーツをスズキから借り出して試乗していた筆者の身に起きたのは、自動ブレーキの異常作動だった。これは看過できないと思いペンを取った。(2018/3/19)

「ゆづる心に金メダル」「そだねー」熊本県警が素早く五輪ネタに対応 県警担当者の“警部”さんに聞いてみた
仕事早いねー。そだねー。カー女銅よくやったよー。そだねー(2018/2/24)

日産自動運転車、みなとみらいの公道走る 乗ってきた
日産自動車とDeNAは、自動運転車両を活用した交通サービス「Easy Ride」の実証実験を開始すると発表した。(2018/2/23)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
クルマのコモディティ化と衝突安全
ここのところ繰り返し書いているテーマの1つが、「クルマはコモディティ化していく」という安易な理解への反論だ。今回は衝突安全の面からこの話をしたい。(2018/2/19)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
アルファード/ヴェルファイアの深い悩み
トヨタの中でも屈指の「売れるクルマ」であるアルファード/ヴェルファイアがマイナーチェンジした。その中身はどうなっているのか。実際に乗ってみるとさまざまなことが浮き彫りになってきた。(2018/2/13)

伝統工芸や「はがねのつるぎ」を次世代デザインのモチーフに SUV「Xmotion」とセダン「Qインスピレーションコンセプト」、日産が公開
伝統工芸の意識を融合し、未来感あふれるデザインが誕生。(2018/1/17)

【マンガ】政治家には「シートベルト着用しなくていい大変なお仕事」がある
政治家として生きていくのは、楽じゃない……。(2018/1/13)

運転席・助手席はほぼ100%:
自動車の後部座席、シートベルトしてますか? 着用率は……
自動車後部座席のシートベルト着用率は?――JAF調べ。(2017/12/22)

人気の子パンダがうちの子に!? 抱きしめOKなパンダクッションがパンダ好きを悩殺してくる
名前をつけてあげなくちゃ。(2017/12/19)

宇宙ビジネスの新潮流:
日本初の宇宙ビジネスコンテスト、大賞に輝いた女性の思いとは?
内閣府やJAXAなどが実行委員会となり、日本で初開催された宇宙ビジネスコンテスト「S-Booster 2017」。300件におよぶ応募の中から大賞に選ばれたのがANAの現役社員である松本さんだ。彼女のアイデアとは……?(2017/12/8)

兵庫県警監修のグミ「ポリスめし」登場 グミをかんで交通安全!
白バイ隊員版パッケージはちょっとレア!(2017/11/29)

コルベットZR1に「史上最強仕様」 2019年モデルが明らかに
最大出力は755馬力、サーキット向けのハイウイング付き仕様も。(2017/11/17)

外すと「コラーッ!」+α イマドキのITキッズに「きちんとシートベルトを着けてもらう」うまい方法、ナルホド……
シートベルトを着けていないと「怒鳴って」「子どもアプリをロック」する「ベルトン」がクラウドファンディングに登場。(2017/11/15)

メーカーに命を預けられるか
自動運転車がハッキングされ暴走? 起こり得る最悪のシナリオと対策
コネクテッドカーもIoTデバイスの一種である以上、セキュリティの脅威と無縁ではいられない。自動車メーカー各社はどのようにして自社のネットワークを安全に運用できるのか、慎重な判断が必要だ。(2017/11/15)

「新世代電子キー」が便利そう パナソニックが電動アシスト自転車の最新版、2018年モデルを投入
快適お買い物、子育て支援、通学向けモデルを刷新。最大100キロ走れる大容量バッテリー搭載モデルも。(2017/11/8)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
グーグル&Uberつぶしのトヨタ・タクシー
現在開催中の「第45回 東京モーターショー」。その見どころについて業界関係者から何度も聞かれたが、その説明が面倒だった。自動運転車や固体電池のクルマとかなら「ああそうですか」で終わるのだが、今回はタクシーなのだ。(2017/10/30)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
交通事故後の「植物状態」からの回復
「これしか……」と悲観するか、「こんなに」と見るか。(2017/10/4)

東京ゲームショウ2017:
360度スピンするVRマシン「GYRO VR」登場(動画あり)
360度回転する座席でVR映像を楽しむアトラクション「GYRO VR」が、東京ゲームショウ2017に登場。(2017/9/21)

冠水した道路への進入は禁物! JAFが360度動画で水没車両からの脱出法を指導
窓を割る道具の重要さがひしひしと伝わります。(2017/8/18)

パパパンダ・ママパンダ・子パンダ パンダ家族がベッドの下でかくれんぼする収納ボックスが誕生
かわいくて便利。(2017/8/19)

TechFactory 人気記事TOP10【2017年7月版】:
自動運転に出会ったMIPS
TechFactoryコンテンツランキングTOP10、2017年7月は「自動運転車は売れるのか?」という自動車に携わる人ならば誰でも気になるテーマの記事が人気を集めました。また、Appleの取引停止宣言に端を発するMIPSアーキテクチャの栄枯盛衰をたどる記事も人気でした。(2017/8/17)

火山島の煙をあおぎながら「機内禁煙」 ニュージーランド航空の機内安全ビデオが壮大なスケール
シートベルトや酸素マスクの使いかたも、ニュージーランドの美麗な景色を舞台に展開。(2017/7/13)

TechFactory通信 編集後記:
「自動運転車が売れない」可能性
「自動運転車が売れない」――こんな特集記事がいまから10年後、2027年の経済誌を飾る可能性を誰も否定できないでしょう。「自動運転車が売れない」(かもしれない)3つの要因について検討します。(2017/7/1)

乗って解説:
乗り比べて分かった、三菱ふそうとUDトラックスの「思想」の違い
三菱ふそうトラック・バスが21年ぶりに「スーパーグレート」を、UDトラックスは13年ぶりに「クオン」をフルモデルチェンジした。現場の声を踏まえて大型トラックはどう変わったのか解説する。(2017/7/7)

製造業では戦後最大規模:
タカタ、民事再生申し立て 負債総額1兆7000億円
自動車部品大手のタカタが経営破綻。関連企業も含めた負債総額は約1兆7000億円で、製造業としては戦後最大規模の倒産となる。(2017/6/26)

シートベルト・エアバッグの「タカタ」民事再生法を申請 負債総額1兆7000億円、製造業で戦後最大の倒産に
6月26日、東京地裁に民事再生法の適用を申請しました。(2017/6/26)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ハンドルの自動化について考え直そう
クルマの自動運転はまだ実現できないが、運転支援システムを組み込むことによって、人のエラーを減らそうとしているのが現状である。そこで今回はハンドルの自動化について指摘したい。(2017/6/26)

後席の着用促す:
助手席・後席シートベルト警報が義務化 20年から
保安基準が改正され、車の助手席と後部座席のシートベルト警報の導入が2020年9月1日以降の新型車から義務付けられた。(2017/6/22)

TU-Automotive Detroit 2017レポート:
コネクテッドカーがもたらす自動車データ流通の衝撃
コネクテッドカーによって自動車データが流通する未来に向けて、転換期を迎える自動車業界。米国ミシガン州で開催された「TU-Automotive Detroit 2017」のレポートを通してその激動をお伝えする。次代のアマゾン、ウーバーといわれる、自動車データ流通で注目を集めるベンチャー・Otonomo CEOのベン・ボルコフ氏へのインタビューも行った。(2017/6/22)

負債1兆円超か:
タカタが民事再生法申請か 株の売買も一時停止
エアバッグの大量リコール問題に揺れるタカタが、来週にも民事再生法を適用すると一部報道機関が報じた。(2017/6/16)

“替え玉”飲酒運転を防げ――顔認識で本人確認、日立が新型検査器
呼気アルコール検査を受ける人と実際に運転する人が同一人物かを、顔認識機能で判定する検査器を日立が試作。8月に実証実験を始める。(2017/6/12)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。