「サービス終了」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サービス終了」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

スマホ検索サービス「Lookout for au」が2019年9月30日でサービス終了 「My au」に統合
auのお客さまセンターによる位置検索代行サービスなどが利用できる「Lookout for au」が、2019年9月30日をもってサービスを終了する。「My au」アプリの「位置検索サポート」が事実上の代替サービスとなる。(2018/12/12)

「Google+」2019年4月にサービス終了 約5250万人の個人情報流出のおそれで4カ月前倒し
いまのところ第三者が閲覧した形跡はないとのこと。(2018/12/11)

ついにサービス終了のポケベル、今も使っている人に「何に使っているのか」聞いてみた
いろんな使われ方がある。(2018/12/7)

ポケベル、2019年9月にサービス終了へ 平成初期に一世を風靡
最盛期には120万人を超える利用者がいたものの、近年は1500人を下回るほど減っていた。(2018/12/3)

ポケベル、来年9月に終了
全国で唯一、ポケットベルを使った無線呼び出しサービスを提供している東京テレメッセージが、来年9月にサービスを終了する。(2018/12/3)

割り勘アプリ「paymo」、2019年に終了 「経営方針変更のため」
割り勘アプリ「paymo」が2019年にサービスを終了する。運営会社は「経営方針変更のため」と説明している。(2018/11/29)

auの3Gサービス「CDMA 1X WIN」が2022年3月末をもって終了 VoLTE非対応4G LTE端末も対象
VoLTE対応4G LTE端末の普及に伴い、auの3Gサービスが終了することになった。au 3G対応の4G LTEスマートフォン・ケータイ(黒い「au IC Card」を利用する機種)についても、一部を除いて同様にサービスを終了する。(2018/11/16)

「ときメモ」シリーズのスマホゲーム「ときめきアイドル」がサービス終了へ
グラディウスの続編が……。(2018/11/15)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2018年10月版:
まだまだ続くブロッキング議論、なぜ進めたいのか?
2018年10月のセキュリティクラスタは「ブロッキングの議論」「個人サービスを終了したgoogle+」「スマホアプリが個人情報を過剰に取得する問題」に注目が集まりました。(2018/11/12)

Twitterが終了した「Vine」を「Byte」として復活すると創業者がツイート
Twitterが買収し、2016年にサービスを終了した6秒ループ動画アプリの「Vine」の創業者の1人が、2019年春に新しいループ動画アプリを「Byte」という名称で立ち上げるとツイートした。(2018/11/9)

目指すはFacebook型? それともMicrosoft型?
「Google+」は法人向けSNSとして生まれ変わることができるのか
大規模な情報漏えいが発覚し、サービスを終了することになった「Google+」はどこへ向かうのか。(2018/11/5)

ドコモの3Gは2020年代半ばに終了へ 5Gで2023年までに1兆円を投資
NTTドコモの吉澤和弘社長は、2020年代半ばに3Gサービスを終了させる見通しであることを明かした。今後は5Gへの投資に集中していく。2019年には5Gのプレサービスを提供する。(2018/10/31)

KDDI傘下のSupership、「Syn.」終了後の戦略は
7月に「Syn.」のサービスを終了したKDDIグループのSupershipホールディングスが、今後の事業戦略について発表した。(2018/10/11)

2019年8月末で終了:
コンシューマー向け「Google+」打ち切りへ APIの不具合で50万人の個人データ露呈
ユーザーが非公開に設定した情報にまでアプリがアクセスできてしまう不具合が発覚。利用が極めて低調だったということもあり、コンシューマーバージョンについては、2019年8月末にサービスを終了する。(2018/10/9)

惜しまれながら終了したRSSリーダー「LDR」の操作感を再現、「Irodr」登場
惜しまれながらサービス終了したRSSリーダー「LDR」の操作感を再現したPC用のRSSリーダークライアントが登場。既存のRSSリーダー「Inoreader」のフロントエンドとして動作する。(2018/10/2)

「Yahoo!ジオシティーズ」2019年3月でサービス終了 平成とともにネット老人会の黒歴史たちが別れを告げる
なんということだ……。(2018/10/1)

ガンホー「ディバインゲート零」がサービス終了 約5年の歴史に幕
テレビアニメ化もしました。(2018/9/27)

KDDI、WiMAXサービス終了に伴う関連サービス終了を発表 「+WiMAX」ほか
KDDIは、UQコミュニケーションズの「WiMAX」サービス終了に伴う関連サービスの提供終了を発表した。対象は3Gスマートフォン向け「+WiMAX」、3Gデータ通信端末向け「3G/WiMAXハイブリッド」などで、サービス終了日は2020年3月31日。なお「WiMAX 2+」サービスは2020年4月1日以降も利用できる。(2018/9/3)

「WiMAX」が2020年3月にサービス終了 周波数はWiMAX 2+へ順次移行
UQコミュニケーションズが、2020年3月31日に「WiMAX」のサービスを終了する。これ以降、WiMAXの通信は利用できなくなる。UQはWiMAX 2+対応端末にお得に変更できるキャンペーンを実施する。(2018/9/3)

「はてなダイアリー」2019年春にサービス終了 15年続く一時代を築いたブログサービス
寂しい。(2018/8/30)

8月3日午後6時ごろ放送:
【番組告知】需要があるのになぜ? サービス終了の「DMM Okan」、便利な小型ミキサー「GO:MIXER PRO」を「NEWS TV」でチェックする
(2018/8/3)

サービス終了の家事代行「DMM Okan」 理由は「需要高すぎ」
需要が圧倒的に高く、供給とのバランス維持が難しい状況だった。(2018/8/2)

家事代行「DMM Okan」サービス終了へ
DMM.comは、iOS/Androidアプリから依頼できる家事代行サービス「DMM Okan」を、9月30日に終了する。(2018/8/2)

メルカリ、「メルカリNOW」など3サービスを終了へ
8月末までに「メルカリNOW」「teacha」「メルカリ メゾンズ」の3サービスが終了する形に。(2018/7/20)

“スマホ版ヤフー”になれず:
KDDIのスマホポータル「Syn.」、全サービス終了 「加盟企業のメリット考えた結果」
KDDIのスマホポータル「Syn.」に関連する全サービスが終了。「加盟企業へのメリットを考えた結果」という。後継サービスは提供しない予定。(2018/7/9)

KDDI傘下Supership、スマホポータル構想「Syn.」のサービスを終了
KDDIグループのSupershipが、スマホ向けポータル構想「Syn.」で、複数のサービスにまたがって提供していた5つの機能を、7月9日に終了した。(2018/7/9)

DMMの意識高い系擬人化RPG「キルドヤ」がサービス終了 3月にスマホ版が開始したばかり
コミットできなかった。(2018/6/28)

「ときめきレストラン」8月31日にサービス終了 「ときメモ」シリーズ初の女性向け恋愛スマホゲームが5年で幕
「アイドルたちの活動は続いていきます」とのこと。(2018/6/15)

物議を醸したスマホゲーム「機動少女」6月8日でサービス終了が決定 終了理由は「不可抗力のため」
不可抗力とは……。(2018/5/29)

スマホゲーム「カクテル王子」サービス終了が決定 コミック、グッズなどの「カクテル擬人化Project」も終了へ
スマホゲーム「カクテル王子」サービス終了が決定 コミック、グッズなどの「カクテル擬人化Project」も終了へ(2018/5/24)

「Favstar」「Klout」終了へ 老舗のTwitter連携サービス
かつて人気を博したTwitter連携サービスの終了が相次いでいる。「Favstar」「Klout」がそれぞれ、サービス終了を発表した。(2018/5/17)

「アイカツ!」のゲームアプリ「フォトカツ!」、サービス終了
2018年7月11日で終了に。(2018/5/8)

Y!mobileのPHS、20年7月末にサービス終了 一部除き
「Y!mobile」のほぼ全てのPHSサービスが2020年7月末に終了する。「テレメタリングプラン」を除き、通信と通話全てのサービスが使えなくなる。(2018/4/19)

Y!mobileの一般向けPHS、2020年7月末でサービス終了
ソフトバンクとウィルコム沖縄は、Y!mobile向けPHSサービスを2020年7月末で終了する。新規契約や機種変更の受付は、2018年3月31日で終了済み。Y!mobileのケータイやスマートフォンにお得に変更できるキャンペーンを実施する。(2018/4/19)

トーハンの電子書店「Digital e-hon」終了 購入者にはポイントで“全額返金”
トーハンが運営する電子書店「Digital e-hon」が4月27日にサービスを終了。同サイトで購入したユーザーには、購入時の累計額(税込)相当のポイントを進呈する。(2018/4/17)

NTT東、Bフレッツ提供終了へ
NTT東日本が「Bフレッツ ニューファミリータイプ」を2020年1月末に、「ベーシックタイプ」「ビジネスタイプ」を21年1月末にサービス終了する。(2018/4/9)

実際のURLへのリダイレクトは継続:
Google、短縮URLサービスを終了、「Firebase Dynamic Links(FDL)」を推奨
Googleは、短縮URLサービス「Google URL Shortener」(goo.gl)の終了計画を発表し、同社の「Firebase Dynamic Links(FDL)」などを推奨する方針を明らかにした。(2018/4/3)

スクエニのゲームアプリ「キングスナイト」が6月でサービス終了 配信開始から約9カ月
「『ファイナルファンタジー XV』の世界では流行中」という設定だったのがまたせつない。(2018/3/26)

「TBSオンデマンド」終了 4月オープンの「Paravi」に移行
「TBSオンデマンド」が6月30日にサービスを終了する。ユーザーには、TBSなどの番組の有料見放題サービス「Paravi」(パラビ)に移行するよう呼び掛けている。(2018/3/23)

「TBSオンデマンド」が6月でサービス終了 今後の動画配信はテレ東やWOWOW共同出資の「Paravi」で
スタートから10年でした。(2018/3/22)

「Digg Reader」、3月26日にサービス終了へ
RSSリーダー「Google Reader」終了の2013年から続いてた「Digg Reader」が3月26日に終了する。(2018/3/19)

「メルカリ アッテ」5月いっぱいでサービス終了
メルカリとは異なり相手と直接“会って”取引するのが特徴だった。(2018/3/16)

アイドルゲーム「ドリフェス!R」、5月1日にサービス終了へ 3月16日に最終イベントを開催
データカードダス版も3月28日に終了。(2018/3/5)

エッセイ投稿サイト「ShortNote」サービス終了へ 不採算のため事業の継続が困難に
4月24日15時でサービス終了。発表にあわせて、これまでの投稿をローカルに保存できる「書き出し機能」を提供。(2018/2/26)

スマホゲーム「妖怪惑星クラリス」、「今日サービス終了させていただきます」との言葉を残し突然死 ゲームも公式サイトも接続不能に
ええええ……。(2018/2/23)

セガのスマホゲーム「CODE OF JOKER Pocket」 4月17日にサービス終了
スマホ向けカードゲーム「CODE OF JOKER Pocket」が4月17日にサービスを終了する。(2018/2/15)

他社サービスからの乗り換えで、最大33%の割引も
月額150円グループウェアの実力を徹底解説、無料サービスとの違いとは?
無料グループウェアのサービス終了がアナウンスされ出した。コストをかけたくない企業の乗り換え先はどう選ぶべきか。月150円のサービスがさらにお得になる朗報がある。(2018/2/9)

ドコモの「ドコッチサービス」が2019年3月末で終了 一部機能はサービス終了後も利用可能
ドコモの子供向けウェアラブルデバイス「ドコッチ 01」向けのサービスが、2019年3月31日をもって終了する。「居場所確認」など、一部の機能はサービス提供終了後も引き続き利用できる。(2018/2/5)

「楽天でんわ かけ放題」、2月28日でサービス終了 3月から自動で従量課金に
楽天が「楽天モバイル」向けに提供している「かけ放題」サービスを、2月28日で終了する。3月からは自動で従量課金になる。「5分かけ放題」は引き続き利用できる。(2018/2/2)

「アイドルマスター ミリオンライブ!」終了へ 3月19日に幕引き
バンダイナムコが提供しGREEが配信するアイドル育成ゲーム「アイドルマスター ミリオンライブ!」が、3月19日にサービスを終了する。(2018/1/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。