• 関連の記事

「サイレックス・テクノロジー」最新記事一覧

関連キーワード

組み込み開発ニュース:
置くだけで簡単に無線LANを構築できるメッシュネットワークシステム
サイレックス・テクノロジーは、置くだけで簡単に無線LANを構築できるメッシュネットワークシステム「BR-400AN」を発表した。「切れない無線」が必要とされる用途に向け、順次展開予定だ。(2017/12/20)

ESEC2017&IoT/M2M展:
Windows 10 IoTに新機能、IoTデバイスのワイヤレスUSB接続が可能に
日本マイクロソフトは、「第6回 IoT/M2M展」において、組み込み機器向けOS「Windows 10 IoT」に関する展示を行った。2017年4月に提供を始めた「Creators Update」で追加された新機能「MA-USB」をアピールした。(2017/5/12)

「教育ITソリューションEXPO」レポート
堺市の小学校がWindowsタブレット2000台で使う「校務・授業連係システム」とは?
市内の全小学校に対して2000台のタブレットを導入した堺市教育委員会。教員が日常的にITを活用できる環境を構築し、授業支援と校務支援を連係させた新たなシステムを構築した。その中身を探る。(2016/6/9)

IoTに向け「産業分野で安心して使える無線を」:
サイレックス、第4世代 11ac対応SDIOモジュール
組み込み用無線LAN関連製品を手掛けるサイレックス・テクノロジーは、ワイヤレスソリューションに関する新製品の発表とともに、IoTに向けて今後何をしていくのかについて発表を行った。(2016/5/10)

サイレックス GDR-1150/GDR-1250:
LTE/3Gモデム内蔵の産業用リモートM2Mゲートウェイ
サイレックス・テクノロジーは、産業用リモートM2Mゲートウェイ「GDR-1150」「GDR-1250」の出荷開始を発表した。(2016/4/21)

ET2015:
「Alljoyn」のいまをクアルコムブースで見る
ET2015のクアルコムブースにて大きく展示されていたのは、機器相互接続フレームワーク「Alljoyn」のデモだ。機器連携シナリオ“ストーリー”の様子も紹介されている。(2015/11/24)

ESEC2014:
無線メッシュ通信で建機の稼働データを収集、村田機械のM2Mデバイス
村田機械の無線LAN対応の車載M2M通信デバイスは、車両内や工場内のネットワークに用いられているCANの通信データを、Wi-Fi経由で外部に送信できる。最大の特徴は、このデバイス間で動的な無線メッシュネットワークを構築できることだ。(2014/5/19)

MEDTEC Japan 2014:
IEEE802.11ac Draft2.0対応、サイレックスの無線LANモジュール
サイレックス・テクノロジーは、IEEE802.11ac Draft2.0対応の無線LANモジュール「SX-PCEAC」を展示した。大容量のデータをワイヤレスで高速に伝送することを可能とする。同社は国産メーカーとして、高い品質の無線LANモジュールを供給してきた。生体計測機器分野においても多くの導入事例を持つ。(2014/4/15)

ビジネスニュース 企業動向:
米国で育てた医療向け無線事業を逆輸入するサイレックス
サイレックス・テクノロジーは、米国市場で実績を積んできた医療機器向け無線事業の国内展開を強化する方針。医療市場のニーズに対応した新たな組み込み無線モジュールなどを投入し、医療機器向けビジネス規模の倍増を狙う。(2014/4/8)

ESEC2013 開催直前情報:
工場や病院でも確実で安定した無線LAN接続を、サイレックスが積極支援
確実で安定した通信接続が可能な組み込み機器向け無線LANモジュールを展開するサイレックス・テクノロジー。「第16回 組込みシステム開発技術展(ESEC2013)」と同時開催の「第2回 ワイヤレスM2M展」に参加し、家庭やオフィスから、工場や病院などにも広がる無線LAN需要に対応するソリューションを展示する。(2013/4/22)

EE Times Japan Weekly Top10:
「Windows 8」、現時点ではPC市場の救世主とはならず
EE Times Japanで先週(2013年4月14日〜4月20日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2013/4/22)

無線通信技術 Wi-Fi:
医療/教育/産業機器での無線LAN本格普及目指す、サイレックスの戦略
スマホ、タブレット端末の普及は、医療/教育/産業機器といった非民生領域でのネットワーク化の追い風になっている。無線LAN関連製品メーカーのサイレックス・テクノロジーも、この追い風に乗り、非民生領域でのビジネス成長に挑もうとしている。(2013/4/18)

無線通信技術 Wi-Fi:
産業/FA/医療――新市場狙い活気づくWi-Fi市場、勝ち残る戦略は何か?
今までインターネットにつながってこなかった、「非PC/モバイル」の機器が、M2Mやモノのインターネットというコンセプトと絡みつくことで、新たな市場が生まれようとしている。今後数年で競争が激しくなることが予想されるこの市場で、いかに戦っていくか。組み込み向けWi-Fiモジュールを手掛けるサイレックス・テクノロジーの戦略をまとめた。(2012/2/17)

無線通信技術 Wi-Fi:
産業/医療分野にも無線LAN、無線事業の強化を続けるベンダーの戦略とは
サイレックス・テクノロジーは、エンタープライズ分野と医療分野にターゲットを絞り、無線LAN関連事業の強化を続けている。機器への組み込みやすさや技術サポートを売りに、採用拡大を目指す。(2011/11/14)

サイレックス、11n無線LAN接続対応のUSBデバイスサーバ「SX-DS3000WAN」
サイレックス・テクノロジーは、有線/無線LAN接続をサポートしたUSBデバイスサーバ「SX-DS3000WAN」を発売する。(2011/9/28)

サイレックス、高速転送を実現したUSBデバイスサーバ「SX-DS-4000U2」
サイレックス・テクノロジーは、各種USB機器をLAN共有できるUSBデバイスサーバ「SX-DS-4000U2」を発表した。(2011/8/18)

サイレックス、フルHD解像度対応のネットワークディスプレイアダプタ2製品
サイレックス・テクノロジーは、有線LAN接続に対応するネットワークディスプレイアダプタ「SX-ND2000F」、および無線LAN接続対応モデル「SX-ND4050G」の2製品を発表した。(2011/2/21)

今後のルータ製品には「標準搭載」を:
“net.USB”開発元のサイレックス、USBデバイスサーバの「USB 3.0対応版」も開発へ
USBデバイスサーバ製品・技術を投入するサイレックス・テクノロジーが技術説明会を実施。望まれるUSB 3.0化や複数OSへの対応など、今後の展開を示した。(2010/10/27)

無線通信技術 Wi-Fi:
PCIe規格の小型無線LANモジュール、組み込み機器向けに少ロット対応
これまでオフィス機器や産業機器といった組み込み用途では、PCI Express(PCIe)規格に対応した無線LANモジュールを搭載する上で障壁があった。PCなどと違って生産量の少ない組み込み機器向けに、少量生産・長期供給に対応するモジュールベンダーが少なかったからだ。(2010/9/10)

サイレックス、ギガビット接続対応のキヤノン専用USBプリントサーバ
サイレックス・テクノロジーは、キヤノン製品専用モデルとなるUSBプリントサーバ「C-6600GB」を発売する。(2010/7/1)

サイレックス、DVI映像出力を“無線配信”できるワイヤレスアダプタを発売
サイレックス・テクノロジーは、DVI出力対応の映像出力送受信システムを発表。SXGA解像度までの映像送受信を行える。(2010/3/25)

“ワイヤレスTV&DVD”もOK:
何ができる? いや、それより速度は?──net.USB対応「ETG-DS/US」の実力検証(後編)
手元のUSB機器を“LAN対応”に変えてしまうUSBデバイスサーバ「ETG-DS/US」。後編はHDDや光学ドライブ、データ通信端末などの“よくありがち”な機器で使えるかを検証する。(2010/3/4)

USB機器をすこぶる簡単に無線化する「net.USB」とは
既存のUSB機器をネットワーク対応機器に変えてしまう、“net.USB”対応USBサーバ製品が発売される。net.USBとは何か、USB機器がネットワーク対応になると何ができるようになるのだろうか。(2009/12/2)

メーカーを選ばず:
サイレックス、ICカード認証を利用した印刷システムを発売
サイレックス・テクノロジーは、既存のプリンタ機器に組み込めるICカード認証の印刷システムを発売する。(2008/7/1)

サイレックス、IPv6/IPv4コンバータでIPv6 Ready Logo Phase-2を取得
サイレックス・テクノロジーのIPv6/IPv4コンバータがIPv6 Ready Logo Phase-2を取得した。(2008/2/18)

有線デバイスにワイヤレス+セキュリティ機能を追加する無線ブリッジ――サイレックス
サイレックス・テクノロジーは、有線LANポートを持つプリンタなどの周辺機器に無線LANインタフェースを追加するデバイスを販売開始する。(2007/3/6)

コレガ、iPod用無線ドックとサンワサプライ製スピーカーのセット
コレガは、無線LAN対応のiPod用ワイヤレスDock「Wireless Dock for iPod」にサンワサプライのスピーカー「MM-SPWD2WH」をセットにした「CG-WLIPODCGWS」を発売する。(2006/12/25)

バイヤーズガイド:
iPodの楽しさを広げるアクセサリーたち
iPodの利用シーンはさまざまだが、アクセサリ1つで、iPodの楽しみ方はグンと広がるもの。スピーカーユニットに引き続き、今回はもっとiPodを快適に楽しく利用できるグッズをご紹介。(2006/12/20)

コレガ、iPodとPCを無線でつなぐ「Wireless Dock for iPod」
コレガは、iPodとパソコンの間を無線LANで繋ぐ多機能ドック「CG-WLIPODCGW/B」を発表した。(2006/11/21)

PR:iPodを“これまでの定位置”から解放――サイレックス・テクノロジー「Wireless Dock for iPod」
帰宅したらiPodはパソコンのそばのDockにセット。そんな常識にとらわれていないだろうか。サイレックスの「Wireless Dock for iPod」を導入すれば、iPodの“あらたな定位置”はリビングになり、さらに活躍の場を広げることになる。(2006/11/20)

サイレックス、無線LAN搭載のワイヤレスiPod Dock「Wireless Dock for iPod」
サイレックスは802.11b/gの無線機能を搭載し、パソコンとiPodのワイヤレス接続を実現したiPod用Dock「Wireless Dock for iPod」を発売する。(2006/10/25)

コレガ、本人拒否率0.1%の指紋認証ユニット2モデル
コレガは、特徴点抽出方式を搭載する指紋認証ユニット2モデル「CG-SECFPU」「CG-SECFPP」を発売する。本人拒否率0.1%、他人誤認率0.001%の高精度認証が可能だ。(2006/9/12)

第2回ネットKADEN大賞の一般投票が受け付け開始
昨年行われた1回の大賞はソニーの“ロケフリ”。今年の大賞は?(2006/7/14)

サイレックス、802.11a/b/g対応のminiPCI無線LANモジュール
サイレックス・テクノロジーは、IEEE802.11a/b/gの3規格に対応するmini-PCI無線LANモジュール「SX-10WAG」を発売する。(2006/5/9)

サイレックス、キヤノン製品専用の無線LANプリントサーバ
サイレックス・テクノロジーは、キヤノンPIXUS/Sateraシリーズ専用の、双方向通信に対応するIEEE802.11b/g対応USBプリントサーバを10月中旬より発売する。価格は1万8800円。(2005/9/13)

サイレックス、初のmini-PCI対応UWBモジュール
サイレックス・テクノロジーが、国内初となるmini-PCI対応UWBモジュールを開発した。(2005/9/7)

サイレックス、指紋認証を組み合わせた印刷システム
サイレックスは、印刷時に指紋認証による本人認証を利用するシステム「SecurePrint」を発表した。(2005/5/12)

サイレックス、コニカミノルタ製レーザープリンタ専用プリントサーバ
サイレックス・テクノロジーは、コニカミノルタ製レーザープリンタ専用のUSBプリントサーバ「K-4000U」を発表した。価格は1万6800円。(2005/5/10)

週末アキバPick UP!
価格は3万円、独特の打鍵感――妙に気になる富士通コンポーネント製こだわりキーボード登場
アキバ各ショップに入荷された、発売ほやほやの新製品をITmediaアキバ取材班が調査、注目商品をピックアップしていく「週末アキバPick UP!」。今週のキーワードは「3万円キーボード」「Mobile Sempron」「Sonoma Pentium M」「今週の掘り出しモノ市」だ!(2005/1/8)

サイレックス、指紋認証Windowsログオンソフトを発表
サイレックスは、指紋認証ログオンソフトウェア「SX-Biometrics Suite」を9月1日から発売致する。(2004/8/16)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。