「スマートウォッチ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スマートウォッチ」に関する情報が集まったページです。

Oaxis Japan、3000円台のウェアラブル端末「Tenvis HR」発売
Oaxis Japanは、1月22日に次世代スマートウェアラブルウォッチ「Tenvis HR」を発売。毎日の健康管理やフィットネスに欠かせない数値を確認・管理でき、スマートフォンとの連携で着信やSNSのメッセージなどもチェックできる。約2時間でフル充電でき、最大14日間の連続使用可能だ。(2019/1/22)

PR:もっと小さく、もっと便利に カシオが新型スマートウォッチ「WSD-F30」で目指したこと
カシオ計算機のスマートウォッチ“PRO TREK Smart”「WSD-F30」が発売される。先代に比べて小型軽量化を果たし、有機ELディスプレイの採用など機能性も向上した注目機だ。(2019/1/21)

Google Wear OS搭載、クラシカルデザインのスマートウォッチ 「TicWatch C2」 Mobvoiから
中国Mobvoiは、1月18日にGoogle Wear OSを搭載したスマートウォッチ 「TicWatch C2」を発売。ステンレススチールや本革を取り入れたクラシカルなデザインで、各種センサーや防水・防塵性能も備えている。カラーはローズゴールド、ブラック、シルバーの3色で、価格は2万4499円(税別)。(2019/1/18)

Google、Fossilのスマートウォッチ関連知財と人材を4000万ドルで買収
Googleが、2015年からWear OS搭載スマートウォッチを製造販売しているファッションブランドのFossil Groupのスマートウォッチ関連IPと人材を4000万ドルで買収する。(2019/1/18)

ケイト・スペード、タッチスパネル対応スマートウォッチを2月下旬発売 4万円台
ケイト・スペード ニューヨークは、1月9日にタッチスクリーンスマートウォッチ「Scallop Smartwatch 2」を発表。ブランド初のタッチスクリーンを搭載し、心拍センサーやGPSトラッキングなどの機能も備えている。全3モデルの価格は4万2000円〜4万9000円(税込)で、2月下旬に先行発売を行う予定だ。(2019/1/9)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Apple Watch Series 4」「Google Pixel 3」 最新デバイスの何に注目する?
2018年もさまざまな最新デバイスが登場した。外観や機能の見どころは幾つかあるが、有識者は何に注目するのか。本稿では「Apple Watch Series 4」「Google Pixel 3」について有識者が注目した点について解説する。(2019/1/8)

Googleさん:
Mi Band 3をPixel 3のお供にした
昨年末に日本で正式に販売開始した中国Xiaomiのアクティブトラッカー「Mi Band 3」を約3週間使ってみました。バッテリーが長持ちなので睡眠トラッカーとして活躍しています。(2019/1/5)

CloseBox:
「散財ではなかった」 そう思えた10製品
「2018年に買って良かったもの」をまとめてみた。(2018/12/31)

山根康宏の中国携帯最新事情:
2018年の中国スマホベスト5 “世界初の機能”に注目が集まる
2018年も数多くのスマートフォンが市場をにぎわしました。中でも中国メーカーからは次々と新製品が登場。海外メーカーを常に追いかけている筆者が、中国メーカーの2018年新製品の中からベストと感じた5機種を紹介します。(2018/12/30)

ITmedia NEWS TV:
日々の生活を可視化するスマートウォッチや活動量計の最新トレンド
(2018/12/26)

“爪のゆがみ”で手の動きを捉える小型センサー、IBMが開発
IBMがわずかな爪のゆがみを検出して手の動きや震えなどを推測する小型センサーのプロトタイプを開発したと発表した。(2018/12/25)

Mi band 3スマートウォッチ、技適通過で日本発売
既に日本語化はされているが、今回は待望の技適対応。(2018/12/22)

体当たりッ!スマート家電事始め:
カシオの新型スマートウォッチ「WSD-F30」をスキー場で体験してきた
カシオのスマートウォッチ“PRO TREK Smart”「WSD-F30」を発売前にスキー場で試す機会があった。スキー&スノーボードアプリ「Ski Tracks」を使いながら実際に滑ってみよう。(2018/12/19)

フォッシル、Snapdragon Wear 3100搭載スマートウォッチ「FOSSIL Sport Smartwatch」を限定先行販売
フォッシルジャパンは、Qualcommの「Snapdragon Wear 3100」を搭載したスマートウォッチ「FOSSIL Sport Smartwatch」をの先行販売を同社の公式オンラインストア限定で開始した。軽量フォルムにカラフルなモデルを用意し、省電力モードでは約3日使用できるバッテリーを備えている。(2018/12/18)

危険部位がわかりにくい:
温暖化で危険な「雑種フグ」急増、問われる安全管理
夜明け前の暗闇に包まれた午前3時10分、天井からの投光に照らされた市場の一角にメリハリのある声が響いた。「えか、えか、えか」。黒い筒状の布袋で手を隠した競り人が進み出ると、周囲の人々がひとりひとり袋の中に手を入れ、値決めのやり取りをする。(2018/12/13)

よりよい体験を提供するために
音声、AR/VR、そして5G 次世代モバイルテクノロジーが職場を変える
企業の従業員はますます充実したモバイルユーザーエクスペリエンス(UX)を職場に期待している。そうした要望に応えるためにはさまざまな新しいテクノロジーが役に立つ。(2018/12/13)

終了:【Amazonサイバーマンデー】スマートウォッチ79%オフ(1万5550円割引)、Ankerのモバイルバッテリー55%オフ(5500円割引)! クリスマスプレゼントにおすすめの商品7選
EMS腹筋ベルトは80%オフ!!!(2018/12/10)

自由な発想でモノとネットをつなげば、可能性はもっと広がる:
PR:ネットで遊ぼう! IIJmioの“モノ専用”格安SIMでIoTをもっと身近に
IoT(モノのインターネット)はビジネスの現場に浸透しつつあるが、消費者にとって身近な存在になったとはいえない。そんな状況を変えるため、インターネットイニシアティブが手掛ける「IIJmio」からIoT専用の格安SIMが登場。年額税別2400円(月額200円相当)からと安価な料金プランを実現し、DIY感覚でモノとネットをつなげることが可能になった。(2018/12/7)

バラして見ずにはいられない:
「Apple Watch Series 4」を分解して分かった、「3」との違い
「Apple Watch Series 4 GPS + Cellular」、画面サイズ44mmの分解レポートをお届けする。ウォッチはAppleの実験場といわれているが、今回も見どころ満載。特に大きく変わったのが心拍センサーだ。(2018/11/30)

PR:運動・健康をいつでもどこでもサポート! お手頃スマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT」の実力をチェック
Huaweiが新しいスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT」を発表しました。ビジネスでもプライベートでも使えるデザインとバッテリー持ちの良さが特徴であるこの製品を、ウェアラブルデバイスに詳しい女性ライター「すずまり」さんに試してもらいました。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2018/11/30)

独自OS採用:
「HUAWEI WATCH GT」日本上陸 最長30日のバッテリー持ちで2万円台半ば
HUAWEI WATCHの最新機種が登場。独自OSを採用し、利用状況に応じて「省電力」「パフォーマンス」の2プロセッサを切り替える設計としたことで通常は2週間程度、最長で30日間のバッテリー持ちを実現した。(2018/11/28)

体当たりッ!スマート家電事始め:
ソニーの新規事業創出プログラムは“次のフェーズ”へ 社外連携に本気
ソニーの新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program」が始動して4年半が経過した。平井体制から吉田体制への転換は今後の方針に影響するのか。SAPを立ち上げたソニーの小田島伸至氏に聞いた。(2018/11/26)

組み込み開発ニュース:
IoT機器を環境発電で動かせるマイコン、ルネサスがSOTB技術で実現
ルネサス エレクトロニクスは、IoT(モノのインターネット)などに用いられる組み込み機器において、電池の使用や交換が不要な環境発電(エナジーハーベスティング)による動作を可能にするマイコン「R7F0E」を開発したと発表した。(2018/11/20)

エコシステムも広がる:
RISC-V、中国で勢力を拡大
今回開催されたイベントに参加した2社のベンダーが発表したレポートによると、中国では現在、RISC-Vの勢いが拡大しているという。(2018/11/19)

「Wear OS」に「バージョンH」アップデート──バッテリー関連などの新機能追加へ
Googleが、スマートウォッチOS「Wear OS by Google」を向こう数カ月中にアップデートする。アップデートの名称は「System Version: H Update」。バッテリー節約やアプリ操作に関する新機能を追加する。(2018/11/16)

製品分解で探るアジアの新トレンド(33):
魅力あるIoTエッジの開発アプローチに垣間見るプラットフォーム提供の在り方
今回は、スマートフォン用チップセットを流用したクラウド翻訳機「POCKETALK W」や、中国チップ群で面を形成するIoTエッジ開発キット「M5Stack」を解剖し、その開発アプローチから垣間見えるプラットフォーム提供の在り方を考える。(2018/11/15)

Fossil、「Snapdragon Wear 3100」搭載のWear OSスマートウォッチ「Sport Smartwatch」を255ドルで発売
Fossilが米国で、Wear OS搭載の「Fossil Sport Smartwatch」を発売した。同社としては初の「Snapdragon Wear 3100」搭載スマートウォッチになる。価格は255ドル(約2万9000円)で、Google Payも使える。(2018/11/9)

Mobile Weekly Top10:
いまケータイが求められる理由/iPhone XR発売!
今回のランキングでも、ケータイ(フィーチャーフォン)に関する記事が人気でした。大きくなり、多機能化するスマートフォンに対する「反動」なのでしょうか……?(2018/11/1)

ガーミン、MILスペック準拠のタフネスGPSアウトドアウォッチ「INSTINCT」11月15日に発売
ガーミンジャパンがGPSアウトドアウォッチを発売する。米国防総省が定める物資調達規格「MIL-STD-810G」に準拠した耐水・耐熱・耐衝撃性能を備え、スマートウォッチとしての機能も充実している。3色展開で、価格は3万2800円(税別)だ。(2018/11/1)

ITはみ出しコラム:
やっと出た“普通のメガネ”っぽいスマートグラス 「Focals」の仕組みとできること
カナダの新興企業Northが、スマートグラス「Focals」を発表しました。普通のメガネっぽく見えて、装着するのに抵抗感が少なそうなところがポイントです。その仕組みとできることを紹介します。(2018/10/28)

石野純也のMobile Eye:
スマホと真逆の進化 なぜ今“ケータイ”が必要とされているのか
ドコモの「カードケータイ」やauの「INFOBAR xv」が話題を集めている。スマートフォン全盛の中、真逆ともいえるシンプルケータイが息を吹き返しつつある。今なぜシンプルなケータイが必要とされているのか?(2018/10/27)

トリー バーチのWear OS搭載スマートウォッチ新製品が登場 タッチパネル対応
アメリカンライフスタイルブランド「トリー バーチ」は、Wear OS by Googleを搭載したタッチスクリーンスマートウォッチ「TORYTRACK GIGI TOUCHSCREEN SMARTWATCH」を発売。タッチスクリーンに対応し、各種機能の利用をはじめデザインのカスタマイズも可能となっている。(2018/10/26)

「ピングー」たちと話せる「ピングートーク」 Googleアシスタントに登場
(2018/10/25)

あらゆるモノが入力デバイスに変わる?:
「音」と「振動」で分かるモノやヒトの状態、安価に実現する2つの手法
カーネギーメロン大学の研究チームは、周囲で何が起こっているかを音や振動状態から認識できる安価な2つの手法を開発した。これらの手法を用いると、モノやヒトの状態が分かるだけでなく、モノを入力デバイスとして利用できるという。(2018/10/22)

ITはみ出しコラム:
スマホの“子機”が続々と出てくるワケ
iPhoneもAndroidも新モデルは大型化が目立つようになりました。高性能になって画面が見やすくなるのはいいことですが、大きすぎて持ちにくくもなってきています。その解決法として、いろいろなモノが出てきました。(2018/10/21)

ほぼ無音の「吸った声」で音声認識 マイクロソフト研究
(2018/10/18)

Spotify、「Wear OS by Google」向けスタンドアロンアプリ公開へ
Spotifyが「Wear OS by Google」向けスタンドアロンアプリを公開すると発表した。スマートフォンとの接続は必要だが、スマートウォッチから基本的な操作が可能だ。「Spotify Connect」もサポートし、スマートスピーカーの操作もできる。(2018/10/18)

Mobile Weekly Top10:
Googleのスマホ「Pixel 3」はおサイフケータイ対応/「スマホ疲れ」が多い?
今回のランキングでは、ついに日本上陸を果たす「Pixel 3」「Pixel 3 XL」に関する記事が多く読まれました。(2018/10/17)

Huawei、独自OSのスマートウォッチ「Huawei Watch GT」発表 199ユーロから
Huaweiが、スマートウォッチ「Watch GT」を発表した。独自OS搭載で、一般的な使用であれば1回の充電で約2週間持つという。フィットネストラッキング、心拍計、睡眠機能も搭載し、価格は199ユーロ(約2万6000円)から。(2018/10/17)

「Palm」が大型スマホのコンパニオン端末として復活
米新興企業Palmが、新端末「Palm」を発表した。オリジナルのPDAとは異なり、Androidスマートフォン/iPhoneと電話番号を共有し、大型スマートフォンの代わりに持ち歩ける小型軽量のコンパニオン端末という位置づけだ。(2018/10/16)

モンブラン、Snapdragon Wear 3100搭載スマートウォッチ「SUMMIT 2」発表
モンブランは、スマートウォッチ新作「SUMMIT 2」を発売する。ウェアラブルプラットフォーム「Snapdragon Wear 3100」を搭載し、初代モデルのクラシックなデザインを保ちつつ42mmモデルへダウンサイズ。さまざまな革新的な機能や、1週間利用できるバッテリーを搭載している。(2018/10/15)

Garmin、タフネスGPSウォッチ「Instinct」を300ドルで発売
GPSサービスのGarminが、耐久性重視のタフネススマートウォッチ「Instinct」を発売した。米国防総省MIL規格準拠の耐熱性、耐衝撃性、耐水性を備え、価格は299.99ドル(約3万3600円)だ。(2018/10/15)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
交通事故で誰も死なない社会に
1970年に1万6765人と過去最高を記録した交通事故死者数は、2017年には3694人と激減した。これは自動車の安全技術と医療技術の進歩によるところが大きい。しかし、本当は死亡者ゼロこそが理想なのである。今なお自動車メーカー各社はそのためにさまざまな技術を開発し、数多くの安全システムをクルマに搭載しているのだ。(2018/10/15)

Googleさん:
「Pixel 3」発表イベントでGoogleが周到に隠したもの
Googleは、新ハードウェア発表イベント「Made by Google」で、前日話題になった個人情報流出リスクに触れませんでした。それとは別に、1度も発せられなかった単語があります。それは、「Android」。(2018/10/12)

大容量バッテリーを搭載したスマートウォッチ「Galaxy Watch」10月下旬に発売
Galaxyブランドのスマートウォッチの新モデルが10月下旬に発売。サイズやカラーバリエーションも多彩に展開し、ウォッチフェイスは豊富なデザインから自由に選ぶことができる。全国のauショップ、家電量販店、主要ECサイトなどで販売される(2018/10/11)

最長25日持続のスタミナ、GPS対応のアナログスマートウォッチ「Steel HR Sport」実機レビュー 新生Withingsの実力は
GPS対応のアナログスマートウォッチ「Steel HR Sport」を試した。運動や睡眠、心拍数を計測する他、さまざまなアプリの通知に対応。最長25日持続するスタミナも魅力だ。(2018/10/10)

「Made by Google 2018」まとめ
今年で3回目になるGoogleのハードウェア発表イベント「Made by Google 2018」で発表されたことと、されなかったことをまとめた。スンダー・ピチャイCEOは登壇しなかった。(2018/10/10)

ITmedia NEWS TV:
Pixelシリーズ、何が出る? 「Made by Google」を妄想する
(2018/10/9)

Googleさん:
今年も「Made by Google」を直前予想 無線充電スタンドも?
Appleの9月のiPhone発表イベントほどには注目されない10月の「Made by Google」イベントは今年で3回目。恒例のうわさまとめです。(2018/10/7)

LG Electronics、アナログハイブリッドなスマートウォッチ「Watch W7」を449ドルで発売へ
LG ElectronicsがGoogleの「Wear OS by Google」搭載の新スマートウォッチ「Watch W7」を発表。「Snapdragon Wear 2100」とスイスSoprod製ムーブメントを搭載するアナログハイブリッド時計だ。(2018/10/4)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。