「太陽電池」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

太陽光:
太陽光発電所のパフォーマンスを診断、三井物産が無償提供
三井物産が太陽光発電所のパフォーマンス診断サービスの提供を開始。当初の発電計画と実際のパフォーマンスの比較などが無償で行える。(2018/5/25)

医療機器ニュース:
生体内で神経を光刺激するワイヤレス型デバイスを開発
奈良先端科学技術大学院大学は、生体内で神経を光刺激する、小型のワイヤレス型デバイスを開発した。新しい光遺伝学ツールとして、脳科学や神経科学の他、将来的には創薬・医療分野への貢献が期待される。(2018/5/17)

蓄電・発電機器:
半分の時間で急速フル充電、シャープが住宅向け蓄電システム
シャープが住宅太陽光向け蓄電システムの新製品を開発。8.4kWh(キロワット時)のリチウムイオン蓄電池は急速充電に対応し、満充電にかかる時間を従来機比半分の約2.5時間に短縮した。(2018/5/16)

2018年通年の見通しも明るい:
2018年Q1のウエハー出荷、30億平方インチ超で過去最高
SEMIは2018年5月14日(米国時間)、2018年第1四半期(1〜3月)の世界シリコンウエハー出荷面積が、2017年第4四半期から3.6%増加し30億8400万平方インチに到達したと発表した。(2018/5/15)

IoT環境をより早く、簡単に構築:
顧客に寄り添い、価値あるIoTの実現へ貢献するTED
東京エレクトロン デバイス(TED)は、「第7回IoT/M2M展【春】」で、IoT(モノのインターネット)事業を進めるに当たっての課題を浮き彫りにし、これらを解決するためのソリューションを提案した。(2018/5/15)

太陽光:
LONGiが太陽光パネルで世界新、ハーフカット単結晶PERCで360W
中国LONGi Solarは120セルのハーフカット単結晶PERCモジュールを開発し、1枚当たりの最大出力で360W超えを達成。同モジュールの出力では世界新記録になるという。(2018/5/9)

太陽光:
電荷寿命1000倍、有機太陽電池の“究極構造”を実現
京都大学らの研究グループは、周期性の細孔空間を持つ多孔性物質を利用することで、有機太陽電池の究極的な理想構造とされていた構造体を実現。有機太陽電池をはじめとするエネルギー変換デバイスの高効率化に貢献する成果だという。(2018/5/8)

カシオの「ゲーム電卓」、復刻人気で在庫切れ 再生産へ
カシオ計算機のゲーム電卓「SL-880」が在庫切れで入手しにくい状態に。1980年に発売され、一世を風靡(ふうび)したゲーム電卓「MG-880」に現代風のアレンジを加えて復刻したもの。(2018/5/1)

蓄電・発電機器:
フィルム型蓄電池を増産、住宅太陽光の2019年問題を見据え
積水化学工業が住宅向けのフィルム型蓄電池の増産を決定。2019年以降、住宅太陽光の自家消費向けに蓄電池需要が増加することを見越し、約40億円の投資を決めた。(2018/4/26)

太陽光:
工事現場の壁面で太陽光発電、「低反射+半透明」で視認性も確保
大成建設の新築工事現場に、カネカの壁面型太陽光発電システムが導入された。作業所の仮囲いの壁面に設置したもので、太陽光で発電しつつも、作業現場の内外からの採光性と視認性を確保できるという。(2018/4/23)

アイロンを掛けても劣化しない:
理研と東レ、衣服に貼り付けられる有機太陽電池を開発
理化学研究所(理研)と東レは2018年4月17日、高い耐熱性と変換効率を兼ね備えた超薄型有機太陽電池の開発に成功したと発表した。e-テキスタイルへの応用や、車載やウェアラブル機器の電源として活用が期待できるという。(2018/4/20)

太陽光:
発電する衣服を実現、超薄型の有機太陽電池を新開発
理化学研究所と東レの共同研究グループが、高い熱耐性を持つ超薄型有機太陽電池の開発に成功。最大発電効率は10%で、布などに加熱圧着しても性能劣化がほとんどないという。(2018/4/18)

東レ、超薄型の太陽電池開発 スマートウエアに最適、100度でも劣化せず
東レは16日、理化学研究所などと、耐熱性を大幅に高めた超薄型の有機太陽電池を開発したと発表した。(2018/4/17)

衣服へ熱で貼り付け、薄型の太陽電池 理研と東レが開発
理研と東レが、耐熱性と高いエネルギー変換効率を両立した超薄型の有機太陽電池を開発した。耐熱性を生かし、熱を加えながら衣服へ貼り付けできる。(2018/4/17)

ハサミムシの羽、「ミウラ折り」を超え人工衛星に応用!? 驚異の折り畳み法を解明
ハサミムシの羽は、スムーズに出し入れでき、飛んでいる最中はしっかりとロックがかかる。これをヒントに、人工衛星に搭載された太陽電池パネルやアンテナの新たな折りたたみ方が発明された。(2018/4/16)

基礎から学ぶ太陽光発電所の雑草対策(1):
急増する太陽光発電の「雑草トラブル」、知っておきたいリスクと対策
日本でも稼働から数年が経過する太陽光発電所が増える中、課題の1つとなっているのが雑草対策だ。太陽光発電の雑草対策を手掛ける野原ホールディングスが、知っておくべき雑草に関する基礎知識や対策方法を解説する。(2018/4/11)

太陽光:
「PERC構造」を採用した太陽電池モジュール新製品、エクソルが販売開始
エクソルは2018年3月から産業向け太陽電池モジュールの新製品の販売を開始。PERC構造を採用し、従来モデルと比較して出力を高めた。(2018/4/10)

太陽光:
ペロブスカイト太陽電池の実用化へ前進、寿命・製造を改良する新材料
東京大学が次世代太陽電池として期待されているペロブスカイト太陽電池に用いる、新しい正孔輸送材料を開発。実用化に向けた課題である電池寿命の向上などに大きく寄与するという。(2018/4/10)

太陽光:
シャープが世界新、単結晶Si太陽電池セルで効率25.09%
シャープが6インチサイズの単結晶シリコン太陽電池セルにおいて、世界最高という変換効率25.09%を達成。ヘテロ接合バックコンタクト構造が特徴だ。(2018/4/3)

従来比10分の1の明るさでも動作:
電池交換要らずの薄型ビーコン「PulsarGum」が進化 小型化して太陽電池も性能アップ
富士通がバッテリーフリービーコン「PulsarGum」の新製品を発表。照明を抑えた室内や工場、倉庫内でも利用できるようになり、柔らかいシリコンゴムで全体を覆っているため、ヘルメットなどの曲面にも張りやすい。(2018/4/2)

研究開発の最前線:
海底の泥から3000年分のレアアース、新産業も生み出す「レアアース泥」とは
資源小国の日本だが、日本を取り囲む海にはさまざまな資源が眠っている。それら海洋資源の1つとして注目されているのが、高品質なレアアースを大量に含む海底の泥「レアアース泥(でい)」だ。南鳥島沖のレアアース泥には、国内需要3000年分のレアアースが含まれているという。レアアースを使った新たな製品につながる技術開発も進んでいる。(2018/4/2)

Liイオン内包フラーレンをドープ:
ペロブスカイト太陽電池の寿命、従来比10倍に
東京大学大学院工学研究科の松尾豊特任教授らは、耐久性をこれまでの10倍に向上させたペロブスカイト太陽電池の作製に成功した。(2018/3/27)

太陽光:
太陽光と蓄電池で自立する「ソーラースタンド」、府中市と国立市が導入
東京都府中市と国立市が太陽光発電や蓄電池を組み合わせた自立稼働型のソーラースタンドを導入。ソーラーフロンティア製の太陽電池を利用しており、災害時は非常用電源として活用できるという。(2018/3/22)

太陽光:
期待のペロブスカイト太陽電池、耐久性10倍のブレークスルー
東京大学はペロブスカイト太陽電池の耐久性を10倍に高めることに成功。実用化課題である耐久性を向上し、大幅な長寿命化に貢献する技術だという。(2018/3/19)

1980年代にヒット:
カシオの「ゲーム電卓」がよみがえる 復活の理由は?
カシオ計算機は、電卓機能とシューティングゲーム機能を備えた「ゲーム電卓」を復活させる。1980年代に人気となったレトロなアイテムを復刻する理由とは……(2018/3/15)

カシオの「ゲーム電卓」が復活! 数字のインベーダーを計算しながら撃ち落とす懐かしの一品
高得点を狙うにはすばやい足し算と入力を求められる、頭を使うシステムが特徴。(2018/3/15)

カシオの「ゲーム電卓」復活 シューティング搭載「SL-880」38年ぶりに
カシオ計算機は、電卓にシューティングゲーム機能を加えた「ゲーム電卓 SL-880」を23日に発売する。80年に発売して人気を集めたゲーム電卓「MG-880」に、現代向けの機能を追加して復刻した。(2018/3/15)

太陽光:
単結晶太陽電池のコスト大幅減に光、東工大らが薄膜作製技術を開発
東京工業大学と早稲田大学は、高品質な単結晶シリコン薄膜を従来手法の10倍以上となる成長速度で作製することに成功した。同技術により、単結晶バルク型太陽電池の発電効率を維持したまま、製造コストを大幅に低減した薄膜型太陽電池の製造が可能となる。(2018/3/15)

発電効率を維持、コストは低減:
太陽電池用Si薄膜、高品質で成長速度は10倍
東京工業大学と早稲田大学は共同で、太陽電池用の単結晶シリコン(Si)薄膜を作製する新たな技術を開発した。高品質の単結晶Si薄膜を、従来手法に比べ10倍以上の速度で成長させることができるという。(2018/3/15)

太陽光:
雪が解ける太陽光発電システム、除雪作業を軽減して発電量もアップ
環境システムヤマノは融雪機能を備える太陽光発電システムを開発。降雪地帯の除雪作業を軽減できるとともに、効率良く発電できるという。(2018/3/15)

蓄電・発電機器:
電気を通す世界最薄のガラス、太陽電池への応用にも期待
日本板硝子が厚さ0.7mmの薄板ガラス上に、透明な導電性膜を製膜することに成功。耐久性や耐薬品性にも優れるという。(2018/3/14)

6足歩行ロボット「フォロ」発売 12種類の動物やメカに変形する「ビルドロイド」も
イーケイジャパンは3月13日、6足歩行ロボット「フォロ」と12種類の動物やメカに変形する「ビルドロイド」を発売すると発表した。(2018/3/13)

省エネ機器:
太陽からエネルギーを取り出す屋根材、熱電併給も可能に
エフウエイブは、「スマートエネルギーWeek 2018」で、同社が開発を進める樹脂屋根材や太陽電池セルを展示した。太陽電池セルを屋根材でモジュール化することで、屋根による熱電併給も可能になるという。(2018/3/12)

太陽光:
単結晶Siで世界新の中国LONGi、両面発電モジュールを日本市場投入へ
中国の大手太陽光パネルメーカーのLONGi Solarが「スマートエネルギーWeek 2018」で、日本市場での販売を計画する単結晶両面発電モジュールを披露。裏面が発電することで、8〜25%程度の出力をプラスできるという。1500Vにも対応する。(2018/3/6)

AI搭載の自走式盆栽「BonsAI」、TDKが開発 哲学的な問いにも答えるすごいやつだよ
「人生において重要なのは、生きることであって生きた結果ではない」と、ゲーテの言葉を引用。(2018/2/28)

SEMI シリコンウエハー出荷面積調査:
世界シリコンウエハー出荷面積、2017年も過去最高を更新
SEMIが2017年のシリコンウエハー出荷面積分析を発表した。出荷面積は前年比10%の増加で販売額も同21%の増加となったが、販売額は2007年に記録した最高額には至らず。(2018/2/23)

組み込み開発ニュース:
フレキシブル有機プリンテッドエレクトロニクスの市場規模は2030年に2.6倍へ
富士キメラ総研は、次世代エレクトロニクスとして注目されるフレキシブル、有機、プリンテッドエレクトロニクス関連の世界市場を調査した結果を発表した。2030年の市場規模は2017年比で2.6倍になると予測する。(2018/2/22)

太陽光:
知らないと損する太陽光発電の「リパワリング」、なぜ海外では重要視されるのか
太陽光発電で先行するドイツなどの欧州で重要視されている発電所の「リパワリング」。そもそもリパワリングとは何か、欧州で重要視される背景にはどういった理由があるのだろうか?(2018/2/21)

MONOist 2018年展望:
ロケットも衛星も「超小型」が熱い、激化する競争の行方はどうなる?
国内外の企業が「超小型」のロケットや衛星の開発を急ピッチで進めている。2018年の年明け早々からも、国内外でロケット打ち上げの実験や衛星の軌道投入が相次いでいるのだ。今、なぜ「超小型」が熱いのか。宇宙関連機器の開発に詳しい大塚実氏が解説する。(2018/2/19)

太陽光:
世界記録の効率25.04%、n型裏面電極の太陽電池セルで
トリナ・ソーラーはn型単結晶シリコンを利用した6インチの裏面電極型太陽電池セルで、世界記録の実効変換効率25.04%を達成した。(2018/2/16)

電気自動車:
車載用ソーラーパネルだけでEVを走らせるには? NEDOがコストメリットを試算
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は「太陽光発電システム搭載自動車検討委員会」の中間報告書を公表した。(2018/2/13)

2017年は前年に比べ10%増:
ウエハー出荷面積、4年連続で過去最高を更新
世界の半導体用シリコンウエハー出荷面積は、2017年も過去最高を連続更新した。(2018/2/8)

太陽光:
室蘭に2MWのメガソーラー、サンテックがパネルとO&Mを提供
北海道室蘭市に出力約2MWのメガソーラーが完成。サンテックパワーが太陽光パネルとパワコンを納入した他、O&Mも受注した。(2018/2/8)

太陽光:
日本最大級の“自家消費型”メガソーラー完成、塩害対策がキモに
インクメーカーのDICが茨城県の工場に、自家消費を目的に太陽光発電設備を導入。自家消費目的としては国内最大級という1.6MW(メガワット)の発電所だ。(2018/2/2)

太陽光:
薄膜太陽電池の製造が簡単に、非結晶のポリマー材料を新開発
大阪大学らの研究グループは、アモルファス(結晶を作らず、乱雑に結合した状態)特性を持つ太陽電池材料の高性能化に成功。有機薄膜太陽電池の製造簡易化などへの貢献が期待できる成果という。(2018/2/1)

太陽光:
長崎の離島に480MWの超大型メガソーラー、計画再始動で2018年度着工へ
九電工や京セラなどが長崎県佐世保市の「宇久島」で計画している、出力480MWという超大型のメガソーラーを建設するプロジェクトが再始動。一部ではソーラーシェアリングを実施する計画で、2018年度の着工を目指す。(2018/2/1)

JASA発IoT通信(7):
IoTの電力を担うエネルギーハーベスティングの可能性と課題
IoT(モノのインターネット)の時代では、多くのセンサーが使用される。そうしたセンサーの電力コストや電池交換の手間を減らせるエネルギーハーベスティング技術について考察する。(2018/1/25)

キリン横浜工場 CO2半減へ、グループを先導 天然ガスで熱電併給
地球環境保全は企業にとって共通の課題だ。とくに気候変動が原料となる生物資源や水資源に悪影響を与えかねないため、大量のエネルギーを使う飲料メーカーにとって、温室効果ガスの削減は避けて通れない。(2018/1/22)

太陽光:
山口県萩市に21MWのメガソーラー完成、7730世帯分の電力に
山口県萩市に京セラTCLソーラーのメガソーラーが完成。出力21.1MWで年間約2300万kWhの発電量を見込んでいる。(2018/1/17)

太陽光:
有機薄膜太陽電池の生産負荷を軽減、新しい高分子半導体の合成技術
筑波大学と物質・材料研究機構の研究グループが、有機電子光デバイス用高分子半導体を合成するための新しい合成技術の開発に成功。有機EL素子や有機薄膜太陽電池の省資源かつ低環境負荷な生産の実現に寄与するという。(2018/1/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。