「SUBARU」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SUBARU」に関する情報が集まったページです。

MONOist×JOBS 転職市場動向:
2017年度 世界自動車メーカー販売台数ランキング
販売台数を公表している自動車メーカーのうち、年間の販売台数が100万台を超えるグループ企業のデータを集計し、ランキングにしました。(2018/10/22)

トヨタ博物館のイベントに「GT-R」が バブル期日本の名車集合
トヨタ博物館は、クラシックカーが集まるイベントを11月17日に東京・明示神宮外苑で開く。(2018/10/18)

CEATEC 2018:
トヨタのカーナビからLINEを送れる、オープンソースのSDL対応カーナビを日本投入
トヨタ自動車とLINEは2018年10月15日、千葉市内で記者説明会を開き、LINEの各種サービスに対応したディーラー装着用車載情報機器(カーナビ)を同年12月から日本で発売すると発表した。ライン装着用では2019年夏以降、一部改良などの機会にさまざまな車種でSDL対応カーナビを設定する。(2018/10/16)

スバル、「インプレッサ」「XV」を改良 新型ハイブリッド「e-BOXER」搭載モデルを追加
信号待ちや渋滞時に「ブレーキを踏み続けなくてもよくなる」新機能も。(2018/10/12)

製造マネジメントニュース:
抜き取り検査がOKでも「保安基準満たすとはいえない」、スバルが6000台リコール
SUBARU(スバル)は2018年10月11日、国土交通省に9車種19型式のリコールを届け出た。リコールの対象となるモデルは、「レヴォーグ」「WRX」「インプレッサ」「XV」「フォレスター」「レガシィ」「エクシーガ」「BRZ」と、トヨタ自動車の「86」で、現在の生産車種全てとなる。2017年12月14日から同年同月29日の間に生産された車両が該当する。対象台数は合計で6124台で、スバルのリコール費用は約4億円となる。(2018/10/12)

ドライバーの疲労軽減へ:
SUBARU「インプレッサ」一部改良 自動で停止状態を保つ機能を追加
SUBARUは主力モデル「インプレッサ」を一部改良し、11月2日に発売すると発表。(2018/10/11)

「20年前、孫社長の誘いを断った」 豊田社長が語る、トヨタがソフトバンクと手を組んだ理由
トヨタとソフトバンクの共同出資による新会社の発表会で、トヨタの豊田社長がソフトバンクグループの孫社長との出会いと、提携に至った理由を話した。(2018/10/5)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
「スバル日産スズキと同じことが起きますよ」と偉い人を動かすチャンス
それで聞く耳を持たないようなら危機感がなさすぎる。(2018/10/3)

製造マネジメントニュース:
老朽化設備で乗り切るための“創意工夫”、不正と疑われずに定着
SUBARU(スバル)は2018年9月28日、東京都内で会見を開き、2017年10月から数回にわたって明らかになった完成検査の不適切な扱いに対する社外専門家による調査結果を発表した。その調査によって、既に報告書で公表している不正に加えて、燃費、排ガスの抜き取り検査とそれ他の完成検査業務で新たに複数の不適切行為が判明した。(2018/10/1)

新型ジムニーやスイスポ、カプチーノも! スズキ車デザインのハンコに新モデル登場、全11車種をラインアップ
あなたの愛車や思い出のクルマもあるかも?(2018/9/25)

自動運転技術:
自動車メーカーら10社、合計80台で自動運転の公道実証
日本自動車工業会は2018年9月20日、自動車メーカーら10社、合計80台が参加する自動運転車の公道実証実験を行うと発表した。期間は2020年7月6日〜12日の7日間で、羽田空港周辺や臨海副都心地域において公道実証を実施する。(2018/9/21)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
富士重工とSUBARUのフォレスター
SUBARUが7月中旬に新型フォレスターを発売した。と書き出すと「なぜ9月も半ばなのに、今それが記事になるのか?」と思う人もいるかもしれない。実は新型フォレスターのパワートレーンは2種類で、そのうち「e-BOXER」と名付けられたマイルドハイブリッドモデルがこの9月14日に追加発売になったのだ。出来栄えはどうなのか、意見を述べたい。(2018/9/18)

ハイブリッドが4割:
SUBARU、新型「フォレスター」1万3000台受注 月販計画の5倍
SUBARUは、7月に発売した新型「フォレスター」の受注台数が1万3282台に達したと発表。(2018/9/14)

自動運転技術:
ディープラーニングで最適なステアリング制御は実現するか、スバルの挑戦
SUBARU(スバル)は、NVIDIAのユーザーイベント「GTC Japan 2018」(2018年9月13〜14日)において、2024年以降の製品化を目指す開発中の自動運転システムについて紹介した。スバル 第一技術本部 自動運転PGMの主査で、開発に携わる小山哉氏が登壇した。(2018/9/14)

部品の強度不足:
SUBARU「レガシィ」12万台リコール パーキングブレーキが作動しない恐れ
SUBARUは「レガシィ」の電動パーキングブレーキに問題が見つかったとして、計12万6230台をリコール。(2018/9/13)

レガシーシステムを持つ企業は期待している
激戦のクラウド市場、IBMとOracleが勝てる分野はここにある
IBMとOracleはレガシーシステムからの脱却を目指しIaaSに力を入れているが、簡単には進まないだろう。ただ、両ベンダーには、クラウド市場全体で力を発揮できる分野がある。(2018/9/28)

スバル「BRZ」を改良、走りの性能と内外装の質感に磨き 「STI Sport」も継続
86よりこっちがいいのさ、な人に。(2018/9/12)

10月に発表:
SUBARU「XV」にハイブリッド追加、ブルーの新色も 先行予約を開始
SUBARUは小型SUV「SUBARU XV」を改良し、ハイブリッドモデルを追加すると発表。先行予約を開始した。(2018/9/12)

ブラックスタイルでシブめ! スバル「レガシィ アウトバック」に設立60周年の特別仕様車
「レガシィ B4」もマイナーチェンジ。(2018/9/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
次のクルマは「自動運転」になるのか?
「自動運転車っていつごろ商品化されるんですか?」という質問をよく受ける。これにスカッと答えるのはなかなか難しい。条件分岐がいっぱいあるのだ。今回は自動運転の現実的な話をしよう。(2018/9/10)

うほほー、これ待ってたよ! 「WRX S4」に“足回りSTIチューン済み”の官能グレード「STI Sport」投入
WRX S4に待望の「STI Sport」仕様!【画像63枚】(2018/9/4)

IHS Future Mobility Insight(7):
100年に一度の変革期、国内自動車ディーラーの進むべき道は
自動車を購入するためには行かなければならないのが自動車ディーラー(販売店)だ。しかし、国内の自動車ディーラーにとってこれまで常識だったことも、「100年に一度の変革期」が訪れている自動車市場そのものと同様に大きく変化しつつある。(2018/9/3)

車両デザイン:
夢膨らむ「空飛ぶクルマ」、MRJも苦労した耐空証明が事業化のハードルに
経済産業省 製造産業局と国土交通省 航空局は2018年8月29日、東京都内で「第1回 空の移動革命に向けた官民協議会」を開催した。(2018/8/31)

よそ見、居眠り……:
新たな先進安全機能が拡大中 カメラで運転者の挙動確認
自動車の運転者の様子をカメラで確認し、わき見や居眠りに警告するシステムが、自動ブレーキなどに続く新たな先進安全機能として注目されている。重大事故防止のためにトラックなどに採用されてきたが、後付けのシステム市販やドライブレコーダーとの一体化など、活用が本格化してきた。導入は利便性向上を視野に乗用車にも広がった。自動運転の実用化でも重要な役割を果たすとみられている。(2018/8/30)

よそ見、居眠り…カメラで運転者の挙動確認 新たな先進安全機能が拡大中
自動車の運転者の様子をカメラで確認し、わき見や居眠りに警告するシステムが、自動ブレーキなどに続く新たな先進安全機能として注目されている。(2018/8/29)

サンバーバンからS2000、ロータスも!? 個性的な作品が集まった痛車イベント「シスフェス2018」に行ってきたよ
痛車が見たくて「シスフェス2018」に行ってきました【写真:98枚】(2018/8/25)

キャリアニュース:
信越化学工業が金持ち企業ランキング1位――上位20社中、製造業が15社
リスクモンスターが第6回「金持ち企業ランキング」を発表した。2年連続で1位「信越化学工業」、2位「任天堂」となり、上位20社のうち製造業が15社を占めた。(2018/8/24)

ハチロクからマイティボーイ、フェラーリまで “昭和臭”漂いまくり!! 「十日町クラシックカーミーティング」へ行ってみた
あぁぁ何てカッコイイ「昭和の名車」。【写真:55枚】(2018/8/23)

製造業IoT:
Armの「世界初」のIoTプラットフォームは何ができるのか
Armの日本法人アームは2018年8月22日、東京都内で会見を開き、トレジャーデータの買収に合わせて発表した新たなIoTプラットフォーム「Arm Pelion IoT Platform」について説明した。同日からパートナーなどを通して国内提供を始めている。(2018/8/23)

製造マネジメントニュース:
2018年の自動車初期品質調査、品質トップはダイハツ、最下位はアウディ
J.D.パワージャパンは2018年8月22日、2018年の自動車初期品質調査(Initial Quality Study)の結果を発表した。ブランドごとの不具合指摘件数が最も少なかったのはダイハツ工業だった。次いでホンダ、Mercedes-Benz(メルセデスベンツ)が上位にランクインした。15ブランド中、最も不具合指摘件数が多かったのはAudi(アウディ)だった。(2018/8/23)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自動車メーカー「不正」のケース分析
マツダ、スズキ、ヤマハ発動機の3社が排出ガス抜き取り検査についての調査結果を国交省へ提出した。これを受けて、各メディアは一斉に「不正」として報道した。しかしその内容を見ると、多くが不親切で、何が起きているのかが分かりにくい。そこに問題はあった。しかし、その実態は本当のところ何なのか、できる限りフラットにフェアに書いてみたい。(2018/8/13)

製造マネジメントニュース:
「検査員の運転スキル」が頼りの完成検査、ヒト依存から脱却へ
国土交通省は2018年8月9日、スズキとマツダ、ヤマハ発動機の3社において、排ガスの抜き取り検査で、正しい条件で測定できなかったデータを有効なものとして扱う検査不備があったと発表した。(2018/8/10)

抜き取り検査の半数で不適切:
スズキ社長「重く厳粛に受け止める」、燃費・排ガス不適切検査で
燃費・排出ガスの抜き取り検査で無効な測定を有効と処理していた問題が発覚したスズキの鈴木俊宏社長が会見した。(2018/8/9)

失敗した測定を有効に:
マツダ、スズキ、ヤマハ発から燃費・排ガスで不適切検査=国交省
国交省は、スズキとマツダ、ヤマハ発動機から、排出ガスなどの抜き取り検査で不適切な取り扱いがなされていたとの報告があったと発表した。(2018/8/9)

「往年の名車・クラシックカー」、いくらで買える? 最高額はあのベンツ、何と●億円
ふぇぇぇ、ウン千万円クラスは「普通」ってマジか……。オートモビル カウンシル出展の希少な販売車両から価格を調査。【写真93枚】(2018/8/6)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ダイハツの未来を決めるミラ・トコット
2017年3月にリブランディングを敢行したダイハツは、「Light you up」をキャッチコピーに掲げた。そうした中で発売されたのがミラ・トコットだ。初めてそのデザインを見たときに衝撃を受けた。その理由は……。(2018/8/6)

「ウン十年前」「ウン億円」の名車・珍車続々 ヘリテージカーの祭典「オートモビル カウンシル2018」が開催
良き文化を継承せよ、と「その場で商談」も可能! 幕張メッセで8月5日まで。(2018/8/4)

和田憲一郎の電動化新時代!(29):
日中共同による急速充電新規格は、世界標準となるのか
EV(電気自動車)用の急速充電仕様について新たな動きが出てきた。日本と中国の共同検討によって急速充電の新規格を策定する動きである。既に市場で固まってしまったように見える急速充電規格であるが、なぜ今になって新たな規格作成なのか。狙いや、具体的な統一方法、さらには実施時期や市場をどう考えるのか。まだ仕様が固まらないと思われる中で、関係者にインタビューを敢行した。(2018/7/30)

スバリストはこれもチェック スバルの快挙「量産初の乗用AWD」は1972年登場、どんな車種だった?
「SUBARU SUVの進化の系譜」を知ろう。(2018/7/27)

製造業が好調、ソニーが大幅ランクアップ:
「金持ち企業」ランキング、2位は任天堂 1位は2年連続の……
「ネットキャッシュ」が潤沢な企業は?――リスクモンスター調べ。(2018/7/20)

うぉぉぉ限定500台! あの「WRX STI」に、走りを極めた官能コンプリートカー「TYPE RA-R」が来た
今回も瞬殺必至か……。【写真30枚】(2018/7/19)

スバルビル解体で「新宿の目」どうなる? 小田急「現在検討している」
地下部分はしばらくは解体しないとのこと。(2018/7/18)

製造マネジメントニュース:
スバルが2025年までの新中計、100億円規模でベンチャーへ投資も
SUBARU(スバル)は、2025年度を最終年度とする新しい中期経営計画を発表した。新中計では、信頼回復に向けた組織風土の改革と品質向上に注力する。(2018/7/11)

「質を上げて量の成長超えたい」:
スバル、新中計では収益拡大急がず 品質向上に1500億円投資
スバルの中期経営計画では、品質向上のため5年間で1500億円を設備や人材に投資する。(2018/7/10)

製造マネジメントニュース:
1カ所だけ不正がなかった日産九州工場、分かれ目は「専門家がいたかどうか」
日産自動車は、完成検査の工程の1つである燃費と排ガスの測定において不適切な行為があったと発表した。抜き取りで燃費と排ガスの測定試験を行った2187台のうち、1171台でJC08モードで定める測定条件を満たさないまま有効な測定結果として扱ったり、測定設備の画面から測定値を一部書き換えたりしていたことが社内調査で判明した。日産自動車の九州工場を除く国内5カ所の生産拠点でこうしたことが行われていた。(2018/7/10)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型フォレスターのふくよかなリズム
スバルは新型フォレスターを7月19日に発売する。フォレスターはスバルブランドの最量販車種となるSUVであり、それに新世代シャシーであるSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)が導入されたことが今回の最大のポイントだ。では、実際に乗ってみてどうだったかというと……。(2018/7/9)

TechFactory通信 編集後記:
エンジンから個性がなくなる時代
自動車に環境対策や効率化が大切なことは分かっていますが、「個性」も残って欲しいと思うのです。(2018/7/7)

Automotive Linux Summit 2018:
距離を縮めるクルマとオープンソース、車載Linux「AGL」の現在地
「固い」自動車業界とLinuxを始めとした「柔らかい」オープンソースソフトウェア(OSS)の距離が縮まっている。その代表格が車載Linux「AGL」だ。AGLのイベントにはAGL開発側だけではなくトヨタなど自動車メーカーも登場し、どうやってOSSを活用していくかを紹介した。(2018/7/6)

赤いブレンボがキラリ トヨタ「86」にメーカー純正のライトチューニング車「86 GR SPORT」登場 378万円から
最初から楽しそう。【写真26点】(2018/7/4)

Automotive Linux Summit 2018レポート:
オープンソースと量産の間にあるギャップ、自動車メーカー5社が協力して埋める
車載インフォテインメントシステム(IVI)をレゴブロックのように組み合わせながら開発できたら――。Linuxベースの車載情報機器関連のオープンソースプロジェクトAutomotive Grade Linux(AGL)が開発者向けイベント「Automotive Linux Summit」を開催。3日目の基調講演では、マツダの後藤誠二氏が、自動車メーカー5社で共同開発している”IVIのためのオープンハードウェア”について紹介した。(2018/6/29)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。