「支援」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「支援」に関する情報が集まったページです。

製造マネジメントニュース:
収益構造改革の状況を発表、希望退職の募集と照明事業を譲渡へ
NECは、収益構造改革の一環として、特別転進支援施策(希望退職の募集)を含む人材活用施策の実施と照明事業の譲渡を発表した。2019年3月末までに約3000人が減少し、収益改善効果として、年度換算で約240億円を見込んでいる。(2018/12/14)

広告運用における主要3機能の大幅な機能強化:
広告運用支援ツール「AdNote」がバージョンアップ 予算調整、カスタムレポート、分析の業務を自動化
ブレインパッドは、広告運用支援ツール「AdNote」のバージョンアップを発表した。(2018/12/12)

+Style、通話内容を録音できるスティック形状のBluetoothレコーダー「StickPhone」発売
IoT支援プラットフォーム「+Style」から、スマートフォンとBluetooth接続し、通話内容を録音できるスティック形状のBluetoothレコーダーが発売された。本体のスイッチを「MOBILE」モードに変えるだけで自動的に録音し、通話録音機能のない端末や、本体ストレージ容量が少ない場合でも録音可能。「VOICE」モードに変更すれば一般的なボイスレコーダーとしても利用できる。(2018/12/12)

組み込み開発ニュース:
組み込みシステム開発企業向けのシステムズエンジニアリング事業で協業
電通国際情報サービスと日立産業制御ソリューションズは、組み込みシステム開発企業における、システムズエンジニアリングの実践適用支援に関する協業に合意した。(2018/12/12)

太陽光:
静岡県が太陽光の導入モデルガイドライン公表、10kW以上を対象に
静岡県が県内の市町に設置する太陽光発電設備についての、モデルガイドラインを公表。各市町のガイドライン作成の支援と、太陽光発電の導入に関するトラブルを防ぐのが狙いだ。(2018/12/12)

ビル管理:
「日立システムズ」と「図研ネットウエイブ」が協業、ビル管理システムを1画面で全状況を可視化する“プラットフォーム”発売
日立システムズと図研ネットウエイブは、社会インフラや大規模施設の防犯・安全対策を支援するサービスの分野で協業した。空港、港湾、鉄道、発電所などの社会インフラや大規模商業施設向けに、米国ベリントシステムズ社の状況認識プラットフォーム「Verint SA 7.5」を、2019年1月から販売開始する。2021年度末までに累計27億円の販売目標を掲げる。(2018/12/12)

RPAロボで「SAP S/4HANA Cloud」への入力業務を自動化 中堅中小企業のERP導入を支援――SAPら3社が新サービスを開始
SAPジャパン、RPAテクノロジーズ、アイ・ピー・エス(IPS)は、ERPクラウド「SAP S/4HANA Cloud」へのデータ入力業務をRPAで自動化するソリューションを開始。中堅中小企業のERP導入で障壁となる導入期間やコスト、導入後の運用負荷といった課題の解消を図る。(2018/12/11)

年間約700億円程度発生する見通し:
国移行の休眠預金、返還可能? 来年始動の新制度、その背景
金融機関の口座に眠ったまま出し入れが10年以上にわたって行われていないお金「休眠預金」の管理が国に移行し、社会的課題に取り組む民間団体の支援に活用される仕組みが来年1月始まる。こうしたお金は年間約700億円程度発生する見通しで、申請すれば払い戻しは可能。だが手続きが煩雑になる恐れがあり、手元の預金をもう一度確認した上での申請が必要となりそうだ。(2018/12/11)

医療機器ニュース:
介護施設職員の配薬業務を軽減する配薬支援装置を開発
東北大学と石神製作所は、介護施設向けの配薬支援装置「HSS-10」を開発した。飲み忘れ防止のランプ点灯などの工夫が施され、職員が入所者の薬を管理し、配薬する時間を大幅に軽減できる。(2018/12/11)

NASA公式、トニー・スターク捜索を支援するツイート 「アベンジャーズ/エンドゲーム」予告公開を受けて
最高かよ。(2018/12/10)

AI初心者でも大丈夫
導入から運用までを一括サポートで効率化 Dell EMCのデータ分析環境
Dell EMCが2018年12月4日に提供開始した「Dell EMC Ready Solutions for AI」は、構築済み分析環境などの包括的支援により、企業のAI技術活用を推進する。(2018/12/7)

パイオニアが投資ファンドに身売り、上場廃止へ
パイオニアが投資ファンドのプライベート・エクイティ・アジア(BPEA)の支援を受け、子会社になると発表した。パイオニアは上場廃止となる見通し。(2018/12/7)

3Dプリンタニュース:
「一発で正確な3Dプリント」、3Dプリント支援機能をNXやSimcenterに実装
シーメンスPLMソフトウェアは、3Dプリントの精度を向上させるアディティブ・マニュファクチャリング・プロセス・シミュレーションのソリューションを発表した。ゆがみを予測し、「一発で正確なプリント」を可能にする。(2018/12/7)

製造業IoT:
日立アプライアンスが再生医療市場に参入「ソリューション事業の第1弾」
日立アプライアンスは、東京・日本橋に開設した「再生医療技術支援施設」を報道陣に公開。大学や研究機関、製薬メーカーなど向けに、iPS細胞に代表される再生医療に用いられる細胞加工を行うためのクリーンルームを提案する他、それらの顧客や、再生医療に用いる機器メーカーとの協創の場として活用する方針だ。(2018/12/7)

IoTで繁殖和牛の発情と分娩を監視 遠隔からの牛舎管理も――福島県と富士通エフサスが共同実証へ
福島県は富士通エフサスと共同で、センサーやカメラを活用して、繁殖和牛の発情時期と分娩時の監視、牛舎や個体の遠隔管理を行える「個体一元管理システム」の実証実験を開始する。担い手不足や飼養頭数減少などの課題を抱える繁殖農家の営農再開を支援する。(2018/12/6)

体当たりッ!スマート家電事始め:
生活支援サービスとの連携を考えたスマートホーム「MANOMA」
ソニーネットワークコミュニケーションズのスマートホームサービス「MANOMA」を開始した。ホームオートメーションに加え、スマートロックなどを活用して家事代行や介護支援など、外部サービスとの連携も念頭に置いたサービスだ。詳しい話を聞いた。(2018/12/6)

好みのデザインを実現:
光岡自動車、2シーターオープン「Himiko」マイナーチェンジ カラー充実、安全性向上
光岡自動車が、2シーターオープン「Himiko」をマイナーチェンジ。従来はボディーカラーを7色展開としていたが、30色から選択できるオプションなどを新設した。「車線逸脱警報システム(LDWS)」などの安全運転支援システムも全車で標準装備した。(2018/12/6)

今後10年で:
富士通「AI審判」の勝算は 「目標1千億円のビジネスに伸ばしたい」、東京五輪にも
華麗でダイナミックな体操競技の採点を、審判員に代わって人工知能(AI)が担う時代がやってきた。国際体操連盟(本部=スイス・ローザンヌ、渡辺守成会長)は、2019年に独シュツットガルドで開催する体操世界選手権から、富士通が開発した「採点支援システム」を導入する。田中達也・富士通社長は「今後10年間で累計1千億円のビジネスに伸ばしたい」とぶち上げる。(2018/12/6)

営業活動の「なぜ?」を解決
新人でも即戦力 AI×テキストマイニングで“売れる理由”を示す「Asales」
ストックマークは2018年11月、営業活動における意思決定プロセスを支援するサービス「Asales」を発表した。営業活動にまつわるテキストデータを分析し、AI技術によって情報を推薦する。(2018/12/6)

センシングデータで入居者の活動状況を把握 介護の質向上と業務負荷軽減へ――HITOWAケアサービス、パナソニックのIoT/AIを導入
HITOWAケアサービスは、全国展開する有料老人ホームにIoTとAIを活用して入居者を見守るパナソニックの介護施設向け見守りサービス「みまもり安心サービス」を導入する。センシングデータで入居者の活動状況を把握するなど、介護業務の効率化を支援する。(2018/12/5)

高信頼なロボットシステム開発を支援:
イーソルがルネサス「RX65N」マイコン向けROS 2エンジニアリングサービスを提供
イーソルは、ルネサス エレクトロニクスの産業用IoT機器向けマイコン「RX65N」を用いたロボットシステム開発を支援する、ROS 2向けエンジニアリングサービスの提供開始を発表した。(2018/12/5)

AIで農作物の生産量を予測する「高知県園芸品生産予測システム」 安定的な生産と取引を支援――高知県、富士通らが共同実証
高知県、富士通、Nextremerは、農作物の生育や出荷に関わるデータを一元管理し、AIで生産量を予測する「高知県園芸品生産予測システム」の実証実験を開始する。生産性と品質向上に向けた営農指導や、安定的な農作物の生産と取引の実現に向け、2019年3月の本運用を目指す。(2018/12/4)

人工知能ニュース:
AIアプリケーションのデプロイと共有を支援するオープンソースソフトウェア
LF Deep Learning Foundationは、AIアプリケーションのデプロイと共有を支援するソフトウェア「Athena」を発表した。オープンソースの「Docker」や「Kubernetes」を利用するプラットフォームをワンクリックでデプロイできる。(2018/12/4)

「未来のビジネスに必須なスキルを届けたい」:
コンピュータ教育から“あぶれる”子どもをなくす? MSが教育版Minecraft全国大会と若者支援を発表
日本マイクロソフトは、通常の教育機関以外の子どもも参加できる「Minecraft カップ 2019 全国大会」および若者向けIT就労支援プロジェクト「若者TECH」の実施を発表した。IT関連の教育科目が存在感を増す中、何らかの事情でそうした教育から遠ざかった子どもや若者の支援を図る。(2018/12/4)

製造ITニュース:
生産現場を「見える化」し、稼働率向上を支援する工場向けIoTサービス
NTT東日本は、生産現場を「見える化」する「工場向けIoTパッケージ」を発表した。機械の稼働データを蓄積するデバイスやIoTセキュリティ機能、運用サポートなどがセットになっており、IT専任者の確保が困難な中小工場でも利用可能だ。(2018/12/4)

京セラの新規事業、ソニーが支援 「圧電セラミックデバイス」の事業化を目指す
ソニーは12月3日、同社の新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program」を通じて京セラの新規事業を支援すると発表した。(2018/12/3)

企業のブロックチェーン技術導入をトータル支援 適応領域の相談からAzure BaaSの活用まで――LayerXと日本マイクロソフトが協業
LayerXと日本マイクロソフトが、企業のブロックチェーン技術導入支援で協業。顧客の事業領域やサービスに適したブロックチェーン適応領域などのコンサルティングから、ブロックチェーン基盤「Azure BaaS」を活用した開発の技術支援まで、導入プロセスをトータルで支援する。(2018/12/3)

Weekly Memo:
変化の時代を生き抜くために欠かせない“3つのP”とは SAPジャパン社長が語る企業変革のアプローチ
企業に対してERPなどの業務ソフトを提供してきたSAPが、デジタル変革を支援するベンダーに変わりつつある。その核心は何か。SAPジャパンの福田譲社長に聞いてみた。(2018/12/3)

アンリツ 64 Gbaud PAM4 PPG、32 Gbaud PAM4 ED:
400GbE PAM4 BER測定モジュール
アンリツは、400GbEおよび400Gを超えるビットエラーレートテストを支援する、パルスパターン発生器「64 Gbaud PAM4 PPG」、エラーディテクタ「32 Gbaud PAM4 ED」を販売する。(2018/12/3)

企業のマーケティング活動をトータルに支援:
テラスカイとメンバーズが協業 マーケティング部門から営業部門、 サポート部門までトータルに支援へ
テラスカイとメンバーズが協業。マーケティングオートメーション、営業、サポート領域まで網羅するトータルソリューション提案を実現する。(2018/11/30)

メール詐欺対策用の分析UIを提供:
ニューヨーク大学研究チーム、セキュリティベンダーと共同でメール詐欺捜査支援ツールを開発
ニューヨーク大学の研究チームがセキュリティベンダーのAgariと共同で、電子メールのフォレンジック捜査を大幅に効率化するビジュアル分析ツールを開発した。人手に頼っていた従来の操作を置き換えるものだという。(2018/11/30)

市場分析や国交省の講演など建設業の問題をICTで解くセミナーを開催、ヒューマンタッチ総研
ヒューマンタッチ総研は、「建設業界を魅力ある業界へ 生産性向上と働き方改革」をメインテーマに掲げた建設技術者を対象としたセミナーを開催した。建設現場の最前線で活用されているICT技術やIoTネットワークインフラ、建設生産支援クラウド、話題となっているRPAの建設業界への導入についてなど、豊富な事例を交えて紹介した。(2018/11/30)

公的機関に速やかに相談しよう:
上司からの恫喝、報酬カット、退職届の受け取り拒否も こんなにある「悪質な引き留め」
退職時に引き留めされた経験は? 30〜40代のミドル世代の転職支援サイト「ミドルの転職」を運営するエン・ジャパンが転職コンサルタントを対象に調査を実施。その結果は……(2018/11/29)

太陽光:
“卒FIT太陽光”の余剰電力でVPP構築、リミックスポイントとIBM
リミックスポイントが住宅の“卒FIT太陽光”のアグリゲート事業に参入。日本IBMの支援を受け、新しい再生可能エネルギー取り引きのスキームの構築を目指すという。(2018/11/29)

ランサムウェアに感染しても、あなたの会社は事業を継続できますか?:
PR:BCPの観点でサイバー攻撃対策をトータルに支援
サイバー攻撃はもはや情報システム部門だけの問題ではない。事業停止や、サプライチェーンへの被害拡大など、社会に大きな影響を及ぼしかねない経営課題となっている。ネットワークやエンドポイントといった個々の「防御策」にとどまらず、事業継続の観点からインシデント発生後の対応など含めた対策を検討すべき時期に来ている。(2018/11/28)

“ドローン+AI+MR”でインフラ設備の保守点検 現実とメンテ情報を重ねて表示――NTTコムウェア、「スマートメンテナンスソリューション」を2018年内開始
NTTコムウェアは、通信設備などのインフラ設備の保守点検にドローン、AI、MRを活用する「スマートメンテナンスソリューション」を開始する。ドローンの撮影映像から設備を3Dモデル化。現実の映像に保守点検の支援情報を重ねて表示するなど、点検漏れ抑止や確実な補修作業を支援する。(2018/11/26)

ジェフ・ベゾス氏の20億ドル慈善ファンド、まずは24のホームレス支援団体に約1億ドル提供
Amazon.comやBlue Originの創業者で実業家のジェフ・ベゾス氏が、9月に立ち上げた慈善ファンド「Bezos Day One Fund」の最初の出資先を発表した。24のホームレス支援団体に約1000万ドルを提供する。(2018/11/26)

サブスクリプションビジネスの料金請求業務をクラウドで統合サポート――NTTコムウェア、「Smart Billing」を提供
NTTコムウェアは、サブスクリプションビジネス向けの料金請求プラットフォームをクラウドサービスとして提供する「Smart Billing」を開始。契約管理、課金、請求、回収、会計、分析といった料金請求に関わる一連の機能を備え、新規ビジネスの早期立ち上げや請求業務の効率化を支援する。(2018/11/26)

「シェンムー3」の支援総額、約8億円に 全キャンペーンによる集計結果を発表
開発も順調に進行中のようです。(2018/11/26)

製造ITニュース:
設備の点検保全をモバイルで、現場支援ソリューション
東芝デジタルソリューションズは、設備点検や保全業務など、設備に関する現場業務をモバイル端末に集約する現場業務支援ソリューション「Meister Digital Field Work」の提供を開始した。(2018/11/22)

もう本人確認のために、IDカードのコピーを郵送する手続きは不要に:
PR:手元のスマホで手軽かつ確実に「ユーザー認証」「本人確認」、マイナンバーカードや運転免許証を読み取るライブラリ
ショッピングをはじめ、さまざまなサービスがオンラインで利用できるようになった現在だが、本人確認業務のように、いまだにアナログな手順が要求される場面もある。オープンソース・ソリューション・テクノロジはスマートフォンからIDカード内の情報を読み取れるライブラリを公開し、このような業務の効率化を支援する。(2018/12/3)

あなたの組織は、セキュリティ侵害に迅速な対応ができるのか:
PR:EDRでここまでできる、SOCをサポートする新しいツールが登場
さまざまなセキュリティ製品を導入しているからといって、インシデントに対する迅速な対応が自動的にできるわけではない。このことで悩んでいる人たちは多いはずだ。ところが、こうした人たちを直接支援するツールが登場した、といったら、興味を持っていただけるだろうか。(2018/11/26)

PR:「脱PC」で働き方改革を――2万人が利用する販売支援システム開発、元SE情シスの挑戦
PCに依存しない販売支援システムを実現し、働き方改革を進めたい――化粧品販売を手掛けるAOB慧央グループの情シスは、国内では導入例が少ない「Heroku」に目を付けた。パートナーも決まり、いざ開発……という時に意外なポイントでカベにぶつかった。(2018/11/16)

富士通、AIで体操競技の採点自動化 国際体操連盟と共同開発、19年の世界選手権で導入
2019年開催の世界選手権で導入され、東京五輪・パラリンピックでも5種目の採点支援に用いられる。(2018/11/22)

医療機関のあらゆる業務を円滑にする
医療現場の人工知能(AI)活用は、診断支援、遠隔医療、病院経営に「効果あり」
人工知能(AI)関連システムを導入する医療機関が増えている。患者のケアと業務管理の双方に潜在的なメリットがあることを多くの医療従事者が認めつつあるからだ。(2018/11/22)

都内最大級の「猫・共生型」マンションが誕生ニャ 猫と人間両方の暮らしやすさを追求、住むだけで保護猫支援に
家賃から毎月222円が保護猫支援に充てられます。(2018/11/21)

選手の骨格をAIで判定:
「選手200人の大会に、審判が100人も必要な現状を変えたい」――国際体操連盟が“採点AI”を正式採用へ そのインパクトは?
国際体操連盟は、体操競技の国際大会に、3Dセンシング技術とAIを使って選手の演技を正確に捉える富士通の「採点支援システム」を導入すると発表した。これにより、体操競技の採点の現場が大きく変わる可能性がある。(2018/11/21)

煩わしい文書管理業務の負担を削減
複合機で読み取った文書を自動登録 クラウド文書管理「Smart Workstream」
富士ゼロックスは2018年11月13日、クラウド文書管理サービス「Smart Workstream」の提供を開始した。文書を電子化し管理する他、複合機との連携などにより作業効率の向上を支援する。(2018/11/21)

8割は「年下上司・女性上司」経験あり:
ミドル世代、上司が年下や女性でやりにくかった理由の1位は「上司の実力不足」
30〜40代のミドル世代の転職支援サイト「ミドルの転職」を運営するエン・ジャパンはこのほど、「年下上司・女性上司」について実施した調査結果を発表。ミドル世代で「上司が年下や女性だった経験がある」人は8割いた。(2018/11/20)

AIベースの新ツールセットを活用:
クラウドへの移行を自動化する新サービスをIBMが発表、「IBM Cloud Migration Factory」を利用
IBMがクラウド関連の新サービスを発表した。ハイブリッドマルチクラウド戦略を採用した企業が、ビジネストランスフォーメーションを加速する際の複雑なプロセスを支援するという。(2018/11/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。