「タブレット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「タブレット」に関する情報が集まったページです。

シンクライアントとしてのモバイルデバイス
機が熟した「スマートフォンで仮想デスクトップ」を本気で検討せよ
モバイルデバイスはシンクライアント市場に浸透していないが、これから人気が出そうだ。アプリケーション仮想化やデスクトップ仮想化ベンダーが、スマートフォンやタブレットへの対応を進めているからだ。(2018/9/21)

FAニュース:
ディスプレイスタンド一体型の産業用コンピュータ、コンパクトさを強みに
コンテックは、産業用PCをディスプレイスタンドに内蔵した、タッチパネルLCD一体型コンピュータ「STAND-PC」を発表した。21.5インチの高性能産業用タッチパネルディスプレイを採用し、タブレットPCなどと同様のタッチ操作ができる。(2018/9/19)

ファーウェイ、10.1型のエントリーモデル「HUAWEI MediaPad T5」9月21日発売
ファーウェイは、約10.1インチの高精細ディスプレイを搭載したエントリーモデルタブレット「HUAWEI MediaPad T5」を9月21日に発売。画面アスペクト比は視聴に最適な16:10で、ステレオスピーカーやキッズモードも備えている。(2018/9/18)

最新端末を無料お試し:
PR:働き方を変える最新PC・タブレットを試してみませんか? セキュリティを強化した「HP Elite」シリーズ、無償トライアルキャンペーン!
(2018/9/14)

クレジットカード決済未導入の店舗に訴求
Amazon PayがQRコード決済機能を追加 店舗向け専用端末をレンタル無料に
Amazon Payが実店舗向けQRコード決済機能を追加した。利用に必要な専用タブレットのレンタル料と、店舗側の決済手数料の無料キャンペーンも開始。(2018/9/11)

スマホの画面をテレビに出力できるUSB HDMI変換アダプター
サンワサプライは、9月6日にスマートフォンの映像をテレビやディスプレイに出力できるフルHD対応のUSB HDMI変換アダプターを発売。1台でiPhone/iPadやmiracast対応Androidスマートフォン/タブレットに出力でき、iOS搭載機器ではアプリをインストールすることなく接続するだけで利用可能となっている。(2018/9/6)

学校でのタブレット導入広がる 前年度比5割増、背景に「新学習指導要領」
公立小中高校で児童生徒が使うタブレット端末など可動式コンピューターが平成29年度に約85万台となり、28年度比で5割増えたことが5日、文部科学省の整備状況調査(速報値)で分かった。コンピューター教室への固定式の整備が先行していたが、32年度からの新学習指導要領は全科目で活用を求めており、各教室に持ち運べる可動式の普及が加速したとみられる。(2018/9/7)

AUKEY、アルミ素材の卓上スマホスタンドを25%オフで発売
AUKEYは、9月6日〜9月10日まで「AUKEY卓上スマホスタンドHD-T4」の25%オフセールをAmazon.co.jpで開催。ホルダーは柔軟なシリコーン、スタンド部分は耐久性が高いアルミ素材を採用し、充電や操作をサポートする。10インチ以下かつ500g以下のすべてスマートフォン/タブレットで利用可能だ。(2018/9/6)

JapanTaxi、キャッシュレス決済機付きのタクシー向けタブレットを順次全国展開
JapanTaxiはクレジットカードや交通系IC・電子マネーなど複数決済が可能なカードリーダー端末と、広告タブレットが一体化したタクシー向け「決済機付きタブレット」を9月から順次全国展開する。QRコード決済に対応した「広告タブレット」と合わせ、全国で合計5万台の搭載を目指す。(2018/9/3)

IFA 2018:
タッチキーボードが“電子ペーパー”に進化――「Yoga Book C930」登場 Coreプロセッサで処理能力も向上
Lenovoの2in1タブレットPC「Yoga Book」のコンセプトを引き継ぐ2in1 PCが登場した。先代モデルでタッチキーボードだった部分が「電子ペーパー(E Ink)」に変わり、CPUのパワーアップと相まって利便性が向上した。(2018/8/31)

AmazonがQRコード決済に参入 アプリで使える「Amazon Pay」、中小店舗に照準
アマゾンジャパンが実店舗でのキャッシュレス決済に参入する。ユーザーが「Amazonショッピングアプリ」の画面上に表示したQRコードを、店舗側がタブレット端末で読み取ることで支払いが完了する。(2018/8/29)

Microsoft Graph APIで管理が容易に
Office 365のスマホ、タブレット利用が増加 管理についても考えよう
エンタープライズモビリティー管理(EMM)との連携で、モバイルデバイス向けOffice 365アプリケーションは以前より管理しやすくなった。Office 365のセキュリティを効果的に強化する戦略とは。(2018/8/28)

ドスパラ、raytrektabでプロがイラストを描く「ライブドローイングイベント」開催 なんば店で9月8日
ドスパラは、同社製Windowsタブレット「raytrektab」を用いたライブドローイングイベントの開催を発表した。(2018/8/24)

シリコンバレー式「時短育児術」:
“デジタル親孝行”のススメ 離れて暮らす両親へスマホで手軽にできること
子育てに関する負担をITで解消する「Baby Tech」。シリコンバレー在住の女性筆者が、“母目線”でぐっときたテクノロジーを紹介する連載をお届け。今回はスマホやタブレットを活用した“デジタル親孝行”について。(2018/8/17)

デバイス管理ツールも紹介
「iPad Pro」か「Surface Pro」か 導入と管理で比較するベストタブレット
ビジネスで利用するタブレットに最適なのはiPad ProかSurface Proか。IT部門はタブレットの導入と管理の方法も検討する必要がある。(2018/8/17)

くらしに役立つ推しグッズ:
文具に書類、タブレットも まとめて便利な「つながるケース」
ホックを使って簡単に連結できる「つながるケース」は4種類。ノートに筆記具、書類など、仕事や勉強に必要なものがすっきりとまとまる。収納したままタッチ操作ができるタブレットケースも。(2018/8/14)

「Kaby Lake-G」を採用
Intel×AMDコラボCPU搭載の「XPS 15 2-in-1」 磁気浮遊式キーボードで薄型化
Dellの2-in-1デバイス「XPS 15 2-in-1」は、CPUとGPUをワンパッケージにまとめ、磁石の力でキーを浮かせるキーボードを採用するなどして薄型化を実現した。ただしタブレットとして使うには難点が残る。(2018/8/12)

企業の導入で魅力を発揮
Surface Goがわが社にやって来る日
Microsoftはかつてタブレット市場で失敗した。だが「Surface Go」は同社にとって有望な第2のチャンスになる可能性がある。特徴的な機能や価格を紹介する。(2018/8/11)

ワコムデジタイザ搭載8型タブレット「raytrektab」の限定セットをコミケで販売
片手入力デバイス「CLIP STUDIO TABMATE」とのセット販売も。(2018/8/9)

iPhoneとApple Watchを同時に充電できるスタンドなど3製品 エレコムから
エレコムは、8月中旬にスマホ・タブレット向けスタンド3製品を発売。iPhoneとApple Watchを同時に設置・充電できるシリコン製スタンド、フレキシブルアームを採用した三脚スタンド、自在に位置調整できるタブレット用フレキシブルアームスタンドをラインアップする。(2018/8/8)

ドコモ、8型防水タブレット「dtab Compact」を8月10日発売 実質0円
NTTドコモは、8月10日に8インチサイズのコンパクトボディにデュアルカメラを搭載したタブレット「dtab Compact d-02K」を発売。防水・防塵性能をサポートし、キッチンなど水回りでも利用できる。(2018/8/6)

タブレットの世界出荷調査、AppleとHuaweiのみが前年同期比増──IDC調べ
IDCの第2四半期世界タブレット出荷調査によると、総出荷台数が15期連続で減少する中、メーカー別首位のAppleは0.9%増、3位のHuaweiは7.7%増だった。(2018/8/3)

モバイル市場を再燃する原動力?:
折り曲げられるスマホ、2019年にも登場か
成熟しつつあるモバイル市場を、再活性化するための取り組みの一環として、2019年には、タブレットとしても使用可能な折りたたみ式スマートフォンが登場するとみられている。(2018/8/3)

マウス、Atom x5搭載の8型エントリーWindowsタブレット
マウスコンピューターは、8型液晶ディスプレイを内蔵したWindows 10搭載タブレットPC「WN803」を発売する。(2018/8/2)

Samsung、10.5型タブレット「Galaxy Tab S4」、別売DeXキーボードでPCのようにも利用可能
Samsungが、Androidタブレット「Galaxy Tab S4」を発表した。10.5型でSペンが付属し、別売のDeXキーボードと接続すればPCのように使える。ホームボタンがなくなった分画面が広くなった。(2018/8/2)

コスメボトル型モバイルバッテリー「AQUARIUS」 ミスターカードから
ミスターカードは、8月1日にメタリックデザインを採用したコスメボトル型モバイルバッテリー「AQUARIUS」を発売。容量は1万mAhで急速充電やタブレット充電、2台同時充電も行える。(2018/8/1)

ドコモとJapanTaxiが資本・業務提携 タクシーの支払いに「d払い」導入
NTTドコモとJapanTaxiは、7月30日に資本・業務提携契約を締結。JapanTaxiのQRコード決済機能を搭載した広告タブレットへ「d払い」など新しい決済手段を導入するほか、両社の技術を組み合わせたサービスの開発検討を行う。(2018/7/31)

お絵かきタブレットにAndroidという選択はあり? 人気プロ絵師が「MediaPad M5 Pro」を試した結果
ラノベやスマホゲームなど多数のキャラクターデザインを手掛け、学校の講師も務める人気イラストレーターのrefeia氏に「MediaPad M5 Pro」の“お絵かき性能”を試してもらった。(2018/7/30)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2018:
AR技術による道路標識や街路灯の点検支援システム、古河産業
古河産業は、各自治体が対応を急ぐ、道路標識や街路灯といった「小規模附属物」の点検を効率化し、現場での一括処理も実現したタブレット端末向けアプリの販売をスタートする。同製品は、2018年7月18日〜20日に東京ビッグサイトで行われたメンテナンス・レジリエンスTOKYO 2018内の「第10回インフラ検査・維持管理展」にて披露された。(2018/7/27)

サンワサプライ、厚さ約11mm&2ポート搭載の5000mAhモバイルバッテリーを発売
サンワサプライは、厚さ約11mmのモバイルバッテリーを発売。最大出力は2.4AでUSB出力ポートを2ポート搭載し、タブレットの充電も可能。容量は5000mAhで、給電に使用できるmicroUSBケーブルも付属する。(2018/7/25)

NEC、学校導入などにも向く10.1型タブレットPC「VersaPro タイプVU」など法人PC計14タイプを投入
NECは、法人向けPC「VersaPro」「Mate」シリーズのラインアップ刷新を発表した。(2018/7/25)

6台のスマホ、タブレットとUSB充電器を収納できるスタンド
サンワサプライは、7月23日にタブレット・スマートフォンスタンド「PDA-STN21WN」を発売。放熱用のスリットが入ったスタンド内部のトレーにUSB充電器を収納可能で、厚さ20mmまでの機器を6台まで設置できる。(2018/7/23)

6台までのスマホ・タブレットをまとめ置きできる収納スタンド USB充電器も格納可能
サンワサプライは、複数台のスマートフォンやタブレットをまとめ置きできる収納スタンド「PDA-STN21WN」を発売した。(2018/7/23)

アマゾン、eスポーツイベントを開催 マックスむらいさんらが対戦
Amazon.co.jpがeスポーツイベント「CHAMPIONS OF FIRE JAPAN」を8月に開催する。YouTuberがFireタブレットを使い、「ディズニー ツムツムランド」などで対戦する。(2018/7/20)

Samsungの折りたたみスマホは7インチで2019年発売か──Wall Street Journal
Samsungが2019年前半にも折りたたみ式スマートフォンを発表すると、Wall Street Journalが報じた。たたむと財布のような形で、開くと7インチのタブレットのようになるという。(2018/7/19)

ベルキン、「Lightning」「Micro B」「Type-C」コネクタ付きUSBケーブルを発売
ベルキンが、「Lightning」「USB Micro-B」「USB Type-C」に対応できる3in1タイプのUSBケーブルを発売する。さまざまなスマートフォン・タブレットに1本で対応できる優れものだ。(2018/7/12)

電子書籍業界の「大いなる黒衣」:
「書店側にも出版社側にもつかない」 メディアドゥHD・藤田恭嗣社長
スマホやタブレットの普及で成長が続く電子書籍市場。作家、出版社と電子書店を仲介する取次(とりつぎ)事業で業界首位となり、東証1部上場に育てた辣腕経営者が、同じぐらい心血を注いでいるのが郷里の復興だ。(2018/7/12)

“持ち運べる”ヤマハのスピーカーフォン「YVC-200」 バッテリー搭載、遠隔会議しやすく
ヤマハが、PC、スマートフォンやタブレット端末などと接続し、音声会議やWeb会議が行えるスピーカーフォン「YVC-200」を9月に発売する。シリーズ初のバッテリー搭載モデルで、リモートワークや在宅勤務での活用を見込む。(2018/7/11)

「全国タクシー」、広告配信タブレットのQRコード決済機能を主要都市で展開
JapanTaxiのタクシー配車アプリ「全国タクシー」は、東京都内で実施していた広告配信タブレットを使ったQRコード決済機能を全国で展開。7月から神奈川、名古屋、京都、大阪、福岡、札幌を中心に行い、2020年までに全国合計5万台の導入を目指す。(2018/7/11)

10インチ:
399ドルからの「Surface GO」発表 日本でも販売へ
米Microsoftが399ドルからのタブレット型PC「Surface Go」を発表。(2018/7/10)

新タブレット「Surface Go」発表 シリーズ史上、最薄最軽量 399ドルから
米Microsoftは7月9日(現地時間)、2in1ノートPC「Surface」シリーズの新製品、「Surface Go」を同社公式ブログで公開した。(2018/7/10)

サードウェーブ、ペン対応の8型Windowsタブ「raytrektab DG-08IWP」に白色モデル 従来モデルの大幅値引きも
サードウェーブは、同社製の8型Windowsタブレット「raytrektab DG-08IWP」に白色カラーバリエーションモデルを追加した。(2018/6/29)

プロ野球を好きな角度で観戦 KDDI、5Gを活用した自由視点映像のリアルタイム配信
KDDI、KDDI総合研究所、沖縄セルラー電話は、国際電気通信基礎技術研究所、サムスン電子の協力の下、5G対応タブレットを活用した自由視点映像のリアルタイム配信に成功したと発表。任意のアングルでスポーツ観戦が可能になるとしている。(2018/6/28)

医療機器ニュース:
スマートフォンやタブレットで医用画像を手軽に閲覧、東大がアプリを開発
東京大学は、スマートフォンやタブレットコンピュータでCT、MRI、レントゲンX線検査などの医用画像を閲覧できるアプリケーションを開発し、Kompathから無料でリリースしたと発表した。(2018/6/28)

日本HP、タブレットスタイルでも使えるコンバーティブル設計のモバイルWSなど5製品を投入
日本HPは、同社製モバイルWS「HP ZBook Mobile Workstation」シリーズの新製品計5機種を発表した。(2018/6/25)

新規農家をAIで救いたい:
創業70年目の挑戦 農用機器メーカー「ネポン」がクラウドサービスを進化させる理由
タブレットで農業ハウスを遠隔管理できるサービス「アグリネット」を提供するネポンは、もともとITベンダーではなく、創業70年の農用機器メーカーだ。社内からの批判もあったという同社が、クラウドサービスにまい進する理由とは。(2018/6/25)

サンワサプライ、ダッシュボード/ヘッドレストに設置可能な車載ホルダー2種を発売
サンワサプライは、ゲル素材の真空吸盤でダッシュボードに取り付けできる車載ホルダーと、座席のヘッドレストに設置可能な後部座席向け車載ホルダーを発売。4インチ〜10.5インチまでのiPhone、iPad、各種スマートフォン、タブレットに対応する。(2018/6/18)

LINE Pay、ロイヤルHDの研究開発店舗へコード決済を導入 「セルフテーブル決済」も
LINE Payは、ロイヤルHDの研究開発店舗「GATHERING TABLE PANTRY 馬喰町店」へ「LINE Pay」のコード決済を導入する。客席に設置されたタブレットで支払いを完了できる初の取り組み「セルフテーブル決済」も対応する予定。(2018/6/15)

ロジテック、堅牢Windowsタブレット「ZEROSHOCKタブレット」にSoftBank対応LTE内蔵モデルを追加
ロジテックINAソリューションズは、同社製の堅牢WindowsタブレットPC「ZEROSHOCKタブレット」シリーズにSoftBank回線対応のLTE通信モジュール内蔵モデルを追加した。(2018/6/14)

6ポート搭載のUSB充電器&スタンド一体型の充電ステーション サンワサプライから
サンワサプライは、USB充電器とスタンドが一体になった充電ステーション2機種を発売。USBポートを6ポート搭載し、1ポートあたり最大2.4Aまで出力できるためスマートフォンや各種タブレットも充電することができる。(2018/6/11)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。