東北地方 に関する記事 東北地方 に関する質問

「東北地方」最新記事一覧

楽天、「東北復幸祭〈環WA〉in PARIS」に車両型移動図書館「楽天いどうとしょかん」を出展
フランスで行われる東日本大震災復興支援イベント「東北復幸祭〈環WA〉in PARIS」に、楽天が車両型移動図書館「楽天いどうとしょかん」を出展する。(2014/8/28)

自然エネルギー:
「無駄なガス」電気に変わり利益生む、下水を使う鶴岡市
山形県鶴岡市は市内の下水処理場が生み出す「消化ガス」の利用に取り組む。水ing(スイング)と契約し、消化ガスを販売、得た利益を下水道の維持管理に全額用いる。水ingはガス発電機を導入し、固定価格買取制度を利用して収益を得る。市と事業者のどちらにもメリットがある事業だ。(2014/8/28)

クリプトン公認:
新型「ミラ ココア」の北海道限定モデル「雪ミク ココア」は渾身の一作
ダイハツ工業の新型「ミラ ココア」は、全国で11に分けた地域の限定特別仕様車を用意している。中でも「雪ミク」とコラボした、北海道の「雪ミク ココア」のデキは秀逸だ。(2014/8/28)

アクションカムで縄文遺跡を回ってみた――特別史跡「三内丸山遺跡」編
ソニーのアクションカム「HDR-AS100V」を使って、青森県にある特別史跡「三内丸山遺跡」を撮ってきた。ユニバーサルヘットマウントキットに取り付けたカメラから見た縄文遺跡はどのようなものなのか?(2014/8/28)

車両デザイン:
おじさんには開発できない、新型「ミラ ココア」の「選ぶ楽しさ」
ダイハツ工業が軽自動車「ミラ ココア」をマイナーチェンジ。メインユーザーである女性を強く意識し、160通りのバリエーションを設定した。ユーザーの90%が女性というミラ ココアの新モデルを開発する上で活躍したのが、同社の女性社員から成る「ココかわプロジェクト」のメンバーだ。(2014/8/27)

「考える」力をつくる30のルール:
よいアイデアが生まれる4つのルール
ブレストの場で常識や理屈で批判してしまうと、いいアイデアは生まれなくなる。どんな意見でもまずは肯定し、その上に議論を重ねていく。今回は、斬新なアイデアを出すためのちょっとしたルールを紹介する。(2014/8/27)

電力供給サービス:
東京電力と中部電力が連系能力を90万kW増強へ、「重要送電設備」の第1号に
全国レベルで電力の需給調整を図るために、周波数の違う東日本と西日本のあいだの連系能力の増強が急務になっている。政府は東京電力と中部電力が計画中の新しい連系設備を2020年度に運用開始できるように「重要送電設備」の第1号に指定して、建設に必要な手続きを円滑に進める。(2014/8/26)

「安倍晋三です」──LINE「友だち」は320万人 SNS活用を進める首相官邸の狙い
「安倍晋三です。朝早くにすみません」――首相からもメッセージが届く「首相官邸」のLINEアカウント。FacebookやTwitterも含め、積極的にSNS活用を進める背景を内閣官房担当者に聞いた。(2014/8/28)

「考える」力をつくる30のルール:
コンセプトは机の上で考えるな。日常に落ちている
アイデアは誰にでも出せるが、うまい人と下手な人がいる。その違いは、人より“アイデアが出るコツ”を知っているかどうか。この“コツ”とはいったい、どんなものなのか?(2014/8/20)

あなたは知っていますか? 深くてゆるい「ご当地パイ」の世界
「うなぎパイ」を代表とする、日本全国のお土産物として販売されているご当地パイ。今回は、全国約の「ゆるパイ」を集めた書籍を出版した作家・エッセイストの藤井青銅さんにお話を伺いました。(2014/8/19)

スマートシティ:
買取制度のトップは鹿児島県の霧島市、東北と九州の市町村が上位を占める
固定価格買取制度の認定を受けた発電設備の規模を市町村別に見ると、最大は鹿児島県の霧島市で94万kWに達している。次いで宮城県の仙台市、長崎県の佐世保市と続き、東北と九州でトップ20のうち7割を占める。すでに運転を開始した設備の規模では大分県の大分市が第1位になった。(2014/8/19)

自然エネルギー:
東北の大地を空から探る、地熱資源はどこ?
石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は2014年8月から東北地方の八幡平(はちまんたい)で「地熱資源ポテンシャル調査」を開始する。対象地域は秋田県と岩手県にまたがる1050km2もの山岳地帯。全域をわずか2カ月で調査するという。素早く正確な調査ができる理由は?(2014/8/15)

萌えおこしキャラ集まれ〜! 横断プロジェクト「(自称)萌えキャラ学会」が発足
何か始まったぞ!(2014/8/13)

豪華講師陣が教える、いまを生きるためのヒント
NHK Eテレの人気番組「東北発☆未来塾」の書籍化である、未来を生きるヒントをくれる1冊を紹介します。(2014/8/12)

飛ぶように売れるUSJハリポタ「確約入場券」付き旅行プラン 「凄い数字」特需に驚く
「ハリー・ポッター」をテーマにしたUSJの新エリアに入れる「確約券」付き旅行商品が飛ぶように売れている。(2014/8/12)

KDDI、東北の中高生を対象としたIT教育支援プログラムを実施
アプリやWebサービスの開発を基礎から学べる中高生向けIT教育支援プログラム「東北イノベーターズ プログラム」が始まる。被災地の復興に向け、東北を担う人材育成を目指す。(2014/8/11)

自然エネルギー:
地域密着の木質バイオマス発電所、岩手と徳島で2016年に相次いで運転開始へ
森林の保護と林業の活性化を両立させる木質バイオマス発電所の建設計画が相次いで始まる。日本紙パルプ商事が岩手県の野田村で、クラボウが徳島県の阿南市で、それぞれ地元の林業から木質バイオマスの供給を受けて発電事業に取り組む。いずれも2016年4月に運転を開始する予定だ。(2014/8/7)

高校生が3人1組で作品を撮る「写真甲子園2014」が開幕 8月8日に優勝校決定
全国の高校生が3人1組で組写真作品を共同製作し、優勝を目指す「写真甲子園」が8月5日に開幕した。(2014/8/6)

全国でんき予報2014夏:
8月6日(水)−東京で14時台に94%を超える
関東の猛暑は引き続き厳しく、東京の最高気温は日中に36度まで達する。それに伴って電力の需要も増加して、ピークになる14時台には需給率が94%を突破する見込みだ。そのほかの地域では中部と北陸が90%を超えるが、北海道・東北と西日本の各地は80%台で安定している。(2014/8/6)

水面を滑る赤城がなにかおかしい→「艦これアニメクソコラグランプリ」盛り上がる
アニメ「艦隊これくしょん」の先行PVの一部シーンがシュールだと話題になり……。(2014/8/5)

自然エネルギー:
まだまだ増やせる水力発電所、東北の豪雪地帯に1万4200kWを新設
東北電力グループが山形県の山岳地帯を流れる河川に水力発電所を新設する。既存の水力発電所からの放水に河川からの水流を加えて、より大きな発電能力を実現する計画だ。最大で毎秒25立方メートルに達する水量を、67メートルの落差で発電機に取り込む。運転開始は2019年を予定している。(2014/8/5)

スマートシティ:
人口4万人の都市で2000世帯にHEMS導入、電力小売の全面自由化に備える
農林業が主力産業の福岡県みやま市で、HEMS(家庭向けエネルギー管理システム)を活用した情報提供が2015年4月に始まる。約2000世帯にHEMSを導入して、電力使用量のデータをもとに電気料金を最適化するサービスなどを実施する計画だ。みやま市が電力小売事業に参入する可能性もある。(2014/8/1)

販売店も魂動デザイン?:
マツダが「新世代店舗」を発表、デザイン本部が監修
マツダは新しいコンセプトの販売店となる「新世代店舗」を発表。2014年7月31日に完成した東北マツダ 長町店(宮城県仙台市)、同年8月2日にオープン予定の神戸マツダ 灘店(兵庫県神戸市)、福島マツダ 太平寺店(福島県福島市)を皮切りに順次展開を広げる計画だ。(2014/7/31)

電力供給サービス:
電力会社すべて6月の販売量は前年割れ、値上げした地域で企業向けが減る
需要が増加する直前の2014年6月に電力会社が販売した電力量は軒並み前年実績を下回った。最大の減少率は沖縄の5.0%で、次いで四国の4.6%、北海道と九州の3.0%である。気温が低めに推移して冷房の使用量が減ったことに加えて、企業向けでは電気料金の値上げも影響を与えている。(2014/7/31)

癒やし求めて:
フクロウ、ヤギ、爬虫類……動物カフェが人気
癒やしの場として定着した猫カフェに続き、さまざまな動物と交流できる個性的なカフェが人気だ。オフィス街にはヤギと過ごせる所もあり、仕事に疲れた男性の憩いの場になっている。(2014/7/31)

自然エネルギー:
世界遺産の地に13MWの太陽光、建設しても大丈夫?
ソーラーフロンティアは2014年7月、岩手県平泉町に出力13MWの大規模太陽光発電所を建設すると発表した。2016年の完成を予定する。世界遺産と共存できる発電所なのだという。(2014/7/30)

8年ぶり! 渋谷パルコで「水曜どうでしょう小祭」開催決定
どぉりゃぁぁあノォオ〜ッ!(2014/7/25)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
「Windows XPをまだ使う」 金融機関にみる残念な言い訳
2014年4月でサポートが終了したWindows XPを使い続けることは、重大なセキュリティリスクを伴う。特にセキュリティ意識が高い(と思われがちな)金融機関では移行対応が進んでいるようにみられるが、その内情は恐るべき実態がある。(2014/7/25)

電力供給サービス:
発電所にトラブルはつきものだが、7月に入って大型の設備で7件発生
全国各地で梅雨が明けて、いよいよ夏の電力需要が増加する時期を迎えた。今夏は関西と九州を除いて供給力に余裕があるものの、需要がピークになる期間に大型の発電設備が運転を停止してしまうと停電の危険性もゼロではない。7月に入ってから全国で7件のトラブルが発生している。(2014/7/25)

視線はすでに(後編):
ハリポタの経済効果はいくら? カギは東西間の“3万円の川”
「東京と大阪の間に“3万円の川”が流れている」――。ユー・エス・ジェイの森岡毅執行役員がよく口にする言葉だ。首都圏の人たちをUSJに呼び込むには、東京−大阪間の往復にかかる新幹線料金約3万円を払ってでも行きたいと思わせなければいけないという意味がある。(2014/7/24)

東北大学、ゲノム解析などを行うスーパーコンピュータの本格運用を開始
東北大学東北メディカル・メガバンク機構は、東日本大震災の被災地を含む住民約15万人のゲノム解析などを行うスーパーコンピュータシステムの本格運用を7月から開始した。(2014/7/23)

9月休刊の『IKKI』秋田で大原画展を開催――50作品900枚の原画を公開
原画展では、掲載作品の原画や資料を展示するほか、漫画家によるトーク&サイン会も開催される。(2014/7/23)

楽天イーグルス・西田選手の応援歌が「艦これ」BGM「砲雷撃戦、始め!」になった件
さっそく敵を大破。(2014/7/22)

窪田順生の時事日想:
東大の教授が、「医療詐欺」なる本で医療界を告発した理由
救急車のたらい回し、医師不足問題、製薬会社の不祥事――。こうした問題は、国家による「医療」コントロールが限界にきているからなのか。医療界の現実について、東大医科学研究所の教授が赤裸々に綴った本が出た。(2014/7/22)

医療機器 メルマガ 編集後記:
国全体の血圧分布を持っているのは日本だけ?
高知県は、お酒のせいで“安定して”高血圧。そんなことも分かっちゃう。(2014/7/22)

杉山淳一の時事日想:
なぜ、いま「羽田空港関連の鉄道建設」が盛り上がっているのか
羽田空港への鉄道整備計画が活発だ。JR東日本は貨物線を使う都心アクセス路線を計画。政府は都営浅草線の新線を構想し、東急蒲田駅と京急蒲田駅を結ぶ路線計画もある。しかし、どれも東京オリンピックに間に合いそうにない。そこで杉山氏が提案するのは……。(2014/7/18)

“想い”を添えた応募作品を展示:
7月18日から始まる「“PHOTO IS”想いをつなぐ。30,000人の写真展 2014」を見てきた
富士フイルムが7月18日から、国内最大級の参加型写真展「“PHOTO IS”想いをつなぐ。30,000人の写真展 2014」を開催する。今年は3万3012点の応募があったという。(2014/7/17)

LTE+AXGP:
5色カラバリの京セラ製タフネススマホ――「DIGNO T 302KC」
京セラ製の「DIGNO T 302KC」は、防水/防塵(じん)/耐衝撃性能を持つタフネススマホ。屋外の騒がしい環境でも通話しやすいスマートソニックレシーバーを備えた。LTEとAXGPに対応し、下り最大76Mbpsの高速通信が利用できる。(2014/7/17)

「短冊メーカー」の“パクリ”指摘された「tanzaku.net」が謝罪、サービス終了
「短冊メーカー」のソースコードを無断コピーして作られたとみられる「tanzaku.net」がサービスを終了した。(2014/7/7)

華麗なる失敗作とは言わせない 吸うガリガリ君「シャリシャリ君 塩グレープフルーツ」発売
夏専用。(2014/7/3)

吸う:
ガリガリ……ではなくシャリシャリ君。赤城乳業が「塩グレープフルーツ」を発売
赤城乳業は7月8日に、“吸う”ガリガリ君をコンセプトにした「シャリシャリ君塩グレープフルーツ」を発売する。価格は120円(税抜)。(2014/7/3)

製造マネジメントニュース:
元ソニーの電子デバイス工場が転身!? 1日1万株のレタスを作る人工光植物工場完成
みらいは宮城県に「世界最大規模」(同社)という植物工場を完成させた。生産能力はレタスで1日1万株だという。(2014/7/3)

電力供給サービス:
電力と通信を組み合わせた小売、ソフトバンクグループが全国展開へ
企業向けに通信サービスを提供するソフトバンクテレコムが新電力のSBパワーと組んで電力の小売サービスを開始した。同じグループで太陽光発電や風力発電を展開するSBエナジーなどから電力を調達する一方、一般企業からも買い取る。関東エリアから始めて他の地域に順次拡大していく。(2014/7/3)

スマートシティ:
発電規模が30万kWに拡大、東京都が全国に展開するインフラファンド
東京都が投資ファンドの運営会社と共同で実施する「官民連携インフラファンド」の出資案件が着実に拡大している。新たに宮城・福島・富山・千葉の4県に建設するメガソーラーに投資を実行した。すでに投資済みの発電所と合わせて14件になり、発電規模は30万kWに達した。(2014/7/2)

中央電力代表取締役社長 中村誠司氏:
PR:マンション一括受電から地熱発電へ、エネルギーで都市と地方をつなぎたい
中央電力は2003年にいち早くマンション一括受電サービスを開始して、手間のかかる既築物件を中心に受注を伸ばしてきた。「エネルギー事業には長期の責任が伴う」と語る創業社長の中村誠司氏は、顧客と向き合う社員の人間力を重視する。さらにチームとしての団結力を発揮して、再生可能エネルギー開発にも取り組む。(2014/7/1)

ソフトバンク、7月開催のロックフェスや花火大会に向けたエリア対策を発表
ソフトバンクは、FUJI ROCK FESTIVALや各地の花火大会など7月開催の各種イベントに向けたエリア対策を発表した。(2014/6/30)

「小梅」シリーズが甘酸っぱいスイーツになったよ! 7月1日より全国のミニストップで発売
キュンっ。(2014/6/30)

電力供給サービス:
20年間を考えた屋上太陽光29MW、破損や非常時対応も
カナダ企業の国内法人であるSolar Power Networkは、関東や中部地方にショッピングセンターチェーンを展開するベイシアから33カ所の屋根を借り、合計出力29MWの発電を始める。屋根の破損対応や、非常時の給電などベイシア側のメリットが大きな事例だ。(2014/6/30)

ビジネスニュース:
NECと東北大が共同で次世代スパコン開発へ
NECと東北大学サイバーサイエンスセンターは2014年6月27日、次世代スーパーコンピュータ技術の共同研究部門を設立し、同年7月1日から研究開発を開始すると発表した。(2014/6/27)

電力供給サービス:
電力会社5社の火力電源入札、上限価格を非公表で7月から受付開始
東京電力をはじめ電力会社5社が火力電源の入札の受付を7月中に相次いで開始する予定だ。5年後の2019年度から調達する電力を対象にしたもので、東北・中部・九州の3社は自社でも応札する意向を明らかにしている。各社は2015年3月までに落札者を決定する。(2014/6/27)



いよいよ日本にも正式に上陸するChrome OS搭載端末。まずは企業、教育機関向けとなるようだが、アメリカでの販売台数が市場の予想を超えて伸びていることが伝えられており、ネット中心の利用に必要十分かつ廉価な端末として日本でも受け入れられるのか、注目したい。

統合型リゾートという形で日本にもカジノがオープンする見込みが立ってきた。東京オリンピックも見越して、経済効果を期待する政府のみならず、地方自治体、観光、エンタメ業界、広告代理店など関係する多くの業界で熱が高まってきている。

名称も未定ながら、9月発売が噂される次世代iPhone。例によって多くの真偽不明情報が流れているが、今よりもサイズの大きいバージョンが発売される確率は高そうだ。