「東北地方」最新記事一覧

関連キーワード

東北・宮城出張編? そういうのもあるのか、「孤独のグルメスペシャル」がこの夏帰ってくる
五郎、仙台・女川で暑さを乗り越える食にありつく。(2016/6/23)

電気料金の新プラン検証シリーズ(33):
24時間CO2ゼロの電力を販売開始、全国7地域で電力会社よりも安く
住宅の屋根に太陽光発電システムを無償で設置して、消費した電力をもとに電気料金を請求するユニークなプランがある。日本エコシステムが提供する電力小売サービスで、6月23日からCO2排出量がゼロになる新プランを開始した。月額100円の追加でカーボン・オフセットの仕組みを適用できる。(2016/6/23)

自然エネルギー:
東北最大の地熱資源を生かせるか、福島県の温泉跡地で掘削調査へ
山形・福島・新潟の東北3県にまたがる磐梯地域は、東北最大級の地熱資源があると推定されている。現在、福島地熱プロジェクトチームが「磐梯朝日国立公園」で資源量の調査を進めている。2016年度からは、これまでの調査結果を踏まえ、有望な開発地域として特定した磐梯山東部のエリアで実際に掘削調査を実施する計画だ。(2016/6/22)

写真展:
第17回 コニカミノルタ フォト・プレミオ 年度賞受賞写真展
(2016/6/21)

材料、プロセス、デバイスを一体的に開発:
4人の研究から始まった山形大発プリンテッドエレ
山形大学有機エレクトロニクス研究センター(ROEL)の時任静士教授と熊木大介准教授らは2016年5月、プリンテッドエレクトロニクスの研究開発成果を事業展開するベンチャー「フューチャーインク」を設立した。時任氏と熊木氏に、今までの研究内容や今後の事業展開について話を聞いた。(2016/6/21)

川の水に溶けたDNAで絶滅危惧種「ニホンザリガニ」の生息を確認 北大など手法開発
ニホンザリガニが生息するかどうかを川の水に溶けたDNAを調べることで判定する方法を、北海道大学と兵庫県立大学の研究チームが開発した。(2016/6/20)

週末は厳しい暑さに注意 今年初の35度越えか
週末は全国的に厳しい暑さになりそう。今年初めて、35度以上の猛暑日になる可能性も。(2016/6/17)

契約件数はたった200件強:
首都圏に参入した地方の大手電力が想像以上の大苦戦
家庭が電気の購入先を自由に選べる電力小売りの全面自由化から2カ月。主戦場での活躍が期待された地方の大手電力はまったく振るわず、首都圏での存在感は薄い。営業基盤を持たない中途半端な首都圏攻略は、見直し必至の状況だ。(2016/6/17)

特選ブックレットガイド:
水面に浮かぶ太陽光発電所「水上式のメガソーラー」
太陽光発電の導入量拡大のカギを握る!?(2016/6/16)

16日は全国的に雨 近畿〜関東は帰宅時間帯に本降りに
明日16日は全国的に雨。関東以西の太平洋側を中心に雨脚が強まりそうです。(2016/6/15)

ギフトカタログの「東北5県」表記にグリーンコープが謝罪 「不適切な表現があった」
「福島の方たちの気持ちに配慮できていない表現になってしまったこと、心よりお詫びいたします」と謝罪している。(2016/6/14)

太陽光:
岩手県に出力30MWのメガソーラー、大和ハウスがNSSとEPC契約
震災からの復興に向け、再生可能エネルギーによる電力の地産地消を推進する岩手県の宮古市で、新しく出力30MWのメガソーラーの建設が始まる。日本ソーラーサービシズが手掛けるもので、EPCは大和ハウスが担当する。(2016/6/14)

愛知製鋼:
電気炉の排熱有効活用による省エネルギー改革に着手
愛知製鋼は、電気炉から出される排熱からエネルギーを回収・変換し活用する製鋼リエンジ「電気炉の排熱有効活用」に着手することを決め、設備工事を開始した。(2016/6/14)

東京、9カ月ぶりの大雨 ダムは潤わず
東京都心の雨量は午後2時までに90ミリを超え、9カ月ぶりの大雨に。これで水不足は回避? ――と思いきや。(2016/6/13)

持続可能な“漁業×IoT”を目指す:
おいしい牡蠣はデータではぐくむ IoTで変わる養殖ビジネスの今
海の様子がおかしい、震災以降、養殖牡蠣の収穫量が不安定になった――。養殖牡蠣の産地として知られる宮城県東松島を襲ったこんな事態をIoTで解決しようという動きがある。(2016/6/13)

太陽光:
倒産広がる太陽光関連企業、2016年前半は前年を上回るペース
発電設備の設置が急速に拡大した一方、FIT買取価格の値下げが続き、日本の太陽光関連市場は転機を迎えつつある。こうした市場変化により、太陽光関連企業の倒産も増加している状況だ。調査会社の帝国データバンクは日本国内の太陽光関連企業の倒産について、詳細な分析データを公表した。(2016/6/10)

新しいお小遣いの風習「お盆玉」!? “夏のお年玉”のポチ袋が売られていると話題に
「お盆玉」の言葉を作ったマルアイに聞いてみました。(2016/6/8)

起業家にベーシック・インカム 岩手県遠野市が実験導入
Next Commonsと岩手県遠野市は、起業家に対して「遠野市に住民票を移すこと」などを条件に3年間のベーシック・インカムを導入するプロジェクトを始める。(2016/6/7)

起業者に月額約14万円のベーシックインカム支給 岩手県遠野市でプロジェクト
遠野物語の地から生まれるイノベーションプロジェクトです。(2016/6/7)

Mobile Weekly Top10(5/30〜6/5):ZenFone 3発表、au夏モデル第2弾は何?
台湾で「ZenFone 3」シリーズ3機種が発表され、日本ではauの夏モデル第1弾が登場しました。(2016/6/6)

KDDI、全国8エリアの「梅雨のスマホトラブル警戒マップ」を公開
KDDIは、スマホのトラブルを予報する「ニッポンのスマホトラブル予報」で全国8エリアの「梅雨のスマホトラブル警戒マップ」を公開した。(2016/6/6)

蓄電・発電機器:
CIS薄膜太陽電池を年間150MW、宮城県で先端工場が稼働
CIS薄膜太陽電池を生産するソーラーフロンティアの東北工場(宮城県大衡村)が商業生産を開始した。最新性の生産技術の導入などにより、生産コストを低減しているのが特徴だ。年間の生産能力は150MW、83万枚の太陽電池を生産する計画だ。(2016/6/3)

3日にかけ強烈寒気 朝晩の冷え込みに注意
6月としては珍しい強い寒気。2日(木)と3日(金)の朝晩は寒くなり、北海道や本州の山間部は氷点下近くまで下がる所も。平野部も朝晩は冷える。ジャケット等の用意を。(2016/6/1)

ファミスタと東北楽天ゴールデンイーグルスがコラボ 「ファミスタナイター」開催!
Koboスタがファミスタに大変身。(2016/6/1)

6月としては「21世紀最強の寒波」が今夜到来 朝晩は羽織るものの準備を!
北海道では雪も降るそうです。(2016/5/31)

21世紀最強寒波 6月でも雪や氷点下に
6月としては今世紀最強の寒波が秋田県上空に到来。北海道は雪や氷点下のおそれ、関東から九州でも羽織るものが必要な寒さになりそうです。(2016/5/31)

梅雨の天気傾向、日本気象協会が発表 蒸し暑い日が多くなりそう
日本気象協会が梅雨の天気傾向を発表。今年は蒸し暑い日が多くなりそうとのことです。(2016/5/30)

平成ライダー俳優5人が新選組演じる、「歴史秘話ヒストリア」で アギト賀集が近藤 オーズ渡部が新八
歴代仮面ライダーシリーズのイケメン俳優たちが、新選組の友情と青春を熱演……!(2016/5/30)

電力供給サービス:
電力小売全面自由化の草刈り場は近畿か、6割以上が切り替えを検討
調査会社の日本リサーチセンターは2016年4月に開始された電力小売全面自由化に対し、消費者の意識調査を行った。結果によると、20〜30代は1万円以下の割引でも変更したいが6割以上だが、60代以上では「どれだけ安くなっても変更しない」が4分の1以上と、世代間格差が大きいことが分かった。(2016/5/30)

三菱電機 DIAPLANET TOWNEMS:
IoT技術で街の省エネと快適な暮らしを実現するEMSサービス
三菱電機は、IoT技術とクラウド基盤を活用し、接続された機器の省エネ化や快適な暮らしをサポートするEMSサービス「DIAPLANET TOWNEMS」の販売を2016年6月に開始すると発表した。(2016/5/30)

宮城県沖地震、間隔が短くなる? 3.11地震の影響、JAMSTECがシミュレーション
2011年3月の地震の影響で、次の宮城県沖地震が起きるまでの間隔が短くなる――そんなシミュレーション結果を、海洋研究開発機構(JAMSTEC)が発表した。(2016/5/27)

「火星」接近中 夜空で一番の輝きに
火星が地球に接近中。最接近は5月31日です。大きさとともに明るさも増し、夜空で一番の輝きに。肉眼でも明るく輝く姿が見られます。気になる各地のこの先の天気は?(2016/5/27)

ソニー LSPX−103E26:
明るさ1.4倍で音質も向上、LED電球スピーカーに新製品
ソニーは、従来品よりも機能や性能を大きく向上させたLED電球スピーカーの新製品「LSPX−103E26」を2016年5月21日に発売。(2016/5/27)

CSS Yield Vision:
太陽光発電所の発電性能を自動診断するサービス
CSSは、太陽光発電所の発電性能を自動診断するサービス「Yield Vision」の提供を開始した。(2016/5/26)

北海道新幹線や東北新幹線の痛印登場! 駅名が入った印鑑ケースでスタイリッシュに持ち歩きたい!
山形・秋田・北陸・上越新幹線も。(2016/5/25)

スマートシティ:
貼るだけシートで日本のインフラを強靭に、3Mが土木事業を強化
日本で大きな課題となっているインフラの老朽化。政府も本腰を入れており、今後も全国でインフラ改修の需要は高まる見込みだ。スリーエム ジャパンはこうした需要拡大をターゲットに、同社の土木分野製品の拡販を目指す方針だ。狙うのは“コンクリートの高品質化”ニーズだ。(2016/5/24)

ドコモがIoTでカキの養殖 “海の見える化”で水産業はどう変わる?
2011年の震災後、今まで頼りにしていた経験や勘が通用しなくなったという東松島市のカキの養殖業者たち。「海の見える化」が早急に求められていた。そこで立ちあがったのが、NTTドコモである。同社はIoTによってカキの養殖を、水産業をどのように変えようとしているのか。(2016/5/24)

ホンダ スマート水素ステーション:
独自開発の高圧水電解システムを採用した小型水素ステーションを稼働
ホンダは独自開発の高圧水電解システム「Power Creator」を採用した小型水素ステーションを青山本社ビルに設置し、稼働を開始した。(2016/5/24)

東京、名古屋、仙台で今年初の真夏日
23日正午までの東京の最高気温は30.5度。名古屋、仙台などでもシーズン初の真夏日となっています。(2016/5/23)

23日 東京、大阪で今年初の真夏日か
九州から東北南部にかけて暑さが続き、東北北部と北海道は幾分収まるもよう。(2016/5/23)

「春のヘッドフォン祭2016」に突如現れた「Head-Fi Japan」とは?――世界最大のヘッドフォンコミュニティとその展望
「春のヘッドフォン祭2016」の会場に一風変わったブース「Head-Fi Japan」があったことをご存じだろうか。世界最大規模のヘッドフォン関連コミュニティの日本上陸について、創立者のJude Mansilla氏と「Head-Fi Japan」編集長の田代彰彦氏に詳しい話を聞いた。(2016/5/20)

自然エネルギー:
地熱資源の開発で26地域に補助金、北海道・東北を中心にプロジェクトが広がる
政府が2013年度から続けている地熱資源の開発を促進する補助金制度が4年目に入った。2016年度の1次公募では全国の26地域が補助金の対象に選ばれて、地熱発電に向けた調査や発電後の熱水利用を進めていく。地熱を生かした野菜の栽培やエビの養殖プロジェクトの検討も始まる。(2016/5/20)

電力供給サービス:
水力発電で1万1000世帯分の電力、流域を守る新しいダムで運転開始
山深い青森県の津軽地方で新しい水力発電所が運転を開始した。ダムから取水する65メートルの落差を利用して最大で8500kWの電力を供給する。流域の洪水と渇水を防ぐために、古いダムに代わる貯水量の大きい新しいダムを建設する必要があり、それに合わせて発電所も一新した。(2016/5/20)

東芝 H2One:
自立型水素エネルギー供給システムに車載モデル登場
東芝は自立型水素エネルギー供給システム「H2One」の「車載モデル」を発表。4トントラック2台で構成され、水素製造装置、水素貯蔵タンク、蓄電池、純水素燃料電池を搭載する。(2016/5/20)

写真展:
井津建郎 写真展「ブータン 内なる聖地」
(2016/5/19)

自然エネルギー:
固定価格買取制度で風力発電の認定が増える、1カ月で16万kWに
太陽光発電に偏っていた固定価格買取制度の適用対象が風力やバイオマスに広がってきた。2016年1月に認定を受けた発電設備の規模は風力が最大で16万kWにのぼった。北海道と東北を中心に大規模な開発プロジェクトが増えている。バイオマスでは木質を燃料に利用する発電所が拡大する。(2016/5/18)

エネルギー列島2016年版(6)山形:
バイオマス発電が「モリノミクス」を加速、港の洋上風力と波力にも期待
森林資源が豊富な山形県は木質バイオマスで地域を活性化する「モリノミクス」を推進中だ。木質バイオマス発電所の建設計画が相次いで始まっている。下水を処理する浄化センターではバイオガスで作った電力が増えてきた。日本海に面した港には洋上風力と波力発電の可能性が広がる。(2016/5/17)

あのキャラに花束を:
君には幸せに笑っていてほしい「くまみこ」のクマ・ナツに学ぶ女子中学生育成術
ほんとうは淋しいんだけど、ボクは応援しているよ。(2016/5/16)

沖縄・奄美地方で梅雨入り
沖縄気象台が「沖縄地方が梅雨入りしたとみられる」と発表。また、鹿児島地方気象台も「奄美地方が梅雨入りしたとみられる」と発表した。(2016/5/16)

沖縄・奄美地方で梅雨入り
沖縄気象台、鹿児島気象台が梅雨入りを発表。いよいよ長雨の季節です。(2016/5/16)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。