東北地方 に関する記事 東北地方 に関する質問

「東北地方」最新記事一覧

スマホが電子マネーの決済端末に 楽天Edyで実現 外部デバイス不要
おサイフケータイ搭載スマホで電子マネー決済ができるプラットフォームを楽天Edyなどが構築。スマホだけで電子マネー決済できるのは国内初という。(2014/4/17)

福島原発事故で造酒中断の地酒「白富士」 アメリカで復活目指しクラウドファンディングで資金調達中
日本で再開できないため、米シアトルで300年の伝統の味を復活させようと資金を募集しています。(2014/4/16)

電力供給サービス:
値上げ率を3.77%に抑制、中部電力が5月から新料金
東日本大震災の後から始まった電気料金の値上げラッシュの中で、7社目になる中部電力の実施日が5月1日で確定した。値上げ率は家庭向けが平均で3.77%、企業向けは7.21%になる。すでに値上げを実施した6社と比べれば小幅に抑えるものの、自治体を中心に顧客の離脱も予想される。(2014/4/16)

新刊ピックアップ:
「キミ、来週からアジアへ行ってくれ」と言われたら──秋山岳久著『アジアで勝ち抜くビジネススキル』
(2014/4/14)

若年層の保有率約9割:
博報堂DYホールディングス、国内スマートフォン所有率は6割近いと発表
博報堂DYグループ・スマートデバイス・ビジネスセンターが、「全国スマートフォンユーザー1000人定期調査」第9回の調査結果を発表した。国内スマートフォン所有率は約6割までシェアを伸ばしている。動画視聴などの活用が非常に高いことが分かった。(2014/4/14)

PR:太陽光発電所の芽をつぶさない、SBエナジーの取り組みとは
固定価格制度(FIT)の運用が始まってから3年目を迎え、数多くの太陽光発電所が運転を開始している。その一方、計画半ばにして建設に至っていない案件も多い。経済産業省はこのような案件を取り除く運用を開始した。タイムリミットは2014年8月末。ソフトバンクグループで発電事業に取り組むSBエナジーは、このような案件に手を差し伸べる取り組みを開始した。(2014/4/14)

自然エネルギー:
津波と地盤沈下を被った宮城、28MWの太陽光で再生へ
丸紅は仙台空港近隣の岩沼市で出力28.4MWのメガソーラーを着工したと発表した。東北地方に立地する太陽光発電所としては最大級となる。総事業費は70億円だ。着工に至るまでの準備段階に2年弱を要した。(2014/4/11)

杉山淳一の時事日想:
横浜発〜秩父行き「メトロレッドアロー号」は実現するか
鉄道ビジネスにおいて、いまもっともホットな話題が「西武HDの再上場」。4月23日と予想される西武HDの株式公開は、あしかけ10年の西武鉄道再建の総仕上げとなる。その景気付けだろうか、西武鉄道の看板列車「レッドアロー号」の横浜方面乗り入れ案が浮上した。(2014/4/11)

キーワード解説:
日本でも商業生産が始まる「シェールオイル」
石油を燃料に使う火力発電は現在でも日本全体の発電量の1割以上を占める。ほぼ100%を輸入に頼る石油だが、北海道や東北、新潟県などには油田がある。これまで石油を産出してきた地層とは別の層に含まれているのが「シェールオイル」である。いよいよ商業生産が秋田県内で始まる。(2014/4/11)

製造ITニュース:
「MREAL」と「3Dプリンタ」がモノづくりを加速――キヤノンMJ、3Dソリューション事業を展開
キヤノンマーケティングジャパンは、ビジネスソリューション分野の新たな成長エンジンとして、「3Dソリューション事業」の立ち上げを発表。これに伴い、3D Systems社製の3Dプリンタの取り扱いラインアップを強化した。(2014/4/10)

自然エネルギー:
線路沿いにメガソーラー、JR東日本が再生可能エネルギーの導入を加速
駅からスタートして線路沿いへ、JR東日本が太陽光発電を中心に再生可能エネルギーの導入拡大に乗り出した。2月に初のメガソーラーを千葉県内の車両センターで稼働させたのに続いて、茨城県内の線路沿いで4.2MW(メガワット)の大規模なメガソーラーの建設を4月中に開始する。(2014/4/9)

大坂冬の陣から今年で400年、「大坂の陣」を中心とした「歴史群像デジタルアーカイブス」第2弾が先行配信スタート
ブックビヨンドの「歴史群像デジタルアーカイブス」第2弾が配信スタート。「大坂の陣」関連を中心とした計39タイトルを、電子書店「BookBeyond」で先行独占販売開始した。(2014/4/8)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
白戸家、パズドラ、地域限定……スマホ関連CMの最新事情
好感度調査で常に上位を占めるキャリアのテレビCM。スマホの競争激化でその存在意義は以前よりも高まっているようだ。そして最近は、アプリなど新しい分野のCMも増え始めている。(2014/4/7)

「Health 2.0 Medical × Security Hackathon 2014」リポート(1)
医療を変えるITのブレークスルーに期待――医療ハッカソンを見てきた
2014年2月、新しい医療アプリケーション/サービスの創出、提案、開発などを競う「Medical Hackathon」が福島県で開催された。参加者は、24時間という制限時間内で医療の変革を見据えたアプリ開発に取り組んだ。(2014/4/4)

エネルギー管理:
冬の予備率は最低でも5.3%を確保、原子力なしで電力の安定供給が続く
政府の委員会がまとめた今冬の電力需給状況によると、需要に対する供給力の予備率は5.3%が最低で、9つの地域すべてで電力不足の心配が生じる3.0%を大幅に上回った。企業と家庭の節電が進んで需要が減る一方、水力などの再生可能エネルギーによる供給力が想定を超えた。(2014/4/3)

チリ巨大地震の影響で日本にも津波の可能性 気象庁が注意を呼びかける
明日早朝に到達するかも。(2014/4/2)

ソフトニック:
列車情報を網羅した、JR東日本の使えるアプリ――「JR東日本アプリ」
JR東日本アプリは、JR東日本管轄内の運行情報や時刻表、駅情報などが網羅されている便利アプリです。通勤・通学のお供にいかがでしょうか。(2014/4/1)

大手企業で相次ぐベア実施! でも中小企業の現状は……?
中小企業にいまだ続く苦しい現状を乗り切る方法とは。中小企業でも黒字にできる方法を記した書籍『社長のための 1年で売り上が急上昇する「黒字シート」』の著者武田雄治さんにお話を伺いました。(2014/4/1)

電力供給サービス:
東京の電力需要が2月に1.2%減少、中部で自動車を中心に産業用が増加
冬の節電シーズンの最終月になる2月の販売電力量は、7つの地域で前年を上回り、3つの地域で減少した。減少率が最も大きかったのは東京の1.2%減だった。全国各地で工場などの産業用が需要を押し上げた。中部は前年から4.1%も伸びて、特に自動車を中心に機械産業の増加が目立つ。(2014/4/1)

電力供給サービス:
節電よりも景気が上回る?、10年後の需要増加を見込む電力会社
電力会社10社の2014年度の供給計画がまとまった。2013年度よりも需要が増えると予想するのは北海道・東北・東京の3社だけで、7社は年間の販売量も夏の最大電力も減少を見込む。にもかかわらず10年後の2023年度には10社すべてが需要の増加を予測して火力発電の拡大を進める。(2014/4/1)

想定すらしていなかったビジネスの仮説や気づきを発見できる!:
PR:マーケターのひらめきをデータで加速するQlikViewの真価
クリックテック・ジャパンが提供するBusiness Discoveryプラットフォーム「QlikView」が実現するのは独自の「連想アーキテクチャ」による高速/柔軟なデータ分析。この斬新な分析の仕組みがマーケターにどのような変化をもたらすのか。クリックテック・ジャパン マーケティング本部 本部長 安部知雄氏が語る。(2014/4/1)

ジョジョ前線北上中?! エリアチェックインで試し読みできる「JOJO THE WORLD TOUR」
日本全国――いや、海外にも出現する指定エリアにチェックインして『ジョジョの奇妙な冒険』の1000ページを超える無料試し読み企画「JOJO THE WORLD TOUR」が始まった。試し読み可能な指定エリアは桜前線のように日本列島を北上する。(2014/3/29)

スマホのGPS機能を使ったジョジョ企画発動ッ チェックインで無料試し読み&ご当地壁紙ゲット
ご当地壁紙は47都道府県にちなんだキャラクターやスタンドを使ったオリジナルぅ!(2014/3/28)

電力供給サービス:
福島の火力発電所に太陽光を併設、東北電力が
東北電力が3カ所目のメガソーラーを南相馬市の原町火力発電所に併設する。メガソーラーの出力は1MWだ。(2014/3/28)

転機をチャンスに変えた瞬間(20)〜プロ野球球団代表 米田純の場合:
人は人に支えられ、人を支えながら大きくなっていく
仕事が苦しいこともある、嫌だと思うこともある。そんなときには、何を考えればよいのか――数々の苦難を乗り越えて、やりたい仕事をつかみ結果を出した、東北楽天ゴールデンイーグルス代表 米田純さんの仕事観とは。(2014/3/28)

自然エネルギー:
1日400トンの鶏ふんでバイオマス発電、岩手の畜産会社が60億円かけて
東北最大の農業法人である十文字チキンカンパニーが、鶏ふんを燃料に使ったバイオマス発電事業に取り組む。総投資額60億円をかけて、発電能力が6.25MW(メガワット)の設備を岩手県内に建設する計画だ。2015年12月に運転を開始して、4.8MW分の電力を固定価格買取制度で売却する。(2014/3/28)

転機をチャンスに変えた瞬間(19)〜プロ野球球団代表 米田純の場合:
激務を支えた「俺がやらなきゃ誰がやる」の気持ち
2005年春、東北楽天ゴールデンイーグルス代表 米田純は、チームメンバーをお披露目する華やかな舞台の袖で一人泣いていた。40代にして初めて、好きなことを仕事にできた男がくぐり抜けた苦難とは?(2014/3/27)

再生可能エネルギーの未来予測(4):
水力発電:全国で2万を超える候補地、発電コストは火力の2倍
日本の再生可能エネルギーの中で導入量が最も多いのは水力発電だ。大規模なダムを使った旧来型の発電設備に加えて、農業用水路などを活用した小水力発電が活発になってきた。全国各地に導入可能な場所は2万以上もある。ただし発電コストが高めで、今後の拡大ペースを左右する。(2014/3/27)

連載:業開中心会議議事録:
どうなる、SIと業務系アプリ? 最新&未来テクノロジーからの考察 ―第5回 業開中心会議
これまでの業開中心会議では「いわゆる」業務アプリの開発に関わるさまざまな技術をテーマとしてきた。果たして、それだけが業務アプリなのだろうか? 今回の会議では業務アプリの未来とチャレンジをテーマに議論が行われた。(2014/3/26)

仕事をしたら“缶コーヒー”が売れた:
自販機の一等地は「左上」? 人の視線を追いかけたら“常識”が覆った
自販機で缶コーヒーを買う――。日常的な行動なので、意識していない人が多いと思うが、実は自販機には隠れたノウハウがある。マシンの前に立ったとき「人は『左上』に注目する」と言われてきたが、ダイドードリンコがアイトラッキングを使って分析したところ……。(2014/3/26)

企業の採用方針が若干変化:
新卒求人に“特化型”、範囲を広げる「美大・芸大生専門」就職マッチングサービスの狙い
文系、理系、そして“美系”も──。就活サイトに「美大・芸大生専門」とする特化型サービスが範囲を拡大している。その背景と狙いとは。(2014/3/26)

転機をチャンスに変えた瞬間(17)〜プロ野球球団代表 米田純の場合:
悔いの残る人生
「野球に携わる仕事をしたい」。やりたいことは明確なのに、どんどん離れていく現実。ままならぬ想いと戦った楽天球団代表 米田さんの若手時代とは。(2014/3/24)

800MHz帯:
プラチナバンドを使ったauの「4G LTE」、実人口カバー率が全国99%に
KDDIは、800MHz帯を使った「4G LTE」の実人口カバー率が全国で99%になったことを発表した。(2014/3/20)

バリエーション豊富!:
ここから選ぶ! この3連休で買いたい「iPhone 5s対応ケース」
ときおり寒の戻りはあるけれど、暖かくなってきた3月下旬。お出かけ気分を盛り上げるiPnone 5sのケースを探しに行こうかなと。(2014/3/20)

「“世界最後の魔境”群馬県から来た少女」 ご当地“ラノベ”続々 「聖地巡礼」に期待も
“ご当地ラノベ”が続々と誕生し、注目を集めている。作品のファンが訪れる“聖地巡礼”の舞台や地元の人に親しまれる存在になることで、地域の活性化に一役買うことも期待されている。(2014/3/20)

再生可能エネルギーの未来予測(3):
風力発電:2020年代から洋上へ、大型風車1基で10MW級
島国の日本でポテンシャルが最も大きいのは風力発電だ。安全性や環境影響の点で課題が残るものの、ヨーロッパのように太陽光発電を上回るペースで拡大する可能性がある。風車の大型化によって発電コストの低下が進み、2020年代には近海の洋上で商用運転が続々と始まる。(2014/3/20)

日本全国の3D地図、国土地理院が公開 ダウンロードして3Dプリントも
国土地理院が日本全国の3D地図を公開した。Webブラウザ上で好きな場所を閲覧できるほか、3Dプリント用のデータもダウンロードできる。(2014/3/19)

西日本・東日本で花粉のピーク この先飛散の多い1週間に
出かけるときはマスクをしましょう。(2014/3/19)

「Health 2.0 Fukushima Chapter 2014」リポート
日本の医療IT開発が向かうべきは“タブレットネイティブ”
医療アプリケーションの新規開発や事業化で求められるものとは? 福島県で開催されたイベント「Health 2.0 Fukushima Chapter 2014」における有識者のトークセッションで語られた成功のヒントを紹介する。(2014/3/18)

肉食の皆さん、GWの予定が決まりましたよ! 全国の肉料理が集う「肉フェス」開催
好きな色は肉の赤色と焼きの茶色です。(2014/3/17)

岩手を題材にしたオムニバスマンガ「コミックいわて from WEB」を県が発売 池野恋、ひうらさとる、吉田戦車など参加
「ときめきトゥナイト」の池野恋さんによる「銀河鉄道の夜」をテーマにした作品など、岩手にゆかりあるマンガ家の岩手マンガを14作品収録。(2014/3/17)

電力供給サービス:
離島のエネルギーを蓄電池に、太陽光と風力による電力を吸収
気象の影響を受けやすい太陽光と風力による発電設備が増えると、地域の電力供給システムが不安定になる可能性がある。特に送電設備の規模が小さい離島で問題になる。長崎県と鹿児島県の3つの島で、大型の蓄電池を使って電力の変動を抑制する試みが始まった。(2014/3/17)

震災から3年、クリエイターたちの想い
福島県郡山市出身の小説家・古川日出男さんとその仲間の活動を収めたドキュメンタリー映画『ほんとうのうた〜朗読劇「銀河鉄道の夜」を追って』が渋谷ユーロスペースで3月9日に上映された。その模様をお伝えします。(2014/3/13)

自然エネルギー:
みずほ銀行など約300億円を融資、100MW超の太陽光発電所へ
SBエナジーと三井物産が企画した出力111MWの太陽光発電所に対し、みずほ銀行と日本政策投資銀行、三井住友銀行、さらに9つの金融機関がプロジェクトファイナンスによるシンジケートローンを組成した。融資額はメガソーラーとしては巨額の約300億円である。(2014/3/13)

新連載・東北発! 震災から生まれた21世紀の逸品:
「じぇじぇじぇ」の次は、ばばばっ旨めぇ?――高校生が考えた気仙沼「なまり節ラー油」
地元の人々の消費量も減っていたカツオの加工品、なまり節。これを気仙沼の高校生たちが“食べるラー油”に仕立てたところ、あまりのおいしさに大人たちが協力して商品化することに……。本連載では、東日本大震災を機に生まれた知られざる「逸品」を一つずつ紹介していきます。(2014/3/13)

ヤフー、「3.11」検索による寄付額2500万円超に 上限500万円を撤廃
ヤフーが実施した「3.11」の検索数に応じてユーザーに代わって寄付するプロジェクトの寄付額が2568万3250円に決まった。当初500万円としていた上限設定はとりやめた。(2014/3/12)

食わず嫌い層:
納豆不毛地帯「関西」で売れる「高級納豆」の秘密
納豆嫌いが多いとされる大阪で、通常のスーパーではお目にかかれない高級納豆の人気が広がっている。独特のにおいと食感が長く敬遠されてきた関西で消費量は依然として少ないが、今後は……。(2014/3/12)

東北復興ブランド「キラ・ウエア」より着せ替え可能な「フラダンサーのためのiPhoneケース」発売
東北復興ブランド「キラ・ウエア」より、iPhone 5s/5向け「フラダンサーのためのiPhoneケース」が登場。ハワイアンファブリックを使用し、着せ替えにも対応する。(2014/3/12)

KDDI、陸上自衛隊中部方面隊と災害協定を締結――南海トラフ地震に備えて連携強化
KDDIと陸上自衛隊中部方面隊は、災害時の相互協力を目的とした協定を締結した。九州を除く西日本全域を管轄する方面隊との連携により、南海トラフ地震への対策を強化する。(2014/3/11)

売り上げは東北支援に全額寄付 LINE「3.11こどもスタンプ」発売
LINEは、東日本大震災被災地の子どもたちが描いたLINEスタンプ「3.11こどもスタンプ」(100円)を発売した。売り上げの全額を、東北の復興支援のために寄付する。(2014/3/11)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。