東北地方 に関する記事 東北地方 に関する質問

「東北地方」最新記事一覧

今週後半 オリオン座流星群を楽しんで
(2014/10/21)

自称・萌えキャラたちの祭りがはじまる!! 第1回キャラサミの詳細決定
参加費無料。有料の懇親会アリ。(2014/10/21)

蓄電・発電機器:
離島でも太陽光と風力を拡大できる、出力変動は2種類の蓄電池で吸収
太陽光と風力による発電設備の出力変動が大きな問題になっているが、島根県の隠岐諸島では2種類の蓄電池を使った実証事業に2015年度から取り組む。4つの島で新たに8MWの発電設備を導入したうえで、1つの島に新設する変電所に合計6.2MWの蓄電池を設置して効果を検証する。(2014/10/21)

岡目IT八目:
構造改革の突破口にするフューチャーセンター
日本企業のビジネス成長材料として、今注目を集めているのがフューチャーセンターだ。その可能性について、1年前にセンター開設したばかりの企業に聞いた。(2014/10/21)

「海からのストリートビュー」公開 Google、三陸海岸を海から撮影
海岸の景観を洋上の船から撮影する「海からのストリートビュー」プロジェクトでとらえた東北・三陸海岸の景観の写真をGoogleが公開した。(2014/10/20)

海から撮影した三陸海岸の写真、Googleストリートビューで公開
船から撮影したパノラマ画像を見られる。(2014/10/20)

モノづくり最前線レポート:
ソニーの工場に咲く復興の花、東北産業の“ゆりかご”を目指すみやぎ復興パーク
津波で被害を受けたソニーの工場が、新たな東北産業の“ゆりかご”となっていることをご存じだろうか。自らの復興とともに東北復興に向けた新たな産業創出に取り組む、ソニー仙台テクノロジーセンターとみやぎ復興パークの取り組みを取材した。(2014/10/20)

平安時代でもハンサムだった― 「学園ハンサム いとをかし」12月にリリース決定だよウボァー!
時空を超えたレッツAGO祭り! に期待。(2014/10/17)

自称・萌えキャラが大集結の予感 「第1回 #キャラサミ」11月に開催
詳細は後日発表されます。(2014/10/16)

富士山で初冠雪 平年より16日遅く、昨年より3日早い観測
ヤツが来た……! 冬のヤツが……!(2014/10/16)

「個人情報削除に金払え」不審電話増加 情報漏洩対策セミナー活況 ベネッセ事件契機に
ベネッセの顧客情報流出事件を契機に、対策セミナーや保険への注目が集まっている。同時に、不安感につけ込んで「流出した個人情報を削除するため金が必要」との不審電話なども増加している。(2014/10/16)

AHS、「東北ずん子」など6つのVOICEROID製品を一新
「東北ずん子」など6種のVOCALOID製品のアップデート版として「VOICEROID+ EX」シリーズが発売される。(2014/10/14)

「本気になる」ってどういうこと?
自分の中の「本気のスイッチ」が入るきっかけを探している人におすすめの書籍を紹介。(2014/10/14)

台風一過 吹き返しの強風に注意
台風が過ぎ去ったところも影響が。吹き返しの風にご注意を。(2014/10/14)

今週の天気 台風19号は東よりに
大型で強い台風19号は、13日朝に九州に接近・上陸する恐れ。(2014/10/12)

台風19号 警戒が必要な期間は
台風19号は発達のピークは過ぎているものの、非常に強い勢力を保ちながら北上を続ける見込み。(2014/10/10)

自然エネルギー:
固定価格買取制度の導入量1位は福岡県、トップ10に関東5県がランクイン
九州をはじめ電力会社による発電設備の接続保留が大きな問題になっている。実際に固定価格買取制度の認定を受けて運転を開始した設備の導入量を見ると福岡県が第1位である。ただしトップ10のうち半数の5県を関東が占めていて、導入量が地方に偏っている状況にはないことがわかる。(2014/10/10)

台風19号上陸か 2週連続は10年ぶり
2週連続で台風が上陸すれば、10年ぶりとなります。(2014/10/9)

電力供給サービス:
北海道と本州を結ぶ連系設備、2019年に90万kWへ増強
現在のところ北海道と本州のあいだで送電できる電力は60万kWが限界だ。新たに30万kWを増強して合計90万kWに拡張する工事が進んでいる。従来と別のルートで海底に送電線を敷設して、2019年3月に運転を開始する予定だ。北海道の再生可能エネルギーを本州に送電できる容量も増える。(2014/10/9)

つらい:
花粉が今年より5割増しだと!? 2015年の花粉飛散傾向発表
西のみんなはおめでとうございます。(2014/10/8)

今夜は皆既月食 気になる天気は
寒さ対策して月食を見ましょう。(2014/10/8)

電力供給サービス:
電力業界の大再編が始まる、東京と中部が火力発電事業を統合へ
かねてから有力視されていた東京電力と中部電力の包括的な提携が基本合意に至った。2014年度内に折半出資の合弁会社を設立したうえで、火力発電に必要な燃料の調達から発電所の新設・リプレースまでを共同で展開する計画だ。業界1位と3位の提携は大規模な再編の引き金になる。(2014/10/8)

「考える」力をつくる30のルール:
成功体験にとらわれるな!
人は成功すると、それが正しいと思いがちだ。同じ状況ならそのやり方を続ければよいが、状況が変われば過去に成功したやり方では通じなくなることがある。周りをきちんと分析しながら、勇気をもって変えることが必要なのだ。(2014/10/8)

国産トマトでジュース:
被災地で契約農家を増やすカゴメの挑戦
トマトジュース市場でトップシェアを誇るカゴメが、東日本大震災の被災地で加工用トマトの契約農家を拡大している。契約栽培制度は農家にとって安定的な収益が見込め、雇用拡大も含め被災地の農業復興にもつながるメリットがある。(2014/10/7)

困っている人のための企画術:
トヨタ「ReBORN」が信長と秀吉になった理由
企画がうまくいくためは、あまり「自分だけでやる」ということに固執しすぎず、周りの意見をどんどん取り入れたほうがいい。もちろん、よくない意見は取り入れないよう見極めるのも企画のうちです。(2014/10/7)

ヘッドハンターが明かす転職事情ウソ・ホント!?:
増える“ガテン系女子”、頼られる女性のチカラ
東京オリンピック開催にともない、今後、日本の建設業界は間違いなく賑わうだろう。そして、その労働力として期待されているのがこの業界で働く女性――、言うなれば“ガテン系女子”であることは、まださほど知られていない。(2014/10/7)

今週の天気 8日の皆既月食は
今回の皆既月食はとても条件が良く、ほぼ全国で、月の欠け始めから欠け終わりまで見ることができます。(2014/10/6)

プーチン大統領の愛犬、無断でキャラクター化 秋田県「許諾得る必要ない」
秋田県知事がロシアのプーチン大統領に贈った秋田犬「ゆめ」を、県がキャラクター化した。著名なペットは飼い主にパブリシティー権があるとされるが、県はプーチン大統領の許諾は取らなかった。(2014/10/6)

約20路線74曲の“駅メロ”をオリジナル音源で収録 「駅メロ ベストセレクション」で駅メロがいつでも聞き放題ヤッターーー!
同時発売の「車内メロ ベストセレクション」には「ふるさとチャイム」などの貴重な音源も。(2014/10/3)

写真展:
原槙春夫写真展「天地の霊気・樹木」
(2014/10/3)

電力供給サービス:
全国8地域で夏の最大需要が減少、太陽光発電の供給力は3倍に拡大
今年の夏は北海道と東北を除く8つの地域で最大需要が前年を下回った。特に中部・関西・九州では5%以上も減少した。西日本の気温が低めだったことに加えて、節電効果が予想を上回った。一方で太陽光による供給力が3倍に拡大して、最大需要の4%をカバーできる水準に達した。(2014/10/3)

自然エネルギー:
生協が4つ集まりバイオマス、電力を調達し供給も
日本生協連と東北3生協は、2014年9月、木質バイオマス発電所の立ち上げを準備する野田バイオパワーJPへの出資を決めた。日本紙パルプ商事と新エネルギー開発の共同出資による発電事業会社へ出資することで、電力調達を狙う。(2014/10/2)

広く傘の出番 台風18号の動きも要注意
台風18号は日曜日に沖縄に接近した後、本州付近に近づくおそれが。(2014/10/2)

自然エネルギー:
資金調達から電力供給まで「オール青森」で、地産地消のメガソーラー計画
青森県の太平洋岸にある階上町で地産地消型のエネルギー事業が始まる。地元企業3社が中心になって3.1MWのメガソーラーを建設する計画で、資金は銀行や県による融資と市民の出資で調達する。発電した電力は新電力が買い取り、電力会社よりも安い価格で地域に供給する方針だ。(2014/10/2)

電子ブックレット/自然エネルギー:
東北の大地を空から探る、地熱資源はどこ?
石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は2014年8月から東北地方の八幡平(はちまんたい)で「地熱資源ポテンシャル調査」を開始する。対象地域は秋田県と岩手県にまたがる1050平方kmもの山岳地帯。全域をわずか2カ月で調査するという。素早く正確な調査ができる理由は?(2014/10/1)

法制度・規制:
発電設備の伸びが止まる固定価格買取制度、開始から2年で運用にほころび
再生可能エネルギーの固定価格買取制度が早くも見直しを迫られる状況になってきた。2014年6月に買取制度の認定を受けた発電設備の規模が31万kWに減り、発電事業者の取り組みが急速に縮小している。電力会社による接続保留の動きも広がり始め、先行きが不安視される。(2014/10/1)

「考える」力をつくる30のルール:
人は誰かのためになら頑張れる
人は、どんなときに頑張れるのか。それは、自分の家族や恋人だったり、あるいは苦楽を共にする同僚など、“その人のために頑張りたい”と思える誰かがいるときだ。(2014/10/1)

電力供給サービス:
再エネ接続を保留、九州に続いて北海道・東北・四国も
電力各社が再生可能エネルギー対応に苦慮している。2014年9月25日に発電設備の接続申し込みを保留した九州電力に続き、9月30日には北海道電力と東北電力、四国電力が相次いで保留について発表した。(2014/9/30)

電力供給サービス:
九州の8月の販売電力量が前年比9.7%も減る、西日本は軒並み大幅減
今夏は7月に続いて8月も西日本を中心に販売電力量が大幅に落ち込んだ。最も大きく減少したのは九州で前年から9.7%も減った。そのほかの西日本各地でも沖縄を除いて7%以上の減少率になっている。東京は3.6%減で、全国で東北だけが前年の実績を上回った。(2014/9/30)

真面目に考察:
福岡は美人が多い? 都市伝説を科学する
福岡には美人が多いといわれているが、本当にそうなのか? そもそもどういう女性を美人ととらえるのか? 真面目に考察してみた。(2014/9/30)

困っている人のための企画術:
周りの人にどんどん見せる
新しい企画を立てるとき、完璧にしようとして1人で考え込んでしまうと感覚が閉じてしまいがちです。思いついたそばから周りの人にどんどん見せて意見を聞いたほうが、多くの人に受け入れられるものができるのです。(2014/9/30)

企業IT市場の地域別動向、東名阪地域とそれ以外で二極化進む
2015年以降は東名阪地域でのIT支出の増加が見込まれるものの、それ以外の地方では抑制傾向が続くとみられている。(2014/9/29)

産業制御システムのセキュリティ:
工場の安定稼働が人質に! なぜ今制御システムセキュリティを考えるべきなのか
工場や発電所などで使われる制御システムのセキュリティが今脅かされていることをご存じだろうか。イランの核施設を襲った「Stuxnet」以来、各国の政府が対策を本格化させているが、日本における制御システムセキュリティ対策で重要な役割を担うのが制御システムセキュリティセンター(CSSC)だ。本稿ではCSSCの取り組みとその基幹施設であるテストベッド「CSS-Base6」の概要について紹介する。(2014/9/29)

スマートシティ:
福島駅を災害に備えて「エコステ」に、太陽光+地中熱+蓄電池を導入
JR東日本は電力を自給自足できる「エコステ」のモデル駅として福島駅をリニューアルする。駅構内の空き地に加えて施設の屋根や窓にも特性の違う3種類の太陽光パネルを設置する計画だ。災害時の帰宅困難者を受け入れられるように、地中熱による空調システムや蓄電池も導入する。(2014/9/29)

写真展:
ささき俊行写真展「鳥海山麓 四季彩」
(2014/9/29)

電力供給サービス:
九州の再生可能エネルギーに急ブレーキ、発電設備の接続を保留する事態に
九州電力は再生可能エネルギーによる発電設備の接続申し込みを本日9月25日から数カ月間にわたって保留する。固定価格買取制度によって太陽光発電が急増した結果、電力の需給バランスが崩れる可能性が生じたためだ。とはいえ太陽光と風力以外の発電設備を保留の対象に加える必要性はない。(2014/9/25)

世界を「数字」で回してみよう(7):
電力という不思議なインフラ(後編)〜原発を捨てられない理由〜
多額の負債を抱えている東京電力。「返済はやめた」とは言えませんが、「原発やめる」とも言えないのは、なぜなのでしょうか。そこには、東京電力だけでなく、政府や金融機関、「原子力損害賠償支援機構」なるものの事情が複雑に絡み合っているという背景がありました。これらを、かの有名な「あしたのジョー」にたとえて説明してみます。(2014/9/25)

元台風の低気圧 影響の予想される期間
大気の状態が非常に不安定になる見込みです。(2014/9/24)

自然エネルギー:
全国に広がる地熱発電の開発計画、北海道から九州まで39カ所
地熱発電は国内の再生可能エネルギーの中で開発余地が最も大きく残っている。これまでは発電所の建設に対する規制が厳しかったが、徐々に緩和されて開発計画が増えてきた。現時点で調査・開発段階にある地熱発電のプロジェクトは全国で39カ所に広がっている。(2014/9/24)

自然エネルギー:
鉄道沿線の細長い土地にメガソーラー、JR東日本が秋田県の2カ所に建設
青森・岩手・秋田の北東北3県を「再生可能エネルギー基地」に位置づけるJR東日本が、秋田県内の沿線にある社有地2カ所にメガソーラーを建設する。JR東日本が北東北にメガソーラーを建設するのは初めてで、2015年3月までに運転を開始する予定だ。2カ所で1100世帯分の電力を供給する。(2014/9/24)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。