「東北地方」最新記事一覧

都会に来る女性が求めるのは……:
理想の彼はどこに? 47都道府県価値観ランキング
「私の希望にあった男性に出会いたい」。そう考える女性にとってこの全国男性の価値観ランキングは参考になるかもしれない。(2017/12/12)

目からうろこの行政サポート活用術:
2020年には大ヒット? IoTビジネスの種6選
行政はIoTやAI分野の技術開発に大きな期待を寄せており、支援策も手厚くなっている。その波に乗り、新たなビジネスを創出するにはどうすればいいのか? IoT推進ラボ、「IoT Lab Selection」などの受賞事例から技術やアイデアのヒントを探してみよう。(2017/12/11)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
「初音ミク」も産んだ歴史あるIT産業集積地――北海道IT産業クラスター(北海道)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第5回。札幌を中心とした北海道で推進されている「北海道IT産業クラスター」を取り上げる。(2017/12/8)

富士経済 充電インフラ市場調査:
普通・急速・ワイヤレス――EV充電インフラはどう普及するのか
電気自動車やプラグインハイブリッド車の市場拡大が急加速する中、普及を支える充電インフラ市場は今後どのように推移するのか。富士経済がその展望をまとめた。(2017/12/6)

「絶滅生物」は生きていた……が、喜んでばかりいられない
最近の研究で、既に絶滅したと思われている種が、実は力強く生き残っていたことが判明するケースが相次いでいる。それ自体は喜ばしいことだが、専門家は「単純に絶滅の回避を喜ぶだけでなく、なぜ危機に瀕したのかを考えることが大切だ」と警鐘を鳴らしている。(2017/12/4)

黒字転換なるか:
ラーメンからステーキへ 幸楽苑、立て直しへの3つの戦略
上場以来初の赤字決算が見える幸楽苑ホールディングス。「既存店対策」「出店戦略」「新業態転換」で立て直しを狙う。(2017/12/1)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
電化路線から架線が消える日
このところ電気自動車の分野で「全固体電池」が話題になっている。リチウムイオン電池より扱いやすく、大容量。高出力。充電も早く良いことばかり。ぜひ鉄道分野でも採用していただきたい。非電化区間だけではなく、電化区間も蓄電池電車にした方がいい。(2017/12/1)

地方によって、IT向け投資意欲に顕著な差:
地方創生によるIT向け投資の活性化、企業の半数以上は「様子見」か――IDC、国内SMB IT市場におけるITを活用した地方創生の取り組み調査結果を発表
IDC Japanは、政府などが推進する「地方創生」施策による国内中堅中小企業におけるIT支出への影響度と、ITを活用した取り組みが進む分野について発表した。こうした施策はSMBのIT支出を促進させる可能性があるものの、現状では様子見の企業が多かった。(2017/11/30)

三菱電機製太陽光パネル:
ため池に9500枚の三菱製太陽光パネル、“連環”水上メガソーラー
三井住友建設が香川県のため池に建設していた水上メガソーラーが完成。三菱電機製の太陽光パネルを採用し、年間290万kWhの発電量を見込んでいる。(2017/11/27)

医療機器ニュース:
分解能120nmの超解像顕微鏡を発表、細胞内小器官の微細な変化を観察可能に
オリンパスは、スピニングディスク型共焦点超解像顕微鏡「SpinSR10」を発表した。分解能120nmの光学性能で、細胞内小器官の微細な変化、細胞内部の構造や信号伝達などの動きをライブ観察できる。(2017/11/24)

あとは関東を残すのみ! 「ルマンドアイス」12月4日から関西地域でも販売開始
関東民も待ってます!(2017/11/24)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
近未来技術で地域の課題を強みに――仙北市(秋田県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第3回。今回は、ドローンや無人運転など近未来技術に本気で取り組む秋田県仙北市を紹介する。(2017/11/24)

好きなのになぜ? 大阪府民「たこ焼き、月に1回以下」75%
大阪名物といえば、たこ焼き。大阪府民の9割が「好き」と答える一方で、食べる頻度は「月1回以下」という回答が75%を占めた。好きなのになぜ、あまり食べないのだろうか?(2017/11/22)

ABB PVS980:
メガソーラー用の直流1500V対応パワコン、ABBが日本市場に投入
メガソーラーの機器コストを削減できるとして注目されている、1500V対応パワコン。ABBが日本市場での販売を開始した。(2017/11/15)

東北ずん子の姉・東北イタコがボイスロイド化 クラウドファンディングで1000万円を集める
目標額400万円はわずか24分で達成(2017/11/14)

「青森放送のエントロピーは途方もない!」 青森放送社屋側面に巨大“キュゥべえ”出現でわけがわからないよ!
「蒼樹うめ展 in 青森」記念で特別ラッピング。(2017/11/11)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
“おとなのパルコ“は上野・御徒町で成功するのか?
人気急上昇中のイースト東京エリア、その中心的な街とも言える上野・御徒町に新しい「パルコ」が11月4日にオープンしました。これまでのパルコと何が違うのか? 店づくりの特徴からこれからの消費トレンドを探ります。(2017/11/6)

新東名高速、一部区間で最高速度110キロに 11月1日から
「引き上げられますが、必ず110キロで走行する必要はありません。交通状況に応じて安全運転を」と静岡県警。後日、東北自動車道でも試行予定です(2017/11/1)

コナンの「蝶ネクタイ型変声機」みたいなスマホアプリ誕生 リアルタイム音声変換で東北ずん子などになりきれる
阿笠博士いなくても、スマホで使えるってよ。(2017/10/31)

LINXDays マシンビジョン・セミナー:
人間による官能検査から3Dスマートセンサーによる非接触検査へ
リンクス主催のプライベートイベント「LINXDays」(東京会場)のマシンビジョン・セミナーから、3次元計測機「Gocatorシリーズ」について取り上げる。自動車業界を中心に採用が広がっているとし、Gocatorを用いた非接触検査の事例が幾つか紹介された。(2017/10/30)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
北海道新幹線「札幌駅」地下案はダメ、ゼッタイ!
北海道新幹線の札幌駅プラットホームは、2012年に在来線プラットホームを転用する案で工事計画が認可された。しかし2年前の夏、JR北海道が原案をひっくり返してから大混乱に。このままでは妥協案として、かなり不便な地下駅になりそうだ。新幹線地下駅は北海道を死に導く。そこは、最善の選択ができなかった愚か者たちの棺おけも同然のハコになるだろう。(2017/10/27)

お待たせしました 「ルマンドアイス」11月6日から中国・四国地域で販売開始
関東・関西はまだですか?(2017/10/26)

サラリーマン、プリキュアを語る:
プリキュア映画歴12年の筆者が教える、大人のプリキュア映画鑑賞法
第37話は映画との連動回。ビブリーちゃんのツンデレっぷりがかわいかったです。(2017/10/26)

2万本無料配布:
ガリガリ君、新商品は「温泉まんじゅう味」
赤城乳業が新商品を発表。「ガリガリ君リッチ 温泉まんじゅう味」を10月31日から販売する。(2017/10/25)

託された経営改革:
ポップコーン会社の再建を 野球界から転身した男の奮闘
東北楽天ゴールデンイーグルスのチーム戦略担当、そして球団経営を担う一員としてどっぷりと野球界に身を置いていた男が異業種に飛び込んだ。現在、ポップコーン会社の経営再建に奮起する彼を追った。(2017/10/25)

ガリガリ君から「温泉まんじゅう味」が登場 温泉まんじゅうの皮を再現した“スポンジダイス”入り
ナポリタン味やシュークリーム味などいろいろあったが、そう来たか……!(2017/10/24)

ZOZOTOWNの送料、「自由化」でどうなった? “ケチった”のはあの県のユーザー
「ZOZOTOWN」で行われている「送料自由化」の実験。「0円」に設定された注文は、約3週間で43%あり、設定された送料の平均は96円だったという。(2017/10/24)

「かけ」派が健闘した地域は:
クリームシチュー「ご飯にかける」「分ける」派?
秋の深まりとともに恋しくなる食べ物といえばクリームシチュー。「ご飯にかける」派? それとも「分ける」派?(2017/10/24)

深部の地震、「岩石の溶融」が引き金に 愛媛大など「SPringー8」で謎解明
深い場所で起きる地震のメカニズムは半世紀近くにわたって謎に包まれていたが、愛媛大などのチームが解明したことで研究は大きく進展しそうだ。(2017/10/24)

大和川の氾濫、多摩川での救助 Twitterに台風21号の被害写真あふれる トレンド全てが関連語に
朝の登校や出勤にも影響があったところも。(2017/10/23)

クリームシチュー「ご飯にかける? わける?」 全国調査の結果は
今秋、ご飯にかける専用のクリームシチューのもとが新発売され、ご飯にかけることの是非をめぐる議論が一気に熱を帯びている。(2017/10/23)

“超大型”台風23号、関東甲信は23日明け方に直撃か 通勤・通学への影響も
関東甲信では23日の明け方から朝にかけて最も接近、直撃する恐れ。(2017/10/22)

「ズック」「御座候」「業間休み」 “アレ”の名前を解決するアンケートに全国から選挙並みに熱い投票が集う!
うわばき、うわぐつ、ズック!?(2017/10/17)

再び食卓に:
市役所に「鯉係」も 郡山が鯉の普及に躍起になる理由
市町村別で日本一の鯉の生産量を誇る福島県郡山市。かつては地元にも食文化として根付いていたが、今では一般家庭で調理する機会はほぼないという。そうした郡山に再び鯉を定着させようとする取り組みが始まった。(2017/10/17)

地方で勝つ会社:
世界が注目する東北の小さな町のイチゴ革命
東日本大震災によって大きな被害があった宮城県山元町。この地で作られているイチゴが今、国内外から注目を集めている。「ミガキイチゴ」という商品ブランドを立ち上げた岩佐大輝さんの挑戦に迫る。(2017/10/11)

マイニングフラット:
仮想通貨のマイニング向け電力プラン、Looopが提供
Looopは電力販売メニューに新たに2つのプランを追加。1つは業務用空調や大型冷凍庫を所有する需要家向けの「動力プラン」。もう1つは、ビットコインなどで知られる仮想通貨のマイニング事業者向けの格安料金プランだ。マイニング事業者向けのプランを用意する理由とは?(2017/10/11)

楽天、NBAを国内独占配信へ 「Rakuten TV」で提供
楽天が米プロバスケットボール協会(NBA)とパートナーシップ契約を結んだ。日本国内でのNBAの放映、配信を楽天が独占する。(2017/10/10)

「若い人の退職が目立つ」:
街角景気9月は9カ月ぶり高水準、人手不足でも人材集まらず
内閣府の9月の景気ウオッチャー調査で、景気の現状判断DIが51.3と前月比1.6ポイント上昇し、3カ月ぶりの上昇。(2017/10/10)

楽天イーグルスも採用:
プロ投手の球筋を体感できる! NTTのVRシステム
NTTデータは、「CEATEC JAPAN 2017」(2017年10月3〜6日、幕張メッセ)のNTTグループブースで、実際のプロ野球選手が投球した球筋を体感できる"VRスポーツトレーニングシステム"を体験展示した。(2017/10/6)

10月3連休の渋滞はどうなる? 渋滞予報士による予測と「渋滞を発生させない方法」
10月の3連休(7〜9日)の渋滞状況を、渋滞予報士が予測。(2017/10/5)

よっしゃああああああああ!! 来春の花粉飛散量が平年の65%になる見込み 関東では約1/4まで少なくなる地域も
2017年に大量飛散 → その影響などで今年は少なめに。(2017/10/3)

TechFactory通信 編集後記:
「NS」「KY」「KO」「SD」……いまさら気付いた「信号機」の魅力
日本全国の信号機の数は? そのうちLED式信号機の割合は?(2017/9/30)

寒気南下 朝は全国半数近く10度以下
あす朝は北海道や東北では氷点下まで下がる所も。(2017/9/28)

関西スマートビルディングEXPO 2017:
地震直後に安全度を“見える化”、建物の損傷を素早く検診
NTTファシリティーズは、「関西 スマートビルディングEXPO」で建物安全度判定サポートシステム「揺れモニ」などを展示した。地震直後に素早く建物の安全度を判定できるシステムだ。(2017/9/26)

デルタ電子 Q-VEC:
一般住宅に設置できるEV充電器、40kWhを7時間でフル充電
デルタ電子は一般住宅向けの電気自動車用充電器の販売を開始した。最大6kWで充電でき、30kWhのバッテリーを搭載したEVで約5時間、40kWhの場合は約7時間でフル充電できるという。(2017/9/26)

「タンメン」食べたのはわずか20%:
関西ではチャーハンは「焼きめし」、冷やし中華は「冷麺」
日本の食文化は東西で異なる。日本料理だけでなく、中華料理の呼び方やメニューにもそんな違いがあるのではないか。(2017/9/25)

チャーハンは「焼きめし」 冷やし中華は「冷麺」 東京と違う、関西の「食」の呼び方
中華料理の呼び方やメニューにも東西で違いがあるのではないか。大阪・ミナミで30人に、「チャーハン」と「冷やし中華」を何と呼ぶか、また関東で広く知られる麺料理「タンメン」を知っているか聞いてみた。(2017/9/25)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
伊丹空港アクセス線が再起動 空港連絡鉄道の現状と展望
阪急電鉄が伊丹空港乗り入れに積極的な姿勢を見せた。鉄道路線建設が停滞する中で、有望株は空港連絡鉄道だ。地方空港の空港連絡鉄道計画の動向を振り返ってみよう。(2017/9/22)

球場やレジャー施設を訪問:
楽天モバイル、即席出店できる移動店舗カー導入
楽天モバイルが、車両型移動店舗「楽天モバイル キャラバンカー」を導入する。実店舗ではリーチできなかった顧客層との接点を拡大し、さらなる新規顧客の獲得につなげる狙いがある。(2017/9/21)

ワンツーワンのファンサービスを実現:
楽天イーグルス、スポーツマーケティングのデジタルシフトへ「b→dash」を導入
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」が楽天イーグルスを運営する楽天野球団に導入されたと発表した。(2017/9/20)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。