「東京オリンピック」最新記事一覧

交付開始は10月を予定:
東京五輪ナンバープレート、最終候補5作品が決定
国土交通省が、2020年の東京五輪の開催を記念したナンバープレートのデザイン案の最終候補5作品を発表。今後、国民から意見を募集し、デザイン選考委員会が最終判断を行う。採用作品は7月下旬に決定し、10月に交付される予定。(2017/6/27)

東京五輪記念ナンバープレート、最終候補出そろう 国交省が意見募集
2020年東京五輪・パラリンピックを記念した特別仕様のナンバープレートについて、最終候補5作品を国交省が発表。(2017/6/27)

区役所最寄り駅対決:
大井町駅と蒲田駅、便利なのはどっち?
大井町駅と蒲田駅は、性格がよく似ている。ともにJR京浜東北線がメイン路線で、東急線との接続があり、京急線との接続がない。もちろん細かく見ると違いはたくさんあるが、利便性が高いのはどちらの駅か。(2017/6/26)

女子力も金メダル級! 吉田沙保里、マツエク&ネイル新調に同性から支持の声
女子は気高く美しく。(2017/6/24)

孫社長「訪日外国人向けの無料Wi-Fiはなくすべき」
(2017/6/21)

その名は「東京2020推進室」、ドコモが新組織 役割は?
2020年東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会と連携し、通信サービスの提供を通じ、大会運営を支援するという。(2017/6/21)

ブラタモリは来たが……マドンナもマイケルも「名古屋飛ばし」 会場不足「30年問題」の深刻さ
名古屋市でコンサートやイベントの開催が深刻な会場不足によって困難な状況が続いている。今後も既存施設の改修・休館などが相次ぐため、より深刻な事態が予想されるという。(2017/6/21)

組み込み開発ニュース:
国内デジタルサイネージ市場が倍増へ、2020年度に3361億円
矢野経済研究所は、国内のデジタルサイネージ市場の調査結果を発表した。2016年度の市場規模は、推計で前年度比116.2%の1487億7500万円。大型に加え、小型のデジタルサイネージもコミュニケーションツールとして需要が拡大している。(2017/6/21)

五輪で東京ビッグサイトが利用できない問題、展示会関係者がデモ実施
「展示会産業で働く人々の生活と雇用を守る会」を結成し、東京都庁周辺でデモを行います。(2017/6/20)

シスコ、クラウドベースのWeb会議ツール「Cisco WebEx」の無償提供でテレワーク推進
シスコは、7月24日の「テレワーク・デイ」に向け、クラウドベースのWeb会議サービス「Cisco WebEx」を、ライセンス数5人分を上限に2カ月間無償で提供する。働き方改革先進企業のノウハウを生かし、テレワーク導入を後押しする。(2017/6/20)

本放送には別途チューナー:
好調4Kテレビに落とし穴 東京五輪控え混乱も
4Kの本放送が18年12月からBSで始まるが、現在市販されている4Kテレビで視聴するには、今後発売される外付けチューナーの購入が必要だ。(2017/6/19)

東京五輪で「自動走行タクシー」実現へ ZMPと日の丸交通が協業
日の丸交通とZMPが協業。スマートフォン向けの配車アプリを共同開発し、自動走行タクシーを呼べるサービスの提供を目指す。(2017/6/15)

誘致合戦も活発に?:
AKB48選抜総選挙、沖縄開催の“本当”の理由
今週末に沖縄で「AKB48選抜総選挙」が開催される。同イベントは毎年大きな経済効果を生み出していて、今や地方の企業や自治体にとっても喉から手が出るほどのものになった。これまでは姉妹グループがある都市で開かれていたが、現状その条件に該当しない沖縄は“異例”。その舞台裏に迫った。(2017/6/14)

IDC Japan 国内IT市場規模予測:
製造業、金融業は低い成長率で推移、2017年の国内IT支出は通信分野以外はプラス
IDC Japanは、国内IT市場における産業分野別/企業規模別の市場規模予測(2017〜2021年)を発表した。(2017/6/14)

4Kテレビで4K本放送が見られない!? 来冬に向けて混乱も
実はいま市販されている4Kテレビだけでは、4K本放送を見ることができない。そのことを知らない購入者もいるとみられ、政府や業界団体は周知を急いでいる。(2017/6/13)

省エネビル:
「太陽光+水素」を建物のエネルギーに、独自のBEMSで最適制御
清水建設は産総研と共同で、建物向けの太陽光発電を活用した水素エネルギー利用システムの開発を進めている。このほど、福島県にある産総研の研究施設に併設した実証システムが稼働を開始した。(2017/6/13)

アナリストオピニオン:
ブームのさなかにあるAI(人工知能)、2017〜2020年の真の実用性を考える
実用的で一般企業でも使えるAI(人工知能)技術は何か? 今現在(2017年)、そして2〜3年先(2020年)という観点で2つの技術を取り上げる。(2017/6/13)

「マリオカート」もアトラクションに USJ「SUPER NINTENDO WORLD」着工式 イメージ動画も公開
USJのマリオエリアには、アトラクションとして「マリオカート」などが登場する予定だ。(2017/6/8)

USJで「SUPER NINTENDO WORLD」世界初オープンへ アトラクション「マリオカート」も登場
楽しみすぎる。(2017/6/8)

連絡通路の一方通行廃止:
浜松町駅で構内整備 JRとモノレールの乗り換え楽に
東京モノレールと東日本旅客鉄道が、浜松町駅構内の乗り換え連絡通路を2018年3月に相互通行化すると発表した。(2017/6/7)

Interop Tokyo 2017の歩き方(3):
Interop Tokyo 2017、2020年に向けた懸念とセキュリティ製品の最新動向
Interop Tokyo 2017の見どころを紹介している本連載。第3回として、今回多数出展されているセキュリティ製品をチェックする。(2017/6/7)

スカイディスク/安川情報システム TO-MS:
AI活用で建設機械の最適な保守メンテナンスを実現するIoT油圧ブレーカシステム
スカイディスクは、安川情報システムと共同でIoT油圧ブレーカシステム「TO-MS」を開発。東空販売が製造・販売する建設機械用油圧ブレーカーのタイムリーなメンテナンスを実現する。(2017/6/7)

SDSNはシスコスイッチやVMware NSXに対応:
業績好調のJuniper Networks、グローバルおよび日本における事業戦略を説明
ジュニパーネットワークスは2017年6月5日、Interop Tokyo 2017で講演する米本社CEOのラミ・ラヒム氏、日本法人代表取締役の古屋知宏氏がグローバルおよび日本における事業戦略を説明、併せて「Software Defined Secure Network(SDSN)」の強化を発表した。(2017/6/6)

今後、脅威インテリジェンス基盤とそのサービスに需要増:
国内セキュリティサービス市場は2021年まで堅調、年間成長率5.6%で拡大 IDC
IDC Japanが2021年までのセキュリティ市場予測を発表。サイバー攻撃リスクやオリンピック開催を背景に堅調に推移し、2021年までにセキュリティ製品とセキュリティサービスを合わせた市場規模は1兆3000億円に達すると予測される。(2017/6/6)

レジで待たせず安心・快適に 「キャッシュレス決済」で訪日外国人取り込み
クレジットカードや電子マネーによる支払いが多い訪日外国人を取り込むため、現金を使わないキャッシュレス決済を導入する商業施設・店舗が増えている。(2017/6/5)

有識者に聞く:
“デジタル化”を意識しない人は出世できない
企業が生き残る上で、「デジタルトランスフォーメーション」の推進が喫緊の課題となっている。こうした背景から近年は、IT部門を経験することがCEOやCOOへ出世するための重要なポイントになってきているという――。(2017/6/2)

蓄電・発電機器:
東京五輪から本格化、水素関連市場は2030年度に32倍へ
調査会社の富士経済が水素関連市場の調査レポートをまとめた。水素関連市場は「東京オリンピック・パラリンピック」が開催される2020年度頃から本格化する見込みで、2030年度の市場規模は2015年度比で32.1倍の5903億円に拡大すると予測した。(2017/6/1)

五輪が成功すれば2021年:
小池百合子はマクロンになれるか、都議選後の挑戦
小池氏は国政への進出を否定するが、「もし都議選で圧勝した場合、当然次は国政になる」という見方がある。(2017/5/31)

ご当地ナンバー登場:
図柄入りナンバー、地方版導入へ 国交省、希望地域募集
国土交通省は、図柄入りナンバープレートの地方版を2018年に導入する。(2017/5/30)

コミケだけではない 2020年東京ビッグサイト問題 「売上げ1兆円消える」と悲鳴
東京ビッグサイトが、東京五輪の影響で最長20カ月間にわたり利用が制限されることに、中小企業の間から反発が起きている。中小企業からは、悲観的な声が強まる一方だ。(2017/5/30)

中小企業が大幅減収も:
2020年東京ビッグサイト問題 売り上げ1兆円消える
東京ビッグサイトが2020年東京五輪で使用されるため、最長20カ月間にわたり利用が制限されることに、中小企業から反発が起きている。(2017/5/29)

NHK技研公開2017:
手話をリアルタイムで自動生成する技術がすごかった IOCと連携、東京五輪で活用へ
NHK放送技術研究所の一般公開イベントに行ってきた。数ある展示の中から気になった展示を紹介する。(2017/5/26)

スマートシティ:
電柱の跡地がEV充電器に? 東電とパナソニックが地上機器を有効活用
東京電力パワーグリッドとパナソニックは、無電柱化エリアに設置されている地上配電機器とデジタルサイネージした情報配信サービスの企画開発に着手する。景観改善や災害時の安全性向上を背景に、国内でも都市部を中心に無電柱化が進んでおり、今後増加していく地上配電機器を有効活用する狙い。将来は電気自動車の充電器や自動運転車へのアシスト機能なども視野にいれる。(2017/5/24)

東京五輪マスコットのデザイン、応募要項を公開 採用されると100万円と「日本初の夏季大会マスコット」の名誉
ポップカルチャー大国日本のマスコットはどんなものになる……?(2017/5/22)

最終審査で小学生が投票:
東京五輪マスコット、応募要項発表 8月に作品提出
東京オリンピック・パラリンピック組織委がマスコットキャラクターのデザイン応募要項を発表した。(2017/5/22)

「ムーアの法則」を超える新世代コンピューティングの鼓動:
「メモリ主導型コンピューティング」が実現すると起こること
本連載で紹介しているメモリ主導型コンピューティングは、大量のデータへの高速かつさまざまなアクセスがランダムに発生する用途に特に効果的です。今回もメモリ主導型コンピューティングによって実現するかもしれない世界を紹介しましょう。(2017/5/22)

危険な水上バイク、東京の川を疾走中 ジェット水流で内臓損傷、死亡例も
都内の河川で、水上バイクの問題航行が後を絶たない。(2017/5/22)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ミラ イースで始まる新時代のダイハツ
ダイハツは主力のミラ イースをモデルチェンジした。今年3月に発表されたDNGAのコンセプトは、今回のミラ イースにどの程度反映されたのであろうか?(2017/5/22)

自然エネルギー:
被災した福島県浪江町に、世界最大のCO2フリー水素拠点 復興のシンボルに
「福島新エネ社会構想」の一環として計画している、世界最大級のCO2フリー水素製造工場の建設予定地が固まった。福島県は複数の候補の中から浪江町を政府に推薦することを決めた。かつて「浪江・小高原子力発電所」の建設が予定されていた地域であり、原発事故で大きな被害を受けた自治体が、新たに新エネ社会のモデル拠点として生まれ変わる。(2017/5/19)

スポーツ×ビジネス:
スポーツ中継、スマホ観戦が主流に テレビ局はジレンマ
スポーツのスマホ観戦が急速に広まる一方、東京五輪・パラリンピックへ向け、より高品質なテレビ放送も始まろうとしている。(2017/5/18)

スポーツ中継「スマホ観戦」の時代 テレビ局のジレンマとは
スポーツ中継に新時代が到来。今年からJリーグの全試合中継が「DAZN」に変わるなど、ネットが主役になってきている。(2017/5/18)

10年ぶりの「FUNAI」テレビはコスパ重視、有機ELテレビも開発へ
(2017/5/17)

「両社は運命共同体」――船井電機の国内テレビ再参入にかけるヤマダ電機の思い
(2017/5/17)

建て替え作業中の渋谷PARCOの工事仮囲いが「アートウォール」に 河村康輔さんによる「AKIRA」アート掲出
カッコイイ。(2017/5/17)

アナリストオピニオン:
東京オリンピックに向けて拡大するサイバーテロ対策需要を取りこぼすな!
2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックでのサイバーテロ対策においては、モバイルとIoT(Internet of Things)が特に重要な課題になると想定される。(2017/5/16)

「空飛ぶクルマ」実現へ トヨタが開発団体を支援、4000万円出資
「空飛ぶクルマ」の実現を目指す有志団体を、トヨタグループ15社が支援。今後3年間で総額4250万円を出資するという。(2017/5/15)

ブルマー「恥辱の歴史」 “大人の事情”で女子は恥ずかしい思い……
密着型ブルマーは、なぜ学校で採用され、約30年間も継続されてきたのか。(2017/5/15)

有機EL元年:
有機ELテレビ、LGとの価格差“2倍” 日本勢追撃なるか
パナソニック、ソニー、東芝の有機ELテレビが国内で出そろい、価格の安い製品を持つ韓国LGを交えた「有機EL元年」の商戦が本格化する。(2017/5/11)

ラグビーW杯日本大会、経済効果は4000億円 旅行業界など高まる期待
4年に1度のラグビーの祭典で、アジア初開催となる2019年ワールドカップ日本大会の組み合わせ抽選会は10日、京都迎賓館で行われた。(2017/5/11)

あれって、AIですよね?:
「バビル2世」のコンピュータを、2017年のテクノロジーで解説しよう
手塚治虫が、スピルバーグが、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2017年現在どこまで実現できているのだろうか?――「鉄腕アトム」や「2001年宇宙の旅」に登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第1回は、横山光輝先生の「バビル2世」だ!(2017/5/10)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。