「東京オリンピック」最新記事一覧

IDC Japan 国内ITサービス市場:
製造業向けではアクセンチュアが2桁成長、上位ITベンダーの中で唯一
IDC Japanは、2016年の国内ITサービス市場のベンダー売り上げランキングを発表した。(2017/8/23)

製造業IoT:
5Gの人口カバー率は2022年に15%へ、セルラーLPWAの普及も進む
「エリクソン・モビリティレポート」によれば、2022年には世界の5G加入契約数が5億件を突破し、人口カバー率は15%に達するという。また、同じく2022年には、広域IoTデバイスの70%が何らかのセルラー技術を利用していると予測している。(2017/8/22)

共同代表に聞く:
コミケ「2020年問題」 東京五輪開催中はどこで開催するのか?
“コミケ”の愛称で、ファンのみならずとも存在を知る国内最大規模の同人誌即売会「コミックマーケット」が、「2020年問題」に直面している。(2017/8/21)

コミケの「2020年問題」 五輪中はどこで開催? 共同代表に聞く
コミケが「2020年問題」に直面している。東京五輪に伴いビッグサイトを会場に使えなくなる可能性があるのだ。代替地の見通しは立っていない。コミケ準備会の共同代表に、開催地問題などについて聞いた。(2017/8/21)

目からうろこの行政サポート活用術:
政策を知り、それを実現するための補助金を知る――IT投資を後押しするアベノミクス
日本の未来の成長のために、IT投資は欠かせない――。そんな思いがアベノミクスの成長戦略には盛り込まれている。具体的な数値目標まで掲げており、政府は何が何でも実現させる意気込みだ。そのために、助成金や補助金も用意している。これを活用しない手はない。(2017/8/17)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2017年7月版:
Flash Playerが廃止、影響は?
2017年7月のセキュリティクラスタでは、「Adobe Flash Player」が話題になりました。脆弱性によってユーザーが攻撃にさらされることが多く、2020年末に廃止されることが発表されて、ようやくかとほっとするツイート、さらには移行について考えるツイートが多数ありました。7月はあまり大きなセキュリティインシデントが発生せず、無事に米国の「Black Hat USA」「DEF CON 25」に遠征できた方が多かったようです。どちらもとても盛り上がったようでした。(2017/8/17)

省エネ機器:
世界の空調・給湯器市場、日系メーカーの存在感が高まる
世界の空調・給湯機器市場は今後も堅調に拡大しそうだ。空調機器では特に、日系メーカーが高いシェアを誇るビル用マルチエアコンが高い伸びを示すことが予想されている。給湯機器では電気温水器などの従来品からエコキュートをはじめとするCO2冷媒製品への移行が進みそうだ。(2017/8/16)

和式便器はなぜなくならないのか?
和式便器撲滅作戦。(2017/8/13)

水上バスで観光客の荷物輸送、ヤマト運輸と東京都が実験 狙いは
隅田川を運航する水上バスで、乗客とともにクロネコヤマトの荷物が運ばれた。中身は観光客の荷物を想定したスーツケース。その目的は。(2017/8/10)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
AIを活用して組織の生産性を上げるための、はじめの一歩
「AIに任せられる仕事を探して、働き方を改革せよ」という指令が経営トップから発せられるが事態はなかなか進まない。(2017/8/10)

東京五輪記念ナンバープレート、デザイン決定
2020年東京五輪・パラリンピック開催を記念する特別仕様のナンバープレートのデザインが決まった。(2017/8/9)

10月10日交付開始:
東京五輪特別仕様ナンバープレート、デザイン決定
東京五輪・パラリンピックを記念する特別仕様ナンバープレートのデザインが決まった。(2017/8/8)

シスコが提案する包括的対策とは:
PR:通信サービス事業者がIoTセキュリティで大きな役割を果たす理由
多くの企業は今、IoT(Internet of Things)に取り組まざるを得ない。問題は、IoTセキュリティに関するノウハウや標準が整備されていないことにある。そこで、通信サービス事業者が、IoTセキュリティのベストプラクティスに基づく支援を提供できれば、各企業のIoTへの取り組みが加速できる可能性がある。では、通信サービス事業者は、具体的にどのような支援ができるのだろうか。シスコの提案をお伝えする。(2017/8/8)

組み込み開発ニュース:
パナソニックのデジタルサイネージは空間演出へ、鍵は横連携にあり
パナソニックが新デジタルサイネージソリューション「AcroSign」について紹介。AcroSignの事例として、体験型エンターテインメント公演「フエルサ ブルータ」の劇場エントランスやロビーの空間演出に用いている技術を説明した。(2017/8/7)

今は五輪に尽力していると認識:
小池都知事は手ごわい相手=安倍首相
安倍首相は内閣改造後に支持率が低迷した場合でも解散総選挙は現時点で全く考えておらず、まず改造内閣で結果を出してからとの考えを示した。(2017/8/4)

マリオとルイージの競り合いまで完璧! 「スーパーマリオ3」の世界を直方体で表現したアニメ動画が話題に
2面でワールドマップ、もう1面でオープニング画面を再現。(2017/8/4)

自然エネルギー:
世界最大級のCO2フリー水素工場の開発がスタート、福島で2020年に実証へ
「福島新エネ社会構想」の一環として計画している、世界最大級のCO2フリー水素製造工場の開発が本格的にスタートする。「東京オリンピック・パラリンピック」が開かれる2020年度をめどに実証運転を行う計画だ。(2017/8/3)

製造マネジメントニュース:
中小型液晶パネルが好調のシャープ、四半期営業黒字は4期連続
シャープが2017年度第1四半期(4〜6月期)の連結業績を発表。経営危機に陥った同社だが、4半期連続で営業黒字を達成するなど経営状況は改善している。また、有機ELに押されがちといわれる中小型液晶パネルについても「PCや車載、スマートフォンを含めて好調だった」(同社)という。(2017/7/31)

分野を超えたプラットフォーム化:
5Gでは垂直統合が進む? “陣取り”が激化
市場調査会社のIHS マークイットは2017年7月10日、5G(第5世代移動通信)の最新動向を解説する記者説明会を開催した。5Gのバリューチェーンでは今後ますますプラットフォーム化が進み、力のある企業が“総取り”するリスクがあるという。【訂正】(2017/7/28)

「VRポルノ専用ヘッドセット」はなぜ生まれた? 開発チームにインタビュー
「安価な機能特化型HMD」の可能性。(2017/7/27)

良好な接続性を維持するために:
Wi-Fiとセルラーは今後も補完的な関係が続く
Wi-Fi Allianceは2017年7月26日に東京都内で記者説明会を開催した。Wi-Fi市場は堅調に拡大していて、今後も基本的には高速、大容量通信という、セルラーと同様の方向で進化を続けるという。ただし、「Wi-Fiは、セルラー通信の接続性を維持するためには欠かせない」と、セルラー通信とこれからも補完的な関係を保っていくと強調した。(2017/7/27)

みずほ銀行、Airbnbと民泊で提携 顧客の空き部屋活用
みずほ銀行が民泊大手のAirbnbと提携。顧客企業が空き物件などを宿泊施設として旅行者に貸し出す民泊ビジネスを支援する。(2017/7/26)

リタイアは近づくが…:
103系は死なず 支線、ローカル線でまだまだ現役
日本人なら一度は乗ったことがある電車だろう。高度成長期から平成の時代まで、関西や首都圏などの通勤、通学輸送を担った103系は、ローカル線でまだまだ元気だ。(2017/7/26)

みずほ銀、エアビーと提携 使われていない社宅を民泊に活用
2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、増加が見込まれる訪日外国人客の民泊需要の拡大につなげる狙い。地域経済活性化や空き家対策にも貢献する。(2017/7/26)

103系は死なず 支線、ローカル線でまだまだ現役
関西や首都圏などの通勤、通学輸送を担った103系。主要路線からの撤退が続いているが、ローカル線でまだまだ元気だ。(2017/7/26)

初の「テレワーク・デイ」6万人参加 新しい働き方、普及なるか
政府は24日、自宅など職場から離れた場所で働くことを促す「テレワーク・デイ」を初めて実施した。(2017/7/25)

「テレワーク・デイ」に「働き方改革」のおいしいところを考える
官民あげての「テレワーク・デイ」が、日本でも初めて実施された。「働き方改革」がうたわれる中で、どのような役割を果たしていくのだろうか。(2017/7/25)

灼熱38℃ 選手と観客襲う 東京五輪のマラソン「過去120年で最も暑い環境」
東京五輪の会期は7月24日から8月9日までの17日間。東京では昨年のこの期間、最高気温が30度を超える日が12日あった。マラソンは無事開催できるのか。(2017/7/24)

ゆとり記者が聞く(番外編):
俺がこんなにカワイイわけがない──誰でも“美少女に変身する”VR 「かわいさ」追求する男3人の挑戦
VR(拡張現実)を使い、誰でも美少女になれる――そんな夢のような時代がやってきた。次世代のVRコミュニケーションに挑戦するベンチャー企業・カバーに開発の裏側を聞く。(2017/7/24)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
“TOKYO 2020”に向けて開発が進む8K&HDR技術
(2017/7/21)

数千億円規模:
日本橋の空が復活か 首都高地下移設を検討
東京・日本橋の真上を走る首都高速道路について、都が中央区や事業主体の首都高速道路と共同して地下に移す具体策の検討に着手する方針を固めた。(2017/7/21)

建設業界、ユニット化やロボット導入 人手不足補い生産性向上
2020年の東京五輪に向けて再開発工事が急ピッチで進む中、施工現場では人手不足問題が慢性化していることもあって、建設コストは高止まり状態が続いている。(2017/7/21)

営業部 AI課:
AI企業を買収したホテルチェーンから見る「ホテルビジネス」のいま
宿泊施設の競争が激化する中、積極的に改革に乗り出している興味深いホテルチェーンがある。世界第6位の規模を誇るアコーホテルズだ。同ホテルはAI企業を買収したが、どんな試みを行っているのだろうか。(2017/7/21)

ぴあが1万人規模のアリーナをみなとみらいに建設 会場不足問題の解決に向け 2020年春開業予定
盛り上がるライブ・エンタテイメント市場規模の受け皿なるか。(2017/7/20)

ぴあ、「1万人規模の音楽アリーナ」横浜に建設 2020年開業へ
1万人規模の音楽コンサートアリーナを、ぴあがみなとみらいに建設へ。2020年春の開業を目指す。(2017/7/20)

民間単独で:
ぴあ、1万人規模の大型音楽アリーナ建設へ 20年春開業
ぴあは収容客数が1万人規模の大型音楽アリーナを横浜市のみなとみらい地区に建設する。(2017/7/20)

新連載・東京五輪へ連れてって:
ロボット、AIに活路 世界に後れを取った日本女子バレーが「IT強者」になれた理由
第1回は、IT活用が進む日本女子バレー代表チームを10年以上支えてきた日本スポーツアナリスト協会の渡辺啓太氏に最新のデータ活用事情を聞いた。(2017/7/20)

訪日外国人をおもてなし:
イーオンが「VR英会話」開始 リアルな会話で語学力向上
英会話教室運営のイーオンが、VR(仮想現実)に対応した英会話学習アプリ「英語でおもてなしガイド」をリリース。実際にネイティブと1対1で話しているような感覚で学習できるため、自宅などでも会話力の向上が可能という。(2017/7/19)

「空飛ぶクルマ」実現へ実寸大試作機開発 CARTIVATOR・中村翼代表
自動車や航空機産業で働く若手技術者ら有志の団体「CARTIVATOR」が、1人乗り空飛ぶクルマ「スカイドライブ」の開発に挑戦している。(2017/7/19)

神宮→高校野球できず:
有明→テニスできず、ビッグサイト→商談できず “施設難民”から悲鳴
東京五輪・パラリンピックをめぐり、使用する施設の改修工事などによって、これまでの施設利用者が行き場を失い、“迷子”になる恐れが指摘されている。(2017/7/18)

有明→テニスできず、神宮→高校野球できず……東京五輪がスポーツの場奪う!?
東京五輪をめぐり、使用する施設の改修工事などによって、これまでの施設利用者が行き場を失い、“迷子”になる恐れが指摘されている。(2017/7/18)

ドコモの訪日外国人向け「Japan Welcome SIM」は何が新しい? 使ってみて気付いたこと
急拡大する訪日外国人向けプリペイドSIM市場にNTTドコモが参入。7月に「Japan Welcome SIM」の販売を開始。日本人でも購入できるので、実際に使ってみた。(2017/7/17)

毎朝見てたはずなのに……知らない間に変わっていた駅の“アレ” 制作会社「気付かれなくていいんです」
毎朝駅で目にする“ある物”が、いつの間にか変わっていた。いったい何のために?(2017/7/12)

TechFactory通信 編集後記:
3Dプリンタ製シューズを気軽に買える日も近い!?
2020年の東京オリンピック・パラリンピックで一気に花開く?(2017/7/8)

熾烈な客引き:
赤ケバブ、青ケバブ 仁義なき“六本木ケバブ戦争”に幕?
東京・六本木のケバブ店で強引な客引き行為をしたとして、警視庁麻布署は風営法違反容疑で、トルコ国籍の20代の兄弟を逮捕した。(2017/7/6)

働き方改革の問題点は技術ではない、文化だ
経済産業省などが、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた「働き方改革」の一環で「テレワーク・デイ」を展開する。テレワークのポイントとは!?(2017/7/5)

Over the AI ―― AIの向こう側に(12):
力任せの人工知能 〜 パソコンの中に作る、私だけの「ワンダーランド」
私はこれまで、人口問題や電力問題、人身事故などさまざまな社会問題を理解するためにシミュレーションを利用してきました。シミュレーションは、AI(人工知能)という概念を飛び越えて、「人間が創造した神」と呼べるかもしれません。今回は、シミュレーションに最適なAI道具の1つとして、「オブジェクト指向プログラミング」を解説します。これは、PCの中に“私だけのワンダーランド”を力任せに作る技術ともいえます。(2017/6/30)

交付開始は10月を予定:
東京五輪ナンバープレート、最終候補5作品が決定
国土交通省が、2020年の東京五輪の開催を記念したナンバープレートのデザイン案の最終候補5作品を発表。今後、国民から意見を募集し、デザイン選考委員会が最終判断を行う。採用作品は7月下旬に決定し、10月に交付される予定。(2017/6/27)

東京五輪記念ナンバープレート、最終候補出そろう 国交省が意見募集
2020年東京五輪・パラリンピックを記念した特別仕様のナンバープレートについて、最終候補5作品を国交省が発表。(2017/6/27)

区役所最寄り駅対決:
大井町駅と蒲田駅、便利なのはどっち?
大井町駅と蒲田駅は、性格がよく似ている。ともにJR京浜東北線がメイン路線で、東急線との接続があり、京急線との接続がない。もちろん細かく見ると違いはたくさんあるが、利便性が高いのはどちらの駅か。(2017/6/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。