• 関連の記事

「Trolltech」最新記事一覧

組み込みソフトウェア インタビュー:
大型アップデートを果たした「Qt 5.8」、新機能は「8割の軽量化が可能」
UI開発のフレームワーク「Qt(キュート)」の最新版「Qt 5.8」は、従来比で最大80%ものプログラムサイズ削減が可能になる新機能「Qt Lite」を搭載した。日本市場では、自動車、産業機器、IoTデバイスをターゲットに採用拡大を目指す。(2017/2/17)

キュートにクロプラ開発(1):
クロスプラットフォーム開発ができるQt「キュート」とは
スマートフォンやタブレットPCのクロスプラットフォームのフレームワークである、Qt(キュート)を使ったアプリケーション開発の方法を紹介する(2011/3/9)

Nokia、Qtの商用ライセンス事業を売却
NokiaはQt開発への投資は継続するとしている。(2011/3/9)

NokiaとIntelが「MeeGo」に込めたそれぞれの思惑
MaemoとMoblinをマージさせたLinuxベースのモバイル向けOS「MeeGo」。その登場の背景には、NokiaとIntelがそれぞれの立場から新たな市場を勝ち取ろうとする意図が見て取れる。MeeGoはAndroidやiPhoneに並ぶ存在になるのか、それとも別の道を行くのだろうか。(2010/2/18)

Qt Software、「WebKit」統合を強化した「Qt 4.5」RC版リリース
Nokia参加のQt Softwareが、ブラウザエンジン「WebKit」の統合を強化したクロスアプリケーションフレームワークの最新版を発表した。(2009/2/9)

日本市場のニーズが、世界で成功するOS開発のカギに――Symbian Foundationのウィリアムズ氏
携帯電話向けOSの共通化、オープン化の動きが加速する中、Symbian Foundationのエグゼクティブディレクターに任命されたリー・ウィリアムズ氏が来日。Symbian OSの優位性と今後のビジョンについて説明した。(2008/11/21)

9月27日〜10月3日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
ドコモがBlackBerryの新モデルを2009年の初旬に投入することを明らかにした。Nokiaは海外の冬商戦向けモデル「Nokia 5800 XpressMusic」を発表。9月30日に開幕したCEATECでは、各社が未来のケータイの姿をかいま見せる技術を披露した。(2008/10/7)

The Way We Live Next 2008:
Nokiaだけでは、次のモバイル市場を切り開けない――NokiaのCTOが語る、モバイルの未来
携帯電話市場に大きな変革の波が押し寄せる中、世界シェアトップのNokiaも戦略の転換を図り始めている。Symbianの買収、OSのオープンソース化、サービスビジネスの強化といった施策の裏にある戦略の核はどのようなものなのか。同社CTOのイアヌッチ氏に聞いた。(2008/10/6)

The Way We Live Next 2008:
Nokiaのサービス戦略を加速させる「Qt」とは
インターネットサービスへのアクセスは、今いる場所の最適なデバイスから――。モバイルネットワークの高速化が進むにつれ、こうしたニーズが高まりを見せている。こうしたトレンドへの対応を容易にするのがクロスプラットフォーム対応の開発フレームワーク「Qt」だ。(2008/9/30)

The Way We Live Next 2008:
端末ベンダーから“端末+サービス”ベンダーへ――新戦略に舵を切るNokia
ネットとの親和性が高い端末の登場、PC系インターネット企業の携帯市場参入といった要素が、携帯市場の勢力図を塗り替えようとしている。携帯電話を取り巻く環境が大きく替わりつつある中、携帯電話メーカー最大手のNokiaはどのような戦略でシェアトップの地位を守ろうとしているのか。上席副社長、ヘイッキ・ノルタ氏が今後の戦略について説明した。(2008/9/26)

Trend Insight:
NokiaがSymbianを買収、Symbian OSをオープン化
NokiaによるSymbian買収は、Google、LiMo Foundation、Apple、RIMなどを巻き込んで携帯電話ビジネスに変化を生じさせることになるだろう。さらに、Nokiaの地位が強化されることも間違いないようだ。(2008/6/30)

Trolltech、携帯向けアプリ開発の幅を拡げる「Qt」フレームワークの新バージョン
(2008/5/8)

SRA、C++GUIツールキット「Qt」関連ソリューションを発売
SRAは、主に国内の組み込み環境に向けたQt関連ソリューションを3つ発表した。日本語入力環境とソフトウェアキーボードGUIアプリケーションの投入を皮切りに、画面開発のフレームワークも投入する。(2008/2/15)

Mobile World Congress 2008:
“バリュー”はソフトウェア──「S60」を軸にソフトウェア資産の増強を目指すNokia
Googleの「Android」に挑戦状を突きつけられたNokiaの共通プラットフォーム「S60」。これに対し、Nokiaは“Qt”を手がけるTrolltechを買収する。これはどのような戦略なのか。Nokiaのモバイルソフトウェア担当セールス&マーケティング上席副社長マッティ・ヴァンスカ氏に話を聞いた。(2008/2/13)

Nokia、TrollTechをTOBで買収へ
QtやQtopiaを手掛けるTrollTechを、Nokiaが買収する。過半数のTrollTech株主はTOBに応じる意向だ。(2008/1/28)

Androidが開く可能性:
自由への行進を導くオープンなモバイルSDK
GoogleのAndroidのようなオープンなモバイルプラットフォームは、携帯端末業界を変革する開発の大波を引き起こすだろう。(2007/11/22)

ソフトウェアライセンスを一本化するGoogleのAndroid
Googleのモバイルアプリケーションプラットフォームは、アプリケーション開発に伴う煩雑な手続きを不要にする可能性がある(2007/11/8)

Palm、LinuxベースのOSで巻き返しへ
長い間待たれていたことが、ようやく実現するかもしれない。Palm, Inc.の社長兼CEOであるエド・コリガン氏が、先だって、年内にLinuxベースのモバイル機器を発売するという同社の計画を投資アナリストに明らかにしたのだ。(2007/4/19)

Trolltech、Linux携帯開発の「Qtopia Greensuite」イニシアティブを発足
Linux携帯電話開発を支援するプログラムの第1弾は、スマートフォンに必要なソフトウェアを統合したスイート「Qtopia Greensuite #1」だ。(2006/11/29)

Linuxコミュニティを武器に携帯分野で躍進──「Qtopia」で頭角を現すTrolltech
3G携帯開発で汎用OSの採用が相次ぐ中、注目を集めているのがLinux OSだ。Linuxベースのアプリケーションプラットフォーム「Qtopia」の開発を手がけるノルウェーのTrolltechに、同社のビジネスモデルと戦略について聞いた。(2006/10/10)

開発者用のLinux携帯電話「Greenphone」発表
TrolltechのLinux用開発プラットフォーム「Qtopia」での開発やテストが、実際の携帯電話上で行えるようになる。(2006/8/16)

ノルウェーのTrolltechが株式公開
オープンソースのGUIツールキット「Qt」のメーカーTrolltechが、オスロ証券取引所に株式を公開した。(2006/7/6)

Trolltech、ノルウェーの証券取引所に上場申請
オープンソースのGUIツールキット「Qt」のメーカーが株式公開を申請した。(2006/5/25)

Trend Insight:
MotorolaのLinux携帯に失望するサードパーティー開発者
Motorolaがスマートフォン携帯を組み込みLinuxに移行したことは、同社にとっては「当たり」でも、エンドユーザーには「外れ」だったのだろうか。(2006/2/13)

Trolltech:オープンソースビジネスの好事例
創業以来、Javaや.Netといった無料製品と競合する製品を販売しながら、毎年成長をつづけてきたTrolltech。フリーソフトウェアを収入源にしているこの会社、いったいどんな会社なのか。(2005/10/20)

OSDL、Linux携帯の作業部会新設
Linux推進団体のOSDLは携帯端末プラットフォームに的を絞った作業部会MLIを新設した。MontaVista Software、Motorola、PalmSourceなどが参加している。(2005/10/18)

KDE 4で劇的に変わるデスクトップ
現在KDEの開発者たちは今、世界でもっとも普及しているフリーデスクトップの表示や動作を劇的に変化させるプロジェクトに取り組んでいる。具体的な部分について見てみよう。(2005/10/3)

フリーソフトでお金を稼ぐには
オープンソースソフトから利益を出すことは可能だ。それには優れたビジネスモデルが必要になる。(2005/7/15)

SCO、2〜4月期は196万ドルの赤字
SCOの2〜4月期決算は、売上高は前年同期下回ったが赤字幅は前年同期より縮小した。(2005/6/2)

UNIX USER1月号「デスクトップで動かす・学ぶQt/Embedded」より転載:
Qt2系列とQt3系列――第1回 フレームバッファでQtアプリ(その2)
Qt/Embeddedを使って、Linuxデスクトップマシンで組み込みのGUIプログラミングを体験する本連載。今回は、Qt2とQt3を選択するうえでの要点と注意事項について、また、Qt/X11のインストールまでを解説する。(2004/12/17)

UNIX USER1月号「デスクトップで動かす・学ぶQt/Embedded」より転載:
Qtとは――第1回 フレームバッファでQtアプリ(その1)
組み込みでのGUIアプリケーションは、ウィンドウシステムがない環境で動き、組み込みボードやタッチパネルなどの小型表示装置が用いられることが多いため、これまでは興味があっても簡単に手が出せませんでした。しかし最近は、Linux環境でフレームバッファが利用できるようになり、デスクトップマシンで組み込みGUIを体験できるようになっています。本連載では、Qt/Embeddedを使って、Linuxデスクトップマシンで組み込みのGUIプログラミングを体験します。(2004/12/15)

Open Source Way 2004レポート:
ベンチャーキャピタリストとオープンソースは手を取り合えるか?
Open Source Way 2004のセッションではサンブリッジ代表取締役社長のアレン・マイナー氏が登場。ベンチャーキャピタリストがOSSをどのように見ているかについて興味深い講演が行われた。(2004/12/1)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。