• 関連の記事

「Uber」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Uber」に関する情報が集まったページです。

Sペン以上に“スペック推し”が目立ったGalaxy Note9発表会 次の新機軸は?
Samsungが「Galaxy Note9」の発表会を米ニューヨークで開催。SペンがBluetooth内蔵で進化したが、発表会ではスペック向上をより強調していた。Note8の欠点を補い、Galaxy S9/S9+の新機能を取り入れたファインチューニングの色合いが濃い。(2018/8/10)

ビッグデータも「質」の時代へ AI学習データ提供する翻訳ベンチャーの勝算
AI学習データの提供サービスを始めたベンチャー企業のGengo。AI時代に向け、質の高いデータをいかに集められるかが重要になってくるという。(2018/8/3)

Uber、買収したOttoの自動運転トラック事業を終了へ
Uberが2016年に買収したOttoの自動運転トラック事業を終了する。自動運転車のプロジェクトを継続し、トラック関連のリソースはこちらに集中する。同社は8月にも公道テストを再開する計画だ。(2018/7/31)

スマートアグリ:
枝豆の売価が3倍になるピンポイント農薬散布技術、オプティムが農家に無償提供
オプティムが東京都内で「スマート農業アライアンス」の成果発表会を開催。減農薬による付加価値で枝豆の売価が3倍になった「ピンポイント農薬散布テクノロジー」を無償提供することで、農家にとってリスクのないスマート農業の普及に乗り出すことを明らかにした。(2018/7/30)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
信頼して目的地までの運転を任せるということ
遠回りされるんじゃないか、この運転手はヤバいやつなんじゃないか、と思っていると運転は任せられません。(2018/7/25)

ビジネスプロセスを変えるスマート製造テクノロジー
AIやARで実現 エンジンの部品交換が人手を介さず自動的に完了する未来
思い描いた未来が現実になる。AIの使用可能性とスマート製造テクノロジーによって、現在のビジネスシステムに変革が起きている。製造業では間もなく自律型のサプライチェーンが登場するだろう。(2018/7/24)

UberとLyftのドライバー、乗客に無断でTwitchで車内をライブ配信→解雇
UberとLyftの両方でドライバーとして働いていたミズーリ州セントルイス在住の30代の男性が、乗客に無断で車内の様子をTwitchでライブ配信していた。UberとLyftは当初、ミズーリ州ではこれは合法としていたが、後にこの男性を解雇、Twitchはチャンネルを閉鎖した。(2018/7/23)

基礎から分かるAPI管理【第3回】
API公開で必要なタスクは? 開発者/提供者視点で解説
自社サービスの市場価値向上を目的にAPI開発およびAPI公開をする際、どのようなタスクが必要なのか、API提供者の観点で解説する。(2018/7/23)

Uber、車内販売サービスのCargoと提携 ドライバーの収益アップ狙い
Uberがライドシェア向け車内販売サービスのCargoと提携した。ドライバーは支援センターで無料の商品ボックスを受け取って車内に置き、乗客への売り上げの一部を自分の収益にできる。(2018/7/20)

MathWorks Automotive Conference 2018:
タケコプターのような“制約のない自由な移動”を目指す空飛ぶクルマ「SkyDrive」
「MathWorks Automotive Conference 2018」の基調講演に登壇したCARTIVATORは、「日本発の空飛ぶクルマ“SkyDrive”の開発」をテーマに講演を行い、有志団体として活動するCARTIVATORの取り組み、空飛ぶクルマ「SkyDrive」の実現に向けたビジョン、最新の開発状況などを紹介。併せて同プロジェクトで、モデルベース開発(MBD)やシミュレーションのアプローチがどのように生かされているのか、その有効性を語った。(2018/7/20)

ソフトバンク孫社長が「AIのトップ企業」買いあさるワケ
「AI(人工知能)がありとあらゆる産業を再定義する」――ソフトバンクグループの孫正義社長が「Softbank World 2018」で、繰り返し強調した。同社は各業界でAIを活用するトップカンパニーを囲い込んでいる。(2018/7/19)

BMW、「ReachNow Ride」で配車サービス参入
BMW Groupのカーシェア企業ReachNowが、配車サービスに参入した。シアトルで、プロのドライバーが運転するBMW X1あるいはBMW 3シリーズを利用できる。(2018/7/18)

APIエコノミーの拡大へ
楽天が日本向けAPIマーケットプレース「Rakuten RapidAPI」を提供開始
楽天はR Softwareとパートナー契約と締結し、APIマーケットプレースの「Rakuten RapidAPI」を提供開始した。APIの公開と利用を簡単にして、新サービス開発を加速させる。(2018/7/18)

開発中の「空飛ぶクルマ」まとめ Uber、ロールスロイス……参入相次ぐ
米Uber Technologiesや英Rolls Royceなどが、空飛ぶクルマを開発している。渋滞の緩和や、移動時間の短縮が期待できそうな各社の取り組みを紹介しよう。(2018/7/17)

Uber、ピックアップを確実にするための「Spotlight」や予約に遅れたら次回10%オフ機能を追加
Uberが、ドライバーが乗客を見つけやすくするための新機能や、予約時間に遅れた場合に次回の料金を10%オフにする機能を追加した。(2018/7/17)

Uber Eats、京都市と神戸市でもサービス開始
フードデリバリーサービス「Uber Eats」が7月25日から京都市の一部地域で、7月31日から神戸市の一部地域で利用可能になる。(2018/7/17)

UberやAlphabet、電動スクーターシェアリングのLimeに出資、UberアプリでLime利用可能に
ライムカラーの自転車や電動スクーターのシェアリングサービスで世界に進出中の米Limeが、3億ドル以上の増資を発表した。Uberが出資だけでなく、戦略的パートナーとして協力していく。UberアプリでLimeの電動スクーターを利用可能にする計画だ。(2018/7/10)

IHS Future Mobility Insight(5):
都市国家シンガポールに見る、EVとカーシェアリングの可能性
自動車保有を大幅に制限している都市国家・シンガポールでも導入されつつあるEVやカーシェアリング。そのシンガポールを例に、EVやカーシェアリングの可能性を考察する。(2018/7/5)

ITりてらしぃのすゝめ:
海外でスマホを安く使う方法 「ローミングは高い」は本当?
間もなく夏季休暇のシーズンだ。海外旅行にいく計画をしている人向けに、海外で手軽にデータ通信をする方法を紹介したい。(2018/7/4)

配車サービスのLyft、Uberに続いてシェアサイクル市場に参入 Motivate買収で
米配車サービスのLyftが、北米でシェアサイクルサービスを展開しているMotivateを買収する。4月にはUberも電動自転車シェアのJUMP Bikeを買収している。(2018/7/3)

100社に上るパートナー:
“自動運転版Android”を作る、BaiduのApollo計画
2017年4月19日にApollo計画を正式に発表したBaidu。同社は、「Apolloは、完全にオープンな自動運転エコシステムである。自動車業界のパートナー企業や自動運転をサポートし、自動車向けソフトウェアおよびハードウェアシステムを組み合わせて、完全な自動運転車システムを迅速に構築することができる」と述べている。Apolloのパートナー数は既に100社に上っている。(2018/6/28)

CIOの悩みは解消されるか
人工知能(AI)と機械学習データの課題、予測不能な世界を予測するには?
企業が膨大なデータや先進技術を活用するには、予測がつかない将来に対応するという難題が立ちはだかる。MITメディアラボ准教授のイヤッド・ラーワン氏はそう指摘する。(2018/6/27)

「意外と人間臭い」新型「クラウン」は、トヨタの“始まりの一手”だ
トヨタの新型クラウンとカローラ スポーツは、通信機「DCM」を標準搭載するコネクテッドカー。豊田章男社長は「自動車を作る会社からモビリティーカンパニーにモデルチェンジする」と意気込む。新型車からは、トヨタが目指す未来のモビリティーの姿が浮かび上がる。(2018/6/26)

専門家が勧める解決策は?
アクセンチュアも悩んだデジタルトランスフォーメーション「6つの障壁」
デジタルトランスフォーメーションを実現しようとしても、なかなかうまくいかない――同じような悩みを抱える企業が共通して挙げる障壁は何だろうか。さまざまな調査から見えてきた6つの障壁と解決策を紹介する。(2018/6/26)

「完全に回避できた」:
Uber自動運転死亡事故、運転席の監督者が走行中に動画視聴=警察
Uberの自動運転車が3月に起こした死亡事故で、運転席に座っていた安全監督者は事故が起きた時間帯まで携帯でテレビ番組を視聴していたことが分かった。(2018/6/25)

トヨタ Grab:
トヨタが東南アジアの配車サービス大手Grabに1100憶円出資、役員も派遣
トヨタ自動車が東南アジアの配車サービス大手Grabに10憶ドル(約1100憶円)を出資。意思決定を迅速化するため取締役と執行役員を派遣する。(2018/6/25)

こりゃやばい! 三和交通のぶっとび特別車「SPタクシー」「忍者タクシー」に爆乗してイイキモチになってみた
1年分笑ってきました──。でも、おふざけだけじゃない。そこにある「真の目的」とは?(2018/6/16)

「白タク」規制から活路……Uber、淡路島で配車サービス、地域の新しい足に
淡路島で今夏から、Uberのアプリを利用し、タクシーの配車依頼から支払いまでを行う国内初の実証実験が始まる。「白タク」規制やタクシー業界の反発で日本市場を攻めあぐね、地方の潜在需要を探っていた同社と、交通インフラが不十分だった淡路島側の思惑が一致した。(2018/6/14)

モビリティサービス:
トヨタが東南アジアの配車サービス大手Grabに1100憶円出資、役員も派遣
トヨタ自動車は、東南アジアの配車サービス大手Grabに10憶ドル(約1100憶円)を出資する。また、意思決定を迅速化するため、トヨタ自動車からGrabに取締役と執行役員を派遣する。2017年8月からスタートした業務提携を深化させるとともに、協業の成果を東南アジア全域に展開していく。(2018/6/14)

トヨタ、東南アジアの配車サービス大手「Grab」に1100億円出資
トヨタ自動車が、東南アジアの配車サービス大手Grab Holdingsに10億ドル(約1100億円)を出資する。東南アジアから撤退したUberが事業を譲渡したGrabは、同地域で最大のシェアを持つ。(2018/6/13)

NEWS
デジタルビジネスに必要な5つの観点とは ガートナー幹部が提言
Gartnerのリサーチ部門最高責任者であるピーター・ソンダーガード氏が世界のデジタルビジネスの動向について語った。デジタルビジネスの推進に必要な5つの観点と、これからの展望とは。(2018/6/13)

基礎から分かるAPI管理【第2回】
APIとは何か? Web APIとの違い、利用者のタスクを解説
APIを利用するアプリケーション開発者の観点で、APIやWeb APIとは何か、実際にAPIを利用する場合にどのようなタスクが必要なのかについて解説する。(2018/6/13)

モバイル決済の裏側を聞く:
なぜNFC決済を導入? マクドナルドがモバイル戦略で目指すもの
読者の皆さんで、これまでマクドナルドを利用したことがないという人は少ないのではないか。そんなマクドナルドが、Type-A/B方式のNFCを活用した決済サービスを導入した。その狙いは? マクドナルドのモバイル戦略を聞いた。(2018/6/12)

和田憲一郎の電動化新時代!(28):
MaaSを深掘り、新しい街づくりを起点にモビリティと都市交通の在り方を考える
前回に引き続きMaaS第2弾となる本連載。公共交通機関やレンタカー、タクシー、レンタサイクルなどを組み合わせて、人の移動をシームレスに行うサービス、「MaaS(Mobility as a Service)」という言葉が日本でも話題となっている。では、MaaSが普及すると、モビリティと街づくりの関係はどう変わるのであろうか。今回は先進的な検討を進めている関係者に話を聞いた。(2018/6/8)

久納と鉾木の「Think Big IT!」〜大きく考えよう〜(11):
日本ハムファイターズの本拠地移転、本当の狙いとは?〜野球場とERPの意外な共通点〜
前回はサービスマネジメント=運用ではない! 新しいサービス、素晴らしい体験、新たな価値を創造する取り組みもサービスマネジメントそのものである! と述べた。今回は野球場を題材に、ビジネス革新へのサービスマネジメントの適用を一緒に考えてみたい。(2018/6/8)

IHS Future Mobility Insight(4):
モビリティサービスが自動車市場に与えるインパクトはプラスかマイナスか
世界各国で普及が進むモビリティサービスだが、自動車市場にどのような影響を与えるのだろうか。中国と米国、欧州、そしてインドでどのような変化が起こるかを予想する。(2018/6/5)

「シャーロック」演じるカンバーバッチ、リアルで暴漢を退治
ベーカー街のすぐそばで「シャーロック」が暴漢を取り押さえた。リアル「1人きりの自転車乗り」事件である。(2018/6/3)

久納と鉾木の「Think Big IT!」〜大きく考えよう〜(10):
サービスマネジメントとは、システムのお守りや定型作業のことではない
当連載では、IT、サービス、ビジネス、そしてサービスマネジメントについて論じてきた。いったんここで、前後編の2回に分けてサービスマネジメントの全体像を見つめ直したい。前編の今回は、身の回りのサービスマネジメントからビジネス貢献への発展について考えてみたい。(2018/5/25)

Uberが淡路島でタクシー配車の実証実験、2018年夏開始
地元のタクシー会社が参加する検証は今回が初。(2018/5/23)

Uber、淡路島で地元タクシーの配車可能に 今夏から実証実験
米Uber Technologiesが、兵庫県淡路島で、地元のタクシーを同社の配車アプリで呼べる実証実験を行う。(2018/5/23)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
純利益2.5兆円のトヨタが持つ危機感
トヨタの17年度決算は、売上高、営業利益、営業利益率、当期純利益の全ての指標で前年比プラスであり、車両販売台数もグループ全体でプラスと見事な数字に見える。しかしながら、それは前年決算の数字が悪かったことに起因するのだ。(2018/5/21)

製造業のIoTスペシャリストを目指そう(10):
製造業における「バリューチェーン」の変革とは何か
製造業におけるIoTの導入は新たな価値の発見につながりますが、その際にはバリューチェーン(価値連鎖)を意識した分析や活動が求められます。IoTにおけるバリューチェーンとは何か、考えてみましょう。(2018/5/21)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
UberJapan黒字化も、届かない本来のポテンシャル
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2018/5/18)

本気で考える広告運用の自動化:
広告運用の自動化、現場が消耗しているのになぜ進まない?
広告運用の自動化が注目を集めている。生産性向上や働き方改革の観点から期待も大きいが、その効果を不安視する声もまだまだ大きい。現在の論点とこれからの方向性を専門家が解説する。(2018/5/17)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
Uber車の死亡事故、センサーは機能していたのか?――電子版2018年5月号
EE Times Japan、EDN Japanの人気記事、注目記事をピックアップし、雑誌形式でお届けする「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」を2016年5月以来、2年ぶりに発行致しました。(2018/5/16)

企業動向を振り返る 2018年4月版:
AI時代の到来は「Armの一強」を揺るがすか
Armといえば組み込みシステムにおける「一強」とも呼べる存在ですが、モバイル機器や産業機器などにおけるAI実行が一般化する時代において、その地位は揺らぐのかもしれません。(2018/5/16)

久納と鉾木の「Think Big IT!」〜大きく考えよう〜(9):
Suicaに学ぶ、「働き方改革」でかえって負担が増える理由〜“誤った自動化”は高確率で失敗する〜
今回は働き方改革について考えてみる。政府肝煎りの働き方改革、これは掛け声だけの精神論や、自動化システムを導入するだけで実現されるものではない。実はこの推進には、Suica導入までの歴史がとても参考になるので、これを一緒に探ってみたい。(2018/5/11)

最終は減益も孫社長は自信:
ソフトバンクの営業増益に貢献 設立1年「10兆円ファンド」の現在
ソフトバンクグループの2018年3月期の連結決算は営業増益・最終減益だった。営業増益には10兆円規模の投資ファンド「SoftBank Vision Fund」が大きく貢献した。会見で孫正義社長が、同ファンドの現状と今後の展望を説明した。(2018/5/10)

設計開発ツール:
最大30万カンデラの表示で「外の明るさ」を再現、車載カメラの性能検証に
オクテックは、超高輝度で映像を表示するシステム「HALDiS」を開発し、商品化したと発表した。最大30万cd/m2の輝度で表示するシステムは「世界初」(オクテック)だとしている。(2018/5/9)

自動車技術:
自動車の進化とともに100年に一度の変革期を乗り越える
自動車業界における100年に一度の変革期とは何か、電動化の時代に向けた備えとは。国内外の自動車産業を取材・分析してきた自動車調査会社 フォーインの久保鉄男社長に話を聞いた。(2018/5/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。