• 関連の記事

「Uber」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Uber」に関する情報が集まったページです。

IHS Future Mobility Insight(8):
電気自動車の普及シナリオをモビリティサービスの観点から読み解く
各国政府の規制強化によりEV(電気自動車)の普及が進むことが予測されている。しかし、規制だけがEVを普及させる要因にはならない。急速に浸透しつつある配車サービス(ライドへイリング)を中核としたモビリティサービスこそが、EV普及を加速させる主役になる可能性が高い。(2018/10/15)

ベトナムで“旅行初心者”が配車アプリ「Grab」を使ってみた 苦戦したポイントは
東南アジアで好調の配車サービス「Grab」。海外旅行の経験が少ない筆者が、ベトナム・ダナンで使ってみた。(2018/10/11)

「20年前、孫社長の誘いを断った」 豊田社長が語る、トヨタがソフトバンクと手を組んだ理由
トヨタとソフトバンクの共同出資による新会社の発表会で、トヨタの豊田社長がソフトバンクグループの孫社長との出会いと、提携に至った理由を話した。(2018/10/5)

Uber、米中間選挙の投票所に1ボタンで送り届ける11月6日限定サービス
Uberが、11月6日の米中間選挙当日に、投票所を確認しなくても1ボタンで投票所までの車を手配できるサービスを提供すると発表した。一部のユーザーには非営利団体との協力により、無料で投票所まで送る。(2018/10/5)

複数のAlexaスキル連携させる「Skill Connections」 開発者向けプレビュー提供
米Amazon.comが、異なるAlexaスキル同士を連携させる「Skill Connections」のプレビュー版を提供。日本でも利用希望者を募っている。(2018/10/5)

GoogleアシスタントでUberやLyftの配車が可能に(価格比較も可能)
Googleアシスタントに「サンフランシスコ国際空港までの配車をお願い」などと頼むと、複数のサービスの候補車をリストアップし、そこで選べる機能がまずは米国でスタートした。(2018/10/5)

モビリティサービス:
トヨタが進めるコネクテッドカー“3本の矢”、ソフトバンクとの新会社も矢の1つ
ソフトバンクとトヨタ自動車は2018年10月4日、東京都内で会見を開き、モビリティサービスの基盤を開発、提供する新会社「MONET Technologies」を設立すると発表した。新会社の代表取締役社長兼CEOにはソフトバンク 代表取締役 副社長執行役員兼CTOの宮川潤一氏が就く。出資比率はソフトバンクが50.25%、トヨタ自動車が49.75%となる。資本金は20億円で、将来的に100億円まで増資する。(2018/10/5)

自動車を“所有しない”時代に向けた布石――ソフトバンクとトヨタが合弁会社「MONET(モネ)」設立 「オンデマンドモビリティ」から事業を開始
ソフトバンクとトヨタ自動車が、新時代のモビリティサービス(移動サービス)の構築を目指す合弁会社を設立。「地域連携型オンデマンド交通」や「企業向けシャトルサービス」といったオンデマンドモビリティサービスを提供しつつ、将来的にはトヨタ自動車が構想しているAutono-MaaS(自動運転車によるモビリティサービス)の実現を目指す。(2018/10/4)

孫正義「ライドシェア=配車アプリ、は見当違いで過小評価」 なぜソフトバンクはモビリティーに着目したか
孫正義社長がソフトバンクグループのモビリティー戦略について話した。海外ライドシェア大手4社に出資する意味とは?(2018/10/4)

半年前から若手主体で協議:
トヨタとソフトバンク、新会社「MONET」設立 目指すは「自動運転×MaaS」の実現
トヨタとソフトバンクが、モビリティーサービスの分野で戦略的提携を締結。共同出資会社「MONET Technologies(モネ テクノロジーズ)」を2018年度内に設立する。当初はライドシェアビジネスを展開する予定。ゆくゆくは、自動運転技術を組み合わせたMaaSビジネスの提供を目指す。(2018/10/4)

ソフトバンク、トヨタと提携 モビリティー事業で新会社
トヨタとソフトバンクが自動運転車を使った配車サービスなど、モビリティーサービスの提供を見据えた新会社を共同出資で設立する。(2018/10/4)

デジタルトランスフォーメーションに不可欠な「3つの視点」:
ITmedia エンタープライズ、トップページをリニューアル
テクノロジーを前提に、ビジネス価値の在り方が見直されている現在、エンタープライズとそこで働く人々は、何を目指し、何を考え、どうアクションを起こしていくべきなのか。ITmedia エンタープライズ編集部は、その一つの解を提供することをお約束いたします。(2018/10/1)

24時間診療を受けることも可能に
拡大するモバイル医療アプリ、病院ではどのように使われているのか
モバイル医療アプリを活用して遠隔診療を提供する流れは定着しつつあり、専門家は今後も拡大し続けると予測する。病院だけでなく、ドラックストアチェーンなどの参入も進んでいる。(2018/9/28)

中国の配車サービス大手「DiDi」が日本進出 大阪でスタート
DiDiモビリティジャパンが、スマホアプリでタクシーを呼べるサービスを大阪で始めた。中国の配車サービス大手、滴滴出行が日本に進出した。(2018/9/27)

輸送コスト増に奇策で対抗:
ネスレ日本が宅配事業に参入 商品を配達するのは一般人!?
ネスレ日本が佐川急便と組んで宅配事業に参入。一般人に宅配の中継になってもらいユーザーに配達したり逆に取りに来てもらう。急増するネット通販の配達コストを削減する。(2018/9/26)

インフィニオン:
CAN FDプロトコルに対応し、最大5Mbpsの高速通信を実現するSBCの新ファミリー
インフィニオンテクノロジーズは、SBC(System Basis Chips)製品の新ファミリーとなる「Lite SBCファミリー」と「Mid-Range+ SBCファミリー」を発表した。(2018/9/26)

IT運用管理のベストプラクティス
「ITIL 4」公開へ 従来のITILとの違いはモジュール化
ITサービスの設計保守に用いるガイダンスの新版「ITIL 4」が公開される。本稿では企業のITサービスマネジメントにおける課題と、この新しいガイダンスの特徴について紹介する。(2018/9/21)

新宿・横浜間「10分」の衝撃 Uber「空飛ぶタクシー」構想、実現への課題は
新宿から横浜に、10分で到着――。ライドシェア(相乗り)サービスで世界の移動のあり方を大きく変えた米配車大手ウーバー・テクノロジーズは、2023年にも“第2の革命”を起こそうと準備をしている。スマートフォンで手続きをして、気軽に主要都市間を飛行する「空飛ぶタクシー」構想だ。課題は多いが、そのインパクトは大きく、実現に向けた取り組みが注目される。(2018/9/18)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
なぜ、京王電鉄は「AIベンチャー」を立ち上げる必要性があったのか?
クラウド導入やシステム内製化など、京王グループのシステム分野に“スピード改革”をもたらしている虻川さん。今はAIベンチャーの社長も務めているが、立ち上げの裏にはレガシービジネスならではの危機感があったという。(2018/9/14)

特選ブックレットガイド:
空飛ぶクルマに必要なキーテクノロジーはそろった!? 「SkyDrive」プロジェクト
「MathWorks Automotive Conference 2018」(主催:MathWorks)に登壇したCARTIVATORの講演「日本発の空飛ぶクルマ“SkyDrive”の開発」の内容を紹介する。(2018/9/13)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
次のクルマは「自動運転」になるのか?
「自動運転車っていつごろ商品化されるんですか?」という質問をよく受ける。これにスカッと答えるのはなかなか難しい。条件分岐がいっぱいあるのだ。今回は自動運転の現実的な話をしよう。(2018/9/10)

モビリティサービス:
Uberが名古屋でタクシーの配車サービスを開始、「今後さらに多くの都市で展開」
Uber Japanは2018年9月5日、名古屋市に本社を構えるフジタクシーグループと協業し、名古屋市でタクシー配車サービスを開始したと発表した。フジタクシーグループの300台以上がUberのアプリによる配車に対応する。(2018/9/10)

特集:日本型デジタルトランスフォーメーション成功への道(1):
日本企業特有の制約がある中で、いかにデジタルトランスフォーメーションに対応するか
デジタルトランスフォーメーションのトレンドが進展し、ビジネスはソフトウェアの戦いに変容している。こうした経営環境に対応するために、最初からテクノロジーに立脚してきたWeb系や新興企業とは異なり、既存業務、既存資産を前提に変化に対応しなければならない従来型企業は、どのような変革のアプローチを採ればよいのだろうか。(2018/9/10)

Uber、名古屋でタクシー配車開始 地元のタクシー事業者と協業
Uberが名古屋市でタクシー配車サービスの提供を始める。フジタクシーグループと協業し、アプリ経由で300台以上のタクシーを呼べるようにする。(2018/9/6)

シリコンバレー式「時短育児術」:
カーシェアなら子連れ旅行も楽ちん 1分単位で借りて乗り捨て可能な「ReachNow」
子育てに関する負担をITで解消する「Baby Tech」。シリコンバレー在住の女性筆者が、“母目線”でぐっときたテクノロジーを紹介する連載をお届け。今回は子連れ旅行に便利なカーシェアリングサービスについて。(2018/9/4)

財務部門はもっと評価されるべきだ:
PR:鍵は「フロントERP」 すぐにでも実現可能な仕組みとは
同じ企業の「カネ」を扱う部門で経理と財務の扱いが違うのはなぜか。財務がもっと“輝く”ことで企業の成長が促進されるという。その理由を聞いた。(2018/9/3)

車両デザイン:
夢膨らむ「空飛ぶクルマ」、MRJも苦労した耐空証明が事業化のハードルに
経済産業省 製造産業局と国土交通省 航空局は2018年8月29日、東京都内で「第1回 空の移動革命に向けた官民協議会」を開催した。(2018/8/31)

基礎から分かるAPI管理【第4回】
複数のAPIサービス運営に必要な機能とは APIマネジメント製品を解説
複数のAPIサービスを提供する際、どのような管理機能が必要になるのか、主要なAPIマネジメント製品の機能と製品を解説する。(2018/9/6)

配車アプリ「全国タクシー」、名称を「JapanTaxi」に 社名と統一、訪日客狙う
JapanTaxiが、タクシー配車アプリ「全国タクシー」の名称を「JapanTaxi」に変更する。(2018/8/30)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
油まみれの鉄工所がなぜ、ディズニー、NASAから認められたのか?
毎日同じ製品を大量生産していた町工場は、「24時間無人加工の夢工場」へと変身。油まみれで働く社員は、一人もいない。(2018/8/30)

今日のリサーチ:
フリマは10代、オークションは40代 シェアリングエコノミーサービス利用状況――MMDLabo調査
MMDLaboは、「シェアリングエコノミーサービスに関する調査」を実施しました。その結果、年代ごとに利用率の高いサービスが異なることが分かりました。(2018/8/30)

モビリティサービス:
トヨタがUberに555億円出資、両社のシステムを載せて自動運転車の安全性向上
トヨタ自動車は2018年8月28日、ライドシェアサービス大手のUber technologiesに5億米ドル(約555億円)を出資すると発表した。高度安全運転支援システム「ガーディアン」を搭載したトヨタ自動車のミニバン「シエナ」に、Uberの自動運転キットを組み合わせて自動運転のモビリティサービス専用車両を開発し、2021年に市場導入する。(2018/8/29)

専用車両を21年導入:
トヨタがUberに5億ドル出資、自動運転で連携 商業拡大視野
トヨタが米配車サービス大手Uberに5億ドル(約550億円)を出資すると発表。(2018/8/28)

トヨタ、Uberと自動運転技術で提携強化 5億ドル出資と正式発表【UPDATE】
トヨタ自動車がUberに5億ドル出資すると発表した。Uberはトヨタとの提携強化で自動運転システムをトヨタのミニバン「Sienna」に提供する。(2018/8/28)

TechFactory 人気記事TOP10【2018年7月版】:
工場の“全体最適化”を追求する日立製作所 大みか事業所
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10。今回は、2000年代前半から工場の見える化に取り組み、スマート工場の実現に深い知見と経験を持つ日立製作所 大みか事業所の取材記事が第1位に! その他、日本発の空飛ぶクルマ「SkyDrive」の講演レポートや、AI搭載ロボットを活用した次世代型物流倉庫の取り組みを紹介した記事に注目が集まりました。(2018/8/27)

「5G」だけでは不十分
スマートカーのデータ通信を失敗させない3つの方法
インターネットに接続する「スマートカー」のメリットを引き出すには、車両が生み出す大量のデータを素早く、かつ確実に送受信する必要がある。「5G」はその有効な手段の一つだが、それだけでは不十分だ。(2018/8/24)

PR:マクドナルドをデリバリーしてくれる「Uber Eats」が人をダメにするシステムすぎた
8月24日から30日までは限定グッズがもらえるキャンペーンも。(2018/8/23)

「破壊的イノベーターに反撃」──Armが買収した日本人経営の米トレジャーデータ、IoT分析基盤の拡大狙う
米Treasure Dataを買収したことで実現した英Armの新しいIoTデータ管理プラットフォームの提供が日本で始まった。買収発表後、初めて公の場に姿を現したTreasure Dataの芳川社長は、IT企業大手が長年かけて構築してきた自社基盤に近しいものを提供できると自信を見せる。(2018/8/22)

仮想事例で学ぶ
「ビジネスメール詐欺」(BEC)の被害はこうして生まれる
「ビジネスメール詐欺」(BEC)の被害が国内外に広がっている。その背景には、攻撃を成功させるための巧妙な仕掛けがあった。具体的な攻撃手法と、その対策を解説する。(2018/8/21)

ワークライフバランス重視で議論
iPhoneも機能搭載へ、企業は働き過ぎ防止で社員のスマホ利用状況を監視すべき?
今日の従業員の多くは、iPhoneなどのスマートフォンを使って仕事関連の電子メールなどのコミュニケーションを就業時間後も行うようになっている。企業は、その利用状況のモニタリングをすべきだろうか。(2018/8/20)

Sペン以上に“スペック推し”が目立ったGalaxy Note9発表会 次の新機軸は?
Samsungが「Galaxy Note9」の発表会を米ニューヨークで開催。SペンがBluetooth内蔵で進化したが、発表会ではスペック向上をより強調していた。Note8の欠点を補い、Galaxy S9/S9+の新機能を取り入れたファインチューニングの色合いが濃い。(2018/8/10)

ビッグデータも「質」の時代へ AI学習データ提供する翻訳ベンチャーの勝算
AI学習データの提供サービスを始めたベンチャー企業のGengo。AI時代に向け、質の高いデータをいかに集められるかが重要になってくるという。(2018/8/3)

Uber、買収したOttoの自動運転トラック事業を終了へ
Uberが2016年に買収したOttoの自動運転トラック事業を終了する。自動運転車のプロジェクトを継続し、トラック関連のリソースはこちらに集中する。同社は8月にも公道テストを再開する計画だ。(2018/7/31)

スマートアグリ:
枝豆の売価が3倍になるピンポイント農薬散布技術、オプティムが農家に無償提供
オプティムが東京都内で「スマート農業アライアンス」の成果発表会を開催。減農薬による付加価値で枝豆の売価が3倍になった「ピンポイント農薬散布テクノロジー」を無償提供することで、農家にとってリスクのないスマート農業の普及に乗り出すことを明らかにした。(2018/7/30)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
信頼して目的地までの運転を任せるということ
遠回りされるんじゃないか、この運転手はヤバいやつなんじゃないか、と思っていると運転は任せられません。(2018/7/25)

ビジネスプロセスを変えるスマート製造テクノロジー
AIやARで実現 エンジンの部品交換が人手を介さず自動的に完了する未来
思い描いた未来が現実になる。AIの使用可能性とスマート製造テクノロジーによって、現在のビジネスシステムに変革が起きている。製造業では間もなく自律型のサプライチェーンが登場するだろう。(2018/7/24)

UberとLyftのドライバー、乗客に無断でTwitchで車内をライブ配信→解雇
UberとLyftの両方でドライバーとして働いていたミズーリ州セントルイス在住の30代の男性が、乗客に無断で車内の様子をTwitchでライブ配信していた。UberとLyftは当初、ミズーリ州ではこれは合法としていたが、後にこの男性を解雇、Twitchはチャンネルを閉鎖した。(2018/7/23)

基礎から分かるAPI管理【第3回】
API公開で必要なタスクは? 開発者/提供者視点で解説
自社サービスの市場価値向上を目的にAPI開発およびAPI公開をする際、どのようなタスクが必要なのか、API提供者の観点で解説する。(2018/7/23)

Uber、車内販売サービスのCargoと提携 ドライバーの収益アップ狙い
Uberがライドシェア向け車内販売サービスのCargoと提携した。ドライバーは支援センターで無料の商品ボックスを受け取って車内に置き、乗客への売り上げの一部を自分の収益にできる。(2018/7/20)

MathWorks Automotive Conference 2018:
タケコプターのような“制約のない自由な移動”を目指す空飛ぶクルマ「SkyDrive」
「MathWorks Automotive Conference 2018」の基調講演に登壇したCARTIVATORは、「日本発の空飛ぶクルマ“SkyDrive”の開発」をテーマに講演を行い、有志団体として活動するCARTIVATORの取り組み、空飛ぶクルマ「SkyDrive」の実現に向けたビジョン、最新の開発状況などを紹介。併せて同プロジェクトで、モデルベース開発(MBD)やシミュレーションのアプローチがどのように生かされているのか、その有効性を語った。(2018/7/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。