「ユーザーインタフェース」最新記事一覧

製造IT導入事例:
化粧品大手が需要予測から在庫補充計画までを管理する計画システム導入
新日鉄住金ソリューションズとJDAソフトウェア・ジャパンは、需要予測から出荷計画、在庫計画、補充計画までを一貫して支援する国内向けPSI計画システムを資生堂が導入したと発表した。(2017/5/26)

連載:簡単! Visual Studio 2017入門:
第4回 Visual Studio 2017のひな型コードを理解する
開発環境が自動生成するWindowsアプリケーションのひな型コード。これをマスターして本格的なVisual Studio開発に乗り出そう。(2017/5/26)

ルネサス 産業向けルネサスマーケットプレイス:
産業機器にLinuxの風、なぜルネサスがLinuxを「推す」のか
マイコン性能が向上し、生産機器の「つながる化」が求められている中、産業機器へのLinux搭載が脚光を浴びている。ルネサスは対応チップ提供のみならず、マケプレの開設で産業機器へのLinux搭載を“推し”ていく。(2017/5/26)

HTC20周年に“最強のスマホ”を投入する 「HTC U11」「LINK」の狙いを児島社長に聞く
HTCの新しいフラグシップスマートフォン「HTC U11」が日本で発売される。デザインを一新し、握って操作できる「エッジ・センス」を提案した。そのU11と接続するVR HMD「LINK」も含め、新製品の狙いをHTC NIPPON児島全克社長に聞いた。(2017/5/25)

Androidの設計問題突く攻撃手法「Cloak & Dagger」、米研究者が論文公開
この攻撃では、Androidのパーミッションを悪用し、ユーザーに気づかれないまま端末を制御できてしまうという。(2017/5/25)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
モバイルは諦めモード? 1年で変わったWindows 10のモダンアプリ戦略
「Desktop Bridge」を使って既存のデスクトップアプリケーションから変換された「UWP」アプリがWindowsストアに登場しているが、この変換ツールの目的は当初から変わっている。(2017/5/25)

【連載】小川 卓の高速PDCA“超”入門 第4回:
「AbemaTV」に学ぶ、前例のない取り組みにおけるKPI設定の考え方
より原点に近いところからPDCAの考え方を深める本連載。今回は、Webサイト改善の実例について「AbemaTV」を運営するサイバーエージェントの須磨守一氏に対談形式でお話を聞きます。(2017/5/25)

共働きの親と子供のコミュニケーションをサポートする「petoco」――ドコモとベンチャー企業が共同開発
(2017/5/24)

マストドンつまみ食い日記:
「超便利な検索タブ」「オイゲンさんがナウマン発見」「マストドン会議、西へ」
今日のつまみ食い日記は、マストドンクライアント2本立て+マストドン会議4の情報。(2017/5/23)

プログレッシブWebアプリ、WebVR、Payment Request API、Chakraなど:
Build 2017の「Webサービス開発者向けセッション」で紹介された、Web技術とEdgeの現在と近未来
マイクロソフトの開発者向けイベント「Build 2017」で行われたWebサービス開発者向けのセッションから、近日登場する新機能、注目される開発中のサービスを抜粋して紹介する。(2017/5/23)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(83):
信じてはいけない? Windows 7/8.1の更新ファイルのダウンロードサイズ
Windows 7/8.1やWindows Serverに対する毎月の更新プログラムの提供方法は、2016年10月から大きく変わりました。その影響により、Windows Updateの実行中に示されるダウンロード合計サイズと実際のサイズにズレが生じ、今後もそのズレ幅は拡大していくことになります。(2017/5/23)

「訴えてやる!」を未然に防ぐ:
明瞭な「提案依頼書(RFP)」の書き方
システム開発に先立ってユーザーがベンダーに提出する「提案依頼書(RFP)」。ここであいまいな表現やヌケがあると、後々トラブルになることもあります。連載「エンジニアのためのビジネス文書作成術」、第3回目は「RFP」の書き方と、Wordの「スタイル」を活用して「RFP」を見やすくするコツを伝授します。(2017/5/22)

音声アシスタント「Bixby」の能力は未知数
徹底レビュー:「Galaxy S8」、“ほぼベゼルレス”な縦長ディスプレイのインパクト
Samsung Electronicsの「Galaxy S8」は最高クラスのパフォーマンスを備えている。安価ではないが、金額に見合う価値のある製品であることは間違いないだろう。(2017/5/20)

特集: Build 2017:
マイクロソフトが考えるコンピューティングの未来とは
2017年5月に開催されたマイクロソフトの開発者向けイベント「Build 2017」で、コンピューティングの将来像をどのように提示したかを考察していこう。(2017/5/19)

Computer Weekly製品導入ガイド
変化するモバイルアプリ開発
組織がモバイルアプリの革新に追い付くために必要なアジャイルは、どうすれば実現できるのか。(2017/5/19)

FacebookがビジネスSNSに本腰 「Workplace」日本展開の狙い
昨年10月に発表したビジネスSNS「Workplace by Facebook」を日本で正式提供。企業の業務効率を上げ、働き方改革を推進する狙い。(2017/5/18)

OneDriveが、macOS「Finder」からの直接操作にも対応:
SharePoint Virtual Summit 2017で発表された「SharePoint」「OneDrive」の新機能まとめ
マイクロソフトがSharePoint Virtual Summit 2017で、企業向け「SharePoint」「OneDrive」の新機能を多数発表。まとめて紹介する。(2017/5/18)

Twitterとの協業を拡大、デジタル広告効果を計測:
ニールセン、Twitter対応の「デジタル広告視聴率」サービスを日本でも開始
ニールセン デジタルがTwitter対応のモバイル広告視聴率測定サービスを開始。テレビの視聴率計測と同様に、Twitter上の広告が意図したユーザーにどれだけ効果的に到達したかを計る。(2017/5/18)

「ビジネスパートナーに」:
Facebook、企業向けSNS「Workplace」国内導入
Facebookが企業向けSNS「Workplace by Facebook」を日本市場に導入。社内の情報共有やコミュニケーションを促進する。国内では既にコロプラやビズリーチなどが導入し、社内交流が活発に。(2017/5/18)

毎日のように来る「重要度“緊急”な脆弱性」は人ごとじゃない:
PR:脆弱性にはパッチ適用――分かっちゃいるけどうまくいかない時代の「脆弱性対策」を考える
今、単なる資産管理だけではなく、パッチマネジメントや脆弱性管理など、ITセキュリティを含めた管理に対するニーズが高まっている。脆弱性をタイムリーに把握し、公開された脆弱性が自社にとってどの程度のリスクを持つのか、アップデート対応しなければならない端末がどこにどれだけ存在し、パッチ適用のスケジュールを展開できるか――本稿では、このような脆弱性対策が可能になるソリューションを紹介しよう。(2017/5/18)

Facebookの企業向けSNS「Workplace」で社内コミュニケーションを活発化――働き方はどのように変わる?
Facebookが、これまでクローズドな環境で提供していたエンタープライズ向けの新サービス「Workplace by Facebook」を正式に発表した。その狙いとは!?(2017/5/17)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows 10 S」「Surface Laptop」に対する期待と不安
日本での発表も期待される「Windows 10 S」と「Surface Laptop」。今回は戦略的な意義と今後の可能性から、これらを考えてみる。(2017/5/17)

超速解説:
「RTOSとは何か」を理解できる7つの特徴
組み込み機器をどう動かすかを考える際、選択肢として浮上するのが「RTOS(Real Time Operating System)」である。このRTOSとは何であり、なぜ必要か、どのような特長を持つのか、組み込み向けLinuxとはどう違うのか、解説する。(2017/5/17)

いまさら聞けないHILS入門(9):
HILSを使ってECUをテストする(その1)
車載システムの開発に不可欠なものとなっているHILSについて解説する本連載。今回から、HILSを用いてどのようにECUをテストするかについて説明していきます。まずは手動テストから紹介します。(2017/5/17)

非公式リマスター「Half-Life 2: VR」がSteam Greenlightを通過 近日中に「HL2」所持者向けに無料配布へ
Valve太っ腹!(2017/5/16)

Google、完全車載「Android Auto」でAudiとVolvoと提携
Googleがスマートフォンなしで稼働する「Android Auto」をGoogle I/Oで披露する。AudiとVolvoが次世代モデルから採用する計画だ。(2017/5/16)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10本命アップデート「Fall Creators Update」の気になる中身
毎年恒例となったMicrosoftの開発者会議「Build」。2017年はクラウドとAIへの注力がより鮮明になったが、まずは身近なWindowsの話題から見ていこう。(2017/5/16)

次は音声認識に注目
「Amazon Echo」に何を話しかける? AIが隣にある生活と仕事
人工知能(AI)アプリケーションは多数のビジネスプロセスに貴重な洞察とサポートをもたらす。だが、今日の使用例は氷山の一角にすぎない。(2017/5/16)

Microsoft、Googleの「マテリアルデザイン」のような「Fluent Design System」発表
「Fluent Design System」は、「Windows 10」の9月の「Fall Creators Update」でお目見えする見込みの新しいデザインシステム。Googleの「マテリアルデザイン」のように、UWPアプリ開発者はこのシステムに準拠することになる。(2017/5/12)

Windows 10次期大型アップデート「Fall Creators Update」発表 新デザイン、スマホ連携強化、タイムライン機能など
Windows 10の次期大型アップデートの名前は「Fall Creators Update」。(2017/5/12)

自動運転や物流に使える?:
ライダーで360度 物体を認識、3次元でマッピング
日本コントロールシステムは「第20回 組込みシステム開発技術展(ESEC2017)」で、ジェスチャー認識エンジンとライダー(レーザーレーダー)を組み合わせて、360度の範囲で対象物を認識し、距離を基に3次元でマッピングできるシステムを展示した。(2017/5/12)

Mostly Harmless:
噂の“Surface Phone”はビジネススマホの真打ちとなるか?
Microsoftが“究極のモバイル端末”として2017年に投入すると噂される「Surface Phone」とは、一体どんなデバイスなのか。予測してみよう。(2017/5/15)

アクセル AXIP:
組み込み機器向けソフトウェアIPとミドルウェアを新ブランド展開
グラフィックスLSI「AGシリーズ」などを手掛けるアクセルは、これまで提供してきたソフトウェアIPとミドルウェア製品を「AXIP」ブランドとして展開する。(2017/5/12)

「第2のWELQ」? Yahoo!ニュースの指摘を受け、医療情報サイト「ヘルスケア大学」が釈明
誤りを一部認め、改善の意向を示しています。(2017/5/11)

ボックス型より価格4割安く:
低価格のUSBベースでVNA市場に参入、Tektronix
Tektronixは2017年5月、ベクトルネットワークアナライザー(VNA)の第1弾製品「TTR500シリーズ」を発売し、VNA市場に参入した。低価格、小型で、誰でも使いやすいをコンセプトに、USB経由でPCと接続して使用するUSBベースのVNAとした。(2017/5/10)

ファナック R-30iB Plus/R-30iB Mate Plus:
新しいUIを採用し、処理性能を向上させたロボット制御装置
ファナックは、新型ロボット制御装置「R-30iB Plus」「R-30iB Mate Plus」を発表した。(2017/5/10)

Google“第3のOS”「Fuchsia」にUI「Armadillo」追加
Googleが2016年にGitHubで公開した新OS「Fuchsia」に、Androidに似たカード状のシステムユーザーインタフェース「Armadillo」が追加された。(2017/5/9)

NEC、AIを活用した脅威分析システムを導入、セキュリティ監視サービスを高度化・効率化
NECは、AI(人工知能)技術を活用した「脅威分析システム」を開発し、自社のセキュリティ監視サービスに導入した。アナリストの監視業務を高度化・効率化し、脅威レベルの高いサイバー攻撃を優先的に分析する。(2017/5/9)

脅威の分析、判断、拡大防止を自動化して人材不足を解消:
PR:人工知能をセキュリティオペレーションセンター担当者に――SOCをDockerでパッケージ化したらどうか?
サイバー攻撃が巧妙化および複雑化する現在、企業側の対策も複雑化の一途を辿っている。しかし、導入する製品の種類や数が増えるほど、コストや運用負担は大きくなる。特に課題となるのが、技術的なハードルだ。こうした課題を解決するためには、SOC運用をAI技術・機械学習で自動化する必要がある。(2017/5/8)

Sublime TextやCodaとも比較、Dreamweaverぶっちゃけ座談会:
PR:Web制作の20年史――デザイナーとエンジニアの協業、効率化の課題にツールはどう応えるべきなのか
2017年はアドビの「Dreamweaver」が誕生してから20年という節目の年。1997年ごろの「ホームページ」の流行から始まり、ブラウザ戦争、フルFlashサイト、CMS、JavaScriptフレームワーク、スマホ、レスポンシブWebデザイン、HTML5、CSSプリプロセッサー、Bootstrap、Gitなどを振り返りつつ、デザイナーとエンジニアの協業、効率化の課題にツールはどう応えるべきなのかを語り合う。(2017/5/8)

マストドンつまみ食い日記:
「今のTwitterは息苦しい」 ドワンゴがマストドンに込める期待
「ニコニコ超会議2017」で、friends.nicoの開発者たちがマストドンへの期待を語った。(2017/5/3)

ITはみ出しコラム:
脳にチップを埋め込む時代はもうすぐ? イーロン・マスクが目指すこと
イーロン・マスク氏は未来に生きていますね。(2017/4/30)

マストドンつまみ食い日記:
マストドン会議でつまみ食いしてきた
日本におけるマストドンブームの現時点でのまとめ的なイベントに参加してきた。(2017/4/28)

ExcelライクなノンプログラミングのWebアプリ開発ツール:
グレープシティ、「Forguncy 3」を発表 50以上の新機能
グレープシティが、業務用Webアプリケーション開発ツール「Forguncy」の新バージョンを発表。2017年5月29日に発売する。50以上の新機能を備えた。(2017/4/28)

【連載】良いKPI悪いKPI 第2回:
そのKPIは本当にKPIなのか? 数字に振り回されないための基本的な考え方
そもそもKPIはどのような考え方で設計すべきでしょうか。成果を出すためのツールとして使いこなせるように、まずは基本を押さえておきましょう。(2017/4/28)

Computer Weekly製品ガイド
統合型ワークスペース成功までの道のり
従業員のモバイル化を阻む障壁を取り除くために、CIOは適切なアプリケーションを適切なユーザーに、適切な端末でタイミング良く必要な場所に届けなければならない。(2017/4/28)

イラストをそのまま3Dにする「Live2D」の新作登場 仕組み解説動画で美少女の頭がスライスされ視聴者衝撃
おおこれはすご……うわぁぁっ!?(2017/4/27)

ITライフch:
au対応でパワーアップしたSIMフリースマホ「g07+」 デュアルSIM デュアルスタンバイ時の注意点は?
NTTレゾナントが3月に発売した、“gooのスマホ”の最新版「g07+」。低価格ながらミッドレンジの性能をもつ「g07」にいくつかの改良が施されている。その一つ、DSDSに着目して、実際の使用感を検証します。(2017/4/27)

「アナ雪」続編、2019年11月に公開決定
Disney AnimationのSNSにはおなじみの面々が登場する動画も。(2017/4/26)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
なぜAndroid? 約2万5000円という安さの秘密は? 「VAIO Phone A」インタビュー
「VAIO Phone A」の発売から約1年がたった後に、Android版の「VAIO Phone A」を発売したVAIO。DSDSやVoLTEに対応しながら、約2万5000円という安さを実現。このタイミングでAndroid版を投入する狙いや、安さの秘密を開発陣に聞いた。(2017/4/25)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。