• 関連の記事

「Unity」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Unity」に関する情報が集まったページです。

「フォートナイト」のEpic Games、クロスプラットフォームゲームSDKを無償公開へ
オンラインゲーム「フォートナイト」を手掛けるEpic Gamesが、フォートナイトでも採用するクロスプラットフォーム技術を含むSDKをゲーム開発者に無償で提供する。同社は独自のゲームストアをオープンしたばかりだ。(2018/12/13)

西田宗千佳の「世界を変えるVRビジネス」:
「危険の研修こそVRの出番」 積木製作に聞く「研修用VR」ビジネスの現状
建設現場で起こる高所からの落下や、工作機械への巻き込まれ事故など、危険な体験をVRでシミュレーションする研修用VRコンテンツが注目を集めている。こうしたコンテンツを手掛ける積木製作に話を聞いた。(2018/12/11)

ゲーム制作で12書体が年額4800円で使える インディー&同人ゲーム開発向けのフォントサービス「mojimo-game」登場
ゲームエンジンへの組み込みや宣伝も使用OK。ゲームクリエイターには良心的すぎる……!(2018/12/6)

ジャパンディスプレイ、高解像度表示に対応したVR用HMDを開発 法人向けに12月予約開始
ジャパンディスプレイは、VR用ヘッドマウントディスプレイ「VRM-100」の開発を発表した。(2018/11/28)

使い慣れた環境そのままに:
PR:設計変更をリアルタイムに反映、VRデザインレビューの常識を覆す第4の選択肢
企画や構想設計など、製品開発の初期段階において複数の関係者を交えて行われる「デザインレビュー」が大きく変わろうとしている。VR(仮想現実)技術を活用したデザインレビューだ。実際に試作品を作ることなく、3Dデータを基にバーチャル空間上でデザインレビューが行えるため高い関心を集めているが、高額な導入コスト、データ変換の手間、設計変更の手戻り(待ち時間)といった課題もあるため、導入に踏み切れない現場も少なくない。こうした従来の課題をクリアし、もっと手軽に、安価に導入できるソリューションはないだろうか?(2018/10/29)

VRライブの盛り上がり、脳波で測定 桜吹雪で「一体感」演出 芝浦工大
VR空間で音楽ライブを視聴する人の脳波を測定し、盛り上がりの度合いに応じてハートマークや桜吹雪を表示して一体感を演出する――そんな技術を、芝浦工業大学が開発している。(2018/10/23)

VR空間で触感を再現「EXOS」に新モデル 軽量化で長時間使いやすく
VR空間で触れた物体の触感を再現するデバイス「EXOS Wrist DK2」が発売。従来モデルと比べて軽量化し、長時間使えるようにした。(2018/10/2)

発想の勝利! 中学校の文化祭展示「VRコースター」完成度に驚きの声、作者に話を聞いた
高い技術力、そして何よりパッションを感じる。【追記】(2018/10/1)

「エントリーシートを書く」だけが就活じゃない:
ハッカソンで実力を証明→経験者同様の好待遇で「PR TIMES」に新卒入社した23歳
自己分析して、履歴書を書いて、就活サイトに登録して、イベントに参加して……基本しぐさをこなすだけで就活はうまくいくのでしょうか?(2018/9/28)

3Dキャラを投稿・共有できる「VRoid Hub」、ピクシブが12月公開 VR/ARサービス用SDKも
3Dキャラクターのモデルデータを投稿・共有できるプラットフォーム「VRoid Hub」をピクシブが12月に提供へ。投稿した3Dキャラは、「SHOWROOM」「OPENREC.tv」など対応の外部サービスで利用することも可能に。(2018/9/25)

シンクライアントとしてのモバイルデバイス
機が熟した「スマートフォンで仮想デスクトップ」を本気で検討せよ
モバイルデバイスはシンクライアント市場に浸透していないが、これから人気が出そうだ。アプリケーション仮想化やデスクトップ仮想化ベンダーが、スマートフォンやタブレットへの対応を進めているからだ。(2018/9/21)

VRニュース:
3Dホログラム生成ソリューションを日本国内で提供開始
リアライズ・モバイル・コミュニケーションズは、8iと業務提携し、8iの3Dホログラム生成ソリューションを、日本国内で独占的に販売することに合意した。撮影した素材を瞬時にホログラムに合成する。(2018/9/4)

けん玉初心者がVRで特訓、9割が現実でも「できた」 驚きのVRゲームが生まれたワケ
VRでけん玉を練習すると、現実でもけん玉が上手になるVRゲームが登場。「本当にできるようになる」と体験した人の間で話題だ。開発者に話を聞いた。(2018/9/4)

Citrix、Microsoft、Parallels、VMware製品の機能を紹介
「仮想デスクトップ」をモバイルデバイスで利用 主要4ベンダーの機能を比較
従業員のモバイルデバイスから仮想デスクトップや仮想アプリケーションを利用できるようにしたい――。そう考えるIT担当者は、ベンダー各社が提供する機能について押さえておこう。(2018/8/30)

Windows95の「例の迷路」をVRChatで再現する職人現る 懐かしすぎて目から水が……
実際に歩いてみました。VRChatは、VR機器がなくとも体験できます。(2018/8/28)

自分のキャラに魂を入れる「魔法」 VTuberだけではない、ピクシブが「VRoid Studio」を開発した理由
VTuber向け3Dモデルの需要が急増する中、ピクシブが簡単に作れる3D人体モデラーを無料で公開する。開発チームにその意図を聞いた。(2018/7/27)

これも“俺の嫁召喚装置”に? 3Dモデルを立体視できる透明箱形ディスプレイ「Looking Glass」登場
3Dモデルを立体視できる、3Dクリエイター向けのPC用外部ディスプレイが登場。12月に出荷予定で、日本にも発送できる。(2018/7/27)

ブロック、ファイル、オブジェクトの機能を併せ持つ
統合ストレージ製品ベンダー比較 Dell EMC、Hitachi、HPE、IBM、NetAppの特徴は
ブロック、ファイル、オブジェクトの各インタフェースを統合するストレージ製品を幾つか取り上げ、その機能、長所、短所を見ていく。(2018/7/19)

EMCジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
SAN、NAS、VVOLを統合。中堅・中小企業のデータ肥大化を救うストレージの姿
企業で扱うデータ量の増大に伴って、ストレージ環境の構築も複雑化しやすくなっている。そこで性能面で安心なオールフラッシュ構成、かつシンプルなユニファイドストレージを実現できる製品が注目される。(2018/7/10)

VRニュース:
設計者向けVRツール「VR CAD Viewer」を提供開始、設計関連のプレゼン空間を共有
積木製作は、VRと3Dデータを活用した設計者向けの次世代プレゼンテーションツール「VR CAD Viewer」のサービス提供を開始した。VR映像を外部ディスプレイに転送してメンバーと共有したり、同一空間に存在しているような状況を再現できる。(2018/7/6)

Unityで始めるシェーダー入門(終):
身体に雪が降りかかったようなシェーダーを作る
Unityを使ってシェーダーを作る方法を学ぶ連載。最終回は、3Dキャラクターの身体に雪が降りかかったような見栄えにするシェーダーを作成する。(2018/7/5)

コモディティ化を促す3つの要因
急速に低価格化するオールフラッシュストレージ、その背景には何があるのか?
テクノロジーが進化し、市場原理が変わることで、オールフラッシュアレイシステム(AFA)市場にも変化が起きている。新規企業に参入の道が開かれ、顧客にもメリットが生まれる。しかしデメリットもある。(2018/7/5)

好調でも満足せず、パートナーと共にさらなる高みを目指す:
PR:パートナーと共に驚異的な成長をこれからも──Dell EMC Business Partner Forum 2018 Tokyo
Dell EMCのパートナーイベント「Dell EMC Business Partner Forum 2018」が東京で5月29日に開催された。同社が掲げるトランスフォーメーションが新たな段階に到達する中、成長率の高いストレージやサーバー、HCI分野でどのような策を打ち出したのか。働き方改革に続く、学び方改革をどのように進めているのか、会場から報告する。(2018/7/17)

“日本が知らない”海外のIT:
深刻な“IT人材不足” AIを手軽に体験するサービス 元Apple社員が開発
AIやディープラーニングは一部の専門家のみが扱うもので、素人には手を出しにくい──そんな固定概念を覆すサービスが登場している。(2018/6/23)

Unityはインフラを全てGoogle Cloudに移行:
GoogleとUnityが戦略的提携、コネクテッドゲーム開発を強力に支援
Googleとゲームエンジン大手のUnityが、ゲーム開発を容易にすることを目的とした戦略的提携を結んだ。(2018/6/21)

Unityで始めるシェーダー入門(9):
カスタムライティングモデルを使用した、影を付けるシェーダー
Unityを使ってシェーダーを作る方法を学ぶ連載。今回はカスタムライティングモデルを使用した、影を付けるシェーダーを扱う。(2018/6/21)

もう迷わない! ビジネスを成長させるUXデザイン手法の使い方(5):
プロトタイプは画面や機能ごとに作ってはいけない
B2C、B2B問わず、ITサービスがビジネスに不可欠な存在となった近年、UXデザインに対する企業や社会の認識は一層深まっている。にもかかわらず、「使いにくいサービス」が減らない原因とは何か?――今回から、「人間中心設計」の各種方法論を説明していく。(2018/6/21)

Googleとゲーム開発のUnityが戦略的提携 リアルタイムマルチプレーヤーゲーム開発者支援
Googleがゲーム開発のUnity Technologiesとゲーム開発者支援で提携した。リアルタイムマルチプレーヤーゲーム開発ツールを共同開発する他、Unityの開発者は開発環境から直接Google Cloudが利用できるようになり、Unity自身も自社インフラをGoogle Cloudに移行する。(2018/6/20)

Interop Tokyo 2018の歩き方(2):
Interop Tokyo 2018、SD-WANはフェーズ2に入った
2018年6月13〜15日に千葉・幕張メッセで開催される、ネットワークとセキュリティを中心としたITの展示会、「Interop Tokyo 2018」の見どころを紹介する本連載。第2回ではSD-WANを中心とした製品・サービスに焦点を当てる。(2018/6/13)

VRゲーム間で共通アバターも実現 DeNA、10万点の3Dアバター素材が使えるサービス 開発者向けに無料公開
DeNAが10万点以上のアバター用3Dデータ素材(アセット)を無料で提供する。(2018/6/12)

Unityで始めるシェーダー入門(8):
シェーダーでオブジェクトを鏡面反射させるには
Unityを使ってシェーダーを作る方法を学ぶ連載。今回は、「Cubemap」を使った鏡面反射について解説する。(2018/6/7)

人とくるまのテクノロジー展2018:
第3の車載ソフトウェア「AUTOSAR Adaptive Platform」が本格起動へ
制御系と情報系の2つに分かれていた車載ソフトウェアだが、自動運転技術の実用化に向けて、制御系の特徴であるリアルタイム性や信頼性を持ちつつ、情報系に近い情報処理能力も満たせるような、第3の車載ソフトウェアが求められるようになっている。この要求に応えようとしているのが「AUTOSAR Adaptive Platform」だ。(2018/6/6)

Unityで始めるシェーダー入門(7):
シェーダーでオブジェクトをスライス(輪切り)表示させるには
Unityを使ってシェーダーを作る方法を学ぶ連載。今回はオブジェクトをスライス(輪切り)したような見栄えになるシェーダーを紹介する。(2018/5/17)

「VTuberに近づきたい」→JINS MEMEとiPhoneだけでVTuberになれるシステムを実現 開発者に思いを聞いた
メガネに内蔵されたセンサーで頭や視線の動きを読み取り、iPhone上のモデルで表情を再現。(2018/5/9)

Twitter Kit SDK、10月末でサポート終了
Twitterが「Twitter Kit SDK」のサポートを10月31日に終了する。ただ、GitHub上に公開しているドキュメントやソースコードはアーカイブの状態で残し、今後も開発者が参照できる。(2018/5/7)

Unityで始めるシェーダー入門(6):
サーフェースシェーダーのリムライティングで3Dモデルをガラスのように表示させる
Unityを使ってシェーダーを作る方法を学ぶ連載。今回はサーフェースシェーダーのリムライティングを扱う。(2018/5/1)

Unityで始めるシェーダー入門(5):
頂点・フラグメントシェーダーで3Dキャラクターの一部の色を変える
Unityを使ってシェーダーを作る方法を学ぶ連載。前回まで「サーフェースシェーダー」を扱ってきたが、今回は「頂点・フラグメントシェーダー」を扱う。(2018/4/26)

ドワンゴ、3Dアバターの新ファイル形式「VRM」提案 プラットフォーム非依存で扱いやすく
ドワンゴが、VR向け3Dアバターの新しいファイルフォーマット「VRM」の提供を始めた。プラットフォーム非依存の形式を提案し、アバターを取り扱いやすくする。(2018/4/18)

ドワンゴ、VR向けの3Dアバターのファイルフォーマット「VRM」開発
対応アプリ全てで同じアバター(3Dモデル)データを使えます。(2018/4/17)

PR:まだ“現実”(リアル)で仕事をしてるの? 日本マイクロソフト、オートデスク、ユニティが語る「産業VR/AR発展の鍵」
ソフトバンク コマース&サービスとBBソフトサービスは3月30日、「産業VR/AR発展の鍵は?」と題した特別企画セッションを開催した。日本マイクロソフト、オートデスク、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの3社が登壇し、ビジネス向けVR・ARの現状と未来を語った。(2018/4/17)

Unityで始めるシェーダー入門(4):
シェーダーによるテクスチャ設定、透明度変更、法線マップでオブジェクトに凸凹模様を付ける
Unityを使ってシェーダーを作る方法を学ぶ連載。今回は、シェーダーによるテクスチャ設定、透明度変更、法線マップでオブジェクトに凸凹模様を付ける設定について紹介する。(2018/4/12)

「“ログボの必然性”考えて」――「Fate/Grand Order」塩川洋介氏が抱く、クリエイター教育の課題
「もし実装を依頼するなら、作ってもらう人には『なぜログインボーナス(ログボ)が必要か』を言えないといけない」――スマートフォンゲーム「Fate/Grand Order」をはじめとしたFGO PROJECTクリエイティブプロデューサーである塩川洋介さんは、これからクリエイターになる学生たちにこんなことを学んでほしいという。(2018/4/5)

ビル風の原因をより容易に把握:
熊谷組、流体解析とVRを融合して風の流れを“見える化”する技術を開発
熊谷組は、流体解析とVR(仮想現実)を組み合わせ、目に見えない3次元の風の流れをVR空間で可視化する技術を開発した。(2018/4/5)

Unityで始めるシェーダー入門(3):
シェーダーによる色の変更、発光、光沢を持たせない設定
Unityを使ってシェーダーを作る方法を学ぶ連載。今回は、シェーダーによる色の変更、発光、光沢を持たせない設定について紹介する。(2018/3/29)

VRニュース:
VRと流体解析で風の流れを可視化する技術を熊谷組が開発
熊谷組は、流体解析とVRを組み合わせて、風の流れをVR空間で可視化する技術を開発した。複雑な風の流れを視覚的に捉えられるため、ビル風の原因をより容易に把握できる。(2018/3/23)

Magic Leap、MRメガネ向けSDKをリリース UnityおよびUnreal Engineで開発可能に
MR(複合現実)プラットフォームのMagic Leapが、UnityおよびUnreal EngineでMRゲームを開発できる「Creator Portal」とSDKのテクニカルプレビューを公開した。(2018/3/20)

BIM/CAD:
VRで見えないビル風を可視化、熊谷組が開発
熊谷組がVRを活用した風環境可視化技術を開発。ビル風の原因をより簡単かつ正確に把握できるようになり、設計品質や住環境性能の向上に役立つという。(2018/3/19)

VRChatの住人に聞く「現実は不便」のリアル(後編) 「リア活」を引退宣言したDJ SHARPNELの挑戦
活動の場をバーチャル化すると宣言し、2017年4月の「UPSHIFT」を最後に現実世界のライブから撤退したDJ SHARPNEL。なぜVRでライブアクトなのか?(2018/3/17)

世界200カ国以上の1億超の3Dデータをゲーム世界構築に利用できる:
世界中の実際の場所が“ゲーム”に――「Google Maps API」を使って世界をモデルにしたAR対応のゲーム開発が可能に
ゲームエンジン「Unity」で「Google Maps API」を使って、Googleマップの豊富なデータを利用した“リアルワールドゲーム”を開発できるようになった。(2018/3/16)

VRで目に見えないビル風を立体的に可視化――熊谷組、「風環境可視化技術」を開発
熊谷組が、VRを活用して風環境(ビル風)を可視化する「風環境可視化技術」を開発。流体解析で得た風速や風向のデータをVR空間で可視化することで、目に見えない3次元の風の流れをリアルに捉えられる。設計者や顧客との打ち合わせ、強風事故防止の注意喚起などへの活用を見込む。(2018/3/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。