• 関連の記事

「ブイキューブ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ブイキューブ」に関する情報が集まったページです。

PR:育休中の女性にじわり浸透 マネジメント学ぶ「育休プチMBA」成長の秘密
(2018/6/11)

PR:「好きなだけテレワークOK」と言われたとき、人の働き方はどうなるのか “イクメン”デザイナー・山田さんの場合
(2018/6/1)

PR:コニカミノルタがなぜ「ニオイセンサー」? “常識壊す”新製品が生まれる背景
(2018/5/30)

RPAスキルの習得と就職を支援する「RPA女子プロジェクト」始動――RPAテクノロジーズなど4社が開始
RPAテクノロジーズ、MAIA、Waris、ブイキューブは、育児や介護などで仕事から離れた女性を対象にRPA技術を身に付けてもらい、就職先を紹介する「RPA女子プロジェクト」を開始した。RPAの基礎からロボット実装まで学べるオンライン講座を開講し、復職したい女性を支援する。(2018/5/15)

PR:顧客が安心して相談できる銀行を目指して 東京スター銀行がテレビ会議を導入した理由
(2018/6/4)

PR:「テレワークでちゃんと働ける?」「時間管理はどうする」――人事部の不安を解消する「オレンジ」ワークスタイルとは
(2018/3/13)

PR:新卒半年で“支社長”に!? 全国展開を進める急成長ベンチャー「あしたのチーム」、その秘密は
(2018/2/13)

PR:「自席で働くのは命令です」――化石化した上司に反抗してみた
ITmedia NEWS編集長とは馬が合わない。「同じフロアで仕事をしろ」とか「電話の近くで働け」とか、いつの時代の話をしているんだ。おまけに「チームのコミュニケーション」とか言って、雑談もしてくる。そんな上司と、ついに決別する日が……!(2017/12/4)

リアルタイムコミュニケーションを実現:
ライブコマース機能をアプリやWebサイトに簡単埋め込み、アイスタディがAgora.ioのSDKを提供
ブイキューブのグループ会社アイスタディは、Agora.ioが提供するリアルタイムコミュニケーションツールのSDKについて、国内独占販売を開始した。(2017/9/14)

PR:編集長が突然「明日から地方で働きます」――社内に残されたメンバーの運命は!?
(2017/8/21)

まるでWeb会議用の電話ボックス!? テレワーク難民を救う“究極の個室”とは
防音機能付き個室「テレキューブ」を、オフィスや店舗に――。テレキューブコンソーシアムが仕掛ける「働き方改革」とは!?(2017/8/2)

電話ボックス型“テレワーク個室”「テレキューブ」登場 ブイキューブとレノボが開発
ブイキューブとレノボ・ジャパンが、テレワーク向けブース「テレキューブ」を企業向けに提供開始。テレビ会議用の機器と防音スペースを一体化させた。(2017/8/2)

ドローン:
ドローンとAIを活用して警備/設備点検を完全自動化するサービス
ブイキューブロボティクス・ジャパンは、データセクションと共同で、警備/設備点検業務の完全自動化に向けたサービスを開発する。ドローン技術とAIを活用した映像解析技術を組み合わせ、設備や施設の異常箇所を無人で自動検出する。(2017/6/30)

PR:里山で生まれた「新しい働き方」――郡上八幡のシェアオフィス「HUB GUJO」が目指すもの
(2017/5/12)

JR西日本、災害時などに使うドローンを機能強化 映像の同時配信・共有化へ
人間がすぐに踏み込めない災害現場の映像をドローンからリアルタイムに遠隔地へ伝送したり、複数拠点で共有したりできるように改良した。(2016/12/21)

Microsoft Tech Summit基調講演:
マイクロソフトは「セキュリティ」「管理」「イノベーション」で企業のデジタルトランスフォーメーションを強力に支援
日本マイクロソフトは2016年11月1〜2日の2日間、IT技術者向けのイベント「Microsoft Tech Summit」を開催。企業がデジタルトランスフォーメーションを実現していくための最新技術と実践的なノウハウを、100を超えるセッションで紹介。ここでは、初日に行われた基調講演の模様をレポートする。(2016/11/2)

テレワークの運用ルールと評価制度を考える【第6回】
シンプルで安全に、中堅・中小企業にベストなテレワーク製品導入ガイド
テレワークを実現するために最低限必要なシステムは何だろうか。中堅・中小企業向けに、費用が安くて簡単に運用できる具体的な製品について解説する。(2016/9/29)

話題のITベンダーに学ぶIT製品選定のポイント【Sansan編】
「社内メールはほぼゼロ」――Sansanのちょっと不思議なコミュニケーション環境とは
Sansanは「働き方の革新」を実現するために、5種類のWeb会議アプリを使っている。どのように使い分けているのだろうか。(2016/3/22)

Weekly Memo:
Web会議はコミュニケーションプラットフォームになるか
Web会議システムが着実に普及している。国内の同市場を牽引するブイキューブは、自社製品を「ビジュアルコミュニケーションプラットフォーム」と呼ぶ。果たしてそうなり得るか。(2016/1/18)

ドローン:
ブイキューブ、ロボット関連事業の新会社設立
ブイキューブがドローンを中心としたロボット関連事業を行う新会社「ブイキューブロボティクス・ジャパン」を設立する。(2015/9/28)

PR:AVer「VC520」ミーティングカメラProの光学12倍ズームPTZカメラ&スピーカーフォンが会議室をグレードアップ “Web会議の最高品質”を実現
光学12倍ズームカメラとスピーカーフォンを備えたミーティングカメラPro「VC520」で、いつものWeb会議をもっと快適に。USBケーブルでつなぐだけ、専門ビデオ会議システムに負けない充実の機能とは?(2015/9/24)

AAA×ブイキューブ:
ドローンで浮き輪を届ける、「水難救助マルチコプター」実証実験開始
AAAが企画・開発を行う「水難救助マルチコプター」が神奈川県の「公募型『ロボット実証実験支援事業』」に採択された。ブイキューブと共同で2016年春の提供を目指す。(2015/8/6)

アイ・ティ・アールが予測
次世代技術で変わる働き方、ユニファイドコミュニケーションの新しい形とは
今後も成長が期待されるユニファイドコミュニケーション市場。同市場の課題や今後登場するであろう技術についてアイ・ティ・アール シニア・アナリストの舘野真人氏に聞いた。(2015/7/27)

医療IT最新トピック
マヒした手のリハビリができる「Apple Watch」用アプリが登場
手のリハビリを支援するiOS/Apple Watch対応アプリ、処方薬のオンライン対面販売サービス、パナソニックと富士通による高齢者見守りサービスの実証実験など、医療IT関連の最新トピックを紹介します。(2015/7/3)

ロボット開発ニュース:
ドローンで貨物運搬も、造船工場で実証実験
造船海運事業などを手掛けるツネイシホールディングスが、ブイキューブの実施するドローンによるインフラ点検の実証実験に協力。造船工場での施設監視実験を行った。映像を活用した監視などの他、軽貨物運搬のシミュレーションも行われた。(2015/6/1)

NEWS
2020年のビデオコミュニケーション市場は2070億円に、シード・プランニングが予想
シード・プランニングは、国内のビデオコミュニケーション市場の市場調査の結果を発表した。クラウドやスマートフォン、タブレットなどにより、企業のコミュニケーションが変わりつつある。(2015/4/1)

ロボット開発ニュース:
ドローン利用のインフラ監視、ブイキューブが実証実験
「V-CUBE」などビジュアルコミュニケーションを手掛けるブイキューブが、パイオニアVCと共同でドローンを活用したインフラ点検や災害対策の実証実験を開始する。(2015/2/17)

ロボット開発ニュース:
ドローンとビジュアルコミュニケーションでインフラの遠隔監視を実現
ビジュアルコミュニケーションのブイキューブは、先進的なロボットやドローン技術を保有するRapyuta Roboticsに出資したことを発表した。(2015/1/27)

1万5000台のサーバーを用意:
東京DCがオープン、SoftLayerのアドバンテージとは
日本IBMは2014年12月22日、東京データセンターの開設を発表した。では、改めて、SoftLayerの他社にないメリットはどこにあるのだろうか。(2014/12/22)

ブイキューブ、無料で使える法人向けチャット「V-CUBE Gate」
仕事でもチャットを使う人が増えている。ブイキューブが、法人導入で求められるユーザー管理やセキュリティを確保したチャットツールを独自に開発した。(2014/11/12)

製造ITニュース:
海外拠点とCAD画面を共有! パイオニアVC、映像コラボ新ブランド「xSync」発表
パイオニアVCはビジュアルコラボレーションサービス群として新ブランド「xSync(バイシンク)」を立ち上げ、製造業の設計・製造レビューなどにおけるコラボレーション基盤として提案を強化する。(2014/9/10)

アジアで戦うB2Bのナナロク世代――ブイキューブ間下社長
ブイキューブの間下直晃社長は、1977年生まれのいわゆる「ナナロク世代」を代表する若手経営者の1人だ。クラウド型Web会議市場で7年連続国内トップシェアを獲得し、近年は東南アジアを中心に海外展開を進める間下氏の“戦い方”とは――。(2014/7/3)

ホワイトペーパー:
ドスパラの急成長は「名刺の有効活用」にあり 名刺活用売り上げアップ事例集
名刺とそれにひも付く顧客情報、営業活動の共有により、売り上げアップや営業活動の効率化を実現した有名企業4社の事例を紹介。営業資産を机の中で眠らせない、「売り上げを上げる名刺活用」とは?(2014/2/26)

Web会議のコメントをスラスラ――ブイキューブら、デジタルペンとセット販売
ブイキューブと大日本印刷は、ブイキューブのWeb会議システム「V-CUBE ミーティング」とDNPが販売するデジタルペンのセット販売を開始した。(2012/9/12)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
遠隔地を結ぶ仕組みで新市場を創出 ブイキューブ
企業がコスト削減に躍起になったリーマン・ショック以後、ブイキューブではWeb会議やオンラインセミナーなど「ビジュアルコミュニケーション」システムへの引き合いが増大した。「コミュニケーションがさまざまな問題を解決する」と間下社長は意気込む。(2012/3/1)

サイボウズ、クラウド型グループウェア「Garoon」発売 部門横断プロジェクトを支援
「Garoon on cybozu.com」では、複数のユーザーが共通の場でディスカッションしたり、ToDoリストを共有したりしながらプロジェクトを進められる。(2011/12/5)

携帯電話でもOK 世界66都市間で低コストな音声会議「V-CUBE ボイス」
ブイキューブは電話回線を使用した音声コミュニケーションサービス「V-CUBE ボイス」の提供を開始した。利用料は国内通話の場合で1分当たり15円から。(2011/11/28)

11月22日は「いい夫婦の日」だそうです:
家族のPC、こういう使い方も──インテルが提案する「PC+ヘルスケア」の利用シーン
インテルがJR品川駅にPC+健康をテーマにしたイベントスペースを開設。家族、シニア層に向けた新たなPC利活用シーンを紹介しつつ、今後さまざまな医療・健康分野での可能性も模索する。(2011/11/9)

TechTargetジャパン会員限定サービス
計30名に当たる夏休みスペシャル会員プレゼント
(2011/8/8)

NEWS
国内Web会議市場はSaaSが高成長、今後は在宅勤務ニーズがけん引か
ITRは国内Web会議市場に関するリポートを発行。Web会議の中でもSaaSは市場は約39%増の高成長。43億円に達した。(2011/4/28)

WiMAXで在宅勤務を支援 ブイキューブ、端末無償レンタル
ブイキューブが被災地の在宅勤務支援策として、WiMAX端末の無料貸し出しと3カ月間の通信料無料サービスを開始した。Web会議システム貸し出しの追加支援策として提供する。(2011/3/24)

ブイキューブ、在宅勤務向けにWiMax端末を無償でレンタル提供
ブイキューブは、計画停電や交通事情から出社できない場合の在宅勤務の支援策としてWiMax端末の無償レンタルと3カ月間の通信料無料サービスを開始した。(2011/3/23)

震災復興のためのリンク集
被災者および被災支援者・企業・団体向けのベンダー支援
東北地方太平洋沖地震とそれに続く一連の地震や津波被害で多くの方々が被災された。それに対してITの面から支援を名乗り出たベンダー各社の情報を集約した。(2011/3/17)

「東北地方太平洋沖地震」 モバイル関連災害対策情報まとめ
東北地方太平洋沖地震関連の情報をまとめましたので、ご活用ください。通信キャリアの情報や携帯電話の災害対応機能などを中心に紹介しています。【3/30 12:00更新】(2011/3/14)

失敗しないためのコラボレーション製品選び:Web会議編
これだけは押さえておきたい、Web会議製品の見極め方
Web会議システムは、働く場所の変化やチームワークを前提とした企業内コラボレーションを支援するツールへと変化してきている。これを踏まえて、Web会議製品の選定ポイントを解説しよう。(2011/2/10)

Web会議システム紹介
ASP/SaaSならではの導入のしやすさ、環境を選ばない手軽さから、市場が急成長中のWeb会議システム。ユーザビリティ、画質、モバイルなど、製品可知を最大化する各社独自の路線が本コンテンツから発見できるだろう。(2010/10/22)

NEWS
ブイキューブ、タッチパネル式のWeb会議専用端末を11月に発売
ブイキューブは、タッチパネル搭載PCに2年間のWeb会議サービス利用ライセンスをセットしたオールインワンタイプのWeb会議専用端末を発表した。(2010/10/14)

ホワイトペーパー:
なぜこの企業はあのWeb会議システムを採用したのか? 導入企業が語るその魅力とは
3つの「不要」と3つの「可能」で、「いつでも」「どこでも」「だれでも」が使えるサービスを実現(提供:ブイキューブ)。(2010/10/14)

“業務改善型”UCを導入する【最終回】
業務改善型ユニファイドコミュニケーション、その導入に向けてすべきこと
ユニファイドコミュニケーション(UC)の本来の導入目的は、生産性やビジネスプロセスの改善。業務を改善するためのUCソリューションを検討、導入する際に求められる視点、実施すべきことをまとめた。(2010/9/17)

中堅・中小企業のためのIT投資羅針盤【第2回】
IPテレフォニーは将来に向けての基盤作り
「目的(方向)」と「時期(位置)」からIT投資のノウハウ(羅針盤)を提供する本連載。今回は、コスト削減以外の投資効果が見えにくいIPテレフォニーへの投資や活用のポイントを明らかにする。(2010/9/9)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。