• 関連の記事

「Windows Embedded Standard 7概論」最新記事一覧

Windows Embedded Standard 7概論(8):
WES7 Tips − Windows PEをカスタマイズするには?
Windows Embedded Standard 7に精通する筆者が技術セミナーなどでよく質問を受ける内容と、その対処法を紹介。今回は、Windows PEをカスタマイズし、「作成したバッチファイルをシステム起動時に自動的に呼び出す方法」を解説する。(2012/1/26)

Windows Embedded Standard 7概論(7):
WES7 Tips − サードパーティー製のドライバをOSイメージに含めるには?
Windows Embedded Standard 7に精通する筆者が技術セミナーなどでよく質問を受ける内容と、その対処法を紹介。今回は「サードパーティー製のドライバやアプリケーションをOSイメージに含めるにはどうしたらいいか?」です。(2011/10/18)

Windows Embedded Standard 7概論(6):
WES7 Tips − パッケージに含まれないファイルを追加するには?
Windows Embedded Standard 7に精通する筆者が技術セミナーなどでよく質問を受ける内容と、その対処法を紹介。今回は「ユーザー独自のファイルをOSイメージに追加するにはどうしたらいいのか?」です。(2011/9/27)

Windows Embedded Standard 7概論(5):
Windows Embedded Standard 7 SP1でアップデートされた機能
Windows 7 SP1の提供開始に伴い、Windows 7をベースとする組み込みOS「Windows Embedded Standard 7」でもSP1に対応したバージョンがリリースされた。今回は、特に重要なアップデート内容について解説する。(2011/6/10)

Windows Embedded Standard 7概論(4):
WES7でWindows 7の新機能「AppLocker」を使う!
今回は、Windows 7から新たに提供されたセキュリティ機能「AppLocker」を、Windows Embedded Standard 7で活用する方法を紹介する。(2011/4/18)

Windows Embedded Standard 7概論(3):
どこが変わった? 刷新されたWES7のツール【後編】
Windows Embedded Standard 7のToolkitをセットアップすることでインストールされる「Image Configuration Editor」について解説(2010/9/28)

Windows Embedded Standard 7概論(2):
どこが変わった? 刷新されたWES7のツール【前編】
Windows Embedded Standard 7で刷新されたツールの概要について、従来バージョンとの違いを交えながら解説する(2010/7/29)

Windows Embedded Standard 7概論(1):
ついに登場! Windows Embedded Standard 7
Windows 7の最新テクノロジを継承した最新の組み込みOS「Windows Embedded Standard 7」の概要、刷新されたツール群を紹介(2010/6/15)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。