• 関連の記事

「Windows Embedded Standard 7概論」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Windows Embedded Standard 7概論」に関する情報が集まったページです。

Windows Embedded Standard 7概論(8):
WES7 Tips − Windows PEをカスタマイズするには?
Windows Embedded Standard 7に精通する筆者が技術セミナーなどでよく質問を受ける内容と、その対処法を紹介。今回は、Windows PEをカスタマイズし、「作成したバッチファイルをシステム起動時に自動的に呼び出す方法」を解説する。(2012/1/26)

Windows Embedded Standard 7概論(7):
WES7 Tips − サードパーティー製のドライバをOSイメージに含めるには?
Windows Embedded Standard 7に精通する筆者が技術セミナーなどでよく質問を受ける内容と、その対処法を紹介。今回は「サードパーティー製のドライバやアプリケーションをOSイメージに含めるにはどうしたらいいか?」です。(2011/10/18)

Windows Embedded Standard 7概論(6):
WES7 Tips − パッケージに含まれないファイルを追加するには?
Windows Embedded Standard 7に精通する筆者が技術セミナーなどでよく質問を受ける内容と、その対処法を紹介。今回は「ユーザー独自のファイルをOSイメージに追加するにはどうしたらいいのか?」です。(2011/9/27)

Windows Embedded Standard 7概論(5):
Windows Embedded Standard 7 SP1でアップデートされた機能
Windows 7 SP1の提供開始に伴い、Windows 7をベースとする組み込みOS「Windows Embedded Standard 7」でもSP1に対応したバージョンがリリースされた。今回は、特に重要なアップデート内容について解説する。(2011/6/10)

Windows Embedded Standard 7概論(4):
WES7でWindows 7の新機能「AppLocker」を使う!
今回は、Windows 7から新たに提供されたセキュリティ機能「AppLocker」を、Windows Embedded Standard 7で活用する方法を紹介する。(2011/4/18)

Windows Embedded Standard 7概論(3):
どこが変わった? 刷新されたWES7のツール【後編】
Windows Embedded Standard 7のToolkitをセットアップすることでインストールされる「Image Configuration Editor」について解説(2010/9/28)

Windows Embedded Standard 7概論(2):
どこが変わった? 刷新されたWES7のツール【前編】
Windows Embedded Standard 7で刷新されたツールの概要について、従来バージョンとの違いを交えながら解説する(2010/7/29)

Windows Embedded Standard 7概論(1):
ついに登場! Windows Embedded Standard 7
Windows 7の最新テクノロジを継承した最新の組み込みOS「Windows Embedded Standard 7」の概要、刷新されたツール群を紹介(2010/6/15)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。