• 関連の記事

「Windows Embedded 関連」最新記事一覧

SYSTEM DESIGN JOURNAL:
セキュアな組み込みシステムを求めて「信頼」を掘り下げる
組み込みシステムは誤動作せず、高い信頼性を持たなくてはなりません。ですが、「信頼」はどこまで求めることができるのでしょうか。できる限りの掘り下げを行ってみましょう。(2015/12/25)

Windows 10 IoT インタビュー:
組み込み機器に「Windows 10 IoT」を導入するメリットは何か
組み込み機器においても製品をサービスの一部として機能させる、いわばIoT的な思想は徐々に広まっており、ネットワークやセキュリティなどIT技術の重要度は高まっている。マイクロソフト「Windows 10 IoT」は組み込み機器に何をもたらすのか、話を聞いた。(2015/12/2)

ET2015:
新SoC「Merlin Falcon」がその威力を見せつける
ET2015にて日本AMDは新型SoC「Merlin Falcon」を中心としたデモを行っている。4K映像を再生しながらCPU負荷が数%にとどまるなど、その能力を分かりやすく紹介しており、加えてAMD APU上で動く「Red Hat Linux Enterprise 7.1+Qt」も見逃せない。(2015/11/19)

画像処理や機械学習も簡単に:
Windows系ITエンジニアのための産業用ドローン開発環境
Windows系のITエンジニアのための産業用ドローン開発環境が登場。ドローンワークスは、Windows 10 IoTとMicrosoft Azureを組み合わせた新たなドローン開発プラットフォームを「IoT Technology 2015」で展示。(2015/11/18)

「Windowsだから」を組み込みにも、空を飛ぶIoT Core
「Windows 10 IoT」を推進するマイクロソフトは、拡大が見込まれるIoT市場にWindowsとAzureの組み合わせを“Better together”として訴求する。(2015/11/17)

小型ボディにCore i7搭載、拡張性も強化した産業用PC
PFUは第5世代のインテルCoreiプロセッサーを搭載した「AR2100モデル120K」「AR2200モデル120K」ならびに、COM Expressモジュール「AM120モデル215K」を発売する。(2015/11/11)

“いつでも、どこでも、どんなデバイスからでも”が加速する:
DaaSはワークスタイル変革とセキュリティ確保の“切り札”となるか
今、クライアントPCにデータを置かない「デスクトップ仮想化」が、ワークスタイル変革とセキュリティ確保の“切り札”として注目を集めている。クラウドベースのデスクトップ仮想化システムであれば、短期間かつ安価に構築できるからだ。さらに、DaaS(Desktop as a Service)なら、運用管理工数も大きく削減できる。(2015/10/9)

マルチメディアとリアルタイム処理の機能を統合:
ヘテロ構成で性能高めた組み込み機器用SoC、TI
日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は、高度なリアルタイム処理とマルチメディア処理の機能を1チップに集積した組み込みシステム向けSoC「Sitara」で最上位ファミリとなる「AM57x」製品を発表した。産業用ロボットやマシンビジョン、医療用画像処理などの用途に向ける。(2015/10/15)

パナソニック、“防爆エリア”での利用も可能な5型タブレット「TOUGHPAD」4機種を発売
パナソニック システムネットワークスは、ガス爆発リスクのある「防爆エリア」での利用を想定した防爆仕様の5型タブレット「TOUGHPAD」4機種の販売を開始する。(2015/10/14)

VMworld 2015:
PR:オフィスの常識が一変するかも? 世界最大級のクラウドイベントでデルが“こっそり”披露したもの
企業のセキュリティガバナンスや管理容易性に富んだ仮想デスクトップソリューション(VDI)。ヴイエムウェアとデルは強固なアライアンスを結び、常にVDIの最先端に位置づける製品を発表し続けている。デルがVMworld 2015で披露した最新技術を見てみよう。(2015/10/7)

「Visual Studio 2015」で新世代アプリ開発を始めよう(2):
PR:Windows 10の開発環境「Visual Studio 2015」はどのエディションを選べばいい?
Windows 10とともに登場した新しい開発ツール「Visual Studio 2015」は、製品構成が大きく変わっている。各エディションの概要をはじめ、開発規模や目的に合わせた選択ポイントを整理しよう。(2015/8/21)

FAニュース:
高信頼性・省スペースサイズのFAコンピュータを発売
コンテックは、小型・軽量のFAコンピュータ「VPC-500」シリーズを発売した。CPUなどの基幹部品に組み込み機器向けを採用したことで、高信頼性と長期供給を可能にした。(2015/8/10)

FAニュース:
ARMプロセッサ搭載の5.7インチタッチパネルLCD一体型パネルコンピュータ
コンテックは、5.7インチタッチパネルLCD一体型のパネルコンピュータ「PT-40シリーズ」を発売した。ARMプロセッサを内蔵したSoC「AM3354」や、ストレージにSDカードを採用した完全スピンドルレス設計を採用した。(2015/7/14)

山市良のうぃんどうず日記(42):
サヨウナラ Windows Server 2003! マルウエア対策の定義更新はいつまで続く?
2015年7月15日のWindows Server 2003のサポート終了まで、残り数日です。この日は、Windows XPに対するマイクロソフトのマルウエア対策ソフトの定義ファイル提供も終了する予定です。さて、Windows Server 2003に対するマルウエア対策ソフトへの今後の対応はどうなるのでしょうか。(2015/7/10)

組み込み開発ニュース:
AMD組み込み向けSoC、Samsungの液晶一体シンクライアントに採用
AMDの組み込み機器向けSoC「AMD Embedded Gシリーズ」が、Samsung Electronicsのディスプレイ一体型シンクライアントの新製品に採用された。(2015/6/23)

先行レビュー:
約4年ぶりの国内向けWindows Phone「MADOSMA」――丁寧に作りこまれた本体が印象的
国内では約4年ぶりとなるWindows Phone端末「MADOSMA Q501WH」が、いよいよ6月18日に発売される。MADOSMAとは、いったいどのような端末なのだろうか。全3回に渡ってレビューをお届けする。(2015/6/15)

「de:code 2015」展示ブースまとめ:
PR:ビジネスに即したクラウド、セキュリティソリューション、未来を感じるアプリ19選
日本マイクロソフトが2015年5月26、27日に開催したエンジニア向けカンファレンス「de:code」では、「モバイルファースト・クラウドファースト」がキーワードに。併設の展示会場では、Microsoft Azureやマルチプラットフォーム対応のアプリなど、多彩なソリューションが紹介された。(2015/6/15)

特集:次期Visual Studioの全貌を探る:
Visual Studio 2015におけるクロスプラットフォーム開発の選択肢
Visual Studio 2015の大きな特徴の一つである「クロスプラットフォーム開発」に焦点を当て、どんな言語でどんな技術を使えるのかを整理しよう。(2015/6/12)

ESEC2015特別企画ブースリポート(東芝社会インフラシステム社):
PR:東芝の産業用PCはどうやって「高信頼」を実現したか、その秘密を探る
産業用PCには、24時間動き続ける信頼性とさまざまな現場で使える耐環境性、それに長期間使える長期供給が欠かせない。設計から部品選定、メンテナンスまでを“オール東芝”で提供する同社の産業用PCがなぜ高信頼なのか、ESEC2015で担当者に話を聞いた。(2015/6/17)

筆者の独断と偏見です:
COMPUTEX TAIPEI 2015で気になったスマホ、ウェアラブルまとめ
諸事情でIoT(モノのインターネット)やPOSシステム関連の展示が多かったCOMPUTEX TAIPEI 2015。そんな中で、筆者に“ビビッ”ときたスマホとウェアラブルデバイスを一挙にご紹介しよう。(2015/6/10)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows 10 IoT」とはどのようなOSなのか?
PCやタブレット、スマホ向けの次期OSとして注目されている「Windows 10」。しかし、陰の主役とも言える「Windows 10 IoT(Internet of Things)」はあまり知られていない。現在明らかになっている情報をまとめよう。(2015/5/30)

FAニュース:
Windows OS搭載のパネルコンピュータシリーズに12.1型モデルを追加
光洋電子は、パネルコンピュータ「NX-20」シリーズに12.1型モデルを追加した。CPUにIntel Atomプロセッサを採用した他、LEDバックライトを搭載し、きめ細かな輝度調整機能などを備えた。(2015/5/19)

Atrust、Bay Trail採用の23.6型ワイド液晶一体型シンクライアント
アスクは、台湾Atrust Computer製となる23.6型ワイド液晶一体型シンクライアント端末「A180W」「A180L」の取り扱いを開始する。(2015/5/18)

ESEC2015:
組み込み業界からも注目のWindows 10、桃色もあるマイクロソフト
ESEC2015のマイクロソフトブースではWindows Embeddedや搭載製品の紹介の他、今夏に登場する「Windows 10 IoT」の紹介が耳目を集めていた。「IoTあるじゃん」プロデュースの「PinKit」の先行予約も受け付けている。(2015/5/13)

組み込み開発ニュース:
Haswell世代CPU搭載の小型産業用PC、PFUから
PFUが産業用PC「AR2000」シリーズの新製品として、Haswell世代のCPUを搭載した「AR2000 モデル430J」を追加した。ARシリーズオプションとして、EtherCATカードも用意する。(2015/5/11)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の最新情報が明らかになる「Build 2015」は今晩開催!
Microsoftの開発者会議「Build 2015」が米カリフォルニア州サンフランシスコで開催される。基調講演では、Windows 10やOffice 365などの最新情報が明らかになる見込みだ。その注目ポイントをチェックしていこう。(2015/4/29)

Windows Embedded:
「Windows Embedded」は「Windows 10 IoT」へ、組み込み機器向けに3製品を投入
マイクロソフトの「Windows Embedded」シリーズが「Windows 10」投入に合わせ、「Windows 10 IoT」シリーズへと一新される。「Windows 10 IoT」シリーズは現在3製品が用意され、幅広い組み込み機器をサポートする。(2015/3/26)

Atrust、“Bay Trail”採用の11.6型モバイルシンクライアント
アスクは、台湾Atrust Computer製となる11.6型液晶内蔵の小型モバイルシンクライアント端末「mt168W」「mt168L」の取り扱いを開始する。(2015/3/20)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
8型より小さい「Windows 10タブレット」で考えられる3つの問題
「Windows 10」とひとくちに言っても、PCや8型以上のタブレット、8型未満のタブレットやスマートフォン、IoTデバイスでは中身が異なる。特に小型タブレットでは注意が必要だ。(2015/2/26)

FAニュース:
産業用タッチパネルディスプレイ一体型コンピュータを発売
アドバンテックは、産業用タッチパネルディスプレイ一体型コンピュータ「UTC-300」シリーズを発表した。CPUにIntel Bay Trail J1900プロセッサを搭載し、最大8GBのメモリが搭載できる。(2015/2/22)

FAニュース:
タッチパネル情報端末の最上位モデルを発売、CPU強化と記憶容量を増大
クオリカは、タッチパネル情報端末「WebLight」シリーズの最上位モデルとして、「WebLightNXP」を発売した。基本性能を強化したことで、処理速度の向上やより大規模なシステムへの対応が可能になった。(2015/2/16)

アスク、台湾Atrust Computer製の14型モバイルシンクライアント「mt180W」など2製品
アスクは、台湾Atrust Computer製となる14型モバイルシンクライアント端末「mt180W」「mt180L」の取り扱いを開始する。(2015/1/28)

山市良のうぃんどうず日記(24):
IEと.NET Frameworkのサポートポリシーが変わります(1年後ですが……)
Internet Explorerと.NET Frameworkのサポートポリシーが約1年後の2016年1月13日から変更になり、いずれも利用可能な最新バージョンのみがサポート対象となります。その時になって慌てないように、お使いのPCの状況を確認しておきましょう。(2015/1/23)

山市良のうぃんどうず日記(21):
Microsoft Updateが使えなくなる日
先月、一部のWindowsで、1週間以上も「Microsoft Update」から更新プログラムを入手できないというトラブル(事件)がありました。放置しておけば自然に解消したトラブルだったのですが……。(2014/12/5)

組み込み開発ニュース:
コンテック、クアッドコアAtom搭載のファンレス組み込みPC
コンテックは、クアッドコアAtomを搭載したファンレス小型組み込みPC「ボックスコンピュータ BX-220シリーズ」を販売開始した。(2014/12/1)

ET2014:
「つめたーい」も「あたたかーい」もOK、インタフェースの産業用PC
インタフェースは「Embedded Technology 2014」に出展、同社産業用PCのデモとしてブース正面に冷凍庫と飲み物用の保温ケースを設置。PCを暖めたり冷やしたりしている。(2014/11/20)

ET2014:
マイクロソフトは「Windows Embedded」「Azure」をパートナーとアピール
マイクロソフトはパシフィコ横浜で開催されている「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展」に出展し、パートナー各社と共同で組み込み用OS「Windows Embedded」シリーズとクラウドサービス「Microsoft Azure」を紹介した。(2014/11/19)

Windows Embedded Server概論:
組み込み用Windows Server「Windows Embedded Server」、その特徴とメリット
組み込み機器に採用されているOSといえば、WindowsやLinux、ITRONなどが思い浮かびますが、実はサーバOSであるWindows Serverにも、組み込み向けの「Windows Embedded Server」が存在します。ここではWindows Embedded Serverの特徴とメリットについて解説します。(2014/11/17)

Windows 8 デバイスドライバ開発入門(3):
「Windowsハードウェア認定」があなたの製品の価値を上げる(前編)
Windows 8対応のデバイスドライバを開発する際に、“知っておくと便利なポイント”を実践的な観点から紹介する連載「Windows 8 デバイスドライバ開発入門」。今回は、「Windowsハードウェア認定」について、実践的な観点から説明していきます。(2014/11/14)

組み込み開発ニュース:
PFU、最新Core i7搭載モデルや海外規格対応など産業用PC「ARシリーズ」新製品
PFUは産業用組み込みPC「AR」シリーズの新製品として、「AR4400モデル100H/200H」「AR4500モデル110H」「AR8300モデル300J/310J」とシリーズ専用オプションの「高速メモリ共有カード」を2014年11月より販売開始する。(2014/11/12)

日立ハイテクマテリアルズ、“防爆エリア”での利用を想定したモバイルPC「i.rocCi70J-Ex」
日立ハイテクマテリアルズは、独ecom instruments製モバイルPCの取り扱いを発表。可燃性ガスが発生する恐れのある「防爆エリア」内での利用を想定した防爆検定クリア設計モデルだ。(2014/11/5)

Windows Embedded Server:
PR:モノづくり現場で「Windows Embedded Server」を導入する理由
データの管理活用を行うサーバはIT部門だけが必要なものではなく、モノづくり現場でも欠かせない存在となっている。日本マイクロソフトの特定用途向けサーバ「Windows Embedded Server」を例に、なぜモノづくり現場にサーバが必要か、考えてみよう。(2014/10/29)

やはりWindowsはキーボード操作が便利:
「dynabook Tab S50/36M」徹底検証――専用キーボードで“はかどる”10.1型Windowsタブレット
東芝の「dynabook Tab S50/36M」は、専用設計のBluetoothキーボードカバーを標準添付し、ノートPC並の操作感にこだわった10.1型Windowsタブレット。その実力をじっくりチェックしよう。(2014/10/28)

マイクロソフトカンファレンス2014 セッションレポート:
クラウド/モバイル時代のITガバナンスは、いかにして担保すべきか
日本マイクロソフトの年次イベント「The Microsoft Conference 2014」(2014年10月23〜24日に開催)では、80以上セッションが行われた。ここでは、クラウド/モバイル時代のITガバナンスをテーマとしたセッションの内容を紹介する。(2014/10/28)

「Windows Embedded」を企業で使い倒す:
Windows Embeddedの運用方法
ここまで、さまざまな「Windows Embedded 8.1」の活用方法を紹介してきた。今回では、このOSを適切に管理する方法を紹介する。(2014/10/31)

「Windows Embedded」を企業で使い倒す:
Windows Embeddedを使って既存PCをシンクライアント化
企業で利用するクライアントPCの形態は、大まかに言うと「リッチクライアント」と「シンクライアント」の2種類に分類できる。「クライアントの形態をどのように選択すべきか?」という課題は、自社のIT環境の方向性を決める際の非常に重要なポイントだ。(2014/10/28)

「Windows Embedded」を企業で使い倒す:
事例で紹介する「Windows Embedded 8.1」の使い倒し方
なかなか知られていない「Windows Embedded」。前回はロックダウン機能などを紹介した。今回は実際に利用されている事例を中心に、Windows Embedded 8.1の使い方を紹介していく。(2014/10/24)

「Windows Embedded」を企業で使い倒す:
知ってますか? 便利な「Windows Embedded 8.1」の使い道
「Windows Embedded」をご存知だろうか。「Windowsの組み込み版?」と考えている人が大半だろう。本連載では、知られざる「Windows Embeddedの企業内活用法」を紹介していく。初回となる今回は、特に有効なロックダウン機能を紹介する。(2014/10/21)

小規模事業所に向けたファイルサーバーソリューション:
PR:大企業並みのサポートをSMB市場にも提供し、トータルでIT運用を支援
サクサの「SB2000」は、自動バックアップや自己診断・通知機能により、IT管理者のいない小規模な事業所でも安心して利用できる5年間無償機器保証のNASファイルサーバーだ。また、情報システム部門がない中小企業には、ビジネスホンからクラウドまでをトータルで提供するサービス「OfficeAGENT」で支援していく。(2014/10/7)

セキュリティ対策に悩む担当者へ:
セキュリティ対策を安く的確に実施する方法
大規模な情報漏えい事件が多発しており、「うちのセキュリティ対策は大丈夫なのか?」や「セキュリティ対策を最新にしたい」と悩む担当者は多い。しかし、どうすればこの問題が解決するのか分からないのも事実だ。そこで、これらを的確に投資対効果を高く(安く)実施する方法を紹介する。(2014/9/29)



余っているリソースを、主にはお金を介してソーシャルな形でシェアできるように仲介するサービス。インターネット上では以前からそうした要素を持ったサービスは存在していたように思うが、概念として名付けられることで一挙に注目が高まっている。

不正会計問題の発覚と対処、リストラ発表とその影響も含めた赤字の拡大というように、日本を代表する家電大手の一角がもろくも崩れようとしている。日本企業の苦戦が続き、それに伴う再編の進行は予想されていたが、この展開は想定外であり、どのような形で落着するものか、予断を許さない。

ビットコインの基幹技術としても知られる、P2Pネットワークを活用した台帳技術。これもまた昨今注目の的となっているFinTechのひとつとして、金融、IT・セキュリティ界隈では今やビットコインと同じくらいの頻度で取りざたされている。