「職人」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「職人」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

製品は3種類:
羽生結弦選手監修のオルゴール ファンの予約殺到
音響機器や電子機器製造の日本電産サンキョー(長野県下諏訪町)は、2月の平昌五輪のフィギュアスケート男子で連覇を達成した羽生結弦選手が楽曲を監修したオルゴールを制作した。熟練の職人による手作りの高級品から手軽に楽しめる普及品までラインアップし、17日から販売を開始する。すでに予約が殺到しており、同社の担当者は「予想外の反応」と熱気に驚いている。(太田浩信、写真も)(2018/10/15)

ドラマ現場の「高速模様替え」が職人技 リアルタイムで壁を入れ替えつつ家具も運ぶ
見入ってしまう。(2018/10/6)

仮面ライダーの「プロレスマスク」予約受付開始 プロレス仕様のクオリティーを徹底的に追及
著名なマスク職人が作る本物のプロレスマスク。(2018/10/2)

組織をアップデートせよ:
PR:老舗とベンチャーのいいとこ取り――弥生が取り組む、綱渡りから橋梁への「意識改革」
ドキュメントもなく、スパゲティ状態のソースコード。属人化された業務や知識――職人による綱渡り状態だったパッケージ屋は、いかにして風通しの良い組織に変貌したのか。(2018/9/25)

気持ちよすぎてここから動けないにゃ 福岡県大川市の「ネコ家具」待望の新作を発表
誰のどんな要求にもこたえる職人たちすごい……!(2018/9/24)

設計者CAE:
AIとCAE、ビッグデータの融合で匠の技は残せるのか――オムロンのチャレンジ
オムロンは1980年代からCAEの活用環境を整備してきた。さらに今、取り組もうとしているのが、ビッグデータおよびAI(人工知能)とCAEの融合だ。将来は実測とCAEを一致させることによる最適な設定などが自動で可能になるとする。さらに、この取り組みによって職人の技術を可視化して、後世に残していくことができるのではないかと考えているという。同社でCAE業務を推進するオムロン グローバルものづくり革新本部 生産技術革新センタ 要素技術部の岡田浩氏に話を聞いた。(2018/9/21)

Nintendo Laboでリアル「ルイージマンション」を再現する職人現る 「作れる人こそオバケ」と大絶賛
段ボール製のオバキュームで、闇に浮かび上がるテレサを退治。(2018/8/29)

Windows95の「例の迷路」をVRChatで再現する職人現る 懐かしすぎて目から水が……
実際に歩いてみました。VRChatは、VR機器がなくとも体験できます。(2018/8/28)

どら焼きを丸ごと使った「どら焼きジェラート」登場 和菓子職人とジェラートマエストロがタッグ
和と洋のオイシイトコどりです。(2018/8/17)

CIOへの道:
1年半でシステム刷新のクックパッド、怒濤の「5並列プロジェクト」に見る“世界で勝つためのシステム設計”
海外展開を視野に入れ、“世界で勝つためのシステム構築“に取り組むことになったクックパッド。海外企業を参考にプロジェクトを進める中、日本企業のシステムとそれを支える組織との間に大きな差があることを認識した同社は、どう動いたのか。また、分散と分断が進み、Excel職人が手作業で情報を連携している状態から、どのようにして統合された一貫性のあるシステムに移行したのか――。怒濤のプロジェクトの全容が対談で明らかに。(2018/8/14)

食べるのがもったいない! カラフルで美しいクリームソーダを作る「クリームソーダ職人」がステキ
クリームソーダはレトロかと思いきや、フォトジェニックな飲み物になっていました。(2018/8/11)

純金箔のスマホカバーが「NuAns NEO」向けに登場 2万4800円(税込)
トリニティが、スマートフォン「NuAns NEO」シリーズ向けに、純金箔のカバーを発売。職人がひとつひとつ手作業で貼り付けている。価格はトップとボトムそれぞれ2万4800円(税込)。(2018/8/10)

世界初のロボットたこ焼き店、ハウステンボスにオープン
人工知能が見せる職人技です。(2018/7/20)

たこ焼き職人はロボット ハウステンボスの「オクトシェフ」20日オープン
ハウステンボス内にロボットたこ焼き店が7月20日にオープン。ロボットが生地の流し込みから焼き上げまでを担当し、焼きムラのないたこ焼きを1度に16人分焼く。(2018/7/19)

ノスタルジーが押し寄せてくる マレーシアの職人が作ったジオラマが超絶すごい! 現実世界を切り取ったような精巧さ
ちょっと目頭が熱くなってきた。(2018/7/12)

革職人が作った本気の仕上がり 「写ルンです専用ケース」がかっこいい
どんどん愛着がわいてきそう。(2018/7/9)

“脱Excel”か“活Excel”か
「Excel職人のこだわり」を暴走させない依頼の仕方とマネジメントのコツ
「Excel職人に任せれば、細かい指示をしなくても、いいツールを作ってくれる」という状態はうれしいものですが、属人化の問題もあります。依頼側が適切な要件定義をするには、どうすればよいのでしょうか。(2018/7/6)

欽ちゃん、フリー素材へ NHK公式「コラ画像選手権」開催でクソコラ職人たちによる闇の仮装大会が始まる
欽ちゃんが仮装大賞。(2018/7/3)

1年7カ月かけて職人がレストア 世界で1台「ランボルギーニ イオタ(ミウラSVR)」完全復活
スーパーカー・オブ・スーパーカー。(2018/6/25)

“学生花火師”から独学で飴細工職人へ 伝統の世界に革新をもたらした「アメシン」代表が目指すもの
「アメシン」代表の手塚新理さんにいろいろ聞いてみました!(2018/6/20)

現場スタッフが“Excel脳”から“データベース脳”に バリューコマースは、Excel職人が活躍する世界をどう脱したのか
会社のあちこちでExcel職人が活躍し、情報の分散と分断が起こってしまう世界からバリューコマースはどうやって抜け出したのか。(2018/6/14)

関西の議論::
「この器で酒を飲むと味がまろやか」には理由があった……匠の技を科学で解き明かす
このコテを使ってまぜた壁土は上質に、この陶器で飲む酒は味がマイルドになる……。鍛冶(かじ)や陶器など職人が手作業で生み出す商品に伝わる評判を科学の力で解析しようという試みに、京都工芸繊維大学の伝統みらい教育研究センター非常勤講師、黒田孝二氏(70)らが挑んでいる。(2018/6/7)

「この器で酒を飲むと味がまろやか」には理由があった……匠の技を科学で解き明かす
このコテを使ってまぜた壁土は上質に、この陶器で飲む酒は味がマイルドになる……。鍛冶や陶器など職人が手作業で生み出す商品に伝わる評判を科学の力で解析しようという試みが進む。「匠の技」を現代のものづくりにつなげる狙いだ。(2018/6/6)

製造業IoT:
PR:まだExcel職人に任せるの? 製造業IoTのハードルを下げるデータ準備の在り方とは
IoTやAIなどにより製造業でも現場でのデータ活用が本格化しています。しかし、「価値を生み出すデータ活用」にはいくつか超えないといけないステップがあり、活用に行き着く前につまずくケースも多く存在します。こうしたデータ活用のハードルを低減するにはどうしたらよいのでしょうか。データ活用の専門家に話を伺いました。(2018/5/29)

空前の人手不足に対応:
中華料理店が中華鍋をリストラ!? 大阪王将のハイテク「職人レス店舗」とは
大阪王将が「職人レス」とうたった中華鍋を置かない新店舗を展開する。代わりに簡単な操作で料理を作れる調理機械を置き、人手不足の解消につなげる。(2018/5/30)

“脱Excel”か“活Excel”か
“Excel職人”がいなくなる日に備えて後任を育成する「スキル定義」のコツ
頼れる“Excel職人”がいなくなる日は来ないでほしいものですが、その日が来たら後任者への引き継ぎが必要です。「こだわりの機能」と「最低限必要な機能」を切り分けて、スキルとツールを引き継ぐコツとは?(2018/5/24)

鍛冶職人による「鉄のバラ」が美しい 高熱で焼かれ赤く輝く様にうっとり
熱いときも、冷えてからもステキ。(2018/5/27)

職人がその日の稼ぎを全国のATMで即日受け取れるアプリサービス
建設現場で働く職人が、日払いの仕事を終えた後、稼ぎを受け取れるアプリのサービスが始まった。申請から受け取りまでがスマートフォンのアプリ上で完結し、その日のうちに全国のATMで給与を手にすることができる。(2018/5/7)

ハンドスピナー世界最小サイズに挑戦 ミネベアミツミ、1.5ミリ軸受けと「職人技」で実現
ミネベアミツミは、世界最小のハンドスピナーを開発した。ギネス世界記録にも認定されたこのハンドスピナーの製作は、由紀精密のものづくり技術が支えていた。(2018/5/2)

ニコニコ超会議2018:
“職人技”詰まった「痛車」勢ぞろい 「シンデレラガールズ」「初音ミク」など
ニコニコ超会議2018には、車体にアニメやゲームのキャラクターが描かれた「痛車」が勢ぞろい。来場者が思わず足を止めて眺めていたクルマの数々を写真で振り返る。(2018/5/1)

ニコニコ「シュタゲゼロ」1話にエグいコメント職人登場 ED背景に公式としか思えない映像が追加される
視聴者コメント欄が大変なことに。(2018/4/26)

“脱Excel”か“活Excel”か
ロボティックプロセスオートメーション(RPA)は脱Excelに貢献するツールなのか?
「ロボティックプロセスオートメーション」(RPA)があれば、もう「Microsoft Excel」のマクロ機能に頼る必要はないのでしょうか。再び“RPA職人”を生み出さないために、2者の得手不得手を理解しましょう。(2018/4/24)

耐火被覆吹付ロボット、ホテル建設の現場で実証実験
大和ハウス工業は、建設現場の中でも人手不足が深刻とされる耐火被膜工事の省力化を目的に、「耐火被覆吹付ロボット」を開発した。ロボット導入により、これまで3人の職人が必要だった現場は、2人で済むようになり、全体の工期も約2割の時間短縮をもたらす。(2018/4/19)

木目のページが美しい…… 家具職人による一枚の板から彫った「木彫りの洋書」が驚きのクオリティー
どの作品・家具もすごい……!(2018/4/8)

「久しぶりに修正無し」 有村藍里が無修正写真を投稿、職人不要なかわいさに驚きの声あがる
ついに極みにたどり着いてしまったようだね。(2018/4/4)

特殊なプリンターが作る「ドットずし」 料理をデータ化・転送してどこででも再現する壮大な計画
実現すれば、ベテラン職人が握ったすしのデータを、どこでも受信して味わえる。(2018/3/14)

特別展「昆虫」オフィシャルサポーターに“カマキリ先生”香川照之さん
肩書きは「昆活マイスター」。(2018/3/13)

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のドクをガイコツ状態から製作 フィギュア職人のリアルな表現力とメイキングにびっくり
やっぱりこの人の技術力すごい……。(2018/3/4)

「聞き出す力」:
“プロインタビュアー”が伝授する、「深い話」を聞くための職人技
有名人の素顔に迫る書籍を書き続けている“プロインタビュアー”吉田豪さん。吉田さんはなぜ海千山千の猛者たちから深い話を聞くことができるのだろうか。そのノウハウがまとめられているのが、吉田さんの著書「聞き出す力」だ。(2018/2/5)

都心に雪だるま職人が続出 ポプテピ、シャンシャン、便器……“とうきょう雪まつり”状態に
雪だるまは世相を表す。(2018/1/23)

メモを消費すると中から精巧な模型が……! 職人技が詰まったメモ帳「OMOSHIROI BLOCK」が大人気
人気のあまり、一時はメーカーのサイトがダウンする事態に。(2018/1/20)

ロボットでお茶作り:
「職人ロボットを輸出したい」 お茶を煎れる人型ロボットの需要は?
THKは茶摘みから焙煎まで行うロボット「SEED-noid-mover」を披露した。「職人がいなくてもおいしいお茶を作れるように研究開発を進める」という。(2018/1/17)

「時空のゆがみに気をつけましょう」 有村藍里、顔写真の修正過程がもはや職人芸
見習いたい。(2018/1/10)

“脱Excel”か“活Excel”か
“Excel職人”が“神Excel”を生み出す 「職人かたぎ」と上手に付き合うヒント
研究熱心なExcel職人はなぜ生まれるのか。彼ら彼女らの熱意はなぜ加速するのか。その理由を考察しつつ、ビジネスでExcel職人にそのスキルを存分に振ってもらうためのヒントを探ります。(2018/1/10)

会員が注目した2017年記事ランキング(中堅・中小企業とIT編)
「Excel職人」「神Excel」問題は永久に不滅? 2017年に最も読まれたSMB向け記事は
2017年には「脱Excel」「働き方改革」「セキュリティ対策」に関する記事にTechTargetジャパン会員の関心が集まりました。中堅・中小企業向け記事のランキングからそれぞれの話題について紹介します。(2018/1/4)

3Dプリンタニュース:
職人の手仕事をデジタル化する、簡単に3Dデータが作成可能なバーチャルろくろ
「X人の株式会社」とWAZAtoBAはバーチャルろくろシステム「Roquro」を発表。全国の教育機関を中心に導入を進めているという。(2017/12/26)

“脱Excel”か“活Excel”か
“Excel職人”がいなくなっても使い続けられる関数を記述するコツ
職場の“Excel職人”がいなくなっても、メンテナンスしやすいワークシートを作るコツとは。ヒントは、関数が参照するセルを可視化する記述法です。「VLOOKUP」「INDIRECT」を利用する方法を紹介します。(2017/11/22)

東京のみなさんにも見て欲しいニャ 福岡県大川市の「ネコ家具」 新橋のアンテナショップで期間限定展示
家具職人さん渾身のミニチュア家具です。(2017/11/20)

VRで木桶に入った感覚を体感できる「VR KIOKE」 360度ぐるっと木桶が見放題!
実は「木桶職人復活プロジェクト」の成功を願って作られました。(2017/10/30)

職人技が光る直径8ミリの極小サイズ! 打てる超高級“ミニチュア”囲碁セットが限定発売
メイド・イン・ヒュウガのガチすぎるミニチュア(2017/10/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。