「Yahoo!」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

半径300メートルのIT:
ついにパスワードにさよならの時? それでも手放しで喜べないわけ
ヤフーとソフトバンクがパスワードなしのログイン機能を発表し、とうとうパスワードにさよならの時が来たかと思った人、ことはそう単純ではありません……。(2018/5/22)

5月下旬は「ストレス 吐き気 涙が止まらない」などが増える Yahoo!の"新社会人検索ワード分析”が社会の闇
生きて……。(2018/5/22)

ヤフー、「パスワード無効」設定可能に セキュリティ向上のため
ヤフーは5月18日、「Yahoo! JAPAN ID」で設定済みのパスワードを用いたログインを無効にする機能の提供を始めた。IDとパスワードを取得した第三者による不正アクセスを防ぐ狙い。(2018/5/18)

積極投資を継続:
ヤフーが急落、年初来安値 減益見通し嫌気
5月1日の東京株式市場で、ヤフー(東証1部)の株価が急落。終値で前営業日比65円安(-14.44%)の385円を付け、年初来安値を更新した。(2018/5/1)

モバイルペイメント事業に注力:
ヤフー、21期連続で増収 18年度も積極投資
ヤフーは4月27日、2017年度通期(18年3月期)の連結決算を発表した。売上収益が8971億円(前年度比5.1%増)で21期連続の増収となった一方で、営業利益は前年度比3.2%減となる1858億円の着地。(2018/5/1)

18年はQR・バーコード決済に注力 ヤフー川邊新社長「3分野でナンバー1目指す」
ヤフーが2017年4月〜2018年3月の連結業績を発表。投資による増収減益。2018年以降は「eコマース」「ネット広告」「モバイルペイメント」に注力する。(2018/4/27)

既にOpenStackとKubernetesを導入している企業にとってもメリットがある:
OpenStackとKubernetesを一括制御、ヤフーがクラウド統合制御ソフト「Gimbal」をOSSとして公開
ヤフーはクラウドインフラを統合制御するソフトウェア「Gimbal」を、オープンソースソフトウェアとして公開した。OpenStackで構築したインフラとKubernetesで構築したインフラを一括制御できる。(2018/4/26)

ヤフーがパスワードの定期変更求める記載削除へ 総務省も「安全なもの」前提呼びかけ
ヤフーが、Yahoo! IDのパスワードについて、「定期的に変更いただくことをおすすめします」との注意喚起を近く削除する方針であることが分かった。(2018/4/24)

写真共有のFlickrをOathがSmugMugに売却、当面は現状維持
オンライン写真サービスのFlickrを写真共有サービスのSmugMugがVerizon傘下のOathから買収した。Flickrのブランドとサービスは少なくとも当面は現状のままで、将来的にはログインに米Yahoo!へのログインが不要になる見込みだ。(2018/4/22)

来店でTポイントたまる 「Yahoo! MAP」にチェックイン機能
ヤフーがスマートフォン向け地図アプリ「Yahoo! MAP」にチェックイン機能を追加した。対応店舗で利用すると、Tポイントやクーポンを獲得できる。(2018/4/17)

今秋サービス開始へ:
ヤフー、仮想通貨事業に参入 ビットアルゴに資本参加
 ヤフーは4月13日、仮想通貨交換業者のビットアルゴ取引所東京に子会社を通じて資本参加すると発表した。ビットアルゴ取引所東京は今秋、サービスを再開する予定。(2018/4/13)

ヤフー、仮想通貨事業へ参入 18年秋にサービス開始
ヤフー子会社が、ビットアルゴ取引所東京へ資本参加を決めた。ヤフーグループのサービス運営やセキュリティのノウハウを生かし、同取引所は18年秋にサービスを始める。(2018/4/13)

無駄に3Dで無駄にヌルヌル動作し無駄に神々しい ヤフーが「インターネットの歴史年表」2018年版を公開
製作期間1年。現代のバベルタワーである。(2018/4/2)

購買データを取得:
“データの会社”目指すヤフー、スマホバーコード決済に参入 税金も払える
ヤフーがバーコード決済サービスに参入。「ヤフー公式アプリ」がバーコードの読み込みと表示に対応し、税金や公共料金、加盟店での買い物が可能になる。今春〜今秋にかけて段階的に実装する。(2018/3/28)

ヤフー、スマホのバーコード決済に参入
ヤフーが「Yahoo!ウォレット」に、スマホを活用したバーコード決済の機能を追加する。6月に実店舗での支払いに対応する。(2018/3/28)

ヤフーもバーコードを使ったモバイル決済を導入 6月から
ヤフーが、2018年6月からバーコードで支払えるスマートフォン向け決済サービスを導入する。バーコードを表示して決済端末に読み取ってもらう。4月からは、公共料金の振込票に記載されたバーコードを読み取って支払える機能も提供する。(2018/3/28)

IT企業や出版社が競う“激戦区”:
ヤフー、マンガアプリに参入 「国内ナンバーワン」目指す
ヤフーがイーブックイニシアティブジャパンと共同でマンガアプリをスタート。今春にリリースを予定する。両社の知見やノウハウにより、電子コミックの国内シェアナンバーワンを目指すという。(2018/3/23)

店の「予約、支払い」事前に一括 ヤフーが今夏導入、QR決済も開始で非現金決済の普及図る
利用後の支払いを原則として不要にすることで利便性の向上を図る。(2018/3/23)

首都圏だけが日本じゃない:
Yahoo! JAPANが考える、インターネット広告を通じた地域事業活性化の取り組み
Yahoo! JAPANの地方向けインターネット広告ビジネスの現状はどうなっているのか。Yahoo! JAPAN エリア・オンライン営業本部の担当者が語った。(2018/3/22)

ソフトバンク、ファーストサーバとIDCフロンティアを傘下に ヤフーから買収
ソフトバンクは、ファーストサーバとIDCフロンティアの全株式をヤフーから取得する。買収を通じ、クラウドコンピューティングサービスを充実させるとしている。(2018/3/22)

折り込みチラシの素材を活用してネットとテレビに動画広告を出稿:
Yahoo! JAPAN、「チラシビジョン」のスマートフォン対応を開始
Yahoo! JAPANは、折り込みチラシなどの素材を活用してネットとテレビに動画広告が出稿できるサービス「チラシビジョン」のスマートフォン対応を2018年3月より開始した。(2018/3/22)

PR:Yahoo!と名探偵コナンが検索画面で「謎解きコラボ」 たった一つの真実見抜くねとらぼ編集部が挑戦してみた
見た目は大人、頭脳は子どもな面々は謎を解けるのか?(2018/3/21)

有料会員のみ設定変更可能:
「ヤフオク!」出品が17年ぶり無料に 利用者拡大目指す
ヤフーが「ヤフオク!」の仕組みを変更。「Yahoo!プレミアム」に登録していないユーザーでも無料で出品できる仕様にした。さらなるユーザー獲得を図る狙いで、出品機能の無料化は17年ぶりという。(2018/3/19)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
「Yahoo! JAPAN」と「LINE」が2強、ソーシャルログインに使われるアカウントの傾向──フィードフォース調査
今日のお題は、「ソーシャルログインの利用状況」です。トップは「Yahoo! JAPAN」。しかし、伸び率でいうと?(2018/3/19)

ヤフー、「3.11」企画で集まった約1億円を寄付
「3.11」で検索すると1人につき10円が寄付される、「Search for 3.11 検索は応援になる。」による寄付金額は約4200万円。(2018/3/13)

スパコン初心者のヤフーが省エネ性能世界2位の「kukai」を作るまで
2017年6月に発表されたヤフーのスーパーコンピュータ「kukai」。省エネ性能世界2位を誇り、より大規模なディープラーニング処理を従来より低コストで行える。しかしヤフーは、もともとスパコンを作るつもりではなかったという。(2018/3/12)

進行方向や曲がり角をARで表示:
ARで実際の風景にナビ情報を表示――Yahoo! MAPのiOS版に試験導入
ヤフーは、スマートフォン向けの地図情報サービス「Yahoo! MAP」のiOS版に、AR(拡張現実)を活用したナビゲーション機能「ARモード」を試験導入した。カメラで撮影している実際の風景に、ルートや曲がり角を示す「看板」などを重ねて表示する。(2018/3/7)

地図が読めない人も安心 Yahoo! MAPにARモードが登場、目的地までのルートを表示
どう歩けばいいのかがよく分かる。(2018/3/7)

ヤフー、即戦力となるエンジニア獲得へ 新卒でも「年収650万以上」提示
ヤフーはこのほど、30歳以下で就業経験のない入社希望のエンジニアに初年度から年収650万円以上を提示する「エンジニアスペシャリストコース」を設け、採用を始めた。(2018/3/6)

“データの会社”目指す:
ヤフー、即戦力の新人エンジニアに年収650万円以上を提示
ヤフーが、特定の条件を満たした新人エンジニアに年収650万円以上を提示していると明らかにした。起業経験や技術書の執筆経験があるエンジニアのみ選考に応募できる。即戦力を獲得し、データビジネスを強化する狙い。(2018/3/6)

ヤフーが今年も「Search for 3.11 検索は応援になる。」を開催 羽生結弦選手らが出品するチャリティーオークションも
3月11日に「3.11」と検索すると1人につき10円が復興支援団体に寄付されます。(2018/3/5)

「Yahoo! MAP」にAR機能 “迷わないナビ”、目的地まで矢印で案内
ヤフーのスマートフォンアプリ「Yahoo! MAP」にAR機能が加わった。(2018/3/5)

もうすぐ東日本大震災から7年 Yahoo!が「全国統一防災模試」を実施
かなり難しい。そして実用的。(2018/3/1)

Yahoo!乗り換え案内に「異常混雑予報」機能が追加 ビッグデータとAIを活用しイベントによる電車の混雑を予測
当日から5日分の混み具合を10分単位で予測。(2018/2/20)

Yahoo!乗換案内、当日から5日分の混雑を予測する「異常混雑予報」を提供
スマートフォン向け乗換検索アプリ「Yahoo!乗換案内」はビッグデータを活用し、AIで当日から5日分の電車内や駅の混雑を予測する「異常混雑予報」を提供開始。対象は首都圏の主要26路線で、混雑度を3段階・10分単位で表示するほか混雑する理由も推測する。(2018/2/19)

「Yahoo!乗換案内」に混雑を予測する新機能 ビッグデータとAIを活用 10分単位で予測
「Yahoo!乗換案内」で、電車内や駅の混雑を予測する機能「異常混雑予報」の提供が始まった。ビッグデータとAIを活用して「どの路線でいつ混雑が起きるか」予測し、10分単位、3段階で表示するという。(2018/2/19)

Yahoo!JAPAN、台湾東部地震の募金スタート TポイントもOK
2月7日に台湾東部で発生した地震被害への救援金を募る募金活動が「Yahoo!基金」でスタート。クレジットカードのほか、Tポイントで募金することもできる。(2018/2/9)

Yahoo! JAPANが台湾への災害救援金受け付けを開始
記事執筆時点で寄付総額は1000万円を超え、寄付人数も1万4000人を超えている。(2018/2/8)

ヤフーの次期社長は「Y」と「S」の“呪縛”を突破できるか
ヤフーが4月から新体制に。宮坂社長が後任に指名した川辺副社長は「『ヤフーは常に新しいものを最初に体験させてくれる会社だよね』といわれるようになりたい」と決意を示したが……。(2018/2/8)

新サービスを生み出せない:
ヤフーの次期社長は「Y」と「S」の“呪縛”を突破できるか
日本のインターネットの誕生当初から、ポータルサイトの代表として地位を築いてきたヤフーが、4月から新体制で23年目を迎えることになった。(2018/2/8)

ヤフー、ビッグデータを企業・自治体と相互活用 新たな事業の柱に
実証実験に参加する企業や自治体の募集を始めており、2019年度からの事業化を目指す。(2018/2/7)

ヤフーが企業間ビッグデータ連携の実証実験を本格化 19年度の事業化を目指す
ヤフーがビッグデータやAI技術を活用する新規事業構想「DATA FOREST」(データフォレスト)を発表。既に十数社と実証実験を始めており、19年度の事業化を目指す。(2018/2/6)

日産や神戸市などと実験:
新体制で“データの会社”へ――ヤフーが新施策「DATA FOREST」で目指すもの
1月末開いた社長交代会見で、「ヤフーをデータの会社に変える」と述べた次期社長・川邊健太郎氏。今後ヤフーは、どのような戦略を展開するのだろうか。川邊氏と佐々木CDOが会見を開き、新施策「DATA FOREST」を発表した。(2018/2/6)

「お金より自由」 ヤフーの「6億円提示」蹴る 「リベルタ学舎」の湯川カナさん
女性や若者を企業、行政と結びつけて社会進出をサポートする「リベルタ学舎」代表理事の湯川カナさん。「みんなが助け合う社会をつくることができれば」と話す。(2018/2/5)

ヤフー「いい買物の日」好調 「無理してポイントをばらまいているわけではない」
ヤフーの宮坂学代表取締役社長は、2017年度第3四半期の連結業績で、「Yahoo!ショッピング」などショッピング事業の取扱高が過去最高を更新し、1804億円となったと話した。(2018/2/2)

ヤフー、ジャパンネット銀行を子会社化 手続き完了を報告
ヤフーは、ジャパンネット銀行の連結子会社化を完了したと発表した。(2018/2/1)

スマホ版Yahoo!検索で「がん情報」 国立がん研究センターと連携
スマートフォン版「Yahoo!検索」で、国立がん研究センターが提供するがん関連情報を掲載する。(2018/1/30)

ヤフー社長交代、経営陣も一新 ネットを愛する「ネットネイティブ」世代に
ヤフーは1月24日、新執行体制への移行について発表した。次期社長に就任予定の川邊健太郎副社長は、「社会に出た時からインターネットを使いこなし、活用の仕方を熟知しているネットネイティブ世代での経営になる」と話す。(2018/1/24)

データに強い会社に変える:
社長交代のヤフー、宮坂・川邊両氏が明かした「目的と舞台裏」
ヤフーが社長交代を発表。宮坂学社長が退任し、後任には川邊健太郎副社長が就く。記者会見で、宮坂・川邊両氏がその目的と舞台裏を明かした。(2018/1/24)

ヤフー社長交代 宮坂氏から川邊氏に 「若返り」重視
ヤフーの宮坂学氏が6月に代表取締役社長を退任し、代表権のない取締役会長に。(2018/1/24)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。