連載一覧

車載ネットワークの適用範囲は幅広く、パワートレイン系、ボディ系、快適装備系など実にさまざまな用途に使用されているが、「安全性」「信頼性」「コスト」「外的要因への耐性」「開発工数」など多くの要求を満たさなければならない。車載ネットワークで標準的に使用されている「CAN(Controller Area Network)」について、詳しく解説していく。

本連載では、幾何公差について解説していきます。

ガンダムのプラモデル(ガンプラ)の設計・製造の世界は、家電や産業機械とは随分と違う設計思想やカルチャーを持つ。ユニークなテーマでいつもと視点を変えることにより、モノづくりのヒラメキが得られるかも!?

自動車技術を解説するMONOistオートモーティブフォーラムの記事を、PDF形式に再編集した電子ブックレットを届けします

設計ビギナー注目! 製品を射出成形で量産するときに何を気を付けるべきか? 2代目社長が“一から”教えます!

本連載では、SysML(バージョン 1.1)の構造図である、ブロック定義図や内部ブロック図で用いる言語要素やその表記方法について、モデルの具体例を挙げながら解説していく。

自動車のさまざまな機能は電装部品によって実現されている。進化を続ける各種電装部品について基礎から最新動向まで解説する

三菱自動車の電気自動車「i-MiEV」の開発プロジェクト責任者を務めた和田憲一郎氏が、電動化を中心に自動車の最新技術について論じる連載記事

自動車ジャーナリストの今井優杏さんが、独自の切り口で最新のエコカーや搭載技術を紹介する連載記事

主人公である電装部品メーカーの若手女性技術者・小野京子が、“燃費世界一”を目指すクルマの開発に関わる中で、モデルベース開発を一から学びつつ、技術者としても成長していく姿を描く

無料3Dデータダウンロードサービス「3Dモデラボ」の人気クリエータ、人気作品のランキングをお届けします。

ハイエンドからパーソナルまで、3Dプリンタに関する最新ニュースをお届け!

「IoT(Internet of Things)」をうたう業界団体がここ数年で複数現れて、さまざまなプロモーションや標準化を始めているがそれはなぜか。各団体を取り上げ、意図を読み解く。

もはや「M2M」「IoT」「クラウド」といった“つながる技術”は、組み込みに欠かせないキーワード。無線内蔵マイコンを搭載した「TWE-Lite DIP」で、これまで難しそうに思えていた無線通信の基本を、電子工作で楽しく体験しよう! 目指すは、家庭内M2Mだ!!uyou

この連載は簡単なポータブルアンプの製作を通じて、抵抗やコンデンサの読み方といった、初歩的な電子回路についての知識を学び、電子回路に親しんでもらうのが目的です。

パーソナルロボット「Pepper」によって“ロボットのある生活”がまた一歩近づいた。Pepperの注目点はいくつもあるが、その1つが、自由なアプリ開発だ。ここでは配布されているSDKを使ってのロボットプログラミングに挑戦する。

ついに量産販売が始まった燃料電池車。普及の端緒についたとはいえ、課題はまだまだ多い。「第11回 国際 水素・燃料電池展(FC EXPO 2015)」の専門技術セミナーに、燃料電池車を手掛ける国内大手自動車メーカー3社の担当者が登壇。本連載では、その講演内容をリポートする。

プロダクトデザイナーの林田浩一氏による、車両デザインを通して、「デザイン」の意味や価値を考えていく連載

ファブレスメーカーのママさん設計者がCNCフライスの特長や魅力、使い方を分かりやすく解説する連載。

名刺サイズポケコンとして人気の「Raspberry Pi」、そのバージョンアップ版「Raspberry Pi 2」が登場した。6倍速い”と称されるRaspberry Pi 2でなにができるのか、Windows 10対応はどうなっているのか?いろいろ試してみたい。

ロボットの話題を聞くことが増えたが、判断と制御、駆動を備えたロボットを作るのはかなり骨が折れる。その負担を軽減するフレームワークが「ROS」(Robot Operating System)だ。その概論を説明する。

モーションコントローラーデバイス「Kinect for Windows」で対象物を3Dスキャンして、3Dプリントするまでの手順を詳しく解説する連載。

これから大きく成長しようとする「ロボット」にはさまざまな人の思いが交差する。ロボットにかける情熱を、その口から語ってもらった。

この連載では、これから組み込み機器開発に携わる技術者・エンジニアを目指す方を対象に、組み込み機器開発の入門編として知っておくべき内容を広く紹介します。

タミヤの「ミニ四駆」を題材に、無償3次元CADでミニ四駆の“オリジナルボディ”を3Dモデリングし、3Dプリンタで出力するまでを解説する連載。

組み込みソフトウェア開発には、ハードウェアからソフトウェアまで、広い知識が求められる。マイコン「H8」を用いてLEDやモーターの制御を行い、組み込みソフトウェア開発の基礎を学びます。

高い効率をもつプログラミング言語「Ruby」を組み込みシステム向けに軽量化、組み込み向けとした「mruby(軽量Ruby)」がIoTの開発言語として注目されています。この連載では“mrubyはIoTでこう使え”を分かりやすく解説します。

医療機器の海外展開を検討する際の一助となるよう、米国や欧州を中心とした海外の医療技術トレンドを紹介する連載記事

量産車にもすでに適用されている車載ソフトウェアの標準規格「AUTOSAR」の仕様や策定状況、関連する最新情報について説明する連載記事

つながるクルマ=コネクテッドカーをサイバー攻撃から守る「車載セキュリティ」について解説する連載記事

医療機器開発者向けに、医療情報システムに代表される医療ITの歴史的背景や仕組みを概説する連載記事

ファブレスメーカーのママさん設計者が、図面に触れたことのないような初心者向けに、「図面」の読み方・描き方を分かりやすく解説。各回で紹介するお題をクリアし、解説を読み進めていくことで、いつしか図面の読み描きができるようになる。

最近では「FPGAの重要性」について語られる機会が増え、適用事例も増加している。ではなぜ今FPGAなのか。実際の開発ボードでFPGAを学びながら、FPGAへの理解を深めよう。

機械メーカーで3次元CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。

SYSTEM DESIGN JOURNAL http://systemdesign.altera.com/

組み込み開発に不可欠な2つの世界 ―ソフトウェアと制御― のモデルを使ってどのように開発が行われるのかを解説します。

Wi-Fi機能とCPU、それに各種周辺インタフェース、TCP/IPスタックを集積したSoC「ESP8266」を使って、IoTを手作りしてみます。

ソフトウェアの開発において「モデル」へ求められるものはなんでしょうか。この連載ではモデルの分かりやすさの基準=モデルの良さの基準を紹介し、“プロジェクトを成功させるモデリングの極意”として、モデリングを成功させるコツを学んでいきます。

CAEの最新動向を有力ベンダーに聞く短期連載。

電子機器設計の現場で最近よく耳にする「EDA」。本連載では、電子機器設計の構想から実装に至るあらゆる場面で利用されているEDAが、設計プロセスの各場面でどのような目的でどのように活用されているのかを解説していく

CAD関連の最新ニュースをお届けします。

CAE関連の最新ニュースをお届けします。

3Dスキャナに関する最新ニュースを紹介します。

自動化を過信せず、人だからこそ作り出せる付加価値を大事に! 今回は山形カシオの金型設計・製造の自動化の取り組みを徹底紹介する。

今回作るのは、俺専用iPad 2スタンド! しかもMacでモデリングする。アップル好きにはたまらない(!?)感じのモノづくり。

設計の概念を勘違いしているならば、CADを使う意味もなく、残業続きの日々となる。20年のキャリアを持つ技術士が、あなたをデキるエンジニアにすべく、設計の考え方を根底からたたき直す。

製造業で活用への注目が集まるIoT。しかし、具体的にどういう取り組みを計画すべきなのか戸惑う企業が多いのではないだろうか。また、IoT活用を企業としての利益に結び付けるにはどうしたらよいかという点も悩ましい。本連載「もうけを生む製造業IoTの活用手順」ではこうした製造業のIoT活用のポイントを解説していく。

無償で使える流体解析ソフト「Flowsquare」を使ってみよう!

自動車メーカーに勤める現役の自動車エンジニアが自身の人生を振り返る。「定職にも就かずフラフラとしていた人間」が、業界内で認められるような自動車エンジニアになれたのはなぜなのか。3回に分けて波乱万丈の人生をお送りする。

元・メーカー勤務の無線通信LSI専門エンジニアが、技術者派遣会社への転職を機に体験した“大きな変化”を通して考えた「“これからのエンジニア”の働き方」を語る。

「動くモノ」の制御ができると手を動かした実感がわくものです。この連載では、マイコン(Arduino)を用いたモーター制御の基礎を学んでいきます。

連載「『ミニ四駆』ボディーを3Dプリンタで作ろう」では、前回シリーズで作成したミニ四駆ボディーの3Dモデルデータを使って、実際に3Dプリントするまでの流れを紹介する。

近年では組み込みソフトウェアの大規模化・複雑化が進み、その品質向上にはますますの技術と時間が必要とされています。その際に有効活用したいのが「静的解析」と「動的解析」です。しかし、漠然と行うだけでは効果は乏しく、品質向上は望めません。 連載では「静的解析」と「動的解析」のそれぞれに着目しながら、組み込みソフトウェア品質の向上を目指します。

ファブレスメーカーのママさん設計者が、機械系モノづくりの“生”現場を渡り歩き、ありとあらゆる加工の世界を分かりやすく解説していく連載

軽量プロトコルとしてIoT分野で注目を集めているMQTT(Message Queue Telemetry Transport)を取り上げ、「MQTTで始めるIoTデバイスの作り方」を学んでいきます。 IT系あるいはWeb系のエンジニアが実際に簡単なIoTデバイスを製作し、ネット上のサービスに接続できるまでを目標にしています。デバイス側のマイコンはArduinoを用いますが、「Lチカ」程度は経験があり、TCP/IPについても基本的なところは習得されていることを前提に進めていきます。

IoTによる変革は製造業にどのような影響をもたらすのか。キーマンたちへのインタビューを通じ、I取り組みの共通項や違いを示し、製造業への指針をあぶり出す。

自動車市場の成長を支えるのは既に成熟し切った日米欧ではなく新興国だ。本連載では、その新興国各国のモーターショーや開催都市の自動車事情を紹介していく。

「Windows Embedded」から「Windows 10 IoT」へと刷新されたマイクロソフトの組み込みOS。プレビュー版の提供開始から1年近くが経過し、ようやくその全貌が見えてきた。連載ではWindows 10 IoTの「今」をエンドデバイスとともに確認していく。

世界で認められている日本の“オンリーワンなモノづくり技術”を、エリアごとにフォーカスしていく連載「オンリーワン技術×MONOist転職」。全国を6地区(北海道・東北/関東/中部/近畿/四国/九州)に分け、各エリアのオンリーワン企業をMONOist編集部が訪問取材。他に類を見ない独自技術やニッチ市場に注力することで高い世界シェア/収益性を確保している企業を、テクノロジーの視点で紹介していく。

「Windows Embedded」から「Windows 10 IoT」へと刷新されたマイクロソフトの組み込みOS。プレビュー版の提供開始から1年近くが経過し、ようやくその全貌が見えてきた。連載ではWindows 10 IoTの「今」をエンドデバイスとともに確認していく。

目まぐるしく変わっていく時代の中で、“新しい価値”を生み出すことを求められる世界のビジネスパーソン、そして、これからのエンジニア。今までにないサービスを生み出すためには新たな“発想”が必要です。演習と解説の“実践”を通し、“発想力”を強化する“イノベーション思考”を身に付けていただく連載です!